Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > アルゼンチン



    (出典 img.footballchannel.jp)



    レアル出身のアトレチコDFフアンフランスペインラジオ局で回答

     アトレチコ・マドリードの元スペイン代表DFフアンフランが、地元ラジオ局「カデナ・セール」の番組「エル・ラルグエロ」で、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが世界最高だと語った。衛星放送「FOXスポーツ」が報じている。

     レアル・マドリードの下部組織出身で、2011年から同じマドリードライバルであるアトレチコでプレーするフアンフランは、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、メッシのどちらの方が上かと聞かれると、迷うことなくこう答えたという。

    「私にとっては、前から言っているけど、メッシが一番だ。彼とクリスティアーノは(他の選手と)格段の差があるが、レオの方が少し上」

     近年のサッカー界でトップを走り続ける二大スターを巡っては、これまで多くの識者や世界中のファンが様々な比較論を述べてきたが、フアンフランは二人の能力が突出していることを認めたうえで、メッシがわずかに上回っていると述べている。そしてさらに、次のような言葉でメッシに敬意を表した。

    「彼をとてもリスペクトしている。ピッチで蹴ってしまっても、彼はそれほど文句を言わない。でも、ネイマールは真逆だね」

     スペインの覇権を争うライバルとして、バルセロナと何度も激しい戦いを演じてきたフアンフランだが、今度はネイマールを引き合いに出しながらメッシの器の大きさを称えていた。


    Football ZONE web編集部)

    フアンフラン(左)が地元ラジオ局の番組で、メッシ(右)が世界最高だと語った【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「世界最高はメッシ」と元スペイン代表DFが敬意 C・ロナウドより優れている点は?】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/29(月) 20:55:13.76 ID:CAP_USER9.net

    オランダ1部のフローニンゲンに所属する日本代表MF堂安律に、国内最大の名門クラブであるアヤックスも関心を示しているという。オランダ『アヤックス・インサイド』が独占情報として28日付で伝えている。

    【動画】本田圭佑、実は200ゴール決めていた!?知られざるプライベートにも迫る!

     堂安は欧州1年目の昨季、公式戦31試合で10ゴールを挙げるなどの活躍を見せた。「若手版バロンドール」と言われる『フランス・フットボール』誌の「コパ・トロフィー」候補にノミネートされるなど、欧州でも注目の若手の一人として評価を高めている。

     ここ最近は各国ビッグクラブからの関心も盛んに噂されている。フローニンゲン幹部のロン・ヤンス氏は具体的に関心を示してきたクラブはないと主張しているが、マンチェスター・シティやユベントス、アトレティコ・マドリー、ボルシア・ドルトムント、PSVなどが堂安に注目しているクラブとしてメディアで言及されている。

     オランダで最多の優勝回数を誇る超名門であり、若手育成に定評のあるアヤックスもそういったクラブのひとつだという。堂安を繰り返し視察しており、攻撃陣の主力放出の穴を埋める選手として獲得を検討しているとみられている。

     フローニンゲンは堂安をガンバ大阪から完全移籍で獲得して3年契約を交わしたため、引き抜くためには安くない移籍金が必要になると見込まれる。過去にフローニンゲンからアヤックスへ移籍した選手としては現オランダ代表監督のロナルド・クーマン氏やルイス・スアレスなどがいるが、堂安も同じ道を辿る可能性があるのだろうか。

    10/29(月) 17:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181029-00295039-footballc-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<堂安律>オランダの名門アヤックスも関心か!?ビッグクラブの争奪戦報道が過熱...】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    16日にメッシ不在のアルゼンチン代表と対戦 「次の試合は特別なものになる」

     パリ・サンジェルマンPSG)に所属するブラジル代表のエースFWネイマールは、ライバル関係にある南の強アルゼンチン代表に、バルセロナで共闘したFWリオネル・メッシが復帰することを熱望しているようだ。アルゼンチン「オレ」が報じている。

     アルゼンチン代表にとって、ロシアワールドカップW杯)は大きな期待とは裏に厳しい結果となった。エースの重責を背負って本大会に臨んだメッシだったが、期待されたほどのパフォーマンスを見せることはできず、ラウンド16でフランスに敗れて大会を去った。

     その後、代表活動を休養しているメッシに対し、16日にサウジアラビアアルゼンチン際親善試合を戦うブラジルネイマールが、今回の試合でバルセロナ時代のチームメイトとの対戦を望んでいたことを明かした。

    サッカー界にとって残念なことだ。々はメッシを長い間、起用しなければならない。彼がプレーする数が多いほど、サッカー好きにとってはより良いんだ」

     ただネイマールメッシが不在であっても、アルゼンチン戦は非常に楽しみな試合になるとっている。

    チームメイトと話した。アルゼンチンライバルだから、次の試合は特別なものになるだろうってね。彼らは質の高い選手たちの多い素晴らしいチームだ。偉大な選手たちと対戦できることは嬉しいし、それはサッカーをより美しくするね」

     来年行われるコパ・アメリカでは、ホストとして優勝が期待されるブラジルサウジアラビア戦は2-0で勝利しているが、メッシ不在のアルゼンチン相手に勝利することはできるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    ネイマール(左)はメッシ(右)が代表に復帰することを熱望しているようだ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ネイマールがメッシの代表復帰を熱望 エース不在は「サッカー界にとって残念」】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 Egg ★ :2018/10/14(日) 08:21:55.03 ID:CAP_USER9.net

    メキシコ2部ドラドス・シナロアの監督を務めるアルゼンチン人ディエゴ・マラドーナ氏が、同胞のFWリオネル・メッシの器を疑問視している。

    これは“鬼カワ”!日産で見つけた日本代表女子サポがかわいかった【18枚】

    これまでメッシに対しての敬意を基本的に欠くことがなかったマラドーナ氏。しかしメキシコ『ラ・ウルティマ・パラブラ』とのインタビューでは、メッシがフットボールの選手として、性格に問題があることを指摘している。

    「彼のことは神格化しない方がいい。彼はチームメートと話すよりもプレイステーションで遊ぶことを優先する。私にとって、彼と話をすることは難しい。試合前に20回はトイレに行く男を率いるのは、じつに難しいことだ」

    マラドーナ氏はまた、再びアルゼンチン代表を率いる機会があるとして、メッシを招集するかどうかを問われ、次のように返答した。

    「招集はしない。絶対とは絶対に言わないが。しかしレオに『ポストに頭から突っ込め』と言っても、彼はテレビゲームで遊ぶことを優先する。私が望むようにプレーしてくれるならば、もちろん招集するがね」

    10/13(土) 23:42配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00010009-goal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【アルゼンチン代表】<マラドーナ>メッシの性格を問題視!「彼を神格化しちゃいけない。試合前20回トイレに行き、いつもTVゲームしてる」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 pathos ★ :2018/10/12(金) 18:47:16.12 ID:CAP_USER9.net

    ボカ・ジュニアーズに所属するアルゼンチン人選手、カルロス・テベスは『Clarin』紙のインタビューでサッカーの試合を観る事を好まないという驚きの発言で我々を驚かせた。

    「もしバルセロナとレアル・マドリーの試合が放送されていて、他のチャンネルでゴルフのトーナメントが放送されていたら、私はゴルフを観る。私はこれまで一度もサッカーファンではなかった」

    テベスからメッシへの惜しみない賛辞

    その理由として彼は「私はプレーするのが好きであり、観るより両足の間にボールを持つ方が好きだから」と話している。

    またテベスはアルゼンチンの現状についても語った。

    「私はアイドルとして政治旗を掲げる事はできない。私はどこの者でもない。それが私の立場であり、この国が良い状態にないとコメントする必要もない。もし我々がこの国が良くない状態だと認識しているならば、皆で何か行動しよう。私は政治には興味がないし、本当に何も分からない。私は午前6時に仕事に出掛け、午後7時に帰ってくる父を見て育った。彼は食べていくために働いていた。それが子供達に示すべき模範であり、教育だ」

    10月26日(金)にリベルタドーレス杯の準決勝、パルメイラス戦を控えるテベスは永遠のライバルであるリーベルプレートと決勝で当たる可能性についても言及した。

    「私は彼らの試合を観ないとはいえ、リーベルが良いチームである事は間違いない。だが、私は決勝について考える事はできない。それはパルメイラスへのリスペクトを欠く事になるからね」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00010005-sportes-socc


    【【海外サッカー】カルロス・テベスが驚くべき告白「これまで一度もサッカーファンではなかった。」】の続きを読む

    このページのトップヘ