Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ブラジル



    (出典 f.image.geki.jp)



    サッカー王国ブラジルでかつて「最も期待されたストライカー」が日本へやってくることになりそうだ。

    『GaúchaZH』『jbfilhoreporter』など複数の現地メディアは12日、元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアオン(※)が「所属クラブを退団しJリーグ入りする」と伝えた。

    レアンドロ・ダミアオンは29歳。ブラジル南部の名門インテルナシオナウで頭角を現し、2012年ロンドン五輪ではネイマールとのコンビで得点王(6ゴール)に輝いた本格派のストライカーだ。

    190cm近い長身ながら高い運動能力と技術を備えており、一時はロナウドルイス・ファビアーノに続くブラジル代表のエース候補として欧州のビッグクラブから狙われたほど。

    その後は不調に陥り、スター街道から外れることに。クラブサントス、クルゼイロ、スペインのベティス、フラメンゴを渡り歩いたが結果を残すことができず、昨年、インテルに復帰した。

    ただ今季、終盤のゴールラッシュで2011年以来となる二桁ゴールを達成すると、チームは3位に入りリベルタドーレス出場権を獲得している。

    インテルはそんな彼と今年末に切れる契約の延長を望んでいたが、11日、「我々は最大限の努力をしたが、(ダミアオンは)海外から断ることができないオファーを受けた」と交渉が破断に終わったことを発表した。

    現地の報道をまとめると、ダミアオンは国内外の4クラブスペインメキシコ、日本とも)からオファーを受けていたものの、当初はクラブと契約を更新する予定だった。しかしこの報道が出る数時間で急変(つまり巨額のオファーを受けた)したのだという。

    『GaúchaZH』は、クラブ名は明かされていないものの「今後数日間で日本行きが決定する」と確定的に伝えている。

    ダミアン、ダミオンとの表記も

    五輪得点王のブラジル代表FWがJリーグ入りへ!現地で報道


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】五輪得点王のブラジル代表FWがJリーグ入りへ!現地で報道】の続きを読む

    E776E1B3-0996-4FEA-B57A-2C2412654908


    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/12/11(火) 21:39:20.814 ID:qed24/wF0.net

    いる?あ


    【【海外サッカー】全盛期のロナウジーニョよりテクニックがあるサッカー選手は?】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



    1 Egg ★ :2018/12/07(金) 08:40:54.50 ID:CAP_USER9.net

    ブラジル・サッカー界の“王様”ペレが、現代表のエースであるネイマールへ、ついに苦言を呈した。

     現地時間12月5日、ブラジル紙『Folha de Sao Paulo』の取材でペレが語ったのは、セレソンの後輩にあたるネイマールの振る舞いについてだ。

     ネイマールは、その卓越したテクニックと類まれな得点感覚を武器に次世代のスーパースターとしてのキャリアを歩む一方で、近年はあまりに過剰なシミュレーションが批判を受けている。

     とくに、今夏にロシアで行なわれたワールドカップでは、ファウルを受けた後の過剰にピッチ上を転がり回るシーンがフォーカスされ、一部では「ネイマール・チャレンジ」と揶揄されもした。

     先月28日のチャンピオンズ・リーグ(CL)リバプール戦でも、悪目立ちしたオーバーリアクションが、「本当に反スポーツ的な行為だ」と敵将のユルゲン・クロップの逆鱗に触れるなど、その振る舞いは依然として大きな批判を受け続けている。

     そんなネイマールについて、ペレはこれまで「技術的にもすでに世界最高の選手だ」と擁護する発言を続けてきたが、それもついに限界を迎えたのかもしれない。78歳の偉大なるレジェンドは、「もうこれ以上、今の彼を守るのは難しい」と本音を漏らした。

    「今の彼を、素晴らしいプレー以外の面でこれ以上守ることは難しい。ブラジルがこないだのワールドカップで優勝できなかった責任を、彼だけが背負わされたのは不運だった。だが、私は彼と2度も欧州で会い、『フットボールの神様が君に才能を与えた。今、君がやっていることはそれを台無しにしている』と、彼には話した」

     こう苦言を呈したペレだが、ネイマールを完全に見限ったわけではない。パリ・サンジェルマンの同僚でもあるキリアン・エムバペと比較しながら、次のようにも話している。

    「多くの人は、私とエムバペを比べている。似たようなところがあるだろう? 彼は19歳で、ワールドカップを制したからね。ヨーロッパでは今や、みんながネイマールよりもエムバペについて話している。ただ、私の考えでは、彼よりもネイマールのほうが、より完成した選手だ」

     果たしてネイマールは、“王様”からの助言を素直に聞き入れて、より偉大な選手となるべく、批判され続ける今の姿勢を改めるのか? 今後はプレースタイルが変化するか否かにも注目したい。

    12/7(金) 6:31 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00010003-sdigestw-socc


    【【ブラジル代表】<“王様”ペレ>ネイマールの過剰演技をついに批判!「これ以上、彼を守るのは無理…」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/23(金) 22:00:51.61 ID:CAP_USER9.net

     元ブラジル代表のロナウジーニョ氏が、金銭的にさらなる窮地に陥っている。同氏の運営する団体が罰金を支払えず、高級車などを差し押さえられたという。『AP通信』などが伝えた。

     現役時代にバルセロナやブラジル代表のエースとして活躍し、華麗なプレーでサッカー界のトップ選手に上り詰めたロナウジーニョ氏。だが現役引退後は経済的に困窮し、先日には銀行口座をブラジル検察庁に差し押さえられたが、その残金が24.63レアル(約750円)しかなかったという衝撃の事実が報じられていた。

     その困窮の発端となったのは、ロナウジーニョ氏の団体「インスティトゥート・ロナウジーニョ・ガウショ」が自然保護区において違法建築を行ったとして200万ユーロ(約2億6000万円)以上の罰金支払いを命じられたことだった。その支払いが行われなかったとして、21日にはロナウジーニョ氏の私財が差し押さえられたようだ。

     ロナウジーニョ氏と兄のロベルト・アシス氏が共同保有する邸宅に当局が立ち入り、罰金支払いに充てるため両者の私財が押収された。2台のBMWと1台のメルセデスのほか、絵画や家具などが対象になったと伝えられている。

    11/23(金) 20:34 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181123-00298446-footballc-socc

    写真

    (出典 img.footballchannel.jp)


    【【海外サッカー】<“借金地獄”>ロナウジーニョ氏、さらなる窮地に。罰金支払えず車など差し押さえ】の続きを読む



    (出典 lifeofleisure7.com)



    サッカー王国ブラジル代表のユニフォームと言えば、ブラジル国旗にも採用されているカナリア色だ。だが、かつては白がユニフォームカラーだった。

    1954年に黄色に変更になったのだが、そのユニフォームデザインしたアウジール・シュレーさんが亡くなった。『Globo』によれば、83歳の同氏は2012年に皮膚ガンを患い、闘病を続けていたそう。

    同氏は新聞社でゴールイラスト化する仕事を若い頃に始めたという。

    1953年に『Correio da Manhã』紙がブラジル代表の新たなユニフォームを選ぶコンペを開催。当時19歳だったシュレーさんもそれに応募した。

    そのアイデアは今では当たり前だが、当時は革新的なものだったそう。国旗の色を取り入れ、ウェアは黄色と緑、パンツは青、そしてソックスは白に。

    かつてこう語っていたそう。

    アウジール・シュレー

    ルール的にユニフォームにはカラーバランスが必要とされている。

    私は緑と黄色をシャツに使い、青はパンツ、そして白ソックスにした。

    1954年ブラジル代表はスイスW杯で失敗したが、結局(このユニフォームは)国家的なシンボルになったね。私は幸運だったよ」
    ブラジル代表のユニフォームを「黄色」にした伝説の人、83歳で死去


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ブラジル代表のユニフォームを「黄色」にした伝説の人、83歳で死去】の続きを読む

    このページのトップヘ