Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ブラジル



    (出典 f.image.geki.jp)



    U-22ブラジル代表の一員としてU-22日本代表と戦い、2-3で敗れる

     U-22日本代表は現地時間14日、遠征先ブラジルのサンロレンソ・ダ・マタで同国U-22代表と国際親善試合を行い、3-2で勝利を収めた。J1川崎フロンターレ所属のMF田中碧が強烈なミドルシュート2発で2ゴール1アシストの活躍を見せ、DF中山雄太(ズウォレ)も弾丸ミドルを決めて、6月のトゥーロン国際大会決勝ではPK戦で敗れたライバルを下した。相手のエースレアル・マドリードU-22ブラジル代表FWロドリゴは、途中出場するもノーゴール。試合後には日本を「金メダル候補の一つ」と称えている。ペルーメディアアメリカTV」が報じている。

     前半15分、PKで先制したブラジルだったが、同28分、右サイドのMF三好康児(アントワープ)から中央でパスを受けた田中にペナルティーエリア外から、GKが一歩も動けない強烈なミドルシュートを決められ、同点とされた。後半に入ると、GKのミスキックからMF食野亮太郎(ハーツ)に拾われ、再びこぼれ球を田中に決められた。

     ロドリゴは1点を追う後半13分から出場するも、同23分には今度は田中からパスを受けた中山にミドルシュートを決められてしまい、突き放される。最後はPKで1点を返したが、反撃もここまで。ロドリゴ自身も得点できず、チームを勝利に導くことはできなかった。

     試合後、取材に応じた18歳レアル超新星”は、日本の実力を称賛。来年に迫った東京五輪で、リオデジャネイロ五輪に続く“連覇”を狙うブラジルだが、ロドリゴは日本を“ライバル”の一つと見ているようだ。

    「2つの強いチームがあって、2つの結果が出た。ジャーディン監督も言ったように、日本は東京五輪金メダル候補の一つだと思う」

     強化試合で結果を出し、ロドリゴをも納得させたU-22日本代表。悲願のメダル獲得へ、仕上がりは順調のようだ。(Football ZONE web編集部)

    ブラジル代表のロドリゴが日本代表を称賛【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【U-22ブラジル代表】「東京五輪で金候補の一つ」 レアルの18歳FWロドリゴ、U-22日本代表に太鼓判】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    レアル・マドリーブラジル代表の中盤に君臨するMFカゼミロ。

    サンパウロの下部組織で育成された彼は「ドゥンガ2世」として若い頃から期待されていた。強靭なフィジカルを持ち、守備力が武器のひとつなのだが、なんと当初のポジションはFWだったそう。

    『AS』によれば、ホルヘ・バルダーノと共演したTV番組でこう明かしたんだとか。

    カゼミロ

    「サンパウロの入団テストに行った当時の僕はフォワードだったんだ。

    自分はかなり強かったし、同年代のなかでは常に身長が最も高かった。

    ディングで多くのゴールを決めていたよ。

    テストに行った時は)12,13歳だった。300人ほどがいて、選ばれるのは50人だけ。

    とてもよく覚えているよ、監督がGKは誰だって聞いた時に3人が手を上げたことを。

    そして、FWは何人だと聞いた時には40人ほどが手を上げたんだ。

    『競争が熾烈で、自分はストライカーにはなれない』と心の中で思った。

    (攻撃的?)MFの数を聞かれた時も同じで、同じことを思った。

    その後、監督が『守備的MFはどれくらいだ?』と聞いたら、7,8人しか手を上げなかった。

    だから、『よし、自分は守備的MFだ』って思ったんだ。

    入団テストでは守備的MFとして練習したよ。

    監督からは『お前は守備的MFじゃない。フォワードとして来たな』と言われた。

    でも、僕はそう(守備的MF)だと主張し続けた。それが全ての始まりだったんだ」

    幼い頃から大柄だったカゼミロはヘディングで得点を量産するフォワードだったとか。

    ただ、サンパウロトライアルに受かるために、競争が少なそうなボランチに急遽ポジションを変更したんだそう。

    カゼミロが明かす!「12歳でFWをあきらめた話」がおもしろい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】カゼミロが明かす!「12歳でFWをあきらめた話」がおもしろい】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    攻守の要として今季早くも13試合で1114分に出場

     ブラジル代表MFカゼミーロは、攻守の要として不動の地位を築いているが、スペイン紙「マルカ」によれば2019-20シーズンはその傾向にさらに拍車がかかっているという。その理由は、レアルジネディーヌ・ジダン監督とブラジル代表のチッチ監督が、ほぼすべての試合で彼を出場させ続けているからだ。

     今季が開幕してからカゼミーロは、10日の国際親善試合セネガル戦(1-1)までレアルブラジル代表で13試合に出場した。プレーできる時間は計1170分だが、カゼミーロはこのうち95.4%に値する1114分をピッチ上で過ごしてきた。そして、何もかかっていない13日の国際親善試合ナイジェリア戦(1-1)でもフル出場。後半3分の同点ゴールを決めたとはいえ、その酷使ぶりに拍車がかかっている。

     カゼミーロの持つ能力を絞り出しているのは、ブラジル代表のチッチ監督だけではない。レアルジダン監督が今季最も起用している選手も、カゼミーロなのだ。彼は主力7人を温存した第6節オサスナ戦(2-0)でさえも、休みを与えられなかった。

     今季、カゼミーロが唯一フル出場しなかった試合が、第4節のレバンテ戦だ。30分を残して3-0でリードしている状態で、ジダン監督はスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとともにベンチへ下げた。すると、ここからレバンテは息を吹き返す。レアルは1点差まで追い詰められたが、3-2で辛勝した。

     ジダン監督は19日のリーガ・エスパニョーラ第9節マジョルカ戦で、カゼミーロを休ませるかの判断に迫られているという。

     用心するならば、カゼミーロには休養が与えられるべきだ。しかし、ドイツ代表MFトニ・クロースが負傷し、U-21スペイン代表MFフェデリコ・バルベルデも18日までチームに合流できない。また、34歳のクロアチア代表MFルカ・モドリッチはクロアチア代表として2試合をプレーして負傷もしている。中盤の選手が足りない状況で、ジダン監督はカゼミーロを起用し続けることになるかもしれない。

     そして22日にはUEFAチャンピオンズリーグガラタサライ戦、26日にはカンプ・ノウで行われるバルセロナとのエル・クラシコを控えている。その試合にカゼミーロを万全の状態で起用したいジダン監督にとって、悩みの尽きない1週間になりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    代表とクラブチームとで出場し続けるカゼミーロ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】レアルとブラジル代表は“カゼミーロ依存症”? 両指揮官の采配をスペイン紙分析】の続きを読む

    no title


    ブラジル代表FWネイマールが負傷した。

    今月の代表ウィークブラジル代表の活動に参加したネイマール。13日にシンガポールで行われた国際親善試合のナイジェリア代表戦(1-1のドロー)に先発したが、左太もも違和感を訴えて、わずか12分でピッチを後にした。スペインマルカ』によると、ネイマールの負傷は今年だけで3度目であり、実に175日間を棒に振っているという。今回でキャリア通算16度目の負傷。過去の負傷歴は次のようになっている。

    2014年1月16日:足首の負傷/32日間
    2014年4月17日:足のケガ/25日間
    2014年7月3日:脊椎損傷/32日間
    2014年8月1日:足首のねん挫/7日間
    2015年12月7日太もも筋肉のトラブル/7日間
    2015年12月10日太もも筋肉のトラブル/11日間
    2016年1月21日太もも筋肉のトラブル/7日間
    2016年12月5日太もも筋肉のトラブル/7日間
    2017年3月9日:足筋肉のトラブル/7日間
    2017年9月21日:身体的なトラブル/4日間
    2017年11月2日:身体的なトラブル/11日間
    2018年2月26日:中足骨骨折/90日間
    2018年11月21日:内転筋の負傷/25日間
    2019年1月24日:足のケガ/85日間
    2019年6月7日:足首じん帯断裂/90日間

    今回のケガにより、再び離脱の恐れが出てきたネイマール。『ESPN』が報じたところによれば、ブラジルを率いるチッチ監督は「私に責任はないし、どうすることもできなかった。ケガの疑いがあるのにプレーさせたなら、パリ・サンジェルマン(PSG)の監督や会長から苦情を受けなければならないがね」と述べたという。

    代表ウィーク明けのPSGは、18日に敵地で行われるリーグ・アン第10節でニースと対戦する。チッチ監督によると、予防処置として早い段階で交代させたというネイマールだが、果たして…。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブラジル代表】ネイマールが今年3度目の負傷…ブラジル代表指揮官「どうしようもなかった」】の続きを読む



    (出典 lfclab.jp)



    セネガル戦の先制点に脚光 ジェズスのスルーパスからループシュートを選択

     ブラジル代表は10日、シンガポールで行われた国際親善試合でセネガル代表と対戦し、1-1で引き分けた。エースのFWネイマールパリ・サンジェルマン)がセレソン史上最年少で国際Aマッチ100試合出場を達成したなか、唯一のゴールを決めたのは絶好調のFWロベルトフィルミーノ(リバプール)だった。華麗なループシュートで決めた先制弾を、海外メディアが称賛している。

     そのシーンが生まれたのは、0-0で迎えた前半9分だった。右サイドボールを受けたFWガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)がドリブルを開始。対峙した相手をかわしてカットインすると、右前方のスペースに流れたフィルミーノへとスルーパスを送る。リバプールでも躍動するブラジルセンターフォワードは、セネガルGKアルフレッド・ゴミス(ディジョン)との1対1の場面を迎えた。

     ジェズスからのパススピードが速く、ゴミスも前に出ていたためシュートコースが限られた状況のなか、フィルミーノが選択したのはダイレクトでのループシュートだった。柔らかなタッチボールを捉えると、美しい弧を描いたシュートはゴミスの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。

     この華麗な一撃を受けて、海外メディアも反応。ポルトガルメディアNotícias ao Minuto」は、「フィルミーノのセネガル戦での並外れたフィニッシュ」との見出しを付けて報じると、「ブラジル人選手は最高クラスタッチで、相手GKを越えるボールを送った」と綴った。また「ユーロスポーツイタリア版も「フィルミーノの傑作」と称賛している。

     今季プレミアリーグで開幕8連勝のリバプールでも、トリッキープレーで観衆を魅了しているフィルミーノ。28歳とキャリアのピークを迎えている万能型ストライカーは、今後もさらなる輝きを放ちそうだ。(Football ZONE web編集部)

    ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブラジル代表】「フィルミーノの傑作」 華麗なダイレクトループ弾を海外称賛「最高クラスのタッチ」】の続きを読む

    このページのトップヘ