Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/20(金) 08:08:22.07 ID:eUtiuHiR9.net

    東京五輪を目指す若きフットボーラーたち(7)鹿島アントラーズ・上田綺世@後編

    5つの質問をもとに"ストライカー上田綺世"の本質に迫った前編に続き、後編も引き続き、この生粋の点取り屋の思考法について探った。

    シュートを打つ瞬間、果たしてその頭の中には、どんなイメージが描かれているのか......。
    また、なぜプロ入りのタイミングを1年半早めたのか、なぜ鹿島アントラーズだったのか。この夏に下した決断の真相についても訊いた。

    「鹿島アントラーズ・上田綺世@前編」はこちら>>>

    「東京五輪を目指す若きフットボーラーたち」(1)から読む>>>

    ―― 5つの質問の最後で、「なり代わってみたいFWはいない」ということでした。もちろん、あり得ない話ですけど、
    憧れていたガブリエル・バティストゥータ(元アルゼンチン代表)やフィリッポ・インザーギ(元イタリア代表)の頭の中をのぞいてみたいとも思わない?

    上田綺世(以下:上田) 思わないですね。彼らもそうだと思いますよ。自分のスタイルで、それぞれやっているわけですから。たしかに憧れはあります。
    でも、ああなりたいとかは思わない。彼らから学びながら、自分のスタイルを作ってきただけなので。

    もちろん、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)みたいにパワフルなスタイルでやれればいいですけど、僕にあれはできない。
    それでも同じくらい結果を出すにはどうすればいいか考えた結果、自分は今のスタイル、動き出しとヘディングと運で勝負していくスタイルに行き着いた。

    ―― 佐藤寿人選手(ジェフユナイテッド市原・千葉)もかつて、自分は考えて点を獲るタイプだと言っていました。
    インザーギのプレーを相当研究して、動き出しやマークの外し方、ゴール前への入り方を学んだと。上田選手も、ゴールはロジックとインテリジェンスで取るものだという考えがある?

    上田 ありますね。FWをやっている人ならわかると思うんですけど、賢くないと点は獲れない。
    黒人選手くらいの身体能力があれば、ゴール前に突っ立っているだけで獲れるかもしれないけど、僕ら日本人選手は常に考えながら、相手と対話しながらプレーしなきゃいけないと思います。

    身体能力を生*も*も、頭次第。僕は自分の身体能力を生*ためのスタイルを選んでいるつもりです。
    逆に言えば、自分が生きないスタイルは一切選ばない。ドリブルしなきゃいけないようなポジショニングはしない。
    スピード勝負や高さ比べ、その先のワンタッチで決めるところに自信があるので、そのスタイルを磨いているつもりです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190920-00871620-sportiva-socc
    9/20(金) 6:57配信


    【【Jリーグ】1年半前倒しでプロ入り。 上田綺世がアントラーズ行きを決断した真相】の続きを読む



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 Egg ★ :2019/09/19(木) 07:27:19.28 ID:Lf9g3kjW9.net

    【武田修宏の直言!!】14日に福岡でサッカー教室、15、16日には北海道・根室でサッカー教室とトークショーをやったよ。全国各地を訪れて、いろいろな方と触れ合うのはやっぱり刺激になる。そんな中、14日に会った福岡大サッカー部の乾真寛監督とは“ストライカー談議”で大いに盛り上がったね。

     主には森保ジャパンの現状について。FWでは大迫勇也(29=ブレーメン)が絶対的な存在で彼に代わる選手が現れていないのは問題だねってことから、期待するFWの話をしたよ。乾監督のお勧め選手は今季途中まで大学ナンバーワンFWとして実績を残し、現在はJ1鹿島に所属する上田綺世(21)だったね。

     上田は東京五輪世代のストライカーで6月にはA代表に初選出されて南米選手権(ブラジル)に出場。法政大でプレーしていたころから間近で見てきたという乾監督は「非常にシュートがうまい選手」と、ゴール前に飛び出すタイミングやクロスに対してのポジショニングや合わせ方などを絶賛していたよ。

     上田に関しては、ほぼ同じような印象を持っていたし、これまで多くのJリーガーを育ててきた乾監督が「10年に一人じゃないか」という言葉を聞いて期待も高まったね。大迫に匹敵するストライカーになるには、まずはJリーグの舞台でゴールを量産すること。そうなれば自然と自信も生まれるし、プレーに迷いがなくなるはずだよ。

     このままの成長曲線を描いて、来年の東京五輪、2022年カタールW杯まで突き進んでほしいね。

    9/18(水) 16:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000040-tospoweb-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<鹿島アントラーズ>FW上田綺世は大迫に匹敵する選手「10年に一人じゃないか」】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    ACL上海上港戦に向けて「集中力を持った試合をしていきたい」と意気込み

     浦和レッズのGK西川周作は、ベスト4進出がかかるAFCチャンピオンズリーグACL)の準々決勝第2戦、上海上港(中国)とのホームゲームを翌日に控えた記者会見に出席し、「サポーターと一つになって強い集団をお見せしたい」と宣言した。

     浦和は敵地での初戦を2-2で引き分けた。そのことから、勝利はもちろん0-0や1-1の引き分けでも突破することができる。GKの西川からすれば、無失点であれば確実に突破できるというのは力の見せどころとも捉えられるだろう。

     そうした条件下で西川は「試合の中でのセットプレーなどでチャンスピンチもある。相手にスキを与えない守備をしたいし、こちらがスキを突く。そういう集中力を持った試合をしていきたい。ACLは移動の長さなどはあるけど、サッカーサッカーであり戦い。そこに変わる意識はない。目の前の試合に集中してやらなければいけない」と、ゲームポイントを話した。

     浦和は2017年にも上海上港と準決勝で対戦し、敵地で1-1と引き分けて迎えたホームでの第2戦を1-0で勝利して突破した。もちろん、目指すべきは当時と同じような試合展開だろう。そのためにも、スキのない戦いぶりというのは重要な要素だ。

     上海での試合を西川は「スタジアムの雰囲気は素晴らしかった」と話す。一方で「ホームサポーターの声援の方が後押しになると心強く思っている。明日はたくさんのサポーターが来てくれる。皆さんと一つになって強い集団をお見せしたい。明日はチームが上に行くためのベストを全員で尽くしたい。強い気持ちで挑んで、必ずホームサポーターと勝利を分かち合えるように、とにかく全力でベストを尽くしたい」と、ホームの声援を力にしたいと話す。

     ACLの戦いにおいて、浦和サポーターの強烈な後押しはアジアでも有名になった。今季はリーグ戦で不振が続いているが、勝負の懸かった一戦で、守護神はサポーターの声援を背にゴールにシャッターを下ろす。その先には、2年ぶり3回目のアジア制覇に一歩近づく瞬間が待っているはずだ。(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

    浦和レッズのGK西川周作のコメント【写真: 轡田哲朗】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】浦和GK西川、ホームの声援に期待 ACL4強へ「一つになって強い集団をお見せしたい」】の続きを読む



    1 Egg ★ :2019/09/14(土) 10:48:17.01 ID:Q0pmWVrV9.net

    エース興梠を下げて引き分け狙いの交代策も…後半39分に決勝点を許して敗戦


    (出典 amd.c.yimg.jp)


     浦和レッズが泥沼から抜け出せない。13日に行われたリーグ第26節のホームゲームでセレッソ大阪に1-2で敗れ、リーグ戦未勝利が7試合に伸びた。

    【動画】7戦未勝利の泥沼で降格圏行きの危機直面…「浦和×C大阪」(1-2)ハイライト

     浦和は後半2分に先制を許すと、そこから何か吹っ切れたかのように逆襲のスイッチが入った。同10分に投入されたMF荻原拓也が積極的な仕掛けで勢いをつけ、同15分にはその荻原の思い切りの良いシュートがゴールポストを直撃したところ、エースのFW興梠慎三が押し込んで同点にした。

     そのままの勢いで攻勢を強めた浦和だが、後半37分にMF阿部勇樹が2枚目のイエローカードで退場。そのタイミングで大槻毅監督は興梠に代えてMF柴戸海を送り込んだ。試合後に「後ろをしっかりした形にしないと、(相手の)センターバック2枚とボランチのところにはもうプレッシャーがかからないと思ったので、あとは真ん中を締めようという意図」と話したように、そのまま引き分けでの勝ち点1を取ることを優先し、勝ち点3はある意味で“ボーナス”というメッセージの交代だった。

     しかし、浦和はその意図をピッチ内で統一する間もなく同39分に失点。それも、「真ん中を締めよう」という言葉だったはずのゴール正面からミドルシュートを決められ、勝ち点1はおろか勝ち点0に終わった。

     試合前の時点で、プレーオフ出場圏内の16位サガン鳥栖とは勝ち点4差だった。それは、すでに残留争いをしていると言える。

     しかしながら、決勝ゴールを奪われた場面を大槻監督が「二つヘディングでクリアのチャンスがあって、真ん中に返っているところで向こうの連続した攻撃になってしまった。あそこで一つ切れない。もしくはサイドにということができれば良かったというのが1点です。あとは失点の前のところ、左のところをやられたところに関して、一つ引いて、最終ラインのところで構えておけば良かった」と振り返ったように、その立場に必要なプレーに徹することができてなかったというのも事実だろう。

    9/14(土) 9:40 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190914-00217442-soccermzw-socc


    【【Jリーグ】<浦和レッズ>泥沼から抜け出せない!7戦未勝利...見つめるべき“降格危機”の現実「この順位にいるようなチームではない」】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    憧れ続けたスペイン挑戦で直面した「日本人はまだまだ甘い」現実

     今季のスペインリーグは、日本のサッカーファンにとって例年以上に熱い。日本代表MF久保建英が名門レアル・マドリードと契約し、同じ1部マジョルカでプレーするほか、2部にもMF香川真司(サラゴサ)、MF柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)、FW岡崎慎司(ウエスカ)と日本代表戦士が活躍の場を移したからだ。ジュビロ磐田FW大久保嘉人も、かつて3人目の日本人選手としてリーガプレーした経験を持つ。何を求めてスペインへ渡り、どんな収穫を得たのか。

     大久保アテネオリンピック後の2004年11月セレッソ大阪からマジョルカへ期限付き移籍。選手登録が解禁された翌年1月、元日本代表FW城彰二(バジャドリード)、元日本代表FW西澤明訓(エスパニョール)に次ぐ史上3人目の日本人選手としてリーガ・エスパニョーラピッチに立った。大久保は、香川や岡崎が同様、「昔から(スペインへ)行きたかった」思いがあったという。

    スペインサッカーが面白いし、テレビで観ていた選手がたくさんいましたから。ドイツや他(のリーグの話)もあったけど、行く気はさらさらなかったですね」

     当時はまだ“欧州組”が珍しかった時代。スペイン1部でのチャンスを勝ち獲った大久保も、日本との違いに直面した。

    「あの時は今と違って、日本人がなかなか海外に行けなかった。現地で『日本にはプロがあるのか』とみんなに聞かれるような状況で、自分が行けたというのは逆にすごく良かったと思います」

     言葉の適応は「難しかった」という大久保。外国籍選手の勝利に懸ける闘争心は、日本と比べて群を抜いていたと証言する。

    「技術面は日本人のほうが全然上手いです。でも、彼らは小さい時から、勝ちにこだわる気持ちを強く植えつけられているんです。自分も日本人の中では強いほうだと思うけど、彼らの中では普通になっちゃいました(苦笑)。あと、試合になるとガラッと変わるというか、『そんなこともできるんだ』というようなことをやったりする。ああ、こういうとこが違うなと。日本人はまだまだ甘い。歴史が全然違うし、最初は追いつけないなと感じました」

    「マジョルカでめちゃくちゃ変わった。その前の自分のままやっていたら…」

     大久保はマジョルカ加入1年目にリーグ戦13試合3得点、レンタル期間を延長した05-06シーズンは26試合に出場して2得点の成績を残した。「自分がやってきたことが(世界のトップリーグで)どれだけ通用するのかを試せたし、こういうプレーしたらいいんだと学べました」と振り返る。

    「マジョルカに加入した時の自分と今の自分は、まるで別人のようにプレースタイルが変わりました。入った頃は正直、周囲のことを考えていませんでした。ボールを持ったら全部ドリブルして、『俺がやる』という感じだった。でも、これじゃ通用しないなと。周囲のことを考えてスペースを空けてあげるとか、ここにボール出てきたら次はあそこに出しだらチャンスになるなとか、DFに(コースを)切られてそこに出せなくても今度はあっちがチャンスルートがあるなというのを、見て考えるようになった。

     最初は癖になってる部分もあって難しいなと思ったけど、でもどうしたら周囲を生かせるか、そのなかで自分も生きるかということを、ミスをしながら繰り返しました。そうするうちに余裕ができて、DFが来てもこのDFを引きつけておいて後はこうすればいいと考えるようになって、それができるようになった。マジョルカでめちゃくちゃ変わりましたね。もし、その前の自分のままだったら、たぶんここまでサッカーをやれてなかったかもしれません」

     香川や岡崎らベテランにとってはもちろん、バルセロナ下部組織の所属経験を持つ久保にとっても、スペインでの時間は今後のキャリアを見据えたうえで貴重なものになるだろう。(Football ZONE web編集部)

    マジョルカ時代のFW大久保【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】マジョルカの“初代日本人選手”、大久保嘉人が語るスペイン挑戦の「意義」と「収穫」】の続きを読む

    このページのトップヘ