Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > 日本



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/04/25(水) 06:15:54.21 ID:CAP_USER9.net

    「タカは華々しい活躍を見せている」と指揮官
     
    ドイツ国内での評価がうなぎ上りだ。ブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフで出色の出来を披露する日本代表FW、宇佐美貴史である。
     
    日曜日の31節、3-0の快勝を収めたインゴルシュタット戦では、僚友・原口元気が先制アシストを決めると、宇佐美は2点目と3点目をCKキックから導き、ふたりで全得点に絡んで見せた。
    ドイツ・メディアはこぞってこの日本人デュオの活躍を称え、フリードヘルム・フンケル監督は「昔からよく知るゲンキ(原口)が来てからというもの、タカ(宇佐美)は華々しい活躍を見せているね」と目を細める。
     
    ドイツ全国スポーツ紙『BILD』は、「チームにすっかり溶け込めているし、僕たちふたりは本当に楽しんでプレーしている。個人的には冬のウインターキャンプでいい準備ができたのが大きかった」と宇佐美の声を伝えた。
    さらに選手本人は「(2部で)チャンピオンになりたい。そして、デュッセルドルフに残りたい」と、その胸中を明かしている。

    現在、宇佐美は1部のアウクスブルクからの期限付き移籍中で、レンタル元との契約は2019年6月まである。フォルトゥナは来シーズンに1部を戦う上で重要な戦力と捉えており、それはフンケル監督も同意見だ。
    アウクスブルクが売却に応じるかどうかだが、クラブのスポーツ・ディレクターであるシュテファン・ロイターが『BILD』紙の取材に応え、口を開いた。かつてボルシア・ドルトムントなどで一時代を築いた、元ドイツ代表の名DFである。
     
    「フォルトゥナでのウサミは素晴らしいね。もしプレーヤーが私の元へ来て、他のクラブでの解決策を探し求めているなら、基本的に話をする準備はあるよ。だが結論を出すためには、すべてのサイドの条件がフィットしなければならない」
    条件面さえ整えば完全移籍の交渉に応じる、とも取れる発言だ。『BILD』紙も「フォルトゥナが適正な買い取り額を提示すれば問題はないだろう。そもそもウサミとアウクスブルクは上手く行っていなかったのだから」と記している。

    ◆原口とともに“ダブル買い取り”の可能性も
     
    ドイツ2部の情報を専門に扱うサッカーサイト『LIGA-ZWEI』は、フォルトゥナに対して早急な決断を求める。「ウサミはハラグチとともにワールドカップを戦う日本代表のメンバーに選ばれるだろう。
    もしそこで名を上げれば、市場価格はグッと吊り上がるはずだ。フォルトゥナは早めに決断して、アクションを起こす必要がある」と論じるのだ。
     
    原口も宇佐美と状況は同じで、レンタル元のヘルタ・ベルリンとは来年6月まで契約が残っている。
    左に原口、右に宇佐美を配する日本人アタッカーの両翼が機能しているフォルトゥナだけに、フンケル監督は原口の完全移籍も視野に入れているかもしれない。
     
    いずれにせよ、西野朗新政権が発足した日本代表にとって両雄のハイパフォーマンスは、頼もしい限りだ。今週土曜日のディナモ・ドレスデン戦でも揃ってスタメン出場を果たすか。
    勝てば1部昇格が決まり、他会場の結果次第では2部優勝が確定する注目の一戦だ。

    4/25(水) 5:56配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00039355-sdigestw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<宇佐美貴史の評価がうなぎ上り!>「残りたいです」と告白! レンタル元のSDが「完全移籍」に向けて注目発言…】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 Egg ★ :2018/04/25(水) 07:47:12.23 ID:CAP_USER9.net

    サッカー日本代表のヴァヒド・ハリルホジッチ監督の電撃解任について国内では賛否両論だが、海外では、「W杯出場に導いた監督にとんでもない仕打ち」(フランスの日刊紙『パリジャン』記者のドミニク・セベラック氏)といった見方が大勢を占めるようだ。

     欧州のサッカー事情に詳しいスペイン在住カメラマンのムツ・カワモリ氏が解説する。

    「特に問題視されているのは、解任理由の説明が明確でなかったことです。これまで欧州の人々が抱いていた“日本人は誠実”という印象の反動もあり、“もう誰も日本の監督なんて引き受けないだろう”といわれている」

     ハリル前監督は怒り心頭で、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が手渡ししようとした契約解除の書類の受領を拒否。すでに来日して、27日には反論会見を開く予定という。

     一方で、早くも“再就職先”の交渉を進めているようだ。ノンフィクションライターの宇都宮徹壱氏はこう話す。

    「ブラジルW杯で指揮をとったアルジェリアや、エジプトなどが招聘すると囁かれている」

     そこに“参入”するかもしれないのが韓国だ。

    「昨年8月のW杯予選でハリルジャパンがオーストラリアを破った際に韓国でのハリル評価は高まり、昨年12月の東アジア選手権の開催中には韓国サッカー協会幹部が接触したとの情報も飛び交った。ハリル氏が掲げるカウンター主体の戦術は日本より韓国向き。さらに“アジアのサッカーを知っている”というアドバンテージもあるから、韓国が名乗りを上げる可能性は十分あるでしょう」(サッカー協会関係者)

     敵の敵は味方──ハリル氏が日本の宿敵を率いて“復讐”する日が来るのだろうか。

    ※週刊ポスト2018年5月4・11日号

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    4/25(水) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00000003-pseven-spo


    【【元代表監督】<怒り心頭のハリルホジッチ氏>まさかの「韓国監督」の可能性!?】の続きを読む



    (出典 www.jleague.jp)



    21日の“大阪ダービー”で起きた日本代表同士の接触シーンに英紙も注目

     サッカー日本代表同士の激しい接触シーンが海外にも衝撃を与えている。G大阪の日本代表GK東口順昭は21日のC大阪との“大阪ダービー”で味方DFと激突。顔面が変形するほどのシーンを海外メディアが「ゾッとする瞬間」と伝えている。

     前半11分、C大阪のGKキム・ジンヒョンが前線へフィード。相手のFWと共に、反応したのはG大阪の日本代表DF三浦弦太だ。懸命に下がってヘディングで対応しようと、飛び上がった次の瞬間だった。

     同様にボールを処理しようと、飛び出してきた東口と激しく衝突した。大歓声により、お互いの声も届かなかったのだろう。すぐに東口は交代したが、右眼から頬にかけて腫れ上がっていた。

    「ゾッとする瞬間。ガンバ大阪のチームメート同士が頭をぶつけ合い大クラッシュ。頬骨は骨折し、歯が吹っ飛び、そしてW杯欠場のリスクだけが残った」

     英紙「サン」はこう見出しをつけて報じ、「身震いするようなクラッシュから生まれたショッキングな瞬間だ」と続けている。

    「チームメート同士が大クラッシュ」、英紙も大々的に報道

    「味方によってこのGKは顔面の骨は破壊され、歯を失った。そして、マサアキ・ヒガシグチが今夏のW杯メンバー選出を逃す可能性も示している」

    「動画を見ると、同僚のゲンタ・ミウラがロングボールの対処に頭を突き出したところに、ヒガシグチの顔面が入り、歯が吹っ飛んでいく場面も見受けられる。彼の顔面は重々しく腫れ上り、プレー続行不可能でピッチを去ることになった」

     同紙では4枚の写真を用いながら、激しい接触シーンを伝えている。

    「ヒガシグチは日本代表メンバーの常連であり、エイジ・カワシマのバックアッパーを務める候補の1人であったが、このシリアスすぎるダメージは彼のW杯参加の資格を奪うことになるかもしれない」

     同紙はこう伝え、東口のロシアW杯のメンバー入りに黄信号が灯ったとしている。

     所属クラブは24日に右頬骨骨折(みぎきょうこつこっせつ)、右眼窩底骨折(みぎがんかていこっせつ)と発表。復帰時期などは明らかにしていない。東口はロシア行きの切符を手にできるか。一日も早い回復を祈りたい。(THE ANSWER編集部)

    G大阪の日本代表GK東口順昭【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】G大阪の日本代表GKを襲った悲劇に海外も悲鳴 「身震いするようなクラッシュ」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 Egg ★ :2018/04/24(火) 19:57:55.56 ID:CAP_USER9.net

    サッカー日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)は21日に再来日し、声を震わせながら「真実を探しにきました」「私はゴミ箱に捨てられたような状態」などと語ったが、日本協会関係者は「要するに、カネを取りに来たんでしょう」と冷ややか。実際、29日までの日本滞在の大部分は、違約金や慰謝料をめぐる“銭闘”に費やされる見通しだ。

     強気一辺倒だったハリルホジッチ氏が、涙で声を震わせたのは意外な光景ではあった。

     ただし、羽田空港に到着したハリル氏は最初、待ち構えた報道陣に手を振る余裕があった。

     冒頭、「日本に来ることをいつも楽しみにしていましたけど…」と訳していた樋渡群(ひわたし・ぐん)通訳(40)がおえつを漏らし始め、ハリル氏の方がもらい泣きする形で、目に浮かんだ涙を隠そうと、外していたサングラスを掛け直したのだ。

     実は樋渡通訳、2015年3月の日本代表監督就任当時からハリル氏を担当しているが、「ハリルを崇拝しすぎ、感情的になるところがある」(日本協会関係者)として、昨年3月から羽生(はにゅう)直行通訳(43)を加えた2人制となった経緯がある。樋渡通訳が外されなかったのは、ハリル氏のお気に入りだったからだ。

     ハリル氏の帰国予定は29日だが、9日間もの滞日中、決まっているスケジュールは自らリクエストした公式記者会見(27日=都内の日本記者クラブ)だけだという。

     水面下で日本協会との“銭闘”がスタートする見込みだが、ある同協会関係者はこう怒りをあらわにする。

     「ハリルが日本でマネジメント契約を結んでいる代理人は、元日本代表主将・宮本恒靖氏のマネジメントも行っている人物で、日本代表戦のマッチメークの仕事もしている。日本協会から億単位の仕事も請け負っているんです。ハリル解任をめぐって違約金や慰謝料が発生すれば、彼にも報酬が入るのでしょう。しかし、日ごろの日本協会との関係からいえば、仮にハリルが日本で会見をしたいといっても止めるのが筋でしょう。それなのにたきつけたフシさえある」

     さらに、「ハリルに異様に肩入れしている樋渡通訳も、日本協会に雇われている立場なんですがね…」と付け加えた。

     また、フランス人の某日本協会関係者は、タレントのビートたけしとハリルホジッチ氏の対談を企画。こちらもハリル解任で消滅し、「日本協会の解任は許されるべきではない」と怒り心頭という。

     こうした、電撃解任で名誉や利益を取り損ねた人々が右往左往し、ハリルの再来日を後押しした面もありそうだ。

     そのハリル氏が日本代表在任中の3年間で得たサラリーは約6億円といわれる。今後はW杯本戦前に解任されたことによる違約金に加え、名声を傷つけられたとして慰謝料も要求する構えとみられている。

     日本協会は「しっかり誠意をもって対応する」(田嶋幸三会長)として、ハリル氏が面会を要求するなら応じる用意もしているが、心配なのは西野朗監督(63)率いる新体制に影響が及ぶこと。

     西野監督が「(ハリル氏と)会う予定は全くない。僕自身、猶予もなく、準備期間もないので、とにかく今の仕事に集中したい」というのも無理はない。

     しかし、代表監督を評価し助言する技術委員長の立場にあった西野監督が、ハリルの銭闘に巻き込まれる可能性は拭えない。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

    4/24(火) 16:56配信夕刊フジ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000018-ykf-spo


    【【日本代表】<ハリル前監督>涙の再来日のウラ...電撃解任で名誉や利益を取り損ねた人々が右往左往!】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



     4月とは思えない初夏の陽気となった21日の埼玉スタジアムで行われたJ1リーグ、浦和レッズ対コンサドーレ札幌。槙野智章はキックオフ直前、柏木陽介、興梠慎三とともに敵将かつ恩師のミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下へ駆け寄り、愛情溢れる抱擁を受けた。

    「2006年にプロ生活をスタートさせた時から長いこと監督であり、サッカーを離れれば父のような存在だった。苦しい時も声をかけてくれたし、今の僕がいるのもペトロヴィッチ監督あってこそ。だからこそ、素晴らしいプレー、素晴らしい結果、ゴールで恩返しできればと思っていました」と赤き軍団の背番号5は普段以上に強い決意を胸に秘め、ゲームに挑んだ。

     試合前の順位は10位と4位。札幌の方が上にいる状態だったが、日の丸経験者をズラりと揃える浦和が主導権を握る。ペトロヴィッチ監督時代の定位置、3バックの左に入った槙野は機を見て攻め上がり、虎視眈々と得点を狙う。65分に柏木の左CKに頭で合わせたシーンなどは、ネットを揺らしてもおかしくなかった。が、「最後のクオリティに問題があった。ラストパスやシュートの精度に少し欠けていた」と彼自身も認めるように、この日の浦和は13本ものシュートを放ちながら、スコアレスドロー。恩師に圧倒的実力差を見せることは叶わなかった。

     しかしながら、大槻毅暫定監督体制の浦和はリーグ戦3勝1分、ルヴァンカップ1勝1分と無敗で乗り切ることができた。短期間でチームを再建し、その役割を終えることになった強面指揮官に対し、槙野は最大級の賛辞を送った。

    「大槻さんにあって、堀(孝史前監督)さんにないものは『話術』。ミーティングでも毎回かなりの名言を残していて、言葉で人を動かす力はホントに感じました。この3週間でチームや個人が何をしなければいけないのかを理解できた」と、Jリーガー屈指の喋りのセンスを誇る男が言うのだから、大槻監督の豊かな表現力は傑出したものがあるのだろう。

    ◆2人の新指揮官の下、求められるコンスタントな活躍

     トーク力という部分では、4月7日に電撃解任された日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ前監督もある意味抜きん出ていた。ミーティングや記者会見の長さは歴代の代表監督の中で紛れもなくトップだろう。2015年3月の就任時から継続的に呼ばれ続けた槙野は、ボスニア人指揮官から怒られ、罵声を浴びせられた回数が最も多い選手の1人。奇しくもこの日、再来日したハリル氏が羽田空港で涙ぐんだことを伝え聞くと、思わず複雑な表情を浮かべた。

    「僕はハリルホジッチ監督にすごく怒られましたし、褒められた数はあんまりない。ただ、よくなるためにいろんな言葉を浴びせられ、映像を見せてもらったからここまで来ることができた。それは間違いなくハリルさんのおかげでもある。一緒にワールドカップへ行くって大きな目標を掲げていた方と行けなくなるのは寂しい気持ちですけど、こればっかりはね……」と3年間築いてきた強固な絆を白紙に戻さなければいけない辛さを改めて吐露した。

     昨年夏にペトロヴィッチ監督と離れ、今月に入ってから大槻監督、ハリルホジッチ監督という信頼を寄せた2人の指揮官とも離れることになった槙野。クラブと代表で同時期に監督交代に直面することは滅多にないが、そういう難しさを乗り越えていかなければ、選手としての責務は果たせない。浦和は25日の柏レイソル戦からオズワルド・オリヴェイラ監督が指揮を執ることになるし、代表も5月21日の直前合宿から西野朗監督体制で再始動する。どちらの監督からも存在価値を認められ、恒常的にピッチに立つこと。それが槙野にとって当面の重要テーマになってくるのは間違いない。

    「オリヴェイラ監督が鹿島で指揮を執っていた時、韓国でオールスターがあって、僕はそこに呼んでもらったことがありますけど、ミーティングは非常に長くて、質も高かった印象があります。(2007~2009年の3連覇をともに果たした)興梠選手からも厳しい方というのは聞いている。そういうタイプはウチの選手一人ひとりのキャラクターを考えたら合ってるんじゃないかと思いますね。代表の方も西野監督になった中で、自分もその一員になるためにやらなくちゃいけないことはまだまだ沢山ある。残された時間でできるだけ厳しい環境を作ってレベルアップすること。それに尽きると思います」と槙野は自身のやるべきことを明確に見据えている。

     クラブでの好調維持、コンスタントな活躍がなければ、ロシアW杯の最終メンバー入り、代表レギュラー獲得はあり得ない。2010年南アフリカ、2014年ブラジルと2度ワールドカップを逃した30歳のDFにはその厳しさが誰よりもよく分かっている。ペトロヴィッチ監督から学んだプロフェッショナルとしての意識、大槻監督から学んだ言葉の表現力、そしてハリルホジッチ監督から学んだデュエルの重要性をしっかりと自分のものにして、世界と互角に戦えるような頼もしい存在に飛躍することを今一度、目指してほしいものだ。

    文=元川悦子

    ロシアW杯の最終メンバー入りへ、槙野は度重なる監督交代を乗り越えコンスタントな活躍を求める [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】指揮官交代を乗り越えロシアへ…槙野智章が挑む最後の戦い】の続きを読む

    このページのトップヘ