Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 それ以外にも、芸能やネットニュース、ギャンブルetcなどまとめています。 覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > チリ


    ビダル、W杯後の代表引退を表明「休息の時が来た」…予選突破へ全力 | ニコニコニュース



    来年のロシアW杯後にチリ代表から引退すると表明したビダル [写真]=FIFA via Getty Images
    サッカーキング

     バイエルンに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが、2018 FIFAワールドカップ ロシアを最後に代表から引退することを明言した。7日付のドイツ紙『AZ』が伝えている。

     現在30歳のビダルは、2007年2月に行われたベネズエラ代表との親善試合でA代表デビュー。以来、通算93キャップを記録し、23ゴールを挙げている。

     5日のW杯南米予選ボリビア代表戦を終えたビダルは、ミュンヘンに向かう飛行機に乗る前にメディアの取材に応じた。「(代表引退は)長い間考え続けていたことだ。もっと家族の近くにいなければならないと思っていたけど、ここ10年ほどはそれが難しくなっていた。休息の時が来たということだよ」と語り、代表引退の意向を明らかにした。

     昨年のコパ・アメリカを制した南米王者のチリだが、W杯南米予選では現段階で6位。本大会への出場権が得られる4位以内どころかプレーオフへ回る5位確保も危ぶまれる状況に追い込まれている。残り2試合、正念場だ。

     仮にチリがW杯本大会出場を逃した場合、南米予選の終了をもってビダルは代表チームを去るつもりでいるという。しかし同選手は「(南米予選の)残り2試合では、もう一度自分の力を100パーセント出しきりたい」とコメント。予選突破へ意欲を見せている。

    (記事/Footmedia)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ビダル、W杯後の代表引退を表明「休息の時が来た」…予選突破へ全力 | ニコニコニュース】の続きを読む


    「彼は悲しんでいた」…残留決定のサンチェス、チリ代表同僚が証言 | ニコニコニュース



    アーセナル残留が決まったサンチェス [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     チリ代表FWアレクシス・サンチェスは、これまで再三にわたって今夏のアーセナル退団が噂されていたものの、結局は残留となった。しかし本人は、どうやら移籍を望んでいたようだ。7日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

     サンチェスの獲得に特に熱心だったのは、同選手にとってバルセロナ時代の恩師にあたるジョゼップ・グアルディオラ監督が指揮を執るマンチェスター・Cだった。移籍期限最終日の8月31日、マンチェスター・Cは同選手獲得のために巨額のオファーを提示し、移籍成立が間近に迫っていた。

     この時のサンチェスの様子について、移籍話が持ち上がった時期にチリ代表でチームメイトとしてともに過ごしたフェネルバフチェ所属のMFマウリシオ・イスラは、チリの現地メディアに対し、「アレクシスは既にアーセナルのようなトップレベルのクラブに在籍しているけど、別のビッグクラブへの移籍が近づいていることをとても喜んでいたよ」と証言している。

     しかし、アーセナルがサンチェス放出後の後釜と考えていたモナコのフランス代表MFトマ・ルマルの獲得に失敗し、マンチェスター・Cのオファーを拒否したことでこの移籍交渉は破談となってしまい、サンチェスはアーセナルに残留することが決まった。

     この残留決定後のサンチェスの様子についてイスラは「(交渉決裂の)知らせが来て移籍出来なくなった時、彼は悲しんでいた」とコメント。サンチェス自身もマンチェスター・Cへの移籍を強く望んでいたことを明かしている。

    (記事/Footmedia)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「彼は悲しんでいた」…残留決定のサンチェス、チリ代表同僚が証言 | ニコニコニュース】の続きを読む


    アーセナルで欠場中のサンチェス、チリ代表に選出…今月末にW杯予選 | ニコニコニュース



    チリ代表でも中心として活躍するサンチェス [写真]=AMA/Getty Images
    サッカーキング

     負傷のため11日に行われたレスターとのプレミアリーグ開幕戦を欠場したチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、チリ代表に選出されたことが分かった。大手メディア『ESPN』が伝えている。

     サンチェスは今月1日にチームに合流したが、6日にウェンブリー・スタジアムで行われたFAコミュニティシールドのチェルシー戦を欠場。同試合前に軽傷を負ったため、試合はメンバー外となっていた。この負傷により11日のレスター戦は欠場し、さらに19日に行われる第2節のストーク戦でも欠場が見込まれている。

     一方で31日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選のパラグアイ戦、そして9月5日に行われるボリビア戦に向けて発表されたチリ代表メンバーには、順当に選出されたことが伝えられている。

     アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督はサンチェスについて「しばらく離脱することになった。2週間か、それとも3週間かかるかは分からない」と話していたが、チリ代表のアントニオ・ピッツィ監督は「彼がプレーできる状態にあるとの情報を持っている。W杯予選の2試合までには間に合うだろう」とコメント。

     詳しいケガの状況は分かっていないものの、サンチェスは、2017-18シーズン限りでアーセナルとの契約が切れるため、かねてからその去就に注目が集まっている。マンチェスター・Cやパリ・サンジェルマンが獲得を狙っていると報じられる一方で、アーセナル側はサンチェスに週給30万ポンド(約4270万円)での新契約をオファーしたとの情報もあり、今後の展開からも目が離せない。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【アーセナルで欠場中のサンチェス、チリ代表に選出…今月末にW杯予選 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ