Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ブラジル

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    アルゼンチンスーペルリーガのアルセナルFCに所属するアルゼンチン人DFパブロアルバレスが、元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏との秘話を明かした。イタリアスカイスポーツ』が伝えている。

    2008年に母国のエストゥディアンティスからカターニャへ移籍したアルバレスは、レアル・サラゴサなどへのレンタルもありながら、2014年までカターニャでプレー。一方のロナウジーニョ氏も、2008年から2011年までミランプレーしていた。

    両者は2010年4月11日セリエAで対戦し、右サイドバックで先発出場したアルバレスは、左ウイングとして出場したロナウジーニョ氏とマッチアップすることになった。アルバレスは、激しいやり合いをした後、前半終了時にロナウジーニョ氏から声を掛けられたという。

    サン・シーロでカターニャとミランの試合の前半が終わったとき、僕たちがドレッシングルームに向かおうとしたら、彼が近づいてきた」

    「彼は自分のシャツを脱ぎながら、『それを受け取ってくれアルバレス、お願いだからもう殴らないでくれ』と僕に言った。そして、彼は僕にシャツをくれたよ」

    ロナウジーニョを止めることは不可能だった。彼は宙に浮いているようで、非の打ちどころがないフットボール史上最高の選手の1人だ」

    ちなみに、この試合は前半を終えた時点でカターニャが2-0とリードしていたが、後半にミランの元イタリア代表FWマルコ・ボッリエッロが2ゴールを決め、2-2の引き分けに終わっている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】元カターニャDFが明かすロナウジーニョ氏のお願い「このシャツをあげるから…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 the-ans.info)



    ユベントスブラジル代表MFドグラス・コスタが度重なるケガに悩み、引退を検討した過去を告白した。

    切れ味抜群のドリブルが武器のD・コスタは2017年夏からユベントスプレー。万全の状態であれば、戦力として計算できる実力者だが、筋肉系のトラブルによる欠場も多い。

    今季もケガに悩まされ、セリエA14試合の出場にとどまるD・コスタは『The Players' Tribune』で、その胸の内を明かした。

    ピッチに立ってもケガを繰り返してばかりだから、『まだプレーできるのかな?』って思うときがある。でも、テレビで観戦していると、情熱を感じて、まだプレーできるという気持ちが湧いてくるんだ」

    「それが僕の活力。金や名声なんて関係ない。楽しむ気持ちこそ、僕が大事にしていることだ。(同僚の)アレックスサンドロと『プレーより検査の数の方が多い』って冗談を言い合ったりもするけどね」

    そう語ると、相次ぐケガによる挫折で精神的にも参ったというD・コスタ。メンタルケア専門のコーチを雇ったことを明かしている。

    「人々は『ドグラスは世界最高の選手になれるポテンシャルを秘めているが、ケガが足を引っ張っている』と言う。悩みだ。ケガするたびに自問自答さ。『どうしたんだ?』ってね。何で継続してプレーできないのか。傷つくよ

    「だから、(メンタルコーチに)助けを求めた。彼らは心理学者じゃないが、子供時代の経験が今の自分にどんな影響をもたらしてくれるかを示してくれるんだ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】「ケガするたびに自問自答」…D・コスタが引退検討の過去を告白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 news.mynavi.jp)



     ユヴェントスに所属するブラジル代表MFドウグラス・コスタは過去に引退を考えていたようだ。25日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

     現在29歳のD・コスタはグレミオでデビューし、2010年冬にウクライナのシャフタールに移籍。2015年夏にバイエルンへと移籍すると、2018年夏からはユヴェントスプレーしている。これまで何度も負傷で離脱を余儀なくされたことのある同選手は、『The Players’ Tribune』でケガを理由に引退を考えたことがあることを明かした。

    「僕は二度といい状態に戻ることができないと思った。負傷を繰り返したことで引退も考えていた。プレーを続けるべきかやめるべきか自問自答もした。だけど、その時テレビで試合を見て、このスポーツが僕の情熱だと気づいたんだ」

    ユヴェントスに所属するドウグラス・コスタ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】過去には引退を考慮? D・コスタ「いい状態に戻れないと思った」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    6月中のリーグ戦の再開を目指すスペインレアル・マドリーバルセロナも練習を始めている。

    そうしたなか、レアルDFマルセロが見せたトラップテクが話題になっているぞ。ネイマールもびっくりの超絶技巧がこれ!

    この投稿をInstagramで見る
    You are only right if you try it! Same in life. Just try it! ⚽️🤩
    Marcelo Vieira Jr.(@marcelotwelve)がシェアした投稿 -

    浮き球をトリッキーな足裏トラップで見事にコントロール

    【関連記事】編集部が選んだ、サッカー史上最もトラップが上手い選手ベスト10

    Tシャツ短パン・裸足というスタイルだったが、うまい…。

    ネイマールも仰天!?マルセロは「裸足」でもこんなトラップができる


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブラジル代表】ネイマールも仰天!?マルセロは「裸足」でもこんなトラップができる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    海外メディアも熱視線 「クロース、ディ・マリア、ヴィニシウスから称賛」

     レアル・マドリードブラジル代表DFマルセロは自身の公式インスタグラムを更新。ロングボールに対し、華麗なトラップを披露した。海外メディアは反響の大きさに触れ、現在のチームメートやかつての盟友から称賛が送られていると伝えている。

     新型コロナウイルスの感染拡大により、リーガ・エスパニョーラを含む欧州リーグが中断を余儀なくされていたが、今月から徐々に各クラブが活動を再開し始めている。レアルも11日からトレーニングを再始動しており、十分なスペースを確保した個別練習から、全体練習へと切り替わっている段階にある。

     そんななか、マルセロは自身の公式インスタグラムを更新。プール付きの大きな庭でパス交換していると、マルセロは相手に右足のヒールトラップすることを事前に予告する。パスを出されると、宣言通り見事なヒールトラップを成功させた。「何事も挑戦あるのみだ。人生と同じさ! やってみよう!」と文章を添え、動画を公開している。

     ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は「マルセロは自宅でスキルを披露し、(トニ・)クロース、(アンヘル・)ディ・マリア、ヴィニシウス(・ジュニオール)から称賛を受ける」と見出しを打ち、現在のチームメートからかつての盟友まで、数多くの選手からも注目されていると伝えている。

    「動画の再生回数は200万回を超え、コメント数は約7000個だ。そのなかには、クロース、ルーカスバスケス、ヴィニシウス、そして、元同僚がいる。『簡単に見えてしまう』とヴィニシウスが書き込むと、ディ・マリアは『なんて魔法なんだ、友よ!』と絶賛していた」

     現在は再生回数が350万回を超える反響となっている。サイドバックながら圧巻のテクニックを簡単にやってのける姿は、さすがブラジル人といったところだ。(Football ZONE web編集部)

    レアル・マドリードDFマルセロの華麗なトラップにチームメイトらが称賛【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】マルセロの“予告トラップ”が再生回数350万超の反響 スター選手の反応続出に海外注目】の続きを読む

    このページのトップヘ