Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > 日本



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/03/27(火) 16:57:02.25 ID:CAP_USER9.net

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    3月23日、日本代表は今年6月に開催されるロシアW杯に向け、マリと対戦した。マリは本番で同組になるセネガルの仮想敵国だが、質は格段に劣る。それでも日本は大苦戦、終了間際に中島翔哉の代表デビュー戦得点で1-1と引き分けたものの、危機感だけが残った。

     そして今夜、ウクライナ戦が行われる。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、このままW杯を迎えていいのだろうか? 

    また敗北を繰り返すのか

    「(今回の海外遠征は)ハリルを解任する最後の機会では」

     こんな辛辣な声が聞こえてくる。彼ほど受け入れられていない日本代表監督は、過去にいないだろう。

     「このままではロシアで惨敗する」

     そんな予感がどうしても消えない。

     筆者は記者証で挑むワールドカップが、ロシアで4度目になる。数十人の記者しか、本大会の取材には行くことができない。つまり相応の気概を持って、日本代表を書く必要がある。

     そのときに、「どうせ負けるよ」と諦め、「ほら、負けた」と呆れるのではあまりに空しい。視点は中立であっても、"日本を後押しするような取材がしたい"のだ。

     2006年ドイツと2014年ブラジルワールドカップの敗北は、まるでデジャヴーのように惨憺たるものだった。

     初戦に相手にやり込められる形で逆転負け。立ち上がれないまま、2戦目で消化不良の引き分け。3戦目は実力のある強豪国に力の差を見せつけられ、すごすごと敗退する。現地で味わう敗北感は、たまらないものがあった。

     「日本はこれほどまでに弱いのか? 

     打ちひしがれるような思いだ。

    だらしない試合内容

     マリ戦、日本は攻守にちぐはぐだった。

     プレスの甘い相手を仕留めきれない。ボールを失うとあわてふためき、最後までアフリカ人特有のフィジカルプレーに対応できなかった。組織だった守備は崩壊し、攻撃で機転を利かせるようなプレーもなし。

     無秩序な試合展開になる中、中島が一発を決めたことだけが救いだったわけだが、強化試合としては、日本の弱さをさらけ出したに過ぎない。

     本大会、こんなだらしない試合で負けた場合、サッカー人気は急落し、最悪の事態が出来する。はたして、ハリルホジッチ監督で日本は悔いのないワールドカップを戦えるのだろうか――。

     ハリルJAPANは一昨年11月までは戦術的な進歩を見せ、連係も改善してきた。プレッシング&リトリートの守備戦術を使いこなし、効果的なカウンターも発動。原口元気、久保裕也、さらに井手口陽介など「ハリルの申し子」と言える人材もようやく出てきた。

     なにも、戦い方が間違っているわけではない。堅く守り、カウンターを喰らわす。それは大物を倒すための常套手段だ。

     しかし、昨年に入ってから戦績は下降線を辿っている。戦術的な熟成が見えず、むしろ破綻が出てきた。

     今の実力で、コロンビア、セネガル、ポーランドと同組になったグループリーグを勝ち抜けるのか? いくらシミュレーションしても、ハリルJAPANの分はかなり悪い。第4ポッドだった日本は、ランキングからして最下位。戦力差を逆転し、勝ち上がるには厳しいだろう。

    つづく

    3/27(火) 16:00配信 現代ビジネス
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00055011-gendaibiz-bus_all


    【【日本代表】まだ間に合う!「ハリルホジッチ解任」と「後任」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 Egg ★ :2018/03/28(水) 00:19:43.09 ID:CAP_USER9.net

    昨年11月の欧州遠征も2試合観戦 計4試合連続で現地へ
     
    バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は27日、ベルギーのリエージュでウクライナと国際親善試合を実施。2017年10月を最後に、代表から遠ざかっているMF香川真司(ドルトムント)が23日のマリ戦(1-1)に続いて現地で観戦した。

    香川は2月のリーグ戦で足首を負傷して長期離脱中。3月シリーズの招集メンバーからも落選した。5カ月以上代表から離れるなか、23日のマリ戦に続き、ウクライナ戦の会場にも姿を現した。

    香川は昨年の11月シリーズ(ブラジル戦、ベルギー戦)でも、ドルトムントからフランスのリール(約350キロ)、ベルギーのブルージュ(約270キロ)へ現地観戦。欧州遠征は4試合連続で会場を訪れたことになる。

    3/27(火) 22:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00010024-soccermzw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<落選の香川真司>ウクライナ戦も現地観戦 欧州遠征4試合連続で会場へ…】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 Egg ★ :2018/03/27(火) 23:30:22.73 ID:CAP_USER9.net

    国際親善試合:日本1-2ウクライナ>◇27日◇ベルギー・リエージュ

    日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は、ウクライナに敗戦も「この試合は負けましたけど、前回のマリ戦よりいいゲームが出来た。2、3回、得点機があった。良い形で決められなかったのが残念」と前向きに答えた。

    また「2試合のテストマッチで多くの選手を見た。レギュラーで呼べなかった選手もいる。ワールドカップの時には、より良いイメージの日本代表を見せられると思う」と、今回、招集しなかった選手にも、まだチャンスがあることも明言した。

    その上で「まだ準備できているとは言えないが、次に会った時に良い形で再会したい」、「決意と意欲を持って我々は準備する。代表にとって大きく難しい挑戦がある。そこに準備したい」などと、マリ戦とは一転、前向きな発言が目立った。

    3/27(火) 23:23配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00161850-nksports-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<ハリル監督>「マリ戦よりいい」落選組のチャンス示唆「レギュラーで呼べなかった選手もいる」】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    チームに統一感を出すべく声を出しつつ、セットプレーからゴールを奪取

     日本代表DF槙野智章(浦和レッズ)は、27日の国際親善試合ウクライナ戦で前半41分に一時同点となるヘディングシュートを決めた。後半に決勝弾を許して1-2と敗れたものの、「自分たちが今いる位置、自分たちがやろうとしているサッカーに少しの自信を得た」と前向きな言葉を残した。

     槙野は23日の国際親善試合マリ戦(1-1)に続きフル出場。A代表で本職のセンターバックとしてプレーするのは初となるDF植田直通(鹿島アントラーズ)とコンビを組んだが、結果的に2失点を喫した。「いかに全員が攻撃も守備も共通意識を持つのか、そこが自分の仕事だと思っています」と最終ラインから声を掛けてチームに統一感を出そうとしたという。

     そして、セットプレーから自身のヘディングでゴールが生まれた点について、「ワールドカップ本戦を見据えても、自分たちがボールを保持できない時間があるなかで、セットプレーで決め切ること(は大事)」とロシア・ワールドカップ(W杯)につながるとの見解を示した。

     槙野は昨年11月の欧州遠征でもブラジル戦(1-3)でセットプレーからゴールを記録。今シリーズもDF吉田麻也(サウサンプトン)が負傷離脱するなかで2試合フル出場し、バヒド・ハリルホジッチ監督に対してアピールすることに成功したと言っていいだろう。

    「夢」だと語るW杯出場に向け、大きな一歩を踏み出す欧州遠征となった。


    (Football ZONE web編集部)

    前半41分に一時同点となるヘディングシュートを決めた槙野【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】槙野智章、連続フル出場&ヘディング弾でアピールに成功 「少しの自信を得た」】の続きを読む



    (出典 news.myjcom.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/03/27(火) 23:32:16.01 ID:CAP_USER9.net

    3/27(火) 23:24配信
    SOCCER DIGEST Web

    “オウンゴール未遂”の酒井高は何度も裏を取られ…

    【日本1-2ウクライナ|採点&寸評】頼みの長谷部が乱調、酒井高は“オウンゴール未遂”。本田はシュート0本に終わり…
    【警告】日本=原口(58分)、植田(77分) ウクライナ=ステパネンコ(45+1分)、ソボル(55分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】柴崎岳(日本)
    [キリンチャレンジカップ]日本1-2ウクライナ/3月27日/スタッド・モーリス・デュフラン
     
    【日本代表・総評】
    4.5
    前半はシュートが少なすぎた。打てそうな場面でもパスに切り替えていたあたりは疑問。守備に目を移してもカウンターを抑えきれず、ピンチは少なくなかった。後半は中盤を支配される時間帯が多く、負けて当然の試合だった。
     
     
    【選手採点・寸評】
    GK
    1 川島永嗣 5.5
    21分に決められたシュートは植田に当たったこともあり反応するのは難しかった。2失点目も致し方ないが、49分にハイボールを処理できなかったプレーは減点対象だ。
     
    DF
    5 長友佑都 5.5
    原口との距離感が微妙でワンツーなどで抜けるシーンは前半に限ればほとんどなかった。守備では後手に回ることもあり少し安定感を欠いた。

    20 槙野智章 5.5
    CFベネディンの強靭なフィジカルに苦戦。41分に柴崎のFKにヘッドで合わせて同点ゴールとチームを盛り上げたものの、2失点目はなす術がなかった。
     
    21 酒井高徳 4
    高いポジショニングのせいか、対峙したコノプリャンカに何度も裏を取られた。16分に“オウンゴール未遂”とネガティブな印象が先行。
     
    22 植田直通 5.5
    フル代表でCBを任されるのは初めてだが、15分に自陣で縦パスをミスしたのはいただけない。後半も相手のスピードにやや翻ろうされた。

    同点弾を演出した柴崎のFKは芸術点も印象点も高い

    【日本1-2ウクライナ|採点&寸評】頼みの長谷部が乱調、酒井高は“オウンゴール未遂”。本田はシュート0本に終わり…
    マリ戦に続いて先発した槙野(左)は、前半終了間際にセットプレーからゴールを挙げた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)
    MF
    7 柴崎 岳 6(79分OUT) MAN OF THE MATCH
    6分の守備からのスルーパスは見事。槙野の同点弾を演出したFKは芸術点も印象点も高い。後半はディフェンスの強度が落ちたように見えたが、あえて選ぶなら日本のMOMはこのMFか。
     
    16 山口 蛍 5
    ビルドアップ時に動き直す動作が少なく、パス回しを停滞させた。守備面ではデュエルで劣勢を強いられ、全体的に低調だった。
     
    17 長谷部誠 4.5(81分OUT)
    40分にバッグパスを失敗したように細かいミスが散見。中盤のフィルターになりきれず、危険なカウンターを複数回浴びている。珍しく乱調。
    FW
    4 本田圭佑 5(64分OUT)
    開始直後にスライディングで素晴らしい守備。組み立ての局面ではボールをシンプルに叩いていたが、肝心のシュートは……。
     
    8 原口元気 5.5(87分OUT)
    ボールを持った時は躍動感が感じられたが、周囲のサポートに恵まれずシュートになかなか持ち込めなかった。本人も納得はいっていないはずだ。
     
    9 杉本健勇 4.5(56分OUT)
    前線からの守備はだいぶ効いていた。ただ、攻撃面では後方からのボールになかなか合わせられず、目に見える結果を残せなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180327-00037812-sdigestw-socc


    【【日本代表】≪採点≫ 頼みの長谷部が乱調、酒井高は“オウンゴール未遂”。本田はシュート0本に終わり…】の続きを読む

    このページのトップヘ