Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > 日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    負傷離脱中のG・モレノ、次節のリーガで戦列復帰の可能性が浮上

     ビジャレアルは現在、エーススペイン代表FWジェラール・モレノを負傷で欠く状況が続いているが、ビジャレアル専門メディアは「モレノはバジャドリード戦に間に合うのか? そして、それはタケ・クボにどのような意味があるのか?」と見出しを打ち、G・モレノ復帰時の日本代表MF久保建英への影響を指摘している。

     今季ウナイ・エメリ新体制となったビジャレアルは、レアル・マドリードから久保を期限付き移籍で獲得。プレシーズン中から熾烈なポジション争いが繰り広げられてきたなか、絶対的エースのG・モレノが今月のスペイン代表活動中に負傷。左足のハムストリングを痛めて、11日から数週間の離脱を余儀なくされていた。

     29日に控えているUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節カラバフFK戦は欠場の可能性が高いが、ビジャレアル専門メディア「VILLARREAL USA」は「モレノはバジャドリード戦に間に合うのか? そして、それはタケ・クボにとってどんな意味があるのか?」と見出しを打ち、11月2日リーガ・エスパニョーラ第8節バジャドリード戦でG・モレノが復帰する可能性を取り上げている。

     記事では、G・モレノの練習復帰が目前であることに触れつつ、「最も損失を受ける人物は、もちろんタケ・クボだ。スィヴァススポル戦では並外れていたが、カディス戦に関しては非常に物静かだった。レアルの若者は、ジェラールと共存し、自分の立場を維持するため、左サイドシフトする必要が求められる。それほど、両者の間には目に見える違いがある」と指摘している。

     久保はEL初戦のスィヴァススポル戦(5-3)で1ゴール2アシストと印象的なパフォーマンスを発揮した一方、リーグ初先発に抜擢された第7節カディス戦(0-0)では存在感を示せずに終わっていた。同メディアは、右サイドを主戦場とするG・モレノが復帰した場合、最も影響を受けるのは久保であると認識しているようだ。(Football ZONE web編集部)

    ビジャレアルでプレーするMF久保建英【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】「久保にとってどんな意味がある?」 エース復帰の影響を海外指摘「最も損失を受ける人物」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    冨安健洋が所属するボローニャが、不名誉な記録を作ってしまった。

    ボローニャは24日、セリエA第5節でラツィオと対戦。ルイスアルベルト、チーロ・インモービレにゴールを許し、2-1で敗戦となった。

    冨安はこの試合に先発フル出場。58分にイエローカードを受けていた。

    この試合でも失点したボローニャだが、このラツィオ戦でセリエAで38試合連続失点。これは1975年のデュイスブルクが記録したヨーロッパ5大リーグでの最長失点記録となってしまった。

    ボローニャが最後にセリエAクリーンシートを達成したのは2019年9月25日ジェノア戦で、その際は0-0のゴールレスドローだった。

    そこから38試合連続で失点。69ゴールを許していた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】冨安健洋所属のボローニャが不名誉記録、38試合連続失点で45年ぶりの欧州5大リーグ記録に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    ボタフォゴに所属するMF本田圭佑(34)だが、クラブと短期の契約延長を行うようだ。ブラジル『グローボ』が伝えた。

    2020年1月31日にフィテッセからボタフォゴへと完全移籍で加入した本田。加入後、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もありサッカーができない時期が続いたが、8月に開幕を迎えたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは、チームの中心として活躍している。

    トップ下やボランチなどでプレーしている本田は、ここまで11試合に出場。10月11日に行われた第15節のスポルチ・レシフェ戦では、日本人選手として22年ぶりとなるゴールを記録。日本代表としても活躍したMF前園真聖氏が1998年サントスで記録して以来のゴールとなった。

    ボタフォゴにとっても欠かせない存在となっている本田だが、契約は2020年12月31日までとなっており、このままでは2021年2月に終了するセリエAで最後までプレーできないこととなる。そのため、少なくともシーズン終了までの契約更新を行うようだ。

    給与や契約条件は据え置きとなり、契約更新料は無料に。ボタフォゴは11月24日に会長選が控えており、本田をより長くチームに留まらせるかどうかは会長次第となるようだ。

    なお、ボタフォゴはホッフェンハイムからレンタル中のMFブルーノ・ナザリオ(25)については、レンタル期間をすでに延長することで合意したとのこと。他の選手とも交渉しているようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】本田圭佑がボタフォゴとの契約を短期延長か、シーズンは2月終了予定も契約は今年一杯】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    ラツィオ戦にフル出場したものの、試合は1-2で敗戦

     イタリアセリエAのボローニャに所属の日本代表DF冨安健洋は、現地時間24日の強豪ラツィオ戦にフル出場。1-2で敗れたゲームで、イタリアメディアでは「失敗は高くついた」と失点に関わった場面を指摘された。

     冨安は強豪ラツィオとのゲームにスタメン出場したものの、チームは後半9分に先制点を許し、同31分には追加点を奪われた。試合終了間際に1点を返したものの、及ばなかったという展開だった。冨安は後半13分にイエローカードを受けたが、イタリア代表FWチーロ・インモービレに許した2点目の場面が採点では指摘されている。

     イタリアサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」では、採点記事のタイトルを「ダニーロと冨安、失敗は高くついた」として、DFダニーロ・ラランゲイラと共に指摘。「5.5点」を付けられた冨安は、「ホアキン・コレアと良いバトルを繰り広げた。実際にゴールを一つ防ぐ場面があった。後半、インモービレに不意を突かれてゲームオーバーになった」とされた。

     2失点目の場面はこぼれ球をオーバーヘッドキックで中央に戻されたところ、インモービレに対するマークが遅れる形だった。意外性のあるプレーに対しての予測と反応の部分で差がついたという評価をされている。

     また、サッカー専門メディアカルチョメルカート・コム」では冨安を「6点」として「前半は特にうまくやっていた。後半はラツィオの勢いが増して困難だった」と評価された。

     開幕5試合を終えて1勝4敗と苦しい状況にあるボローニャは、ここまで無失点のゲームがなく10失点。センターバックとして期待されてセリエAの2シーズン目をスタートしているだけに、何とか失点を減らす結果を残したいところだ。(Football ZONE web編集部)

    ラツィオ戦にフル出場をしたボローニャDF冨安健洋【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】「失敗は高くついた」 冨安健洋、“失点関与”シーンに伊メディアは辛口評価】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    クラブ公式サイトで陽性反応および隔離措置が発表される

     ベルギー1部ヘンクの日本代表MF伊東純也は、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが発表された。現地メディアも「コロナ禍の被害がヘンクにまた1人」と注目して報じている。

     伊東は今季リーグ開幕戦から先発出場を続けチームの主軸として活躍してきた。先日の日本代表オランダ遠征にも参加し、カメルーン戦、コートジボワール戦のいずれにも出場している。しかし、チームに戻って最初の前節シャルルロワ戦では2枚のイエローカードを受けて退場処分を受け、次節は出場停止となっていた。

     そんななか、ヘンクはクラブ公式サイトで「クラブ全体が新型コロナウイルスの検査を受けたところ、ジュンヤ・イトウに陽性反応が出ました。次節出場停止のイトウは、もちろんすぐに隔離措置が取られています」と発表。チームから一時離脱することが明らかになった。

     主力としてチームを牽引してきた伊東の新型コロナウイルス陽性には、現地メディアも反応。「Voetbalkrant」は「コロナ禍の被害がヘンクにまた1人」と見出しを打ち、次のように報じている。

    「非常に難しい状況が続く。多くのクラブ新型コロナウイルス陽性反応に関するリリースを出しており、ヘンクからも1人の陽性者が出た。日本人ウインガージュンヤ・イトウは検査で陽性が出たことによって隔離期間に入る。次の試合はもともと出場停止だったが、誰も安心できる状況にはないだろう」

     ベルギー紙「Le Soir」によると、ナイジェリア代表FWポール・オヌアチュを始め、チーム内ではすでに6人の感染者を出しており、伊東が7人目になったとのこと。北半球が冬を迎えるなか、サッカー界の新型コロナウイルス対策も“正念場”に突入するのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    ヘンクに所属するMF伊東純也に新型コロナウイルスの陽性反応【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ヘンク伊東純也、新型コロナ陽性に現地反応 チーム7人目の感染に「難しい状況が続く」】の続きを読む

    このページのトップヘ