Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > アルゼンチン



    (出典 img.qoly.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/14(火) 07:11:29.96 ID:CAP_USER9.net

    元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータ氏は、FWリオネル・メッシに同代表チームの最多得点記録を塗り替えられたことについて「かなり不快」と語った。

    美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!総集編【88枚】

    アルゼンチン代表で56得点を記録し、最多得点選手に君臨していたバティストゥータ氏だが、その後メッシに記録を塗り替えられた(メッシは現在61得点)。
    アルゼンチンのテレビ番組『ポデモス・アブラール』に出演した同氏は、自身の記録を上回られた感想を問われて、冗談交じりに次のように返答した。

    「少し不快だった。いや、少しではなく、かなり不快だったよ。あれはほかの誰でもない、私が有していた記録だった。
    『彼こそ代表最多得点者』と言われていたのだから」

    「しかし、彼が私を超えていくことは分かっていたんだ。これから2倍以上のゴールを決めるはずだよ。私の自慢は、宇宙人の次に位置していることになるだろうね」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00010000-goal-socc
    11/13(月) 0:27配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 f.image.geki.jp)


    (出典 soccer-kaigai.net)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 img.footballchannel.jp)


    (出典 soccer.o.oo7.jp)


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    (出典 Youtube)

    ガブリエル・バティストゥータの超絶バティゴール集


    【バティストゥータ氏、メッシにアルゼンチン代表の得点記録を塗り替えられ「かなり不快」】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    1 shake it off ★ :2017/11/10(金) 02:36:05.85 ID:CAP_USER9.net

    スペイン『マルカ』がバルセロナFWリオネル・メッシの音楽プレイリストを紹介している。

     バルセロナは昨年12月、音楽ストリーミングサービス『Deezer(ディーザー)』とスポンサー契約を締結し、オフィシャルミュージックパートナーになった。同サービスのアプリ内ではバルセロナの選手たちが作成したプレイリストにアクセスすることができるようになっており、その中にはメッシが作成したものも含まれているという。

     公開されたプレイリストによると、メッシはレゲトンやラテンの音楽を好んでいることが分かった。同紙では数か月前にメッシ、アントネラ夫妻とFWルイス・スアレス、ソフィア・バルビ夫妻がコロンビア人歌手であるマルマ氏のコンサートを訪れたエピソードを紹介。プレイリストには同氏の曲も登場している。

    以下、メッシのプレイリスト12曲

    1. Ay Vamos/J. Balvin
    2. La pregunta/J Álvarez
    3. Darte un beso/Prince Royce
    4. Cuando se pone a bailar/Rombai
    5. Tú sin mí/Drear Mar I
    6. Laberintos/Drear Mar I
    7. Más allá de tus ojos/Drear Mar I
    8. 24K Magic/Bruno Mars
    9. Safari/J Balvin
    10. Pi*y/Joey Montana
    11. El Perdedor/Maluma
    12. Hasta el amanecer/Ni*y

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-01646092-gekisaka-socc


    【メッシを支える“勝負曲”…プレイリスト全12曲が公開される】の続きを読む



    1 Egg ★ :2017/11/02(木) 01:00:16.06 ID:CAP_USER9.net

    「幽霊かUFOがシルトンをどこかに連れ去ったんだ」
     
    神の子ディエゴ・マラドーナが、『FIFA.com』のスペシャルゲストで登場。「思い出深いワールドカップ5大シーンは?」と問われ、面白おかしく振り返った。本人のコメントとともに紹介しよう。
     
    ①1982年スペイン大会
    /グループリーグ・ハンガリー戦でのW杯初ゴール
    「ワールドユース(U-20W杯)ではゴールを決めていたけど、ワールドカップでのそれは比べものにならなかったね。ずっとずっと欲していた。
    まるでママがベッドまで朝食をもってきてくれて、キスをしてくれたかのような喜びだったよ。すごくピュアなね」
     
    ②1982年スペイン大会
    /2次リーグのブラジル戦で一発退場
    「ブラジルは俺たちをからかっていた。それがどうしても我慢できなくてね。(おなかに飛び蹴りを見舞った)バチスタとは何年かしてから話をしたよ。彼は言った。『間違っているよ、ディエゴ。
    それもまたフットボールじゃないか』と。でもさ、3点をリードされて、敵のサポーターが『オレ! オレ! オレ!』と叫ぶなかでボール回しをされたら、カチンとも来るさ。少しでも静脈に血が流れているなら。
    でも、蹴っちゃいけなかったかな、やっぱり。俺はなんてことをしたんだ!」
     
    ③1986年メキシコ大会
    /準々決勝イングランド戦での「5人抜き」
    「あんなゴールは後にも先にもない。難しいゴールはいくつか決めたけど、あれはワールドカップだった。すべての子どもたちの夢だ。最後は(GKのピーター・)シルトンだったね。
    彼がなにをしていたのか、いまでもよく分からない。幽霊やUFOがやって来て、彼をどこかに連れ去ったのかもしれない。俺のためにあんなに広くゴールを開けててくれたんだからな。
    何度も何度も(映像を)観たね。『ママ! また観ようぜ!』と誘って、いつも大喜びの彼女とね」


    「これを外したらお前は大バカだ、弱虫だ、最低ヤローだ」

    ④1990年イタリア大会
    /ラウンド・オブ16のブラジル戦での決勝アシスト。40mドリブルからの股抜きスルーパス
    「ブラジル人はアレマンの対応を批判したようだけど、違うな。俺が速すぎたんだ。むしろ責められて然りなのは、あっさりやられたドゥンガだろう。カニ(クラウディオ・カニージャ)がゴールを決めた時は、心底神に感謝したよ。
    下馬評ではブラジルが有利だったし、実際の試合内容もそうだった。俺たちは少ないチャンスをモノにしたんだ。試合後にカニに言ったよ。『なにをしでかしたか分かってるのか?』って。
    したら彼は『うん、ゴールを決めたよ!』とはしゃいでた。で、俺が言ったんだ。『こんなにスタジアムを静かにしちゃってなにを言ってるんだ!』とね。あれだけやられれても勝てるのがフットボール。だからこそ、世界でもっとも美しいスポーツなんだ」
     
    ⑤1990年イタリア大会
    /準決勝イタリア戦のPK戦。4番目のキッカーとして成功
    「PK戦になった時、(ルイジ・)デ・アゴスティーニや(ワルター・)ゼンガあたりが俺のところに来て、『こんなのフェアじゃないぞ!』とか『おかしいだろ、こんな試合!』と言ってたな。俺はそうは思わなかったけど。
    で、PK戦で俺の番になった。準々決勝のユーゴ戦でもPK戦があって、俺は外してたろ? だからセンターサークルからスポットに行くまでの間、自分自身にこんなことを言ってた。

    『これを外したらお前は大バカだ、弱虫だ、最低ヤローだ』とね。ママやパパ、兄弟、アルゼンチンのすべての人びと、俺を愛してくれるすべてのひとをもう裏切ることはできない。うまくゼンガの裏をかけたね。
    俺のキックのあと、イタリアの敗退が決まったんだ」
     
    残念ながら、マラドーナにとっての「ワールドカップ黒歴史」にはいっさい触れられていない。「5人抜き」と同様にイングランド戦で伝説となった「神の手ゴール」と、1994年アメリカ大会でのドーピング事件のふたつだ。
    いずれにせよ通算4度出場のワールドカップで、悲喜こもごも、記録にも記憶にも残るプレーを連発した御大。10月30日に57歳となった現在は、UAEのアル・ワスルで監督を務めるかたわら、FIFAのアンバサダーとしても活躍している。

    11/1(水) 11:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171101-00031926-sdigestw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【<代衝撃の新事実が続々!> 神の子マラドーナがみずから選んだ「忘れじのW杯5大シーン」 】の続きを読む


    イスラム国がメッシの“加工ポスター”でテロ予告!? アルゼンチン大使が安全宣言に奔走!!



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    ISの行動に対し、アルゼンチン大使は「最も安全なW杯であることを保証する」と宣言

     

     来年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)は出場32カ国中23カ国が決定するなど、徐々に本番ムードが高まりつつある。世界中のサッカーファンが楽しみにする祭典を前に、イスラム国(IS)がテロを予告、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを標的にするかのようなプロパガンダを発表した。これを受けて、在ロシアのアルゼンチン大使がメッシへのサポート、安全性をアピールする事態となっている。

     

     ISは今月、首都と呼んでいたシリア北部のラッカが陥落するなど、勢力が縮小しているとも伝えられる。しかし、W杯開催地のロシアに向けて爆弾を仕掛けようと高みから偵察したり、監獄に入ったメッシが左目から血を流すポスターをオンライン上で発表するなど、テロを予告するかのような発信を行なった。

     

     これに対して反応したのは、アルゼンチン大使のリカルド・ラゴリオ氏だ。アルゼンチンのテレビ局「TyC Sports」のインタビューに答えた同氏は、「我々は安心してW杯開幕を待つことができる。ISの目的は人々を怖がらせることだが、アルゼンチンの人々は恐れることなくW杯に来てほしい。ロシア政府は最も安全なW杯であることを保証する」と安全性を確約した。

     

    また国民的英雄であるメッシに対しても、このように心遣いを見せた。

     

     

     

    アルゼンチン大使はメッシのサポートを約束

     

    「この画像は強烈すぎる。私がまず送りたいメッセージは、非常に不愉快な思いをしたであろうメッシと、彼の家族に対する私のサポートだ。彼は残忍な画像に影響を受けることになってしまった」

     

     メッシは、負ければW杯出場権を逃す可能性もあった南米予選最終戦のエクアドル戦でハットトリックを達成し、母国の窮地を救うなど絶大な信頼度を得る。メッシを愚弄するかのような画像には、アルゼンチン大使も怒りを隠さずにいられなかったようだ。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【イスラム国がメッシの“加工ポスター”でテロ予告!? アルゼンチン大使が安全宣言に奔走!!】の続きを読む


    メッシに3人目の子供が誕生へ! アントネラ夫人がSNS上で妊娠を発表 !!



    2人の男の子のパパであるメッシ [写真]=Power Sport Images/Getty Images
    サッカーキング

     バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと妻アントネラさんとの間に3人目の子供が生まれるようだ。15日に各国メディアが伝えている。

     アントネラさんは15日、自身のインスタグラムに1枚の写真を投稿。家族全員がアントネラさんのお腹に手を当てている姿が写っており、彼女は「5人の家族」とのコメントを添えて第3子の妊娠を公表した。今年8月には、アルゼンチンのテレビ番組『El diario de Mariana』で、アントネラさんの妊娠の可能性が報じられていたが、本人が公に認めた。

     今年6月に二人の故郷であるアルゼンチンのロサリオで結婚したメッシとアントネラさんの間には、2012年11月に誕生した長男チアゴくんと、2015年9月に誕生した次男マテオくんの2人の男の子がいる。だが、第3子の性別は明かされていない。

     今シーズンのリーガ・エスパニョーラでは、開幕から8試合を消化して得点ランキング単独トップの11ゴールを挙げるなど、三十路を迎えてもなお驚異的なパフォーマンスを披露しているメッシ。新たな家族の誕生がモチベーションとなって、例年以上ハイパフォーマンスを見せてくれるかもしれない。

    (記事/Footmedia)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【メッシに3人目の子供が誕生へ! アントネラ夫人がSNS上で妊娠を発表 !!】の続きを読む

    このページのトップヘ