Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ブラジル



    (出典 mynews23.com)



    1 Egg ★ :2018/07/10(火) 19:52:04.90 ID:CAP_USER9.net

    サッカーのワールドカップ・ロシア大会が盛り上がる中、世界的スタープレーヤーのJリーグ入りが進行している。J1・ヴィッセル神戸の三木谷浩史会長は、先日獲得したスペイン代表のイニエスタに続き、元スペイン代表のFWトーレスなど超大物選手に触手。

    一方、ケイスケ・ホンダ獲得も濃厚となり、手土産にGK川島永嗣を連れてくるとの情報もある―。

     アジアで唯一、今回のW杯で決勝トーナメント進出を果たした日本の評価は急上昇中。各国のエージェントがJリーグに、レジェンド級の外国人選手たちの売り込みを本格化させている。

     先陣を切ったのは、5月24日に発表されたスペイン代表で名門バルセロナのMF、アンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸入り。三木谷会長が年俸32億円を快諾、世界最高の司令塔を3年契約で獲得した。

     これに負けじと、今度は同じJ1のサガン鳥栖が年俸7.5億円の3年契約で元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)の獲得に乗り出した。

    トーレスはイニエスタとともに2010年の南アフリカW杯で優勝したメンバーの1人だが、最後の最後で、この話はご破算に。背後に透けて見えるのが、神戸の横恋慕の影だ。

     「トーレス側がさらなる年俸の増額を要求し、鳥栖が交渉から撤退したのです。メディアでは米MLS入りが報じられていますが、神戸入りの可能性もある。神戸にすれば、せっかく巨額を投じてイニエスタを獲得したのに、鳥栖に大物選手が入って優勝を横取りされては意味がない。それを潰して獲得すれば、イニエスタのポテンシャルはさらに上がる。三木谷氏の財力からすれば、トーレスの要求額など容易に払えますから」(スポーツ紙デスク)

     当初からトーレスの獲得に乗り出せばよかったとも思うが、Jリーグの「外国人枠」の壁がそれを阻止した。現状では登録できる外国人選手は1チーム当たり5人、試合に出場できるのは3人まで。

    しかし、神戸が超スーパースターを獲得したことで、Jリーグはこれを商機ととらえ、にわかに方針転換。「日本人選手を15人以上保有していれば、それ以外はすべての選手が外国人選手でもいい」としつつある。

     「神戸が日本、アジアを代表するクラブになれば、各国がJリーグの試合をCSやネット動画配信のDAZNで見ることになる。10年間の放映権料として約2100億円をJリーグに支払うDAZNの発言力は大きく、外国人枠の制限緩和が急ピッチで進められているのです」(大手広告代理店)

     その流れを見据えて、神戸はトーレスのほかにも、ヤヤ・トゥーレ(元コートジボワール代表=マンチェスター・シティ)、フランク・リベリー(元フランス代表=バイエルン・ミュンヘン)らの調査にも乗り出しているという。

     しかし、外国人枠問題がW杯後、すぐ解決するわけではない。そこで“代役”として期待されるのが、ケイスケ・ホンダ(本田圭佑)。今回のW杯でもグループリーグのコロンビア戦、コーナーキックで大迫勇也の“半端ない”決勝点をアシスト。セネガル戦では日本人初の3大会連続ゴールを決めて存在感を示した。
     
    「メキシコのパチューカとの契約が満了するW杯後の本田は、欧州5大リーグ(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランス)への移籍が第一希望。しかし、今大会で絶対的な運動量の少なさとスピードの欠如が指摘され、欧州5大リーグへの帰還は難しい。欧州やアジア、アフリカのクラブ経営や個人ファンドKSKを展開している本田には、それ以外の国でのプレーは魅力がない。そこで、イニエスタのいる神戸をアジア最強クラブに育てる方が魅力的と判断したのでしょう」(有力エージェント)

    つづく

    週刊実話 2018年07月10日 18時03分
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/96795026/


    【【Jリーグ】<本田圭佑、GK川島…>ヴィッセル神戸が獲得を狙う世界の大物選手】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    1 首しめ坂 ★ :2018/07/10(火) 17:37:16.04 ID:CAP_USER9.net

    ネイマール 傷心に追い打ちかける笑撃のパロディーCM
    7/10(火) 11:01配信
    東スポWeb

    W杯で散々、転げ回ったネイマール(ロイター)

    まさに踏んだり蹴ったりとはこのことか。サッカーのロシアW杯準々決勝(6日=日本時間7日)でベルギーに1―2で敗れた
    ブラジル代表のエースFWネイマール(26=パリ・サンジェルマン)だが、敗退の一因にもなった“転倒パフォーマンス”をパロディー化したCMが世界的に話題だ。
    これを制作したのは、南アフリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)。自身のSNSで現役続行にも弱気な発言をしたスーパースターにとって、
    傷心に追い打ちをかけるような“笑撃”が広がっている。

    まさかの敗退で涙を流したネイマールだが、今大会はゴールシーンよりもピッチを転げ回るシーンのほうが注目を集めた。
    相手に接触されると、ファウルであろうがなかろうが大げさに痛がり、米国スポーツサイトでは1次リーグから決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦まで、
    合計で14分間も倒れていたと指摘されたほど。この“大根演技”には母国から「恥ずかしい」という声が続出し、
    敗れたメキシコのフアンカルロス・オソリオ監督(57)は「サッカー界の恥」と怒り心頭だった。

    そんなネイマールのゴロゴロと転がる姿が、実はKFCによって早くも1分間のパロディーCMになっていた。

    公開された映像を見ると、サッカーのスタジアムで2チームが戦うシーンから始まる。出だしから赤ユニホームの11番の選手が倒された。
    相手選手は納得できない表情で抗議するが、髪形もネイマールのモジャモジャに似ている11番はピッチをのたうち回る。
    担架を無視して転がり続け、なんと競技場の外へ。転がりは勢いを増し、街中の横断歩道や少年たちがサッカーをするグラウンドを越えて、たどり着いた先はKFCの店頭だった。

    すると痛がっていたのがウソのように笑顔で立ち上がって11番はフライドチキンをテークアウト。追いかけてきたメディアにドヤ顔でチキンを差し出す――というものだ。

    行動も見た目もネイマールを意識したのはほぼ間違いないが、映像がアップされたのはW杯開幕翌日の6月15日。
    つまり、ネイマールのパフォーマンスが話題になるのを見越して制作されたとみられる。

    本紙はKFCの日本法人に映像の確認を求めた。広報担当者も初めて見るものだった。

    「確かにケンタッキーのCMで間違いないと思います。個人的には大好きで、センスがあると思います」と爆笑しながら、絶賛。
    その後、制作したのは南アフリカのKFCだったことが判明した。

    パロディーCMについて、広告代理店関係者は「このCMは、ネイマールを見た視聴者にKFCを想像させる大きな効果がある。
    大会期間中は自宅観戦が増え、ビールなどの売れ行きが増加してますし、テレビ観戦のお供にチキンを買う人も増えるだろう。
    ブラジルのある程度の勝ち残りと、ネイマールが世界的な話題になることを狙って大きな賭けに出たCM」と分析する。

    一方、大活躍した日本代表の人気にあやかるCMも作られそうだ。

    「日本代表選手の出演料も天井知らず。各業界からCMオファーが来ている」(同代理店関係者)

    日本では女優・高畑充希(26)出演の「レッドホットチキン」新CMの放送がスタートしたが、日本KFCでは「サッカーに絡めて話題になるCMも検討したい」とも。

    改めて聞くと、出演者として選手をさしおいて名前が挙がったのは「大迫半端ないって!」の名言を生んだ滝川二高サッカー部元主将の中西隆裕氏だった。

    「あの方を起用できたら最高ですよね。ヘディングして『ケンタッキー半端ないって!』と言ってもらえたら」と前出広報担当者も熱視線を送る。

    現在、銀行員をしている中西氏は各メディアが狙っているものの、どこにも出ていないだけに、実現したら話題になること間違いなしだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000004-tospoweb-socc

    CM動画

    (出典 Youtube)


    【【ブラジル代表】ネイマール 傷心に追い打ちかけるKFC笑撃のパロディーCM】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    1 首しめ坂 ★ :2018/07/10(火) 17:37:16.04 ID:CAP_USER9.net

    ネイマール 傷心に追い打ちかける笑撃のパロディーCM
    7/10(火) 11:01配信
    東スポWeb

    W杯で散々、転げ回ったネイマール(ロイター)

    まさに踏んだり蹴ったりとはこのことか。サッカーのロシアW杯準々決勝(6日=日本時間7日)でベルギーに1―2で敗れた
    ブラジル代表のエースFWネイマール(26=パリ・サンジェルマン)だが、敗退の一因にもなった“転倒パフォーマンス”をパロディー化したCMが世界的に話題だ。
    これを制作したのは、南アフリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)。自身のSNSで現役続行にも弱気な発言をしたスーパースターにとって、
    傷心に追い打ちをかけるような“笑撃”が広がっている。

    まさかの敗退で涙を流したネイマールだが、今大会はゴールシーンよりもピッチを転げ回るシーンのほうが注目を集めた。
    相手に接触されると、ファウルであろうがなかろうが大げさに痛がり、米国スポーツサイトでは1次リーグから決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦まで、
    合計で14分間も倒れていたと指摘されたほど。この“大根演技”には母国から「恥ずかしい」という声が続出し、
    敗れたメキシコのフアンカルロス・オソリオ監督(57)は「サッカー界の恥」と怒り心頭だった。

    そんなネイマールのゴロゴロと転がる姿が、実はKFCによって早くも1分間のパロディーCMになっていた。

    公開された映像を見ると、サッカーのスタジアムで2チームが戦うシーンから始まる。出だしから赤ユニホームの11番の選手が倒された。
    相手選手は納得できない表情で抗議するが、髪形もネイマールのモジャモジャに似ている11番はピッチをのたうち回る。
    担架を無視して転がり続け、なんと競技場の外へ。転がりは勢いを増し、街中の横断歩道や少年たちがサッカーをするグラウンドを越えて、たどり着いた先はKFCの店頭だった。

    すると痛がっていたのがウソのように笑顔で立ち上がって11番はフライドチキンをテークアウト。追いかけてきたメディアにドヤ顔でチキンを差し出す――というものだ。

    行動も見た目もネイマールを意識したのはほぼ間違いないが、映像がアップされたのはW杯開幕翌日の6月15日。
    つまり、ネイマールのパフォーマンスが話題になるのを見越して制作されたとみられる。

    本紙はKFCの日本法人に映像の確認を求めた。広報担当者も初めて見るものだった。

    「確かにケンタッキーのCMで間違いないと思います。個人的には大好きで、センスがあると思います」と爆笑しながら、絶賛。
    その後、制作したのは南アフリカのKFCだったことが判明した。

    パロディーCMについて、広告代理店関係者は「このCMは、ネイマールを見た視聴者にKFCを想像させる大きな効果がある。
    大会期間中は自宅観戦が増え、ビールなどの売れ行きが増加してますし、テレビ観戦のお供にチキンを買う人も増えるだろう。
    ブラジルのある程度の勝ち残りと、ネイマールが世界的な話題になることを狙って大きな賭けに出たCM」と分析する。

    一方、大活躍した日本代表の人気にあやかるCMも作られそうだ。

    「日本代表選手の出演料も天井知らず。各業界からCMオファーが来ている」(同代理店関係者)

    日本では女優・高畑充希(26)出演の「レッドホットチキン」新CMの放送がスタートしたが、日本KFCでは「サッカーに絡めて話題になるCMも検討したい」とも。

    改めて聞くと、出演者として選手をさしおいて名前が挙がったのは「大迫半端ないって!」の名言を生んだ滝川二高サッカー部元主将の中西隆裕氏だった。

    「あの方を起用できたら最高ですよね。ヘディングして『ケンタッキー半端ないって!』と言ってもらえたら」と前出広報担当者も熱視線を送る。

    現在、銀行員をしている中西氏は各メディアが狙っているものの、どこにも出ていないだけに、実現したら話題になること間違いなしだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000004-tospoweb-socc

    CM動画

    (出典 Youtube)


    【【ブラジル代表】ネイマール 傷心に追い打ちかけるKFC笑撃のパロディーCM】の続きを読む



    (出典 img.qoly.jp)



     2018 FIFAワールドカップ ロシア・準々決勝が6日に行われ、ベルギー代表がブラジル代表に2-1で勝利した。優勝候補を破ったベルギー代表のパフォーマンスには多くの称賛が集まっているが、勝敗を分けたポイントはどこにあったのか。イギリスメディア『スカイスポーツ』がこの試合を振り返り、ベルギーを勝利に導いた5つの要因を記している。

    ①戦術変更

     マルアン・フェライニとナセル・シャドリが先発メンバーに名を連ねたことは驚きをもって迎えられたが、より攻撃的なヤニック・フェレイラ・カラスコとドリース・メルテンスに代わってこの2選手が出場したことは、チーム全体のアプローチの変更を示唆していた。

     ロベルト・マルティネス監督は大胆なフォーメーション変更を行い、4-3-3の右ウイングにロメル・ルカクを動かした。そしてエデン・アザールが左に回り、ケヴィン・デ・ブライネは中央に位置して「偽9番」となった。

     前線の3人は対戦相手に対して本物の脅威を与え、フェライニはシャドリ、アクセル・ヴィツェルと共に守備陣をプロテクトした。この変更はデ・ブライネが日本戦よりも前の位置でプレーできることも意味しており、これまでの試合よりもゴールに直結するプレーが増加していたことも同メディアは指摘している。

    ②チームの論理と統一

     試合後にマルティネス監督は以下のように語り、戦術変更に対応して会心の勝利を収めた選手たちを称賛している。

    「これは重要な戦術の変更で、大事なのは実行力だった。監督の指示を選手たちが受け入れるのには勇気が必要だ。だが、彼らは2日でポジションとアプローチを変えた。それを実現させたいという欲求があったんだ」

     同メディアによると、より個々の才能に優れたブラジルを倒すためにはチーム全体の協力が必要だと主張した主将ヴァンサン・コンパニの元でチームが団結したことが、わずか2日で新戦術へと適応してみせた高いモチベーションにもつながっていたようだ。

    ③目標の共有

     同メディアはこの項目においてはルカクが非常に良い例であったとし、手放しで称賛を贈っている。マンチェスター・Uでもエースとして活躍している同選手は、自身が得点を決めることを脇に置き、ブラジルのサイドバックをくぎ付けにするというタスクを実行することに専念。チームメイトのためにグラウンドに飛び込み、技術を活かしてボールをキープし、ベルギーの攻撃を引き締めたとして、その献身ぶりを高く評価した。

    ④個々の輝き

     チームワークの中にも傑出した個人のパフォーマンスがあったとして、マン・オブ・ザ・マッチに選出されたデ・ブライネや、10度のドリブルを成功させて7度ファウルを受けたアザールの名前を挙げ、その個人能力の高さと勝利につながる働きぶりを称賛した。

     さらにはネイマールとのマッチアップで負けなかったトーマス・ムニエ、10度のクリアを記録したトビー・アルデルヴァイレルト、勝敗を分けるビッグセーブを見せたティボー・クルトワらの名前も列挙している。

    ⑤幸運

     ベルギーは上述のように多くの素晴らしい仕事をこなしていたが、それでもブラジルを倒すにあたっては運に恵まれた面もあったことは間違いないと同メディアは指摘。

     ブラジルが試合を通じて3つの決定機を逃したことや、エリア内でコンパニが犯した微妙なプレーがPKとならなかったこと、ブラジルにとって核のひとりだったカゼミーロの出場停止、そのカゼミーロの代役だったフェルナンジーニョのオウンゴールといった要素にも助けられたとしている。

     会心の勝利を収めたベルギーが10日の準決勝で対戦する相手は、絶好調のFWキリアン・ムバッペらを擁するフランス代表。悲願の初優勝に向けて、ベルギー代表は次の試合でも緻密な戦略を用意して難敵との対決を制し、決勝へと駒を進めることができるだろうか。

    会心の勝利を喜ぶベルギー代表 [写真]=Photonews via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【W杯】ベルギーはなぜ“王国”ブラジルを倒せたのか…英紙が5つのポイントを解説】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/07/08(日) 14:57:57.91 ID:CAP_USER9.net

    <ワールドカップ(W杯)ロシア大会:ブラジル1-2ベルギー>◇準々決勝◇6日◇カザン

    終了間際の後半49分、ブラジルのFWドウグラスコスタは懸命に右サイドを崩し、FWネイマールに託す。ペナルティーアークのネイマールは仲間の思いを右足に乗せ、ボールを曲げた。ゴール右上の角、GKクルトワの手から最も遠いところをイメージしたが、ややボールは真ん中へ。名手は体を反転させながら右手を伸ばし、最後の反撃を封じた。

     ネイマールは敗退が決まるとダラリと腕を投げ出し、ピッチにしゃがんだ。今大会は何度も“演技”を指摘された。ピッチに倒れていた時間が、決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦までの4試合で計14分(アメリカのスポーツサイト)と指摘され、批判された。「全く気にしない」と、強がったが、10番の背中には王国の重圧がのしかかる。倒されてはカードを要求し、FKやPKの回数を増やそうと何度もダイブした。

     6度目の頂点を目指したが、ベスト8で終わった。チチ監督は「質の高い、美しい試合だった。ベルギーがラッキーだったわけではない。技術があり、決定力もあった」と敗戦を認めた。自国開催の4年前は準決勝でドイツに1-7と大敗。リベンジの道のりは、赤い悪魔の前に途絶えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00261431-nksports-socc


    【【W杯】演技しすぎたネイマール…4戦合計14分倒れる!?】の続きを読む

    このページのトップヘ