Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > 日本



    (出典 contents.gunosy.com)



    1 Egg ★ :2018/08/18(土) 04:33:58.64 ID:CAP_USER9.net

    ベルギー1部ヘントのFW久保裕也(24)がドイツ1部ニュルンベルクに電撃移籍することが17日、分かった。1年間の期限付き移籍で、この日までにクラブ間合意。メディカルチェックを経て正式サインとなる。

     複数の関係者によるとオファーが届いたのは今月中旬。当初、久保はベルギーで1年間を全うする気持ちで新シーズンに臨んでいたが、5季ぶりの1部復帰を果たしたニュルンベルクの熱意に翻意。新たな環境に挑戦する決意を固めたようだ。

     18年W杯ロシア大会は直前に落選したものの、所属クラブでは3シーズン連続の2桁得点をマーク。16~17年シーズンは、欧州1部リーグ日本人最多公式戦23得点を挙げた。6月には生涯の伴侶も得て私生活も充実。長谷部や清武らが活躍したクラブで結果を残し、22年W杯カタール大会ではエースの座をつかむ。

     ▽ニュルンベルク 1900年創立。本拠地はドイツ南部のバイエルン州ニュルンベルク。リーグ優勝9回、ドイツ杯優勝4回を誇る古豪だが、最後のリーグ制覇となった67~68年以降は低迷し1部と2部を往復している。昨季は2部2位となり5季ぶりに1部復帰。12~14年にMF清武弘嗣、13~14年にMF長谷部誠、13年にFW金崎夢生が所属。ホームスタジアムはマックス・モーロック・シュタディオン(4万9923人収容)。

    8/18(土) 4:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180818-00000000-spnannex-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【移籍報道】<久保裕也>独1部ニュルンベルク移籍へ!1年間の期限付きでクラブ間合意】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    Aリーグ、メルボルン・ヴィクトリーへの移籍が決まったばかりの本田圭佑。


    その彼が、カンボジア代表で監督業にトライすると発表し、またも世間を驚かせた。役職としてはGMになるようだが、実質的には彼が代表監督を務めるという。

     

    選手としてプレーしつつ、他国の代表監督を務める……。これまで聞いたことがないような仰天ニュースは、世界的に伝えられていたぞ!

     

    ■フランス『L’ÉQUIPE』

    「メルボルン・ヴィクトリーへ移籍したばかりの本田だが、それと並行して新たな冒険に挑む」
    「日本のスターはカンボジア代表のヘッドコーチに指名されたのだ。連盟によれば、毎週テレビ電話で連絡を取り合うという」

     

    ■ドイツ『Sport1.de』

    「日本のスター本田がカンボジア代表監督に。彼には今後やるべきことがたくさんある。メルボルン・ヴィクトリーと契約したばかりだが、代表監督にもなったのだ。今後、本田はスペシャルな挑戦に立ち向かうことになる」

     

    ■イタリア『La Gazzetta dello Sport』

    「本田の2つのキャリア。メルボルンでのサッカー選手とカンボジアでの監督」
    「監督としてカンボジアで新たな冒険に。2つの仕事を同時に行うことはできるのか?」

     

    ■オランダ『NOS』

    「元VVVの本田がプレーを続けながら、カンボジア代表のコーチに。この指名は彼のオーストラリアにおける冒険を脇へおいやるということにはならない。メルボルンでプレーを続けながら、ビデオ通話でのやり取りなどでカンボジアでのコーチも兼務するつもりだ」

     

    ■『FOX Sports』オーストラリア版

    「メルボルン・ヴィクトリーのマーキープレーヤー(※各クラブがサラリーキャップの枠外で1名契約できる有力選手)である本田が、カンボジア代表チームのGMに任命された」
    「この驚きのニュースは、32歳の日本人スターがAリーグ入りしてからわずか1週間後にもたらされた」

     

    ■『Marca』メキシコ版

    「本田はオーストラリアでプレーしながら、カンボジアで指導をする見込み。彼はカンボジア代表でコーチとしてのキャリアを始める。そこではマネージャーも担う見込みだ。
    毎週オーストラリアからテレビ電話をするという」

     

    ■ロシア『Sport-Express』

    「本田がカンボジア代表を率いる。どうやったら可能なのか?」などとして特集。カンボジアに日本人会長のチームがあること、本田がテレビ電話を用いる予定であること、さらにはカンボジア代表の現状、そして時事通信の記者による見解など、かなりのボリュームを割いていた。

     

    やはり本田がかつてプレーした国では関心度は高いようだ。

    サッカー界が仰天!本田圭佑の「代表監督兼任」、世界中で伝えられていたキャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】サッカー界が仰天!本田圭佑の「代表監督兼任」、世界中で伝えられていた】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/08/15(水) 03:57:03.26 ID:CAP_USER9.net

    本田圭佑が新天地でボランチ転向直訴、五輪OA視野
    8/15(水) 3:50配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00299809-nksports-socc

    【メルボルン(オーストラリア)14日=八反誠】オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリー入りするワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MF本田圭佑(32)が、新天地でボランチ転向を申し出た。
    カンボジアからタイを経由しメルボルン国際空港に到着。メディカルチェック後の会食でマスカット監督に直訴した。年齢制限外、オーバーエージ(OA)枠での出場を狙う20年東京五輪を見すえた仰天のポジション転向案。本田は今日15日に正式契約を結び、入団会見に臨む。

    自ら望んで実質的なカンボジア代表監督になったように、本田はやっぱり仕切ることが大好きだ。メルボルンではボランチに転向し、中盤でチームを仕切りたいようだ。
    サングラスにスーツ、ネクタイも締め、メルボルン入り。南半球は真冬で気温は14度。報道陣の問いかけには、何も答えなかったが、言うべきことはしっかり言っていた。

    クラブ関係者によると、この日夜の初めての会食でマスカット監督にボランチ転向を直訴。いかにチームに有益かを説き、説得にかかる見込みだ。
    イメージは中盤の底の司令塔。元イタリア代表で、同じACミランに在籍したピルロや、日本代表でともにプレーし、そのセンスに心酔するG大阪の遠藤。「レジスタ(演出家)」などと呼ばれた名手への変身プランを温めていた。

    海外に出て、とにかく点を取ることで成り上がってきた。しかし、ミランを退団し、思いを改めた。
    「(今まで)すごく自己中心的な考えでやってきたけど、年を重ねるごとに違うって気付くわけですよ」とも語っている。実際にロシアでのW杯では控えを受け入れ、周囲を生*働きもした。気が利くプレーで、味方を生かし、長いパスも蹴ることができる。体も強い。スピードに難があるだけに、実は最適ポジションかもしれない。

    以前から「ボランチ本田」待望論はあった。実際、8年前にはCSKAモスクワのスルツキ監督(当時)が起用を模索した。
    ただ、あの時はトップ下にこだわり、頑として受け入れずメンバー外となったこともあった。
    この驚きのチェンジは、東京五輪を見すえたもの。OA枠での出場で金メダル獲得をぶち上げた自国開催の大舞台。
    一番求められるのは経験を生かしたゲームコントロール。ならば、ボランチ。チーム事情もあり、受け入れられるかは微妙なところだが、本田にとっては秘策でも何でもなく、当然の策のようだ。


    サインする本田圭佑

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ◆本田のポジション変遷 石川・星稜高ではトップ下。名古屋では左ウイングバックなど中盤左サイドが主戦場で、攻撃的な左サイドバックとしても起用された。
    VVVフェンロではトップ下に君臨し得点を量産。CSKAモスクワでも主にトップ下だったが、数試合ボランチでもプレー。
    ACミランではほぼ3トップの右、右FWに固定された。パチューカではFWや中盤の攻撃的な位置を複数、高いレベルでこなす。日本代表ではトップ下と右FWが指定席。


    【【日本代表】本田圭佑が新天地でボランチ転向直訴、五輪OA視野】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 Egg ★ :2018/08/15(水) 11:13:09.07 ID:CAP_USER9.net

     オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに加入したMF本田圭佑が15日に現地で入団会見を行い、ロシアW杯後に現役引退を考えていたことを明かした。英『ザ・ガーディアン』が伝えている。

     本田はベスト16に終わったロシアW杯後、次の大会を目指さないことを明言していた。さらに胸の内では「W杯の後にキャリアを終えようと思っていた」と現役引退も考えていたようだ。しかし「メルボルン・ビクトリーのオファーが私の心を変えた」と、新たな挑戦が再び本田を突き動かした。

     12日にはカンボジア代表の実質的な監督に就任することが発表されており、メルボルン・ビクトリーでは二足のわらじを履きながらプレーすることになる。クラブのトレント・ジェイコ*CEOは「彼は本当に野心的な男だ」と本田を称賛した。

    8/15(水) 10:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-01673259-gekisaka-socc


    【【日本代表】<本田圭佑>メルボルン・ビクトリー入団会見!W杯後に現役引退を考えていたことを明かす!】の続きを読む



    (出典 bettingtop10-rswblznrheq6hezffrzu.netdna-ssl.com)



    本田が選手としてプレーしながら、カンボジア代表で実質的な代表監督兼GMに就任

     新シーズンからオーストラリアのメルボルン・ビクトリーでプレーするMF本田圭佑が、12日にカンボジアの首都プノンペンで記者会見に臨み、カンボジア代表チームで実質的な代表監督兼GM(ゼネラルマネジャー)に就任したことを発表した。これを受けて韓国メディア「OSEN」は、「サッカー界のドン・キホーテ」と称賛している。

     本田は12日に自身の公式ツイッターで「カンボジアにいる」と滞在を報告し、その後に記者会見を実施。「Head of delegation」という肩書きで、カンボジア代表の実質的な代表監督兼GMとしてチームに関わることが決まった。チーム構成や指揮も含めた働きが期待されている。

    そんな本田について「サッカー界のドン・キホーテ」と伝えたのは、韓国メディア「OSEN」だ。「ドン・キホーテ」とは、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説の主人公で、自らの夢を探求し続ける男の象徴となっている。現役のサッカー選手でありながら、他国の代表チームにも関わる本田の姿にロマンを見たようだ。

    「ドン・キホーテ。有名な文学小説のタイトルであり、非現実的な夢を追って挑戦する人を呼ぶ言葉だ。韓国と日本の二大ドン・キホーテの挑戦が私たちを熱狂させる」

     本田とともに、今年韓国1部全北現代からドイツ2部ホルシュタイン・キールに移籍した韓国代表MFイ・ジェソンにも言及。今夏ロシア・ワールドカップに出場した25歳は欧州でのチャレンジを選択し、「本田ほどではないが、KリーグMVPのイ・ジェソンも果敢な挑戦に乗り出した」と伝えている。

    韓国メディア、ファンが熱狂する理由を分析 「本田が特異な点は…」 

     その一方で本田に関しては、「今回、本田が特異な点は、彼がまだ現役選手という点である」と指摘し、「現代サッカー界のドン・キホーテと見ても過言ではない」と称賛した。

    「日韓両国のドン・キホーテの果敢な挑戦に、サッカーファンも熱狂している。おそらくファンが熱狂する理由は、他の人々と違う道を行く困難な旅に出た情熱があまりにも美しいからだろう。本田とイ・ジェソン。二大ドン・キホーテの物語は現在進行形である。今後、韓国サッカー界から、より多くのドン・キホーテが出てくるのを願っている」

     本田の新たなチャレンジを韓国メディアも興味深く見守っているようだ。(Football ZONE web編集部)

    MF本田圭佑【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】本田圭佑は「サッカー界のドン・キホーテ」 韓国メディア称賛「あまりに美しい情熱」】の続きを読む

    このページのトップヘ