Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J2



    (出典 res.cloudinary.com)



    (master1305/iStock/Thinkstock/画像はイメージです)

    これも時代か。未来を嘱望されるプロサッカー選手予備軍が、スマホ時代ならではの「若気の至り」を犯してしまった。

    Jリーグ・徳島ヴォルティスは24日、育成組織所属の3選手がクラブからの貸与品をフリマアプリ『メルカリ』に出品していたとして、公式サイトに謝罪文を掲載した。

    ■先輩の練習着やユニフォームを出品

    クラブによると、育成組織の選手には慣例としてトップチームの選手が使用した練習着やユニフォームなどを貸与・譲渡していたという。

    これらの物品に対し、「貸与か譲渡かの認識があいまいとなったクラブの管理体制の不足」があったとしている。

    常識的に考えれば、たとえそれが譲渡されたものであったとしても、出品が許されるようなものではない。尊敬すべきトップチームの選手が使っていた「お古」は、若手の選手にとっては宝物にも等しいものであるはずだ。

    徳島は該当の3選手に対し、「個人面談による再発防止の指導等」および「20日間の清掃活動などの奉仕活動」を課すとしている。

    ■若者のメルカリへの敷居は低い

    しらべぇ編集部では、全国20〜60代のメルカリを利用したことがある男女211名に「メルカリの利用について」の調査を実施。「欲しいものはまずメルカリで探すほうだ」と答えた人は、全体で35.1%となった。

    年代別のグラフを見ると、若い人ほどメルカリに親しんでいることが一目瞭然だ。特に20代では、ほぼ半数に迫る43.4%に上った。

    メルカリグラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    前述の3選手は10代であると思われるため、今回の調査の対象外とはなるものの、そういった「今どきの若者」なのであろうことは容易に推測できる。

    ■ファンからは厳しい声

    この事案を受け、徳島のサポーターを始めとするサッカーファンからは「意識低すぎ」「もう昇格できないな」などの厳しい意見が寄せられている。




    現実問題として、この件が原因でトップチームへ昇格する可能性がなくなったのかどうかは、現時点では定かではない。クラブが実名を公表していないのも、選手の未来を考慮してのことかもしれない。

    将来的に「あれは若気の至りだった」と笑い話にできるくらいのスター選手に育ってくれることを願うばかりだ。

    ・合わせて読みたい→セーラームーンとGUがコラボも即完売→「転売ヤーはおしおきされろ」

    (文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年11月17日〜2017年11月20日
    対象:全国20代〜60代のメルカリを利用したことがある男女211名(有効回答数)

    世も末か! 未来のJリーガーが「クラブからの貸与品」をメルカリ出品


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【悲報…】世も末か! 未来のJリーガーが「クラブからの貸与品」をメルカリ出品…】の続きを読む



    (出典 img.qoly.jp)



    1 THE FURYφ ★ :2018/03/24(土) 13:48:31.35 ID:CAP_USER9.net

    J2徳島は24日、同クラブのユースに所属する3選手がクラブからの貸与品、譲渡品を大手フリーマーケットアプリ「メルカリ」に
    出品していたことを報告した。「クラブの管理体制に問題があったと認識しており、今後このようなことが起きないよう再発防止に
    努めていきます」とコメントを発表している。

    クラブの発表によると、ユース所属の3選手には「個人面談による再発防止の指導等」「20日間の清掃活動などの奉仕活動」の
    指導を行ったという。

    岸田一宏社長のコメントは以下の通り。

    このたびは、ユース所属の3選手がクラブからの貸与品・譲渡品をインターネットのフリーマーケットアプリに出品をおこなった
    事象により、多くの皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

    ユースの選手にはこれまでトップチームの選手が使用した練習着やユニフォームなどを貸与したり譲渡したりしております。
    そのなかで貸与か譲渡かの認識があいまいとなったクラブの管理体制の不足があったことが、このたびの事象の原因であると
    受け止めております。

    この事象を深く反省し、クラブの信頼回復が得られるよう、今後の改善へ向けて全力で努めて参る所存でございます。なお、
    3選手におきましては、20日間の奉仕活動を行うことと致します。

    Jリーグを支える全ての皆様、徳島ヴォルティスを日頃より応援していただいている全ての皆様にご迷惑をおかけしましたことを、
    心よりお詫び申し上げます。このたびは誠に申し訳ございませんでした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00000102-spnannex-socc


    【【衝撃】J2徳島、ユース所属3選手がクラブからの貸与品を「メルカリ」出品!!】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 Egg ★ :2018/03/03(土) 06:24:55.19 ID:CAP_USER9.net

    クラブ創設14年目にして初めてJ1の戦いに挑んでいるV・ファーレン長崎が3日、トランスコスモススタジアム長崎におけるホーム開幕戦で、隣県のサガン鳥栖との「九州ダービー」に臨む。

     敵地で行われた2月24日の開幕戦では、同じ昇格組の湘南ベルマーレに1‐2で惜敗した。
    しかし、試合終了まで白熱の攻防を展開した戦いぶりに、通信販売大手「ジャパネットたかた」(本社・長崎県佐世保市)の創業者としてお茶の間でもお馴染みで、昨年4月から長崎の代表取締役社長を務め、経営危機から脱出させた高田明氏(69)は手応えを感じている。

    「負けて悔しい、ということはありません。強がりでも何でもなく、連携の部分ではすごくよかったというか、新しく加わった選手たちが違和感なく動いていた。ホームでファンやサポーターの方々の声援があれば、サガン鳥栖さんとはいえ、十分に面白い試合をするんじゃないかと思っています」

     未知なるJ1の舞台で「冒険」を続けながら、同時進行で異なる次元での戦いにも挑んでいる。県内で人口が最も多い長崎市内における、サッカー専用の新スタジアム建設だ。開幕直前に表面化した構想について、湘南戦を見届けた高田社長は笑顔を浮かべながらこう言及している。

    「結果がどうなるか、これはわかりません。非常にハードルが高いですけれども、記事でどんどん書いていただければ。(メディアの)皆さんも我々の応援団だと思っていますので」

     新スタジアムの建設構想はJ1開幕へ向けて、先月22日に高田社長が長崎市の田上富久市長を表敬訪問した際に明らかにされた。JR長崎駅の北約500メートルの距離にあり、今月末に閉鎖される三菱長崎造船所幸町工場跡地での建設へ向けて、三菱重工業が公募する事業者に入札したとされている。

     世界数80ヶ国で不動産事業を展開する、アメリカのジョーンズラングラサール社の日本法人との共同で応札したのは、高田社長の長男・旭人氏が代表取締役社長を務め、長崎の親会社でもあるジャパネットホールディングス。約7ヘクタールの敷地にスタジアムを中心として、ホテルやマンション、商業施設などを備えた複合施設を建設する青写真が描かれているという。

     具体的なプランこそ伏せられているものの、応募そのものが先月16日に締め切られたこともあり、高田社長も「そういうお話をちょっとしてもいいのかな」と表面化させるに至った。

    「ジャパネットホールディングスがやろうとしているスタジアム構想は、ビジネスという視点で考えれば、投資としては厳しいです。でも、その(ビジネスの)部分じゃないんですよね。私とジャパネットホールディングス、まあ長男ですけれども、考えていることは一致していますから。
     ジャパネットホールディングスがV・ファーレン長崎に抱く思いは、一企業としてじゃないんです。長崎県のなかでV・ファーレン長崎を確かなものにして、サッカーを通して何ができるか、いまの長崎を元気にするにはどうするべきか、ということに本気で取り組む姿だと考えていただければ」

    つづく

    3/3(土) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000004-wordleafs-socc


    【【J2】<V・フォーレン長崎>“あの”高田明社長が描く新スタジアム構想とは?】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    前田大然、林 陵平という両エースを失いながらもJ2の開幕戦でモンテディオ山形を3-0で下した水戸ホーリーホック。

     

    新外国人FWジェフェルソン・バイアーノが2得点をあげる活躍を見せ、白星スタートを切った。

    そんな水戸に今シーズン、五十音の「ん」から始まる珍しい名前をした選手が加入した。


    ンドカ・ボニフェイスは1996年2月15日生まれの22歳。

     

    ナイジェリアにルーツを持つ彼は埼玉県で生まれ、大宮アルディージャJr.ユースから浦和東高校、日本体育大学へと進学。身長183cm、体重89kgという恵まれた体格を持つセンターバックで、今年水戸へ加入した。

     

    「ンドカ」はナイジェリア人に見られる名前だが、スペルは「Udoka」である。しかし読みは「ンドカ」が近いようで、Jリーグにも「ンドカ・ボニフェイス」として登録されている。

     

    Jリーグの公式データサイトには計5394人が登録されているが、五十音で「ん」から始まる選手はンドカが初めてのこと。これでJリーガー縛りのしりとりをしても、「ん」で終わらないぞ!

     

    ちなみに、アフリカ系で母音の付かないNやMが名前の最初に来る場合も、実は「ん」の発音が一番近い。具体的には、Jリーグのレジェンドでもあるエムボマ(ンボマ)、現役選手ではPSGのエンクンク(ンクンク)、セビージャのエンゾンジ(ンゾンジ)などだ。こちらもサッカー選手しりとりの際は強い味方である。

    Jリーグ史上初!「ん」から始まる名前の選手が今シーズン登場キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】史上初!「ん」から始まる名前の選手が今シーズン登場…】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     今月26日に51歳の誕生日を迎えた、サッカーJ2・横浜FCのFW三浦知良、通称キングカズ。

     イタリアのサッカー情報サイト「トゥット・メルカート・ウェブ」は「カズヨシ・ミウラ……世界を股にかけ、イタリアに最初に上陸した日本人選手」という特集を組み、元イタリア代表のファンタジスタであるアレッサンドロ・デル・ピエロも、自身のTwitterで「50歳でゴールを決めた。51歳でもゴールを決めて、おそらく80歳になってもゴールを決めてくれるだろう!」と、カズにエールを送っている。

     世界中のサッカー選手たちから敬意を示されるカズだが、2016年シーズンは20試合に出場したものの2得点。12試合の出場にとどまった17年は。1得点しか挙げられなかった。

     もちろん、カズはベテランとして若手に規範を示すなど、チームにも数字以上のメリットがあるのだろうが、選手としての価値はどのように見られているのだろうか。サッカーライターに聞いた。

    「現代サッカーのFWには、裏に抜けられるスピードか、攻撃の起点となって身体を張れるスピード、もしくはテクニックが必要になります。スピードがないと思われているテクニカル系のFWにも、一瞬のキレはあるんです。例えば、名古屋グランパスエイトにいた晩年のストイコビッチもキレがなくなって、活躍できなくなり引退した。今のカズさんにキレはないですよね。それが得点数に現れていますよ」

     とはいえ、マンチェスター・ユナイテッドFCなどで活躍したFWドワイト・ヨークのように、スピードが衰えた晩年になってポジションをボランチなどに変更し、活躍した選手たちがいるように、カズもポジション変更すれば、まだまだ輝けるのではないか。実際に08年シーズンには、カズをよく知る都並敏史監督はMFとして起用した。FWからポジションを変えることで生き残る道はないのだろうか?

    「カズさんは、ピッチを俯瞰する能力は……日本だと川崎フロンターレの中村憲剛やジュビロ磐田の中村俊輔のような“目”を持つ選手ではない。使われて生きるタイプで、全盛期も、ペナルティーエリア付近でプレーすることで得点を量産していました。本人もそれをわかっているからこそ、監督業などに興味を示さないのだと思います。監督には高い戦術眼が必要ですからね」(同)

     そうなるとカズが生き残る道はFWしかないということになるが、現状でチームを勝利に導く能力があるかは懐疑的にならざるを得ない。横浜FCは資金力がないクラブではないにもかかわらず、08年以降、12年を除き、中位以下に沈んでいるのが物語っている。だが、「横浜FCの筆頭株主であるLEOCは、人気のあるカズがケガなくプレーできている間は絶対に切らないだろう」と、前出サッカーライターは明かす。

     カズはまだまだ現役を続けるだろうが、それがチームにとって本当にいいのか、祝福ムードとは裏腹に微妙なところではある。
    (文=TV Journal編集部)

    三浦知良オフィシャルサイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【正直…】51歳の“キングカズ”三浦知良は実際、戦力になっているのか??】の続きを読む

    このページのトップヘ