Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ブラジル



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/14(水) 22:50:44.21 ID:CAP_USER9.net

    ドイツ2部のハンブルガーSV(HSV)でプレーするDF酒井高徳は、ワールドカップ出場以上に「1部昇格の方が重要」だとして、
    基本的には代表復帰の意志がないことを強調した。独紙『ビルト』が14日付でインタビューを伝えている。

    酒井高徳はロシアワールドカップを終えたあと、「次のワールドカップを目指すつもりはない」
    として27歳の若さで代表引退を表明。森保新体制のチームには招集されず、1部復帰を目指すHSVでのプレーに専念している。

    独紙のインタビューに対し、酒井は日本代表を「懐かしく思うこともあります」とコメントしている。
    だが、もし再び代表から声がかかったとしても「もう一度自分の決意を監督に説明します」と述べた。

    「もちろん、どうしてもと言われれば自分の国を助けるつもりはあります」と復帰に可能性は残しつつ、「HSVに全力で集中することの方が僕にとってより大事です。
    昇格するためにコンディションを整えたいと思っています」と酒井。ワールドカップ出場より1部昇格の方が重要かとの質問にも「今はそうです」と答え、昇格だけでなく2部優勝も目標とすることに意欲を見せている。

    クラブ初の2部降格を強いられたHSVは、序盤戦こそ苦戦を強いられたものの、その後は復調して首位に浮上。酒井も徐々に調子を上げてきたと評されている。
    「確かに最初はリーグに慣れるために数試合が必要でした。より激しく、タックルの多いリーグですが、2部のリズムに慣れてきました。チーム全体にも言えることです」と酒井は語る。

    昨季まではHSVでキャプテンを務めていたが、今季は元ドイツ代表のMFアーロン・ハントがキャプテンを引き継いだ。「アームバンドがないのは最初は少しおかしな感触でした」と酒井は認めつつ、
    「少しプレッシャーがなくなってホッとした部分もあります。リーダーの一人としてチームを助けたいことは変わらないですし、キャプテンじゃない方が若い選手たちは接しやすいかもしれません」とコメントしている。

    11/14(水) 17:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00297141-footballc-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<DF酒井高徳(HSV)>代表復帰は「もちろん、どうしてもと言われれば自分の国を助けるつもりはあります」】の続きを読む



    (出典 cimg2.163.com)



    自身の引退会見で告白、日本代表戦でのスーパーセーブ2本を振り返る

     J3のSC相模原に所属する元日本代表GK川口能活が14日、現役引退記者会見に出席し、25年間のプロ選手生活に別れを告げた。日本サッカー史に燦然と輝く実績を残してスパイクを脱ぐ川口は、会見の中で「自らが驚いたセービング」として、日本代表での二つのシーンを挙げた。

     130人もの報道陣が詰めかけた記者会見場で、43歳となった川口は現役引退の理由を語り始めた。「ピッチ上でもピッチ外でもベストを尽くしてきた」というプロキャリアは、じつに25年間に及ぶ。1994年横浜マリノス(当時)加入を皮切りに、ポーツマスFC(イングランド)、FCノアシェラン(デンマーク)、ジュビロ磐田FC岐阜、そして2016年からは相模原と渡り歩いた。

     そして川口といえば、多くの人の印象に強く残っているのが日本代表での活躍だろう。1975年まれの川口は、アトランタ五輪世代の一人として日本の28年ぶりの本大会出場に貢献。96年アトランタ五輪後には、A代表のゴールマウスも守るようになる。

     ワールドカップ(W杯)には98年フランス大会から4大会連続出場。A代表通算キャップ数は日本代表GKとして歴代1位の116試合を誇り、チームを救う数々の印象的なセービングを見せてきたことから、“炎の守護神”と称されることもあった。

     そんな川口に対し、記者会見で「自分で一番驚いたセービングは?」との質問が飛ぶと、「なんですかね……」と少し考え、二つのシュートを止めた場面を挙げた。

    「まずはアトランタ五輪でブラジルと対戦した時、ロベルトカルロス選手のシュートをキャッチしたことですね。正直、キャッチできると思っていなかったので。マリオコーチがキャッチするまでトレーニング終わらせてくれなかったので、その賜物なのかなと」


    96年アトランタ五輪と06年ドイツW杯のブラジル戦で見せた2本のセーブ

     川口が一つ目に挙げたのは、1996年7月21日に行われたアトランタ五輪グループリーグ第1戦のブラジル戦だった。FWロナウド、MFリバウド、DFアウダイールらを擁した金メダル候補相手に、日本が1-0と勝利した試合は、後半27分に生まれたMF伊東輝悦(現・アスルクラロ沼津)の決勝ゴールとともに、ブラジルの猛攻を封じた川口の鬼神の如きセービングが今も多くのファンの脳裏に焼き付いているはずだ。川口も“マイアミの奇跡”と呼ばれるこの一戦の印象は強いようで、強烈な左足の弾丸シュートを誇ったDFロベルトカルロスの一撃をキャッチしたシーンを挙げている。

     そして川口が二つ目に挙げたのは、同じくブラジルとの一戦で見せたセービングだった。

    ドイツW杯の前半でジュニーニョ・ペルナンブカーノのシュートを指先で触ったんですけど、ちょっとでもズレていたら指が折れていたかもしれない。それくらい強烈なシュートでした」

     2006年6月22日ドイツW杯グループリーグ第3戦のブラジル戦。1分1敗で敗退危機にあった日本は、王国ブラジルの前に1-4と完敗を喫したが、川口はFW玉田圭司(現・名古屋グランパス)の一撃で先制する前半に何本もの好セーブを見せていた。そのうちの1本が、「FKの名手」として名高いMFジュニーニョ・ペルナンブカーノのシュートを防いだシーンだった。

     多くのサッカーファンにとって、思い出深い川口のセービングは他にもたくさんあるだろうが、自身は王国ブラジルとの2試合で披露した2本のセービングを、昨日のことのように振り返っていた。


    Football ZONE web編集部)

    GK川口能活が回顧、2本の“会心のセーブ”とは?【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】「少しズレていたら指が折れていた」 GK川口能活が回顧、2本の“会心のセーブ”とは?】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 Egg ★ :2018/11/06(火) 11:56:21.85 ID:CAP_USER9.net

    38歳のロナウジーニョ氏が借金地獄に陥っているようだ。5日にスペイン紙『マルカ』が報じている

     現役時代はパリ・サンジェルマンやバルセロナ、ミランなどで活躍したロナウジーニョ氏。2003年から2008年まで在籍したバルセロナではリーグ優勝やチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、華麗なプレースタイルから“魔術師”と呼ばれた。2002年の日韓ワールドカップではブラジル代表を優勝に導いている。

     華やかな現役時代とは裏腹に、引退後は苦しい生活を強いられているようだ。同紙によると、借金返済が滞っていることを理由にブラジル裁判所から、ロナウジーニョとその兄弟に対して海外逃亡を防ぐためパスポート没収の判決を下したという。その際、ブラジル検察庁にロナウジーニョの口座が差し押さえられたが、残金は24.63レアル(約750円)しかなかったとのこと。

     そもそもの発端は、自然保護地区での違法建築にある。罰金200万ユーロ(約2億6000万円)以上の支払いを命じられたが、その支払いが滞っていた。

    とはいえ、広告契約を結ぶために最近は中国や日本に行っていたとの情報も。そうなると口座の残金は今の生活様式に見合わないとの話だが、果たして…。

    11/6(火) 9:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00295965-footballc-socc


    【【海外サッカー】<衝撃>あのロナウジーニョ氏が借金地獄。口座残金750円…パスポート没収の判決も】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/05(月) 19:23:21.01 ID:CAP_USER9.net

    近年積極補強を行うJ1のヴィッセル神戸が、またしても大物選手の獲得を実現させようとしているようだ。

    昨夏に元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを、今夏に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを獲得した神戸。さらにチームが不調に陥ると、今年9月にはスペイン屈指の戦術家として知られ、あの名将ジョゼップ・グアルディオラが最も影響を受けた指導者のひとりとして名前を挙げているフアン・マヌエル・リージョ氏を招へいし、さらなる強化に努めた。

    まだ新体制が始まったばかりで、指揮官が理想とするポゼッションサッカーには程遠いであろう。ただ、そんなチームスタイルをさらに向上させるため、神戸の次なるターゲットとして元バルセロナDFアドリアーノが浮上。先日トルコメディアなどが「神戸がアドリアーノの獲得を熱望としている」と報じていたが、この移籍話に進展があったようだ。

    トルコ紙『Hurriyet』によると、すでに神戸の関係者と同選手の代理人が面会し、シーズン終了後の正式オファーも提示。アドリアーノ側も前向きで、所属クラブとの契約を終了する方向で話が進んでいるという。

    2010年から2016年にかけてバルセロナに在籍し、ブラジル代表でのプレイ経験もある34歳のアドリアーノ。バルセロナ退団後は戦いの舞台をトルコへ移し、ベシクタシュでプレイしている。新天地でもチームの主力として活躍しているが、今季限りでチームとの契約が満了を迎えフリーになるため、そこに目をつけた神戸が獲得を狙っていた。

    この移籍が実現すれば、神戸の“バルサ化”がより一層進みそうだ。今後の動向にも目が離せない。

    2018年11月5日 18時40分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15551226/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【Jリーグ】<ヴィッセル神戸>またひとり大物獲得か?移籍話に進展!オファー提示でブラジル代表経験のある“元バルサDF”の移籍が加速】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    PSGプレーするブラジル代表FWネイマールは、こんな写真SNSアップした。

    隣にいるのは、友人であるサーファーのガブリエルメディナだ。

    胸や腕にはタトゥーが見えるが、背中にも新たにタトゥーを入れたようだ。

    これは強スパイダーマンバットマンタトゥーを入れたそうで、これはネイマールが大好きなキャラクターだとか。

    この画像をアップしたタトゥーアーティストAdao Rosa氏によれば、「知っての通り、ネイマールはこのキャラファンだ。今日、彼にこのアートを彫ることができて嬉しかった」とのこと。

    なお、『purepeople』によれば、ネイマールブルーナ・マルケジーニさんと破局したようだ。

    ブルーナさんがフランスでともに暮らすことを拒んだ後、ネイマールから別れを切り出したとか。ネイマール結婚の意思もあったそうだが…。

    ブルーナさんは別れの理由について、「政治的な意見の不一致」ではないとコメントしたとも。

    それでもファンたちはネイマール2016年に彫ったブルーナさんにげるキャットウーマンタトゥー(左の付近に見える)を消してないことに安堵とかしていないとか。

    ネイマール、背中に超強烈な「新タトゥー」を彫る!あのキャラだ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ネイマール、背中に超強烈な「新タトゥー」を彫る!あのキャラだ】の続きを読む

    このページのトップヘ