Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > チリ

    no title


    大会2連覇中のチリを撃破 決勝でブラジル相手にジャイアントキリングを起こせるか

     コパ・アメリカ準決勝(南米選手権)第2試合が現地時間3日に行われ、ペルーが3連覇を狙ったチリ相手に3-0で快勝した。44年ぶり2度目の決勝に駒を進め、開催国ブラジルタイトルを懸けて戦うことになり、地元メディアは「歴史的な夜だ」と快挙を称えている。

     ペルーは前半21分、右サイドクロスボールからファーサイドポジションをとっていたFWエディソン・フローレスが左足のボレーシュートを決めて先制に成功。同38分には相手GKが飛び出して無人になったゴールにMFジョシマール・ジョトゥンが胸トラップから正確なシュートを叩き込んでリードを広げた。

     試合を優位に進めたペルーは後半アディショナルタイムにもエースのFWパオロ・ゲレーロがダメ押し点をマーク。対するチリは、終了間際に得たPKもFWエドゥアルド・バルガスが失敗するなど攻撃が噛み合わなかった。大会2連覇中のチリに対して、ペルーが3-0で快勝した。

     ペルーの決勝進出は現在のコパ・アメリカ(それまでは南米選手権)に名称が変わった1975年大会以来44年ぶり。この時はコロンビアを下して、初優勝を果たしている。ペルー地元紙「Libero」は「歴史的な夜だ」と快挙を報じており、久しぶりのタイトル獲得に向けて期待が高まっている。

     決勝の相手はアルゼンチンを下したブラジル。今大会はすでにグループリーグ第3戦で激突し、0-5と大敗している相手との再戦となる。

     アルゼンチン人のリカルド・ガレカ監督の下で躍進するペルー。開催国としてタイトル奪取に燃えるサッカー王国を相手にジャイアントキリングを起こし、44年ぶりの栄冠をつかむことはできるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    王者チリを下し、44年ぶり2度目の決勝に駒を進めたペルー代表【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【南米選手権】「歴史的な夜だ」 ペルー、王者チリ撃破での44年ぶりコパ決勝進出に母国紙称賛】の続きを読む

    no title


    エクアドル戦で決勝弾 チリ代表エースとして8強進出に貢献

     マンチェスター・ユナイテッドのチリ代表FWアレクシス・サンチェスが、参戦中のコパ・アメリカ南米選手権)で2試合連続ゴールを決める活躍を見せ、復活を印象づけている。ユナイテッド退団が噂されている“就活中”のサンチェスについて、英紙「デイリーミラー」も「移籍が加速している」と報じた。

     2018年1月にアーセナルからユナイテッドへ移籍したサンチェスだが、負傷もあって思うような活躍はできていない。その高額年俸ゆえに周囲からの期待は大きく、理想と現実とのギャップに苦しんでいる。

     今季はプレミアリーグ20試合出場1得点にとどまり、移籍市場での放出は確実視されている。そうした状況で戦うコパ・アメリカはいわば新天地へのアピールの場となっている。初戦の日本戦でいきなりゴールを決めていたサンチェスは、現地時間21日に行われたエクアドル戦でもボレーシュートで2試合連続弾をマーク。大会3連覇を目指すチリのベスト8進出に貢献している。

     英紙「デイリーミラー」はサンチェスの活躍を取り上げ、コパ・アメリカでの活躍により「移籍が加速」と報じている。「サンチェスは今夏のユナイテッド退団の望みを隠していない。彼はユナイテッドの悪夢を終わらせたがっている」とし、マンチスターの街を離れたいというサンチェスの希望を伝えている。

     セリエAインテルが興味を示しているとされるサンチェスだが、果たして来季は何色のユニフォームを着てプレーすることになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    サンチェスがエクアドル戦で決勝ゴールを挙げた【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】“就活中”サンチェス、コパ2戦連続弾に英紙注目 “悪夢”のマンUから「移籍が加速」】の続きを読む



    (出典 biz-journal.jp)



    コパ・アメリカ2019に参戦している日本代表久保建英

    大会前にレアル・マドリーへの移籍が決定したこともあって現地でも知られた存在だったが、チリ戦でその実力に偽りがなかったことを示し、目の肥えた南米のサッカーファンも驚かせた。

    試合後には海外記者が彼の周りに殺到。ある記者から「“日本のメッシ”として知られていることについてどう思いますか?」との質問がスペイン語で飛んだ。

    これに対し、久保は通訳を介さずこう返答した。

    久保建英

    「自分はメッシのように偉大な選手と比べられるのは好きじゃないですね。でも頑張ります」

    メッシと比較されることを丁寧な口調で拒んだ久保。ただ一方で、短い言葉ながら彼に近付けるよう努力していく意志を示していた。

    【関連記事】レアル・マドリーが編集した、久保建英の「神プレー動画」がこれ

    なお、レアル・マドリーについても質問が飛んだが、久保は「今はコパ・アメリカのことしか考えません。全てが終わったらそれについて考えます」とこちらもスペイン語で話していた。

    「“日本のメッシ”と呼ばれてどう思う?」海外記者の質問に久保建英は


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「“日本のメッシ”と呼ばれてどう思う?」海外記者の質問に久保建英は…】の続きを読む



    (出典 www.footballchannel.jp)



    久保を指導する木場氏がプレーを身体の面から解説

     サッカー日本代表は17日(日本時間18日)に行われたコパ・アメリカ(DAZN独占中継)のグループリーグ初戦で0-4と大敗した。惨敗の試合で最大の光明となったのがレアル・マドリード移籍が発表された久保建英だ。先発フル出場で、相手のバルセロナMFアルトゥーロ・ビダルら2人をドリブルでかわし、惜しいシュートを放つなど、強烈なインパクトブラジルの地で残した。ワールドクラスの名手を相手に見せた、鮮やかなスラロームはいかにして生まれたのだろうか。

    「A代表で初めての国際大会でしたが、堂々としたプレーでしたね。欧州のトップリーグで活躍している相手とのマッチアップでも、タケフサ本来のテクニック、そして小学校5年生から続けているトレーニングの成果を感じることができました。特にスラロームのシーンではタケフサの良さが出ていたと思います」

     こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。独自のメソッド「KOBA式体幹バランストレーニング」を開発。小学5年生時から久保を指導し、レアル・マドリードの下部組織でプレーするMF中井卓大らサッカー界の育成年代のエリートから、日本代表DF長友佑都というトップアスリート。さらには陸上、競泳、バドミントンフェンシングサーフィンと競技の垣根を越えて、日本を代表する選手を指導している。

     恩師が振り返ったシーンは後半20分。久保はMF中山雄太とのワンツーからペナルティエリアに侵入。鮮やかなドリブルで、バルセロナMFアルトゥール・ビダルのスライディングとDFを交わして、左足で強烈なシュートゴールが外れると、地面を叩いて悔しさを爆発させた。

    「ワンツーの場面ですが、ボールを受けた際にトップスピードまで上げることができています。大腰筋を強化してきた成果です。足の引き上げに関与する筋肉で、特にウサイン・ボルトのようなスプリンターが発達しています。体幹トレーニングを進めていく中で、足を引き上げる筋肉を強化しなければ、一瞬でトップスピードに入ることはできませんから」

     特性ゴムチューブを使った脚上げチューバランストレーニングなど、バルセロナの下部組織に所属していた小学5年生からスプリント能力を高める取り組みの成果が、二人抜きの際の衝撃の一歩目として現れていたという。

    ビダルを交わすシーンは姿勢にも注目「とにかく美しい

     そこから、体幹の強さとバランス力の高さも輝いていた。

    「ドリブルでビダル選手をかわすシーンはまず姿勢に注目してもらいたいです。とにかく姿勢が美しい。頭の軸がほとんどぶれていませんでしたね。大腰筋がしっかり太腿部に連動してトップスピードからのドリブルにつながっています。その上で、脇腹、お尻、大腰筋、太ももの腸腰筋がうまく連動しているからこそ、あのスラロームが生まれたと思います。体の横部分の体幹と前部分の体幹がスムーズに連動している。シュートの振りも速かったですね」

     バルセロナでも日本でも、木場氏が発案したトレーニングを続けてきた久保。コパ・アメリカで2大会連覇王者のチリ代表を脅かしたスラロームは8年間の体幹トレーニングの賜物でもあったようだ。

    「タケフサは今季Jリーグトップレベルで違いを見せ、A代表の国際大会でも全く遜色ないプレーを見せています。すごい進化を見せてくれています。今は成長しかないですよね。今後、日本代表レアルでどんな活躍を見せてくれるのか。全力でサポートを続けていきたいです」

     南米の地で強烈なインパクトを残した18歳の教え子の躍進に、木場氏は目を細めていた。(THE ANSWER編集部)

    木場 克己
    KOBA式体幹バランストレーニング協会代表、プロトレーナー
    小学2年生で柔道を始め小学6年生の南九州柔道大会で優勝・優秀選手賞をもらう。
    中学3年生のとき県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。
    高校レスリングを始め56kg級九州大会で優勝。インターハイ・国体は団体戦3位の成績。
    腰椎圧迫骨折で現役を退き医療人の道へ。
    鍼灸師・柔道整復師・FC東京ヘッドトレーナー(1995~2002)・ガンバ大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)・長友佑都専属トレーナー

    日本代表・久保建英【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】久保建英の2人抜きドリブルには明確な根拠あり 恩師が証言する18歳の確かな成長】の続きを読む



    (出典 tokushima.ismcdn.jp)



    フィニッシュの精度不足を指摘 「チャンスで決めきれなかった」「決め切らないと…」

     森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日のコパ・アメリカ南米選手権グループリーグ初戦でチリに0-4と大敗した。大会2連覇中の南米王者に力量差をまざまざと見せつけられる結果となったが、この大敗はなぜ生まれたのか。チリ戦を戦った監督・選手のコメントから舞台裏に迫る。

     今大会、東京五輪世代の若手を中心に臨んでいる日本は、短い準備期間のなかでチリ戦を迎えた。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、DF原輝綺(サガン鳥栖)と杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、MF中山雄太(PECズヴォレ)、FW前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大)の6人がA代表デビュー。それでも世代別で共闘してきた選手も多く連係面のベースはできており、チリ戦の序盤は互角の攻防を披露した

     しかし徐々に地力の差が現れ、前半41分にはCKからMFエリック・プルガル(ボローニャ)に被弾。後半にはFWエドゥアルド・バルガス(UANLティグレス)に2ゴール、FWアレクシス・サンチェスマンチェスター・ユナイテッド)に1ゴールを決められて0-4と大敗した。

     大差をつけられ得点「0」に終わった日本だが、決定機を何度も創出しており、チャンスでの精度不足を指摘した選手は少なくない。4-2-3-1システムトップ下で代表初の先発出場を果たしたMF久保建英FC東京レアル・マドリード)は、「向こうは決定的なチャンスはすべて決めてきたのに対して、自分たちはチャンスで決めきれなかった」と振り返る。

     再三のチャンスを逃した上田は「力不足で片付けるつもりはない。どうしたらいいかを考えながら、この遠征中に解決していきたい」と前を向く。また右サイドハーフで先発した前田が「前半の良い時に決めないと、ああいう展開になる。前半のうちに失点したのがもったいない。チャンスはあったので、決め切らないとああいう試合になる」と語れば、森保監督も「チリとのクオリティーの差があったことは認めなければいけない」と現実を直視する。

    サイドの対応に課題 「人数の有利を与えてクロスを上げられるシーンはあった」

     攻撃では相手ゴールに何度も迫っており、チャンスの形は作り出している。フィニッシュ精度が世界との差を如実に物語るが、それでも“攻撃の形”という点では一定の評価を与えてもいいだろう。

     一方、4失点という結果を受けて守備面の課題が噴出しており、指揮官は「一瞬のスキを突いてくる勝負強さがあると感じた」とチリを称えた。左サイドハーフで先発したMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)も「クロスの質が高く、ワンタッチも上手かった」と評している。

     4失点のGK大迫は「修正力、もっと味方に声をかけていれば……。3点目のファーから入ってくるのも前半から相手がやっていた。4失点目は、3失点目をしてから少し下を向いてしまったかなと思う」と振り返る。

     またサイドの対応について語ったのが、途中出場のFW岡崎慎司レスター・シティ)とCBの一角でフル出場したDF植田直通(セルクル・ブルージュ)だ。

    サイドを上手く使われて数的優位を使われる。相手のほうが上手くサッカーをやった」(岡崎)
    サイドに1枚張っている状態でセンターバックの前に落ちてくるのをどうするか戸惑った部分はあったし、そこで人数を割けなかった。相手に人数の有利を与えてクロスを上げられるシーンはあった」(植田)

    反撃ムードが漂うなかで終盤に2失点 「攻めている時ほどリスクマネジメントが必要」

     サイドからチリの攻撃を受けた日本は、さらに「僕たちのバイタルエリアに入る技術は高いと感じた」(中山)と中央のスペースも巧みに使われるなど後手を踏んだ。劣勢のなかで反撃に転じた日本は終盤に2失点したが、キャプテンのMF柴崎岳(ヘタフェ)は試合運びの課題を指摘する。

    「悪くはないと思うけど、攻守は表裏一体。攻めている時ほどリスクマネジメントが必要で、その管理が足りなかった。個人的には自分たちが弱いというか、苦手としている部分をしっかり突いてきた」

     球際や局面では互角の攻防も繰り広げたが、終わってみれば0-4と大敗。チリに試合巧者ぶりを見せつけられる形となった。

     20日にウルグアイ戦、24日にエクアドル戦と続く。グループ3位まで決勝トーナメント進出の可能性を残すなか、次戦の相手はFIFAランク16位のチリを上回る同8位のウルグアイだ(日本28位)。チリ戦で浮き彫りになった課題をどこまで修正し、ピッチ上のプレーに反映できるか。森保監督の手腕と選手の対応力に注目が集まる。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

    チリ戦の大敗はなぜ生まれたのか…監督・選手のコメントから舞台裏に迫る【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】なぜチリ戦で0-4大敗を喫したのか? 選手・監督の発言から紐解く舞台裏】の続きを読む

    このページのトップヘ