Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1



    (出典 www.jsgoal.jp)



    チームとしての機能性向上の必要性を強調 「それを踏まえて発展していかなければ」

     サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは23日、J1リーグ第24節ヴィッセル神戸戦に先発出場。18年間のキャリアに終止符を打つ引退試合は1-6と大敗を喫したものの、神戸に所属する旧友の同MFアンドレス・イニエスタとともにピッチに立ち、一つの時代に終止符を打った。試合後、トーレス日本人選手に対し、現役選手としての“最後の金言”を口にした。

     昨夏に鳥栖へ加入したトーレスは、熾烈な残留争いに巻き込まれるも、前線で体を張るターゲットマンとして“フォア・ザ・チーム”のプレーに徹し、J1残留に貢献した。しかし、今季は度重なる負傷離脱もあって、本領を発揮できない時間が続き、シーズン半ばで引退を決断。旧友イニエスタを最後の“敵”とした神戸戦を最後に、18年間のキャリアに終止符を打つ決断を下した。

     ラストゲームは6失点の惨敗を喫するまさかの展開となったが、試合直後の引退セレモニーではイニエスタ、そしてかつての相棒である元スペイン代表FWダビド・ビジャと涙を浮かべながら抱擁を交わすなど、感動的なフィナーレを迎えた。

     セレモニーを終えて約1時間後に記者会見に臨んだトーレスは、約1年間、Jリーグピッチに立ったうえで「日本人クオリティーは非常に高い」と振り返った。一方で、「Jリーグは発足してまだ30年経っていないよね? クラブを含めてまだ若いんだ」と切り出し、「良くなっていく伸びしろがあるということ。何回も言うが、選手の質は高い。それでも、サッカーチームスポーツチームとして機能するにはまだ時間がかかるし、それを踏まえて発展していかなければならない」と指摘した。

    連動しないプレッシングに怒りのジェスチャーを見せていたトーレス

     この一戦でも前半だけで3回、相手の最終ラインにハイプレスをかけたトーレスが、連動して畳みかけないチームメートに怒りのジェスチャーを示していた。素早いプレッシングに神戸の守備陣がボールタッチを乱していたケースもあり、連動できていればボールを奪えてチャンスとなっていたと思わせる局面も実際にあった。運動量が少ないという印象を持たれがちなトーレスだが、この日は戦況を見極め、一人果敢に前線から走り回る姿が際立っていた。

     トーレスの古巣でもあるアトレチコ・マドリードは徹底的に連動したプレッシングから高い位置でボールを奪い、そこからさらに連動して一気に攻め込むカウンターを持ち味としていた。日本人もスタミナと献身性に定評があるが、連動性に優れているかと言われたら、まだ首を傾げるところがある。

     トーレス日本人選手に送った、選手としての“最後の金言”は、今後Jリーグクラブがさらに成長していくうえでは避けては通れない道のりだろう。(Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku)

    現役を引退した鳥栖FWトーレス【写真:安藤 隆】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】引退のトーレスが日本人選手に送った“最後の金言” 「クオリティーは非常に高いが…」】の続きを読む

    no title


     2019明治安田生命J1リーグ第24節が23日に行われ、サガン鳥栖ヴィッセル神戸に1-6で敗れた。神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタと同FWダビド・ビジャが、同試合限りでの現役引退を発表していた元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスについて語った。

     同試合にスタメン出場したイニエスタは、前半20分にPKでチーム2点目を記録。しかし、前半終了間際に負傷交代を強いられていた。イニエスタは「非常に特別な試合でした。長年共にプレーしてきた1人の友人の引退試合に、この日本で参加できたことはとても特別なことですし、彼が最後の試合をしっかりと味わってくれたことを願っています。何よりも、多くの人に愛されて引退していく姿が彼の存在を表していると思います」と“盟友”とのラストマッチ振り返り、以下のように続けた。

    「彼はサッカー界で多くの人の模範となる存在です。スペイン国民にとっては、彼の残してきた功績は特別な意味を持っていますし、それが彼の偉大さを示しています。日本でも、短い間ですが多くの人が彼のプレーを楽しめたことと思います」

     また、ビジャは79分から途中投入され、リーグ戦4試合ぶりの出場を果たした。同選手はかつてスペイン代表で共に得点を量産した“相棒”への思いを明かしている。

    「彼の最後の試合に出場できたことは光栄です。ピッチの内外で多くの出来事を共に経験してきた仲なので、彼の日本での引退試合に参加できたことを本当に喜んでいます」

    「彼には感謝の気持ちしかありません。チームメイトとして、また対戦相手としても何度もプレーしてきましたが、彼は素晴らしい選手ですし、同じチームでプレ-した時にはたくさんサポートもしてもらいました。これから始まる生活を彼の素晴らしい家族と共に楽しんでほしいですし、これからの成功を祈っています。改めて、サッカーを愛する全ての人に与えてくれた全てのことに関して感謝を述べたいです」

    イニエスタ(左)とビジャ(右)がトーレス(中央)の引退に言及 [写真]=金田慎平


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】“盟友”の引退試合に臨んだイニエスタ&ビジャ「彼は模範となる存在」】の続きを読む

    no title


    引退試合で神戸に大敗も「幸せだった」 笑顔で最後の会見に臨んだトーレス

     「1-6」。非情な数字がスコアボードに刻まれたまま、試合終了のホイッスルが鳴り響いた。スタジアムは静まり返り、選手たちが腰を落としたなか、サガン鳥栖のFWフェルナンド・トーレスは意外なほどにすっきりとした表情を浮かべ、対戦したヴィッセル神戸FWダビド・ビジャと抱擁を交わしていた。自身の引退試合となった23日のJ1リーグ第24節、悲劇的な惨敗を喫したなかで、“らしくない”振る舞いだった。

     トーレスは、世界でもとりわけ負けず嫌いな選手として知られている。かつてリバプールで共闘した盟友スティーブン・ジェラードでさえも、試合に負けた時は声をかけられないほど険悪な空気を醸し出していたことは有名な話だ。そんなトーレスが、記念すべき引退試合で惨敗を喫した直後でも、苛立ちを見せることはなかった。

     セレモニーを終え、約1時間後に記者会見に登壇したトーレスは、「時間の許す限り、どんな質問にも答えますよ」と開口一番に告げ、選手としての最後の質疑応答で真摯な姿勢を貫いた。「試合後のセレモニーはエモーショナルだった。(スティーブン・)ジェラードメッセージにはびっくりしたし、 コレオも壮観で感動した。(アンドレス・)イニエスタと(ダビド・)ビジャとの抱擁も涙を堪えきれない瞬間だった」と笑顔で振り返った。

     キャリアを通して思い残したことがあるか否かについての質問には、「後悔は一つもないんだ。何一つ」と即答。それが本心であることは、穏やかな表情が物語っていた。誰よりも勝利に貪欲で、ましてや自身の引退試合、ゴールを欲していたことは想像に難くない。それでも、悔しさ以上の充実感を示していたのは、日本での挑戦を全力で駆け抜けた自負があるからだ。

     「日本のマスメディアにも感謝している」と語ったトーレスは、「自分がこの国に来たことで、Jリーグが新たな一歩を踏み出してくれたと信じている」と口にした。実際、トーレスの加入により日本のサッカーメディアは活性化し、世界でのJリーグの認知度や人気が向上するきっかけにもなったことは間違いない。ビッグネームとしての大義を果たすことができたと責任感を覗かせていた。

    鳥栖への移籍を選んだのは「困難な道だと感じたから」

     鳥栖移籍の決め手も、クラブの熱意などを挙げる一方で「困難な道だと感じたから」と、険しい道のりだからこそ選んだことを明かした。これまでアトレチコ・マドリードリバプールチェルシーACミランなど、世界有数のビッグクラブでキャリアを積み上げてきたストライカーの、これ以上ない野心だった。

     その道のりの厳しさは、皮肉にも引退試合での「1-6」というスコアが示すことになったが、それでもトーレスJリーグを活性化させるという使命、そして困難な道のなかで死力を尽くす信念を最後まで貫いた。やり切ったのだ。

     トーレスは会見で「幸せだった」という言葉を、何度も繰り返した。だからこそ、世界で最も負けず嫌いな男は、惨敗のなかでも晴れやかな表情で自らの物語を締め括った。(Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku)

    現役を引退した鳥栖FWトーレス【写真:安藤 隆】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】トーレスが“惨敗引退”でも晴れやかだった2つの理由 「日本のマスメディアにも感謝」】の続きを読む

    no title

    サガン鳥栖ヴィッセル神戸戦でフェルナンド・トーレスが現役を引退した。

    現役ラストマッチでは盟友であるアンドレス・イニエスタ、そして、ダビド・ビジャとのエモーショナルなシーンも。

    スペイン代表史上最多得点記録を持つビジャと3位のトーレス(2位はラウール)。試合後にはこんなシーンがあった。

    トーレスの肩に手をかけて何かを話しかけるビジャ。『AS』によれば、こんな会話だったそう。

    ビジャ

    「明日、発つの?」

    トーレス

    「いや、数日は留まるよ」

    ビジャ

    「家族はどう?」

    トーレス

    「あまり時間がなくてね」

    ビジャ

    「家族もいるんだね?」

    トーレス

    「そう、ここにいるよ

    トーレスを気遣うビジャの何ともいえない表情…。すぐに日本を出発するのかと尋ねつつ、家族についても気遣っていたようだ。

    引退トーレス、盟友ビジャとの会話はなんだったのか?内容が判明


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】引退トーレス、盟友ビジャとの会話はなんだったのか?内容が判明】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    23日、明治安田生命J1リーグ第24節のサガン鳥栖vsヴィッセル神戸が駅前不動産スタジアムで行われ、1-6で神戸が勝利した。

    この試合は、鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの現役ラストマッチトーレスは先発出場を果たすと、盟友である神戸のMFアンドレス・イニエスタとともにコイントス。最後のピッチに立った。

    試合はトーレスにとって厳しいものに。それでも、90分間のフル出場を果たし、最後までゴールを目指すなどストライカーらしい姿を、スタジアム史上2番目の多さとなった観客に見せた。

    試合後、トーレスの引退セレモニーが実施。リバプール時代の盟友である元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードからはビデオメッセージが到着。また、トーレスの現役生活を振り返るビデオが流れ、エモーショナルな雰囲気に包まれた。

    トーレスは、ファンサポーターへ向けて、現役最後の最後の言葉を送った。

    ◆FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)

    「様々なことに対して感謝の気持ちを送りたいので、1つずつ気持ちを伝えてきたいと思います」

    「まずは、竹原社長。私がここに来るという可能性をしっかり広げてくれて、本当に感謝しています。1年前、マドリードに足を運んでくれ、私が日本でプレーするために多くの説得をしてくれ、努力してくれました」

    「皆さんには、社長をはじめ、本当に熱い気持ち、パッションをこのクラブに対して持っていること。そして、将来に大きなプランがある、そして素晴らしい夢があることを知っておいてください」

    「そして、チームメイトのみんな。自分がここに来た最初の日から、大きく腕を広げて、自分を迎え入れてくれ、たくさん助けてくれてありがとう

    「昨年は降格という危ない所でも、みんなのプロフェッショナルな姿勢と、努力を続けて、どんなに辛い時でも前向きな態度を続けてくれました。本当に感謝しています」

    「私はみんなから本当に多くのことを学びました。みんなも、私から少しでも、1つでもいいから何かを学んでくれていたらと思います。このクラブの将来のために、また一緒に進んでいけたらと思います」

    「そして、日本の皆さん、私たち家族を迎え入れてくれてありがとうございます。皆さんには、日本という素晴らしい国があることを知っておいてください」

    「皆様の常に周りに対するリスペクトがあるという気持ちは、これからの自分たちの人生の1つの指標となります。必ずまた日本に戻ってきて、色々な訪れた場所をまた訪れ、美味しいものを食べて、そういった時間を過ごしたいと思います」

    「最後に、このスタジアムにいるサポーターの皆さん。そして残念ながらチケットを得られず、この場に居ることが出来ない皆さんにも感謝を伝えたいです。本当にありがとうございます

    「私にとって大切なものは、もちろん家族であり、日本に偉大な家族がいることを誇りを持って言いたいです。これからクラブと社長とともに、このクラブが1日少しずつ良くなるように、いつの日か、皆さんがこの場所にチャンピオンというクラブを持つことができるように、働いていきます」

    「そして私の家族、私自身を助けてくれ、迎えてくれたことに感謝の気持ちを伝えたいです。クラブのためにはここが大きくなるように、グラウンドの外からしっかりサポートし、力を皆さんに伝えていきたいと思います」

    「最後の最後まで、すべてのことに対してありがとうございます。これからもクラブと関係を持ち、いつまでも繋がりを持って進んでいきたいと思います」

    アリガトウゴザイマス」

    トーレスは挨拶後、全ての方向へ向かってお辞儀をし、最後には、家族から花束が贈呈された。その後にスタジアムを一周。トーレスの現役生活は終わりを迎えた。

    18年間に渡るトーレスの現役生活は、アトレティコ・マドリースタートリバプールチェルシーミラン、と渡り歩き、古巣のアトレティコ・マドリーへ復帰。そして、2018年7月にサガン鳥栖へと入団した。

    アトレティコ・マドリーでは公式通算350試合出場121ゴール16アシストリバプールでは142試合に出場し81ゴール20アシストチェルシーでは、172試合に出場し45ゴール35アシストミランでは10試合に出場し1ゴール。そして、鳥栖では40試合に出場し7ゴール2アシストを記録していた。

    クラブレベルでは、キャリア通算714試合に出場し255ゴール73アシストスペイン代表としては、2008年2012年ユーロ2010年ワールドカップで優勝を達成。通算110キャップで38ゴールを記録していた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“エル・ニーニョ”フェルナンド・トーレスが感謝の挨拶「いつの日かチャンピオンに」】の続きを読む

    このページのトップヘ