Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > アルゼンチン



    (出典 media.gettyimages.com)



    リーグ得点王争いを快走も“出ずっぱり”の状況回避へ

     バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、相変わらずの決定力でリーグ得点王争いトップを快走。チームの首位キープに貢献し、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)、スペイン国王杯との三冠を視野に入れている。ただ、ここまでほぼ“ノンストップ”でシーズンを駆け抜けており、今季終了後のビッグイベントであるロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて“定期休暇”を設けるようだと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

     23試合に出場して20得点。当然とばかりにピチーチ(リーガ得点王)争いで1位に君臨するメッシ。30歳で迎えた今季もバルサを文字通り勝利に導いているが、エルネスト・バルベルデ監督はCLグループステージのユベントス戦でベンチスタート(後半11分から出場)とするなど“出ずっぱり”の状況を避けようとしている。

     メッシ自身は「もちろんベンチに座らざるを得ない時はいつも、ちょっと居心地が悪いんだ。だってピッチ外にいたいとは思わないからね」と本音をポロリ。同時に、「プレーしたいしチームの助けになりたいけど、日々試合は大変になっているし、シーズンは長いから、そこにも気を留めないといけないからね」と自らの体調を鑑みていることを明かしている。

     メッシの定期休暇を気にしているのは、バルサ以上にアルゼンチンサッカー協会(AFA)かもしれない。同協会のクラウディオ・タピア会長は「全選手が今の状態でロシアに来てくれることを願っている」と話すとともに、「メッシには、バルサでのプレーを少しだけ控えてほしい」と異例とも言えるリクエストを送っているのだ。メッシとしても前回のブラジルW杯で準優勝に終わり、“今度こそ”の想いで臨むだけに万全の状況で迎えたいのは間違いない。

     バルサはリーグ戦直近2試合で連続ドローと、2位アトレチコ・マドリードとの勝ち点差を詰められてきた。それでもメッシのコンディションを長期的に見た場合、“どこで休ませるか”を見極める必要があり、そこでバルベルデ監督の手腕が問われそうだ。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    メッシ、W杯に向けて“定期休暇”導入か 母国会長が異例の要求「プレーを控えてほしい」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アルゼンチン代表】メッシ、W杯に向けて“定期休暇”導入か!?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    前回優勝国ドイツら強豪国が首都付近に集結 アルゼンチンとポルトガルの距離は29km

     ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕まで残り4カ月となり、出場32カ国の準備は徐々に本格化していく。そんななか、FIFA公式サイトはそれぞれの国のベースキャンプ地をリスト化して公開。世界的スターのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)とポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が“お隣さん”になるとスペイン紙「AS」が伝えている。

     各国はグループステージが行われる場所との距離や地理的気候を考慮し、ベースキャンプ地を決めていく。6大会連続で本大会出場を果たしたバヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本はカザン、同地域では同じアジア枠のオーストラリアもキャンプを実施。日本と同組でFWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)擁するポーランドは、2014年冬季五輪が行われたソチでベースキャンプを張る。

     またFWネイマール(パリ・サンジェルマン)らがいるブラジルはソチに宿泊し、練習場はスペインと同じく近郊のクラスノダールとするなど、各都市の住民にとっては試合以外の楽しみも増える。

     特に多いのはやはり、首都モスクワ付近だ。開催国ロシアはもちろんだが、前回優勝国ドイツを筆頭に強豪国が集まっている。そのなかで同紙が注目したのはアルゼンチンとポルトガルだ。アルゼンチンはブロンニツィ、ポルトガルはサトゥールンを拠点とするが、記事によれば両都市間の距離はわずか約29キロしかない“ニアミス”だという。

     両チームのトレーニングスケジュール次第だが、直近10年間のバロンドールを独占し続けるメッシとロナウドを一日で両方とも見られるチャンスと言える。二大スターを毎日のように楽しめるとなれば、ロシアの首都でサッカーファンが大移動、なんてこともあるかもしれない。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    W杯キャンプ地が熱い! メッシとC・ロナウドが首都モスクワで“29キロのニアミス”


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】メッシとC・ロナウドが首都モスクワで“29キロのニアミス” W杯キャンプ】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



    1 風吹けば名無し :2018/02/10(土) 01:16:42.43 ID:NIZ9g61O0.net

    サッカー選手B「マラドーナは地球外からきた選手」
    サッカー選手C「ロナウドは地球外から来た選手」


    エイリアン多すぎちゃう


    【【海外サッカー】「メッシは地球外から来た選手」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/02/07(水) 19:21:41.86 ID:CAP_USER9.net

    メッシ、三男の名前公表 インスタにビデオも掲載
    2/7(水) 18:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000112-dal-socc

    (出典 lpt.c.yimg.jp)

    リオネル・メッシ

     スペイン1部リーグ、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、妊娠中の三男の名前がシロ(CIRO)くんになると発表した。

     自身のソーシャルサイトに妻のアントネラさんのおなかが動いているビデオを掲載、ベイビー・シロ(BABY CIRO)との字幕をつけている。


    【【海外サッカー】メッシ、三男の名前公表 インスタにビデオも掲載】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



     今年1月に中国スーパーリーグの上海申花から古巣ボカ・ジュニアーズに復帰した元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、2018 FIFAワールドカップ ロシアの代表メンバー入りを狙う考えを明かした。30日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

     テベスは27日にホームで行われたコロンとのリーグ戦にフル出場。自身3度目の“ボカ・デビュー”を果たすと、さっそく1アシストを記録して2-0での勝利に貢献した。来月5日に34歳の誕生日を迎える同選手は、2015年10月に行われたパラグアイ代表とのW杯予選を最後に代表でプレーしていないが、今年6月に行われるW杯本大会メンバー入りを狙うと宣言した。

    「ワールドカップのための戦いを諦めてはいないし、(メンバー選考で)サンパオリ監督に楽をさせるつもりもない。もし監督が自分に疑問を感じているなら、今後4カ月でその考えを覆せるといいね」

     また、アルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリ監督も、テベスが代表復帰を果たす可能性を否定していない。同監督は「代表チームには、現在の我々のリストに入っていない選手の動向をチェックするスタッフがいる。テベスが目立った活躍を見せれば、彼も分析の対象になるだろう」と語り、今後のパフォーマンス次第で代表への返り咲く可能性があることを認めている。

     現在のアルゼンチン代表には、バルセロナのFWリオネル・メッシを筆頭に、マンチェスター・CのFWセルヒオ・アグエロやインテルのFWマウロ・イカルディ、またユヴェントスのFWパウロ・ディバラなど一流ストライカーが揃う。ベテランとなったテベスが、逆転でW杯メンバー入りを果たすことはできるのか。愛するクラブに帰還した同選手の新たな挑戦に注目が集まる。

    (記事/Footmedia)

    ボカ復帰戦で1アシストを記録したテベス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元アルゼンチン代表】テベス、ロシアW杯出場を諦めていない!!】の続きを読む

    このページのトップヘ