Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 football-tribe.com)



    スペイン代表FWラウールが公式SNSで神戸時代のビジャユニフォームなどを公開

     現役時代に長年レアル・マドリードで活躍した元スペイン代表FWラウール・ゴンザレス氏が、自身の公式インスタグラムでこれまで集めた数多くのユニフォームを公開。同FWダビド・ビジャヴィッセル神戸時代のユニフォームに海外メディアも注目している。

     レアルでプロデビューしたラウール氏は、“白い巨人”のエースストライカーとして16年間在籍。その後はドイツシャルケで元日本代表DF内田篤人(現・鹿島アントラーズ)とも共闘した。カタールのアル・サッドを経て、2015年アメリカニューヨークコスモスで現役引退。現在はレアルのカスティージャ(Bチーム)で監督を務めている。

     そんななか、ラウール氏は自身の公式インスタグラムで「なんて素晴らしい思い出なんだ!」と文章を添え、これまで集めた数多くのユニフォームを紹介。衛星放送「FOXスポーツ」も「ラウールが羨ましいユニフォームコレクションを披露」と注目している。

     記事では、「彼のコレクションの中で“リピート”されているなかに、スペイン代表のユニフォームと日本の神戸のユニフォームがある、代表最多得点者のビジャがいる」と言及。昨季限りで現役を引退したビジャユニフォームスペイン代表と神戸のもので2枚あることも説明していた。

     並べられたユニフォームの中には、サガン鳥栖で現役を引退した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスアトレティコ・マドリード時代のものもあり、サッカー界を代表する名手たちの名前が並んだ豪華なコレクションとなっていた。(Football ZONE web編集部)

    元スペイン代表FWラウールがユニフォームコレクションを公開【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「神戸のユニフォームがある」 レアル英雄が披露した豪華コレクションに海外注目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ベベレンでプレーする日本代表MF小林祐希(28)の代理人が、イタリアTuttomercatoweb』のインタビューに応え、日本とヨーロッパの架け橋になっていると語り、その中で意外な事実を明かした。

    今回『Tuttomercatoweb』のインタビューに応えたのは、小林の代理人を務める片山堅仁氏。元々はプレーヤーで、高校卒業後にブラジルアルゼンチンへと渡ると、23歳で帰国。その後は、Fリーグのバルドラール浦安のセカンドチームに入り、シュライカー大阪でも選手としてプレーフットサル日本代表としてもプレーした。

    片山氏はヨーロッパや南米と日本をつなげ、選手の海外留学などを手伝う他、代理人としても活躍。その中で、自身が行なっていることを語り、日本人の若手選手をコーディネートしていることを語った。

    「我々は2年間、イタリアアルゼンチンの代理人であるカルロス・ピッツィ氏と協力して来た。ヨーロッパで才能ある日本人プロモートしてくれる人を探していた」

    「日本の若手選手をフォローする監督とオブザーバーのネットワークがあり、ピッツィ氏の経験を活かして、素晴らしい経験をさせてもらっている」

    「我々は、南米やイタリア、日本のサッカーを理解しており、子供達の成長を支援するようにも努めている」

    日本人選手の最も良い例は、マジョルカでプレーする日本代表MF久保建英とのこと。海外の下部組織で育ち、その後の飛躍を含めてのことだという。

    「理想的な例は久保建英だ。日本人ながら、バルセロナの下部組織での経験があり、その後レアル・マドリーに行き、現在はマジョルカへレンタルされている」

    「日本の若手選手は大幅に改善が見られ、この久保の例はとてもファッショナブルだ。日本人のモットーは、「できた人がいるならば、他の人もできる」というものがある。それが彼らの考え方だ」

    「我々はグループとしてこれらの才能を探し出し、それをヨーロッパや南米に連れて行き、重要なサッカーチャンスを彼らに与えることだ」

    また、小林以外の才能としては、久保と同様に海外の下部組織で育った選手の名前を挙げた。

    「小林祐希と同じぐらい重要だが、我々には新たな才能をヨーロッパにもたらすことも取り組んでいる。例えば、1999年にヘタフェの下部組織で育ち、現在はルガーノ(U-21チーム)に所属する柿沼利企という面白い選手がいる」

    加えて、今冬にユベントスを退団し、最終的にはカタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍した元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチについて、ヴィッセル神戸へ連れてくるプランがあったことを明かした。

    「また、ピッツィ氏とブラキーニ氏と協力して、マリオ・マンジュキッチを神戸に連れて行こうとした。我々はかなり近づいたが、その後経済面での合意を果たすことができず、移籍は実現しなかった」

    ユベントスでは162試合で44ゴールバイエルンでは88試合で48ゴールヨーロッパでの実績十分なマンジュキッチは、残念ながら、条件面での折り合いがつかず、来日することはなかったが、この先も誰かを日本へ、また日本から誰かを海外へと送り出すかもしれない。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】マンジュキッチは神戸入りが近かった? 小林祐希の代理人が明かす】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    札幌FW鈴木、公式インスタグラム小学生時代の1枚を投稿

     J1北海道コンサドーレ札幌日本代表FW鈴木武蔵が、3日に自身の公式インスタグラムを更新。「試合中負けだすと泣いてた頃だな」と綴り小学生時代の秘蔵写真を公開すると、「かわいすぎ笑」「モデル立ち」など反響を呼んでいる。

     1994年まれの鈴木は少年時代群馬県で過ごし、桐生第一高時代に年代別の日本代表に選ばれると、2011年U-17ワールドカップに出場した。そして翌12年にアルビレックス新潟に入団。リオデジャネイロ五輪世代の主力FWとして期待され、その後は出場機会を求めて水戸ホーリーホック松本山雅FCV・ファーレン長崎と渡り歩いた。そして昨季に札幌へ完全移籍すると、キャリアハイとなる33試合13得点をマークし、森保一監督が率いるA代表にもコンスタントに招集されている。

     2月22日に行われた柏レイソルとのJ1開幕戦に2-4で敗れ黒星スタートとなったものの、フル出場した鈴木は1ゴールを挙げた。昨季以上の活躍に期待が高まるが、その後、新型コロナウイルスの影響により第2節以降が延期となり、現在もJリーグ再開の目途は立っていない。

     そうしたなか、鈴木は公式インスタグラムを更新。「#韮川西小」「#サッカー部」というハッシュタグが添えられた1枚は、小学生時代の鈴木が、試合が行われているグラウンド脇でカメラ目線で写っているもの。ユニフォームに身を包み、振り返るようにしながらポーズを決めており、鈴木自身も「どんなポージング?笑」と突っ込みを入れている。

     小学生当時は「試合中負けだすと泣いてた頃だな」とのことだが、この写真では愛らしい笑顔を見せており、コメント欄には「かわいすぎ笑」「ちびっ子の時からモデル立ち」「すでに足速そう」といった声が寄せられていた。新型コロナウイルスの影響で先行き不透明な状況が続くなか、鈴木の秘蔵写真にファンの心も和んだようだ。(Football ZONE web編集部)

    コンサドーレ札幌に所属する日本代表FW鈴木武蔵【写真:Football ZONE web】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「どんなポージング?笑」 日本代表FW、小学生時代の愛らしい“秘蔵写真”公開に反響】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 portal.st-img.jp)



    ドキュメンタリー放映に伴い、バルサライブインタビューで「引退」のテーマにも言及

     ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、輝かしいキャリアや人生に焦点を当てた初の公式ドキュメンタリーアンドレス・イニエスタ -誕生の秘密-」の配信がスタートした。現地時間4月29日2018年まで在籍したバルセロナの公式YouTubeチャンネルライブインタビューに登場し、様々な質問に回答。今年5月に36歳を迎えるなか、引退に関して「まだ遠いものとしてみている」とロングスパンでの現役続行に意欲を示した。

     12歳の時にバルセロナの下部組織ラ・マシアに入団し、2002年トップチームに昇格したイニエスタ。3年目の2004-05シーズンから主力に定着し、中盤で華麗なパスサッカーを支え続けた。2017年には生涯契約と結んだと報じられたが、2018年4月にバルセロナ退団を発表。同年夏に日本挑戦を決め、神戸の一員となった。

     今季でJリーグ3年目を迎えるイニエスタ新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が中断している現状について、「今ではもっと制限が強くなった。近く動きがあるだろう。街、そして日本全体の僕らに対する受け入れに満足している。通常の状態に戻るのを楽しみにしている」と語った。

     一方で、自身のキャリアや人生について追ったドキュメンタリーに関しても多くのテーマに言及した。今年5月で36歳を迎えるが、「引退を考える?」という問いには「考えるのは考えるが…」と前置きしつつ、長く現役を続けたいと意欲を示している。

    「でも、(引退は)まだ遠いものとしてみている。フィジカル、モチベーションと先を続けるものがある。サッカーに関わり続けたい希望、モチベーションがあるよ」

     華麗なテクニックファンを魅了し続けているイニエスタ。そのプレーをできるだけ長く日本で見たいものだ。(Football ZONE web編集部)

    ヴィッセル神戸MFアンドレス・イニエスタがバルセロナの公式配信に登場【写真:高橋学】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】「引退はまだ遠いもの」 35歳イニエスタ、現役続行に意欲「サッカーに関わり続けたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



    新型コロナウイルスから回復したヴィッセル神戸の元日本代表DF酒井高徳が29日、退院後初めてコメントを発表した。

    酒井は先月25日に体調不良を訴えると、28日に兵庫県内の病院でPCR検査を受診。30日に陽性判定が下り、Jリーグプレーする選手として初の感染者として兵庫県内の医療機関に入院した。

    その後、2回のPCR検査で陰性判定が下った酒井は、今月25日に無事退院していた。

    そして、退院から4日が経った29日に自身の公式『インスタグラム』を通じて、医療関係者や家族、友人などへの感謝と共に、今後に向けた決意を語っている。

    「退院して数日が経ちました。自分の言葉で、すぐに皆さんへ発信出来ずすみませんでした。きっと動画や自分の口で皆さんに伝えた方がいいんだろうと思いましたが、今の世の中の状態を考えたら間違った情報や伝えるべきではない事も伝わってしまう恐れもあると思いインスタグラムで発信したいと思いました」

    「まず最初に、自身にもコロナ感染の危険がある中、入院時に、勤務し対応して頂いた医療関係者の皆様に本当に心から感謝したいと思います。今も昼夜を問わず最前線で対応頂いている医療関係者の皆さまに感謝と共に敬意を表したいです」

    「並びに自分を支えてくれた家族、友人、サポーター、自分を心配し沢山のメッセージをくれた全ての方に感謝します」

    「今回の入院で改めてコロナウィルスの恐ろしさを痛感しました。約1カ月におよぶ入院生活で、今までの自分にとって当たり前にあった時間や環境、身の回りの人々の大切さが分かりました」

    「今サッカー選手の自分にできることは、ピッチの上で全力でプレーするために、最高の準備をすることです。まだJリーグ再開も見えないタイミングですが、ファンサポーターをはじめ今回メッセージをくれた全ての方に、ピッチで躍動する姿を見せられるようにしていきます」

    「最後にコロナの終息を一刻も早く願っています。今自分達のできる自粛や感染防止を皆で協力していきましょ!!」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】新型コロナから回復の神戸DF酒井高徳が第一声、「身の回りの人々の大切さを理解」】の続きを読む

    このページのトップヘ