Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > アルゼンチン



    (出典 img.footballchannel.jp)



    味方を生かすプレーでメルカド、アグエロのゴールを演出

     世界ナンバーワンプレーヤーFWリオネル・メッシはまたもワールドカップ(W杯)に手が届かなかったが、意地を見せた。決勝トーナメント1回戦の第1ゲームにして注目カード、アルゼンチン対フランスが現地時間30日に行われ、フランスが4-3で勝利。アルゼンチンの敗退が決まった。それでも2アシストをマークしたメッシはデータ分析会社「オプタ」によると、同国におけるディエゴ・マラドーナ氏以来となる、ある記録を樹立したのだという。

     試合は1-1の同点で迎えた後半3分、左サイドからの直接FKのこぼれ球を拾ったメッシが振り向きざまにシュートを打つ。これがゴール前に残ったDFガブリエル・メルカドがトラップがズレたような形となったが、結果的にコースを変え、相手GKユーゴ・ロリスが反応できず2-1とアルゼンチンが早々に勝ち越しに成功した。

     しかし、ここからはフランスの攻撃力、特に19歳新星FWキリアン・ムバッペの独壇場に。ムバッペの2得点を含む3ゴールで突き放されたアルゼンチンは敗色濃厚となった。

     そんななか、後半アディショナルタイムにメッシは敵陣左サイドに入り込むと絶妙のピンポイントクロスを供給。FWセルヒオ・アグエロがヘディングで合わせて3-4と1点差とした。ラストプレーでのチャンスを生かせなかったアルゼンチンは奇跡の同点劇を起こせずタイムアップの笛を聞いたが、メッシはある一つのW杯記録を打ち立てた。

     それは「W杯1試合における2アシスト」だ。これは1986年メキシコ大会でマラドーナ氏が韓国戦で決めて以来の記録で、ゴールを決められなくとも味方を生かすことでゴールに直結するプレーをしていた何よりの証と言えよう。

     試合終了後には放心したような表情を浮かべたメッシ。それでも最後に魅せた2アシストには、この10年間にわたって世界のサッカーファンの感情を揺さぶってきた実力を見せつけた。


    (Football ZONE web編集部)

    フランス戦で2アシストをマークしたメッシ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アルゼンチン代表】メッシ、16強敗退も意地の勲章 英雄マラドーナ以来の「W杯1試合2アシスト」を記録】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



     FIFA(国際サッカー連盟)は公式HPにて、サポーターの投票などにより決まる「バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチ」を発表。フランス代表とアルゼンチン代表の試合における同賞に先制点につながるPK獲得と2得点で勝利に貢献したFWキリアン・ムバッペを選出した。

     ムバッペは右ワイドのポジションで先発。前半11分、ドリブルでの突破からペナルティエリア内に侵入するとマルコス・ロホに倒されてPKを獲得し、アントワーヌ・グリーズマンの先制点につなげる。

     さらに2-2の同点で迎えた64分にはエリア内左の狭い位置から左足を振りぬいて逆転弾をもたらすと、4分後にはカウンターからオリヴィエ・ジルーのラストパスを冷静にゴールへと流し込んで、決勝点となる4点目を獲得した。

     ムバッペは今大会のペルー戦でマン・オブ・ザ・マッチを獲得しており、2度目の受賞となった。

     フランスがワールドカップを制した1998年の12月に生まれたムバッペ。自国のW杯初優勝をリアルタイムで知らない次代のスターがフランスを頂点へ導くか、注目される。


    2得点で勝利に大きく貢献したムバッペ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】2得点&PKゲットの仏19歳ムバッペがMOM! アルゼンチン撃破で8強進出貢献】の続きを読む



    (出典 xn--2018-ul4cofqbxhwhob9j.net)



    人類最速男と並ぶスピードの19歳が2ゴール&PK獲得の大活躍

     人類最速の男と並ぶスピードの持ち主が、アルゼンチンとリオネル・メッシの夢を打ち砕いた。ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で、フランス代表FWキリアン・ムバッペは、2得点とPK獲得の“実質ハットトリック”の活躍でチームを4-3の勝利に導いた。

     ムバッペは前半11分、自陣のペナルティーエリアの外側でボールをカットしたムバッペは、そこからドリブルを開始。凄まじいスピードで中央を切り裂いていき、一気にアルゼンチン陣内へ侵入した。対峙したアルゼンチンDFマルコス・ロホの右側にボールを出して一気に追い越すと、ロホが追いすがりたまらずファウル。約70メートルを走破したムバッペのドリブルがフランスにPKをもたらした。これを、FWアントワーヌ・グリーズマンが決めてフランがは先制点を挙げた。

     後半に入るとムバッペはさらなる活躍を見せた。2-2のスコアで迎えた同19分に左サイドを攻略すると、ゴール前の混戦を拾ったムバッペが鋭く突破し、強烈な左足シュート。GKフランコ・アルマーニのセーブも及ばず、3-2と再逆転に成功した。さらに後半23分、フランスのビルドアップからの縦パスをグリーズマンやジルーらのコンビネーションで中央突破すると、最後は右サイドをフリーとなったムバッペ。難なくフィニッシュし、2点差に突き放した。

     1点目のPK獲得の驚異的なスピードは世界に衝撃を与えた。英サッカーサイト「90min」によると、ムバッペは所属クラブのパリ・サンジェルマンで昨年12月のリーグ戦で最高時速kmを記録している。これは、陸上競技男子100メートルでジャマイカのウサイン・ボルトが2009年のベルリン世界陸上で100メートルの世界新記録9秒58を出した時のトップスピードと全く同じ数字だという。

     この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたムバッペは、元ブラジル代表ペレ以来となる10代にして決勝トーナメントの試合で2得点を挙げた選手になったことを「ペレの次になるなんて凄いことだよね」と喜んだ。そして「いつも言っているように、ワールドカップはトップレベルの選手が集まる場所で、自分に何ができるかを示すチャンスなんだ。そんな場所は他にはない」と語った。

     最も速く走るために全てを尽くし、環境的にも最高のものが用意される陸上の最高峰と同等のスピードを持つサッカー界の人類最速男ムバッペは、自身の価値を強烈に示した。そして、フランス代表が前回優勝した1998年に生まれた19歳は、そのスピードで世界の頂点まで駆け上がろうとしている。


    (Football ZONE web編集部)

    アルゼンチン戦で2ゴールを挙げたムバッペ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】“サッカー界最速男”ムバッペがメッシに引導 王様ペレ以来の快挙を自画自賛「凄いこと」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    フランスが先制するも、ディ・マリアのスーパーミドルで前半を折り返す

     世界ナンバーワンのFWリオネル・メッシに引導を渡したのは、フランスの19歳新星だった。ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦の第1ゲームにして注目カード、フランス対アルゼンチンが現地時間30日に行われ、フランスは19歳のFWキリアン・ムバッペの超高速ドリブルから得たPK、アルゼンチンはMFアンヘル・ディ・マリアのスーパーミドルが決まる白熱の展開となったが、後半のムバッペの2ゴールなどによってフランスが4-3で勝利。メッシのW杯制覇の夢を打ち砕いた。

     楽々とグループリーグ(GL)突破を決めたフランスはMFポール・ポグバとMFエンゴロ・カンテ、FWムバッペ、FWアントワーヌ・グリーズマンら豪華スタメンを形成。一方なんとか2位突破したアルゼンチンはメッシを前線の下に置く“偽9番”システムで、両サイドにディ・マリア、MFクリスティアン・パボンを配した。

     キックオフから最初のチャンスを迎えたのはフランス。ムバッペの突進から得た前半8分の直接FKを蹴ったのはグリーズマン。左足でのキックはクロスバーを直撃する。そのムバッペの勢いはとどまらない。前半11分、自陣中央からボールを持ったムバッペが超高速ドリブルで一気に持ち上がると、MFハビエル・マスチェラーノらを置き去りに。ペナルティーエリア内に入るとDDマルコス・ロホが引き倒し、PK判定が下った。このチャンスにキッカーはグリーズマン。冷静に相手GKの逆を突き、フランスが先制に成功した。

     その後もムバッペの飛び出しが猛威を振るい、アルゼンチン最終ラインは混乱をきたす。それでも前半41分、左サイドのスローインをつなぎ、ペナルティーエリア外中央のディ・マリアへ。これを躊躇なく左足インステップで振り抜くと、GKユーゴ・ロリスの手が届かずゴール右隅に突き刺さった。豪快なスーパーミドルでスコアを1-1に戻し、前半を終えた。


    ムバッペが逆転&ダメ押し弾で勝負あり

     後半に入ると3分、意外な形でスコアが動く。左サイドからの直接FKのこぼれ球を拾ったメッシが振り向きざまにシュートを打つ。これがゴール前に残ったDFガブリエル・メルカドがトラップがズレたような形となったが、結果的にコースを変え、ロリスが反応できず2-1とアルゼンチンが早々に勝ち越しに成功した。

     しかし、ここからがフランスの地力の見せどころとなった。後半13分、左サイドバックのリュカ・エルナンデスが突破して送ったクロスが右サイドへ流れる。これを右サイドバックのバンジャマン・パバールが右足ボレーで放つと、正確にゴール左隅を射抜いてすぐさま2-2の同点に追いついた。

     フランスの猛攻は止まらない。後半18分に再び左サイドを攻略すると、ゴール前の混戦を拾ったムバッペが鋭く突破し、強烈な左足シュート。GKフランコ・アルマーニのセーブも及ばず、3-2と再逆転に成功した。

     この状況を受けて後半21分にアルゼンチンはFWセルヒオ・アグエロを投入。しかしフランスは容赦しない。後半23分、フランスのビルドアップからの縦パスをグリーズマンやジルーらのコンビネーションで中央突破すると、最後は右サイドをフリーとなったムバッペ。難なくフィニッシュし、2点差に突き放した。

     後がなくなったアルゼンチンだが、攻めてもボールロストしてフランスのカウンターを浴びる展開の繰り返しに。後半アディショナルタイムにはメッシの絶妙のピンポイントクロスからFWアグエロがヘディングで合わせて3-4と1点差にしたが反撃はここまで。チームの総合力で差を見せつけたフランスが、2大会連続の8強進出を決めた。


    (Football ZONE web編集部)

    アルゼンチン戦で2ゴールを挙げたムバッペ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】フランスがアルゼンチンを4-3で撃破 19歳神童ムバッペがメッシの夢を打ち砕く2ゴール…】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    今大会すでに4ゴールを挙げているロナウドは堅守のウルグアイに挑む

     ロシア・ワールドカップ(W杯)はついにベスト16が出揃い、負ければ終わりのトーナメントがスタートする。この大舞台で注目されるのは、やはり世界最高という評価を二分するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだろう。ともに4大会連続出場となる両選手だが、実はW杯決勝トーナメントでは無得点が続いている。

     2006年ドイツ大会でW杯デビューを果たしたロナウド。背番号17を背負っていた若き日のカリスマは、グループリーグのイラン戦でPKによるW杯初ゴールを挙げ、ポルトガルもベスト4に躍進した。

     続く2010年南アフリカ大会では7-0で圧勝した北朝鮮戦でゴールを決めたが、ロナウドは2大会連続1ゴール。ポルトガルもベスト16で敗退した。2014年ブラジル大会ではグループリーグ第3戦のガーナ戦で決勝ゴールをマーク。しかし、初戦でドイツに0-4と大敗したのが響き、3位でグループリーグ敗退の屈辱を味わった。

     過去3大会で通算3得点だったロナウドだが、今大会では初戦のスペイン戦でいきなりハットトリックを達成。モロッコ戦でもダイビングヘッドで決勝ゴールを奪い、これまでの通算ゴール数を1大会で上回る活躍を見せている。

     ポルトガルは決勝トーナメント1回戦でここまで唯一、無失点を続ける堅守のウルグアイと対戦する。その鉄壁の守備を破り、自身の不名誉な記録をストップしたいところだ。


    決勝Tで666分間ノーゴール中のメッシはフランスと激突

     一方のメッシも06年のドイツ大会、セルビア・モンテネグロ戦でW杯デビュー&初ゴールを達成。18歳で経験した初の大舞台は3試合1得点だった。決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦(2-1)は途中出場するもゴールなし。続くドイツ戦(1-1、PK2-4)は出番がなかった。

     10年南アフリカ大会はメッシにとって試練の大会で、チームがベスト8に進出しながらも、5試合無得点のまま再びベスト8でドイツに敗れて終戦。その苦しみを乗り越えて臨んだ14年ブラジル大会はグループリーグ3試合で4得点と大暴れ。チームはその勢いのまま決勝まで勝ち上がった。

     決勝では0-1で敗れ、3大会連続ドイツ相手に敗れるという結果に終わった。そして、メッシはグループリーグの好調が嘘のようにトーナメント戦では沈黙。ロナウド同様に無得点が継続しているなか、今大会は16強でフランスと対戦する。

     データ分析会社「オプタ」によれば、時間にしてメッシは666分間、ロナウドは424分間も決勝トーナメントで無得点が継続中だという。過去10年間、世界最高の選手に送られるバロンドール賞を5度ずつ分け合ってきたサッカー界の二大スターは、このロシアでジンクスを覆すことができるだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    C・ロナウド&メッシは、W杯「決勝トーナメント無得点」の不名誉なジンクス破れるか【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】C・ロナウド&メッシの二大スター W杯「決勝T無得点」の不名誉なジンクス破れるか!?】の続きを読む

    このページのトップヘ