Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J2



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 Egg ★ :2018/01/04(木) 00:23:57.15 ID:CAP_USER9.net

    現時点でクラブからの正式発表はないものの、森本は自身のインスタグラムのプロフィールを更新。これまでの所属クラブの名前が並ぶ中、川崎Fの次に福岡が書き足されていた。これが移籍を示唆するものと見られている。

     森本は2017シーズンのJ1で11試合に出場し3得点を挙げていたが、先発出場は一度もなかった。YBCルヴァンカップでは1試合出場0得点、AFCチャンピオンズリーグでも7試合に出場し0得点、天皇杯では3試合出場4得点という成績だった。

     リーグ戦に限って言えばプレー時間はわずか155分間で、1試合(90分)あたりの平均得点は1.74点と好成績だが、アピールの機会は限定的だったと言える。

     福岡は2017シーズンのJ2で19得点を挙げたエースFWウェリントンをヴィッセル神戸に放出し、ベテランFWの坂田大輔や中原貴之の退団も決まっていた。ブラジル全国選手権1部のシャペコエンセから、ヨーロッパでの経験が豊富な32歳のブラジル人FWトゥーリオ・デ・メロの加入が決まっており、森本とポジション争いをすることになるかもしれない。

     なお、川崎Fと福岡の両クラブからは3日の段階で森本の移籍に関して発表はない。同選手は東京ヴェルディでプロデビューを果たし、イタリアのカターニャ、ノヴァーラ、UAEのアル・ナスル、J2のジェフユナイテッド市原・千葉を経て2016年に川崎Fと契約。2年間でリーグ戦は22試合の出場にとどまっていた。

    1/3(水) 19:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00249641-footballc-socc


    【【Jリーグ】<森本貴幸(川崎フロンターレ)>J2アビスパ福岡移籍か!?未発表もSNSのプロフィールを変更...】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 みつを ★ :2018/01/02(火) 21:58:55.30 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_026

    1月2日 11時53分
    サッカーJリーグの現役最年長でことし51歳になる「カズ」こと三浦知良選手がふるさとの静岡市で新年最初のサッカーを楽しみました。

    三浦選手はお正月にふるさとの静岡市で、子どものころに所属していたクラブチームの子どもたちなどと新年最初のサッカーを楽しむのが恒例となっています。2日は早朝から地元の小学校のグラウンドで、ふだんの背番号と同じ「11」番をつけてOBチームの一員として中学生と対戦しました。

    Jリーグの現役最年長でJ2の横浜FCに所属する三浦選手は、今シーズンの開幕翌日となる来月26日に、51歳の誕生日を迎えます。三浦選手は得意のボールをまたぐフェイントを見せたり、ゴールを決めたりしてプレーを楽しんでいました。

    三浦選手は51歳となるシーズンに向けて「チームの勝利に貢献できるよう1分1秒を大事にしたい」と意欲を見せていました。また、6月に開幕するワールドカップロシア大会については「ワールドカップは自分にとって大きな夢。少しでもそのレベルに近づけるよう頑張りたい」と話していました。

    三浦選手は今月、グアムで自主トレーニングを行い、来月25日の開幕戦に備えるということです。


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【【Jリーグ】今年51歳 カズが初蹴り Jリーグ現役最年長】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 Egg ★ :2017/12/04(月) 22:57:13.74 ID:CAP_USER9.net

    J1からJ3リーグまで全カテゴリーの2017年度リーグ戦が終了した。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを獲得したヴィッセル神戸は、ホーム戦での年間入場者数が31万625人(1試合平均1万8272人)でクラブ史上最多を記録。各クラブでも多くの入場者を集めるなどJリーグを盛り上げた。今回は各カテゴリーの1試合平均入場者数とともに、Jリーグ全57チーム全体をランキング化し、上位クラブも見ていく。

    【一覧リスト】2017年Jリーグ全57チーム「1試合平均入場者数ランキング」
    http://www.football-zone.net/archives/81883

     まずはJ1リーグから見ていこう。今季J1の1試合平均入場者数は「1万8883人」。この平均ラインを超えたのは8チームのみ。浦和レッズ(3万3542人)は全体57チーム中でもトップに立ち、唯一3万人を超える人気を誇った。

     平均を超えたその他の7チームは、全体で2位のFC東京(2万6490人)、3位横浜F・マリノス(2万4766人)、4位ガンバ大阪(2万4277人)、5位川崎フロンターレ(2万2112人)、6位アルビレックス新潟(2万2034人)、7位セレッソ大阪(2万970人)、8位鹿島アントラーズ(2万467人)と続く。

     J2の平均入場者数は「6970人」で、平均を超えたのは8チーム。J2最多は名古屋グランパス(1万5365人)となり、全体で12位となった。それ以外の7チームは、全体で17位松本山雅FC(1万2146人)、21位ジェフユナイテッド千葉(9983人)、22位アビスパ福岡(9550人)、23位ファジアーノ岡山(9471人)、24位湘南ベルマーレ(8454人)、25位大分トリニータ(8063人)、26位FC岐阜(6977人)となっている。

    J3で“平均超え”は7チームのみ

     最後にJ3の平均入場者数は「2613人」。平均超えは7チームで、J3最多のギラヴァンツ北九州(5939人)は全体で33位だった。その他の6チームは、全体で35位栃木SC(5147人)、39位AC長野パルセイロ(4256人)、44位SC相模原(3657人)、45位鹿児島ユナイテッドFC(3508人)、46位カターレ富山(3159人)、47位アスルクラロ沼津(3029人)と続く。

     各カテゴリーの平均入場者数を上回ったのは、J1で8チーム(18チーム中)、J2で8チーム(22チーム中)、J3で7チーム(全17チーム中)だった。各リーグ内において、それぞれ高い観客動員力を誇ったと言っていいだろう。

    12/4(月) 19:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171204-00010017-soccermzw-socc


    【【Jリーグ】(全57チーム)「平均入場者数ランキング」 “高い動員力”を誇ったのは???】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2017/12/03(日) 23:09:17.06 ID:CAP_USER9.net

    J1昇格プレーオフ決勝が3日に行われ、名古屋グランパスとアビスパ福岡が対戦。
    0-0のドローに終わった結果、規定によりレギュラーシーズンの順位で上回る名古屋が来季のJ1昇格を決めた。

    今季J2で1位と2位だった湘南ベルマーレとV・ファーレン長崎も、名古屋に先立ちJ1自動昇格を決定していた。
    湘南と名古屋はJ1から今季J2へ降格して1年でのJ1復帰。一方、もうひとつの降格チームだった福岡は1年での復帰を逃した。

    J1とJ2の間で入れ替えが行われるようになった1999年以来、降格した全チームが翌年に全てJ1に復帰した例は一度もない。
    少なくとも1チームは2年以上J2にとどまることを余儀なくされている。

    最大3チームの入れ替えが行われるようになった2005年以降では、降格した3チームのうち2チームが1年でJ1に復帰できた例は今回でわずか3回目。
    2006年には柏レイソルとヴィッセル神戸、2013年にはガンバ大阪と神戸が1年でのJ1復帰を果たしている。

    1999年からこれまで、J1からJ2に降格した延べ46チームのうち1年でJ1に復帰できたのは18チーム。
    「39%」のチームのみが最短での昇格に成功し、6割以上のチームは昇格を逃している。

    来季からはプレーオフのシステムに変更が加えられ、J1の16位も参加することで、昇格枠は「3」から「2.5」に縮小される形となる。
    これまで以上の狭き門となるが、J2降格が決まったヴァンフォーレ甲府、アルビレックス新潟、大宮アルディージャは1年でJ1に戻ってくることができるだろうか。

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    12/3(日) 20:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171203-00244489-footballc-socc


    【【Jリーグ】<J2降格チーム>1年でのJ1復帰率は「39%」  来季以降はさらなる“狭き門”に】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    1 Egg ★ :2017/12/03(日) 22:50:20.88 ID:CAP_USER9.net

    ◆J1昇格プレーオフ決勝 名古屋0-0福岡(3日・豊田スタジアム)

     虎の子になるはずだった1点が幻と消え、福岡の元日本代表DF駒野も珍しく語気を強めた。

    【写真】巨大な人文字でアビスパのJ1昇格を後押し

     0-0のまま迎えた後半は押され気味になったが、同13分、自身が右サイドからアーリークロス。ゴール前でエースのウェリントンが頭で合わせ、ネットを揺らしたが、無情のオフサイドが宣告された。

     結局スコアレスドローで、規定により年間上位の名古屋の昇格が決まった。試合後、駒野は「(試合の)後で映像を見てもオフサイドではなかった。終わったことなのでどうしようもないけど…」と渋い顔。ファウルの基準も含め「こういう大事な試合で(レフェリーが)向こう寄りになったのが悔しい」とこぼした。

     ビデオ検証を実施していない以上、微妙な判定も競技の一部とは理解しつつも、大一番でやりきれない思いが強かったようだ。最後は「勝つために必要なのは得点。ラストパスとかシュートの精度とか、反省しないと」とチームの課題に目を向けた。

    12/3(日) 22:20配信 西日本新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00010008-nishispo-socc


    【<疑惑の判定にアビスパ福岡の駒野も怒!> 千金アシスト幻に「映像見た。オフサイドじゃない」】の続きを読む

    このページのトップヘ