Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > チリ

    no title


    チリ代表FWアレクシス・サンチェスが負傷した。『フットボールイタリア』が報じた。

    サンチェスは12日にスペインで行われたコロンビア代表との親善試合に先発。だが、試合終盤にコロンビア代表MFフアン・クアドラードの右足先が左足首を直撃して、88分にピッチを後にした。

    チリサッカー協会(ANFP)は「左足首の脱臼とじん帯損傷の可能性」を明らかにした模様。サンチェスはミラノに戻り、精密検査を受けるため、15日に行われる国際親善試合のギニア代表戦を欠場するという。

    気になる離脱期間だが、今年中の復帰は厳しい様相。スペイン『ムンド・デポルティボ』の見立てによると、少なくとも2カ月間の離脱を強いられるものとみられる。

    サンチェスは今夏、マンチェスター・ユナイテッドからインテルレンタル9月28日に敵地で行われたセリエA第6節のサンプドリア戦で移籍後初ゴールを挙げ、さらなる活躍が期待される状況だった。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【チリ代表】サンチェス、年内全休か…代表戦でケガ】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    アルゼンチン戦を終えてインテル帰還が許され、トップコンディションに戻すべく…

     今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドからインテルに移籍したチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、コンディション調整を考慮して代表活動を1試合免除されたようだ。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

     サンチェスは移籍市場の最終週に入ってから、ユナイテッドからインテルへの期限付き移籍が決定。プレシーズンはユナイテッドで過ごしたものの、基本的に放出の交渉が進んでいた対象とあってレギュラー起用されるメンバーと同じような状況にはなかった。

     8月29日インテル移籍が決まったが、同時にチリ代表にも招集された。しかし、9月に国際親善試合が2戦予定されるなかで、初戦のアルゼンチン戦(0-0)を終えた時点でイタリアへ戻ることが許され、ホンジュラス戦の活動は免除されたという。

     この背景には、インテルがチリサッカー連盟と交渉を行ったことがあるようだ。サンチェスは9日にはインテルの練習施設に戻り、トップコンディションに戻すためのトレーニングスタートさせるという。

     インテルとしては、チリ連盟との交渉を成功させたことでサンチェスをより早く前線の戦力にできると見込まれる。インテルのアントニオ・コンテ監督にとっては、クラブファインプレーという追い風を手にしたことになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    インテルに移籍したアレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】インテル新加入のA・サンチェス、代表戦1試合を免除 コンディション調整を優先か】の続きを読む

    no title


    大会2連覇中のチリを撃破 決勝でブラジル相手にジャイアントキリングを起こせるか

     コパ・アメリカ準決勝(南米選手権)第2試合が現地時間3日に行われ、ペルーが3連覇を狙ったチリ相手に3-0で快勝した。44年ぶり2度目の決勝に駒を進め、開催国ブラジルタイトルを懸けて戦うことになり、地元メディアは「歴史的な夜だ」と快挙を称えている。

     ペルーは前半21分、右サイドクロスボールからファーサイドポジションをとっていたFWエディソン・フローレスが左足のボレーシュートを決めて先制に成功。同38分には相手GKが飛び出して無人になったゴールにMFジョシマール・ジョトゥンが胸トラップから正確なシュートを叩き込んでリードを広げた。

     試合を優位に進めたペルーは後半アディショナルタイムにもエースのFWパオロ・ゲレーロがダメ押し点をマーク。対するチリは、終了間際に得たPKもFWエドゥアルド・バルガスが失敗するなど攻撃が噛み合わなかった。大会2連覇中のチリに対して、ペルーが3-0で快勝した。

     ペルーの決勝進出は現在のコパ・アメリカ(それまでは南米選手権)に名称が変わった1975年大会以来44年ぶり。この時はコロンビアを下して、初優勝を果たしている。ペルー地元紙「Libero」は「歴史的な夜だ」と快挙を報じており、久しぶりのタイトル獲得に向けて期待が高まっている。

     決勝の相手はアルゼンチンを下したブラジル。今大会はすでにグループリーグ第3戦で激突し、0-5と大敗している相手との再戦となる。

     アルゼンチン人のリカルド・ガレカ監督の下で躍進するペルー。開催国としてタイトル奪取に燃えるサッカー王国を相手にジャイアントキリングを起こし、44年ぶりの栄冠をつかむことはできるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    王者チリを下し、44年ぶり2度目の決勝に駒を進めたペルー代表【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【南米選手権】「歴史的な夜だ」 ペルー、王者チリ撃破での44年ぶりコパ決勝進出に母国紙称賛】の続きを読む

    no title


    エクアドル戦で決勝弾 チリ代表エースとして8強進出に貢献

     マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、参戦中のコパ・アメリカ南米選手権)で2試合連続ゴールを決める活躍を見せ、復活を印象づけている。ユナイテッド退団が噂されている“就活中”のサンチェスについて、英紙「デイリーミラー」も「移籍が加速している」と報じた。

     2018年1月にアーセナルからユナイテッドへ移籍したサンチェスだが、負傷もあって思うような活躍はできていない。その高額年俸ゆえに周囲からの期待は大きく、理想と現実とのギャップに苦しんでいる。

     今季はプレミアリーグ20試合出場1得点にとどまり、移籍市場での放出は確実視されている。そうした状況で戦うコパ・アメリカはいわば新天地へのアピールの場となっている。初戦の日本戦でいきなりゴールを決めていたサンチェスは、現地時間21日に行われたエクアドル戦でもボレーシュートで2試合連続弾をマーク。大会3連覇を目指すチリのベスト8進出に貢献している。

     英紙「デイリーミラー」はサンチェスの活躍を取り上げ、コパ・アメリカでの活躍により「移籍が加速」と報じている。「サンチェスは今夏のユナイテッド退団の望みを隠していない。彼はユナイテッドの悪夢を終わらせたがっている」とし、マンチスターの街を離れたいというサンチェスの希望を伝えている。

     セリエAインテルが興味を示しているとされるサンチェスだが、果たして来季は何色のユニフォームを着てプレーすることになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    サンチェスがエクアドル戦で決勝ゴールを挙げた【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】“就活中”サンチェス、コパ2戦連続弾に英紙注目 “悪夢”のマンUから「移籍が加速」】の続きを読む



    (出典 biz-journal.jp)



    コパ・アメリカ2019に参戦している日本代表久保建英

    大会前にレアル・マドリーへの移籍が決定したこともあって現地でも知られた存在だったが、チリ戦でその実力に偽りがなかったことを示し、目の肥えた南米のサッカーファンも驚かせた。

    試合後には海外記者が彼の周りに殺到。ある記者から「“日本のメッシ”として知られていることについてどう思いますか?」との質問がスペイン語で飛んだ。

    これに対し、久保は通訳を介さずこう返答した。

    久保建英

    「自分はメッシのように偉大な選手と比べられるのは好きじゃないですね。でも頑張ります」

    メッシと比較されることを丁寧な口調で拒んだ久保。ただ一方で、短い言葉ながら彼に近付けるよう努力していく意志を示していた。

    【関連記事】レアル・マドリーが編集した、久保建英の「神プレー動画」がこれ

    なお、レアル・マドリーについても質問が飛んだが、久保は「今はコパ・アメリカのことしか考えません。全てが終わったらそれについて考えます」とこちらもスペイン語で話していた。

    「“日本のメッシ”と呼ばれてどう思う?」海外記者の質問に久保建英は


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「“日本のメッシ”と呼ばれてどう思う?」海外記者の質問に久保建英は…】の続きを読む

    このページのトップヘ