Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > ブラジル

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    10代の頃から王国ブラジルエースとして期待されていたネイマールは来月2月5日で29歳になる。

    そんな彼は『Giffer』のインタビューサッカー界から去ることを考えたこともあったと明かした。

    ネイマール

    「自分がサッカーを続けたいのか疑問に思うことがあった、人々がそれを好まないのでね。

    カッとなって家に帰った時、ここまで来るためにやってきた全てのことを思い出すことにしたんだ。

    サッカーへの愛によって気持ちが落ち着いたし、僕を現実に引き戻してくれた」

    「僕はプレッシャーに楽に対処できる人間だ。

    だからこそ、僕はブラジル代表とPSGの10番なんだ。僕はただ単にネイマールなのさ。

    PSGブラジルのようなチームを代表できることにとても感謝している。

    プレーできる時は100%を尽くさなければいけないことは分かっているよ。それが期待されていることだからね」

    【写真】ブラジル代表、史上最高の「イケメン」10人を選んでみた

    引退が頭をよぎったこともあったものの、サッカーへの愛を思い出し、考えを改めたそうだ。

    ネイマール、嫌われて引退を考えたと激白


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】ネイマール、嫌われて引退を考えたと激白】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img-footballchannel.com)



    来年2月で29歳になるPSGブラジル代表FWネイマール。『RMC Sport』によれば、彼がブラジルサッカー殿堂入りすることが決まったという。

    聖地マラカナンにはペレやガリンシャ、ジーコロナウジーニョらセレソンのレジェンドたちの足型が飾られているが、ネイマールもそこに加わることになったのだ。

    実際、ネイマールはパリに戻る前に足型の計測と採取を行っており、その様子をSNS上で公開している。

    ネイマールは、殿堂入りはとても嬉しいし、誇りに思うとのメッセージも綴った。

    彼はブラジル代表史上歴代5位となる103試合に出場し、歴代2位となる通算64ゴールを決めている(1位のペレは77得点)。

    【写真】ネイマールやロナウドも!「2月5日生まれ」のサッカー選手がすごい

    なお、ネイマールと一緒に写真に納まっていたのは、彼の父親、そして、ジャイール・ボルソナロ大統領の息子であるフラビオ・ボルソナロ上院議員だ。

    ネイマール、28歳でブラジルのサッカー殿堂入り決定


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブラジル代表】ネイマール、28歳でブラジルのサッカー殿堂入り決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    【得点者プロフィール
    ロナウド(当時20歳)
    国籍:ブラジル
    所属:バルセロナ
    ポジション:FW
    身長:183cm

    現役時代に“フェノメノ(怪物)”と称された、史上最も偉大なストライカーの1人であるロナウド氏。クルゼイロ、PSVを経て、1996年夏に加入したバルセロナの1年目には、当時のボビー・ロブソン監督が「私の戦術はロナウド」と発言するほどのプレーを見せ、公式戦49試合47ゴール7アシストと圧倒的な数字を叩きだした。

    【試合詳細】
    日程:1996年10月12日
    大会:ラ・リーガ第7節
    対戦相手:コンポステーラ
    時間:前半36分(2-0)


    バルセロナの2点リードで迎えた前半36分、センターサークル付近でボールを奪ったロナウドは、相手選手に掴まれながらも、持ち前のパワースピードで強引に突破。そのままスピードで相手を振り切り、ボックス内まで侵入する。最後は追いかけてきたディフェンス2人を切り返しで抜き去り、シュートを決めた。

    このゴールは多くの人の頭に記憶されるとともに、ロナウド氏自身にとっても強く印象に残っているようで、以前のインタビューでは「本当に美しい特別なゴールだった。パワーテクニックに加え、ものすごいプリントを見せたプレーだった」と語っている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】“怪物”ロナウドにとってのバルサ時代ベストゴール!約60mを圧巻の単独突破】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    【得点者プロフィール
    リバウド(当時29歳)
    国籍:ブラジル
    所属:バルセロナ
    ポジション:FW
    身長:186cm

    1999年にはバロンドールに選ばれたリバウド氏は、“左足の魔術師”と称され、1997年から2002年までプレーしたバルセロナでも数々のマジカルパフォーマンスを披露。ブラジル代表では、“怪物”ロナウド、後にバルセロナで活躍するロナウジーニョとともに「3R」としても知られていた。

    【試合詳細】
    日程:2001年6月17日
    大会:ラ・リーガ第38節
    対戦相手:バレンシア
    時間:後半42分(2-2)


    4位を争うライバルバレンシア相手に勝利を手に入れることができなければ、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃すというこの一戦。2-2で迎えた終盤に奇跡が起きる。

    後半43分、フランク・デ・ブールが、距離のある位置から前線へと浮き球のパスを送る。このボールは、ボックス手前で待つリバウドへ。このパスに対応したリバウドは、一旦、胸トラップボールを大きく浮かせると、次の瞬間、飛び上がってバイシクルシュートを放った。

    魔法の左足で完璧に捉えられたボールは、ゴール右隅へ。必死で阻止しようと伸ばされたGKサンティアゴ・カニサレスの手が全く届かないところへと収まったスーパーシュートは、ゴールネットを揺らし、そのままバルセロナは勝利した。この試合で既に2得点を決めていたリバウドは、これでハットトリックを達成。リバウドの魔法が、最悪のシーズンの最後に、奇跡とともに歓喜をもたらした。

    このゴールには当時のチームメイトであるスペイン代表監督のルイス・エンリケ氏も「キャプテン翼しかできないようなゴール」と称賛しており、まさに漫画のように信じられないスーパーゴールとなった。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「キャプテン翼しかできない」“左足の魔術師”リバウドが魅せた超絶オーバーヘッドゴール】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールだが、150人のパーティーを開催するという噂を否定した。

    クリスマス休暇に入っているリーグ・アン。つかの間の休暇を母国で過ごしているネイマールだが、このコロナ禍イベントを企画していると一部で報じられた。

    ブラジルでは19万人以上が命を落としている新型コロナウイルス(COVID-19)だが、その中で、大晦日150名を集めたパーティーを開催するという噂が広まっていた。

    しかし、ネイマールはこの噂を否定。弁護士を通じて声明を発表し、パーティーの開催とネイマールは全く関係がないとした。

    「これは“ファブリカ・エージェンシー”のイベントだ。ネイマールとは何の関係もない」

    「彼は家族、息子、そしてフィジオセラピストと一緒にいるだろう」

    ネイマールは、13日に本拠地で行われたリーグ・アン第14節のリヨン戦でブラジル人MFチアゴ・メンデスから左足を両足で蟹挟みされる形でタックルを受け、負傷交代。左足首のねん挫に続き、骨挫傷も確認され、来年1月に復帰予定とのことだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーグアン】コロナ禍での大規模パーティーが物議醸したネイマール、無関係と主張】の続きを読む

    このページのトップヘ