Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > 日本



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ウルグアイ戦で二度の共演を果たした海外若手トリオカルテットに肩の予感

     保一監督率いる日本代表は、16日のウルグアイ戦で4-3と勝利し、ロシアワールドカップW杯)後の新体制で3連勝を飾った。南の雄を撃破した一戦できを放ったのが、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF中島翔哉ポルティモネンセ)、MF堂安フローニンゲン)だ。かつてジーコ体制で実現した“カルテット”に匹敵する期待感をファンに与えており、“の2列”が日本サッカーの新たな徴となる予感が漂っている。

     かつてブラジル代表でジーコトニーニョ・セレーゾ、ファルカンソクラテスの実者が並び“の中盤”と称され、それにならって名づけられたのが和製カルテットだ。ジーコジャパンの初となった2002年10月ジャマイカ戦で実現し、サッカーファンの心を鷲掴みにした。

     日本サッカー史に刻まれる4人組に肩する奮をもたらしているのが、南野、中島、堂安の海外若手トリオだ。保体制の初となった9月コスタリカ戦(3-0)で初共演。その試合では南野がシュート5本で1ゴール中島と堂安がそれぞれ3本ずつシュートを放つなど圧倒的な攻撃性を見せつけた。そして二度の共演となったウルグアイ戦でも強インパクトを残している。

     トップ下に入った南野は麗なターンから3試合連続ゴール叩き込めば、こぼれ球に反応して1試合2ゴールと圧巻のパフォーマンスを披露。南野の先制弾をアシストした中島も左サイドハーフで躍動。強ミドルでFW大迫勇也ブレーメン)のゴールを誘発すると、DF長友佑都ガラタサライ)も驚愕するドリブルでDFマルティン・カセレスラツィオ)を翻弄した。

     さらに右サイドハーフで起用された堂安は、相手に競り負けないキープを発揮し、流れる動きと麗なフェイントベテランDFディエゴ・ゴディンアトレチコ・マドリード)をかわして代表初ゴールマーク。強な左足シュートから南野の2点を呼び込んでいる。


    3人に共通するのは? 長友も絶賛「自身もやっていて、久しぶりに日本代表強いなと」

     3人に共通するのは、高い得点アシストを兼備し、局面を単独で打開できるアタッカーという点だ。南野は切れ味鋭いターンマークを剥がし、中島と堂安は果敢にドリブルを仕掛ける。長友W杯組も舌を巻くテクニックを有しながら、強気に突破も図る姿勢が観る者の心を捉えて離さない。

     とりわけボランチ、サイドバックが絡んだ時の重厚な攻撃は迫十分で、監督も「前線の4人プラスボランチやサイドが絡む、縦パスをどう入れるかというチームとしての共通理解が進んだことが良い結果につながったと思う」と、ウルグアイ撃破の勝因を分析している。

     3人が並んだ2列は、どこからでもゴールを狙うだけでなく、どこからでも起点にれる強みがあり、その“ワクワク感”はかつてのカルテットに肩すると言っても過言ではないだろう。長友をして「自身もやっていて、久しぶりに日本代表強いなと」の言葉を残している。

     監督も2列に大きなポテンシャルを感じ取ったようだ。「3人はもちろん、チームとして攻守ともにアグレッシブに入ることをやってくれた」と評し、さらに次のように続けた。

    「実際、その3人は得点にも絡んでくれ、チームの攻撃を引っるという気持ちを持ち、得点に絡むというアグレッシブさでプレーしてくれた。結果もついてきて、さらなる自信になったと思う。チームにさらに良い形で落とし込んでいけるように監督としてつなげていきたい」


    リオ五輪世代の中島と南野が吽の呼吸「イメージ通り」 堂安も連係に手応え

     当の3人はウルグアイ戦でどんな感触を得たのか。2ゴールの南野は「哉がボールを持ったらクロスもあるし、速いパスもつけてくれると試合前にも話していた。イメージ通りのプレーだった」と吽の呼吸に自身を覗かせた。

     一方の中島も「他の選手も動いていて、あのスペースいて、拓実が良いコントロールの質で決めてくれた。ずっと一緒にやっているので分かっている」と賛辞を送っている。

     また代表初ゴールの堂安は「保さんのサッカーでは3人の動きが関わる。それが代表に参加して変わったところ。だけがボールを持てる選手ではないので、オフ(ザ・ボール)で動くことも考えている」とり、コンビネーションに確かな手応えを得たようだ。

     現在リオデジャネイロ五輪世代の南野が23歳、中島が24歳。東京五輪世代の堂安が弱冠20歳。2022年カタールW杯を見据えた時、若手トリオは選手として働き盛りの年齢を迎えている。期待膨らむ2列トリオが、日本代表の旗頭となるのだろうか。


    Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

    (左から)日本代表MF中島、MF南野、MF堂安【写真:田口有史&Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】南野・中島・堂安――“黄金の2列目”に漂う期待感 中田・中村・小野・稲本に匹敵!?】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    堅守誇るウルアイ相手の4ゴールにチャーチ記者脱帽 「感銘的だった」

     日本代表は16日の際親善試合ウルアイ戦で4-3と壮絶な打ち合いを演じ、保一監督の就任後3連勝を飾った。ロシアワールドカップW杯)で16強に入ったチームとなった海外組も融合させ、2022年カタールW杯へ向かって最高の船出を飾ったと言える。

     かつてアジアサッカー連盟機関フットボールアジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア局長を務め、W杯を6大会連続で取材した英国記者マイケル・チャーチ氏は、FIFAランキングで5位の強ウルアイとの闘をどのように見たのか。

     4ゴール爆発した攻撃のなかで、1得点をマークしたFW大迫勇也ブレーメン)の攻撃面のオーガナイザーとしてのを高く評価。黒子役としての働きもしっかりとこなした男の万性を、かつての日本最強ストライカーにたとえている。

              

     世界ランク5位で、堅守で名高い南の雄を相手に“サムライブルー”は見ていて素晴らしい試合をしてくれた。

     この試合で最も感銘的だったのは、いずれも日本は失点するたびに、DFディエゴ・ゴディン擁するウルアイ守備ゴールで対抗したことだ。強インパクトだった。

     MF堂安MF中島哉は、中盤で素晴らしいコンビを見せた。役級の活躍を見せてくれたが、この二人が前を向いてアグレッシブプレーをできたのは、守備的MFを務めたMF遠藤航とMF柴崎岳の二人のおかげだ。縦パスと流麗な連携から、前線に好パスを供給していた。

     MF南野拓実はまたしてもゴールを決めた。中島のパスから生まれた1点全なる個人技。一ターン戦錬磨のゴディンを欺き、見事なゴールを決めるという才気あふれる船出となった。


    高原プレーを想起「私が知る日本人最高のストライカー

     そして個人的には、FW大迫勇也を称賛したい。しっかりと1ゴールを決めた一方、それ以外の場面では決定を著しく欠いた。だが、攻撃の“支点”になるという部分で監督にとっては何よりも重要だった。彼がボールを前線で収めて時間を作る。相手はゴディンという、エリートクラスのディフェンダーだ。親善試合のため本気度はい知れないが、それでも味方が攻め上がり、形を整える時間を作っていた。大迫がいるからこそ、堂安、南野、中島という周囲の有効性はより高まっていた。

     パワーと、高次元スキル融合という部分において、私が知る日本人最高のストライカーである、全盛期のFW高原直泰の姿を想起させるプレーだった。

     攻撃に関して、この日の日本は文句の付けどころがない。最高にスペクタクルな試合を、南の強相手に見せてくれた。


    マイケル・チャーチ/Michael Church)

    森保ジャパン初得点を決めたFW大迫【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「最高にスペクタクル」な日本の攻撃 英記者は大迫を絶賛「高次元のスキルの融合」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1トップの大迫+若き2列が見事な融合を見せて4点を奪取 最も評価されたのは…

     保一監督率いる日本代表は16日、際親善試合ウルグアイ戦で壮絶な打ち合いの末に4-3で勝利した。国際Aマッチ通算3試合で代表初ゴールを決めたMF堂安フローニンゲン)は、南の強を撃破した立役者の一人となったが、メディアは「この試合最大の“歴史的遺産”」「ワールドクラスの左足」と称賛している。

     右サイドアタッカーでスタメン出場した堂安は、前半からチャンスメークとハードワーク存在感を放った。そして、チャンスが巡ってきたのは2-2で迎えた後半14分だった。

     日本の右CKから相手エースFWエディンソン・カバーニパリ・サンジェルマン)にボールを拾われ、鋭いカウンター危機に直面。しかし、ここでボールカットした堂安は、すぐさま中央のDF酒井宏樹マルセイユ)に横パス。直後にゴール前へダッシュすると、狭い守備網を縫うように駆け上がり、酒井からのリターンパスを受ける。相手の将DFディエゴ・ゴディンアトレチコ・マドリード)と対峙するも、左足アウトサイドボールの軌を変える麗なフェイントで翻弄。直後に左足を素く振り抜き、代表初ゴールマークした。

     その後、後半21分にはMF南野拓実(ザルツブルク)がこの日2点を奪取。同30分に1点を返されたものの、最終的に4-3で逃げ切った。サッカー情報サイト「The 18」は「日本の有望な攻撃世界ランク5位のウルグアイの守備を打ち破って将来性を誇示した。ゴディンコアテス、トレイラベンタンクールにとっては悪夢だった」とウルグアイ代表のボランチとセンターバックを苦しめるプレーだったことを伝えた。


    代表初ゴール叩き出した左足だけでなく、動きも「インテリジェント」と高評価

     なかでも、最大級の評価を受けたのが堂安だ。「20歳の日本人センセーション、リツ・ドウアンは“洗練された左足”に意味を持たせる」と見出しを打って称賛している。

    タクミ(南野)は2ゴールを決め、オオサコも1得点、ナカジマアシストを供給した。しかし、この試合最大の“歴史的遺産”はドウアンの代表初ゴールだろう。インテリジェントな動き、ワールドクラスの左足など最高の武器をいくつも示した」

     ウルグアイ撃破で名を上げたレフティーの堂安は、さらに世界的な注を浴びていくことになりそうだ。


    Football ZONE web編集部)

    ウルグアイ戦でA代表初ゴールを決めたMF堂安【写真:田口有史】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】堂安はウルグアイ戦の「歴史的遺産」 A代表初得点に米称賛「ワールドクラスの左足」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    「3試合連続ゴール? もちろん狙っていきます」。南野拓実は試合前から高い意欲を口にしていた。

     保一監督率いる新生・日本代表発足後、9月コスタリカ戦、10月12日パナマ戦と2試合連続でゴールを記録していた。かつて、新監督就任直後に3試合連続ゴールを決めた日本代表戦士は呂ワグナー岡崎慎司の2人のみ。今回の相手がFIFAランキング5位のウルアイ代表ということを鑑みても、そのハードルは高いと思われていた。ところが、満員の大観衆で膨れ上がった埼玉スタジアムで、彼はいとも簡単にその記録を達成してしまったのだ。

    ◆南の強相手に決めた衝撃の2ゴール

     開始10分、中島哉がボールを持った間、南野はディエゴ・ゴディンを背にボールを呼び込んだ。中島の鋭い縦パスを受けると、世界有数のDFを1タッチでかわしてエリア内に侵入。そのままサポートに来たDFも簡単に剥がし、右足のシュートネットを揺らした。

     試合後、「哉が右足でボールを持ったらクロスも上げられるし、パスもつけてくれるというのは試合前に話していた。自分も狙っていたところなのでターンからイメージ通りにできてよかったです」と嬉しそうにコメントした。

     勢いはこの1点にとどまらなかった。66分、今度は堂安が放ったシュートのこぼれ球に反応し、この日2点叩き込んだ。結果的にこれが決勝点となり、4-3という壮絶な打ち合いの末、南の強から金星を挙げた。

    アジアカップまでのサババルの中で監督アピールできたのは1つ良かったかなと思うし、それが勝利につながって本当に良かった」。新チーム発足後、3戦4発。セレッソ大阪時代からの先輩香川真司も成し得なかったゴールラッシュで新エースとしての期待が高まっている。


    ◆新チーム発足後3戦4得点も「まだ全然」

     レギュラー争いが化する日本代表くも結果を残した。それでも本人は「(代表での存在をるのは)まだい。代表エースの手応え? 全く。まだ全然」と一蹴した。相変わらず謙虚で結果にこだわる姿勢は変わらない。だが、すでに十分な格が漂っている。

     ウルアイ戦前日には「君のプレーをそのまま真似するわけではないので、自分は自分なりにやっていきたい。は新顔の選手ですし、思い切りプレーしようっていうのが一番です」と強調していた。香川は今後、日本代表ポジションを競うであろうライバルだ。しかし、両者のプレーには相違がある。ドルトムントインサイドハーフボランチの一に入ってつなぎ役を担うことがある香川に対し、南野は全なるゴールハンターだ。

    は前でもトップ下でもサイドでもどこでもできる」と本人は話すが、得点の印がとにかく強い。ザルツブルクでは過去4シーズンで2度の2桁得点を記録。ヨーロッパリーグ(EL)ではラツィオセルティックといった強クラブに相手にゴールを奪った実績もある。とはいえ、ジャパンに初合流した9月は、前監督たちに代表招集を見送られ続けたこともあり、自身の代表におけるパフォーマンスに半信半疑の部分が少なからずあったはずだ。それでも、こうして結果を出し続けることで「自分は日の丸をつけてもやれるんだ!」という自信を日に日に深めている。

     南野本人も前向きだ。「前回の代表帰りから自分のコンディションが上がっているなと感じていたので、今回もその勢いをこの試合も持っていければ良いと思ってましたけど、それを継続してできたのは良かった」。

    ◆悔しさを糧に新たな攻撃の大柱へ

     10代の頃から日の丸を背負い、海外遠征を繰り返してきた選手ならではの慣れがあるのかもしれない。守備面でもハードワークを怠らず、ウルアイというタレントを強から2点を叩き出した。中3日のハードスケジュールの中で2戦連続でフル出場し結果を残した。2019年1月に開幕するアジアカップを視野に入れても、長距離移動や過密日程にも動じないタフさんも心強い限りだ。

     そういったタフさも、19歳で単身オーストリアへ赴いて経験した悔しさがあってこそ。A代表に呼ばれない状況下でもサッカードイツ語の勉強に明け暮れ、ケガを乗り越えた4年間――。紆余曲折を味わった経験値は必ずや新生日本代表プラスに働くだろう。

    香川真司がいなくても南野拓実がいれば日本代表大丈夫」という評価を不動にするべく、ザルツブルクでリーグとELでしっかりと結果を残し、11月の代表戦でさらなる逞しさを示すこと。新たな攻撃の大柱たるべき男には、そういう覚ましい大躍進を強く望みたい。

    文=元悦子


    3試合で4ゴール。森保ジャパン発足後、南野拓実は早くも結果を残している [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】4年間の悔しさを糧に…南野拓実が見せる香川真司とは異なるエース像】の続きを読む



    (出典 diamond.jp)



    1 X_ファイル ★ :2018/10/16(火) 23:46:12.08 ID:CAP_USER9.net

    ◆国際親善試合 日本4―3ウルグアイ(16日・埼玉スタジアム)

     日本が、世界ランク5位のウルグアイを相手に4―3で勝利した。MF南野拓実(ザルツブルク)が前半10分に、3試合連続となる先制ゴール。同28分に追いつかれるも、同36分には大迫勇也(28)=ブレーメン=がこぼれ球を押し込み再び勝ち越す。

    後半12分、バックパスを奪われてFWカバニに一時同点弾を許したが、2分後にはMF堂安律(20)=フローニンゲン=が待望の代表初ゴール。さらに同21分には再び南野が決めた。

     同30分に1点差とされたが、このまま逃げ切り勝ち。日本代表が、1996年以来22年ぶりにウルグアイに勝った。ホームで難敵を撃破したが、試合直後にロシアW杯メンバーである岡崎慎司(32)=レスター=が自身のツイッターを更新。「前から言われてきたけど、いよいよ親善試合をアウェイでやってかなきゃいけない段階にきてると思うな」とつぶやいた。

     岡崎のツイートに対し、フォロワーは「南米アウェイ見てみたいです」や、「南米で今日の試合したら、本物っす」などとツイートした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000259-sph-socc


    【【日本代表】岡崎が快勝にツイート「いよいよ親善試合をアウェイでやってかなきゃいけない段階にきてる」】の続きを読む

    このページのトップヘ