Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > その他



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/27(金) 07:45:02.30 ID:HC99V3og9.net

    J3沼津の「ゴン」ことFW中山雅史が23日、52歳の誕生日を迎えた。
    W杯日本人初の得点者のリーグ戦出場は、J1札幌時代の12年以来遠ざかるが、沼津5年目の今季も若手とともに練習に励んでいる。
    復活への道、夢の黄金ライン実現、クラブに伝えるべき経験。
    心には多くの思いが刻まれる。年を重ねた節目に、ゴンが熱き思いを本紙に激白した。

    28日の群馬戦に向け、練習に熱が入るイレブン。
    その横で、ゴンは黙々とランニングを続ける。

    軽めのメニューを終えると「誕生日?もう関係ないよ」と汗を拭った。
    記念日より、元日本代表のエースは現状を憂える。「情けないよ。走れない。みんな応援してくれるけど、これじゃあ。J3のレベルも高い。簡単に出るなんて言えない」。

    頂点を極めたからこそハードルも高い。体調が回復せずシュート練習もできない日々。
    「ゴン中山」の残像とのはざまで、苦もんは続く。だが、出場への思いはある。
    夢の共演に思いをはせることもその一つ。「マイアミの奇跡」の立役者、MF伊東輝悦(45)との同時出場だ。
    先月の天皇杯3回戦で、横浜FCのFW三浦知良(52)、MF中村俊輔(41)がピッチに立ち話題となったが「ゴン、テル」の熱量も負けてはいない。

    「意識はあるよ。だから体調も上げていかないと。そうしないと期待も膨らまないでしょ」。
    至宝2人のパス交換へ、サポーターの心を躍らせ続ける役割も自覚する。

    ヤングアスルへの指導も継続中。4月以降、リーグ全体でも異例の現役兼U―18のコーチで登録している。
    「俺が高校(藤枝東)時代から学んできた出し惜しみしない姿勢を教えている」。
    未来戦士たちには最高の学習時間。出場から遠ざかっても、その気迫は変わらない。

    「テレビの仕事もあるけど俺は俺で一生懸命やっている。沼津のために尽くす」。
    年を重ねても愛鷹で燃え続けるゴン魂。その炎に終点はない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000097-spnannex-socc
    9/27(金) 6:30配信


    (出典 Youtube)

    ジュビロ磐田の応援 「中山隊長」


    【【日本サッカー】ゴン中山(52)はまだ走り続ける!復活へ苦闘の日々】の続きを読む



    (出典 www.jsgoal.jp)



    1 Egg ★ :2019/07/04(木) 08:58:38.35 ID:mu54dd0m9.net

    名古屋がセレッソ大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗(29)の獲得に乗り出していることが3日、分かった。

    既に水面下で条件面などの交渉が行われているという。移籍が実現すれば前東京DF太田宏介(31)に続く夏の大型補強となる。

    柿谷は今季、新指揮官に就任したロティーナ監督の下、開幕から8試合連続で先発起用され、4月5日の川崎F戦で今季初ゴールをマークした。だが、4月27日の大分戦からベンチを温める時間が長くなり、6月9日にはJ3のC大阪U-23のメンバーとして熊本戦に出場していた。

    名古屋は今季、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権獲得を目標に掲げている。風間監督の下、技術を駆使した攻撃サッカーを展開し、5月17日の川崎F戦まで2位につけていたが、FWジョーの離脱もあり、5戦未勝利で8位と失速している。後半戦に向け、前線の層をさらに厚くすべく、トラップなど足元の技術が高い柿谷に白羽の矢を立てた。柿谷は2トップの一角や、2列目のサイドと複数のポジションを経験しており、加入が決まれば、名古屋の戦術の幅と攻撃力がさらに増すことになる。柿谷は下部組織からC大阪で育っており、C大阪のエース番号「8」を背負うクラブの顔でもある。柿谷の決断が、後半戦のリーグ戦を左右しそうだ。

    ◆柿谷曜一朗(かきたに・よういちろう)1990年(平2)1月3日、大阪市生まれ。C大阪下部組織在籍時の06年にクラブ史上最年少16歳でプロ契約。J2徳島やスイス1部バーゼルに移籍も16年にC大阪復帰。14年W杯ブラジル大会日本代表。177センチ、68キロ。

    7/4(木) 5:00配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-07030669-nksports-socc


    【【移籍報道】<名古屋グランパス>セレッソ大阪の元日本代表FW「柿谷曜一朗」獲りへ交渉中!ほぼ構想外でJ3出場も】の続きを読む

    no title


    1 Egg ★ :2019/06/09(日) 23:22:37.98 ID:uV/tvz3k9.net

    [6.9 J3第11節 熊本3-2C大阪U-23 えがおS]

     18歳5日の史上2番目の年少記録でA代表デビューしたFW久保建英が話題を集める中、同時刻キックオフの試合で、元日本代表FW柿谷曜一朗(29)がJ3リーグ戦に初出場した。

     柿谷はアウェーで行われたロアッソ熊本戦で、セレッソ大阪U-23のオーバーエイジの一人としてベンチ入り。ベンチからのスタートになっていたが、2-3と1点ビハインドの後半開始からFWウェリング・ピアスに代わって出場した。

     しかしシュート1本を放ったものの、得点はなし、試合も熊本に2-3で敗れている。

     今季の柿谷はJ1では10試合に出場して1得点。しかしここ最近は途中出場や、コンディション不良でベンチ外の試合が続いていた。

    6/9(日) 21:23配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-43468052-gekisaka-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<柿谷曜一朗>久保建英A代表デビュー話題の真裏で…J3戦初出場!】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    2005年在籍時は給与未払いで退団 今季限りでバイエルンと契約満了のなか古巣復帰か

     今季限りでバイエルンとの契約が満了となり、退団濃厚と見られる元フランス代表MFフランク・リベリーに、日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライへの移籍の噂が浮上した。ドイツ紙「ビルト」の内容をドイツメディアSPORTBUZZER」が伝えている。

     リベリー2005年1月にフランス1部メスからトルコ1部ガラタサライに加入すると、瞬く間にファンの人気者となった。同年のトルコカップ決勝では宿敵フェネルバフチェを相手に1ゴール2アシストの活躍を見せて、5-1の圧勝に貢献。絶大な支持を得ていたが、04-05シーズン限りでガラタサライを退団した。わずか数カ月でイスタンブールの地を去り、母国のマルセイユに移ったのは、給与の支払いが滞ったためだった。

     14年前は円満とは言えない形で別れることになったリベリーガラタサライだが、トルコの強豪はベテランウインガーに再び注目。今季が終了すれば移籍金ゼロで獲得できるとあって、数多くのトップクラブが熱視線を送っていると言われているが、イスタンブールに本拠を置くガラタサライも争奪戦に加わったようだ。

     リベリーを巡っては、カタール1部アル=サッドが関心を寄せているとの情報も浮上。今年3月には、かつてバイエルンプレーし、現在はオーストラリアのウエスタン・シドニー・ワンダラーズを率いるマルクスバベル監督がリベリーを欲しがっているというニュースも流れた。

     2月にはバイエルン愛を語り、残留を願うコメントを残していたリベリーだが、当然ながら退団も視野に入れている模様。彼の“プランB”に長友が所属するガラタサライは入っているだろうか。(Football ZONE web編集部)

    バイエルン・ミュンヘンMFリベリー【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】元仏代表MFリベリーが長友と同僚に? 古巣ガラタサライが獲得を模索とドイツ紙報道】の続きを読む



    (出典 www.jleague.jp)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/04/19(金) 13:12:18.68 ID:Jr5SJALL9.net

    2019.4.18(Thu)
    https://www.daily.co.jp/soccer/2019/04/18/0012251877.shtml

     J1~3の各リーグが2020年東京五輪の大会期間中、約3週間に渡ってリーグ戦を中断することが17日、明らかになった。同日、東京都内で開かれたJリーグの選手契約担当者会議で来季の日程最終案が提示された。
     五輪による中断が決まれば、2000年シドニー五輪以来、5大会ぶりとなる。札幌、鹿島、浦和、FC東京などの本拠地が五輪本大会の前後4カ月間、使用できないことに加え、サッカー界が一致して東京五輪の成功に協力、バックアップするのが大きな狙いだという。


    【【Jリーグ】20年東京五輪の大会期間中は中断へ】の続きを読む

    このページのトップヘ