Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > 日本



    (出典 papimaro.velvet.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/02/14(水) 16:15:02.03 ID:CAP_USER9.net

    2/14(水) 16:00配信
    本田圭佑がカギ? 武藤嘉紀がハリルJで生き残るには…〈dot.〉

     ブンデスリーガ1部のマインツに所属する武藤嘉紀はリーグ戦18試合に出場して、ここまで6得点を記録している。4カ月後に待つロシアW杯のメンバー入りを目指す武藤は“ゴールにこだわる”明確な目標をかかげて奮闘している。ここ3試合は結果が出ていないが、ゴール前の怖さという意味では日本でもトップレベルの選手であることは間違いない。

     ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表は主に4-3-3と4-2-3-1のフォーメーションを使い分けているが、後者の場合でもトップ下に井手口陽介が入る場合は4-2-1-3に近くなり、森岡亮太なら4-2-3-1に近くなる。前者は中盤のインテンシティーを高める効果が、後者は高い位置に攻撃の起点を作る効果が期待できる。

     見た目のフォーメーションは同じでも、選手起用や個々の要求で戦術のメカニズムがは違ってくるものであり、対戦相手の特徴や試合展開に応じてそれらを使い分けられるのがハリルホジッチの強みだ。4年前のW杯でアルジェリア代表を率いた時も4-2-3-1をベースに、選手起用でメカニズムに変化を起こしていた。

     マインツでは日本代表と同じ4-2-3-1の1トップに加え3-1-4-2の2トップでも起用される日本人FWは、青年監督のサンドロ・シュバルツが掲げる“ゲーゲンプレス”の急先鋒として前線からハードワークして高い位置からのボール奪取を助け、速攻主体の攻撃でシンプルなポストプレーと鋭い飛び出しを精力的に繰り返している。

     ゴールにこだわることを宣言してはいるが、そうしたディフェンスやポストプレーが自らのゴールチャンスにつながることは武藤もよく理解しているだろう。そうした仕事を当たり前にこなしながら、チャンスと見れば貪欲にゴールを目指す姿勢を打ち出しているわけだ。そのスタイルを考えればハリルホジッチ監督の下でも機能できそうだが、今のところ居場所を見いだせていない。

     中央のFWは大迫勇也がファーストチョイスであり、欧州遠征で招集された国内組の杉本健勇と興梠慎三、さらに経験豊富な岡崎慎司も控えている。国内組で挑んだ昨年末のE-1選手権(旧東アジア選手権)では韓国に大敗したものの、小林悠や川又堅碁が存在をアピールした。左サイドは原口元気と乾貴士がポジションを争っており、未招集の選手としてはポルトガルでゴールを量産している中島翔哉が4年前にハリルホジッチ監督が率いたアルジェリア代表のリヤド・マフレズよろしく“ラストピース”として滑り込んでもおかしくない活躍を見せている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180214-00000020-sasahi-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】本田圭佑がカギ? 武藤嘉紀がハリルJで生き残るには…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     日本サッカー協会は14日、日本代表が3月23日(金)にマリ代表と、27日(火)にウクライナ代表と対戦するキックオフの時間とテレビ放送局が決定したことを発表した。

     欧州遠征として行われる2試合の会場は、ベルギーのリエージュにあるスタッド・モーリス・デュフランにて行われる。

     3月23日(金)に行われるマリ代表との国際親善試合は、日本時間21:20(現地時間13:20)キックオフを予定。この試合の模様はテレビ朝日系列にて生中継される。

     また、27日(火)に行われるウクライナ代表との「キリンチャレンジカップ2018」は、日本時間21:20(現地時間14:20)キックオフを予定。この試合の模様はフジテレビ系列にて生中継される。

    ※2018 年 3 月 25 日よりベルギーはサマータイムに切り替わる為、日本との時差は−7時間になる。

    3月に欧州遠征を行う日本代表(画像はE-1サッカー選手権に出場した選手たち) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】3月に欧州遠征を行う日本代表、スケジュール決定!!】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    内田の侍姿と仲睦まじい2ショット、槙野がインスタグラムで公開

     日本サッカーのシーズン幕開けを告げるゼロックス・スーパーカップ2018が終わり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)が12日に開幕。J1リーグは2月23日の開幕に向けてムードが高まっている。開幕まで残り9日と迫ったなか、J1浦和レッズの日本代表DF槙野智章がインスタグラムを更新。J1鹿島アントラーズに復帰した元日本代表DF内田篤人の“デート写真”を公開し、話題を呼んでいる。

    今季のJ1は2月23日のサガン鳥栖対ヴィッセル神戸(20:00/ベアスタ)を皮切りに、24日にFC東京対浦和(14:00/味スタ)、サンフレッチェ広島対北海道コンサドーレ札幌(14:00/Eスタ)、ガンバ大阪対名古屋グランパス(14:30/吹田S)、湘南ベルマーレ対V・ファーレン長崎(16:00/BMWス)。また、25日にベガルタ仙台対柏レイソル(13:00/ユアスタ)、清水エスパルス対鹿島(13:00/アイスタ)、ジュビロ磐田対川崎フロンターレ(15:30/エコパ)、セレッソ大阪対横浜F・マリノス(16:00/ヤンマー)となっている。

     J2は2月25日、J3は3月9日に幕を開けるなか、槙野は2月14日に自身の公式インスタグラムを更新。「Happy Valentine」と綴るとともに、「内田侍とデートなう」と和装姿の内田の写真を2枚掲載した。

     先日自身のSNSでも報告していたDAZN(ダゾーン)のCM撮影に臨んだ時のものだと思われ、一枚は内田がレンズに向かって手を差し伸べ、まるでデートをしているような雰囲気を味わえるもの。もう一枚はカップを持った内田と槙野が肩を寄せ合っている2ショットとなっている。

    「内田侍とデートなうに使っていいよ」

     現在30歳の槙野と29歳の内田は、2007年のU-20ワールドカップ(ベスト16)で共闘し、槙野がケルン在籍時はライバルチーム同士として対峙。そして日本代表でも勝利を目指してともに支え合ってきた。同世代の二人が見せた最高の笑顔からは、仲の良さがうかがえる。投稿では「#内田侍とデートなうに使っていいよ」「#バレンタイン」「#カメラマン槙野」とハッシュタグが添えられており、バレンタインデーにかけたユーモアあふれる内容となっている。

     返信欄にはファンから「最高の2ショット」「何百回もいいねを押したい」「たまりませーん」と温かいコメントが数多く寄せられ、反響を呼んだ。

     浦和と鹿島は5月5日のJ1第13節(カシマ)、そして10月20日・21日のいずれかで行われる同30節(埼玉)で対戦予定。両者がマッチアップする場面が生まれるかも含め、今季の見どころの一つとなりそうだ。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    浦和DF槙野、「内田侍と…」 “ウッチー”の珠玉写真公開で反響「たまりませーん」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】浦和DF槙野、「内田侍と…」 “ウッチー”の珠玉写真公開で反響!!】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 pathos ★ :2018/02/12(月) 14:22:45.96 ID:CAP_USER9.net

    ファン・ダイクの後継者は吉田麻也ではなかったのか 英紙が認めたのは24歳のスティーブンス


    急激に成長するスティーブンス photo/Getty Images

    指揮官もファン・ダイクの穴埋めできると自信

    サウサンプトンは今冬にリヴァプールへ売却したDFフィルジル・ファン・ダイクの穴をどう埋めるのか。これは大きな注目ポイントだった。今季前半戦の戦いぶりからするとヴェスレイ・フートと日本代表DF吉田麻也の2人で埋めるはずだったのだが、英『Daily Mail』は24歳のジャック・スティーブンスをファン・ダイクの後継者候補と呼び始めている。

    サウサンプトンは11日にリヴァプールと対戦し、この試合もセンターバックのコンビはフートとスティーブンスだった。吉田はベンチが続いており、ロシアワールドカップへ向けた重要なこの時期にポジションを失っている。海外組の中でも継続的に出場機会を確保していた選手だけに、ファン・ダイクが抜けた今ポジションを失うのは予想外の事態だ。

    指揮官のマウリシオ・ペジェグリーノも現戦力でファン・ダイクの穴を埋められると考えており、特にスティーブンスに大きな期待をかけている。

    「我々はファン・ダイクの穴を埋めるのに十分な選手を抱えていると思う。吉田、フート、ジャック、若いがヤン・ベドナレクもいる。ジャックは重要な選手になる潜在能力を持つホームグロウンプレイヤーだ。昨季もジャックは後半戦にかけて徐々にプレイタイムが増えたが、今も同じだ。フィルジルが抜けてジャックにはよりチャンスがあり、彼は成長するために謙虚にハードワークを続けないとね。我々は彼がフィルジルの穴を埋められると自信を持っているよ」

    スティーブンスは2011年にプリマスからサウサンプトンに加入し、そこからスウィンドン・タウンやミドルズブラなどレンタル移籍を経験してサウサンプトンへ戻ってきた。年齢的にもポジションを確保するには最適な時期にきている。吉田としては想定外のライバルとなっており、スティーブンスが真のファン・ダイクの後継者なのかもしれない。
    https://www.theworldmagazine.jp/20180212/01world/england/196499


    【【日本代表】吉田麻也はベンチが続いており、W杯へ向けた重要なこの時期にポジションを失っている…】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



     日本サッカー協会は9日、日本代表が3月23日(金)にマリ代表と、27日(火)にウクライナ代表と対戦することを発表した。欧州遠征として行われる2試合の会場は、ベルギーのリエージュにあるスタッド・モーリス・デュフランにて行われる。

     この2試合に関して、指揮官であるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は以下のようにコメントした。

    「マリ、ウクライナともにワールドカップ・グループステージで対戦するチームを想定してマッチメイクをしました。マリは典型的なアフリカンサッカーをするチームで、スピード、フィジカルの強さがストロングポイントです。個で試合を決することができる選手が顔を揃えています」

    「またウクライナは典型的な東欧のサッカーをするチームで、テクニカルでパスを繋ぐサッカーに長けています」

    「今回は本大会へ向けたメンバー構成を見極めるための大事な機会となります。選手たちのコンディションも含め、あらゆるチェックを行い、ワールドカップに向けて良い準備をしたいと思います」

    ■対戦相手情報
    ▼マリ代表
    FIFAランキング:71位
    過去の対戦成績:なし

    ▼ウクライナ代表
    FIFAランキング:35位
    過去の対戦成績:1勝1敗(1得点1失点)

    日本代表と対戦するマリ代表(上)とウクライナ代表(下) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】3月にマリ&ウクライナと対戦! 指揮官は「セネガルとポーランドを想定」】の続きを読む

    このページのトップヘ