Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J2

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    天才・小野伸二が投稿している動画に触発されてか、Jリーガー達が続々と自身のSNSでスゴ技を披露して話題となっている。

     


     

    小野伸二が投稿しているのは、「ピタッとチャレンジ」と題した動画。ボールを思い切り下に投げて、足先でやさしくトラップして止める。派手なドリブルやフリーキックなどではないが、サッカー経験者ならこの凄みがわかるはず。

     

    ボールを自由自在に操るファンタジスタだからこそできる、さりげない凄技にコメント欄は「世界を魅了した神タッチ」「白飯3杯いける」と大興奮。40歳になってもいまだ衰えない、神がかり的なタッチサッカーファンを喜ばせた。

     


     

    小野伸二の投稿が話題を呼ぶなか、Jリーガー達も同様の技にチャレンジする動画を続々とSNSで更新中。川崎フロンターレに所属する脇坂泰斗は「難しい。。。」と言いながらも、小野同様、素晴らしいタッチを披露している。端正な顔立ちから「プリンス」と呼ばれることもある脇坂の動画も、これまでに1万回以上再生されている。

     


     

    その他、この「ピタッとチャレンジ」を用いてユーモア溢れる投稿をしているのが、レノファ山口に所属する田中パウロ淳一だ。「#小野伸二チャレンジ」というハッシュタグをつけ、同様の技を披露すると思いきや、なんと地面に投げつけたボールが顔面を直撃。

     

    もちろんこれは、ワザとやっているはず。顔面にボールが直撃した瞬間に、画面が白黒になるエフェクトを付けるなど、意図的に笑いを取りにきているのだ。この爆笑動画には「普通におもしろい」「やると思った笑」「元気もらった」など、ファンからの大絶賛コメントが多数届いている。

     


     

    ちなみに、本家の小野伸二はこれ以外にも子ども向けに動画を投稿中。休校中で退屈している子ども達が家などで練習できるようにと、解説付きでトラップ等を教えてくれているのだ。

     


     

    Jリーガーの間でも話題の「ピタッとチャレンジ」。今度は誰が挑戦するのか、今後の投稿に注目したい。

    スゴ技のオンパレード!?  小野伸二の「ピタッとチャレンジ」がJリーガーの間で流行中!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】スゴ技のオンパレード!?  小野伸二の「ピタッとチャレンジ」がJリーガーの間で流行中!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 smiletrip-oneworld.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/05(日) 18:41:37 ID:jGzggjfe9.net

    <サッカー担当記者 マイメモリーズ>(1)

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内外のサッカーリーグ、代表の国際試合は中断、中止を余儀なくされている。
    生のサッカーの醍醐味(だいごみ)が伝えられない中、日刊スポーツでは「マイメモリーズ」と題し、
    歴史的な一戦から、ふとした場面に至るまで、各担当記者が立ち会った印象的な瞬間を紹介する。第1回はカズが激怒した夜-。

      ◇   ◇   ◇  

    あの頃、カズは若かった。日本の宝・元日本代表FW三浦知良(53)が30歳だった97年10月26日の夜10時過ぎ。
    日本は、ワールドカップ(W杯)フランス大会アジア最終予選で、UAEとホームの国立で戦い1-1で引き分けた。
    2戦を残して自力突破の可能性がなくなってしまった。

    試合後の30分が過ぎ、選手たちがロッカールームから引き揚げ、中央出口に横付けされた移動バスに乗り込んだ。
    バス横、約15メートル先には鉄格子の扉があり、怒った多くのサポーターが選手らに罵声を浴びせた。生卵やカン、コインが選手バスを襲った。
    中には鉄格子内に止めてあったNHK中継車の天井に登り、選手バス目掛けてパイプイスを投げる人もいた。

    ここまではテレビや新聞にも報じられた有名な話。4年前「ドーハの悲劇」で悲しんだファンが暴走したのも、ある程度、想像はつく。
    「カズ辞めろ-」と絶不調だったエースFWカズが集中攻撃にあったのも想定内の話。
    しかし、サッカー担当2年目だった私は、想像もつかなかったことを目の当たりにした。

    選手バスの扉そばにいた私の耳に、バスの中から「カズやめろ-」の声が聞こえてきた。
    「エッ、仲間からも?」と思って中をのぞくと、カズがスタッフの制止を振り切って扉に向かってすごい勢いで歩を進めている。「ヴァーー」。言葉にならない声を発している。
    とっさに私は、他の記者1人とともに扉の前に立ち、カズを止めた。
    ギリギリ、降りる寸前の第1ステップで制止できた。
    その直後、協会関係者らが次々と寄ってきて、結局カズは再び自分の席に戻った。

    のちに「ジョホールバルの歓喜」で、W杯初出場が決まり、しばらくたって当時を振り返ってもらった。
    カズは「すぐ(6日後、対韓国)試合だったのに選手の移動バスを止めたことに腹が立った」と話した。
    私が止めたことを伝えると「そうだったの? 覚えてないな。そうなんだ。ありがとう」と笑顔を返してくれた。

    今はサッカー担当歴23年。ずいぶん腹黒くなった今なら、止めないかもしれない。
    「カズがサポーターのところに駆け寄って口論になった方が絵になるし、記事にもなる」と判断し、道を開けるかもしれない。
    あっ、でもやはり止めるかな? あの頃はカズも若かったし、私も青かったな…、なんて思うと、口元が緩んできた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-24050026-nksports-socc
    4/5(日) 11:00配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【元日本代表】30歳カズが激怒した夜/記者が振り返るあの瞬間】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 thedigestweb.com)



    ピタッとトラップするコツを公式インスタグラムで惜しみなく解説

     J2のFC琉球に所属する元日本代表MF小野伸二は、日本サッカー界屈指の天才として知られる。稀代のテクニシャンは、SNSを使って自らのテクニックを惜しみなく子供たちに伝授しているが、新たにインスタグラムで「トラップのコツ」を公開。華麗な技にファンから「シルキー」「何回も見てられる」と感嘆の声があがっている。

     小野は1998年浦和レッズに入団。オランダ1部フェイエノールトやドイツ1部ボーフムにも在籍し、浦和への復帰も挟みながら、2010年には清水エスパルスへ加入した。12年オーストラリア1部ウェスタン・シドニー・ワンダラーズを経て、14年に北海道コンサドーレ札幌へ。キャリアの中でも最長の5年半過ごした思い入れあるクラブを昨年8月に離れ、現在はJ2の琉球で奮闘している。

     今季の開幕戦となった2月23日ジェフユナイテッド千葉戦(0-1)は後半35分から途中出場した。今年41歳を迎えるファンタジスタの活躍が期待されているが、現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けてJリーグは公式戦が中断中。各クラブや選手が工夫を凝らして、SNSで企画やスキルアップのための“宿題”動画などを投稿しており、小野もリフティング講座を開くなど積極的な姿勢を見せている。

     27日にインスタグラムに投稿した動画では「トラップ講座」を開講した。

    「未来のちびっこ達に夢を 今回はトラップのコツ #ピタッと #チャレンジ

     このようにメッセージが添えられた映像では、小野が自身の足元にボールを落とし、ピタリと止める模様を収録。「ボールを投げて下で止める。コツはちょっとつま先寄りに使って、落ちてきた瞬間にすっと(手前に足を)引くと跳ねないで止まると思う」と絶妙トラップの秘訣を惜しみなく解説している。

     何気なく体現している練習ながら、技術が凝縮されたトラップファンからも「シルキー」「さすが超一流」「上手すぎる」「何回も見てられる」といった感嘆の声が上がっている。

     新型コロナウイルスの影響で、東京都では外出自粛要請が出されるなど余談が許さない状況が続いているが、小野が披露した“家でもできる”練習は、子供たちにも貴重なトレーニングになるだろう。(Football ZONE web編集部)

    FC琉球の元日本代表MF小野伸二【©FC RYUKYU】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】「落ちてきた瞬間に…」 小野伸二、必見の“シルキートラップ講座”開講にファン感嘆】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 ニーニーφ ★ :2020/03/19(Thu) 02:24:40 ID:Wj/sd2LC9.net

    サッカーのJリーグ、今季降格なしを検討


     新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2月下旬から全公式戦を中断しているサッカーのJリーグが、
    今季はJ1、J2とも降格なしとする案をクラブ側に提示していることが18日、複数の関係者への取材で分かった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-00000006-kyodonews-socc


    【【Jリーグ】今季の降格なしを検討 J1・J2ともに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.jleague-ticket.jp)



    1 Egg ★ :2020/03/04(水) 19:35:01 ID:U1lorSKH9.net

    Jリーグに“パンク危機”が迫る。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、15日までの公式戦94試合を延期したJリーグは18日からの再開を目指しているが、
    終息のメドは立っておらず村井満チェアマン(60)は再延期の可能性を示唆した。試合再開が延びればリーグ運営に大打撃を与えかねないが、特にJ2は日程が“破綻”する可能性も浮上。
    最悪の場合、J1昇格チームの決定が年越しするケースもありそうだ。

    日本野球機構(NPB)とJリーグが共同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第1回会議(3日)が実施された。NPBの斉藤惇コミッショナー(80)や村井チェアマンらと3人の感染症専門家チームが出席。
    予防策をはじめ選手やチーム関係者に感染者が出た場合の対応策などが議論された。今後は9日に第2回会議が行われ、Jリーグとしては18日の試合開催が可能かを話し合う。

    村井チェアマンは「次はどうすればファン、サポーターの皆様をコロナウイルスから守って試合を開催できるのかなどの意見交換をする。
    12日の実行委員会をメドに(専門家チームの)提言をいただけるとありがたいと申し上げた」と語った。

    ただ村井チェアマンは早期再開に慎重だ。「18日の再開が決まっているわけではない。それ以降の延期もあり得る。入場料収入はクラブにとって大きく経営面のケアもしないといけないが、
    財務的な問題を優先して再開に踏み切るのは無責任。一番重要なのは国民の皆様の安心な生活を取り戻すこと。そこを優先して多角的に判断したい」

    この日の会議では専門家チームから、スタジアムは危険性の高い閉鎖空間に当たらないが、観客同士が肩を組んだり、2メートル以内で大声を出しての応援は感染リスクが高いと指摘された。
    依然、感染拡大が終息する見通しは立っていない状況で、現時点では無観客開催を選択肢に入れていないだけに、最短での試合開催は困難というわけだ。

    再延期となればスケジュールのひずみが大きくなるのは明らか。J1~J3全カテゴリーが過密日程となるが、中でもJ2への影響は計り知れない。
    J2クラブ幹部は「現状を見れば15日までの延期が、さらに長引くのは間違いないだろう。それに延期期間が延びると、今度はJ2の日程が完了しないかもしれない」と危惧する。

    J2戦は第42節までの長期戦な上、3位から6位チームはJ1参入プレーオフ(PO)を戦うハードスケジュール。さらに夏場以降は天皇杯の試合も加わるため、日程は超タイトになる。
    特にJ2勢が問題としたのは今季からJ2を戦う松本がルヴァンカップに参戦していることだ。

    本来、J1勢で争うルヴァン杯も、FC東京がアジアチャンピオンズリーグ本戦出場を決めた“穴埋め”でJ2の松本が参戦する。そのルヴァン杯も延期となっており、日程面でJ2との同日開催は困難。
    仮に松本が決勝トーナメント進出を果たせば、さらに日程は過密となり、J2は“パンク”しかねないのだ。

    Jリーグ側は日程について「調整中」としているが“越年決着”の可能性もささやかれる。J1・16位とPOを勝ち上がってきたJ2クラブとの最終決戦が、
    天皇杯決勝(2021年元日)後になるという“最悪のシナリオ”は現実のものとなってしまうのか。

    3/4(水) 16:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200304-00000036-tospoweb-socc


    【【Jリーグ】【新型コロナ】で“パンク危機” 再延期浮上・・・特にJ2は日程が“破綻”する可能性も浮上】の続きを読む

    このページのトップヘ