Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1

    • カテゴリ:

    J初陣2発のポドルスキを各国メディア称賛! 「衝撃的な25ヤード弾」「記憶に残すべき1ページ」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    “神戸の10番”としてデビュー戦2ゴール 3-1の勝利に貢献

     

     ヴィッセル神戸に加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、初陣となった29日のJ1第19節大宮アルディージャ戦で鮮烈な2ゴールを叩き込み、3-1の快勝に大きく貢献した。ドイツで一時代を築いたレフティーの衝撃デビューを、世界各国のメディアも報じている。

     

     この日、本拠地ノエビアスタジアム神戸のピッチに立ち先発フル出場したポドルスキは後半4分、FW渡邉千真のシュートのこぼれ球をペナルティーエリア外で拾うと、そのまま鋭く反転して左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右隅に突き刺さり、鮮烈なJリーグデビュー弾が生まれた。

     

     さらに1-1の同点に追いつかれた後の同17分には、右サイドからMF大森晃太郎が上げたクロスに反応。相手2人に挟まれながらも、力強く正確なヘディングシュートをゴール左隅に沈めて2点目を奪った。

     

     ポドルスキが決めた圧巻の先制点について、英誌「フォー・フォー・トゥー」は「衝撃的な25ヤード弾をお見舞いした」と紹介。英メディア「101 Great Goals」では、「アンストッパブルな一振りは、大宮のGKにとってノーチャンス」と表現し、「このデビュー戦は彼について、記憶に残すべき新たな1ページとなった」と、その活躍に賛辞を送った。

     

     

    「日本でのトップフライトに適応」

     

     米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」アジア版では、「日本でのトップフライトに適応する上で、そのドイツ人に長い時間を与える必要は全くなかった」とレポート。多くの助っ人は、異国のリーグに馴染み本領を発揮するまでに、一定の時間を要することが多い。しかし元ドイツ代表の背番号「10」は、初陣で一発回答を示してみせたとしている。

     

     Jリーグ初参戦で挨拶代わりに決めたワールドクラスの2ゴール。輝きを失わない圧倒的な勝負強さとプロフェッショナリズムこそ、ポドルスキが世界で称賛を受け続けるストライカーである所以なのかもしれない。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

    【動画】JリーグのYouTube公式チャンネルで公開された「神戸vs大宮」ハイライト

     

    [embed]https://www.youtube.com/watch?v=H6oIHr9radY&t=1s[/embed]

     

    JリーグのYouTube公式チャンネルで公開された「神戸vs大宮」ハイライト

     

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【J初陣2発のポドルスキを各国メディア称賛! 「衝撃的な25ヤード弾」「記憶に残すべき1ページ」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    神戸・三木谷会長、ポドルスキ鮮烈デビューにご満悦「ルーカス2得点!凄い!」 | ニコニコニュース



    神戸に新加入したポドルスキ(Sven Mandelさん撮影、Wikimedia Commonsから)
    J-CASTトレンド

    サッカーJ1・ヴィッセル神戸に加入した元ドイツ代表のFWルーカス・ポドルスキ(32)が、鮮烈なJ1デビューを飾った。ホームの大宮戦で挙げた2ゴールは、チームを勝利に導いた。

    ヴィッセル神戸の三木谷浩史オーナー(52)も、VIP席で試合を観戦。試合後のツイッターで「ルーカス2得点!凄い!」と大活躍のポドルスキをたたえた。

    「三木谷会長から熱烈なオファーをいただいたから」神戸に入団

    ポドルスキは2017年7月29日、ホームの大宮アルディージャ戦(ノエビアスタジアム神戸)に4‐4‐2の左トップで先発出場した。後半4分、その瞬間は訪れる。相手ゴールに背を向けたポドルスキが、MF松下のパスを受けると振り向きざまに左足を振りぬいた。ペナルティエリア外から放たれたボールは、ゴール右隅に突き刺さった。

    さらに1‐1の同点とされた後半17分、ポドルスキはMF大森の右クロスに合わせてジャンプ。相手DF2人のマークをものともせず、高い打点からヘディングシュートを決めた。チームはさらに1点を追加し、3‐1で試合を制した。ポドルスキは「最初の試合で1点が入って良かった。言葉にできないくらいうれしい」と喜んでいたという(日刊スポーツ30日付記事から)。

    報道によると、ネルシーニョ監督は「チャンスがあれば決定力がある点取り屋であるということを見せた」と褒めていたそうだが、大喜びだったという意味ではこの人も同じだろう。ポドルスキの獲得交渉にゴーサインを出した、三木谷浩史オーナーだ。

    「ルーカス2得点!凄い!」

    三木谷オーナーは試合後、ツイッターにそう投稿し、ポドルスキと抱擁を交わした際の写真を掲載した。

    ポドルスキとは17年4月、移籍金260万ユーロ(約3億1000万円)、給与総額1900万ユーロ(約23億円)で2年半契約を結んだ。7月6日の入団記者会見で、ポドルスキは神戸と契約した理由を「昨年11月に三木谷会長から熱烈なオファーをいただいたことが大きな理由のひとつ」と説明していたが、三木谷オーナーは実際、ツイッターで「神戸牛を満喫、本当にスーパーナイスガイでした!」「ユニホームは相当気に入っていました!着心地も最高だって!」(7月6日付の投稿)などと、ポドルスキとの親交を明かしている。<J-CASTトレンド>



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【神戸・三木谷会長、ポドルスキ鮮烈デビューにご満悦「ルーカス2得点!凄い!」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    浦和がペトロヴィッチ監督を解任! 5年半の指揮でリーグ制覇叶わず「申し訳ない気持ち」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    チグハグな内容で札幌に敗れて解任 堀孝史コーチが後任務める

     

     浦和レッズは30日、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の解任を発表した。クラブ公式HPでは5年半クラブの指揮を執ったペトロヴィッチ監督の、長文による“別れの声明”が出されている。

     

     浦和は29日に敵地で行われたJ1リーグ第19節・北海道コンサドーレ札幌戦で、0-2の敗戦を喫した。日本代表DF槙野智章が相手FW都倉賢の顔面を蹴って一発退場となり、ハーフタイム直後には指揮官が勝負の“3枚替え”を敢行したものの、投入したDF那須大亮がわずか3分で負傷して9人で戦わざるを得なくなるなど、チグハグな戦いぶりとなった。

     

     この事態を受けてクラブ側は、2012シーズンから指揮を執っていたミハイロ・ペトロヴィッチ監督と、杉浦大輔コーチとの契約を30日付けで解除したことを発表。昨季ルヴァンカップを制覇し、毎シーズン上位争いを繰り広げてきたものの、悲願のリーグ制覇は叶わぬまま体制を終わらせる決断を下した。次節5日の大宮アルディージャとの「さいたまダービー」からは、堀孝史コーチが後任監督を務めることとなる。

     

     なお公式サイトには、ペトロヴィッチ監督のコメントが以下のように記されている。

     

     

    ペトロヴィッチ監督の退任コメント全文

     

    「浦和レッズというクラブで5年半もの間、仕事をできたことはとても栄誉なことでした。

     

     この間、チームだけでなく、もちろん私だけでなく、クラブ全体で良い仕事をしてくることができたと思っています。

     

     本当にクラブ全体から、多大なるサポートを貰ってきました。チームは1年1年、右肩上がりに成績を上げ、良い成績を残してくることができました。

     

     しかしながらここ2~3ヵ月は良い結果を出すことができておらず、監督としてその責任を取ることは当然であると考えています。クラブから多大なるサポートをして貰ってきた中で、期待されている様な結果を出すことができなかったことについて、申し訳ない気持ちでいます。今となっては、Jリーグでの優勝はやや難しい状況となってしまいましたが、3位以内は十分に狙える状況にあり、是非来シーズンのACL出場に向かっていってほしいと思います。

     

     また今シーズンのACLではベスト8に勝ち進んでおり、スルガ銀行カップ、YBCルヴァンカップ、天皇杯も合わせてタイトルを獲得するチャンスは十分にあります。ですので、今こそファン・サポーターの皆さんのサポートが必要です。是非、チームを応援してください。

     

     ファン・サポーターのみなさんには、大きな愛を与えていただき、私は心から感謝していますし、クラブスタッフのみなさんの素晴らしいサポートにも、あらためてありがとうと言わせてください。

     

     チームはすぐに、大宮アルディージャとのダービーマッチを控えていますが、こういうときだからこそ、ファン・サポーターのみなさまにはチームに、選手に力を与えてほしいです。

     

     素晴らしい5年半ではありましたが、こういう形で終わりを向かえることもサッカーの世界ではあることです。共に大きな成果を得ることはできませんでしたが、そしてここでお別れをしなければなりませんが、私たちが友人であることに今後も変わりはありません。本当にありがとうございました」(原文ママ)

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【浦和がペトロヴィッチ監督を解任! 5年半の指揮でリーグ制覇叶わず「申し訳ない気持ち」 | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    C大阪の柿谷、体調不良でルヴァン杯オープンドローを欠席…31日にお台場で開催 | ニコニコニュース



    オープンドロー欠席が決まった柿谷 [写真]=JL/Getty Images for DAZN
    サッカーキング

     セレッソ大阪に所属するFW柿谷曜一朗が、31日にお台場で開催されるJリーグYBCルヴァンカップ・ノックアウトステージの組み合わせオープンドローを体調不良のため欠席することが発表された。なお、C大阪からの出席選手は決定後に発表される。

     オープンドローはフジテレビが主催するイベント「お台場みんなの夢大陸 内『みんなの夢大陸イベントステージ』」にて行われ、一般公開は2007年以来10年ぶりとなる。当日はJリーグの原博実副理事長、Jリーグ女子マネージャーの佐藤美希さんも登場。オープンドローをサポートする。

     ノックアウトステージ進出クラブからのオープンドロー出席選手は以下の通り。

    ベガルタ仙台 佐々木匠
    鹿島アントラーズ 西大伍
    浦和レッズ 武藤雄樹
    FC東京 中島翔哉
    川崎フロンターレ 大島僚太
    ガンバ大阪 東口順昭
    セレッソ大阪 未定
    ヴィッセル神戸 渡邉千真



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【C大阪の柿谷、体調不良でルヴァン杯オープンドローを欠席…31日にお台場で開催 | ニコニコニュース】の続きを読む

    • カテゴリ:

    8位浦和、ペトロヴィッチ監督の解任を発表…堀コーチが新監督に就任 | ニコニコニュース



    2012年から浦和を率いたペトロヴィッチ監督 [写真]=JL/Getty Images for DAZN
    サッカーキング

     浦和レッズは30日、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督、杉浦大輔コーチとの契約解除を発表した。なお、後任には堀孝史コーチが監督に就任する。

     ペトロヴィッチ監督は、クラブ公式HPを通じて「「浦和レッズというクラブで5年半もの間、仕事をできたことはとても栄誉なことでした。この間、チームだけでなく、もちろん私だけでなく、クラブ全体で良い仕事をしてくることができたと思っています。本当にクラブ全体から、多大なるサポートを貰ってきました。チームは1年1年、右肩上がりに成績を上げ、良い成績を残してくることができました。しかしながらここ2~3カ月は良い結果を出すことが出来ておらず、監督としてその責任を取ることは当然であると考えています。クラブから多大なるサポートをして貰ってきた中で、期待されている様な結果を出すことができなかったことについて、申し訳ない気持ちでいます。今となっては、Jリーグでの優勝はやや難しい状況となってしまいましたが、3位以内は十分に狙える状況にあり、是非来シーズンのACL出場に向かっていってほしいと思います。また今シーズンのACLではベスト8に勝ち進んでおり、スルガ銀行カップ、YBCルヴァンカップ、天皇杯も合わせてタイトルを獲得するチャンスは十分にあります。ですので、今こそファン・サポーターの皆さんのサポートが必要です。是非、チームを応援してください。ファン・サポーターのみなさんには、大きな愛を与えていただき、私は心から感謝していますし、クラブスタッフのみなさんの素晴らしいサポートにも、あらためてありがとうと言わせてください。チームはすぐに、大宮アルディージャとのダービーマッチを控えていますが、こういうときだからこそ、ファン・サポーターのみなさまにはチームに、選手に力を与えて欲しいです。素晴らしい5年半ではありましたが、こういう形で終わりを向かえることもサッカーの世界ではあることです。共に大きな成果を得ることはできませんでしたが、そしてここでお別れをしなければなりませんが、私たちが友人であることに今後も変わりはありません。本当にありがとうございました」とコメントを発表している。

     また、浦和の淵田敬三代表は「本日、ミハイロ ペトロヴィッチ監督との契約を解除し、合わせて、杉浦大輔コーチとの契約も解除いたしました。ペトロヴィッチ監督は、残留争いをした2011シーズン後に監督に就任し、低迷していたチームを攻撃的で魅力あるチームに変えてくれました。リーグでの継続した優勝争い、9年ぶりのタイトル獲得となったYBCルヴァンカップ優勝、AFCチャンピオンズリーグ4回の出場、そしてクラブ経営の安定化にも貢献してくれました。この5年半の功績には、大きな尊敬と感謝を抱いています。杉浦コーチも、ペトロヴィッチ監督をよく支え、チームに尽くしてくれました。あらためて、2人には感謝申し上げます。しかし、今シーズン、チームは4月30日以降のリーグ12試合で3勝1分け8敗と苦しい状況が続き、ここ数試合の内容や結果を見てもはっきりとした改善の兆しが見られませんでした。リーグ優勝という、目指していたものと乖離した状況を改善するためには、苦渋の決断となりましたが、契約を解除することとなりました。ただ、この5年半、歩んだ方向性は、決して間違っていないと考えています。ですから、トップチームを指導してきた堀孝史コーチに監督に就任していただくことで、いままで取り組んできた攻撃的なサッカーを継続しつつ、ふたたびチームに活力を取り戻し、リーグでの上位進出、ACL、ルヴァンカップなどのタイトルを狙って戦って行ければと考えております。ファン・サポーターのみなさまには、ご心配をおかけし、大変申しわけありませんが、新体制のもと、クラブは全力を尽くしてチームを支えて参りますので、引き続き、共に闘ってくださいますよう、お願い申し上げます」とコメントを発表している。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【8位浦和、ペトロヴィッチ監督の解任を発表…堀コーチが新監督に就任 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ