Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2019/05/30(木) 19:21:53.46 ID:21N6W/zd9.net

    「バルセロナから来た天才少年」「17歳でA代表」「FC東京快進撃を引っ張るワンダーボーイ」……。

     久保建英を簡単に紹介すれば、こんな感じだろう。ただ、その実像、人間性は意外に知られていない。むしろ、ミステリアスな存在とさえ言える。
     これまで彼がまとまったインタビューをほとんど受けてこなかったことは、その1つの要因だろう。

     Number979号「日本サッカー 天才伝説」特集では、そんな久保に表紙と巻頭記事へ登場してもらった。雑誌、新聞、TVを通じても初のロングインタビューである。

     いかなる人物なのか。もうすぐ18歳になろうとする少年が姿を現すまで、緊張感が取材陣を包み込んでいた。

     「ミステリ小説なんかを読みます。東野圭吾さんとか、宮部みゆきさんとか」

     そう聞いて、一気に親近感が増した。

     久保は礼儀正しく、快活で、極めて論理的で頭の回転の速い若者だった。話が日常生活に及んで、彼が趣味として挙げたのが読書であり、なかでも名前が出たのが上記の言葉だった。もちろんいずれ劣らぬベストセラー作家だ。読んでいたからといって何の不思議もないセレクトではある。

     ただ、極めて余暇の時間の限られるスポーツ選手で、かつ少年時代の海外生活も長かった久保のような人物が、疲労回復のためにリラックスに充ててもいいような時間に日本の小説を好んで読んでいる。そのことに、親近感を覚えつつ意外な思いも交錯した。

     久保の非常に協力的な対応で、充実した取材が終わった。その日は、それ以上のことは気にしていなかった。

    理論的に納得して、成長を見せる。

     「彼のサッカー人生そのものが小説のようだから」

     中西哲生の言葉に、ハッとした。

     元Jリーガーでスポーツジャーナリスト、サッカー選手のパーソナルコーチも務める中西は、縁あって少年時代から久保をよく知る人物である。その彼に久保のパーソナリティを語ってもらうのが、この日の取材だった。

     そこで飛び出した「種明かし」のような発言。もちろん久保が小説好きであることを知ったうえでの評なのだが、「深く物事を突き詰めるタイプ。理論的に納得したうえで、その伏線を回収するかのような成長を見せる」という説明を聞き、こじつけめくが「ミステリ小説」とつながったような気がした。

    5/30(木) 14:05配信 ナンバー
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190530-00839502-number-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<久保建英>礼儀正しく、快活で、極めて論理的で頭の回転の速い若者だった!中村俊輔との共通点は?】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    かつてアーセナルに在籍したヴィッセル神戸の元ドイツ代表MFルーカス・ポドルスキ。

    彼は現在、Jリーグと世界を繋ぐ広告塔的な役割も担っているが、今週、CLとELの決勝が行われるのを前にDAZNの特別なインタビューに登場し、2つの試合について語った。

    まずはELから。

    冒頭、「彼らは今ヨーロッパを支配しているね」と同国勢同士の決勝となったイングランドを賛辞。そして「ガナーズの成功を祈っているよ」と古巣アーセナルに対しての期待の言葉を述べた。

    チェルシーアーセナルのEL決勝は、日本時間の明日深夜4時にキックオフされる。

    そしてCL決勝については、ちょっとドキッとする言葉も…。

    リヴァプールユルゲン・クロップ監督を「○○なやつ」と表現…。その後に続く称賛からすると文脈的には誉め言葉だろうが、一瞬、ヒヤッとする言葉のチョイスだった。

    トッテナムリヴァプールのCL決勝は、日本時間2日の4時にキックオフされる。

    【関連記事】「サッカー以外の副業で、賢く儲けていた7人の(元)選手」

    ポドルスキも注目するCL・EL決勝の両試合は、日本ではもちろんDAZNで独占中継される。

    神戸のポドルスキ、クロップ監督は「×××なヤツ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカー】神戸のポドルスキ、クロップ監督は「×××なヤツ」】の続きを読む



    (出典 farm4.staticflickr.com)



    1 Egg ★ :2019/05/28(火) 20:20:39.96 ID:gTCbR1qx9.net

    直近の広島戦で0-4と大敗 リーグ戦13試合消化時点で負け越し、監督交代を決断

     浦和レッズは28日夜、オズワルド・オリヴェイラ監督との契約解除を発表した。後任は昨季に暫定監督を務めた経験も持つ大槻毅氏が務める。

     浦和はオリヴェイラ監督のほか、ヘッドコーチのルイス・アルベルト・シルバ氏、コンディショニング・コーディネーターのアレックス氏との契約も解除したことを併せて発表。オリヴェイラ監督は昨年4月25日の柏レイソル戦から指揮を執ったが、およそ1年での契約解除となった。

     オリヴェイラ氏に率いられた浦和は昨季に天皇杯を制し、今季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を獲得。今季はACLでグループステージ最終戦まで際どい戦いを続けて決勝トーナメント進出を果たしたが、リーグ戦では第13節を終えて5勝2分6敗と負け越し、直近のゲームとなった26日のサンフレッチェ広島戦では0-4の大敗を喫していた。

     浦和は今季、ACLとリーグの同時制覇という高い目標を掲げ、DF鈴木大輔、MF山中亮輔、FW杉本健勇といった日本代表経験者もシーズンオフに獲得してスタートしていた。

    5/28(火) 20:13配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190528-00192002-soccermzw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<浦和レッズ>オリヴェイラ監督の契約解除を発表 大槻毅氏が後任として“再登板”】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    年俸4億9000万円の条件で神戸が2年半契約のオファーを提示か

     J1ヴィッセル神戸が元アーセナルのアーセン・ベンゲル氏にオファーしたと報じられている。昨季までベンゲル氏が指揮を取っていたイングランドでも盛んに取り上げられ、「日本のガラクティコがターゲットに」「すぐにでも監督業に復帰する可能性がある」などと伝えられている。

     神戸は昨季限りでアーセナルを退団したベンゲル氏に対し、2021年までの2年半契約、年俸400万ユーロ(約4億9000万円)の条件でオファーを出したと言われている。

     神戸は今季途中にフアン・マヌエル・リージョ前監督を解任し、現在は吉田孝行監督がチームを指揮。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタタレントを擁しながら、公式戦9連敗を喫するなど苦戦が続くチームに、新たなスター監督招聘の可能性が浮上した。

    「日本のガラクティコ(銀河系軍団)がアーセン・ベンゲルをターゲットに(英スポーツ専門メディアSportskeeda)」

    「アーセン・ベンゲル、日本でマネジメントに復帰か?/英サッカー専門誌『フォーフォー・トゥー』)」

     神戸の動きについて、このように複数の英メディアで報じられている。神戸にはアーセナルでベンゲル氏に指導を受けた元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキやイニエスタ、元スペイン代表FWダビド・ビジャなど世界的選手が所属しているだけに英国での注目度も高いようだ。

     ベンゲル氏は先日、インタビューで監督業引退の可能性についても語っていたが、「フォーフォー・トゥー」誌では「すぐにでも監督業復帰の可能性がある」とも言及されている。

     驚きの補強を実現させてきた神戸だけに、ファンの期待も高まっているが、世界が注目する契約を実現させることはできるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    アーセン・ベンゲル氏【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】名将ベンゲルの神戸就任説に英国が熱視線 「日本のガラクティコがターゲットに」】の続きを読む



    (出典 jr-soccer.jp)



    ついに監督もビッグネームを招聘するのか。サッカーJ1・ヴィッセル神戸が、名門アーセナルイングランド)を長年率いたアーセン・ベンゲル氏(69)に監督就任オファーをかけていると一部海外メディアが報じ、大きな関心を集めている。

    監督招聘が実現した場合の選手起用をめぐっても憶測が飛び交う。特に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)らの処遇である。

    「有望株」を積極登用

    英紙「デイリーメール」は2019年5月25日、神戸が2021年末までの期間でベンゲル氏に監督のオファーを持ちかけたと報道。年俸は400万ユーロ(約4億9000万円)という。英紙「ザ・サン」やサッカーメディアGOAL」(英語版)も報じた。さらに日本のスポーツ紙各紙は26日、神戸オーナーの三木谷浩史・楽天会長兼社長が「具体的な動きはない」と語ったことを伝えている。

    ベンゲル氏といえば1997年から2018年まで22シーズンに渡ってアーセナル指揮官をつとめた名将。03-04年はリーグ無敗優勝を成し遂げるなど、一時は常勝チームを作り上げた。95~96年には名古屋グランパスを率いており、日本文化にも理解がある。

    それでも懸念されるのは、神戸というクラブとの相性だ。神戸には元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)、同FWダビド・ビジャ(37)というW杯優勝経験のあるスター選手をそろえ、イニシャルから「VIPトリオ」とも言われるが、年齢的にはベテランの域にある。イニエスタは負傷中、ポドルスキも体調不良から回復したばかりだ。

    ベンゲル氏はアーセナル時代、「有望株」を見出すことに長けた監督としても知られた。有名どころでは元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー(35)を21歳当時から根気よく起用し続け、世界を代表するFWに成長させた。元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(32)については10代から重用され、その後名門を渡り歩いた。元ドイツ代表MFメスト・エジル(30)はレアル・マドリード定位置を失っていた13年(当時24歳)にアーセナルへ移籍すると、ベンゲル氏のもと攻撃の要として輝きを取り戻した。こうした例は枚挙に暇がない。

    「走り回れない奴は興味ない」?

    ベンゲル氏はパス&ムーブと呼ばれる、パス出しと次の動きが一体化した戦い方を志向。単にボールを保持するだけではなく、ゴールに向かっていく速さも重視したため、選手には豊富な運動量が要求された。その中で、若く、走れる選手を積極的に登用してきた傾向がベンゲル氏にはあった。必ずしも「即戦力」に頼ることなく、チーム作りに一定の期間をかけた。

    こうした点で、運動量には限界があるベテランの「VIPトリオ」が、そのメガネにかなうかどうかは不透明。ポドルスキについてはかつてアーセナルに3季所属したが、最終年はスタメンの座を失った。ネット掲示板などでは

    「ベンゲルならビジャイニエスタは使わんだろ? 激しい守備を90分要求されるから」
    「ベンゲル来たらイニエスタとかビジャとか老人はイラネって言われるだけじゃね 走り回れない奴は興味ないだろ」
    「監督に就任したら、イニエスタ切るんじゃね?」
    「ベンゲルじゃ三木谷の思うようにビジャイニエスタ、サンペール、ポドルスキは使ってくれないと思うぞ」

    などの声まで出ている。

    「ベンゲルに求めてるのは求心力でしょ」

    26日のJ1・湘南ベルマーレ戦で、神戸は公式戦9連敗からついに脱出。連敗中の9戦で7得点だった攻撃陣が4発を叩き込み、4-1と快勝を収めた。最たる活躍を見せたのは2ゴール1アシストブラジル人FWウェリントン(31)で、ゴール前で体を張り続けた。ビジャリーグ戦3試合ぶりの1ゴールチームは13位と下位に沈んでいるが、いよいよチームとして噛み合い始めてきた感もある。

    神戸はファン・マヌエル・リージョ監督をシーズン開始間もない4月に解任。現在のバルセロナの礎を築いたジョゼップ・グアルディオラ氏(現・マンチェスター・シティ監督)の「師匠」とされるリージョ氏が、「バルサ化」を進める神戸を去ったことは衝撃を与えた。同時に、今後のチーム作りを託すことができ、個性豊かな選手をまとめる力も持つ監督の招聘は急務。そうした中で浮上したベンゲル氏の名前。インターネット上では「ベンゲルに求めてるのは求心力でしょ」「チームのモチベーションを上げればここまで低迷するチーム構成じゃない」と、純粋な戦術以外にも期待したい部分があるようだ。

    ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ(2018年5月撮影)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】神戸の「イニエスタ切り」ある? ベンゲル招聘報道で憶測】の続きを読む

    このページのトップヘ