Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > その他

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    神奈川県横浜を拠点とするサッカークラブ「エスペランサSC」は、元アルゼンチン代表のホルヘ・アルベルトオルテガ氏が2003年に創設した異色のクラブ

    クラブ名はスペイン語で“希望”を意味しており、2011年から活動するトップチームは現在、関東圏のトップディビジョンである関東1部リーグに参戦中。クラブとして、Jリーグ入りも視野に活動を続けている。

    アルゼンチンサッカーを源流に持つクラブらしく、指導方法なども独特。

    そこで、子供の頃からエスペランサに在籍し、日大藤沢高校と日本体育大学を経て、今シーズンから復帰した三田野慧にいろいろ聞いてみた。

    「三田野慧」という名前

    ――本日はありがとうございます。まず、三田野選手のお名前が気になったのですが、この字(慧)で「あきら」と読むのは珍しい気がします。名前の由来を最初に伺っても良いですか?

    父が昔から格闘技がすごく好きで、特にプロレスや総合格闘系が好きだったんです。

    その中で、最強の男と言ったら誰だとなった時に、前田日明さんだと。だから「あきら」という名前がまず決まりました。僕は長男で父にとって初めての子供だったので、強い男になってほしいという願いがあったみたいです。

    それで苗字が三田野と3文字なので、名前は1文字にしたかったんです。「あきら」と読む字をいろいろ探して、この文字が出てきました。

    この字が使われた“慧眼”という言葉は、真実を見抜く眼といった意味です。常にそういった眼を持って生きていってほしいという思いから「慧」という名前になりました。

    エスペランサSCとの出会い

    ――神奈川県サッカーをするとなると色々な選択肢があると思います。三田野慧選手は子供の頃、なぜエスペランサSCというクラブを選んだのですか?

    小学校1年生サッカーを始めた時は地元葉山のサッカー少年団に入りました。その頃は上手い下手は関係なく、全員が必要に参加するごちゃ混ぜのチームだったんです。

    ただそのうち強いチームで上手い人と一緒にプレーしたくなり、僕は隣町の逗子に強いチームがあったのでそこへ入りました。そこは地域の大会でも決勝戦まで全部5点差以上で優勝するような本当に強いチームでした。

    僕がエースで、キーマンとして中盤に同い年の上手い選手がいました。でもその友達が横浜F・マリノスのプライマリーへ行ってしまったり、また別の選手も抜けたりで、上手い選手がどんどんいなくなってチームが弱くなってしまったんです。それが3年生の途中から終わりにかけてですね。

    そこでどこか強いチームがないかと探していた時、お父さんたちが探してくれたのがエスペランサSCでした。

    アルゼンチン代表の監督が教えているということで、やはりどういうサッカーをするかより、誰が教えているかが大事だろうと。経験している人が一番強いからそういう人のところで学ばせようとなったのが一つ。

    そして、僕はパスサッカーというかフォーメーションがしっかりとあってポジションごとに役割が分かれているのが小学校の頃から好きだったんです。エスペランサはまさにそういうクラブだったので決めました。

    日本体育大学学友会サッカー部時代

    ――そのエスペランサで“サッカーいろは”を学び、日大藤沢高校を経て、日本体育大学へ進みました。日体大はサッカーをする上でどんな環境でしたか?

    大きく分けて3つ感じたことがありました。

    一つは、「アスリート養成所」というイメージを僕は日本体育大学に対して持っていたんです。両親や祖父母が日体大出身で親戚にも日体大関係が多かったのでいろいろ話を聞いていました。

    アスリートがたくさんいるイメージでその中で揉まれたいという期待を込めて行ったんですけど、実際に入ってみたらアスリートではない学生たちも結構いました。日体大が様々なスポーツに関わり始めたこともあるのですが、「一般の人もたくさんいるんだな」というのは感じました。思ったよりもアスリートが少なかったです。

    もう一つは、レスリングで世界1位とか、オリンピックに出場したとか、様々なスポーツの選手がたくさんいたんです。でも、彼らも競技ではすごいけど、私生活はわりと普通の大学生なんだなというのはすごく感じましたね。

    最後は、指導者一人一人のクオリティがめちゃくちゃ高いこと。自己紹介でさらっと「オリンピックメダリストです」といった感じで、“本物”ばかりだったんです。僕のゼミの先生はアーチェリーで2度のメダルに輝いた山本博さんでした。

    ――大学のチームJリーグクラブに対してたびたびジャイアントキリングを起こしています。大学サッカーならではの強みはどんなところにあると感じましたか?

    やはり、体力があることだと思います。練習時間は日本サッカー協会の決まりで「練習は1日2時間」となっているので、日体大も練習は2時間でした。それは今のエスペランサでも変わりません。

    ただ大学の場合、指導者が「まだ若いから走れるだろう」という前提でメニューを組みます。チームとしても走れる・走る前提でみんなが鼓舞し合うので、逆を言えば走らなければ置いてかれるんです。だから必然的に走れるようになりますね。

    “ホーム”への帰還

    ――そんな大学サッカーを終えて、再びエスペランサに戻ろうと思った理由は何だったんですか?

    昨年10月に大学サッカーを引退したんですが、それまで特に就活とかもしていませんでした。

    そこから就活をするか、サッカーチームに入るか、色々と考え、一旦は就職する方向で行ける企業もあったんです。ただ、やっぱりサッカーをしよう、プロサッカー選手を目指そうと考えました。その決断をしたのが11月くらいです。

    とはいえ自分の実力を考えると、即Jリーグはまず無理だろうと。そこでどういうところから行けるだろうと考えた時に、エスペランサが現在所属している関東1部リーグは自分にとってはすごくいい強度のリーグだと感じました。日体大卒でそのまま関東1部に入っている選手も何人もいますし、Jリーグではないからといってレベルが低いわけではありません。

    その中で、エスペランサは6位。自分が昔いたからどうこうではなく、1チームとして強いじゃんと。そこで、11月の半ばくらいに練習参加に行ったところ、「アキラお帰り」みたいな感じで、すごく受け入れてもらったんです。アットホーム感が半端なくて。

    しかも、中学時代に学んでいたことがそのまま大人になったようなチームなので、思いやパッション、負けない気持ちなど、サッカーの根本的な部分である「人間として戦う」という部分もとにかく大切にしている。高校大学の周りの人たちにはなかったその熱量を改めて感じて、すごく心地が良かったのを覚えています。

    加入はチームとしても大歓迎だと言われたんですが、一応セレクションを受けてくれと言われました。その頃はまだ別のチームの練習参加に行ったりセレクションを受けたりしていたので、すぐに決めたわけではなかったんです。他にも候補のチームがありました。

    ただ、エスペランサのセレクションを受けたところ、「『フィナンシェ』のトークン枠で当選しました」と言われて、クラブのお知らせとしてファンの方々に「トークン枠で最多投票獲得しました」とリリースされてしまったんです。

    「三田野選手です。今シーズンは彼にいっぱい活躍してもらいましょう」みたいな感じで。あれ、まだOKと言ってないんだけど、と(笑)。でも「数日後までに返事をください」と契約書も渡されました。

    【関連記事】イナズマ伊東純也!神奈川大学時代のチームメイトが語る「成長ぶり」が興味深い

    その1週間後か10日後ぐらいにJ3チームの練習参加があったのでそこへ行くためには締め切りを延ばしてもらわないといけなかったのですが、「いや、これは流れに従ったほうが自分としては心地がいいな」と思ったんです。

    こんな歓迎してくれているんだから、エスペランサで頑張ろう。自分がどれだけ頑張るかが大切だと思い、加入を決めました。

    ≫後編『「トークン枠」での電撃入団!“アルゼンチン魂”を宿す関東1部エスペランサSC、三田野慧の挑戦』は近日公開!

    なぜ天皇杯で大学チームは「ジャイキリ」ができるのか?現関東リーガーが語った大学サッカーの強み


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【なぜ天皇杯で大学チームは「ジャイキリ」ができるのか?現関東リーガーが語った大学サッカーの強み】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    Y.S.C.C.横浜の元日本代表MF松井大輔が、交通事故を謝罪した。

    21日、YS横浜は松井が20日に都内で交通事故を起こしたこと報告した。

    交差点で右折する際に横断歩道を渡っていた歩行者と接触。相手は左足首を骨折するケガを負ったとのことだ。

    松井は自身のインスタグラムを更新。チームリリースを載せるとともに、改めて事故を起こしたことを謝罪した。

    クラブから発表があった通り、昨日自身の不注意で事故を起こしてしまいました」

    ハンドルを握る者の責任の重さを痛感しております。今は怪我をされた方の1日も早い回復を祈っております。これからも誠心誠意対応してまいります」

    「被害に遭われた方、関係者の皆様には大変申し訳ない気持ちでいます」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】「誠心誠意対応してまいります」交通事故で相手負傷…松井大輔がSNSで謝罪「ハンドルを握る者の責任の重さを痛感しております」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二の足技に多くの人が目を輝かせている。

    札幌は11日、クラブの公式ツイッターを更新。「これは…どういうことですか?」と関係者も理解できないようなトラップを見せる小野の動画を投稿した。

    小野は、正面からの浮き球のボールを、ショートバウンドさせて左足のスネあたりでトラップ。勢いを失ったボールは小野の目の前にピタッと止まった。

    さらに札幌はもう1本同じような動画をアップしており、今度は右足のつま先から甲あたりでトラップ。見事にボールの勢いを殺し、少しだけアウトにかかったボールは次のキックに繋がる絶妙な位置で止まっていた。

    これには多くのファンが驚き。「相変わらず神レベルトラップですな」、「まさに神技」、「すごすぎて笑える」、「相変わらずうめぇなぁ」、「神の球遊び」など絶賛。さらに、MF本田圭佑も目が星になった絵文字で反応。まさにワールドクラステクニックだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】「すごすぎて笑える」本田圭佑も目を輝かせた小野伸二の“浮き球ビタ止めトラップ”が話題沸騰!「神の球遊び」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    Y.S.C.C.横浜の元日本代表MF松井大輔が待望の加入後初ゴールを決めた。

    2021年9月にYS横浜のフットサルチームへ加入し、今季からはサッカーとの“二刀流”というたぐい稀な挑戦を続ける松井。9日に行われた明治安田生命J3リーグ第16節のヴァンラーレ八戸戦では左のシャドーで先発出場し、2つの技ありゴールで勝利に貢献した。

    ゴールレスで迎えた39分。FW林友哉のスルーパスに反応した松井はボックス中央左寄りでGKとの一対一を迎えると、ワントラップから右足で軽く浮かせたシュートを放つ。GKの左肩口を越す技ありの一撃でチームに先制点をもたらした。

    加入後6試合目にして待望の初ゴールを挙げた松井は、リードを広げて迎えた63分にも会場を沸かせる。MF菊谷篤資が高い位置でのボール奪取からラストパスを送ると、背番号「22」は先制点と同じような位置から今度は右足のチップキックゴール右隅に流し込んだ。

    複数得点という大きな結果を残した松井は2分後にお役御免でピッチを後に。ベンチスタッフサポーターからは労いの拍手などが送られた。

    YS横浜はその後1点を返されるも、3-1の逃げ切り勝ちで6試合ぶりの白星をつかんだ。華麗なテクニックチームホーム初勝利をもたらした松井は、今後にも期待を抱かせる活躍ぶりとなった。


    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】“二刀流”松井大輔が加入後初得点含む2発!絶妙ループに鮮やかチップキックで違いを見せる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    鹿島アントラーズは1日、日本代表FW上田綺世(23)がセルクル・ブルージュに完全移籍することを発表した。

    2日に離日し、メディカルチェック後に正式契約となる。

    法政大学に所属しながら2019年6月にコパ・アメリカ日本代表デビューを果たした上田。大会後の2019年7月に、大学卒業を待たずに鹿島に入団した。

    プロ1年目は明治安田生J1リーグで13試合に出場すると4得点を記録。2年目は26試合で10得点1アシスト、3年目は29試合で14得点1アシストを記録。その得点力を見せつけると、今シーズンはここまで18試合に出場し10ゴール1アシストを記録。YBCルヴァンカップでは4試合で3ゴール1アシスト天皇杯では1ゴール1アシストを記録していた。

    日本代表としても6月の活動に招集されたが、1試合の出場に終わり、負傷によって途中離脱。それでもその後に復帰し、ゴーも決めている。

    上田クラブを通じてコメントしている。

    「このたび、セルクル・ブルージュKSVへ移籍することになりました。世界を見渡した時に決して若いとは言えない自分が、プロサッカー選手として新しい環境に身を置き、成長したいという思いから、この決断をしました。シーズン途中でチームを離れることの意味は、理解しています。決めた以上、結果で示していくしかないことも分かっています。ともに戦った選手、スタッフファンサポーターパートナー、地域の方々、すべてのアントラーズファミリーに対し、感謝の思いしかありません」

    「勝利のために必要なプレーを追求していくという、自分が考えるフットボールの本質と向き合い、一瞬一瞬を大切にして、この先も戦っていきます。応援、ありがとうございました」

    セルクル・ブルージュは2021-22シーズンジュピラー・プロ・リーグで10位に終わっており、新シーズンに向けてはストライカーの補強を目指していた。

    かつては同じ鹿島から日本代表DF植田直通(ニーム)が移籍。2018年7月から2021年1月までの1年半在籍し、55試合で1ゴールを記録していた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】日本代表FW上田綺世がセルクル・ブルージュへ完全移籍! 植田直通に続いて鹿島から2人目】の続きを読む

    このページのトップヘ