Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1



    (出典 f.image.geki.jp)



    Jリーグ参戦から1年で現役引退を決断 母国スペイン人記者の見解は…

     サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは23日、J1第24節ヴィッセル神戸戦に先発出場。トーレスにとっては引退試合となったが、1-6とまさかの大敗を喫することになった。それでも、神戸に在籍する同MFアンドレス・イニエスタラストゲームで共演を果たし、万感の思いでキャリアを終えた。現地取材に訪れていたスペイン人記者は、「トーレスの日本行きは正解だったのか?」という疑問に対して、持論を展開している。

     昨夏に鳥栖へ加入したトーレスは、熾烈な残留争いに巻き込まれるも、前線で体を張るターゲットマンとして“フォア・ザ・チーム”のプレーに徹し、J1残留に貢献した。しかし、今季は度重なる負傷離脱もあって、本領を発揮できない時間が続き、シーズン半ばで引退を決断。旧友イニエスタと相まみえる神戸戦を最後に、18年間のキャリアに終止符を打つ決断を下した。

     ラストゲームでは6失点の惨敗を喫する悲惨な結末となったが、試合直後の引退セレモニーではイニエスタ、そしてかつての相棒である元スペイン代表FWダビド・ビジャと涙を浮かべながら抱擁を交わすなど、感動的なフィナーレを迎えた。

     現地取材に訪れていたリーガ・エスパニョーラ公式のルーベン・ゴンザレス記者を直撃し、トーレスの日本での引退について尋ねると、「実際、彼は日本で素晴らしい時間を過ごすことができたのだと思っている」と、トーレスにとって日本行きはポジティブなものであったという見解を示した。

    「彼は日本で、新たな文化、新たなフットボール、新たなキャリアを発掘することができた。さらに、これから素晴らしいプロフィールも積み上げることができる。引退後も日本に留まることを望んでいるし、日本のサッカーを向上させていく重責を担うことに意欲を燃やしている。 彼は日本を愛している」

     また、引退試合でイニエスタとの共演が実現したことについては、「2人のキャリアは16歳の頃からリンクしている。だからこそ、フェルナンドがキャリアを終えるうえで本当に、本当に素晴らしいフィナーレだよ」と感慨深げに語っていた。

    美しい去り際”よりも“未知なる挑戦”を求めたトーレス

     アトレチコ・マドリードでプロデビューを果たしたトーレスは、リバプールチェルシーACミランを経て、再びアトレチコに帰還したわけだが、昨夏に退団する際は、そのまま“心のクラブ”で引退するという選択肢もあった。キャリアのシナリオとしては、それが最も美しい終幕であるという見方もできるだろう。

     それでもゴンザレス氏は「フェルナンドは絶対的にアトレチコを愛していた。スペインという国ももちろん愛している」と断言しつつも、「だが、それと同時に彼がキャリアの晩年で新たなフットボール、新たな国、新たな経験に挑みたいという意志を抱いていたことも分かっていたよ」と、“美しい去り際”よりも“未知なる挑戦”を渇望していたことを指摘した。

     Jリーグでは通算35試合5得点と、思うような結果を残すことはできなかったが、「結果的に、日本に来て良かったと思っている」と総括。「所属したクラブは厳しい状況下にあったが、それゆえにアトレチコ、リバプールチェルシーでは得ることのできなかった、あらゆる経験を積むことができた」と、熾烈な残留争いの経験は糧となったことを主張している。

     ラストゲーム記者会見では「悔いは一つもない」と断言したトーレス。鳥栖では困難な道のりを歩むことにはなったが、異国の地で新たなフットボールに触れるという目標を叶えることができたのは間違いないだろう。惨敗してもなお、穏やかな表情を見せていた“神の子”は、すでに次なるチャレンジを見据えているはずだ。(Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku)

    FWトーレスは、18年間のキャリアに終止符を打つこととなった【写真:安藤 隆】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】トーレスの日本行きは正解だったのか? スペイン人記者が解説「アトレチコを愛していたが…」】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



     アトレティコ・マドリードの公式ツイッターは23日、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの現役引退を受けてツイートを更新した。

     アトレティコ・マドリードの下部組織出身であるトーレス2001年17歳トップチームデビューを果たした。その後はリヴァプールなどを経て2015年1月にレンタル移籍でアトレティコ・マドリードに復帰。2017-18シーズンヨーロッパリーグで優勝を果たし、同クラブで初となるタイトルを獲得した。

     アトレティコ・マドリードツイッターを更新。「フェルナンド、君は永遠に我々の子どもだ。全てのアトレティコスが君をとても誇りに思っている」とメッセージを送った。

    アトレティコは公式SNSで引退するトーレスにメッセージを送った [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】アトレティコ、公式SNSでトーレスにメッセージ「永遠に我々の子ども」】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    トーレス引退試合後の集合写真公開で広がる感動「みんな素晴らしい

     サッカーJ1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタインスタグラムを更新。23日に対戦し、同日の試合で引退した鳥栖FWフェルナンド・トーレスと、同僚のFWダビド・ビジャを交えた“惜別のスペイン代表3ショット”を公開し、世界のファンに「泣きたいよ」「なんて素晴らしい」「スペインの歴史」と感動を誘っている。

     もう、この3人を現役選手として、そろって見ることはできない。試合後のピッチ上。赤の記念ユニホームをまとったトーレス。その左側には黒のチームポロシャツをまとったイニエスタ、右側にはビジャの姿が……。トーレスは2人の肩に手を回し、イニエスタビジャも身を寄せ、1枚の写真に納まっている。スペイン代表で一時代を築いた3人の現役最後の3ショットだった。

     トーレスの引退試合から一夜明け投稿した画像には、世界のファンから続々とコメントが寄せられている。「レジェンズ」「スペインレジェンズ」「最高」「チャンピオンズ」「泣きたいよ」「なんて素晴らしい」「スペインの歴史」「みんな素晴らしい」「なんて選手たちだ」「古きよき日」と反響が寄せられ、「いいね!」は40万件を瞬く間に超えている。

     世界的名手が集い、その一人が日本の地で迎えた最後の雄姿。3人が揃った現役最後の3ショットは大きな感動を呼んでいる。(THE ANSWER編集部)

    フェルナンド・トーレス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】イニエスタ、トーレス&ビジャの惜別3ショットに40万超反響 世界感動「泣きたいよ」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    いずれ劣らぬプレミアリーグレジェンドたちを名指し

     かつてイングランドプレミアリーグプレーしたJ1名古屋グランパスの元ブラジル代表FWジョーに、「歴代プレミアリーグ所属選手の中で、『この選手には敵わない』と思った3人」を聞いた。前回の「現在、注目するプレミアリーグ3選手」の時は多少考える時間を要したジョーだが、今回の質問に対してはほぼ即答だった。

    ティエリ・アンリパトリック・ヴィエイラ、そしてルート・ファン・ニステルローイだね」

     名が挙がったのは、いずれ劣らぬプレミアリーグレジェンドたちだ。このなかで元フランス代表MFパトリック・ヴィエイラだけは、マンチェスター・シティチームメートとしてプレーする機会に恵まれたジョーは、「一緒にプレーした時のヴィエイラは引退間際で、ポジショニングと冷静さが持ち味の選手になっていたけど、全盛期はフィジカルで誰にも負けない選手だったよね」と、少し懐かしむような表情を見せた。

     今季の注目選手に挙げたフランス代表MFポール・ポグバマンチェスター・ユナイテッド)の原型とも言えるボックス・トゥ・ボックスの大型セントラルMFへのリスペクトはやはり格別で、「やはりこういう選手がプレミアリーグでは活躍できるということです。素晴らしい選手だった」と最敬礼だった。

     対して同じストライカーである元フランス代表FWティエリ・アンリ、元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイについては、前者はただひたすらに憧れ、後者は自らの良いお手本としての見方をしていたという。とりわけ長身かつ俊足、テクニックも極上で、得点もアシストでもなんでもござれのアンリにはもはや脱帽で、「ああいうふうになれたらなあ」と笑うしかなかった。

    「特にあのスピードは自分にはちょっと…(笑)」「よく見て参考にしていました」

    アンリエリア内でもエリア外でも素晴らしい能力を持っている選手で、中盤からボールをもらえば2人、3人とかわしてシュートまで持っていけてしまう。本当に彼は素晴らしいFWですよね。特にあのスピードは自分にはちょっと……(笑)。まだ有名な選手が多くなかったアーセナルを無敗優勝に導いたレジェンド。本当に凄い。

     逆にファン・ニステルローイは自分と似たタイプのFWだと思っています。エリア外でもプレーはできるけど、エリア内でのポジショニングを優先する選手。そしてフィニッシャーとしての素晴らしいシュートを彼は持っていた。ファン・ニステルローイプレースタイルやポジショニング、ゴール前での冷静さについては自分のプレーに吸収しようと思っていたし、よく見て参考にしていました」

     プレミアリーグ史に残る伝説的プレーヤーを見ていた頃のジョーは、まだブラジルで成功を夢見る子どもの1人だった。あれから20年近くの時が経ち、今は自分がそうした夢を見せる立場になったわけだが、“アイドル”たちを思い浮かべるその表情は、文字通り童心に帰っていたように見えた。

     近い将来、「名古屋ジョー選手に憧れて、あの力強いプレーを参考にしていました」と言うJリーガーが現れた時、彼はどのような笑顔を見せてくれるだろうか。(今井雄一朗 / Yuichiro Imai

    名古屋グランパスFWジョー【写真:Noriko NAGANO】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】Jリーグ得点王の名古屋FWジョーが絶賛 歴代プレミアリーグ「敵わないと思った3人」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



     レアル・マドリードに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの現役引退を受けてメッセージを発信した。

     23日に行われた2019明治安田生命J1リーグ第24節で、トーレス擁するサガン鳥栖ヴィッセル神戸に1-6で敗れた。トーレスは同試合を最後に、18年間に及ぶ現役生活にピリオドを打つことを発表していた。

     セルヒオ・ラモスは自身の公式Twitterを更新。かつてスペイン代表の“黄金時代”を共に作り上げたトーレスとのツーショット写真と共に「チームメイトであり、ライバルであり、友人であり、レジェンドでもある。“エル・ニーニョ(少年)”のままで、全てを勝ち取ったフエンラブラダ(トーレスの出身地)の少年」と投稿している。

    スペイン代表で共演したトーレス(左)とS・ラモス(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スペイン代表】「全てを勝ち取った」…S・ラモスが現役引退のトーレスへメッセージ】の続きを読む

    このページのトップヘ