Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > アルゼンチン

    no title


    265日間の空白期間を経てベネズエラ戦に先発も1-3で敗戦

    バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが“原点回帰”を果たしている。ロシアワールドカップ(W杯)以来となるアルゼンチン代表復帰を果たしたメッシは、現地時間22日に行われたベネズエラとのテストマッチに先発出場したが、1-3と敗れ復帰戦を勝利で飾れなかった。しかし、それ以上に注目されているのは、近年のトレードマークだった髭を剃り上げ、外見が完全に若き日の頃のようにイメージチェンジしたことだ。

    ベネズエラ戦前、アルゼンチン代表の公式ツイッターが1本の動画を配信した。映像はレアル・マドリードトレーニング施設であるシウダード・レアル・マドリードピッチに、今回招集されたメンバーが現れ、和気あいあいとトレーニングする様子が撮影されたもの。宿敵レアルの練習場にバルサエースであるメッシが現れることだけでも珍しいが……その顔を見ると、蓄え続けてきた髭がきれいさっぱりなくなっていたのだ。

    これに反応したのが、バルセロナをお膝元とする「スポルト」紙だ。「メッシの外見、大々的に変化」とのタイトルで、以下のように伝えている。

    ワンダメトロポリターノに着いた時、2016年コパ・アメリカ以来蓄えていた、いつもの顎髭はなくなり、昔のメッシの見た目に驚きが出た。アルゼンチン代表のユニフォームを着用せずに265日を過ごした後、リオネルは復帰し、ドイツとの延長戦で敗れた2014年W杯の日々を想起させる」

    なおアルゼンチン代表はワンダメトロポリターノで行われたベネズエラ戦、前半に2失点を喫し、後半14分にDFラウタロ・マルティネスが1点を返したものの、終盤に突き放されて1-3で敗戦した。6月に開幕するコパ・アメリカメッシにとって悲願となる代表タイトル獲得の戦いが始まるが、心機一転となった一戦でもその道のりの険しさを味わうことになった。(Football ZONE web編集部)

    ベネズエラとのテストマッチに先発出場したアルゼンチン代表FWメッシ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アルゼンチン代表】「メッシの外見、大々的に変化」 アルゼンチン代表復帰戦の“髭なし姿”にスペイン紙注目】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    アルゼンチン代表のリオネル・メッシ 写真提供:GettyImages

     アルゼンチン代表に復帰したバルセロナのFWリオネル・メッシはどうやら今月の代表ウィークで1試合限定でのプレーとなるようだ。現地時間20日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

     アルゼンチン代表は22日にマドリードベネズエラ代表と、そして26日にはモロッコのタンジェでモロッコ代表との国際親善試合に臨む。

     ただメッシワンダメトロポリターノで行われるベネズエラ戦のみ出場するものとみられ、モロッコへの遠征には帯同しないものとみられる。

     なおアルゼンチン代表は現在レアル・マドリードが所有するグラウンドでトレーニングに励んでいる。昨夏に行われたワールドカップロシア大会以来となる代表復帰で周囲から注目を集めているメッシは果たして復帰初戦でどのようなプレーを見せるのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アルゼンチン代表】復帰のメッシ、1試合限定の出場か。モロッコ遠征には帯同せず】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    コパ・アメリカへ向けて代表復帰を望むアグエロ 「メッシのそばでサポートをしたい」

     マンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロは、現地時間7日に発表されたベネズエラ代表戦とモロッコ代表戦に向けたアルゼンチン代表に招集されず、今回も復帰は見送られた。一方で、8カ月ぶりに代表復帰を果たしたバルセロナFWリオネル・メッシについて、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」スペイン語版のインタビューに応えたアグエロは、「レオは代表の象徴だ」と旧友の存在意義について語っている。

     アルゼンチン代表のスカローニ監督は現地時間7日に、3月22日にマドリードで開催されるベネズエラ代表戦と3月26日にアウェーで開催されるモロッコ代表戦に向けた招集メンバーを発表。ロシアワールドカップ(W杯)以来の招集となったメッシパリ・サンジェルマンMFアンヘル・ディ・マリアの復帰で話題となっている。その一方で今回も未招集だったアグエロが、「ESPN」のインタビューに対して代表復帰を果たした旧友メッシについて明かしている。

    「レオは代表の象徴だ。彼がどれだけ代表チームを愛しているかは、僕がよく分かっている。別の視点から言えば、彼が最善を尽くすことを望むし、僕は彼のそばでサポートをしたい」

     アルゼンチン代表にとって、メッシは欠かせない存在であることを主張したアグエロは、育成年代から代表チームコンビを組む旧友の手助けをしたいと望んでいることを明かしている。

     また、今夏に開催されるコパ・アメリカについて、「コパ・アメリカに向けてやるべきことはたくさんある。まだ何が起こるか分からないから、僕は正しいことをやり続けるんだ」と、代表復帰への想いを告げていた。(Football ZONE web編集部)

    (左から)FWメッシ、FWアグエロ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アルゼンチン代表】同胞アグエロ、アルゼンチン代表復帰メッシへの思い吐露 「どれだけ代表を愛しているか…」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、再び代表メンバーにその名を連ねた。アルゼンチンサッカー協会は7日、国際親善試合に向けたメンバー31名を発表した。

     アルゼンチン代表は、昨年ロシアで行われたワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、フランスに3-4と惜敗し大会から姿を消した。その後、A代表で主要タイトルを一つも獲れず批判を浴びたメッシは、代表での活動を一時的に休止すると表明していた。そのため今回はW杯以来の代表招集となった。

     招集メンバーには、メッシの他にもMFアンヘル・ディ・マリアパリ・サンジェルマン)やFWパウロ・ディバラ(ユヴェントス)が名を連ねた。一方で、FWセルヒオ・アグエロマンチェスター・C)やFWゴンサロ・イグアインチェルシー)は選外となった。

     なお、アルゼンチン代表は23日にベネズエラ代表と、27日にモロッコ代表と親善試合を行う予定となっている。

    アルゼンチン代表招集メンバー
    ▼GK
    アグスティン・マルチェシン(クラブアメリカメキシコ
    フアン・ムッソ(ウディネーゼイタリア
    エステバンアンドラダ(ボカ・ジュニオルス)
    フランコ・アルマーニ(リーベル・プレート)

    ▼DF
    ヘルマン・ペッセージャ(フィオレンティーナイタリア
    ガブリエル・メルカド(セビージャスペイン
    フアン・フォイス(トッテナムイングランド
    ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・Cイングランド
    ワルテル・カンネマン(グレミオ/ブラジル
    ニコラス・タグリアフィコ(アヤックスオランダ
    マルコス・アクーニャ(スポルティング/ポルトガル
    ゴンサロ・モンティエル(リーベル・プレート)
    レンソ・サラビア(ラシン・クラブ
    リサンドロ・マルティネス(デフェンサ・イ・フスティシア)

    ▼MF
    レアンドロ・パレデス(パリ・サンジェルマンフランス
    グイド・ロドリゲスクラブアメリカメキシコ
    ジオヴァニ・ロ・チェルソ(ベティス/スペイン
    マヌエル・ランツィーニ(ウェストハム/イングランド
    ロベルト・ペレイラ(ワトフォードイングランド
    アンヘル・ディ・マリアパリ・サンジェルマンフランス
    ティアス・サラーチョ(ラシン・クラブ
    イヴァン・マルコーネ(ボカ・ジュニオルス)
    ドミンゴブランコ(デフェンサ・イ・フスティシア)
    ロドリゴ・デ・パウル(ウディネーゼアルゼンチン

    ▼FW
    リオネル・メッシバルセロナスペイン
    ゴンサロ・マルティネスアトランタ・ユナイテッドアメリカ
    パウロ・ディバラ(ユヴェントスイタリア
    アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリードスペイン
    ラウタロ・マルティネスインテルイタリア
    ダリオ・ベネデット(ボカ・ジュニオルス)
    ティアス・スアレス(リーベル・プレート)

    昨年のW杯以来の代表復帰となったメッシ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アルゼンチン代表】メッシがW杯以来の代表復帰! アルゼンチンが親善試合に向けメンバー発表】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    今月末のインターナショナルマッチウィークに向けて、各国代表が招集メンバーを発表し始めている。

    アルゼンチン代表はベネズエラモロッコと親善試合を戦う。

    Ole』によれば、リオネル・メッシアンヘル・ディ・マリアが代表に戻ってくる可能性があるようだ。昨夏のワールドカップ以降、両者は代表戦に出場していない。

    ただ、『Ámbito Financiero』によれば、メッシが出場する見込みなのはベネズエラ戦だけのようだ。

    同試合はマドリッドにあるワンダメトロポリターノで行われるが、モロッコ戦はモロッコの首都ラバトで行われる。移動などの負担を考慮した措置だろうか。

    そして、メッシモロッコ戦欠場によって、アルゼンチンサッカー協会は50万ドル(5600万円)のボーナスを逃すだろうとも。

    【関連記事】あの久保くんも…12人の「NEXTメッシ」はどうなったのか

    アルゼンチンは今夏のコパ・アメリカグループBに入り、コロンビア、パラグアイ、カタールと戦う。それを前にメッシの復帰となるのだろうか。

    メッシ、ついに代表復帰か W杯以来の招集へ?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アルゼンチン代表】メッシ、ついに代表復帰か W杯以来の招集へ?】の続きを読む

    このページのトップヘ