Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1

    no title



    横浜F・マリノスが歓喜の瞬間を迎えようとしている。最終節で相手は2位・FC東京。舞台は4か月ぶりに帰って来た日産スタジアム。すでに前売チケットは6万5000枚超売れている。最高の形で『明治安田生命J1リーグ』15年ぶりの優勝を決めようとしているのだ。21勝4分8敗・勝点67の1位横浜FMに対して、FC東京は19勝7分7敗・勝点64。得失点差の関係で、横浜FMは最終節で負けても3点差ならばOKと絶対有利だ。

    【チケット情報はこちら】

    それにしても、今季後半の横浜FMは磐石の強さを見せている。昨季就任したアンジェ・ポステコグルー監督は、横浜FMに超攻撃スタイルを植え付けた。攻めればボールを握り、ゲームを支配し、ショートパスをつなぎフィニッシュに持ち込む。フィールドプレイヤー全員が相手陣内に入ることもしばしば、GKはペナルティエリアを大きく飛び出し、DFの裏をフォローする。一発のロングボールが効果的な局面でも、相手に広大なスペースを突かれ痛い失点を喫しても、指揮官は自身のサッカー哲学を浸透させることに腐心した。リーグ2位タイの56得点を挙げながらリーグワースト3位の56失点が響き、12位に沈んだ1年目でまいた種は2年目に育ち、いよいよ大輪の花を咲かせようとしているのだ。

    2年目はサイドバックが内に絞り相手の守備のギャップを生む“偽サイドバック”など、戦術はさらに洗練していく。得点王争いをリードしていたエジガル・ジュニオが戦線離脱しても、仲川輝人とマルコス・ジュニオールが得点トップタイに立っている。10番・天野純、MF三好康児が新天地へ旅立っても、エリキ、マテウスら新戦力が活躍する。攻撃だけではない。守備でも前線からの激しいプレスを展開。33試合で65得点と攻撃力はさらに磨きがかかり、38失点と守備も大きく改善した。前節・川崎フロンターレに4-1で勝利した後、ポステコグルー監督は「まだまだ決められるチャンスはあった」と口にした。貪欲なまでにゴールを渇望する姿勢は見事である。

    もちろん、FC東京も大逆転優勝を諦めてはいない。ディエゴ・オリヴェイラ&永井謙佑の得点源が前節負傷したが、わずかな可能性にかけている。横浜FM戦は3連勝中。昨夏は5-2で大勝し、今季もロングフィードとカウンターで4-2と勝利している。FC東京ゴール数を意識しすぎず狙いに行く困難なミッションに挑む。

    『明治安田J1』第34節・横浜FM×FC東京12月7日(土)・日産スタジアムにてキックオフ。来場者に「サンキューカード presented by メルコリゾーツ&エンターテインメント」をプレゼントハーフタイムにはシンガーソングライターMINMIオリジナル応援ソングWINNER」を披露。チケットは予定枚数終了。NHK総合にて生中継。

    仲川輝人(横浜F・マリノス) (C)J.LEAGUE


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】横浜FM日産Sへの帰還、いざ15年ぶり優勝へ】の続きを読む



    (出典 www.jsgoal.jp)



    「まだあきらめていません。横浜で新しい歴史を作って、ここ(味スタ)に帰ってくる」

     明治安田生命J1リーグ第33節、東慶悟はホーム最終戦後のセレモニーで“最終決戦”への決意を力強く宣言した。勝点3差・得失点差7で迎える横浜F・マリノスとの大一番。4点差以上でなければ、勝っても横浜FMの15シーズンぶりの優勝が決まる。この圧倒的不利な状況は、誰もが認めるところだ。ただ、過去2シーズンの両チームの対戦はFC東京の3戦全勝、うち2試合は東京が4点以上を奪っている。つまり、ケンタ・トーキョーにとって、ポステコグルー・マリノスは相性のいい相手でもあるのだ。

     サッカーの歴史を振り返ると、『奇跡の逆転劇』などと語り継がれる試合はたびたび起こっている。例えば、昨シーズンUEFAチャンピオンズリーグ準決勝リヴァプールvsバルセロナ。アウェイで行われた1stレグを0-3で落としたリヴァプールだったが、ホームでの2ndレグを4-0として逆転に成功。いわゆる『アンフィールドの奇跡』として、世界のサッカーファンを驚かせた。

     当のFC東京も2006シーズン第30節川崎F戦で、後半開始早々まで4点をリードされた状況から怒涛の猛反撃を開始。結果、終了間際にひっくり返して5-4という“伝説の大逆転劇”を演じた一方で、翌年の同カードでは0-7というスコアで大惨敗を喫した過去がある。つまり、何が起こっても不思議でないのがサッカーならば、東が自覚する「難しいミッション」は、奇跡でも、大逆転劇でもなく、十分に実現可能なミッションとも言える。

     ただ、今、東京が直視すべきは過去ではなく、現実だ。前節、攻守両面でチームを牽引してきたディエゴ オリヴェイラと永井謙佑がともに負傷交代。さらに最終節は右サイドの攻撃を活性化させてきた室屋成を累積警告で欠く状況。今まさに、東京は猛烈な逆風にさらされている。それでも今シーズンの東京は久保建英チャン ヒョンスら主力選手の移籍や、ラグビーワールドカップ開催にともなうアウェイ8連戦など、幾度となく難しい局面を経験。その都度、それぞれの力を補い合って戦うことで、チーム力を高めてきたのも事実だ。

     沖縄県国頭村での1次キャンプ中、長谷川健太監督は「リーグ優勝を目指す」前提として「チーム全体で50点以上を奪える戦力にしたい」と語り、前線の2人には「20点~25点以上」を期待していた。第33節終了時点でディエゴ オリヴェイラは14点、永井は9点をマーク(計23点)し、その役割を果たした。しかし、大一番を直前に控え、永井にはメディカルから「GOサイン」が出ているものの、ディエゴ オリヴェイラは依然厳しい状況。東京が誇る“ダブルエンジン”が万全の状態で立つ可能性はかなり低いと見るべきだろう。

     ならば、今こそ2人の決定力をチームで補い合う必要がある。現時点の東京の総得点は「46」。ここへきて長谷川監督が優勝への条件とした50点まで、あと4つ。奇しくも逆転優勝に必要なゴールと合致している点も、どこか運命的なものを漂わせている。“ダブルエンジン”の状態が不安視される中で迎える一戦は、チームとして積み上げてきた日々の努力が試される総力戦となる。目の前に突き付けられたミッションは言うまでもなく難しい。しかしながら、この難局を乗り越えてこそ、J1初優勝の輝きは増し、FC東京の歴史に深く刻み込まれていく。

     就任1年目、「実際に優勝するチームとは?」という問いに、長谷川監督はガンバ大阪が国内3冠を達成した2014シーズンの自身の体験を引き合いに「風が吹いた」という言葉で表現した。果たして、FC東京指揮官の言う“風”を吹かせることができるのか。ミッションは4点差以上の勝利。簡単なことではない。だが、栄光は自らの手でつかみ取れる場所にある。だからこそ、あきらめるわけにはいかないのだ。ラスト90分。銀色に煌めくシャーレを天高く掲げるべく、FC東京は戦い続ける。最後の1秒まで――。

    文=奥田明知

    最後の最後まで「あきらめない」精神で横浜FMとの最終戦に明日、挑むFC東京・東[写真]=J.LEAGUE PHOTOS


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】最後の1秒まで戦い続ける…FC東京が明日、逆転でのJ1初優勝を目指す!】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    「先制点の場面? マテ(ウス)が1人で突破してくれたので、逆サイドの自分があそこにいるのは決まり事。そこにいなきゃいけないのは分かっている。チームとしてやってきてることが報われてるのかなと思います。ただ、高校まで所属してた古巣(川崎フロンターレ)相手ってことで、いろんな思いもあって喜びは抑えましたね(苦笑)」

     横浜F・マリノスは15年ぶりのJ1制覇に王手をかけていた。勝ち点差1で2位のFC東京浦和レッズに敗れるという条件付きではあったが、勝利すれば優勝の可能性があった川崎戦は重圧のかかる大一番だった。だが、チーム最大の得点源の1人である仲川輝人は開始早々の8分、全く動じることなくゴール前へ侵入。マテウスのクロスを泥臭く体で押し込んだ。

     この先制点が川崎に大きなダメージを与え、横浜はさらに引き離す。後半にはエリキが2点目を決めると、仲川のアシストからエリキが再び決めてリードは3点に。終了間際には遠藤渓太がチーム4点目を奪い、4-1で勝利。優勝こそ決まらなかったものの、2013年の最終節で優勝を逃した因縁の地・等々力で、直近Jリーグ2連覇中の王者相手に貫禄を見せつけた。7日に迎えるJ1最終節、FC東京との直接対決を、彼らは極めて優位な状況で迎えることになったのだ。

    「本当に今、自分たちはこのスタイルに自信を持っている。J1連覇の川崎相手でもみんなが努力してハードワークして、それが結果につながっている。(アンジェ・ポステコグルー)監督もハードワークに関しては厳しく言ってるので、ブラジル人だからとか関係なく、みんなが意識高くやっているのが大きいですね。それに『1点取って守る』とかそういうのを監督は嫌っている。攻め倒していく志向になっているので、次も攻めて攻めまくって勝てばいいと思います」

     仲川は強気の姿勢を前面に押し出した。J1得点ランキングトップの15ゴールという堂々たる結果はみなぎる自信に裏打ちされたものに他ならない。11月23日松本山雅戦でドリブル突破から決勝弾を奪った際も「松本はDFの人数が多い分、誰が(守備に)行くのかとかハッキリしない部分があるから、自分が横にドリブルすることで迷いを生じさせた結果」と鋭い戦術眼とシュート技術を駆使したことを明かしていた。今の彼は「ゴールへの道筋が見えている状態」と言えるだろう。

     タテ関係を形成する右サイドバックの松原健も「テルが早い時間帯で点を取ってくれることはチームすごいプラスになっている。ゼロの状態から一気に裏にキュッと抜け出すことができる選手なので、僕が(ボールを出すのを)やめようかと思っても、すでに動き出している。自分がポンと蹴るだけで得点チャンスが生まれますね」と絶大な存在感に太鼓判を押していた。

    ◆「日産でファンサポーターと喜び合いたい」

     仲川は2015年専修大学から横浜FMに入団。プロ入りから3年間は思うように結果を出せずに苦しんだ。J2の町田ゼルビアアビスパ福岡へのレンタル移籍を余儀なくされた時期もあり、それでも目に見える結果は残せなかった。メンタル的にも前向きになれず、足踏み状態から抜け出す術を本人も模索し続けていたことだろう。そんな仲川が昨年のポステコグルー体制移行後は点取屋としての才能を一気に覚醒させた。一瞬で相手の裏を取れるスピードに磨きがかかり、ゴールアシストコンスタントに記録するアタッカーへと変貌と遂げたのだ。

     今季は「背番号と同じ23ゴール」を目標にスタートした。現時点ではまだその領域には至っていないものの、15ゴール・10アシストという数字を残し、合計で“23超え”を達成。ともに2列目を形成するマルコス・ジュニオールと得点王を争っている。

    「(前線アタッカー陣とは)お互いに刺激になってると思うし、認め合っていますね。(ボールを)預ければ何かをやってくれるという信頼感もあるし、すごくいい関係なんじゃないかと思います。そんな中、自分がチーム助けて、勝利に導くために結果を出すことはすごく大事。(得点・アシスト合計で)23を達成したからとかじゃなく、もっともっと上を目指しながらやっていきたいですね」

     シーズンMVP獲得も噂される仲川には、FC東京との最終決戦でゴールを奪い、得点王を手にし、チームタイトルをもたらすことが大いに期待される。

    「4点差とか関係なく、自分たちのサッカーをして勝って、日産でファンサポーターと喜び合いたい。ただそれだけです」

     そう語気を強めた背番号23は、日産スタジアムでポステコグルー監督の攻撃サッカーを貫き、大輪の花を咲かせることができるのか。2019年J1最後の大一番は仲川輝人の一挙手一投足から目が離せない。

    文=元川悦子

    [写真]=兼子愼一郎


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】仲川輝人の一挙手一投足から目が離せない! 最終決戦も「攻めて攻めまくって勝てばいい」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/05(木) 14:27:13.40 ID:1Q8SgBQo9.net

    ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタ(35)が5日、右足親指を骨折していたことを明かした。

    合同インタビューがこの日、神戸市内のクラブハウスで行われた。
    前節の鹿島アントラーズ戦を欠場したイニエスタは、右足親指にテーピングを施して現れ、「直近の試合で親指の軽い骨折や打撲があった。アンラッキーだった」と明かした。

    本人によると、負傷したのは9月28日の川崎フロンターレ戦という。
    続くサンフレッチェ広島戦は先発出場も、10月19日のFC東京戦は欠場。その後、3試合連続先発出場で前節は欠場と、残留争いの中にあったチームのために強行出場もしていた。

    最終節の7日ジュビロ磐田戦(ノエスタ)に関しては「今週末(試合前)のパフォーマンスを見て決めたい」とした上で、
    「一番大事なのは天皇杯2試合」と語った。21日の清水エスパルスとの準決勝(ノエスタ)、そして勝ち上がれば元日の決勝へ。
    クラブ初のタイトル、優勝すればアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権が得られる戦いを最優先に、見極めていく考えを示した。

    今季残りの戦いは盟友の元スペイン代表FWダビド・ビジャ(38)とのラストパフォーマンスとなる。「彼のためにも素晴らしい試合をしていきたい。特に天皇杯。
    クラブにとって歴史的なタイトルが目の前にある。1月1日の決勝でいい試合をして勝利すれば、彼にとって最高だし、自分にとっても間接的だが素晴らしいことになる」と気合をみなぎらせた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-12050273-nksports-socc
    12/5(木) 13:01配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】神戸イニエスタ(35)右足親指骨折「アンラッキーだった」23試合 6得点(3PK) 3アシスト】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/04(水) 19:40:10.16 ID:fo0tC9L49.net

    湘南ベルマーレにとって今シーズンの大一番がやってくる。

    12月4日現在、16位、勝ち点35の湘南は、最終節の松本山雅戦に勝てば、勝ち点38で清水(勝ち点36)対鳥栖(勝ち点36)の結果にかかわらず、J1残留を自力で決めることができる。
    引き分けでも清水が負け、あるいは鳥栖が4失点して敗戦すれば残留が決定する。

    だが、両チームが引き分けで湘南も松本に引き分けか、あるいは敗れるとJ1参入プレーオフに回ることになる。
    一発勝負ほど怖いものはない。ましてや残留と昇格をかけたデスマッチ、何が起こるかわからない。
    松本に勝ってスッキリと残留を決めたいところだ。

    さいわい、湘南は良い流れで最終戦を迎えられそうだ。

    「セレッソ大阪戦から自分たちの戦い方を思い出して戦えるようになってきた」

    梅崎司が語るように、セレッソ戦は負けはしたが内容は悪くなかった。
    つづくFC東京戦も先制点を奪い、終了間際に森重真人のスーパーゴールで1-1の同点に追いつかれたが、湘南らしさが出ていた試合だった。

    山田直輝の珍しいガッツポーズ。

    そして広島戦、湘南は全盛期のようなアグレッシブなサッカーを展開。前線からの激しいプレッシングでボールを奪い、何度も決定的チャンスを作った。
    多くのチャンスを作り、いいリズムでサッカーをしていると、得点も生まれやすい。

    前半9分に山田直輝が金子大毅からリターンをもらい、中へクロス。「味方じゃなくても誰かに当たってくれたらいいかなと思って出した」というボールは、相手DFに当たってゴールし、先制点が生まれた。

    「オウンゴールだったけど、苦しい時期を乗り越えてきたので、みんなで喜びを分かち合いたかった」

    山田は、珍しくガッツポーズを見せ、仲間の輪の中心で喜びを爆発させた。

    「何も決まったわけじゃない」

    先制ゴールで湘南の攻撃は加速したが、なかなか決定機を決められず、追加点を奪えなかった。
    後半、防戦一方になったが、GK富居大樹の好セーブなどで逃げ切り、湘南は8月11日のジュビロ磐田戦以来、実に11試合ぶりの勝利を挙げたのである。

    ただ、山田は久しぶりの勝利にも表情は険しかった。

    今日の試合の勝利は間違いなく大きい。でも、何も決まったわけじゃない。
    次の松本戦で負けてしまうとこれまでやってきたことが何の意味もなくなるので、次の試合に向けてしっかりと準備していきたい」

    11試合ぶりの勝利なのだ。嬉しくないわけがない。
    だが、山田の言う通り残留が決まったわけではないので、心の底から喜べる状況ではないのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191204-00841671-number-socc
    12/4(水) 11:41配信


    【【Jリーグ】勝てば残留、負ければプレーオフ。それでも湘南がピリつかない理由。】の続きを読む

    このページのトップヘ