Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1



    (出典 nagoya-grampus.jp)



    1 数の子 ★ :2019/04/15(月) 19:07:05.52 ID:TFUDnr9Y9.net

    昨季は残留争いに巻き込まれた名古屋グランパスだが、今季は様子が違う。7試合を終えて4勝1分2敗で勝ち点13を積み上げて4位につけている。その好調を支えているのが、ブラジル人のジョアン・シミッチだ。際立った能力の高さで攻守に絶大な貢献を見せている。(取材・文:舩木渉)


    ●パス成功数はイニエスタ超え

     今季から名古屋に加入したブラジル人MFは、現在25歳。名門サンパウロの下部組織出身で、ブラジルU-20代表招集経験もある。来日前は期限付き移籍していたポルトガル1部のリオ・アヴェで主力として活躍しており、レンタル元のイタリア・セリエAのアタランタから改めて名古屋に移籍する形で日本にやってきた。

    「まず何よりもチームに入った時に温かく迎え入れてくれたのもすごく大きいし、やはり風間監督が求めているサッカーも、自分がこれまでやってきたサッカーにも似ていたから」と、素早く名古屋に順応できた要因について語るJ・シミッチは、すでに“順応”以上の傑出したパフォーマンスを披露している。

     サッカーの様々なデータを扱うウェブサイト『Sofascore』によれば、J・シミッチは7節を終えた時点で595本のパスを成功させている。これは畠中槙之輔やアンドレス・イニエスタらを抑えて堂々のリーグ1位。そしてセントラルMFという難しいポジションにもかかわらず、パス成功率も88%という非常に高い水準を維持しているのだ。

    ボールを止める・蹴るの基礎技術が高く、特に左足のパス精度は長短問わず抜群で、相手の狙いを外す動きにも長けている。風間サッカーにこれほど適した人材は、なかなか見つからないだろう。

    ●順風満帆ではなかったキャリア

     さらに献身性も備えているから恐ろしい。セントラルMFでコンビを組む米本拓司は「相手がいてもそれを気にしないでボールを持てるところはすごいかなと思います。なおかつ献身的に守備ができるし、あそこまで走れる外国人選手というのはなかなかいないんじゃないか。僕は外国人選手と組むのは初めてなので、いろいろな発見があって楽しいです」と、高いレベルで技術と運動量が融合している相方を称賛していた。

     サンパウロ出身のJ・シミッチは、トップチーム昇格後の2014年7月にヴィトーリア・セトゥバルへ期限付き移籍し、ポルトガルで欧州サッカーに初めて挑戦した。そこで1年間主力として活躍し、1部リーグで29試合に出場して6ゴール2アシストを記録。

     ブラジルに戻ってサンパウロに復帰すると、2016年には全国選手権1部で22試合に出場した。コパ・スダメリカーナやコパ・リベルタドーレスでもプレーするなど経験を積むと、2017年に大きなチャンスが訪れる。アタランタへの移籍が実現したのである。

     だが、イタリアのトップリーグの壁は厚かった。左ひざの半月板を負傷して手術を受けた影響もあったが、リーグ戦では10試合のベンチ入りのみにとどまり出場は叶わず。2018/19シーズンはポルトガル1部のリオ・アヴェへ貸し出され、主力として19試合に出場して名古屋行きへつながる。

     ブラジルU-20代表の一員として現リバプールのGKアリソンや、現ラツィオのワラシ、そしてガンバ大阪のアデミウソンらとともに2013年のトゥーロン国際大会優勝も経験した有望株だが、プロ選手としてのキャリアは決して順風満帆ではなかった。

     それでも「賢いサッカー選手なら、通ってきたクラブや地域のものを自分のために使う。イタリアでもプレーして、自分にとってプラスになる部分を習得できたと思う」と語り、「ヨーロッパだと運動量が求められるところがあって、攻守両面においてすごく運動強度が高い。ブラジルだとテクニックを用いたサッカーをしている。一方、日本だとパスやコントロール、攻守の切り替えの早さは他と違うと思う」と、各地域のスタイルの違いを理解しながら、過去の経験も生かしてJリーグでもさらなる成長を目指している。


    ●名古屋で目指すのは「タイトル」

    「常に今日を考えながら生きている。けど、グランパスにはすごく温かく迎えてもらったので、もちろん目標としてはこのクラブでタイトルを獲得したい」

     イニエスタやダビド・ビジャ、セルジ・サンペールといったヴィッセル神戸勢、さらにフェルナンド・トーレスらがいるサガン鳥栖などが脚光を浴びるが、J・シミッチは貢献度も加味すれば彼らに勝るとも劣らない超優良助っ人だ。

    (取材・文:舩木渉)

    全文はこちらから↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190415-00010002-footballc-socc


    【【Jリーグ】パス成功率はイニエスタ超え!名古屋の新たな心臓、ジョアン・シミッチ】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ピンポイントFKに続き、巧みなクイックリスタートで全2ゴールを演出

     ヴィッセル神戸は14日、J1リーグ第7節サンフレッチェ広島戦で2-4と敗れた。リーグ戦2連敗となったなか、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが技あり2アシストで意地を見せ、母国メディアも「ワンダフルパス」「チームエンジンになった」と報じている。

     神戸は前半15分、敵陣中央の左サイドでFKを獲得。キッカーを務めたイニエスタは右足で小さく曲がりながら落ちるボールを送ると、ニアサイドで反応したFWウェリントンが力強いヘディンシュートゴール左に突き刺し、先制に成功する。

     さらに、ミスから1-1の同点に追いつかれて迎えた前半28分に敵陣中央の右サイドでFKを獲得すると、イニエスタが素早いリスタートを選択。動き出したFW古橋亨梧に絶妙なスルーパスを送り、ペナルティエリア内でGKと1対1になった古橋が冷静にゴール左隅に流し込んで勝ち越した。

     イニエスタの技術と戦術眼が光る2アシストとなったが、神戸は後半に広島MF柏好文とFW渡大生に立て続けに3ゴールを奪われ、2-4で逆転負けを喫した。それでも、スペインメディアにはイニエスタテクニックが際立って見えたようだ。

     スペイン紙「スポルト」は、「彼はチームエンジンになったが、広島戦の敗北は避けられなかった」と言及。一方でスペイン紙「AS」は、「アンドレス・イニエスタは2本のワンダフルパスでチームの全2ゴールを生み出す」と称賛している。

     前節は元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、今節は元スペイン代表FWダビド・ビジャが欠場したなか、“バルサ化”を目指す神戸の命運はイニエスタの双肩に懸かっていると言えそうだ。(Football ZONE web編集部)

    神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】神戸MFイニエスタ、“頭脳的”な2アシストをスペイン紙称賛 「ワンダフルパス」】の続きを読む



    (出典 homz.rgr.jp)



    スペインメディアでプイグ氏が語る 「専門家の助けを求めることで克服できる」

     ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは昨年、バルセロナ時代にうつ病を発症していたと告白して世界中のサッカーファンを驚かせた。バルセロナサイコロジスト(心理学者)を務めているインマ・プイグ氏が、スペインラジオ局「オンダ・セロ」に出演し、当時のイニエスタの状況を明かしている。

     プイグ氏はバルサで15年間働いており、さまざまな経験をしてきた。そのなかで特に印象的だったのは、イニエスタの件だったという。昨年11月イニエスタ2009年バルサリーガ・エスパニョーラスペイン国王杯、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の3冠獲得を達成した直後、モチベーションが上がらない状況に陥ったと告白。そして診断の結果、うつ病だと発覚した。

     プイグ氏は「イニエスタは人々が明確な考えを持てるように、それ(うつ病についての理解)を正確に説明したいと感じていた」とイニエスタの告白の意図を明かし、このように振り返っている。

    「現時点で問題を抱えている人以外も、潜在的にうつ病を抱えている可能性があります。人生においてそうではないはずの時に現れる状況があるんです。それは専門家の助けを求めることで、克服ができるんです」

     同氏は「私たちは成功のため以上に、失敗のために準備をしている。だからこそ人は私たち自身を愛してほしいと感じている。そして人が成功すると、周囲の人々は往々にして嫉妬の心があふれるようになるんです」とも話している。

     バルサでなくスペイン代表でもワールドカップや欧州選手権を制するなど、数多くの栄光に包まれたイニエスタ。謙虚、真面目で知られるスーパースターだが、華やかなキャリアの陰に苦難があったことは忘れてはならないだろう。(Football ZONE web編集部)

    バルサ時代のMFイニエスタ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イニエスタが2009年に患い克服したうつ病 バルセロナの心理学者が当時を振り返る】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    スペイン紙でメッシの凄さを語る 「彼はいつも何か新しいことを見せてくれる」

     ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、バルセロナ時代に数々の栄光を手にしてきた。そしてエースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシスーパープレーに、誰よりも間近で接してきた選手だ。そのイニエスタスペイン紙「マルカ」に、メッシの凄さを大いに語っている。

    「彼は何年もの間、難しいことをさも簡単なように見せているんだ。それができるのはごくわずかな人間だけだよ。難しいことなのに、彼はいつも何か新しいことを見せてくれるんだ」

     イニエスタはこのように切り出した。元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス(現アル・サッド)やスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツらとともに抜群の連係で中盤を構成したイニエスタだが、最後にゴールを決めてくれるメッシの決定力には舌を巻くしかなかったようだ。

    「僕は自分自身のキャリアをほとんど彼と共有していた。彼がトレーニングしてプレーしているのを見て、新しいことに取り組んでいるのを見て楽しんでいたんだよ。何年経っても、彼はまだ素晴らしいことを見せ続けている。彼について話すことは別次元のことだ。さまざまなことを超えて、彼がボールに触れただけでどれだけ特別なことかが分かる。それが完璧であると知るよね」

     そしてイニエスタは最後に「メッシは唯一無二の存在だ」とも話している。稀代のゲームメーカーをして、ここまで言わしめるメッシは、やはり世界ナンバーワンプレーヤーと言っていいだろう。(Football ZONE web編集部)

    イニエスタ(左)がバルサ時代の同僚であるメッシ(右)の凄さを語った【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】イニエスタが「唯一無二」とメッシの稀有な才能に感服 「難しいことをさも簡単に…」】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの凄さについて語った。スペインマルカ』が伝えている。

    17歳トップチームデビューして以降、バルサ一筋を貫いてきたメッシ。ここまで公式戦678試合595得点238アシストを記録し、チャンピオンズリーグ(CL)を4度制した他、9度のリーガエスパニョーラ優勝、6度のコパ・デル・レイ優勝を果たすなど、数々のタイトルクラブにもたらしてきた。史上最多タイとなる5度のバロンドール受賞歴を誇るなどフットボール界最高の選手として呼び声が高い。

    そんなメッシと昨夏まで長きに渡って共にプレーしてきたアンドレス・イニエスタが、メッシについて言及。「長い間、難しいことをさも簡単なことかのように見せてきた」と称賛している。

    「彼は長い間、難しいことをさも簡単なことかのように見せてきた。それができる選手は、ごくわずかしかいないよ」

    「難しいことなんだけど、彼は常に新しいものを見せてくれるね。僕はキャリアを通じてほとんどの時間を彼と共にしてきた。トレーニングプレーを見てきたことで、彼の新たなことに取り組む姿勢を楽しむことができた」

    「何年経っても、驚くべきことをし続けているね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】イニエスタが語るメッシの凄さ「難しいことをさも簡単なことかのように…」】の続きを読む

    このページのトップヘ