Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > 日本



    1 豆次郎 ★ :2019/10/23(水) 12:29:11.96 ID:OYlKMM/29.net

    アディダスは23日、サッカー日本代表新ユニフォームに関するリリースを発表した。

     日本代表の新ユニフォームをめぐっては、海外のサイトでリーク画像が出回った他、日本国内でも一部の報道機関によって詳細が報じられていた。これに対し、日本代表の公式サプライヤーを務めるアディダスは、「当社の発表に基づくものではございません」とし、後日正式に発表する旨を各報道関係者へ通達した。なお、発表前後の詳細な日程は明かされていない。

     以下、アディダスからの発表(原文ママ)。

    「一部報道機関においてサッカー日本代表のユニフォームに関する報道がございましたが、当社の発表に基づくものではございません。サッカー日本代表新ユニフォームの正式発表に関しましては、後日実施を予定しております。」

    https://mainichi.jp/articles/20191023/s*/00m/050/010000c
    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/10/23/20191023s*00m050010000p/7.jpg


    【【サッカー日本代表】アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 ひかり ★ :2019/10/23(水) 18:18:21.47 ID:2gW0fzz09.net

    KeisukeHonda(本田圭佑)@kskgroup2017
    理想を追い求めると

    自分の現状が見えてない痛いヤツ。
    これ、子供の頃から沢山言われてきたけど、今思うのは

    この先もずっと痛いヤツであり続けたい。
    午後6:03 · 2019年10月23日

    https://twitter.com/kskgroup2017/status/1186931105544298496
    (deleted an unsolicited ad)


    【【元日本代表】本田圭佑「この先もずっと痛いヤツであり続けたい」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    公式ツイッターを更新し、ラグビー代表へメッセージを送った

     日本代表MF本田圭佑が“ジョブズ流”エールラグビー日本代表メッセージを送った。ラグビー日本代表は20日、国内で開催されているワールドカップ(W杯)の準々決勝で南アフリカと対戦し、3-26で敗れた。惜しくもベスト4入りは叶わなかったが、日本中を感動の渦に巻き込んだ同代表に、本田も英語で反応している。

     公式ツイッターを更新した本田は「ラグビー日本代表の皆さん、Great! Thank you!  Stay hungry!(素晴らしい! ありがとう! ハングリーであれ!)」と投稿。このエールファンから反響を呼んでいる。

    Stay hungry」と聞くと、2011年に亡くなったアップル社の共同設立者のスティーブ・ジョブズ氏の名言を連想する人も多いだろう。ジョブズ氏は2005年アメリカ・スタンフォード大学の卒業式でスピーチの締めとして「Stay hungry. Stay foolish(ハングリーであれ。愚か者であれ)」と言葉を残した。その名言になぞらえたような本田らしいエールで、ラグビー代表の活躍に誠意を示した。

     このメッセージファンコメント欄で「stay foolish!」と続けたり、「本田選手らしい称え方ですね」「こんなに熱くなったのは去年のW杯以来です」「凄く深みがある言葉ですね」などと反応。ほかにも、今季まだ所属先が決まっていない本田に対して「今度は本田さんのサッカーでの熱い戦い、心待ちにしています」「次は本田さんが東京オリンピック日本代表で躍動する姿を見れるんですね」と“逆エール”も送られた。

     列島に勇気を与えたラグビー代表に感謝の言葉も残した本田。自身を高め続ける33歳にとって刺激となった大会になったことは間違いないだろう。(Football ZONE web編集部)

    本田圭佑がラグビー日本代表にエール【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】本田圭佑、ラグビー代表に“ジョブズ流”エール!? 感謝を込めて…「Stay hungry!」】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/21(月) 14:39:05.69 ID:P0oI6Ahr9.net

    日本ではまだ“タトゥー”に対してネガティブな感情を抱く人が多い現状がある。

    ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場する各国の選手たちに対して、ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーより日本では“タトゥー”を隠すよう指示があったという。
    「日本の文化を尊重する」と選手側から反発する意見はほとんど出なかった中、日本では賛否両論さまざまな意見が飛び交った。

    海外のクラブで4シーズン目を過ごす日本代表選手でありながら、タトゥーが理由で日本では「個人スポンサーはまずつかないでしょうね」と言い切る小林祐希は、
    どのような想いで体にタトゥーを刻み、そしてタトゥーとともに生きる現在をどう感じているのだろうか?


    家族の名前を一番最初に入れました。妹2人とお母さんの名前を(撮影=軍記ひろし)

    「日本だとタトゥーは受け入れられないからダメ」

    ――タトゥーを入れたきっかけを教えてください。

    小林 もともとタトゥーに興味はあって。ロサンゼルスに住んでいるHIROさんというアーティストの方がいて、
    「タトゥー入れたいです。入れたい内容ももう決まっているんです」って話してたんですけど、「日本だとタトゥーは受け入れられないからダメ。お前のことは好きだからお前には入れない」と2年くらい断わられていたんです。
    「なんでだよ。自分が入れたいんだからいいじゃん!」って思っていたんですけど。
    「じゃあ、HIROさん、俺が家まで訪ねたらやってくれますか?」って聞いたら、「来ちゃったら考えるよ」って言われたから、本当に家まで行ったんですよ。
    住所を聞いて、この日に行くんでって。そしたら、やるしかないなってことになって、デザインを考えてもらいました。

    ――それはいつ頃ですか?

    小林 23歳の時ですね。まだジュビロ(磐田)でJ2の時です。まず家族の名前を一番最初に入れました。
    妹2人とお母さんの名前をデザインしてもらって。実は親父がすごく厳しい人で、親父には何も言わずにタトゥーを入れて帰ったんですけど。

    ――お父さんの名前は入れてないんですよね?

    小林 そう。そしたら電話がかかってきて、絶対怒られる……と思ったら、「なんで俺の名前が入ってないんだよ」って言われたんです(笑)。

    ――タトゥーを入れたことは怒られなかったのですか?

    小林 入れたことは怒られなくて(笑)。親父の名前も入れる内容が決まっていたので、次の年に反対側の腕に親父の名前を入れたんですよ。
    そうやって意味のあるものがちょっとずつ増えていきました。その時の自分の信条とか感情とかを、刻んで。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00010001-realspo-socc
    10/21(月) 11:36配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    h
    (出典 imgc.eximg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 f.image.geki.jp)


    【【元日本代表】小林祐希が“タトゥー”と共に生きる理由とは?「それで代表に選ばれなかったら仕方ない」】の続きを読む



    (出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)



    1 Egg ★ :2019/10/18(金) 13:06:50.42 ID:ml3KhvD99.net

    【日本 3-0 タジキスタン カタールワールドカップ・アジア2次予選第3節】

     カタールワールドカップ・アジア2次予選第3節、日本代表対タジキスタン代表が15日に行われた。試合は日本代表が3-0の勝利を収めている。

     前半は無得点に終わり、攻撃陣は停滞した。この日のパフォーマンスは、日本代表が孕む危険性を予期させるものとなった。

     この日の2列目は右サイドに堂安律、左サイドに中島翔哉が起用された。両選手ともに目立った活躍はできず、攻撃時には不用意なボールロストを何度も繰り返した。守備でも中島は、前半にカウンターを受けた際のプレスバックを怠る場面があった。長友佑都が機転を利かせた対応で事なきを得たが、失点になりかねないプレーだった。

     幸いにもタジキスタン戦は無失点で試合を終えることができた。ミャンマー、モンゴルといった格下や、インテンシティの低い親善試合であれば通用するかもしれないが、イランやオーストラリア、韓国と対戦する可能性がある3次予選では命取りとなる。アジアの強豪国に通用しないことは、この試合を見れば明らかだった。

     守備の負担を減らすのであれば、中島を2トップの一角(トップ下)で起用するというアイデアもある。しかし、4戦連続得点をマークする南野拓実をサイドに回すことによるデメリットの方が大きい。

     あくまで中島と堂安の起用にこだわるのであれば、中盤に柴崎岳を置くのは適任とは言えない。ボールロストを繰り返す彼らによって守備に奔走させられ、柴崎は高い位置から攻撃に絡むことはできない。卵が先か鶏が先かの議論になるが、少なくともこの3人の同時起用はミスマッチと言わざるを得ない。

     この試合で短い時間ながらボールを失わなかった久保建英や、モンゴル戦で3アシストをマークした伊東純也は、間違いなく現在の日本代表のサイドに必要な人材になるだろう。中島と堂安を同時起用するのであれば、遠藤航と橋本拳人を中盤に並べた方がいい。

     森保一監督就任から1年が過ぎ、チームはアジアカップとコパ・アメリカ(南米選手権)を経験し、ワールドカップアジア2次予選に突入した。森保ジャパンは発足時からほぼ同じメンバーで戦っているが、選手を入れ替えが必要となる時期は差し迫っている。

    【了】

    https://www.footballchannel.jp/2019/10/16/post343075/


    【【日本代表】<起用再考のデッドライン>現状ではアジアの強豪に通用せず…ボールロストを繰り返す中島翔哉ら固定の危険性】の続きを読む

    このページのトップヘ