Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > その他

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    横浜F・マリノスの優勝で幕を閉じた2019年Jリーグ、特にマリノスの守護神を務めた朴一圭は1年前までFC琉球でJ3を戦っていたことが話題だ。

    現在、JリーグではJ1、J2、J3と3部にわかれて各チームがしのぎを削っているが、年々ディビジョンの格差はなくなりJ3でもJ1に活躍できそうなポテンシャルを持つ選手たちが増えているように思う。朴以外でも例えばJ2得点王のレオナルドアルビレックス新潟)も1年前はガイナーレ鳥取プレーしていた。

    そこで今回は来年もしかしたらJ1、J2で活躍するかも知れないダイヤの原石たちを紹介しよう。

    大谷 駿斗(カターレ富山)

    学生サッカー界では無名だったルーキーが今季1年目にして9ゴールをあげた。二けた得点こそならなかったものの、8月に初先輩を飾ると後半戦は「大谷劇場」と呼ぶべき活躍ぶりを見せた。チームは新記録となる4連勝を飾りJ3に降格してからは最高位となる4位フィニッシュの原動力となった。

    石川県出身で金沢学院大学に進学、大学時代はキャプテンを務め1トップのFWでプレー。だが北信越大学リーグ2部に所属していただけに富山のスカウティング力は素晴らしい2018シーズン、特別指定で富山でプレーすると今季から加入となった。

    50m5秒8(5秒9とも)というスピードが最大の売り。J3ではウィングで起用されると圧倒的ともいうべきスピードで一瞬で裏へ抜け出しフィニッシュを飾っていく。

    シーズンは大型のストライカー、平松宗がボールを収めたことで特にその特徴が際立った。すでに石川県出身ということで金沢あたりが狙っているのではないか?と移籍の噂が絶えないが来季はどこでプレーしているだろうか?

    高橋 大悟(ギラヴァンツ北九州)

    J3優勝を飾ったギラヴァンツ北九州からは清水エスパルスから育成型期限付き移籍でプレー中の高橋を紹介しよう。

    10、11月と二カ月連続でJ3ベストゴールをあげた高橋はU-18、U-19日本代表歴があり、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プリンスリーグ九州・得点王に輝いているなどエリート街道を歩んできたフォワードだ。

    北九州ではフォワードではなくサイドプレーするが、チョン・テセも褒めたというシュートの上手さがある。

    清水から加入すると全14試合でプレーし7ゴールと高い得点力を示した。もちろん、サイドの選手としてアシストであったり、守備をきちんとこなすなど総合力の高さを見せた。

    今年ルーキーながら存在感を示した清水MF西澤健太と共にコンビを組むようなことがあれば来季のエスパルスが楽しみな人材である。

    林 誠道(ガイナーレ鳥取)

    2018年の先発出場0のMFが今季はFWで主に起用されると11ゴールをあげ一躍水を得た魚のような活躍でレオナルド(新潟へ移籍)の穴を埋めた。自身の目標は7ゴールだったというのだからそれを4つも上回ったことになる。

    177cmととても大柄というわけではないが、頭(5ゴール)、両足(左足2ゴール、右足4ゴール)とどこからでもゴールが狙える選手で8月にはJ3ベストゴール10月の月間MVPをあげた。11月に左足関節靭帯損傷でチームから離脱したが、立派な成績だったと言えるだろう。

    今年は高澤、原、武、町野ら日本人FWの活躍が目立ったJ3だがこの林に筆者は期待したい。

    鳥取は今季も昇格をあと1歩で逃したが、来シーズンこそは林らと共にと思っているだろう。

    高澤 優也(ザスパクサツ群馬)

    流通経済大学付属柏高校、流通経済大学を経て2019シーズンザスパクサツ群馬へ加入すると青木、加藤と共に攻撃陣をけん引しJ3で最も素晴らしいと言われたチームエースとして17得点をあげた。

    181cmの長身でヘディングを得意とする「利き足は頭」系の選手だが、左利きで左足でのゴールも多い。また、前線からの守備もきっちりこなすなど決して点をとるだけのFWではない。

    今季の群馬は一時期首位に立ち、一時はクラブ新記録となる7連勝も記録した。しかし、前線の青木、高澤が怪我で離脱してしまい2位で何とか昇格を決めた。仮に3人のFWが来季のJ2でもそろい踏みしたら、普通にJ2でも屈指の攻撃力を誇るだろうし、今季J3得点王を撮っていたかもしれない、そう抱かせるだけの力があった。

    なお、サッカー好きで知られる小柳ルミ子氏がブログで高澤選手とは親戚であることを表明している。

    吉田 舜(ザスパクサツ群馬)

    最後に朴一圭と同じゴールキーパーを紹介しよう。法政大学より2019年に加入した吉田舜だ。

    大学時代はインカレで法政大優勝に貢献、自らもベストGKに輝いた。

    2017年にはSC相模原で特別指定されたが、相模原ではなく今季群馬へ加入した。特筆すべきはパントキックの上手さ、高低使い分け最後尾からキックチームを盛り立てた。

    特徴を示す「キックで魅せる攻守両用型要塞」というコピーでも知られている。憧れの選手は「エドウィン・ファン・デル・サール」であるという。

    “次なる朴一圭”を探せ!J3で輝いた「金の卵」5名


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】“次なる朴一圭”を探せ!J3で輝いた「金の卵」5名】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/27(金) 07:45:02.30 ID:HC99V3og9.net

    J3沼津の「ゴン」ことFW中山雅史が23日、52歳の誕生日を迎えた。
    W杯日本人初の得点者のリーグ戦出場は、J1札幌時代の12年以来遠ざかるが、沼津5年目の今季も若手とともに練習に励んでいる。
    復活への道、夢の黄金ライン実現、クラブに伝えるべき経験。
    心には多くの思いが刻まれる。年を重ねた節目に、ゴンが熱き思いを本紙に激白した。

    28日の群馬戦に向け、練習に熱が入るイレブン。
    その横で、ゴンは黙々とランニングを続ける。

    軽めのメニューを終えると「誕生日?もう関係ないよ」と汗を拭った。
    記念日より、元日本代表のエースは現状を憂える。「情けないよ。走れない。みんな応援してくれるけど、これじゃあ。J3のレベルも高い。簡単に出るなんて言えない」。

    頂点を極めたからこそハードルも高い。体調が回復せずシュート練習もできない日々。
    「ゴン中山」の残像とのはざまで、苦もんは続く。だが、出場への思いはある。
    夢の共演に思いをはせることもその一つ。「マイアミの奇跡」の立役者、MF伊東輝悦(45)との同時出場だ。
    先月の天皇杯3回戦で、横浜FCのFW三浦知良(52)、MF中村俊輔(41)がピッチに立ち話題となったが「ゴン、テル」の熱量も負けてはいない。

    「意識はあるよ。だから体調も上げていかないと。そうしないと期待も膨らまないでしょ」。
    至宝2人のパス交換へ、サポーターの心を躍らせ続ける役割も自覚する。

    ヤングアスルへの指導も継続中。4月以降、リーグ全体でも異例の現役兼U―18のコーチで登録している。
    「俺が高校(藤枝東)時代から学んできた出し惜しみしない姿勢を教えている」。
    未来戦士たちには最高の学習時間。出場から遠ざかっても、その気迫は変わらない。

    「テレビの仕事もあるけど俺は俺で一生懸命やっている。沼津のために尽くす」。
    年を重ねても愛鷹で燃え続けるゴン魂。その炎に終点はない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000097-spnannex-socc
    9/27(金) 6:30配信


    (出典 Youtube)

    ジュビロ磐田の応援 「中山隊長」


    【【日本サッカー】ゴン中山(52)はまだ走り続ける!復活へ苦闘の日々】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.jsgoal.jp)



    1 Egg ★ :2019/07/04(木) 08:58:38.35 ID:mu54dd0m9.net

    名古屋がセレッソ大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗(29)の獲得に乗り出していることが3日、分かった。

    既に水面下で条件面などの交渉が行われているという。移籍が実現すれば前東京DF太田宏介(31)に続く夏の大型補強となる。

    柿谷は今季、新指揮官に就任したロティーナ監督の下、開幕から8試合連続で先発起用され、4月5日の川崎F戦で今季初ゴールをマークした。だが、4月27日の大分戦からベンチを温める時間が長くなり、6月9日にはJ3のC大阪U-23のメンバーとして熊本戦に出場していた。

    名古屋は今季、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権獲得を目標に掲げている。風間監督の下、技術を駆使した攻撃サッカーを展開し、5月17日の川崎F戦まで2位につけていたが、FWジョーの離脱もあり、5戦未勝利で8位と失速している。後半戦に向け、前線の層をさらに厚くすべく、トラップなど足元の技術が高い柿谷に白羽の矢を立てた。柿谷は2トップの一角や、2列目のサイドと複数のポジションを経験しており、加入が決まれば、名古屋の戦術の幅と攻撃力がさらに増すことになる。柿谷は下部組織からC大阪で育っており、C大阪のエース番号「8」を背負うクラブの顔でもある。柿谷の決断が、後半戦のリーグ戦を左右しそうだ。

    ◆柿谷曜一朗(かきたに・よういちろう)1990年(平2)1月3日、大阪市生まれ。C大阪下部組織在籍時の06年にクラブ史上最年少16歳でプロ契約。J2徳島やスイス1部バーゼルに移籍も16年にC大阪復帰。14年W杯ブラジル大会日本代表。177センチ、68キロ。

    7/4(木) 5:00配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190704-07030669-nksports-socc


    【【移籍報道】<名古屋グランパス>セレッソ大阪の元日本代表FW「柿谷曜一朗」獲りへ交渉中!ほぼ構想外でJ3出場も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    1 Egg ★ :2019/06/09(日) 23:22:37.98 ID:uV/tvz3k9.net

    [6.9 J3第11節 熊本3-2C大阪U-23 えがおS]

     18歳5日の史上2番目の年少記録でA代表デビューしたFW久保建英が話題を集める中、同時刻キックオフの試合で、元日本代表FW柿谷曜一朗(29)がJ3リーグ戦に初出場した。

     柿谷はアウェーで行われたロアッソ熊本戦で、セレッソ大阪U-23のオーバーエイジの一人としてベンチ入り。ベンチからのスタートになっていたが、2-3と1点ビハインドの後半開始からFWウェリング・ピアスに代わって出場した。

     しかしシュート1本を放ったものの、得点はなし、試合も熊本に2-3で敗れている。

     今季の柿谷はJ1では10試合に出場して1得点。しかしここ最近は途中出場や、コンディション不良でベンチ外の試合が続いていた。

    6/9(日) 21:23配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-43468052-gekisaka-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<柿谷曜一朗>久保建英A代表デビュー話題の真裏で…J3戦初出場!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 pbs.twimg.com)



    2005年在籍時は給与未払いで退団 今季限りでバイエルンと契約満了のなか古巣復帰か

     今季限りでバイエルンとの契約が満了となり、退団濃厚と見られる元フランス代表MFフランク・リベリーに、日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライへの移籍の噂が浮上した。ドイツ紙「ビルト」の内容をドイツメディアSPORTBUZZER」が伝えている。

     リベリー2005年1月にフランス1部メスからトルコ1部ガラタサライに加入すると、瞬く間にファンの人気者となった。同年のトルコカップ決勝では宿敵フェネルバフチェを相手に1ゴール2アシストの活躍を見せて、5-1の圧勝に貢献。絶大な支持を得ていたが、04-05シーズン限りでガラタサライを退団した。わずか数カ月でイスタンブールの地を去り、母国のマルセイユに移ったのは、給与の支払いが滞ったためだった。

     14年前は円満とは言えない形で別れることになったリベリーガラタサライだが、トルコの強豪はベテランウインガーに再び注目。今季が終了すれば移籍金ゼロで獲得できるとあって、数多くのトップクラブが熱視線を送っていると言われているが、イスタンブールに本拠を置くガラタサライも争奪戦に加わったようだ。

     リベリーを巡っては、カタール1部アル=サッドが関心を寄せているとの情報も浮上。今年3月には、かつてバイエルンプレーし、現在はオーストラリアのウエスタン・シドニー・ワンダラーズを率いるマルクスバベル監督がリベリーを欲しがっているというニュースも流れた。

     2月にはバイエルン愛を語り、残留を願うコメントを残していたリベリーだが、当然ながら退団も視野に入れている模様。彼の“プランB”に長友が所属するガラタサライは入っているだろうか。(Football ZONE web編集部)

    バイエルン・ミュンヘンMFリベリー【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】元仏代表MFリベリーが長友と同僚に? 古巣ガラタサライが獲得を模索とドイツ紙報道】の続きを読む

    このページのトップヘ