Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > アルゼンチン



    (出典 portal.st-img.jp)



    遺伝子学の専門家が、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(31)のクローン作製が可能だと語っている。スペイン『アス』が報じた。

    シーズンも、当然の様に公式戦37試合39ゴール21アシストという並外れた結果を残しているメッシ言わずと知れた史上最高の選手の1人であり、その天才的なプレーは唯一無二のものだ。

    しかし、ヨーロッパ・ゲノム・アーカイブの責任者であるアルカディ・ナバーロ氏は、その存在を唯一無二ではなくせる可能性を提示している。ラジオ『Cadena SER』で語った。

    「現代の技術をもってすれば、私たちは(リオネル・)メッシクローンを作ることが出来ます。彼に非常に似た何かを手に入れることが出来るでしょう」

    「それは、双子の片方を20年か30年前に凍結させたようなものです」

    「その人物(クローン)は、同じポテンシャルを備えることになります。ですが、彼(メッシ)のクオリティ―は、教育や環境といった他の要因にも、遺伝子と同様に基づいています」

    メッシは遺伝子に頼っているだけの人物ではなく、彼の人生の全ての経験、教育やラ・マシアでの生活、受けてきた治療を通して出来上がりました」

    「遺伝子学は私たちに可能性を与えてくれるものであり、それを完成させるのが私たちの仕事です」

    なお、メッシクローンが作り出せるというのであれば、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドを複製することも可能だ。『アス』は「2人の比較を最初からやり直すことが出来る…。可哀想な子供たちだ! 」と締めている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】メッシのクローンは作成可能 専門家が見解】の続きを読む

    no title


    同じ日にW杯で敗れ、同じ日に代表復帰も白星逃す

     インターナショナルウィークに入り、各地で代表戦が行われているなか、サッカー界の二大巨頭がついに代表チームに帰ってきた。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユベントス)、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの両選手は、ともに現地時間22日のゲームロシアワールドカップ(W杯)以来の復帰を果たした。

     ポルトガル代表は2020年の欧州選手権(EURO)予選の開幕戦でウクライナと激突。ロナウドは昨年6月30日ロシアW杯ベスト16のウルグアイ戦(1-2)以来のカムバックとなり、キャプテンマークを巻き左ウイングで先発出場した。

     ホームポルトガルは計17本のシュートを放つ猛攻を仕掛けるも、ゴールネットを揺さぶるまでには至らず、スコアレスドローに終わった。英公共放送BBC」は、「EURO2020予選のウクライナ戦はフラストレーションの溜まるスコアレスドローとなった」と報じるなど、前回大会を制したディフェンディンチャンピオンは出だしで躓く結果となった。

     一方のメッシも、昨年6月30日ロシアW杯ベスト16のフランス戦(3-4)以来の代表復帰。同じ日に大舞台から去ったスターが、同じ日に行われた試合で265日ぶりに代表への返り咲きを果たしたことになる。

     しかし、スペインの首都マドリードワンダメトロポリターノで行われた一戦で、アルゼンチンベネズエラ相手に大苦戦。前半のうちに2点を先行されると、反撃も及ばず1-3で敗れた。「BBC」は「リオネル・メッシの残念な復帰」としてエースの帰還を報じている。アルゼンチンはこれから6月に開幕される南米選手権に向けて不安を残す結果となり、メッシを含めたチーム作りに再び力を入れる必要がありそうだ。(Football ZONE web編集部)

    ロナウド(左)とメッシ(右)【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウド&メッシ、“265日ぶり”に揃って代表帰還も…英メディア「残念な復帰」】の続きを読む

    no title


     アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、26日に行われる国際親善試合を負傷欠場することが決まった。所属するバルセロナが23日に発表した。

     メッシは22日に行われた国際親善試合のベネズエラ戦にフル出場。ロシアワールドカップ以来の代表復帰を果たしたが、ノーゴールに終わり、チームも1-3で敗れた。さらにこの試合で恥骨にケガを負ったという。

     アルゼンチンは26日にモロッコ代表と対戦するが、再びエース不在で臨むことが決まった。

    メッシが代表復帰戦で負傷 [写真]=NurPhoto via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アルゼンチン代表】メッシ、代表復帰戦は黒星に加えケガも…モロッコ戦の負傷欠場が決定】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    アルゼンチンサッカー協会(AFA)は22日、FWリオネル・メッシが恥骨の痛みが悪化したため、次の試合を欠場する見込みであることを明らかにした。

    ロシアワールドカップ以降初の代表招集となったメッシ。22日に行われたベネズエラ代表との親善試合は復帰戦となったが、チームは精彩を欠き1-3で敗戦。メッシはフル出場したものの、試合後に恥骨の痛みを悪化させ、大事を取って次の26日のモロッコ代表戦は欠場する見込みとなった。

    また、AFAはMFゴンサロ・マルティネスの負傷も併せて発表。こちらは左太ももを負傷し、メッシ同様モロッコ戦は欠場する可能性が高いとされている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アルゼンチン代表】メッシ、負傷で次のモロッコ戦は欠場へ】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    ベティスに所属するスペイン代表MFセルヒオ・カナレスが、バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを称えている。スペインマルカ』が伝えた。

    ベティスは17日、リーガエスパニョーラ第28節でホームバルセロナを迎えて1-4で大敗した。試合の中では、メッシハットトリックを記録するなど大活躍。特に3点目の中距離からのループシュート芸術的な放物線を描いてゴールに吸い込まれた際には、ベティスサポータースタンディングオベーションでその美技を称えた。

    今月の代表ウィークスペイン代表に初選出されたカナレスは、上記の試合でのメッシパフォーマンスについて問われ、以下のように絶賛している。

    「(リオネル・メッシは)世界最高だ。先日に僕らのスタジアムでやったことだけが理由じゃない。彼は試合を決定付けるし、毎年毎年見たこともないレベルでそれをやるんだ。こんなに長い間自分たちのリーグで彼を楽しむことが出来て、僕らは幸運だよ」

    「あれ(メッシへのスタンディングオベーション)は当然のことだし、ベティスのサポーターや彼らの含蓄の素晴らしさを証明するものだ。自分たちのフィールドでもないのにあのような喝采を浴びてピッチを去るというのは、とても美しいことだよ」

    「(メッシのことを)テレビでは楽しめるんだけど、フィールドでは嫌だね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】カナレス、メッシを絶賛! 「テレビでは楽しめるけど…」】の続きを読む

    このページのトップヘ