Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > 日本

    no title


    ボランチ起用されたDF塩谷が強烈なミドル弾で日本をグループ首位突破に導く

     森保一監督率いる日本代表は17日、アジアカップグループリーグ第3戦でウズベキスタンを2-1で破り、3連勝でグループ首位通過を決めた。先制を許したなかでFW武藤嘉紀ニューカッスル)が豪快な同点ヘディング弾を決めると、後半13分にボランチ起用されたDF塩谷司(アル・アイン)が鮮烈なミドルで決勝ゴールを奪った。海外メディアも「なんて一撃なんだ!」と塩谷のゴールに驚きを見せている。

     日本は初戦トルクメニスタン戦を3-2、第2戦オマーン戦を1-0で勝利し、1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた。しかし、同様に2連勝を収めているウズベキスタンが得失点差で3ポイント上回っているため、引き分けでは2位通過となる。首位突破を決めるためには、勝利が求められる一戦となった。

     試合は前半40分に相手に先制点を許すも、直後の同43分に武藤が右サイドからのクロスを強烈なヘディングで叩き込み同点弾を奪った。そして1-1で迎えた後半13分、ボランチ起用された塩谷から度肝を抜くゴールが生まれた。

     右サイドを突破したDF室屋成(FC東京)のクロスは相手守備陣に弾き出されるも、こぼれ球を拾った塩谷がペナルティーエリア手前から左足を一閃。矢のような弾道を描いたシュートゴール右隅に突き刺さり、逆転ゴールとなった。

     衛星放送「FOXスポーツアジア版公式ツイッターは「ツカサ・シオタニからなんて一撃なんだ! 日本は後半から怒涛の攻め込みで圧力をかけている」と速報し、圧巻のゴールに驚きを示していた。

     今大会初出場の塩谷は、慣れ親しんだUAEの地で殊勲の決勝弾を決め、日本を3連勝の首位突破へと導いてみせた。(Football ZONE web編集部)

    DF塩谷が強烈なミドル弾【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「なんて一撃なんだ!」 今大会初出場の塩谷、殊勲の決勝ミドル弾に海外メディア驚愕】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/01/18(金) 00:25:18.98 ID:KTzXYKW19.net

    1月17日、日本対ウズベキスタンの一戦が行われ2-1で勝利。森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    【日本 2-1 ウズベキスタン AFCアジアカップ グループリーグ第3節】

    シュミット・ダニエル 5

    タイミングをずらした相手のシュートを止められず
    佐々木翔 5.5 後方から乾をサポート。守備では相手の後手を踏むシーンもあった

    槙野智章 4.5

    裏へのケアが甘く、抜け出されたところから失点した
    三浦弦太 4.5 飛び出す相手を簡単に離してしまう。周囲との連係を密にしたかった

    室屋成 5.5

    果敢な攻撃参加。丁寧なクロスで同点ゴールをアシストした
    青山敏弘 5.5 ボールがズレるシーンもあったが、後半にはいいスルーパスも

    塩谷司 6.5

    久々の代表戦はボランチの一角。強さなど持ち味を示し、強烈ミドルで逆転弾

    乾貴士 5.5

    巧みで力強いドリブルで相手を剥がし、チャンスを作った
    伊東純也 5.5 中央寄りでプレーしつつ、外からの突破では快速を生かした

    北川航也 6

    下がり目の位置で起点となった。思い切りの良いシュートなど積極性も○

    武藤嘉紀 6

    ガムシャラにプレーしチームを活性化。クロスを頭で合わせて同点弾をゲット

    原口元気 – 出場時間短く採点不可
    遠藤航 – 出場時間短く採点不可
    冨安健洋 – 出場時間短く採点不可

    森保一監督 5.5 スタメンを入れ替えて臨んだ。特徴を出した者もおり、収穫はあった

    1/18(金) 0:22 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00305394-footballc-socc


    【【日本代表】<どこよりも早い採点>ウズベキスタン戦、殊勲弾の塩谷に最高評価。一方で変わらぬ課題も…守備陣は低評価に】の続きを読む

    B506B9A9-76CA-4014-9038-BDE4AA2FDC4A


    1 豆次郎 ★ :2019/01/18(金) 00:22:24.92 ID:A75Bjp6I9.net

    アジアカップ
    2019/1/17(木)22:30
    ハリファ インターナショナル スタジアム

    日本 vs ウズベキスタン


    https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/member/2019011701


    【【日本代表】≪ 日本 2-1 ウズベキスタン≫武藤の3年ぶりのゴール・塩谷の代表初ゴールで勝利し、日本が首位通過を決める!】の続きを読む

    AD9DB3D6-906C-40D3-A753-20F7D0D07CF3


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/14(月) 02:00:23.39 ID:oJyz3uYw9.net

    <アジア杯:日本1-0オマーン>◇1次リーグF組◇13日◇UAE・アブダビ

    ○…FW大迫が不在の中、途中出場のFW武藤とFW伊東が存在感を発揮した。
    後半12分からピッチに立った武藤は同38分、MF原口の左クロスを折り返すなど、ポストプレーでチャンスメーク。
    同39分から出場した伊東は45分、スルーパスに抜け出し強烈なシュートを放った。
    相手GKの好セーブに阻まれ得点とはならなかったが、短い出場時間で持ち味のスピードを披露した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00445894-nksports-socc
    1/14(月) 1:15配信


    【【日本代表】武藤はポスト&伊東は抜け出しで 大迫不在で存在感】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 豆次郎 ★ :2019/01/17(木) 21:20:40.32 ID:/MZQdBeQ9.net

    1/17(木) 21:16配信
    1位通過の条件は勝利のみ…森保Jは先発10人変更でウズベク戦へ

     アジアカップは17日、グループFの第3節を行い、日本代表はアルアインのシェイク・ハリファ国際スタジアムでウズベキスタン代表と対戦する。現地時間午後5時半(日本時間午後10時半)のキックオフに先立ってスターティングメンバーが発表され、13日のオマーン戦(○1-0)からは先発10人を入れ替えた。

     すでに2連勝で決勝トーナメント進出を決めているチーム同士の対戦。日本は勝てば首位通過となるが、引き分け以下の場合は2位通過となり、21日の決勝トーナメント1回戦でオーストラリア代表と対戦する。首位通過の場合、決勝トーナメント1回戦の相手はサウジアラビアかカタールになる。

     オマーン戦に続いて先発するのはFW北川航也のみ。DF槙野智章は9日のトルクメニスタン戦(○3-2)以来、2試合ぶりのスタメンで、残る9人は今大会初先発となる。

     GKはシュミット・ダニエルで、4バックは右からDF室屋成、DF三浦弦太、槙野、DF佐々木翔と並ぶ。中盤はMF青山敏弘とDF塩谷司がダブルボランチを組むことになりそうだ。右にMF伊東純也、左にMF乾貴士。前線ではFW武藤嘉紀1トップに入り、トップ下の北川と縦関係を組む見通しだ。

     最新のFIFAランキングでは日本の50位に対し、ウズベキスタンは95位。過去の対戦成績は日本の6勝3分1敗で、直近では15年3月31日の国際親善試合(味スタ)で対戦し、日本が5-1で勝っている。


    [日本代表]
    先発
    GK 23 シュミット・ダニエル
    DF 2 三浦弦太
    DF 3 室屋成
    DF 4 佐々木翔
    DF 18 塩谷司
    DF 20 槙野智章
    MF 10 乾貴士
    MF 14 伊東純也
    MF 17 青山敏弘(Cap)
    FW 11 北川航也
    FW 13 武藤嘉紀
    控え
    GK 1 東口順昭
    GK 12 権田修一
    DF 5 長友佑都
    DF 16 冨安健洋
    DF 19 酒井宏樹
    DF 22 吉田麻也
    MF 6 遠藤航
    MF 7 柴崎岳
    MF 8 原口元気
    MF 9 南野拓実
    MF 21 堂安律
    FW 15 大迫勇也
    監督
    森保一

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-19294892-gekisaka-socc


    【【日本代表】≪スタメン発表≫ 1位通過の条件は勝利のみ…森保Jは先発10人変更でウズベク戦へ】の続きを読む

    このページのトップヘ