Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 それ以外にも、芸能やネットニュース、ギャンブルetcなどまとめています。 覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J2



    (出典 i0.wp.com)



    1 Egg ★ :2017/11/21(火) 19:15:10.45 ID:CAP_USER9.net

     日本シリーズを制したソフトバンクの孫正義社長、次なる封じ手は「Jリーグ」進出!? 一方の球団首脳側は、米大陸に乗り込んでMLB王者との「リアル・ワールドシリーズ」実現を期待していただけに思案投げ首だという。

     同じ「世界一」でも、野球ではなくサッカーを選択したのは、ビジネスの主戦場を米国から中国、中近東にスイッチしたからである。

    ソフトバンクの子会社で米携帯電話4位のスプリントと同3位TモバイルUSとの経営統合計画が、トランプ大統領の支援があっても難しいと判断。機を見るに敏な孫氏は合併を打ち切り、サウジアラビア・ムハンマド皇太子と共同で、紅海沿岸の「NEOM」と名付けられた新都市開発に参加するなど、急速にアジアに軸足を移している。

     「ソフトバンクは、インターネットやAI(人工知能)などの先端技術を活用した新たな電力事業の推進に力を入れ始めました。アジアでは野球よりサッカーの人気が高い。Jリーグに進出するのはそのためです」(経済アナリスト)

     視線の先にあるのが、2021年から参加枠を24に増やし、4年に1度の開催となるサッカーのクラブワールドカップだ。来年、ロシアで開かれる国対抗のW杯と違い、6大陸のクラブ王者が世界一を決める大会。出場するにはJリーグを制し、アジアクラブ選手権で優勝する必要がある。
     かといって、これからJリーグに新規参入しては間に合わない。そこで、密かに検討されているのが、既存のJクラブの買収だ。これは孫氏の十八番と言える。

     「狙いを定めるのが、東京が本拠地の東京FCと東京ヴェルディ1969。建設中の新国立競技場が東京五輪後の入居者を必要としており、一石二鳥のメリットが見込める」(経済誌記者)

     日本人選手だけで世界の頂点を極めるのは絶望的だが、クラブレベルなら巨費を投じて世界のトップ選手を集めることは可能。孫子の兵法はそうはじき出した。

     「ソフトバンクグループが11月6日に発表した2018年3月期第2四半期決算によると、売上高は前年同期比3.3%増の4兆4111億円。営業利益は35.1%増の8748億円。これだけの軍資金があれば、プロ野球に続いてJリーグ制覇は時間の問題です」(前出・経済アナリスト)

     “Big孫”あの笑顔の内側にあるのはとてつもない野望だ!

    2017/11/21 10:00 週刊実話
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171121-80353001-jitsuwa


    【<ソフトバンクの孫正義> 次なる封じ手は「J」進出! 「アジアでは野球よりサッカーが人気」狙うは東京FCと東京ヴェルディ】の続きを読む



    (出典 img01.yoka-yoka.jp)



    1 Egg ★ :2017/11/20(月) 21:03:56.49 ID:CAP_USER9.net

    降格から1年でのJ1復帰を目指すJ2福岡が20日、クラブの公式サイトを通じて異例の「お願い」を発信。
    普段は九州の他チームを応援しているサポーターに向け、た。

    福岡は4位で今季を終え、26日にはJ1昇格プレーオフ(PO)準決勝で5位の東京Vと対戦する。
    引き分けでも決勝進出が決まる優位な状況だが、これまでのPOとは少し勝手が違う。

    本来であれば4位のチームはホームスタジアムで準決勝を戦うことになっているが、
    福岡のホーム「レベルファイ*タジアム」は2019年のラグビーワールドカップ(W杯)などに向けた大規模改修工事のため使用不可。

    やむを得ず、福岡―東京V戦はJ2熊本のホームスタジアムである「えがお健康スタジアム」で開催することになった。

    福岡市と熊本市の距離はおよそ100キロほど。試合を観戦する福岡サポーターにとっては移動に時間とお金がかかることになるが、
    J1昇格へ向けより多くの観客から後押しが欲しいのはいうまでもないところ。

    「九州のサッカーファミリーの皆様へ」とする声明をサイトに掲載したクラブは「身勝手なお願いと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、
    プレーオフに挑むアビスパ福岡を九州のクラブのひとつとして、応援して頂けませんでしょうか。
    ご厚意でスタジアムを提供して頂いた熊本さんのホームスタジアム、『えがお健康スタジアム』に足を運んで頂きますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます」と懇願した。

    九州には、J1の鳥栖や来季のJ1初昇格を決めたばかりの長崎など、福岡以外に6つのJクラブが存在する。
    「今年悲願のJ1昇格を果たしたV・ファーレン長崎の皆様、おめでとうございます。J1のサガン鳥栖の皆様、隣県として毎試合力強く戦う姿に敬意を表します。

    J2の大分トリニータの皆様、ロアッソ熊本の皆様、今シーズンも熱い九州ダービーが戦えたことを嬉しく思います。
    そしてシーズン終盤を迎えているJ3ギラヴァンツ北九州の皆様、鹿児島ユナイテッドFCの皆様、それぞれのカテゴリーの昇格に向けて共に最善を尽くして頑張りましょう」

    と各クラブとそのサポーターへ丁寧にメッセージを送ると、「我々アビスパ福岡も九州のサッカー熱をさらに熱くできるよう、九州がより活気のあるエリアになるために、
    そして史上初のJ1リーグに九州地区3チームが参戦できるよう、今回のプレーオフは九州代表として戦う覚悟です」と決意を表明している。

    11/20(月) 20:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000158-spnannex-socc


    【<アビスパ福岡>普段は九州の他チームを応援しているサポーターに向け異例の声明!応援してほしい】の続きを読む



    (出典 xn--o9jl183uzzac8bpxdu9d3yu2fam76jee4azq3asye.com)



    1 Egg ★ :2017/11/20(月) 07:11:29.14 ID:CAP_USER9.net

    横浜FCの背番号11がピッチ脇に立ち、出場を待ち構える。時間は後半29分。ボールがタッチを割ると、FW三浦知良がピッチへと向かった。

    チームは前節岡山戦のドローでプレーオフ出場の可能性が消滅。この日は前半1分にオウンゴールで先制しながらも、前半30分と後半アディショナルタイムに失点して1-2の逆転負けを喫した。

    「チームがプレーオフ圏内、ストレート昇格を目指してやってきて、先週の試合でプレーオフ進出が消滅したけど、今日の負け方も含めてちょっと力が足りなかったかなと実感している。結果を得られなかったのは非常に残念に思う」。

    シーズン開幕前の2月26日に50歳の誕生日を迎えたカズは、3月12日のJ2第3節群馬戦で決勝ゴールを奪い、50歳14日の得点で自身の持つJリーグ史上最年長得点記録を更新。

    今季は12試合に出場し(452分)、千葉戦の出場で自身のJ2最年長出場記録を50歳8か月24日に更新した。

    「8月以降は今日も含めてずっとベンチ入りしていたけど、大事なときに出場機会があまりなかった。大事なところでピッチ上でチームに貢献できなかったことは非常に悔しく思う。

    ゴール数の1に関しては本当に情けないし、残念です」と自身のシーズンを振り返った。

    来季は51歳を迎えるが、『来年も現役を続けるか?』という質問に対しては「もちろん」と現役続行を明言。12月頭まで行われるというチームトレーニングや12月に行うグアムキャンプをこなして、

    「来年に向けて、精神的にもフィジカル的にも強くなって帰ってきたい」と答えた。

    11/20(月) 0:27配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-01646520-gekisaka-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【<カズ> 最終節で途中出場…今季振り返り「1ゴールは本当に情けない」「強くなって帰ってきたい」】の続きを読む



    (出典 www.niigata-kankou.or.jp)



    1 れいおφ ★ :2017/11/18(土) 16:49:35.65 ID:CAP_USER9.net

    3試合連続で降格決定を阻止した新潟だったが、ついにJ2降格が決まった。

    ホームのデンカビッグスワンスタジアムで前節15位の甲府と対戦。
    前半18分に山崎の左クロスが相手オウンゴールを誘発して先制し、そのまま1―0で勝ち切って4戦負けなしで
    勝ち点を22に伸ばしたが、この日神戸を下して15位に浮上した広島が勝ち点30としたため、
    新潟が残り2試合を全勝しても届かないため降格が決定した。

    新潟は初昇格した2004年から14年間守ってきたJ1の座から陥落。
    来季は戦いの場を15年ぶりにJ2へ移すことになるが、降格を味わうのはクラブにとって初めてとなる。

    「今節にも降格決定の可能性あり」となってから3試合負けなしで阻止してきた新潟だったが、ついに力尽きた。
    10月14日のG大阪戦(吹田S)では5月20日の札幌戦(デンカS)以来17試合ぶりとなる今季3勝目を
    マークして降格決定を阻止。同21日の磐田戦(ヤマハ)は勝利目前の後半ロスタイムに追いつかれて
    2015年7月以来2年3カ月ぶりの2連勝はならなかったものの何とか降格決定を阻止すると、同29日の鳥栖戦(デンカS)では1―0で勝利。
    このような状況での降格回避は2009年柏の2試合までが最長で、すでに3試合の新潟はこれを上回っていたが、及ばなかった。

    ここまで32試合を戦って5勝7分け20敗。
    5月に就任した元日本代表FWの呂比須ワグナー監督(48)は指揮を執った21試合で
    同一シーズンではクラブ初の6連敗を喫するなど4勝5分け12敗での降格決定となった。

    新潟は1999年にJ2リーグ参戦。
    2003年に反町康治監督(現J2松本監督)が就任3年目でJ2優勝を果たして初のJ1昇格を果たすと、04年から14年間J1を守ってきた。
    07年には鈴木淳監督(現日本サッカー協会技術委員)のもとクラブ最高の6位へ躍進。
    13年にも柳下正明監督(現J2金沢監督)のもと7位に入ったが、
    14年に12位、15年には15位と順位を落として毎年のように残留争いを繰り広げた。
    15年はJ2降格した16位・松本と勝ち点6差で残留したが、昨年は16位・名古屋と勝ち点30で並ぶ15位で何とか残留。

    今季は、昨季J3長野で監督を務めた三浦文丈監督を招へいした。
    だが、開幕から低迷。三浦監督は1勝2分け7敗の勝ち点5で17位だった5月7日に休養が発表され、そのまま辞任となった。
    その後、呂比須監督が誕生したが、立て直すことはできず、さらに順位を落としての降格となった。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/11/18/kiji/20171118s00002179252000c.html
    http://www.sanspo.com/soccer/news/20171118/jle17111816220012-n1.html

    関連スレ
    【サッカー】<J1第32節>川崎、鹿島V阻止!エウシーニョ決勝弾で逆転優勝に望み...新潟、2003年以来のJ2降格が決定
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1510988249/


    【アルビレックス新潟、無念のJ2降格決定…2004年から14年間守ってきたJ1の座から陥落】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 Egg ★ :2017/11/12(日) 05:47:17.88 ID:CAP_USER9.net

    J2横浜FCのカズこと元日本代表FW三浦知良(50)が11日、来季の現役続行の意思を表明した。
    クラブ側もカズの考えを尊重する方針で、史上初の50歳Jリーガーがプロ33年目となる来季も現役のピッチに立つことが確実になった。

    レジェンドがついに決断した。カズが横浜市内での全体練習後に現役続行を表明。11月11日午前11時ちょうど。来季の去就について初めて口を開いた。

    「僕としては、もちろん例年どおり。来年も再来年も、いけるところまでね」

    来年2月26日に51歳となるカズ。クラブと正式な話し合いは行っていないが、ある幹部は「クラブとしてのスタンスは変わらない。あとはカズ次第だ」と話しており、現役続行は決定的だ。

    この日はくしくも同じ背番号11のプロ野球、日本ハムの大谷翔平投手が記者会見を開き、米大リーグ挑戦を正式に表明した。
    23歳の大谷とは大正製薬「リポビタンD」のCMで共演しており、「挑戦をやめない」と宣言するカズに「世界と勝負する」と大谷が呼応。
    同時刻にCM通りの“進路”を明かしたのもスター同士のあうんの呼吸かもしれない。

    今季のJ2開幕戦(対松本、ニッパ)が50歳の誕生日だったカズ。先発出場で後半20分までプレーし、1-0で勝利した。
    試合後のセレモニーでは「60歳まで現役でやりたい」。開幕3戦目(対群馬、ニッパ)に今季初ゴールを決めた。体の切れは健在だ。

    横浜FCは、12日にホームで岡山と対戦。負ければ来季のJ1昇格が消滅するだけに、カズは「残り2試合は負けられない」。
    サッカー界では世界的にも類を見ない51歳での現役生活。J1で迎えるチャンスをあきらめてはいない。

    11/12(日) 5:00配信 サンケイスポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171112-00000500-sanspo-socc


    【<カズ>来季51歳現役続行!プロ33年目へ決意「いけるところまでね」】の続きを読む

    このページのトップヘ