Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ブラジル



    (出典 www.jiji.com)



    2失点に関与したフェルナンジーニョと並び最低タイの「4点」

     ブラジル代表はロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝でベルギーに1-2で敗れて大会を去った。試合を採点したイタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」では、MFフェルナンジーニョとFWネイマールがともにチーム最低タイの「4点」で酷評されている。

     フェルナンジーニョは、累積警告で出場停止のMFカゼミーロの代役として中盤の守備的なポジションに入った。しかし、前半の2失点に絡んだ。まずは13分に相手コーナーキックからオウンゴールをしてしまい、同31分には味方コーナーキックからのカウンターで、相手FWロメル・ルカクを2回にわたって止めるチャンスがありながら突破され、そのままの流れで失点となった。

     フェルナンジーニョには「4点」が与えられ、「ホラーショーを演じた」と酷評されている。

    「マンチェスター・シティのMFが見せたパフォーマンスは驚異的だった。オウンゴールだけでなく、中盤のフィルターとしてなんの機能もなかった。誰もがカゼミーロの不在を強く感じることになった。ベルギーのカウンターでは、ナイフで切られるバターのように脆弱。フェルナンジーニョにもブラジルにとっても、記憶から消し去ってなかったことにしたい夜」

     カゼミーロの代役となれなかったフェルナンジーニョには厳しい言葉が並んだ。ベルギーのロベルト・マルティネスはこれまでとシステムを変えて戦術的な変更を行ってきたが、カウンターの場面でフェルナンジーニョが強さを発揮できなかったことは、ブラジルにとって試合を難しくしてしまった。

     また、ノーゴールに終わったネイマールも「4点」と評価された。そのプレーと、後半で二度にわたって見られた“ダイブ”が「26歳の子どもの行為」と厳しく批判されている。

    「将来的にも彼の才能を台無しにしかねない」と伊メディアも危惧

    「紙の上ではブラジルのリーダーだが、実際には取るに足らない存在。将来的にも、彼の才能を台無しにしかねない。より大きなステージに立つ才能を持ちながら、26歳の子どもの行為が未熟さを証明する。ドリブルで突破もできず、個人主義のプレーで全てを失う。繰り返された“ダイブ”の悪癖も、ますます頻度を上げている」

     ネイマールはペナルティーエリア内でドリブルにかかった1回と、クロスに合わせようとした1回のダイブでPKをアピールした。しかし、セルビア人主審のミロラド・マジッチ氏には、ただただ「早く立ち上がれ」というジェスチャーをされるのみ。ラストチャンスとなったゴール正面からのミドルも、相手GKティボー・クルトワにしっかりと弾き出された。

     ネイマールはグループリーグ初戦のスイス戦でW杯歴代2位タイの被ファウル10回を記録して同情的な言葉も集めたが、その後は大袈裟にファウルをアピールする姿が批判の的になった。その声を払拭することができず、セレソンの「10番」は失意のうちに大会を去った。(Football ZONE web編集部)

    伊メディアがネイマールにチーム最低点で酷評【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】“ダイブ”と個人プレーのネイマールは「26歳の子ども」 伊メディアがチーム最低点で酷評】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2018/07/07(土) 05:51:00.17 ID:CAP_USER9.net

    [7.6 ロシアW杯準々決勝 ブラジル1-2ベルギー カザン]

    最後の最後まで抵抗した。しかし、あと1点が遠かった。ブラジル代表はベルギーに1-2で敗れ、準決勝進出を逃した。
    試合終了のホイッスルが吹かれると、FWネイマールはヒザを落とし、しばらく立ち上がれなかった。

    前半13分にMFフェルナンジーニョのオウンゴールで先制を許すと、同31分には高速カウンターからMFケビン・デ・ブルイネにネットを揺らされてベルギーにリードを2点差に広げられてしまう。
    ネイマールは何とか反撃の糸口をつかもうとボールを呼び込むが、FWロメル・ルカクとFWエデン・アザールを前線に残して後方に重心を置くベルギー守備に苦しめられる。
    持ち味のドリブルでPA内に切れ込もうとするが、すぐさま複数人に囲まれてボールを奪われてしまった。

    それでも後半に入ると、王国の背番号10を背負う男は意地を見せた。同33分、左サイドからの巧みなパスでFWロベルト・フィルミーノ、
    同39分には相手を引き付けてからの柔らかなマイナスのパスでMFコウチーニョの好機を演出するが、ともに得点には結び付かず。さらに後半アディショナルタイムにはFWダグラス・コスタのパスを受け、
    鮮やかな右足シュートでゴールを襲うが、ボールはGKティボー・クルトワに弾き出されてしまった。

    1-2で試合終了のホイッスルが吹かれると、しばらくの間立ち上がれず。立ち上がっても腰に手を当てて、なかなか動くことができなかった。
    ブラジルの敗退により、南米勢は全滅。残るはベルギー、フランス、ロシア、クロアチア、スウェーデン、イングランドの欧州勢のみとなった。

    7/7(土) 5:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-01656000-gekisaka-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【W杯】<ネイマールの夏が終わる…>ブラジルが姿が消して南米勢全滅!残るは欧州勢のみ…】の続きを読む



    (出典 jp.mancity.com)



     ブラジル代表DFダニーロ(マンチェスター・C)が、2018 FIFAワールドカップ ロシアの残りの試合を欠場することとなったようだ。6日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

     ダニーロは、6月17日に行われたグループステージ第1戦のスイス戦で先発フル出場したものの、トレーニングで右太ももを負傷し、その後は欠場が続いていた。復帰に向けてトレーニングを続けていたが、5日に行われた練習で足首の靭帯を負傷したことで、残りの試合の欠場が決まった。

     なお、6日に行われるベルギー代表戦では、第2戦のコスタリカ戦からフル出場を続けているDFファグネル(コリンチャンス)が右サイドバックを務めることが発表されている。

    残りの試合を欠場することとなったダニーロ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】ブラジル代表に痛手…DFダニーロ、足首の負傷で残りの試合を欠場へ】の続きを読む


    ブラジルはマルセロ(左)とフェルナンジーニョ(右)がピッチに立ちそうだ [写真]=Getty Images

     6日の2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント準々決勝で、ブラジル代表はベルギー代表と対戦する。脊椎の痛みで1回戦を欠場したブラジルのDFマルセロ(レアル・マドリード)は、この試合で復帰するようだ。スペイン紙『マルカ』が5日付で伝えている。

     ブラジルを率いるチッチ監督は、マルセロについて「プレーするだろう」と起用を明言した。2日の1回戦・メキシコ代表戦で同選手が出場しなかった理由については「彼はおそらく45分しかプレーできなかったから」と語っている。

     なお、この試合ではMFカゼミーロ(レアル・マドリード)が累積警告のため出場停止となる。同監督は「フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)が入る」と代役の名前を明かした。

     ブラジル対ベルギーの一戦は、6日21時(日本時間7日3時)にキックオフを迎える。





    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブラジル代表】マルセロ復帰を監督が明言…フェルナンジーニョも先発へ】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     6日の2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント準々決勝で、ベルギー代表はブラジル代表と対戦する。試合前日会見に出席したベルギーのFWロメル・ルカク(マンチェスター・U)が、相手のエースFWネイマール(パリ・サンジェルマン)について言及した。

     ネイマールは今大会、ファウルを受けた際の“オーバーリアクション”が話題となっている。しかし、ルカクはこれについて「ネイマールは役者ではないし、選手として信じられないような能力を持っている」とコメントし、ネイマールを称賛した。そのうえで、ディフェンスの選手がネイマールに対して激しいチャージを見舞うのは仕方のないことだとしている。

    「DFにとって、彼に対してより強く当たりに行くのは普通のことだ。僕からしてみれば、彼は将来世界最高の選手になるだろう」

     また、ルカクはブラジルについて「ウィークポイントがない」と分析。さらに「彼らのディフェンスは非常に強固で、中盤もかなり危険だし、そしてグレートなアタッカーたちがいる」と続け、警戒を強めている。

     ベルギー対ブラジルの一戦は、6日21時(日本時間7日3時)にキックオフを迎える。

    ルカク(左)がネイマール(右)を称賛している [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「信じられないような能力を持っている」…ルカクがネイマールを絶賛】の続きを読む

    このページのトップヘ