Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1



    (出典 portal.st-img.jp)



    バルサB加入間近とスペイン紙報道、日本を訪れる7月アジアツアーに参戦の可能性も

     J1鹿島アントラーズ日本代表MF安部裕葵が噂されていたバルセロナB加入は秒読み段階だ。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は移籍金110ユーロ(約1億3000万円)、3年契約+2年のオプションで移籍に近づいていると報じた。

     記事によれば、バルサアカデミー担当者であるジョセ・マリア・バケーロ氏が安部の動向を今年1月から追っていたという。獲得はバケーロ氏の個人的の賭けだとも伝えられている。

     安部は6日のJ1第18節のジュビロ磐田戦の後半29分に途中出場。今季からチーム背番号10を背負ってきたが、これが鹿島でのラストゲームとなりそうだ。今週中にはバルセロナに渡る見通しで、加入が実現すればトップチームが日本を訪れる7月20日から27日までのアジアツアーにも参加する可能性があると報じられた。

     20歳の安部はコパ・アメリカ日本代表デビューを飾ったばかり。「日本で最も才能ある選手の1人」と記事でも称され、その将来性に大きな期待が寄せられている。

     バルセロナは今夏の復帰も噂されていた下部組織出身のMF久保建英が宿敵レアル・マドリードへ渡ったが、桐光学園のU-20日本代表MF西川潤(セレッソ大阪内定)にも関心を示しており、アジアのマーケット拡大に向けて積極的な動きを見せている。(Football ZONE web編集部)

    バルサB加入間近と噂されている鹿島アントラーズMF安部裕葵【写真:荒川祐史】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】鹿島MF安部裕葵、バルサ加入秒読み 移籍金1億3000万円、3年契約+2年オプション】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)




    2019年7月6日、中国のサッカー関連サイトの搜達足球は、「うらやましい!18歳『日本のメッシ』のレアル・マドリード移籍に続き、20歳のプレーヤーバルセロナ移籍か」とする記事を掲載した。
    記事はまず、日刊スポーツの6日付報道を引用し、「鹿島アントラーズに所属する20歳のFW安部裕葵が、スペイン1部の名門バルセロナ移籍を決断したことが分かった」と報じた。
    そして、安部について「かねてより欧州5大リーグ移籍を望んでいたが、先月正式オファーが来た段階からバルセロナ入りを決めていたという。関係者によると、移籍金は約200万ユーロ(約2億5000万円)。来週中にも渡欧するとみられ、2部B(3部相当)チームからのスタートになる。J1通算48試合4得点」などと紹介した。
    その上で記事は、「先月には、レアル・マドリードが日本の18歳の天才MF久保建英の獲得を公式サイトで正式発表したばかりだった」とし、「18歳の『日本のメッシ』のレアル移籍に続き、20歳の天才プレーヤーバルサへ。中国のサッカーファンは、油井から原油が噴出するかのごとく現れる日本の人的資源をうらやむと同時に、中国からも第二、第三のウー・レイ(スペイン1部エスパニョール所属)が誕生することを期待している」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

    6日、中国のサッカー関連サイトの搜達足球は、「うらやましい!18歳『日本のメッシ』のレアル・マドリード移籍に続き、20歳のプレーヤーもバルセロナ移籍か」とする記事を掲載した。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍】久保のレアル移籍に続き、安部がバルサへ? うらやむ中国メディア】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    1 Egg ★ :2019/07/07(日) 22:47:49.58 ID:gxSwtVhY9.net

    J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)が6月21日、現役引退を発表した。

     その業績を讃えるメッセージが世界中から寄せられている。しかし、日本にいる間に限れば彼の成績は惨憺たるものである。

     鳥栖入団は昨年7月だから、まるまる1年在籍していたことになるが、その間に彼がチームにもたらした得点はわずか3点。推定年俸8億円というから、1得点あたりのコストは約2億7千万円である。

    「チーム成績も、17年は8位だったのが、トーレス加入後の18年には14位にダウン。あやうくJ2落ちするところでした」

     と語るスポーツ紙サッカー担当記者によると、

    「財政状況も約6億円の赤字を計上。鳥栖には踏んだり蹴ったりの1年でした」

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    引退試合は8月23日のヴィッセル神戸戦。スペイン代表で同僚だったイニエスタとの対戦を楽しみにしているというのだが、

    「そのイニエスタは今、妻の第4子出産立ち会いのためスペインに帰国中です」

     ちなみに、イニエスタの年俸は推定33億円である。

     神戸には元ドイツ代表FWで推定年俸6億円のポドルスキ(34)もいるが、

    「体調不良を訴え、1カ月ほど前にドイツに帰国してしまった。そこで中耳炎の手術を受けたそうで、“しばらく飛行機に乗れないので日本に戻れない”と。だったらなぜ日本で手術を受けなかったのでしょうか」

     むろん外国人が皆トーレスやポドルスキのような“給料泥棒”というわけではない。ジーコなど日本サッカーに貢献した外国人選手や指導者も少なくはない。

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    「トーレスは引退後も“アドバイザー”という肩書で鳥栖に留まります。“若手の育成に寄与したい”なんて言ってましたが……」

     汚名返上に期待。

    2019年7月7日 5時56分 新潮
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16734984/


    【【Jリーグ】<超大物助っ人>「トーレス」「ポドルスキ」は給料泥棒?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2019/07/06(土) 08:34:39.98 ID:rKix19Oy9.net

     G大阪のU―20日本代表FW中村敬斗(18)が、オランダ1部のフローニンゲン、トウェンテ、ベルギー1部のワーレヘムの海外3クラブからオファーを受けたことが5日、分かった。

     中村は高校2年の昨季に飛び級でプロ入りし、2年目の今季は公式戦で7ゴール。得点力と独特のリズムを刻むドリブルを武器に存在感を示し始め、早くも海外クラブからのオファーが殺到した。

     中村はFWとして出場した3日の天皇杯・讃岐戦ではプロ初のハットトリック。リーグ戦では左ウィングバックで起用され、守備力も向上している。G大阪は成長著しい18歳を、慰留に努める構え。海外志向の強い中村の決断に注目が集まる。

    7/6(土) 6:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000259-sph-socc


    【【移籍報道】<FW中村敬斗(G大阪)>海外オファーは、オランダの「フローニンゲン」と「トウェンテ」、ベルギーの「ワーレム」】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    昨季鳥栖で共闘した加藤恒平がトーレスの元を訪れ、すき焼きしゃぶしゃぶを食す

     J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、6月21日に自身のSNSで現役引退を表明した。30日に行われたJ1リーグ第17節清水エスパルス戦(4-2)では今季初得点を含む2ゴールを挙げて勝利に貢献したなか、7月4日に公式インスタグラムを更新。昨季鳥栖で共闘した元日本代表MF加藤恒平の訪問を受け、すき焼きしゃぶしゃぶに繰り出したことを報告している。

     アトレチコ・マドリードトップデビューを果たしたトーレスは、19歳でキャプテンを任され、類稀なゴール嗅覚から“エル・ニーニョ”(神の子)の異名をとった。その後、リバプールへ移籍するとゴールを量産し、世界的ストライカーへと飛躍。チェルシーではスランプに陥るも、ACミランを経て古巣アトレチコへと復帰した。

     そして昨夏に鳥栖へと加入。熾烈な残留争いに巻き込まれるも、前線で体を張るターゲットマンとして“フォア・ザ・チーム”のプレーに徹し、残留に貢献した。35歳を迎えた今季は故障に苦しみ、6月21日SNSで現役引退を表明。後日行われた会見では、8月23日の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが所属する第24節ヴィッセル神戸戦がラストゲームとなり、引退後は鳥栖のアドバイザーに就任することを発表している。

     清水戦では強靭な肉体を生かしたヘディング2発で勝利に貢献したなか、トーレスは公式インスタグラムを更新し、盟友の訪問を伝えている。

    「友よ、訪問ありがとう。日本式の夕食 #Sukiyaki #shabushabu」

     トーレスの元を訪れたのは、元日本代表MF加藤(ポーランド3部ヴィジェフ・ウッチ)だ。鳥栖加入1年目、日本語の理解に苦労していたトーレスを最も近くでサポートしていたのが、スペイン語を習得している加藤だった。ピッチ外でも良好な関係を築き、Jリーグ公式YouTubeチャンネルが企画した「もうひとつのルヴァンカップ」では、加藤とトーレスの“カトーレス”が堂々の1位に輝いていた。

     加藤はトーレスの引退表明を受け、自身のインスタグラムで「君のすべてにありがとうフェルナンド。君はプロフェッショナルと人間性における最高の手本だ。君のことが恋しくなるだろうが、君のキャリアを祝福するよ! 親友の幸福を願っている」と感謝と惜別のメッセージを送っていた。

     トーレスは日本、加藤はポーランドと別々の道を歩むなかでも、2人の絆は今なお固く結ばれている。(Football ZONE web編集部)

    サガン鳥栖FWトーレス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】引退表明のトーレス、盟友の元日本代表MFとの日本食2ショット公開 「ありがとう」】の続きを読む

    このページのトップヘ