Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1



    (出典 www.jsgoal.jp)



    自分に驚いています。「めっちゃ試合をしたな!」って(笑)

     ガンバ大阪のMF遠藤保仁8月2日のJ1リーグ第21節ヴィッセル神戸戦(2-2)で途中出場し、公式戦1000試合出場の偉業を達成した。J1、J2、カップ戦、天皇杯AFCチャンピオンズリーグ日本代表戦など、すべての公式戦を含めて日本人初となる金字塔を打ち立てた本人を直撃。稀代のプレーメーカーが、全6回で1000試合出場の舞台裏を語る。第1回は「凄いと思った日本人選手」について訊いた。

       ◇   ◇   ◇

     1000試合も戦っていれば、対戦した日本人選手も星の数ほどいるので悩むところだけど、パッと思い浮かぶのは……自分かな(笑)

     プロサッカー選手になった時は、まさかこんなにも試合を戦えるとは思っていなかったし、世界的に見ても各国のトップリーグを中心に1000試合以上を数えた選手は(ユベントス/元イタリア代表GK/ジャンルイジ・)ブッフォン、(元スペイン代表MF)シャビ、(ポルト/元スペイン代表GK/イケル・)カシージャスら6〜7選手だと聞いているから、そういう意味でも自分に驚いています。「めっちゃ試合をしたな!」って(笑)

     でも裏を返せば、ずっと試合を戦ってこれたから1000試合に到達できたはずで……。なぜなら、いつの時代も、選手が一番成長できる場所は「試合」で、評価を受けるのも「試合」だから。

     もちろん、これは練習が大事じゃない、と言っているわけではない。実際、練習でしか得られないものもたくさんあって、そこに真摯に向き合えなかったり、練習で自分の課題を克服するためのチャレンジをできない選手は、試合で起用される可能性は低くなってしまうはずだしね。

    大きな怪我もせずに戦えたのも、これに起因するところが大きい

     ただ単純な話、練習を1000日やるのと、試合を1000回戦うのでは得られる中身も、成長の度合いも格段に違う。そもそも、プロサッカー選手の評価って試合で結果を残せるかどうかで、それがなければプロとしてのキャリアも、日本代表などへのステップもない。事実、僕もたくさんの試合を戦ってきたから今もこうしてプロサッカー選手を続けていられるんだと思う。

     ただ言うまでもなく、これは僕1人の力じゃなくて、支えてくれてきた家族や友だち、応援してくれてきた人、一緒にプレーしてきた仲間やコーチングスタッフの存在があってこそ実現できたこと。

     例えば、日本代表戦を並行して戦っていた時期は、ガンバ日本代表を行き来する毎日で、ともすればコンディションを崩してもおかしくなかったはずだけど、そういった僕の状況に西野朗監督(現タイ代表監督)やブローロフィジカルコーチ(現横浜FCフィジカルコーチ)が理解を示してくれたというか。

     海外から帰国した直後は、必ず僕に「コンディションはどうだ?」と意見を求めてくれるようになり、たとえ試合が2日後に迫っていたとしても「今日はプールだけにしたいです」「ジョグでとどめておきます」って考えを受け入れてもらえるようになって、かなり気持ちも体も楽になった。長いプロ生活を、大きな怪我もせずに戦えたのも、これに起因するところが大きい。

     もっとも、選手は常に評価される側の立場にあると考えても、これらはすべて監督やコーチとの信頼関係があってこそで、それを感じていなければ、僕もそんなふうには言えなかったはずだけど。

    そのことに対して手を抜いたことは一度もない

     当時はそのことを揶揄されて“遠藤調整”みたいに言われたりもしたけど(笑)、正直、シーズン中であれば、2日くらい練習をしなくてもコンディションが絶対に落ちない自信もあったしね。今になって振り返っても、そうして常に試合で100%の力を発揮するための自分なりの調整を貫けたことも、今のキャリアを支える大きな理由の一つだと思う。

     といっても、自分のペースで調整させてもらう分、試合ではより頑張ったという感覚は特にない(笑)。どの試合を目の前にしても……これは今もそうだけど、いつも考えるのは「チームが勝つために全力で戦う」ということのみ。

     昔も今も僕はサッカープレーするのが大好きで、ピッチに立てば、その大好きなサッカーを目一杯、楽しみながら、目の前の敵を倒すために自分のすべてを出し切る。1000試合すべてで、そのことに対して手を抜いたことは一度もない。

    (第2回「衝撃を受けたJリーグ海外助っ人選手」に続く)

    遠藤保仁「公式戦1000試合」内訳(G大阪調べ)
    公式戦1000試合・148得点

    J1リーグ:621試合(歴代2位)・103得点
    J2リーグ:33試合・5得点
    Jリーグチャンピオンシップ:3試合・0得点
    リーグカップ:72試合・5得点
    天皇杯:48試合・10得点
    富士ゼロックススーパーカップ:6試合・0得点
    クラブワールドカップ:3試合・0得点
    AFCチャンピオンズリーグ:58試合・10得点
    スルガ銀行チャンピオンシップ:1試合・0得点
    A3チャンピオンズカップ:3試合・0得点
    日本代表戦:152試合(歴代1位)・15得点(高村美砂 / Misa Takamura

    ガンバ大阪の元日本代表MF遠藤保仁【写真:Noriko NAGANO】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】遠藤保仁、なぜ日本人初1000試合出場を達成できたのか 「遠藤調整みたいに言われたけど…」】の続きを読む



    (出典 www.jsgoal.jp)



    https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/16617.html
    ヴィッセル神戸(楽天ヴィッセル神戸株式会社/本社:神戸市中央区、代表取締役社長:立花陽三)は、8月30日ベルギーサッカー協会(BFA)より発表されました、UEFA EURO2020予選 ベルギー代表メンバーヴィッセル神戸トーマス フェルマーレン選手(33)が選出されましたので、お知らせいたします。 試合予定は下記の通りです。

    UEFA EURO2020予選 試合日程
    9月6日(金)サンマリノ代表vsベルギー代表@サンマリノ(第5節)
    9月10日(火)スコットランド代表vsベルギー代表@グラスゴー(第6節)

    プロフィール
    トーマス フェルマーレン(Thomas VERMAELEN
    ■生年月日:1985年11月14日(33歳)
    ■身長/体重:183cm/80kg
    ポジション:DF
    ■国籍:ベルギー
    チーム歴:
    アヤックス('03~'04/NED)→RKC('04~'05/NED※期限付き移籍)→アヤックス('06~'09/NED)→アーセナル('09~'14/ENG)→FCバルセロナ('14~'16/ESP)→ローマ('16~'17/ITA※期限付き移籍)→FCバルセロナ('18~'19)→ヴィッセル神戸('19~)
    ※NED=オランダ ENG=イングランド ESP=スペイン ITA=イタリア

    ■出場歴:
    【J1リーグ通算】3試合出場0得点
    エールディビジ通算/NED】111試合出場10得点
    プレミアリーグ通算/ENG110試合出場13得点
    リーガ・エスパニョーラ通算/ESP】34試合出場1得点
    セリエA通算/ ITA】9試合出場0得点
    チャンピオンズリーグ通算】34試合出場1得点

    ■代表歴:74試合出場1得点

    トーマス フェルマーレン選手コメント
    ベルギー代表に選出され嬉しく、光栄に思っております。良いプレーができるように、しっかり準備したいです。引き続き応援よろしくお願いします。

    配信元企業:楽天ヴィッセル神戸株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ベルギー代表】DFトーマス フェルマーレン選手 UEFA EURO2020予選 ベルギー代表選出のお知らせ】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    東京五輪出場の可能性をドイツメディアが報道

     サッカーJリーグヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが2020年東京五輪オーバーエイジ枠での出場を望んでいるという。ドイツメディアが報じている。

     すでに東京五輪出場を決めているドイツ代表。そのオーバーエイジ枠の候補として、日本でのプレー経験も豊富なポドルスキの名前が挙がっているようだ。

     ドイツ公共放送「ZDF」の公式ツイッターによると、「ポドルスキ(1985年生まれ)は、今でもドイツ代表の準備ができている! ドイツU-23でもう一度プレーすることに? 五輪代表には1997年以前に生まれた選手も3人入ることができるため、実現可能な夢だ」と伝えており、さらに34歳の意気込みも伝えている。

    「もちろん五輪には出てみたい。どのスポーツ選手にとっても、何かすごいことだからね。もし興味を持ってもらえるなら、責任ある人たちと話し合う準備もできている」

     ポドルスキは2017年3月にドイツ代表を引退。同年7月に神戸に加入した。契約は2020年1月までだが、もし五輪出場となれば契約延長も視野に入る。

     日本で再びポルディがドイツ代表のユニホームにそでを通すことになるか。今後の動向に注目だ。(THE ANSWER編集部)

    2017年3月の代表引退試合でプレーするポドルスキ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】ポドルスキ、再び独代表へ!? OA枠での東京五輪へ意欲「もちろん五輪には出てみたい」】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    来年夏に行われる東京五輪サッカー競技は開会式の前にスタートし、7月22日から8月8日まで開催される予定だ。

    男子チームは原則的に23歳以下の選手のみがプレーできるが、メンバー18名のうち3名については年齢制限を超える者(オーバーエイジ)を登録可能だ。

    ドイツサッカー連盟(DFB)が現在そのメンバーの一人として検討を進めているのが、日本でプレーしているルーカス・ポドルスキであるそう。

    『Bild』によれば、ポドルスキ自身も「もちろん私はオリンピックに出たい。これは全てのアスリートにとって素晴らしいものだ」と前向きな姿勢を見せているとのこと。

    34歳のポドルスキは現在日本のヴィッセル神戸プレーしており、東京五輪の環境に適応しやすく、チーム内にもその経験を伝えられるという。

    『RP』によれば、ヴィッセル神戸フィンク監督も「クーンツ(五輪代表監督)から電話がかかってきたら、五輪に連れて行くことを勧める。彼はマシーンで、雄牛のように練習している」と後押ししているそうだ。

    ケルンで同僚だったマルク・ウートも称賛するほどの人格者として知られるポドルスキ。

    これまでにないほどの暑さの中で行われると予想される東京五輪である。ドイツにとっては、日本に慣れているポドルスキがピッチ外で頼りになるかもしれない。

    ポドルスキ、東京五輪出場へ!ドイツ連盟が検討中


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ドイツ代表】ポドルスキ、東京五輪出場へ!ドイツ連盟が検討中】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    トーレスをシメオネ監督が賛辞「ハードワークし、他者への敬意も欠かさぬ、一流の手本」

     サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは23日、J1第24節ヴィッセル神戸戦(1-6)で現役を引退した。古巣アトレチコ・マドリードディエゴ・シメオネ監督は、スタッフとしてトーレスが古巣に帰還することを望んでいるようだ。英紙「デイリーメール」が報じている。

     昨夏にアトレチコを退団し鳥栖に加入したトーレスだが、加入初年は前線で体を張るターゲットマンとして“フォア・ザ・チーム”のプレーに徹し、J1残留に貢献。しかし今季は度重なる負傷離脱もあり、本領を発揮できない期間が続き現役引退を決断した。アトレチコで共闘したシメオネ監督は、トーレスが一貫した姿勢に惜しみない賛辞を送っている。

    フェルナンドは非常に聡明な存在であり、サッカー界の絶対的なレジェンドだ。そう断言できるのは、彼はキャリアを通していつだってハードワークし、他者への敬意も欠かさぬ、一流の手本だったからだ。それは選手としてだけでなく、人としても。彼は新たな道を定めるのに少し時間を費やすだろう。自分の責任感に真摯に向き合いたいと考える人間だからね」

     また、「上手くいけば、私たちが再び一緒に仕事することになるまで、そう時間はかからないだろう」と、近い未来にアトレチコで一緒に仕事することを望んでいるコメントも残している。引退後も鳥栖の若手育成に携わることを表明していたトーレスだが、愛する心のクラブでもあるアトレチコに入閣する日も、そう遠くはないのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    アトレチコ時代のFWトーレス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】引退トーレス、古巣アトレチコ帰還? シメオネ監督がラブコール「そう時間はかからない」】の続きを読む

    このページのトップヘ