Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ブラジル



    (出典 www.golaco.club)



    【サッカー英雄列伝|No.3】ロナウジーニョ(前編)――10代でA代表に名を連ねた“小さなロナウド”

     セレソンの“ナンバー10”はブラジルに生まれる数多の才能の中で、最も信頼されるアタッカーのみに許される栄誉だ。古くはペレ、ロベルト・リベリーノ、ジーコ、リバウドらが背負い、現在はネイマール(現パリ・サンジェルマン/PSG)がその重責を担う。この系譜の中で、誰よりも「フットボールの楽しさ」を体現した男と言えば、ロナウジーニョだろう。

     2018年1月16日、希代のクラッキは38歳でスパイクを脱いだが、そのサッカー人生は波乱万丈あれど輝きに満ちていた。

     世界が彼を初めて知ったのは、今から21年前のU-17世界選手権(現U-17ワールドカップ/W杯)だった。中心メンバーとしてチームを優勝に導くと、19歳にして99年コパ・アメリカに挑むA代表メンバーに選出されたのだ。

     当時はFWロナウドがいたこともあり、与えられたのは「小さなロナウド」という愛称――すなわちロナウジーニョが「ロナウジーニョ」になった瞬間だった。同大会でA代表初ゴール、その翌月に行われたコンフェデレーションズカップ準決勝でハットトリックを達成し、鮮烈な印象を残した。

     日本での知名度を高めたのは、2000年シドニー五輪だろう。MF中田英寿、MF稲本潤一(現・北海道コンサドーレ札幌)、MF中村俊輔(現・ジュビロ磐田)、DF中澤佑二(現・横浜F・マリノス)らを擁し“史上最強”と呼ばれた日本と、ブラジルは同組に入った。そのブラジルのエースはロナウジーニョが務めたが、当時の背番号は「7」。グループリーグ第3戦で対戦し、1-0でブラジルに軍配が上がったものの、最終的にメダルには届かずオーストラリアを去った。

    ロナウド&リバウドとともに躍動

     ロナウジーニョにとって雪辱を晴らす機会、そして真のワールドクラスへの階段を上るきっかけとなったのは、その2年後、日本と韓国で共催された2002年W杯だった。ここで采配を振るったルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、ブラジル伝統のフォーメーションにメスを入れてでも、当時22歳のロナウジーニョをメーンキャストに起用したのだ。

     ブラジルと言えば「ボックス型の4-4-2」が伝統のフォーメーションだった。ただチームは準優勝に終わったフランスW杯後、ルシェンブルゴ、エメルソン・レオン両体制がハマらず、スコラーリに復権を託した。そこでスコラーリ監督が着手したのは、「3-4-1-2」へのシステム変更だった。カフーとロベルト・カルロスという最強の両翼を持っていたブラジルは、彼ら二人にサイドを全権委任する。それと同時に中央の守備を固くし、前線3人の才能でゴールを奪うシステムを構築した。

     この前線トリオに選ばれたのはロナウド、リバウド、そしてロナウジーニョ。通称「3R」だった。

     ロナウドとリバウドはすでに所属クラブでワールドクラスの存在感を放っていたが、ロナウジーニョは前年PSGに加わったばかり。なおかつパリでの夜遊びに浸って不興を買うなど、疑問の声も上がっていた。

     しかしトップ下に入ったロナウジーニョは、トリッキーなプレーで輝きを放つ。グループリーグ中国戦でPKから同大会初ゴールをゲット。難なく決勝トーナメント進出を果たすと、準々決勝イングランド戦でハイライトが訪れる。

     1-1で迎えた後半5分のこと。ゴールからやや右サイド30メートルの位置で直接FKを得たブラジルは、ロナウジーニョがキッカーを務める。視線はヘディングで合わせようとするゴール前のターゲットを見ていたように見えたが、ロナウジーニョはもう一つ奥のターゲットを見ていた。ゴールネットだ。

    シーマンの頭上を破った伝説のFK

     相手GKデイビッド・シーマンの意識が前に来ていたことを見逃さず、ロナウジーニョがキックしたボールは選手が密集した地点ではなく、ゴール方向へ。虚を突かれたシーマンをあざ笑うかのように急降下したボールは、ゴール左隅へ。MFデイビッド・ベッカム見たさに詰めかけたファンを唖然とさせる決勝ゴールに、ロナウジーニョは歓喜のダッシュ、そしてあの満面の笑みを浮かべたのだ。

     勢いに乗ったブラジルは準決勝でトルコを一蹴、そして決勝ではドイツを2-0で下して5度目のW杯優勝を果たした。そして覚醒したロナウジーニョは翌年、サッカーの神によってさらなるスターダムへと導かれていく。

     用意された舞台。そう、バルセロナである――。

    (後編へ続く)

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    【商品紹介】
     スポーツブランド「Soccer Junky(サッカージャンキー)」では、3月から“10の継承”をテーマとした半袖Tシャツを販売する。人気イラストレーター・JERRY氏とのコラボ商品で、「Blaugrana Diez」の文字とともに二人の名手がプリントされた一枚。ホワイト、ネイビー、グレーの3色を展開します。

    ■販売価格:4,200円(税別)
    ■サイズ:S~XL(4サイズ展開)
    ■カラー:ホワイト、ネイビー、グレー

     

    セレソンから始まった「ロナウジーニョ伝説」 世代別代表で輝き日韓W杯の“3R”で覚醒


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】セレソンから始まった「ロナウジーニョ伝説」】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



     レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロが、同代表でチームメイトである、パリ・サンジェルマンFWネイマールについて言及した。11日付でスペイン紙『マルカ』が報じている。

     昨夏の移籍市場で、2億2200万ユーロ(約297億円)という史上最高額の移籍金でパリ・サンジェルマンに加入したネイマール。しかし、サッカー界の話題をさらった移籍劇から半年経った現在、スペインの地に戻ってくるとの噂が浮上している。

     その移籍先としてあげられたのが、レアル・マドリードである。ネイマールはバルセロナに所属していたこともあって、この噂は驚きを持って伝えられた。

     しかし、ブラジル代表のチームメイトであるマルセロは将来的なレアル・マドリード加入を確信しているようだ。

     母国テレビ局「Esporte Interativo」のインタビューに答えたマルセロは「ネイマールはいずれレアル・マドリードでプレーすると思う。彼はこのチームにフィットするだろう。ここに来れば素晴らしい。僕の意見では、偉大な選手はこのクラブでプレーしなければならないんだよ」と、クラブ・代表の両チームで絶対的な地位を手にするネイマールの加入を予想した。

     ネイマールは今シーズン、初挑戦のリーグ・アンで18試合出場19ゴールをマーク。その多大な期待に見事応える活躍を見せている。

    代表ではチームメイトのネイマール(左)とマルセロ(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】マルセロ、同胞ネイマールのレアル加入を確信!!】の続きを読む



    (出典 papimaro.velvet.jp)



    ブラジル代表の後輩にエール 「結果は自ずと出る」

     パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールは、ピッチ内外でのプレーや言動で話題を振りまいている。2月5日に26歳となったスーパースターはさらに注目度を高めているが、セレソンの大先輩であるFWロナウドから「バロンドールに近づいている」と太鼓判を受けたようだ。

     米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、フランスの放送局「SFR Sport」で語ったコメントを引用する形で記事を掲載。ロナウドはネイマールの誕生日パーティーに出席するなど、現ブラジル代表エースとの関係はすこぶる良いという。それだけに、期待値も非常に高い。

    「ここ(パリ)にいることは全てが幸せなんじゃないかな。それはピッチで見せるプレーぶりで分かるよ。リラックスして楽しんでいれば、結果は自ずと出る。美しいゴールを決めるのだから」

     ネイマールは今季、リーグアン第24節終了時点で18ゴール11アシストと、自在のプレーぶりでPSGに数多くのゴールをもたらしている。この活躍が続けばポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)が10年間にわたって独占し続けているバロンドール受賞者リストに風穴を開ける可能性がある。

     バルセロナとインテルでプレーした1997年と、インテルとレアルでプレーし日韓ワールドカップ(W杯)得点王に輝いた2002年に二度受賞したロナウドは、そのポイントとして今年開催されるロシアW杯の存在を挙げている。

    「W杯決勝でゴールを決めれば…」

    「その存在によって、彼がこの個人タイトルに近づくと思う。2018年は重要な年だよ。多くのことが決まるW杯があるんだから。もし決勝でゴールを決めれば、トロフィーを獲得するチャンスがあるから、僕はサポートするよ。いつの日か彼が受賞すると思うけどね。まあ今年でなくても、多くの可能性があるんだから、来年には取れるだろうし」

     ロナウドらしい言い回しだが、現代サッカーの二大クラックに迫れる存在はネイマールくらいだろう。PSG、そしてセレソンでの活躍によって、真のスーパースターへの道を駆け上がれるだろうか。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    “怪物”ロナウド、ネイマールは「美しいゴールを決める」 バロンドール受賞に太鼓判


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】“怪物”ロナウド、ネイマールは「美しいゴールを決める」 バロンドール受賞に太鼓判!!】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    柏と新潟のJクラブユニフォームを着用、米メディアのゲーム企画でドリームマッチ

     Jリーグクラブのユニフォームを着用し、世界一流のサッカー選手たちが激突する“ドリーム企画”の第2弾が実現した。米スポーツ情報サイト「ブリーチャー・レポート」が、人気サッカーゲーム「FIFA18」で昨夏と今冬に移籍したビッグネームたちを基に、それぞれ「ベスト11」を編成。柏レイソルのユニフォームを着た「夏の移籍ベスト11」、アルビレックス新潟のユニフォームを着た「冬の移籍ベスト11」が組まれ、ゲーム上で対戦している。

     動画では「ビッグネームが二つの移籍ウインドウ(昨夏と今冬)で移籍した」と紹介し、さらに「どっちがFIFA18で勝つ? 夏の移籍ベスト11対冬の移籍ベスト11」と銘打っている。

     柏のユニフォームを着た「夏の移籍ベスト11」で10番を背負ったのは、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約300億円)で移籍したブラジル代表FWネイマールだ。また同チームには、ベルギー代表FWロメル・ルカク(エバートン→マンチェスター・ユナイテッド)、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(モナコ→PSG)ら強力アタッカーが名を連ねた。

     一方、新潟のユニフォームを着た「冬の移籍ベスト11」で10番を背負ったのは、史上3番目に高額な移籍金1億6000万ユーロ(約216億円)でリバプールからバルセロナへ移籍したブラジル代表MFコウチーニョだ。こちらもアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・ユナイテッド→アーセナル)、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(アーセナル→マンチェスター・ユナイテッド)、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント→アーセナル)ら世界有数の実力者が顔を揃えている。

    最終的に勝利したのは…

     試合は、柏側のルカクが先制弾を決めた一方、新潟側のサンチェスが同点弾。延長戦では途中出場のコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(レアル・マドリード→バイエルン)の一撃で柏側がリードするも、コウチーニョが同点弾を決めてPK戦へ突入し、最終的に新潟側が勝利している。

     同メディアは第1弾として、柏のユニフォームを着用したリオネル・メッシらのチームと、新潟のユニフォームを着用したクリスティアーノ・ロナウドらのチームを編成し、動画をアップしていた

     今回も同じ形でJクラブのユニフォームを着たワールドクラスの選手たちが激突したが、両クラブのファンをはじめ、Jリーグファンにはたまらない動画と言えそうだ。

     なお、「夏の移籍ベスト11」(柏)と「冬の移籍ベスト11」(新潟)のメンバーは次の通りとなっている。

    柏のユニフォーム着用・夏の移籍ベスト11

    【柏レイソル/夏の移籍ベスト11】
    GK
    31 エデルソン(ベンフィカ→マンチェスター・C)

    DF
    2 カイル・ウォーカー(トットナム→マンチェスター・C)
    5 ダビンソン・サンチェス(アヤックス→トットナム)
    19 レオナルド・ボヌッチ(ユベントス→ミラン)
    22 バンジャマン・メンディ(モナコ→マンチェスター・C)

    MF
    33 ネマニャ・マティッチ(チェルシー→マンチェスター・U)
    15 パウリーニョ(広州恒大→バルセロナ)
    36 モハメド・サラー(ローマ→リバプール)
    10 ネイマール(バルセロナ→PSG)

    FW
    9 ロメル・ルカク(エバートン→マンチェスター・U)
    18 キリアン・ムバッペ(モナコ→PSG)

    新潟のユニフォーム着用・冬の移籍ベスト11

    【アルビレックス新潟/冬の移籍ベスト11】
    GK
    1 ケネト・フェルメール(フェイエノールト→ブルッヘ)

    DF
    18 フィルジル・ファン・ダイク(サウサンプトン→リバプール)
    4 アイメリク・ラポルテ(アスレチック・ビルバオ→マンチェスター・C)
    6 イニゴ・マルティネス(レアル・ソシエダ→アスレチック・ビルバオ)

    MF
    12 ラフィーニャ(バルセロナ→インテル) 
    22 ヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・U→アーセナル)
    7 アレクシス・サンチェス(アーセナル→マンチェスター・U)
    13 ルーカス・モウラ(PSG→トットナム)
    10 フィリペ・コウチーニョ(リバプール→バルセロナ)

    FW
    19 ジエゴ・コスタ(チェルシー→アトレチコ・マドリード)※
    17 ピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント→アーセナル)
    ※移籍は昨夏に決定。アトレチコにFIFA選手登録禁止処分が下った影響で冬加入

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    柏10番ネイマールvs新潟10番コウチーニョ!? 「夏と冬の移籍ベスト11」で“夢企画”


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【柏10番ネイマールvs新潟10番コウチーニョ!? 「夏と冬の移籍ベスト11」で“夢企画”】の続きを読む



    (出典 img.qoly.jp)



    2015年にフルミネンセ(ブラジル)を退団し、無所属の状態が続いていたロナウジーニョが、正式に現役を引退することになった。元ブラジル代表の“スーパースター”は、16年7月からインドのプレミアフットサルリーグに出場し、衰えを感じさせないプレーで観衆を魅了していた。それだけに、1月16日に代理人を務める兄のアシス氏から引退が発表されたことに寂しさを覚えたサッカーファンも多いだろう。

    今回の発表を受け、バルセロナで共にプレーしたアルゼンチン代表のリオネル・メッシが「フットボールはあなたの笑顔を永遠に忘れない」とコメントすると、ブラジル代表のネイマールも「あなたは超えることが難しい遺産を残してくれた。あなたはフットボールをアートにした」と、37歳でスパイクを脱ぐ母国の先輩に賛辞を贈っている。

    02年の日韓ワールドカップでブラジル代表を通算5度目の優勝に導いたほか、バルセロナ時代には2年連続でFIFA(国際サッカー連盟)最優秀選手賞を受賞するなどロナウジーニョが残した輝かしい記録は数えきれない。しかし、ネイマールのメッセージにあるとおり、ロナウジーニョが近代サッカーに残した最も大きな功績は、サッカーを「アートにした」ことではないだろうか。

    それを象徴するゴールといえば、05年3月8日のチャンピオンズリーグ準々決勝・第2戦で生まれたスーパーゴールだろう。チェルシーと対戦した試合の前半38分、相手ペナルティエリアの手前でボールを持ったロナウジーニョは、一瞬ダンスを踊るかのように体を揺らして相手DFを惑わす。そして、ノーステップのまま右のつま先でボールをミート。誰も予想できないモーションから放たれた芸術的シュートは、ロナウジーニョの代名詞として世界中のサッカーファンの記憶に刻まれることとなった。

    また、多くの日本人が驚愕(きょうがく)させられたのが、日韓ワールドカップ準々決勝での決勝ゴールだ。イングランドを相手に同点で迎えた後半5分、ブラジルはゴールまで40mの距離でフリーキックを得た。イングランドの名GK・シーマンを含め、誰もがゴール前へのクロスボールを予想していたが…。ロナウジーニョは意表を突いて直接シュートを狙い、見事にゴール左上ネットを揺らしてみせた。

    これらの芸術的ゴール以外にも、エラシコやノールックパスといったブラジル伝統のテクニックを、ロナウジーニョはトップレベルの真剣勝負で惜しみなく披露した。そのプレースタイルは、勝利至上主義のもとで“遊び”の部分を排除してきた近代サッカー界に一石を投じた。苦しい場面においても笑顔を絶やさず、サッカーを楽しんでいるロナウジーニョの姿に人々は魅了されたのである。

    今夏のロシアワールドカップ後には、ロナウジーニョの引退を記念した世界ツアーが計画されているという。また、すでに歌手デビューを果たしているロナウジーニョは「音楽に関連した新しいプロジェクトを考案中」とコメントするなど、ピッチ外の芸術活動にも本腰を入れる構えだ。

    サッカーを芸術にした天才フットボーラーの第二の人生はいかに。“芸術家”ロナウジーニョの魅力は、今後も尽きることはない。

    (取材・文/中山 淳 写真/ゲッティ イメージズ)

    メッシ、ネイマールらが賛辞を贈るスーパースター。ロナウジーニョが残した“最大の功績”


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】スーパースター、ロナウジーニョが残した“最大の功績”】の続きを読む

    このページのトップヘ