Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > チリ



    (出典 www.footballchannel.jp)



    久保を指導する木場氏がプレーを身体の面から解説

     サッカー日本代表は17日(日本時間18日)に行われたコパ・アメリカ(DAZN独占中継)のグループリーグ初戦で0-4と大敗した。惨敗の試合で最大の光明となったのがレアル・マドリード移籍が発表された久保建英だ。先発フル出場で、相手のバルセロナMFアルトゥーロ・ビダルら2人をドリブルでかわし、惜しいシュートを放つなど、強烈なインパクトブラジルの地で残した。ワールドクラスの名手を相手に見せた、鮮やかなスラロームはいかにして生まれたのだろうか。

    「A代表で初めての国際大会でしたが、堂々としたプレーでしたね。欧州のトップリーグで活躍している相手とのマッチアップでも、タケフサ本来のテクニック、そして小学校5年生から続けているトレーニングの成果を感じることができました。特にスラロームのシーンではタケフサの良さが出ていたと思います」

     こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏だった。独自のメソッド「KOBA式体幹バランストレーニング」を開発。小学5年生時から久保を指導し、レアル・マドリードの下部組織でプレーするMF中井卓大らサッカー界の育成年代のエリートから、日本代表DF長友佑都というトップアスリート。さらには陸上、競泳、バドミントンフェンシングサーフィンと競技の垣根を越えて、日本を代表する選手を指導している。

     恩師が振り返ったシーンは後半20分。久保はMF中山雄太とのワンツーからペナルティエリアに侵入。鮮やかなドリブルで、バルセロナMFアルトゥール・ビダルのスライディングとDFを交わして、左足で強烈なシュートゴールが外れると、地面を叩いて悔しさを爆発させた。

    「ワンツーの場面ですが、ボールを受けた際にトップスピードまで上げることができています。大腰筋を強化してきた成果です。足の引き上げに関与する筋肉で、特にウサイン・ボルトのようなスプリンターが発達しています。体幹トレーニングを進めていく中で、足を引き上げる筋肉を強化しなければ、一瞬でトップスピードに入ることはできませんから」

     特性ゴムチューブを使った脚上げチューバランストレーニングなど、バルセロナの下部組織に所属していた小学5年生からスプリント能力を高める取り組みの成果が、二人抜きの際の衝撃の一歩目として現れていたという。

    ビダルを交わすシーンは姿勢にも注目「とにかく美しい

     そこから、体幹の強さとバランス力の高さも輝いていた。

    「ドリブルでビダル選手をかわすシーンはまず姿勢に注目してもらいたいです。とにかく姿勢が美しい。頭の軸がほとんどぶれていませんでしたね。大腰筋がしっかり太腿部に連動してトップスピードからのドリブルにつながっています。その上で、脇腹、お尻、大腰筋、太ももの腸腰筋がうまく連動しているからこそ、あのスラロームが生まれたと思います。体の横部分の体幹と前部分の体幹がスムーズに連動している。シュートの振りも速かったですね」

     バルセロナでも日本でも、木場氏が発案したトレーニングを続けてきた久保。コパ・アメリカで2大会連覇王者のチリ代表を脅かしたスラロームは8年間の体幹トレーニングの賜物でもあったようだ。

    「タケフサは今季Jリーグトップレベルで違いを見せ、A代表の国際大会でも全く遜色ないプレーを見せています。すごい進化を見せてくれています。今は成長しかないですよね。今後、日本代表レアルでどんな活躍を見せてくれるのか。全力でサポートを続けていきたいです」

     南米の地で強烈なインパクトを残した18歳の教え子の躍進に、木場氏は目を細めていた。(THE ANSWER編集部)

    木場 克己
    KOBA式体幹バランストレーニング協会代表、プロトレーナー
    小学2年生で柔道を始め小学6年生の南九州柔道大会で優勝・優秀選手賞をもらう。
    中学3年生のとき県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。
    高校レスリングを始め56kg級九州大会で優勝。インターハイ・国体は団体戦3位の成績。
    腰椎圧迫骨折で現役を退き医療人の道へ。
    鍼灸師・柔道整復師・FC東京ヘッドトレーナー(1995~2002)・ガンバ大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)・長友佑都専属トレーナー

    日本代表・久保建英【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】久保建英の2人抜きドリブルには明確な根拠あり 恩師が証言する18歳の確かな成長】の続きを読む



    (出典 tokushima.ismcdn.jp)



    フィニッシュの精度不足を指摘 「チャンスで決めきれなかった」「決め切らないと…」

     森保一監督率いる日本代表は、現地時間17日のコパ・アメリカ南米選手権グループリーグ初戦でチリに0-4と大敗した。大会2連覇中の南米王者に力量差をまざまざと見せつけられる結果となったが、この大敗はなぜ生まれたのか。チリ戦を戦った監督・選手のコメントから舞台裏に迫る。

     今大会、東京五輪世代の若手を中心に臨んでいる日本は、短い準備期間のなかでチリ戦を迎えた。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、DF原輝綺(サガン鳥栖)と杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、MF中山雄太(PECズヴォレ)、FW前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大)の6人がA代表デビュー。それでも世代別で共闘してきた選手も多く連係面のベースはできており、チリ戦の序盤は互角の攻防を披露した

     しかし徐々に地力の差が現れ、前半41分にはCKからMFエリック・プルガル(ボローニャ)に被弾。後半にはFWエドゥアルド・バルガス(UANLティグレス)に2ゴール、FWアレクシス・サンチェスマンチェスター・ユナイテッド)に1ゴールを決められて0-4と大敗した。

     大差をつけられ得点「0」に終わった日本だが、決定機を何度も創出しており、チャンスでの精度不足を指摘した選手は少なくない。4-2-3-1システムトップ下で代表初の先発出場を果たしたMF久保建英FC東京レアル・マドリード)は、「向こうは決定的なチャンスはすべて決めてきたのに対して、自分たちはチャンスで決めきれなかった」と振り返る。

     再三のチャンスを逃した上田は「力不足で片付けるつもりはない。どうしたらいいかを考えながら、この遠征中に解決していきたい」と前を向く。また右サイドハーフで先発した前田が「前半の良い時に決めないと、ああいう展開になる。前半のうちに失点したのがもったいない。チャンスはあったので、決め切らないとああいう試合になる」と語れば、森保監督も「チリとのクオリティーの差があったことは認めなければいけない」と現実を直視する。

    サイドの対応に課題 「人数の有利を与えてクロスを上げられるシーンはあった」

     攻撃では相手ゴールに何度も迫っており、チャンスの形は作り出している。フィニッシュ精度が世界との差を如実に物語るが、それでも“攻撃の形”という点では一定の評価を与えてもいいだろう。

     一方、4失点という結果を受けて守備面の課題が噴出しており、指揮官は「一瞬のスキを突いてくる勝負強さがあると感じた」とチリを称えた。左サイドハーフで先発したMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)も「クロスの質が高く、ワンタッチも上手かった」と評している。

     4失点のGK大迫は「修正力、もっと味方に声をかけていれば……。3点目のファーから入ってくるのも前半から相手がやっていた。4失点目は、3失点目をしてから少し下を向いてしまったかなと思う」と振り返る。

     またサイドの対応について語ったのが、途中出場のFW岡崎慎司レスター・シティ)とCBの一角でフル出場したDF植田直通(セルクル・ブルージュ)だ。

    サイドを上手く使われて数的優位を使われる。相手のほうが上手くサッカーをやった」(岡崎)
    サイドに1枚張っている状態でセンターバックの前に落ちてくるのをどうするか戸惑った部分はあったし、そこで人数を割けなかった。相手に人数の有利を与えてクロスを上げられるシーンはあった」(植田)

    反撃ムードが漂うなかで終盤に2失点 「攻めている時ほどリスクマネジメントが必要」

     サイドからチリの攻撃を受けた日本は、さらに「僕たちのバイタルエリアに入る技術は高いと感じた」(中山)と中央のスペースも巧みに使われるなど後手を踏んだ。劣勢のなかで反撃に転じた日本は終盤に2失点したが、キャプテンのMF柴崎岳(ヘタフェ)は試合運びの課題を指摘する。

    「悪くはないと思うけど、攻守は表裏一体。攻めている時ほどリスクマネジメントが必要で、その管理が足りなかった。個人的には自分たちが弱いというか、苦手としている部分をしっかり突いてきた」

     球際や局面では互角の攻防も繰り広げたが、終わってみれば0-4と大敗。チリに試合巧者ぶりを見せつけられる形となった。

     20日にウルグアイ戦、24日にエクアドル戦と続く。グループ3位まで決勝トーナメント進出の可能性を残すなか、次戦の相手はFIFAランク16位のチリを上回る同8位のウルグアイだ(日本28位)。チリ戦で浮き彫りになった課題をどこまで修正し、ピッチ上のプレーに反映できるか。森保監督の手腕と選手の対応力に注目が集まる。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

    チリ戦の大敗はなぜ生まれたのか…監督・選手のコメントから舞台裏に迫る【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】なぜチリ戦で0-4大敗を喫したのか? 選手・監督の発言から紐解く舞台裏】の続きを読む



    (出典 www.footballchannel.jp)



    日本はチリに4失点の大敗 初の先発フル出場を飾った久保は王者チリ相手に存在感

     日本代表は現地時間17日、コパ・アメリカ南米選手権)初戦でチリ代表と対戦し、0-4で大敗を喫した。若手主体で臨んだ日本は、A代表デビューとなる6選手を先発に送り込んだものの、大会連覇中の王者に勝負強さの違いを見せつけられる格好となった。

     この結果を受け、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボールアジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏は、初の先発フル出場を飾ったMF久保建英FC東京レアル・マドリード)のパフォーマンスについて「輝かしい未来を提示するには充分なショータイムとなった」と惜しみない賛辞を送り、「日本サッカー界の新たな新時代の到来を垣間見た」と、久保が引き続きA代表をけん引する存在となることに太鼓判を押している。

      ◇   ◇   ◇

     王者チリが徹底的に日本のスカッドの未熟さを露呈させたため、おそらく久保建英は今後、初の先発フル出場を懐かしく振り返ることはないだろう。4-0のスコアは残酷だったかもしれない。上田綺世(法政大)が得点をもたらしていたら、おそらく一方的な展開とはなっていなかっただろう。しかし、レアル・マドリードへ向かう10代は、輝かしい未来を提示するには充分なショータイムとなった。

     彼の先発出場は、ここ数年で最も熱望されていたものであり、おそらく1998年ワールドカップ予選でデビューした小野伸二北海道コンサドーレ札幌)以来となるだろう。この18歳は、歯車の合わないチームの中で、視線を集めるプレーを見せていた。1トップに配置された上田の背後に入り、左に中島翔哉(アル・ドゥハイル)、右に前田大然(松本山雅FC)が置かれたなか、創造性を生み出す役割は久保の肩に一任されていた。エリック・プルガル(ボローニャ)の徹底的な監視下にあったにもかかわらず、一切怯むことがなかった。

     太い首がタトゥーで覆われているブルガルは、素質や自信に欠けている選手を怯えさせるような存在だが、両者の間で行われたバトルは白熱した接戦であったことが証明されていた。セリエAで活躍するMFは、試合の立ち上がりの場面で久保から素早くボールを奪取した一方、日本のプレーメーカーもすぐに洒落た股抜きでリベンジを果たした。その際、プルガルに自身のフィジカルでは久保が巧みなボールタッチと守備網を打開する才能を披露するのを潰すことはできないということを悟らせた。

    「彼のクオリティーが頭角を現わすのはこれから」

     日本にはポゼッションを高める能力がなく、あまりに多発したパスミスは、頻繁に時機を逸する犠牲を払っていた。それは森保監督にもダメージを与え、チリを後方に追いやるチャンスを久保や中島に与えることもほとんどできなかった。しかし、励みとなるのは、久保にそのようなチャンスが与えられた際は、王者に対して攻撃を仕掛ける期待感を持つことができたということだ。ターンし前を向く動きや、ボールを運ぶドリブル、攻撃陣に向けた狭いスペースへのパスなど、彼の存在感はチリの守備陣に気を張らせ続けた。

     相手に立て続けにゴールを奪われてもなお、このヤングスターチームメートが気力を取り戻すべく、刺激を呼び起こそうと試みていた。彼が試合で見せた最高の瞬間は、中山からパスを受けた際、ペナルティーエリア付近で3人のチリの防波堤をかいくぐり、サイドネットを叩くシュートを打ち込んだ場面だ。フィニッシュには落胆することになったが、彼の存在感は自信とクオリティーを際立たせる強烈な破裂音を鳴らしていた。

     久保が完成された作品であるとは誰も考えていないし、FC東京を旅立った男はA代表で習得すべき優先事項がたくさんあることに疑いの余地はない。しかし、輝かしい未来を提示するショータイムを披露しており、サムライブルーの先発レギュラーとして、トップ下のMF南野拓実(ザルツブルク)からポジションを奪い得る存在だ。久保は優秀な選手に囲まれる環境に身を置いているが、コパ・アメリカのスカッドが日本の素晴らしい才能のすべてを揃えていると鼻を高くするのはやめよう。彼のクオリティーが頭角を現わすのはこれからだ。その日はまもなくやってくるだろうが、火曜日は日本サッカー界の新時代の到来を垣間見ることができた。(マイケル・チャーチ/Michael Church)

    日本代表MF久保建英【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「久保の才能を潰せないと悟った」 チリ主力との互角の“やり合い”に英記者も驚き】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    1 Egg ★ :2019/06/19(水) 06:28:52.52 ID:3eLA399V9.net

    レアル・マドリードへの加入を発表した18歳への関心は、日本人だけにとどまらない。
    試合後、テレビの取材エリアで足を止めれば、外国メディアがその前に殺到し、ペン記者の取材エリアで日本人記者と質疑応答をしていても、間隙を縫って外国人記者のスペイン語での質問が飛ぶ。

    それに対して久保建英は、スペイン語でていねいに応対しながら、こう返すのだ。
    「質問はひとり1問ずつで」「スペイン語の質問は次で最後」
    その様子は堂々としていて落ち着いていた。ピッチ内でのプレーと同じように――。

    南米ナンバーワンを決めるコパ・アメリカのグループステージ第1戦。招待参加の日本はチリとの一戦に、慣れ親しんだ3-4-2-1ではなく4-2-3-1で臨んだ。
    「今回招集した選手を見たときに、この形で戦おうと選手に伝えた」
     
    森保一監督の言葉からは、思い通りのメンバーを招集できなかったことを感じさせた。その一方で、4-2-3-1を選択した理由のひとつに久保の存在もあったかもしれない。
    4-4-2の右サイドでは守備に忙*れかねない。トップ下で起用すれば、攻撃面で個性をより発揮できるのではないか――。代表初先発であり、ましてや舞台はコパ・アメリカである。そんな配慮があったとしてもおかしくない。

    最初の見せ場は12分、左サイドで久保がひとり剥がして敵陣に進入し、グラウンダーのクロスを流し込む。これは上田綺世に届く寸前にクリアに遭ったが、今後への期待を抱かせるワンプレーだった。

    だが、その後は突破を試みては阻まれるシーンが続く。後半開始早々には、相手ゴール前でドリブルを開始した途端にふたりに寄せられ、左足で自由に持たせてもらえない場面もあった。チリが久保を警戒している証しだった。
    そんな久保にボールが集まり出すのは、2点のビハインドを負った後半半ばあたりから。20分に前田大然にスルーパスを通してチャンスを作ると、この日一番の見せ場が訪れる。
     
    背筋をピンと伸ばしてパスを受け、流れるようなステップワークでふたりの間を割って入ると、左足を振り抜いた。だが、GKにコースを消され、シュートはわずかに左へとそれてしまう。直後、久保は両手で地面を叩き、感情をむき出しにした。
    「たまにリミッターが外れるというか、ああやって何も考えずにスルスルッと抜けるときがあるんです」
     
    この場面を久保はそう表現した。身体が自然と動く――そんな感覚なのだろう。
    「最後、言い訳するとボールがちょっと緩くてズレちゃって、自分がファーに打てばよかった話なんですけど、あれは今でも悔しいです。0-2だったので、あそこで決めていたら、こっちの時間帯にググッと引き寄せられたと思うので、後悔しています」

    6/19(水) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00010000-wordleafs-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【サッカー日本代表】<久保建英>チリ戦大敗に何を感じたか?「0−0の時にそれができていたら違ったのかな」】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    1 豆次郎 ★ :2019/06/18(火) 19:22:08.21 ID:nWqJUndl9.net

    6/18(火) 17:46配信
    SOCCER KING
    完敗の日本を南米メディアは辛辣に報道…「上田はチリにとって“最高の友達”」

     コパ・アメリカ グループステージ第1節でチリ代表に0-4と完敗を喫した日本代表。試合後、スペイン紙『マルカ』アルゼンチン版は辛辣な見出しとともに、この試合について報じた。


    「チリ、“若い”日本を圧倒」

     同紙はチリの大勝を意味する大見出しとともに、試合内容をレビュー。フォーカスされたのは、日本の10番・中島翔哉とレアル・マドリードへの移籍が決まっている久保建英だった。

    「日本は自分たちのスタイルを見せようと試みた。特に敏捷性に優れた“マドリディスタ”の久保、そして中島が気の利いたプレーを見せていた。しかし、ゲームを終始コントロールしていたのはチリだった。ビダルが先陣を切り、イスラの攻め上がりや中間ポジションを取るアランギスがそれをサポートした」

    小見出しは「上田はチリにとって“最高の友達”」

     続いて名前が挙がったのは、この日がA代表デビューとなった上田綺世だ。日本が先制を許した直後の44分、上田はスルーパスに抜け出し相手GKをかわすも、シュートを枠外に外してしまった。後半に入ると2失点目を喫した直後にも柴崎岳のパスから決定機を迎えたが、シュートを枠に飛ばすことができなかった。

     同紙は「上田はチリにとって“最高の友達”」と批判的な小見出しでこの場面を取り上げた。

    「ロッカールームに戻っても状況は変わらなかった。バルガスのゴールで2-0となったシーンでは、日本の守備網は何もできなかった。その直後に上田がまたもやフリーでのシュートチャンスでミスを*た」

     69分にも上田は安部裕葵のクロスに合わせ切れず得点を逃した。次戦、グループステージ第2節・ウルグアイ戦後には、ポジティブな見出しで報じられるのか。グループステージ突破への大一番は日本時間21日8時にキックオフを迎える。

    SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00949360-soccerk-socc


    【【サッカー日本代表】完敗の日本を南米メディアは辛辣に報道…「上田はチリにとって“最高の友達”」】の続きを読む

    このページのトップヘ