Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:ナショナルチーム > 日本

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 spread-sports.jp)



    ブラジル代表MFソクラテス、元スペイン代表MFマタ、ベルギー代表FWルカクら選出

     トルコ1部ガラタサライ日本代表DF長友佑都が、イタリアメディア「Sempreinter」の特別企画「サッカー史上最も教養のある選手7人」に選出された。

     愛媛県出身の長友は、2005年に明治大に入学。椎間板ヘルニアなどでプレーできず、スタンド和太鼓を叩いてチームメイトエールを送る裏方に徹した日々もあった。在学中の2008年FC東京と正式契約を結ぶと、同年5月に岡田武史監督率いる日本代表に初招集され、A代表デビューを果たした。

     2010年南アフリカワールドカップで全試合に出場して存在感を放った長友は、同年夏にイタリア1部チェゼーナに移籍。そしてわずか半年後にイタリアの名門インテル加入と、一気にステップアップを果たした。18年1月にインテルから現在のガラタサライへ期限付き移籍。即戦力としてリーグ優勝に貢献すると、シーズン終了後に完全移籍している。

     記事では、長友を「明治大出身の経済学者」と紹介。「経済学部で学士を取得したユウトは、その修了証書をただ棚に飾ってはおかず、得た知識を自身の成長のために使おうとした。これまでに近代経済学に関する本を2冊執筆しており、おそらく現役引退までにあと数冊執筆することだろう」と触れている。

     その他、元ブラジル代表MFで哲学博士の学位、医師免許などを持ち、引退後は実際に医者としても働いたソクラテス氏や、スポーツとマーケティング部門で学士を取得し、ジャーナリストの資格も持つと報じられているマンチェスター・ユナイテッドの元スペイン代表MFフアン・マタ、広報とツーリズムで学位を持ち、イタリア語、英語、オランダ語フランス語コンゴ語、スペイン語を話すことができるインテルベルギー代表FWロメル・ルカクなどの名前も挙げられている。(Football ZONE web編集部)

    ガラタサライの日本代表DF長友佑都【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】“明治大出身の経済学者”長友佑都、海外選定「サッカー史上最も教養のある7人」入り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    写真提供: Gettyimages

     ブラジル1部のボタフォゴに所属する元日本代表FW本田圭佑が27日、自身のツイッターを更新。28日の朝9時から記者会見を行うことを発表した。

     本田は自身のツイッターに「明日(28日)の9:00から記者会見をします。新たな挑戦を発表します。」と、動画配信のリンク付きで投稿。動画は「WEIN挑戦者FUND」というタイトルがついており、概要欄には本田を含む3名の登壇者が記載されている。

     代表パートナーは本田に加え、溝口勇児氏と高岡浩三氏のようだ。これまで、カンボジア代表監督や社会人サッカークラブone Tokyo」の設立など、現役選手ながら様々なチャレンジをしている本田。今度はどのような挑戦をするのだろうか。発表に注目していきたい。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】本田圭佑、28日の朝に記者会見!「新たな挑戦を発表」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    フェイエノールト1年目の本拠地AZ戦、巧みなトラップで相手を翻弄しての一本が6位

     日本サッカー史に残る“天才”プレーヤーとして、多くの人がその名前を挙げるのが元日本代表MF小野伸二FC琉球)だろう。まるで足に吸い付くようなボールタッチや、創造性あふれるプレーは日本にとどまらず海外でも称賛を集めてきたが、古巣フェイエノールトは公式YouTubeチャンネルで「歴代アシストTOP30」を選出。小野の華麗なトラップからのお膳立てが紹介されている。

     40歳となった小野は今季、J2のFC琉球でプロ23年目を迎えている。その長いキャリアの中で最も輝いていた時期と言えるのが、2001年から5シーズンを過ごしたオランダの名門フェイエノールト時代だろう。21歳で加入した小野は移籍1年目からスタメンに定着し、UEFAカップ(現UEFAヨーロッパリーグ)では日本人選手として初めて欧州カップ戦優勝を成し遂げた。

     2000年代のフェイエノールトで英雄の1人に数えられる小野の名前は、クラブ史にしっかりと刻み込まれており、今回、「アシストゴールよりも美しい場合がある」とクラブ公式YouTubeチャンネルで公開された「歴代アシストTOP30」でもランクインを果たしている。

     6位で紹介されたのが、2001-02シーズンの本拠地AZアルクマール戦(4-1)での一本だ。1-0で迎えた前半31分にシーズン3点目のゴールを決めた小野は、その8分後に再び魅せる。右サイドからのクロスは相手のクリアに遭うが、ボールはペナルティーエリア内左の小野のもとへ。小野は浮き球をダイレクトバックヒールで切り返してマーカーを腰砕けにし、縦に突破して左足でグラウンダーの折り返し。これがゴール前で待ち構えていたフリーの元デンマーク代表FWヨン・ダール・トマソンへ見事に通り、フェイエノールトはあっさりと追加点を奪った。

     小野もガッツポーズとともに雄叫びを上げ、本拠地デ・カイプも大歓声に沸いた。オランダの強豪の歴史において、ベストアシスト企画で6位にランクインするのも、小野がいかに魅惑のプレーを見せ、ファンからも愛されていたかの証だろう。(Football ZONE web編集部)

    フェイエノールト時代の元日本代表MF小野伸二【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】ゴールよりも美しい? “天才”小野、絶妙テクニックで「歴代アシストTOP30」選出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 football-tribe.com)



    楠神が所属する南葛SCの“南葛SC体操”を総勢23名で実演

     2005年度の高校選手権、野洲高は華麗なテクニックコンビネーションを融合させた“セクシーフットボール”で一世を風靡し、見事に全国制覇を果たした。当時メンバーの出世頭であるMF乾貴士エイバル)が公式ツイッターを更新し、優勝メンバーが“共演”した模様を披露している。

    「元野洲高のサッカー部、優勝メンバー達と一緒に南葛SC体操をやってみました」

     乾はこのようにメッセージを添えて投稿した1分54秒の映像では、現在MF楠神順平が所属する東京都社会人リーグ1部の南葛SCがSNSで発信している“南葛SC体操”を各自が実践。乾や楠神ら総勢23名の映像をつなげる、豪華な“共演”を果たしている。

    MF平原研/MF楠神順平/GK下西要/MF土井鉄平
    DF荒堀謙次/MF中川真吾/GK左近上卓/MF藤井赴賢
    DF内野貴志/DF上田大輔/MF小林修士/DF小谷哲也
    MF金本竜市/DF田中雄大/MF尾本康祐/MF中島光貴
    FW青木孝太/MF乾貴士/MF前川賢司/MF関根貴紀
    FW瀧川陽/DF国領元雄/MF里本拓也

    「皆んなも是非やってみてください! ちょくちょく変なのもあるけどみてねー」

     優勝から早15年、投稿には「伝説のメンバー!!」「今でも仲良しですねー」「セクシーすぎて…」と当時を懐かしむ声も多く寄せられていた。(Football ZONE web編集部)

    エイバルMF乾貴士を中心とした野洲高校の優勝メンバーが終結【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】栄光から15年 乾貴士、伝説の“セクシーフットボール”優勝メンバー23人の“共演映像”を投稿】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 spread-sports.jp)



    長友佑都が公式YouTubeチャンネルダンストレーニングを披露

     トルコ1部ガラタサライ日本代表DF長友佑都が、公式YouTubeチャンネルを更新した。自宅でできる「長友式ダンストレーニング」を公開。タレントの妻・平愛梨さんと愛息とともにキレキレなダンスを披露するとともに、ファンからは自宅の広さに驚く声も上がった。

     長友はFC東京から2010年夏にイタリア1部チェゼーナへ移籍。翌年1月にイタリアの強豪インテルへ加入した。セリエAで活躍を遂げた左サイドバックは18年6月からガラタサライプレーしているものの、今季は出場機会が減少。今冬の移籍市場では残留が決定したが、後半戦ではのTFFトルコサッカー連盟)のメンバー外となり、今季の公式戦出場はできなくなった。

     現在は新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大しており、各国のリーグは中断を強いられるなど多大な影響を受けた。特に欧州では爆発的な感染が広がり、欧州選手権(EURO)の延期も決定。長友がプレーしているトルコでも感染者が急増し、外出禁止令を受けるなど自宅待機する日々が続いていた。

     そんななか、4月16日に新たな挑戦としてYouTubeチャンネルを開設。今回は、「長友式ダンストレーニング」の動画を妻の平愛梨さんと愛息とともに公開した。冒頭では一生懸命カメラに向かって話す愛息の言葉を長友が”通訳”し、「自宅で1カ月以上いてストレスが溜まっている!俺はトレーニングしたいんだ 家の中で!」と説明。広い自宅で妻とともに軽快な音楽に乗せて長友流のダンスを披露した。

     仲良し夫婦のキレキレな踊りにファンも大興奮だ。

    「長友流ビリーズブートキャンプやん」
    「体の動き綺麗すぎ笑」
    「長友選手がやるとトレーニングやけど平愛梨さんがやるとダンスに見える」
    「奥さんが神レベルで可愛すぎる」
    「熱弁する息子さんが可愛い
    「自宅でこのひろさはなんですか笑」
    ホテルのロビーかとオモタ」

     自宅の広さに驚く声も見られた。さまざまなことに挑んできた長友。家族で取り組む微笑ましいトレーニング姿には多くのファンが癒されたようだ。(Football ZONE web編集部)

    ガラタサライDF長友佑都が家族との自宅トレーニングを公開【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】まるでホテルのロビー? 長友佑都、広すぎる自宅で妻・平愛梨と”キレキレ”ダンストレを披露】の続きを読む

    このページのトップヘ