Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > アルゼンチン

    no title


    バロンドールを4年ぶり最多6度目の受賞、メッシSNSで歓喜の“機内4ショット”公開

     バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間2日、フランスサッカー専門誌「フランスフットボール」が選出する2019年の最優秀選手賞「バロンドール」を受賞した。4年ぶり史上最多6度目の受賞を飾った名手は自身のインスタグラムを更新して感謝の言葉を述べるとともに、美人妻や子供たちとの“機内4ショット”を公開して大きな反響を呼んでいる。

     昨年は、ロシアワールドカップ(W杯)でクロアチアの準優勝に貢献し、レアル・マドリードUEFAチャンピオンズリーグ3連覇を支えたMFルカ・モドリッチが初受賞。そして2019年度は、リバプールオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドらを抑え、メッシが再び受賞する形となった。

     メッシは3日に自身のインスタグラムを更新。授賞式が行われたパリの機内で撮影したと見られる1枚の写真をアップしている。ドレス姿の妻アントネラ・ロクソさんに加え、両親の膝上に乗った2人の愛息が写っており、正装で笑顔のメッシは次のように綴った。

    「私に投票してくれたジャーナリストに感謝します。バルセロナアルゼンチン代表、両方の同僚の助けがなければ受賞することはできなかったですし、これは全員のものです。そして、もちろん毎日支えてくれる家族のものでもあります」

     同僚への感謝とともに、家族への思いを率直に記したメッシ。そんな投稿に多くのファンが「おめでとう」「レジェンド」「美しい家族」「謙虚だ」「神」「史上最高」などのメッセージを送り、世界中から届いた「いいね!」は950万を超えている(4日11時時点)。

     32歳となったメッシだが、今季もリーグ戦で9試合9ゴール、CLで5試合2ゴールマークするなど存在感を放つ。円熟味を増しているレフティーは、まだまだファンを魅了してくれそうだ。(Football ZONE web編集部)

    バルセロナFWメッシと妻のアントネラ・ロクソさん【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】メッシ、美人妻との“機内ショット”に950万超大反響 「美しい家族」「神」「最高」】の続きを読む

    no title

    6度目となるバロンドールを授与されたバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ

    今季は怪我で出遅れたものの、復帰後は圧巻のスーパープレーを連発している。プレーキックだけでのハットトリック達成はまさに驚きだった。

    このフリーキックの軌道はえげつない…。

    今年で32歳になったメッシだが、2010年代の欧州5大リーグチームにおいて最も稼働率の高いフィールドプレイヤーだとか。

    『CIES Football Observatory』が、各チームにおける出場割合の高い選手たちをまとめている。

    それによれば、メッシバルサがこの10年間に戦ったリーグ戦の83.4パーセント28309分)に出場しているという。凄い数値だが、それだけ依存度が高いともいえそうだ。

    欧州全体でメッシ以上なのは、マルセイユGKスティヴ・マンダンダの84.2%(28419分)だけ。

    当然ながら数値が高くなるには在籍期間が長いほうが有利。メッシバルサ一筋で、マンダンダも2016-17シーズン以外はマルセイユでしかプレーしていない。フィールドプレイヤーで2位のトーマス・ミュラー(76.6%で23023分)もバイエルン一筋だ。

    ちなみに、クリスティアーノ・ロナウドレアル・マドリー内での2位(72.2%、24504分プレー)だった。

    そのほか、長友佑都インテル内の第3位で38.2%(12876分)、内田篤人シャルケ内8位の29.3%(8822分)、香川真司ドルトムント内11位の34.5%(10358分)、酒井宏樹マルセイユ内11位の26.1%(8798分)に入っている。

    また、長谷部誠ヴォルフスブルクランキングに入っており、彼ら日本人選手は各チームのこの10年の戦いにおいて確かな足跡を残したと言えそうだ。

    メッシすげぇな!この10年間の「労働者ぶり」が欧州最強だった


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】メッシすげぇな!この10年間の「労働者ぶり」が欧州最強だった】の続きを読む

    no title


     フランスサッカー専門誌『フランスフットボール』は12月2日2019年バロンドールを発表し、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年ぶり、及び史上最多となる6度目の受賞を果たした。

     メッシは昨シーズンリーガ・エスパニョーラにて34試合に出場し36ゴール15アシストを記録。バルセロナの2連覇に大きく貢献した他にも、チャンピオンズリーグではクラブを準決勝までけん引していた。

     同選手はバロンドール受賞について次のように語っている。

    「僕に投票してくれた全てのジャーナリストに感謝している。また、多くのチームメイトに助けられてきたからこそ、このバロンドールを受賞することができた。本当に全ての人に心から感謝しているよ」

    「今後も長いこと活躍できたら嬉しいよ。いつか引退する日が来るとしても、僕はとても恵まれている。もちろん(引退は)寂しいが、今後も美しい日々が待っている。時の流れは早いからこそ、目の前のサッカーを楽しみ、家族を大切にしたい」

    メッシは史上最多となる6度目のバロンドールを受賞した [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「全ての人に感謝」…バロンドール受賞のメッシが自身の快挙に言及】の続きを読む

    BC6B08F8-2323-42B0-B6C5-78698273841A


    1 ぜかきゆ ★ :2019/12/03(火) 05:43:51.15 ID:ZJXsLN1s9.net

     フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は12月2日、2019年のバロンドールを発表し、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが4年ぶりの受賞を果たした。なお、6度目の受賞は歴代最多回数となっている。

    https://twitter.com/francefootball/status/1201599730582720512?s=20

     メッシは昨シーズン、リーガ・エスパニョーラ34試合に出場し36ゴール15アシストを記録。バルセロナのリーガ2連覇に大きく貢献していた。チャンピオンズリーグでも10試合に出場し12得点を挙げる活躍を見せたものの、バルセロナは準決勝で敗退していた。

     昨年はレアル・マドリード所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチがバロンドールを初受賞。それまではメッシとユヴェントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが10年連続で同賞を独占していた。

     “世界一”の選手に贈られるバロンドールは1956年に創設された。2010年にはFIFAとのパートナーシップにより、名称を“FIFAバロンドール”と改めた。しかし、契約満了に伴い2016年から『フランス・フットボール』主催の「バロンドール」が復活していた。

    SOCCER KING 12/3(火) 5:35配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-01004961-soccerk-socc
    (deleted an unsolicited ad)


    【【海外サッカー】メッシ、4年ぶりにバロンドールを受賞! 歴代最多6度目の快挙に】の続きを読む

    no title


    バルセロナプレーするアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ

    最下位レガネス戦では連続得点記録は止まったものの、相棒スアレスへのアシストで逆転勝ちに貢献した。

    そのメッシの試合翌日の姿が話題になっている。妻アントネッラ・ロクッソさんがSNS上にポストした映像がこちら。

    メッシは末っ子のシロくんとボトルフリップチャレンジのような遊びで大はしゃぎ!

    笑顔の愛息に思わず笑ってしまうパパメッシ…。ピッチ上では見ることのできない表情は新鮮だ。

    メッシがニコッニコ!愛息シロくんとの「かわいすぎる戯れ」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】メッシがニコッニコ!愛息シロくんとの「かわいすぎる戯れ」がこれ】の続きを読む

    このページのトップヘ