Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > その他


    ヤンチャから大人へ…“日藤のズラタン” 三田野慧、変化のきっかけは「妹との別れ」 | ニコニコニュース



    普段から妹の遺骨が納まったペンダントを身に付けている三田野慧 [写真]=川端暁彦
    サッカーキング

     7月30日、全国高校総体(インターハイ)男子サッカー競技2回戦が宮城県内各地で行われた。日大藤沢高校(神奈川2)は、この日から登場となるシード校・昌平高校(埼玉)と対戦。1点を先に奪われる苦しい流れの試合となったが、68分に途中出場のFW三田野慧の起死回生の同点ゴールで流れをつかむと、その直後にオウンゴールから逆転。前年度4強の優勝候補を下し、見事に3回戦進出を決めた。

     立役者となった三田野は主将のDF安松元気から「ちょっと見たことがないくらいに変わっている。本当に個が強い」と評される“超個性派”キャラクター。我の強い選手に対する指導には定評のある佐藤輝勝監督も、「1、2年生のころの三田野は本当にヤンチャな子で、大変だったんですよ」と何かを思い出したような顔をしながら笑顔で振り返る。ただ、「今年になって本当に大人になってくれた。以前だったら、スタートのメンバーでないことを受け入れられなかったと思う。でも今は自分の役割を受け入れた上で、やってくれた」

     変化のきっかけについて本人に話を向けると、一つの別れがあった事実を告げられた。昨年末、まだ11歳の若さだった妹の三田野純さんが突然の病気に倒れ、帰らぬ人となってしまったのだ。

    「それからですね。『俺が頑張らなきゃ』と、スイッチが入った。妹もサッカーをやっていて、トレセンとかにも選ばれてて、『一緒に日本代表になろう』と言い合っていた。自分にとって妹は家族であると同時にサッカー友達。一緒にサッカーの話をしたり、ウイイレをやったり、そういう関係だった。だから家族とサッカー仲間を一緒になくしたというか、2倍悲しいような感覚だった」(三田野)

     ちょうどこのころ、自身はサッカー部の中で沈んでいるタイミングだった。Bチームに落とされ、「大したケガでもないのに長く休んでいたりした」(三田野)という少し腐り気味の状態。だが、もうそんな甘えたことを言っているわけにはいかなくなった。葬儀の2日後には早くも合宿に参加。「そこから一気に切り替えた」。もう一度、大好きなサッカーへ、すべてをぶつけていく覚悟を固めた。

     妹の遺骨が納まったペンダントを家族全員が普段から身に付けており、「いつも一緒」なのだと笑って言う。試合中は装身具に関する規制があるため、妹のことも知っていたというマネージャーに着けてもらっているそうで、ピッチ脇から試合を見守ってもらっていた。

     こんなふうにちょっと重い話を聞いているはずだが、本人の語り口は至って明朗で、時には冗談も交えて暗いムードを一切作らせない。“お涙ちょうだい”ではなく、本人がどこまでも前向きで挑戦的なのも印象的で、何より魅力的だった。監督と仲間がそろって「ムードメーカー」と評していたのも納得である。この日もウォーミングアップから声を出し続け、ゴールが決まれば「マジで気持ち良かった」と絶叫してみせた。

    「本気でプロになりたいと思ってるんで」。殊勲のストライカーはそう言って笑った。目指すのは「ホントにカッコイイ」と憧れるズラタン・イブラヒモヴィッチ。さまざまな感情も背負いつつ、しかしどこまでも明るく前向きに、情熱的に。「日藤のズラタン」はこれからもまた、大好きなサッカーを全力で表現する。

    取材・文=川端暁彦



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ヤンチャから大人へ…“日藤のズラタン” 三田野慧、変化のきっかけは「妹との別れ」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ビッグカードで“伏兵”の一撃! 青森山田が東福岡を破り3回戦進出 | ニコニコニュース



    先制点を決めた青森山田の田中凌汰 [写真]=平野貴也
    サッカーキング

     最注目試合の勝敗を動かしたのは、青森山田の“伏兵”だった。平成29年度全国高校総合体育大会のサッカー競技大会は30日に2回戦を行い、青森山田高校(青森)は3-1で東福岡高校(福岡)を下して3回戦に進出した。青森山田は、昨季の全国2冠チーム。対する東福岡は、一昨年の全国2冠。組み合わせが決まった時点で早期の対決が期待されたビッグカードが実現し、会場となったみやぎ生協めぐみ野サッカー場Bには大観衆が押し寄せた。公式記録は3000人だが、スタンドはもちろん、ゴール裏のスペースも人で埋まり、隣のグラウンドを見るためのスタンド最上段から見る観戦者もいるほどだった。休日のため、大人のサッカーファンも多く来場。ピッチに熱い視線を注いだ。

     注目の一戦は、期待に違わぬハイレベルな試合となった。先にペースを握ったのは、東福岡だった。中盤の底で舵を取るMF青木真生都のロングパスに快足を誇る右MF石原利玖が飛び出し、伝統のサイドアタックを繰り出した。しかし、青森山田は黒田剛監督が「高円宮杯U-18プレミアリーグ(EAST、WEST)の成績を比べて、相手は『超』攻撃的、こっちはそれほどでもない。ただ、守備は絶対にうちの方が勝っていると思った。きちんと受け止めてから攻撃をしようと考えていた」と明かした通り、がっちりとした守備から応戦。その中で、効力を発揮したのが、左から右前方の対角線へ飛ばすカウンターアタックだった。そして、右MF浦川流樺が飛び出すのに合わせて、郷家友太と2シャドーを組む田中が、颯爽とゴール前に現れた。25分、浦川が右から送ったクロスを2人でスルーして、背後に走り込んだ田中がシュート。この場面は決め切れなかったが、3分後にはDF小山内慎一郎のロングパスを浦川がヘディングで絶妙に折り返し、中盤から飛び出した田中凌汰が相手GKの鼻先でシュートを合わせて先制した。

    「本当に気持ち良かったです」と振り返った田中の働きは、大きかった。本来なら、青森山田の攻撃は、プロ入りが確実視されているMF郷家や柏レイソルU-18から移って来たFW中村駿太を中心に展開される。しかし、中村には東福岡の鉄壁、U-18日本代表DF阿部海斗が付いており、郷家は東福岡の10番である福田湧矢をマンマークしていたため、守備優先でポジションが下がりがちになっていた。だからこそ、郷家と2シャドーを組んだ田中の攻撃力が重要だった。「(郷家)友太と駿太のマークが厳しくなるのは、分かっている。それで空いたところに自分が飛び込んで点を取ろうという意識でやっていた」という伏兵の狙いが、ズバリ的中した。青森山田は、後半の立ち上がりに浦川の豪快ボレーで追加点を奪い、ミドルシュートで1点を返された後にも郷家がダメ押しの3点目を奪って注目対決を制した。

     ビッグカードは、先制点によって展開が大きく変わる。田中は、重要な役割を果たした。郷家は「今日は僕がマンマークで下がってしまう分、中盤の相手のパスコースを1人で消さなければいけなかったので、僕よりもタフな仕事をしてくれた。自分の分まで走ってくれたので、攻撃の時間も少しは作ることができたと思う。プレミアリーグでは自分と駿太以外があまり点を取れていない。他の選手が取ってくれたことで勢いが付くと思う」と田中のプレーを称賛した。田中は、全国2冠を達成した昨季からレギュラーの郷家らとは違う歩みを経ている。年明けにトップチームが東北新人戦を戦っている間も、青森に残って雪中サッカーで体力を鍛えていた。その後もセカンドチームでプリンスリーグ東北を戦っていた。しかし、高円宮杯U-18プレミアリーグEAST第6節に途中出場すると、持ち前の得点力を発揮。トップチームに定着。今夏、一気に存在感を強めている選手だ。奈良県出身で青森山田中学校に越境入学し、内部進学。青森の地で一花咲かせようという意気込みは強い。「大学を経由してプロを目指してやりたいと思っている」と話す伏兵が、ビッグカードで大仕事を成し遂げた。

    取材・文=平野貴也



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ビッグカードで“伏兵”の一撃! 青森山田が東福岡を破り3回戦進出 | ニコニコニュース】の続きを読む


    SC相模原が群馬FW岩田拓也を期限付き移籍で獲得
    サッカーキング

     ザスパクサツ群馬のFW岩田拓也が、SC相模原へ育成型期限付き移籍で加入することが決まった。移籍期間は2017年7月5日から2018年1月31日まで。5日に両クラブが発表した。

     岩田は1994年生まれの22歳。FC東京の下部組織出身で、明治大学を経て今季から群馬でプレーしている。公式戦での出場機会は得られず、相模原へ加入することが決まった。なお、群馬と対戦する公式戦には岩田は出場しないと発表されている。

     育成型期限付き移籍にあたり、岩田は群馬に対して以下のようにメッセージを寄せている。

    「この度、SC相模原に期限付き移籍することになりました。ザスパクサツ群馬で学んだことや経験を生かして、次のチームでは試合に出場できるよう日々の練習に励んでいきたいと思います。応援してくれた方々に、ひとまわり成長した姿をお見せできるよう頑張りますので、陰ながら見守っていただければ幸いです」

     そして加入する相模原には以下のようにメッセージを寄せている。なお、岩田の相模原での背番号は「29」に決まった。

    「この度、ザスパクサツ群馬からSC相模原に加入することになりました岩田拓也です。ゴールに直結するプレーでチームの勝利に貢献していきたいと思っています。応援のほど、よろしくお願いいたします」

     育成型期限付き移籍は、23歳以下の日本国籍を有する選手であり、かつ移籍元クラブよりも下位のリーグに所属するクラブへの期限付き移籍に限り、登録期間外においても認められている。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【J3相模原、群馬FW岩田拓也が期限付き移籍加入…明治大出身のルーキー】の続きを読む


    ユニバーシアード日本代表に選出された明治大MF柴戸海 [写真]=内藤悠史 
    サッカーキング

     全日本大学サッカー連盟(JUFA)および日本サッカー協会(JFA)は4日、第29回ユニバーシアード・台北大会に臨むユニバーシアード日本代表メンバー20名、バックアップメンバー6名を発表した。

     ユニバーシアード日本代表は8月18日から29日にかけて台北で開催される第29回ユニバーシアード大会に臨む。19日にマレーシア、21日にカナダ、23日にウルグアイとグループリーグで対戦。準々決勝以降は25日から行われる予定となっている。

     招集メンバーには、Jクラブ加入内定選手が6名選出された。GK永石拓海(福岡大/セレッソ大阪加入内定)やMF重廣卓也(阪南大/京都サンガF.C.加入内定)、MF脇坂泰斗(阪南大/川崎フロンターレ加入内定)、MF柴戸海(明治大/浦和レッズ加入内定)、FWジャーメイン良(流通経済大/ベガルタ仙台加入内定)、FW中野誠也(筑波大/ジュビロ磐田加入内定)らが選出されている。

     選出されたメンバーは以下のとおり。

    ■ユニバーシアード日本代表メンバー20名

    ▼GK
    1 永石拓海(福岡大4年)
    12 小島亨介(早稲田大3年)

    ▼DF
    13 坂圭祐(順天堂大4年)
    4 鈴木準弥(早稲田大4年)
    19 岩崎尚将(桃山学院大4年)
    5 宮大樹(びわこ成蹊スポーツ大4年)
    20 岩武克弥(明治大3年)
    2 小池裕太(流通経済大3年)
    3 菊池流帆(大阪体育大3年)

    ▼MF
    8 重廣卓也(阪南大4年)
    15 守田英正(流通経済大4年)
    14 脇坂泰斗(阪南大4年)
    10 松田天馬(鹿屋体育大4年)
    6 柴戸海(明治大4年)
    7 名古新太郎(順天堂大3年)
    17 三笘薫(筑波大2年)

    ▼FW
    9 ジャーメイン良(流通経済大4年)
    18 木戸皓貴(明治大4年)
    11 中野誠也(筑波大4年)
    16 旗手怜央(順天堂大2年)

    ■バックアップメンバー

    ▼GK
    長谷川洸(日本体育大4年)
    オビ・パウエルオビンナ(流通経済大2年)

    ▼MF
    渡邉新太(流通経済大4年)
    戸嶋祥郎(筑波大4年)
    米田隼也(順天堂大4年)
    西澤健太(筑波大3年)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ユニバーシアード男子代表が発表…浦和内定の柴戸海ら20名選出】の続きを読む


    U-20W杯にも飛び級で出場した久保 [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     FIFA(国際サッカー連盟)公式サイトが4日、FC東京U-18のFW久保建英の特集記事を掲載した。

     同サイトでは10月に開催されるFIFA U-17 ワールドカップ インド 2017に向けた日本代表について紹介。「十代の神童がインドでの栄光を見据えている」とのタイトルをつけ、久保がバルセロナの下部組織で目立った活躍を見せていたことや、5~6月にかけて行われたFIFA U-20 ワールドカップ 韓国 2017に出場したことも言及している。

     また久保のU-17W杯に向けたコメントも掲載。「U-20W杯を経験しているから、W杯がどんなものなのか分かっている。U-17メンバーに選出されたら、チームメイト達にその経験を共有したいし、(韓国でその願いが叶わなかった分、)インドでは頂点に立ちたい。できない理由はないと思う」と意気込みを語っている。

     久保はここまでFC東京U-23のメンバーとして、明治安田生命J3リーグに11試合出場、1得点を挙げている。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【久保建英をFIFA公式サイトが特集、U17W杯に触れ「神童がインドでの栄光を見据える」】の続きを読む

    このページのトップヘ