Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1

    no title


    2017年12月以来の日本代表選出 「自分自身を高めることを常に続けている」

     今季ヴィッセル神戸に移籍したDF西大伍は、3月22日コロンビア戦(日産スタジアム)、26日のボリビア戦(ノエビアスタジアム神戸)に向けた日本代表23人に名を連ね、2017年12月以来となる代表選出を勝ち取った。「日本代表の目指すスタイルと、ヴィッセルのスタイルが近づいていく可能性もある」と見解を述べる熟練のSBは、森保ジャパンにどのような自身の未来を重ね合わせているのか。

     西が代表初出場を果たしたのは、アルベルト・ザッケローニ監督時代の2011年6月1日に行われたキリンカップのペルー戦(0-0)。当時、鹿島アントラーズ移籍1年目の23歳。3-4-3の右ウイングバックでスタメン起用されたが、試合の流れに乗り切れずに前半だけでMF本田圭佑(現メルボルン・ビクトリー)と途中交代した。8年前の若かりし時の記憶を、西は「とにかく緊張していましたね」と振り返る。

     その後、2014年10月ハビエル・アギーレ監督の下で代表復帰を果たすも、ジャマイカ戦(1-0)、ブラジル戦(0-4)ともに出場機会はなし。ロシアワールドカップを控えた2017年12月にも、バヒド・ハリルホジッチ監督体制のE-1選手権のメンバーに選出されたが、右膝の内側側副靭帯断裂で辞退を余儀なくされた。鹿島でリーグ優勝1回、ルヴァンカップ優勝3回、AFCチャンピオンズリーグ天皇杯優勝を1回ずつ経験し、2年連続でJリーグベストイレブンに輝いた実績に、代表キャップ「1」は比例していないが、それにも“意味”があると西は語る。

    「運命と言うと大袈裟かもしれませんが、そう捉えています。怪我をして行けなかったのも意味があるし、今回僕が選ばれたのも意味があると思います」

     西にとって日本代表とは――。そう問うと、「僕も力になれると思っていました」と笑顔を交えて心に秘めたる自信を覗かせた。

    「選ぶのは人なので、そこに対しての期待はありません。自分自身を高めることを常に続けているので、そのどこかで相手側の見方が変わった時に入れるかなと。今回はそことタイミングが一致したという感じですかね」

    森保監督は新潟時代の2010年に共闘 「チャレンジする気持ちを引き出してくれる」

     ロシアワールドカップ(W杯)後から指揮を執る森保監督は、2010年に所属したアルビレックス新潟で選手とヘッドコーチの関係だった。別々のチームでも時折連絡を取っていたというだけに、森保ジャパンに入っていくうえでも不安はないようだ。

    「森保監督は良い人です(笑)コミュニケーションを積極的に取りますし、選手を緊張させるようなタイプではないかなと。失敗できる環境に置いてくれるというか、チャレンジする気持ちを引き出してくれますね」

     今回の森保ジャパンにおいて、西はフィールドプレーヤー最年長(31歳)、チーム全体でもGK東口順昭(ガンバ大阪)に次いで2番目だ。“年長組”としてチームを落ち着かせたいと静かに闘志を燃やす。

    「代表は毎回顔ぶれが変わって、みんながアピールしたいという場になりがちですけど、個人的には、できることをやるんじゃなく、試合に勝つために求められるプレーをするのが重要だと思います。日本代表として、どういう戦いをしていくかは確立していきたい。僕と(山口)蛍がヴィッセル神戸に来て選ばれたということは、今やっているサッカー日本代表に還元してほしいという思いもあるのかなと。僕のプレースタイル的にも試合を落ち着かせることはできる。コントロールしながら戦うという部分は伝えていきたいです」

    日本代表の目指すスタイルと、神戸のスタイルが近づいていったほうがいいと思う」

     2022年カタールW杯出場を目指すチームに、「貢献したい」と西は言葉を続ける。

    ヴィッセル神戸にとって、代表選手がいるというのが重要な部分。日本代表の目指すスタイルと、ヴィッセルのスタイルが近づいていく可能性もあるし、僕はそうなったほうがいいと思っています。そうなった時はもちろん力になりたい。対戦したことがない選手とやるのは自分の成長につながるので、代表でも驚きがあれば嬉しいです」

     まだ31歳。「僕を見てほしい!」と語る“成長途上”の西大伍が、久々の日本代表でどんな新しい風を吹かせるのか、見逃せない。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

    今季ヴィッセル神戸に移籍したDF西大伍【写真:Football ZONE web】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカー日本代表】「僕を見てほしい!」 8年越しの日本代表2キャップ目へ、31歳DF西大伍が感じる運命】の続きを読む



    (出典 the-ans.jp)



    Jリーグ2年目を戦うイニエスタ、妻と金閣寺を観光 SNSに2ショット投稿

     J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、来日以来さまざまな場所へ赴いて日本の文化を堪能しているが、今回は京都の名所を訪れたようだ。15日に自身の公式インスタグラムを更新し、黄金に光り輝く美しいお寺をバックに夫婦2ショットを公開している。

     イニエスタは昨夏、長年プレーしたスペインの名門バルセロナを退団して神戸に電撃加入。世界を席巻したテクニックで日本のサッカーファンを魅了した。今季はJリーグ2年目を迎え、元スペイン代表FWダビド・ビジャが新たに加入。17年から在籍する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキとともに、“ワールドカップ優勝トリオ”がチームをけん引している。

     昨季リーグ戦14試合3ゴールイニエスタは、今季開幕戦から3試合連続フル出場。チームは開幕戦でセレッソ大阪に0-1で敗れたが、第2節のサガン鳥栖戦(1-0)、第3節のベガルタ仙台戦(3-1)と2連勝で5位につけている。

     すっかりチームに溶け込んだ様子のイニエスタが、15日にインスタグラムストーリー(24時間で自動的に削除される写真・動画)を更新。妻アンナ・オルティスさんと京都の観光名所・金閣寺を訪れた際の写真を投稿した。ニット帽をかぶったイニエスタと緑のコートを着込んだオルティスさんが、柵に寄りかかりながらモデルのようにポーズ金閣寺バックに仲睦まじく私服2ショットを公開している。

     イニエスタはこれまでにも神戸や大阪の街中に出没し、ユニバーサルスタジオジャパンUSJ)や東京ディズニーランドを満喫する様子を伝えていた。金閣寺にも昨年訪れていたが、家族と充実の時間を過ごしたようだ。(Football ZONE web編集部)

    神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】まるでモデル!? 神戸イニエスタ、金閣寺の前でポーズ… 愛妻と“私服2ショット”公開】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    7日に神戸移籍が決定のサンペールがJリーグ登録完了、次節の本拠地戦で出場の可能性も

     Jリーグは15日に「登録選手追加・変更・抹消」を発表し、注目を集めているJ1ヴィッセル神戸に加入した元バルセロナスペイン人MFセルジ・サンペールも登録が完了した。

     24歳のサンペールはバルセロナ下部組織出身で、2014年トップチームデビュースペインの年代別代表でもプレーし、バルセロナの先輩にあたるスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者として期待されたが、ラス・パルマスで左足首の内側側副靱帯断裂と腓骨骨折の重傷を負った。18年1月にバルセロナへ復帰も、今季はスペイン国王杯で1試合、33分間の出場にとどまり4日に契約解除。そして7日、神戸への移籍が決定した。

     神戸はここまで2勝1敗のリーグ5位につけており、17日の第4節では本拠地で17位清水エスパルス(1分2敗)を迎え撃つ。登録を終えたサンペールはこの一戦から出場が可能だ。

     もっとも、神戸にはGKキム・スンギュ(韓国)、DFダンクレー(ブラジル)、MFアンドレス・イニエスタとFWダビド・ビジャ(ともにスペイン)、FWルーカス・ポドルスキ(ドイツ)、FWウェリントン(ブラジル)がすでに在籍しており、サンペールも含めると外国籍選手は7人となっている。

     Jリーグは今季から外国籍選手枠の規定を変更し、A契約の25名枠内における選手登録の制限を撤廃。試合エントリー、試合出場ともにJ1は原則5人(Jリーグ提携国の国籍保有選手は含めない)が上限に設定されている。

     前節のベガルタ仙台戦(3-1)では、キム・スンギュ、ダンクレー、イニエスタビジャ、ポドルスキの5人がピッチに立った。果たして次節、サンペールが本拠地でJリーグデビューを飾るのか。外国籍選手の起用法は、フアン・マヌエル・リージョ監督も頭を悩ませる問題と言えそうだ。(Football ZONE web編集部)

    神戸に加入したMFサンペール【写真:Football ZONE web】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】元バルサの神戸MFサンペール、17日清水戦Jデビューか 外国籍選手5枠の起用法に注目】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/14(木) 21:02:47.05 ID:4Tum57WF9.net

    日本サッカー協会は14日、今月の国際親善試合2戦(22日コロンビア戦=日産スタジアム、26日ボリビア戦=ノエビアスタジアム神戸)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。

    昨年6月開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会メンバーだったGK中村航輔(24=J2柏)、DF昌子源(26=トゥールーズ)、MF香川真司(29=ベシクタシュ)、
    MF宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)がW杯以来となる代表復帰を果たし、森保ジャパン発足直後に招集されながら負傷により辞退したMF山口蛍(28=神戸)も含め5選手が初の森保ジャパン。
    また、準優勝に終わった1月のアジア杯メンバーから13人と大幅に入れ替わってDF安西幸輝(23=鹿島)、DF畠中槙之輔(23=横浜)
    、FW鈴木武蔵(25=札幌)、FW鎌田大地(22=シントトロイデン)の4選手が日本代表に初選出されるなどフレッシュなメンバーとなった。

    札幌からの日本代表選出は1999年の南米選手権に出場したFW吉原宏太以来20年ぶり2人目。
    鈴木はクラブを通じて「この度日本代表に選ばれた事を光栄に思います。
    そしていつもサポートしてくれる僕の周りの方々に深く感謝します」とコメント。
    「まだまだここからがスタートなので精一杯自分らしく頑張ります」と意気込んだ。

    ジャマイカ人の父を持ち、2016年リオデジャネイロ五輪に出場した鈴木は今季から札幌に移籍。
    3節を終えたJ1リーグ戦では2戦3発と活躍し、チームの2連勝に貢献している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00000182-spnannex-socc
    3/14(木) 17:22配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/1200002/276
    成績


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 www.nikkansports.com)



    (出典 Youtube)

    【公式】ゴール動画:鈴木 武蔵(札幌)2分 浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第2節 2019/3/2


    (出典 Youtube)

    【公式】ゴール動画:鈴木 武蔵(札幌)27分 浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第2節 2019/3/2


    【【サッカー日本代表】鈴木武蔵、気合「ここからがスタート」札幌から20年ぶり2人目の日本代表選出 3試合3得点】の続きを読む

    no title


    途中出場の齋藤が決勝ゴール、苦しみながら1-0で今季ACL初勝利

     J1リーグを2連覇中の王者、川崎フロンターレは13日にAFCチャンピオンズリーグACL)のグループステージ第2戦、ホームでシドニーFC(オーストラリア)戦に臨み、途中出場のMF齋藤学の決勝ゴールで1-0の勝利を収めた。

     川崎は2月16日の公式戦初戦の富士ゼロックススーパーカップ浦和レッズを1-0で下したものの、その後は公式戦4試合勝利がなく(3分1敗)この一戦を迎えた。このシドニー戦ではMF大島僚太やDF馬渡和彰が外れ、MF田中碧がACLデビューし、MF守田英正を右サイドバックに起用した。

     前半の15分くらいまではシドニーの攻勢を許したものの、川崎はペースを掴み直し持ち前のパスワークを生かしたボール保持率の高い普段どおりのサッカーでシドニーのゴールに迫った。今季加入のブラジル人FWレアンドロ・ダミアンがミドルシュートゴールを脅かす場面もあったものの、ゴールを奪えずに前半を0-0で折り返した。

     後半に入ると川崎のポゼッションは前半よりも一方的なものになり、ほとんどの時間をシドニーFCの陣内で過ごした。しかし、MF長谷川達也がゴール前で放ったシュートはGKの正面に飛び、田中が迎えたGKとの1対1のチャンスシュートコースが甘くセーブされた。そのこぼれ球に詰めたFW小林悠も枠内にシュートを抑え込めず、1点が遠い試合展開になった。

     鬼木達監督はレアンドロからFW知念慶へ、長谷川からMF齋藤学への交代を行うなど勝ち点3への意志を見せる。すると後半37分、右サイドからのボールがこぼれたところを齋藤が右足で蹴り込んでついに先制。これが決勝点となり、ACLホーム初戦で勝利を手にした。(Football ZONE web編集部)

    途中出場のMF齋藤学が決勝ゴールを挙げた【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ACL】齋藤が殊勲の決勝弾! 川崎苦戦もシドニー撃破でACL初白星、公式戦未勝利「4」でストップ】の続きを読む

    このページのトップヘ