Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J2



    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/11(火) 07:16:39.54 ID:CAP_USER9.net

    南米クラブ王者を決めるリベルタドーレス杯決勝第2戦が9日(日本時間10日)、マドリードで行われ、
    リバープレートがボカ・ジュニアーズとのアルゼンチン勢対決を3-1で制し、2戦合計5-3で3年ぶり4度目の優勝を遂げた。
    12日にアラブ首長国連邦(UAE)で開幕するクラブW杯に出場するチームが全て出そろった。
    アジア王者として出場するJ1鹿島は10日、約1時間の調整を行った。11日、UAEへ出発する。

    いざ、雪辱の舞台へ。鹿島の“砦”、DF昌子源(26)が再び世界と対峙(たいじ)する。

    「置いてきたものを取りに行く舞台。自分の持っている力と、鹿島の持っている力を出したい」

    11日、26歳の誕生日を迎える昌子。2年前の誕生日は、開催国枠で出場したクラブW杯準々決勝のアフリカ王者マメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)戦で迎え
    、相手との接触で前歯を折りながらも奮闘して2-0の勝利を祝杯とした。
    勢いに乗ったチームは決勝まで進出。欧州王者レアル・マドリードとの熱戦の末に2-4で敗れ、涙をのんだ。

    「ここ数年で普通の選手が経験できないようなことを経験し、自分でも成長しているとは感じている」と自信をのぞかせる。
    準優勝のクラブW杯や今夏のW杯ロシア大会で世界の一流のプレーを体感し、自身の糧としてきた。
    「あのレベルに、もう一度立ちたい」。来年1月にフランス1部、トゥールーズへの移籍が濃厚となっている守備の要は、気合十分でUAEへ乗り込む。

    この日、南米代表にリバープレートが決定してクラブW杯の出場チームが全て確定。
    同チームとは、初戦を突破して準決勝でレアル・マドリードに勝たなければ対戦はないが、「決勝で試合できればいい」。その視線は世界の頂へと向いている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000002-sanspo-socc
    12/11(火) 7:00配信


    【【Jリーグ】鹿島、クラブW杯へ11日UAE出発 昌子「置いてきたものを取りに行く」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 れいおφ ★ :2018/11/25(日) 15:02:15.45 ID:CAP_USER9.net

    サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFCは、25日の試合でアスルクラロ沼津に1対0で勝ち、J2昇格を決めました。

    https://www.mbc.co.jp/news/mbc_news.php?ibocd=2018112500033266
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260033-260033-fl

    ※関連画像

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【Jリーグ】鹿児島ユナイテッド、悲願のJ2昇格決定】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



     松本山雅FCの初優勝で幕を閉じた2018年の明治安田生命J2リーグ。来週から始まるJ1参入プレーオフを残しているものの、全22チームレギュラーシーズンの42試合を終えた。今季のJ2でリーグトップの成績を記録したチームと選手を紹介する。

    ◆最多勝利チーム大分トリニータ(23勝)

    片野坂体制3年目、今季を2位で終えJ1自動昇格を決めた大分がリーグ最多23勝を記録した。今季は序盤戦の第5節水戸戦から第8節京都戦にかけて4連勝。好スタートを切り、上位争いに名乗りを挙げる。そして終盤戦に差し掛かった第32節熊本戦から第36節京都戦にかけては今季最多の5連勝を記録した。持ち前の攻撃力を武器にシーズンを通して安定した戦いを披露し、6年ぶりのJ1昇格を達成した。今季は23勝7分け12敗。他の上位勢と比べて黒星が二桁とやや多いが、引き分け「7」は千葉、熊本、熊本と並んでリーグ最少の数字でもある。

    ◆最多得点チーム大分トリニータ(76得点)

    リーグ最多23勝でJ1昇格を達成した大分の武器は攻撃力だ。計42試合で76得点を記録。2位の千葉には4点差をつけてトップとなった。また平均では「1.8」となっている。開幕戦の栃木戦でいきなり4得点を奪い快勝すると、以降も8試合で4得点を記録した。第33節の讃岐戦では今季最多5得点を挙げ大勝している。チームトップスコアラーは12得点を決めた馬場賢治と藤本憲明の2人。さらに三平和司と後藤優介も10得点と実に4選手が二桁得点をマークしている。また三平がゴールを決めた試合は8戦全勝という“勝利のジンクス”も生まれた。

    ◆最少失点チーム松本山雅FC(34失点)

    攻撃の大分に対し、守備でリーグトップの成績を残したのは首位松本だ。1試合平均の失点数は「0.8」。そして全試合の半分以上にあたる22試合でクリーンシートを達成している。勝負がかかるラスト5節で喫した失点はわずかに「1」と堅守を誇った。GKには今季新加入の守田達弥が定着し、最終ラインでは浦田延尚、飯田真輝、橋内優也の3バックが奮闘。ケガ人が出た際でも村山智彦や今井智基らがきっちりと自らの役割を遂行した。前田大然やセルジーニョら前線の選手たちも積極的に前からプレスをかけ続け、全員守備の姿勢を体現した。

    ◆最多得点選手:大前元紀(大宮アルディージャ/24得点)

    開幕スタメンからは外れたが、第6節の福岡戦から最終節の岡山戦まで先発出場を続け、“大宮のエース”としてチームをけん引した。6月に行われた5試合では4得点を記録し、『明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP』を受賞。第28節の愛媛戦ではハットトリックも達成している。2015年ジェイ(磐田)以降、鄭大世(清水)、イバ(横浜FC)と得点王は外国籍選手が続いていたため、実に4年ぶりの日本人得点王となった。なお、2位は22得点でオナイウ阿道(山口)、3位は19得点で船山貴之(千葉)となっている。

    ◆最多アシスト選手:平戸太貴(FC町田ゼルビア/17アシスト

    鹿島の育成組織で育ち、2016年トップチームに昇格するも出場機会に恵まれず。昨季から期限付き移籍で町田に加わると、プロ3年目の今季は攻撃の主軸として活躍を見せた。今季は昨季を大幅に上回る40試合に出場し、8得点17アシストを記録。特に8月はチーム総得点のうち半分以上のゴールを叩き出し、同月の『明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP』に輝いた。なお、2位は14アシストのレアンドロ・ドミンゲス横浜FC)。小塚和季(甲府)と田中達也(熊本)が11アシストで3位タイとなっている。

    ◆明治安田生命J2リーグ順位表

    1位 松本山雅FC(勝ち点77/得失点差+20)
    2位 大分トリニータ(勝ち点76/得失点差+25)
    ======J1自動昇格枠======
    3位 横浜FC(勝ち点76/得失点差+19)
    4位 FC町田ゼルビア(勝ち点76/得失点差+18)
    5位 大宮アルディージャ(勝ち点71/得失点差+17)
    6位 東京ヴェルディ(勝ち点71/得失点差+15)
    ======J1参入プレーオフ出場圏======
    7位 アビスパ福岡(勝ち点70/得失点差+16)
    8位 レノファ山口FC(勝ち点61/得失点差-1)
    9位 ヴァンフォーレ甲府(勝ち点59/得失点差+10)
    10位 水戸ホーリーホック(勝ち点57/得失点差+2)
    11位 徳島ヴォルティス(勝ち点56/得失点差+6)
    12位 モンテディオ山形(勝ち点56/得失点差-2)
    13位 ツエーゲン金沢(勝ち点55/得失点差+4)
    14位 ジェフユナイテッド千葉(勝ち点55/得失点差0)
    15位 ファジアーノ岡山(勝ち点53/得失点差-4)
    16位 アルビレックス新潟(勝ち点53/得失点差-8)
    17栃木SC(勝ち点50/得失点差-10)
    18位 愛媛FC(勝ち点48/得失点差-18)
    19位 京都サンガF.C.(勝ち点43/得失点差-18)
    20FC岐阜(勝ち点42/得失点差-18)
    ======J3自動降格枠======
    21ロアッソ熊本(勝ち点31/得失点差-29)
    22カマタマーレ讃岐(勝ち点31/得失点差-44)

    今季のJ2は松本の優勝で幕を閉じた [写真]=J.LEAGUE


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】“守”の松本と“攻”の大分が来季J1へ! J2のトップデータを一挙紹介!】の続きを読む



    (出典 www.avispa.co.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/19(月) 08:02:05.39 ID:CAP_USER9.net

    J2福岡の指揮官を退任する井原正巳氏(51)が日本サッカー協会のコーチングスタッフに就任することが濃厚になったことが18日、分かった。森保一監督(50)が指揮する日本代表、東京五輪代表のコーチを務める可能性もある。この日、日本代表は愛知県内で国際親善試合のキルギス戦(20日、豊田)に向けた練習を冒頭だけ公開して行った。

    【写真】試合後のセレモニーで並ぶレジェンドたち(左から)中山、川口、山本会長、伊東

     国際経験豊富な井原氏が日本協会のコーチングスタッフに入る可能性が高まった。複数の関係者によると、日本協会サイドは、同氏の指導力、経験値を高く評価し、リストアップしていた。17日のJ2最終戦後、J1昇格を逃した責任を取って福岡の監督退任を表明したことで交渉に入るという。

     井原氏は選手時代、DFとして横浜Mなどで活躍し、「アジアの壁」との異名を取った。国際Aマッチ出場はMF遠藤保仁の152試合に続く歴代2位を誇る。02年の引退後は解説者などでサッカーを外から分析する立場を経て、08年北京五輪代表のコーチなどを歴任し、15年に当時J2の福岡の監督に就任した。

     福岡では1年目で5年ぶりのJ1昇格に導いた。選手時代の実績だけでなく、日本代表で主将を長く務めるなど求心力もあり、選手に尊敬されている。戦術では、3バック、4バック布陣を使い分けるなど柔軟な対応力があり、守備力向上に定評がある。

     日本協会のコーチングスタッフは、森保監督が率いる日本代表、兼任する東京五輪代表をはじめ年代別代表などのコーチを務める。井原氏がどの世代のコーチになるかは未定だが、11月の日本代表活動にU―16代表の斉藤俊秀コーチ、U―19代表の秋葉忠宏コーチが加わり、指導者も各年代の融合が図られており、森保ジャパン入閣もあり得る。

     来年1月には森保体制で初の公式戦となるアジア杯が控える。井原氏の経験が生かされる舞台でもある。

     ◆井原 正巳(いはら・まさみ)1967年9月18日、滋賀・甲賀市生まれ。51歳。守山高から筑波大を経て、90年に日産自動車入社。大学2年の88年に日本代表入りし、国際Aマッチ通算122試合5得点。98年フランスW杯出場。Jリーグでは横浜M、磐田、浦和でプレーし、2002年に現役引退。指導者としては06~08年に北京五輪代表アシスタントコーチ、09~14年は柏のヘッドコーチを務め、15年から福岡監督に就任。182センチ、74キロ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000238-sph-socc


    【【日本代表】<アジアの壁>井原正巳氏が森保ジャパンに入閣!日本サッカー協会のコーチングスタッフに就任することが濃厚】の続きを読む



    (出典 lifepicture.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/18(日) 00:10:35.17 ID:CAP_USER9.net

    <明治安田生命J2:町田1-1東京V>◇最終節◇17日◇町田

    今季のJ2・FC町田ゼルビアは4位で全日程を終了した。17日に町田市立陸上競技場で行われた東京Vとのホーム最終戦は、1万13人の今季最多の大観客を集めた。
    試合は1-1のドローだったが、試合後の相馬直樹監督(47)は、波乱含みの後半戦を戦い終え、やや疲れた表情を見せた。

    結果論となるが、この試合で町田が東京Vに勝っていれば、J2初優勝だった。
    そして、仮に町田が優勝していれば、J1で降格圏内にいるチームにとって、大いなる朗報になる可能性があった。

    町田は9月の審査会によって、J1ライセンスが付与されなかった。
    ホームスタジアムの改修や、練習場、クラブハウスなどの練習環境が、J1ライセンス取得条件をクリアできなかったため。
    つまり町田の来季J1昇格は消滅していた。その町田が自動昇格圏の2位までに入れば、J1の自動降格チームは当初の2チームから1チームに減る。
    J1の17位のチームは、自動降格を免れ、プレーオフに回ることができる。

    こうした複雑な状況の中で、相馬監督は最終戦を戦ったわけだが、試合後の会見では苦悶(くもん)の表情でこう言った。

    相馬監督 J1クラブの方から、「がんばってくれよ」との連絡がありました。
    どこかでもやもやしたものがありました。監督の私ですらそうした気持ちでしたから、選手はもっとそういう気持ちだったと思います
    聞いたところでは「頑張ってくれよ」とか、「頑張るなよ」と言われていたようです。
    (勝つための)エネルギーが落ちることがあったと思う中で、こうして優勝を狙える位置でホーム最終戦を迎えることができました。
    そして、最後まで戦った選手には頭が下がる思いです。自分だったらできるか…。分かっていたこととは言え、戦い続けてくれた選手を褒めてあげたい。

    恐らく、降格圏内のJ1クラブ関係者は、町田がシーズンを2位以内で終わることを望み、自分たちの残留のために町田へエールを送っていたことは想像に難くない。

    町田がJ1ライセンス付与を逃し、かつJ2で優勝争いを続けていたからこそ、こうしたレアケースでの”ゆがんだ激励”という現象が起きたことになる。
    町田は9月にJ1ライセンスが付与されない決定を受け、10月にはサイバーエージェント社の藤田社長が町田ゼルビアを子会社化することを公表し、藤田社長は実質的なオーナーに就任している。
    藤田社長はこの日の試合後、J1ライセンス取得を目指して準備を進めていく考えを示し、来季の成績いかんでは町田の悲願が達成される可能性も見えてきた。

    町田はJ1ライセンスを巡り、シーズン後半戦で大きく振り回された格好だが、それはクラブの問題であり、その中でシーズンを戦い抜いた選手達の心中を察すると、複雑なものが見えてくる。
    FW中島裕希(34)はベテラン選手らしく穏やかな表情で今季のレアケースを振り返った。

    中島 僕は直接言われませんでしたが、チームの中にはJ1の関係者から激励されたという話は聞きました。
    確かにいろんな思いはあるんでしょうが、僕は優勝することだけを考えてやっていたので、そうした声には特に何も感じませんでした。
    J1ライセンスのことにしても、それぞれの選手によって、町田でプレーする意味は異なります。
    ステップアップを目指す選手もいるだろうし、チームを昇格させるため、優勝するために戦っている選手もいます。
    ライセンスは与えられませんでしたが、その中でチームとしては優勝のためにまとまって戦うことはできたと思います。
    4位でしたけど、上位でシーズンを終わったことで、サイバーエージェントさんの協力など、取り巻く環境が変わってきているのも事実だと思います。

    Jリーグはプロ野球と違い、J1、J2での入れ替えというシステムがある。だからこそ、最後の最後までファンは応援するクラブの戦いに集中して声援を送る。
    そして、そこに昇格するための必須の条件があることも、リーグを健全に運営するためのひとつのやり方として定着している。

    下位リーグで優勝争いするチームが、昇格条件を満たさない時、こうした「もやもやした」人間模様が再び起きる可能性はある。それも含めて、し烈なJ1争いということなのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00395217-nksports-socc
    11/17(土) 19:41配信


    【【Jリーグ】J1昇格ない町田へ“ゆがんだ激励”相馬監督は苦悶】の続きを読む

    このページのトップヘ