Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > 日本



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 北村ゆきひろ ★ :2018/10/19(金) 22:58:19.68 ID:CAP_USER9.net

    【U-19日本 5-2 U-19北朝鮮 AFC U-19選手権グループB第1節】

     19日に行われたAFC U-19選手権グループB第1節でU-19日本代表はU-19北朝鮮代表と対戦し、4-2の勝利を収めた。

     U-20ワールドカップ出場権獲得を目指す日本は、スコールがやんだばかりのピッチで好発進。開始8分、久保建英がドリブルで運んでスルーパスを通すと、抜け出した斉藤光毅のシュートはGKに阻まれるが、こぼれ球を自ら押し込んで先制する。

     19分には追加点。伊藤洋輝が約30メートルのミドルシュートを突き刺して2-0とした。

     だが、北朝鮮がここから反撃。まずは36分、右からのクロスにキ・タンが合わせて1点を返されると、41分には瀬古歩夢のファウルで与えたPKを北朝鮮A代表も経験しているカン・クッチョルに決められて2-2で折り返した。

     前半途中から守備の連係に不安がみられた日本だが、後半に入って再びリードを奪う。

     勝ち越し弾を決めたのは久保だった。ゴール正面やや右、約30メートルの位置からFKを得ると、久保が左足で直接シュート。壁を越えたボールはゴール右上に吸い込まれ、3-2となった。

     1点を追う北朝鮮は苛立ちを見せ始め、81分にはシン・クァンソンが郷家友太を踏みつけて一発退場となる。

     数的優位の日本は89分にダメ押し。カウンターで抜け出した宮代大聖が上がってきた味方を使って自らドリブル突破を仕掛け、4点目を決めた。さらにアディショナルタイムには安部裕葵にもゴールが生まれ、終わってみれば5-2で日本が勝利を収めた。

     白星発進となった日本は、22日にタイと対戦する。

    【得点者】
    8分 1-0 斉藤光毅(U-19日本)
    19分 2-0 伊藤洋輝(U-19日本)
    36分 2-1 キ・タン(U-19北朝鮮)
    41分 2-2 カン・クッチョル(U-19北朝鮮)
    65分 3-2 久保建英(U-19日本)
    89分 4-2 宮代大聖(U-19日本)
    90+3分 5-2 安部裕葵(U-19日本)

    https://www.footballchannel.jp/2018/10/19/post293827/


    【【U-19日本代表】久保建英の芸術勝ち越しFKなどで白星発進。北朝鮮を5-2で下す】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 荒波φ ★ :2018/10/17(水) 12:11:50.24 ID:CAP_USER.net

    スペインプロリーグ名門クラブのバルセロナが来年、アジアのうち中国と日本を訪問する。韓国は含まれなかった。

    バルセロナ球団は17日、ホームページで「球団ブランドグローバル化、拡張戦略のため、来年、中国・日本を訪問することにした」とし「中国と日本は戦略的に最も重要な10大国のうち2カ国」と伝えた。

    バルセロナは「中国と日本で事業を拡張し、新しいファンを増やすために努力している」とし「球団ホームページで日本語、中国語、インドネシア語のサービスをしているのもこのため」と説明した。

    バルセロナで活躍したイニエスタが5月にJリーグのヴィッセル神戸で移籍したため、日本ではバルセロナ-ヴィッセル神戸と親善試合が予想される。

    一方、バルセロナの最後の韓国訪問は2010年7月。当時、韓国・スペイン修交60周年を迎え、バルセロナとKリーグオールスターの親善試合が行われた。


    2018年10月17日11時18分 [中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/155/246155.html?servcode=600&sectcode=610


    【【リーガエスパニョーラ】 バルセロナ「中国と日本は戦略的に最も重要な国」…韓国は除外】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 数の子 ★ :2018/10/19(金) 19:02:06.78 ID:CAP_USER9.net

    10/19(金) 18:49配信 スポーツ報知


     日本サッカー協会は19日、U―15日本代表のフランス遠征メンバー18人を発表し、スペインの名門レアル・マドリードの下部組織、カデーテAに所属するMF中井卓大(14)を初招集した。中井が世代別の日本代表に選出されるのは初。


     滋賀県出身の中井は、2012年夏に日本で行われた「レアル・マドリード・ファンデーションチャレンジキャンプ2012」で優秀選手に選ばれ、13年4月にはスペインで「チャレンジキャンプ」に参加。同9月の入団テストに合格し、9歳で名門の下部組織に加入した逸材だ。その経歴から同じくスペインの名門バルセロナに所属していたFW久保建英(17)=横浜M=と比較される。

     U―15代表は「バル・ド・マルヌU―16国際親善トーナメント2018」に参加。10日にU―15オーストラリア代表、11月1日にはU―15フランス代表、同3日にはU―15イングランド代表と対戦する。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000121-sph-socc


    【【日本代表】レアル下部組織のMF中井を初招集 U―15日本代表フランス遠征で初の日の丸】の続きを読む




    (出典 www.football-zone.net)



    マンチェスター・シティが、フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安(20)の獲得に再び動き出す可性があるようだ。イタリアカルチョメルカート』が伝えている。

    2017年6月にフローニンヘンに期限付き移籍した堂安は昨シーズンエールディビジで9ゴール4アシストという成績を残し、今年4月全移籍。今8日にはフランスフランスフットボール』が選ぶ21歳以下の年間最優秀選手「コパ・トロフィー」の補者10名にも選出された。また、先デビューを飾った日本代表では、16日に行われたキリンチャレンジカップ2018のウルアイ代表戦(4-3で日本が勝利)で初ゴールも飾っている。

    ティは昨シーズン中にも同選手獲得のオファーを提示。共同保有の提案をしたものの、これはフローニンヘンに拒否された。さらに同メディアによると、シティは今にも獲得に動いていたようだ。

    しかし、今回伝えられるところによると、シティはまだ堂安獲得を諦めていない模様。同クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が引き続き注しており、再びフローニンヘンに接触するのは時間の問題であるとも伝えられている。

    オランダで著しい成長を見せる堂安。さらなる飛躍へビッグクラブへの移籍は実現するのだろうか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】ペップも注目? 昨季から関心寄せるシティ、堂安律獲得にリベンジか】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/10/18(木) 14:38:20.16 ID:CAP_USER9.net

    10/18(木) 5:14配信
    「日本代表史上、最強のスペクタクル!」英誌・熟練記者が圧巻4発の森保ジャパンを手放し称賛!

    「我々は日本アタッカー陣のスピードとコンビネーションに屈した」
     
     試合後、ウルグアイ代表を率いるオスカール・タバレス監督の言葉が印象的だった。
     
     新生日本代表は4-3の快勝に終わったウルグアイ戦で、その長所と短所を鮮明に描き出していた。長所とはもちろん、攻撃である。ここまで攻撃がストロングポイントとして浮かび上がったチームを私は知らない。四半世紀以上、日本代表を取材してきて、初めての感覚ではないかと思う。
     
     ポジティブな要素は数え切れない。
     
     明らかに勝ちにきた骨のある相手に、3試合で10得点を挙げた。南野拓実はそのうち4得点を決め、本物のストライカーであることを証明。中島翔哉の卓越したプレービジョン、高精度のパス&キックの精度、そしてどこからでも貪欲にシュートを撃つ姿勢が目を引く。森保ジャパンにおける変革の旗頭は間違いなく彼だ。
     
     堂安律も素晴らしい。ウルグアイ戦では代表初得点を綺麗に決めたし、とりわけその後半、右サイドで構築した酒井宏樹との連携が圧巻だった。急造とは思えない円滑さで、ホットラインと形容するに相応しい。日本の波状攻撃を引き出し、ウルグアイ守備陣にとっては脅威以外のなにものでもなかった。中島と長友佑都の左サイドも然りで、日本の両翼は躍動したばかりでなく、娯楽性も十二分だったと言える。

     
     これまで長きに渡って、日本代表の強みは常に中盤にあった。中田英寿、中村俊輔、小野伸二らが活躍した時代、日本が誇る世界的な名手はいずれもミッドフィルダーだった。換言すれば、サッカー少年や若手が目ざした憧れの対象もまた彼らミッドフィルダーで、香川真司や本田圭佑らがバトンを受け継いだ。
     
     とはいえ、最大の長所なりチームカラーは攻撃だ、と断言できる時代はなかった。ロシア・ワールドカップが良い例だろう。前述の3選手のほか、大会では大迫勇也や乾貴士、原口元気、柴崎岳といったタレントが異彩を放ったが、かならずしも“攻撃的”ではなかった。FIFA(国際サッカー連盟)のテクニカルレポートによれば、出場32か国で「敵ペナルティーエリア内に侵攻した平均回数」で、日本は下から4番目。韓国、パナマ、イランをわずかに上回ったに過ぎない。数字上でも明らかで、攻撃的とは言えないチームだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181018-00048926-sdigestw-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】「代表史上、最強のスペクタクル!」英誌・熟練記者が圧巻4発の森保ジャパンを手放し称賛!】の続きを読む

    このページのトップヘ