Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > アルゼンチン



    (出典 pbs.twimg.com)



    今大会すでに4ゴールを挙げているロナウドは堅守のウルグアイに挑む

     ロシア・ワールドカップ(W杯)はついにベスト16が出揃い、負ければ終わりのトーナメントがスタートする。この大舞台で注目されるのは、やはり世界最高という評価を二分するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだろう。ともに4大会連続出場となる両選手だが、実はW杯決勝トーナメントでは無得点が続いている。

     2006年ドイツ大会でW杯デビューを果たしたロナウド。背番号17を背負っていた若き日のカリスマは、グループリーグのイラン戦でPKによるW杯初ゴールを挙げ、ポルトガルもベスト4に躍進した。

     続く2010年南アフリカ大会では7-0で圧勝した北朝鮮戦でゴールを決めたが、ロナウドは2大会連続1ゴール。ポルトガルもベスト16で敗退した。2014年ブラジル大会ではグループリーグ第3戦のガーナ戦で決勝ゴールをマーク。しかし、初戦でドイツに0-4と大敗したのが響き、3位でグループリーグ敗退の屈辱を味わった。

     過去3大会で通算3得点だったロナウドだが、今大会では初戦のスペイン戦でいきなりハットトリックを達成。モロッコ戦でもダイビングヘッドで決勝ゴールを奪い、これまでの通算ゴール数を1大会で上回る活躍を見せている。

     ポルトガルは決勝トーナメント1回戦でここまで唯一、無失点を続ける堅守のウルグアイと対戦する。その鉄壁の守備を破り、自身の不名誉な記録をストップしたいところだ。


    決勝Tで666分間ノーゴール中のメッシはフランスと激突

     一方のメッシも06年のドイツ大会、セルビア・モンテネグロ戦でW杯デビュー&初ゴールを達成。18歳で経験した初の大舞台は3試合1得点だった。決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦(2-1)は途中出場するもゴールなし。続くドイツ戦(1-1、PK2-4)は出番がなかった。

     10年南アフリカ大会はメッシにとって試練の大会で、チームがベスト8に進出しながらも、5試合無得点のまま再びベスト8でドイツに敗れて終戦。その苦しみを乗り越えて臨んだ14年ブラジル大会はグループリーグ3試合で4得点と大暴れ。チームはその勢いのまま決勝まで勝ち上がった。

     決勝では0-1で敗れ、3大会連続ドイツ相手に敗れるという結果に終わった。そして、メッシはグループリーグの好調が嘘のようにトーナメント戦では沈黙。ロナウド同様に無得点が継続しているなか、今大会は16強でフランスと対戦する。

     データ分析会社「オプタ」によれば、時間にしてメッシは666分間、ロナウドは424分間も決勝トーナメントで無得点が継続中だという。過去10年間、世界最高の選手に送られるバロンドール賞を5度ずつ分け合ってきたサッカー界の二大スターは、このロシアでジンクスを覆すことができるだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    C・ロナウド&メッシは、W杯「決勝トーナメント無得点」の不名誉なジンクス破れるか【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】C・ロナウド&メッシの二大スター W杯「決勝T無得点」の不名誉なジンクス破れるか!?】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)



    ナイジェリア撃破で逆転突破、アルゼンチン紙「本来のメッシが現れた」

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグは26日、D組で最下位アルゼンチンがナイジェリアに2-1で勝利。勝ち点4の2位で逆転突破を決めた。観戦した母国の英雄ディエゴ・マラドーナ氏が大興奮で身を乗り出し、周囲に抑えられる様子がタイタニックのようだと海外メディアに笑撃が広がるなど話題を呼ぶ一戦となったが、エースFWリオネル・メッシはチームに勢いをもたらす今大会初ゴールをマーク。母国紙は「今夜は容赦なかった」「本来のメッシが現れた」などと絶賛している。

    「メッシの幸せでワイルドな白い夜」と見出しを打って特集したのは、アルゼンチン紙「ラ・ナシオン」だった。

     記事では「前回の2戦と比べてキャプテンの表情は明るく、ゴラッソと質の高いプレーを見せた」「メッシは試合終了間近にVAR判定で相手に与えられたPKに対する不満を審判に表すくらい今夜は容赦なかった」とプレーを評している。

     前半14分に叩き込んだゴールシーンを「本来のメッシが現れた、光輝く存在、彼がゴラッソを入れた」と表現。2戦連続不発だったことは今後も疑問が残るとしながら「代表にとって大切なのはメッシがメッシとして戻ったことだ」と記している。

    アルゼンチンが変わった理由「それはメッシが違うメッシだったから」

    「今回のアルゼンチンは異なるアルゼンチンだった、それはメッシが違うメッシだったからであることに間違いはない。前回の2戦の彼を比べるのは“朝と夜”を比べるくらい違った」

     このように表現し、メッシによってチームが一変したことを表現。過去2戦は「朝と夜」ほどの出来の違いがあったことを伝え、「キャプテンはナイジェリアの選手を混乱させ、自分のチームメートにエネルギーを与えた」と評価している。

     エースが復活を遂げたアルゼンチンは30日の決勝トーナメント1回戦でフランスと激突する。本来の輝きを取り戻しつつある背番号10とともに頂点へ、突き進んでいく。(THE ANSWER編集部)

    リオネル・メッシ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アルゼンチン代表】メッシは「朝と夜くらい違った」 復活のエースを母国紙絶賛「今夜は容赦なかった」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/06/27(水) 05:58:40.27 ID:CAP_USER9.net

    ロシア・ワールドカップは26日にグループDの試合が行われ、ナイジェリアとアルゼンチンが対戦。アルゼンチンが2-1で勝利した。リオネル・メッシは試合後、喜びを爆発させた。

    勝利が絶対条件の中で、ナイジェリアとの最終節を迎えたアルゼンチン。立ち上がりから気持ちを見せると、14分にメッシが先制点を挙げる。その後追いつかれ、このまま終了かと思われたが、87分にマルコス・ロホが決勝点を挙げ、逆転で決勝トーナメント進出を決めた。

    試合後、メッシは喜びを爆発させている。

    「僕らはこの試合の勝利を信じていた。こうやって勝てたのは最高だね。十分に値する喜びだよ」

    「神がともにあることを知っていた。神が僕らを敗退に追い込むことはないということもね。すべてを犠牲にしたここにいるみんな、そしてアルゼンチンにいるすべての人に感謝したい。このシャツはなによりも上なんだ」

    逆転でグループ突破を決めたアルゼンチン。決勝トーナメント1回戦では、グループC首位のフランスと激突する。

    6/27(水) 5:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000048-goal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    【サッカー】<アルゼンチン>劇的グループリーグ突破!DFロホが値千金の決勝弾、16強はフランスと対戦
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530044473/


    【【アルゼンチン代表】<メッシ>喜び爆発!「すべての人に感謝。このシャツはなによりも上なんだ」「こうやって勝てたのは最高だね」】の続きを読む



    (出典 si.wsj.net)



     アルゼンチン代表は26日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦でナイジェリア代表と対戦し、2-1で勝利。グループD最下位から2位に浮上し、劇的な決勝トーナメント進出を果たした。アルゼンチンサッカー協会が公式Twitterで、FIFA(国際サッカー連盟)の公式マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれたFWリオネル・メッシのコメントを伝えた。

     試合は開始14分にエースのメッシが味方の浮き球に反応し絶妙なトラップから右足シュートで先制点をマーク。後半立ち上がりにPKを与えて同点とされ、敗退目前まで追い込まれたが、87分にDFマルコス・ロホが鮮やかなボレーで劇的な勝ち越しゴールを挙げ、2-1で勝利した。

     今大会初ゴールを決めて突破に貢献したメッシは試合後、「僕らはこのゲームに勝てる自信があった。素晴らしい勝利だし、受けるに値する喜びだ。神様がついていると信じていた。多大な貢献してくれたみんなや、アルゼンチンで応援してくれた全ての人たちに感謝したい。代表のユニフォームが全てだ」と語った。

     アルゼンチンは初戦で初出場のアイスランド代表と対戦し、メッシのPK失敗も響いて、1-1でまさかのドロー発進。第2戦ではクロアチア代表に0-3と完敗し、崖っぷちに立たされたが、ナイジェリア戦で執念の勝利を収め、劇的なグループステージ突破を果たした。決勝トーナメント1回戦は、30日にフランス代表と対戦する。

    今大会初ゴールを決めたメッシ [写真]=VI Images via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アルゼンチン代表】崖っぷちから劇的な決勝T進出…初得点のメッシ「勝てる自信があった」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



     2018 FIFAワールドカップ ロシアを戦うアルゼンチン代表は、ここまでのグループステージ2試合で1分け1敗の勝ち点「1」にとどまっており、グループステージ敗退の危機に立たされている。しかし、同代表のMFハビエル・マスチェラーノは決勝トーナメント進出をまだ諦めていないようだ。

     マスチェラーノは「簡単ではない状況にある。どれだけ大変な状況であるか、僕らは分かっている。誰もがこの状況を変えたいと思っている」と話し、苦しい状況にあることを認めた。そのうえで、自分たち次第でまだ決勝トーナメントへの切符をつかみ取れると強調している。

    「でも、魔法のように解決策が現れるわけじゃないんだ。これはサッカーであり、成功のほとんどは僕たちの状況への対処の仕方次第なんだ」

    「けれども、望みはある。僕らのチームは以前にもこういう状況から立ち直ってきたからね。また困難を乗り越えるチャンスがやってきたんだ」

     アルゼンチンは26日のグループステージ第3戦で、ナイジェリア代表と対戦する。

    マスチェラーノが決勝T進出に向けて意気込んでいる [写真]=picture alliance via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【🇦🇷アルゼンチン代表】マスチェラーノ、逆転での決勝T進出へ闘志「困難を乗り越えるチャンス」】の続きを読む

    このページのトップヘ