Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > 日本



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    ロシアW杯23人選出も有力視される乾、スペイン紙インタビューで自身の哲学を語る

     エイバルの日本代表FW乾貴士は、30日に行われる国際親善試合ガーナ戦の日本代表メンバーに選ばれ、ロシア・ワールドカップ(W杯)23人枠が有力視される。3シーズンを過ごしたエイバルでの最終戦を控えたタイミングでスペイン紙「マルカ」がインタビューを掲載。そこで乾は“アシストよりゴール”という積極性について口にしている。

     乾はキャリアにおいて野洲高校での“セクシーフットボール”を皮切りに、セレッソ大阪ではMF香川真司(現ドルトムント)との連係プレーなど、チャンスメーカーとしての印象が強かった。エイバルでも左サイドの仕掛け役として存在感を放ち、FWキケ・ガルシア、FWシャルレスといった点取り屋にラストパスを送るシーンは多い。ただ本人の中では、このように考えているようだ。

    「僕はゴールを奪うことに意識がいっています。ゴールに直結するパスを送る以上に、ゴールを奪うことこそ美しいと思っているので」

     エイバルに加入した2015-16シーズン、2016-17シーズンともに3ゴールを挙げている。昨季最終節にはバルセロナ相手にファインゴール2発を叩き込み、敵地カンプ・ノウを凍りつかせたのは印象深い。とはいえ本人は、まだまだ向上可能と捉えている。


    負傷でリーグ最終節は欠場決定、日本で検査予定…W杯に一抹の不安

    「(ゴールについては)自分にとっての課題の一つで、改善し続けていきたいと考えています。自分のサッカーキャリアを通じた時、僕はアシストするよりもゴールの方が良いと思って臨んでいます。今季はさらに増やしたいと思っていましたから」

     その言葉通り、今シーズン残り1試合の時点で乾は5ゴールまで得点を積み上げた。エイバルは最終節アトレチコ・マドリード戦を控えるものの、クラブは乾が右大腿四頭筋を負傷したと公式サイトで発表。すでに日本へ帰国しており、精密検査を受けるという。

     ロシアW杯に向けて一抹の不安が残るものの、無事に回復すれば日本代表にとって頼れる存在となるはずだ。


    (Football ZONE web編集部)

    エイバルMF乾貴士が、自らの哲学について語った【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「ゴールこそ美しい」 日本代表MF乾貴士が語る「アシストよりゴール」の哲学…】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    ギョズテペ戦で自身初のリーグ優勝を決め、ツイッターで思いを綴る

     今年1月からトルコ1部のガラタサライに期限付き移籍中の日本代表DF長友佑都は、現地時間19日の最終節ギョズテペ戦にフル出場。引き分け以上で自力優勝が決まるなか、敵地での一戦に1-0で勝利し、3シーズンぶり21回目のリーグ優勝を達成した。自身キャリア初のリーグ優勝を果たした長友は20日にツイッターを更新。「サッカー選手としての誇りと、自信を与えてくれた」とガラタサライ移籍を「大正解」と記した。

     2位フェネルバフチェと勝ち点3差で迎えた最終節、引き分け以上で自力優勝が決まるアウェーでの一戦は、ギョズテペ相手に緊迫した攻防となった。待望の先制点は後半21分、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスがPKを決めてリードを奪う。この1点を、左サイドバックとして1月の加入後リーグ戦15試合連続フル出場を果たした長友ら守備陣が守り抜き、1-0で勝利。ガラタサライが6連勝で、3シーズンぶり21回目のリーグ制覇を成し遂げた。

     長友は試合後に自身のSNSでチームメイトたちと優勝の歓喜に浸る様子をアップしていたが、20日に再び公式ツイッターを更新。改めて思いを綴った。

    「ガラタサライに来る決断は正解ではなく、大正解だった。サッカー選手としての誇りと、自信を与えてくれた。決断を正解にするかどうかは日々のプロセスで決まる」(原文ママ)

     7年半を過ごしたイタリアの名門インテルから、出場機会を求めてトルコに新天地を求めた長友。左SBのレギュラーを勝ち取るとともに、初のリーグタイトルを手にし、自信を取り戻してロシア・ワールドカップに向けて弾みをつけた。


    (Football ZONE web編集部)

    長友はガラタサライ移籍を「大正解」と記した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】ガラタサライ長友、「大正解」の移籍に感謝 「誇りと自信を与えてくれた」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    サッカー日本代表の本田圭佑が出演した『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)の5月14日の放送が物議を醸している。その原因は、番組内で本田が「ハリルのやるサッカーにすべてを服従して選ばれていく、そのことの方が僕は恥ずかしいと思っている」と語ったためだ。

    【関連】 本田圭祐「メキシコじゃ金にならない!」パチューカ退団 ほか

    番組公式ツイッターが番組放送前にこの本田の発言を投稿したところ、《監督の指示に従うことを「服従」と捉えて反発し、そのことを美化する選手のどこがプロフェッショナルなのか》、《もう日本代表を応援する気がなくなった》など、本田の発言に対して多くの批判が集まって炎上騒ぎに発展。この投稿を削除する羽目になってしまった。

    物議を醸したのはこの本田の発言だけではなかった。それ以外にも本田は番組のところどころで独特の表現で持論を語っていた。


    この発言に関してもさまざまな感想がツイッター上に集まっていた。

    《さすがホンダさんwwwかっこいいw いい番組ですねぇ》
    《これギャグで言ってるんだよな?》
    《意味がわからない》
    《プロフェッショナルの部分をおかしい人に変えれば十分可能性はある》
    《やっぱこいつはただのサイコパスやな》

     

    本田圭佑「意味不明発言連発」ネット上で批判される

    「コミュニケーション不足」への推察

    サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ氏が監督を解任された理由について、日本サッカー協会(JFA)会長の田嶋幸三氏は選手とのコミュニケーション不足を原因に挙げていた。だが、これに関して元日本代表監督のイビチャ・オシム氏がインタビュー記事で、ハリルホジッチと選手、そしてJFAとのあいだで何があったのかわたしは知らないと前置きした上で、《チームがこのままで機能しないと思われたときには、監督か選手を代えるしかない。しかし選手全員を取り代えることは困難だ。そんなときに手っ取り早いのは、腐ったリンゴを取り出すことだ。腐ったリンゴは放っておけば、周りのリンゴも腐りだす。監督は原因を作っている選手を特定し、速やかに排除しなければならない。だが、それでもできないときは…監督を代えるしかない。》と話している。

    代表選手のなかに周囲に悪影響を与える存在がいることを認めた上で、彼らの扱いを誤ったためにハリルホジッチ氏は追い出されたと読み取れる内容だ。

    このオシム氏の推測が正しいとするならば、本田の「ハリルのやるサッカーにすべてを服従して選ばれていく、そのことの方が僕は恥ずかしいと思っている」はチームを壊す発言であり、排除されるのは本田ということになるが、結果は真逆だった。

    本田はワールドカップロシア大会のメンバーに選ばれ、なおかつ結果を出さないと戦犯に祭り上げられる状況に追い込まれているといっていいだろう。

     




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】本田圭佑「意味不明発言連発」ネット上で批判される…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     2大会連続のW杯出場を目指すDF吉田麻也(サウサンプトン)が19日、千葉県内で練習を公開した。ガーナとの壮行試合(30日、横浜・日産スタジアム)に臨む日本代表に選出され、「新しい監督の下でチームを作り上げなければならない。時間がない中でより高いものを目指したい」と21日に始まる国内合宿に備えた。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    練習で軽快な動きをみせる日本代表DF吉田麻也=千葉県習志野市で2018年5月19日、大谷津統一撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】吉田麻也「より高いもの目指す」】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    日本代表の5選手を「ベテラン五銃士」と紹介、トータルの経験値の高さに注目

     日本サッカー協会は18日、都内で記者会見を開き、30日に行われる国際親善試合ガーナ戦の招集メンバー27人を発表した。31日に6月のロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた最終メンバー23人が決まる予定だが、衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は日本代表の5選手を「ベテラン・クインテット(五銃士)」と注目し、「経験値が日本をW杯成功に導く?」と報じている。

     日本代表はバヒド・ハリルホジッチ監督の電撃解任を受けて西野朗監督が後任として任命され、新体制はガーナ戦で初陣を迎える。その船出から、ロシアW杯のグループリーグ初戦コロンビア戦(19日)までわずか20日。戦前から日本代表は苦戦が予想されている。

     もっとも、西野監督はそうした事情を踏まえてメンバー選考を進めたという。ガーナ戦に向けた“サプライズ枠”は、2014年ブラジルW杯に出場したサンフレッチェ広島の32歳MF青山敏弘となったが、それも日本の置かれた状況を物語っている。

     そんななか、日本代表の“経験値”に注目したのが衛星放送「FOXスポーツ」アジア版だ。公式ツイッターでは「カガワ+ホンダ+オカザキ+ナガトモ+ハセベ=502キャップ!!」と言及(編集部注:実際は504キャップ)。そのうえで、「経験値が日本代表をW杯成功に導く!?」と問いかける形で報じた。

    5選手が日本代表の屋台骨を支える? 「サムライブルーが経験を欠くことはない」

     記事では「西野監督は経験豊富な実力者たちとの信頼関係を保った」と記し、それを象徴する5選手をクローズアップ。「ベテラン・クインテット」と紹介している。

     昨年9月以来の招集となったレスター・シティFW岡崎慎司(111試合・50得点)や昨年10月以来の復帰となったドルトムントMF香川真司(89試合・29得点)をはじめ、パチューカFW本田圭佑(93試合・36得点)、ガラタサライDF長友佑都(103試合・3得点)、フランクフルトMF長谷部誠(108試合・2得点)の名前を挙げている。

     同記事では“五銃士”が日本代表の屋台骨を支えると指摘し、「サムライブルー(日本代表の愛称)が、来月ロシアで経験を欠くことはない」と見ている。現時点では、5選手が最終登録メンバー23人に選出されるか不透明ながら、長年日本代表をけん引してきた5人の存在感は海外メディアの目にも突出して見えているようだ。(Football ZONE web編集部)

    「FOXスポーツ」アジア版は日本代表の5選手を「ベテラン・クインテット(五銃士)」と注目している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】香川+本田+岡崎+長友+長谷部=504 日本を海外分析「経験値がW杯成功に導く!?」】の続きを読む

    このページのトップヘ