Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.footballchannel.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2017/12/16(土) 23:39:28.48 ID:CAP_USER9.net

    ハリル、川崎F・中村憲剛の招集に含み?「年齢に関わらずいいプレーを見せている」
    12/16(土) 23:27配信 Goal.com
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00000029-goal-socc

    http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%AB%E5%B7%9D%E5%B4%8Ef%E4%B8%AD%E6%9D%91%E6%86%B2%E5%89%9B%E3%81%AE%E6%8B%9B%E9%9B%86%E3%81%AB%E5%90%AB%E3%81%BF%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%9A%E3%81%84%E3%81%84%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%9B%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B/k9x26bxm77bx1tbsvbtr7bksd

    韓国戦を振り返ったハリルホジッチ監督(C)Getty Images

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、韓国戦後の記者会見で川崎フロンターレMF中村憲剛の名前を挙げた。

    EAFF E-1サッカー選手権第3戦が16日に味の素スタジアムで行われ、日本代表は韓国代表に1-4で敗戦。試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が記者会見で川崎フロンターレMF中村憲剛の名前を挙げた。

    開始直後に小林悠のPKで先制しながらも、その後4失点。引き分け以上で2大会ぶりの優勝が決まる状況だったが、反撃も実らず。1-4の完敗を喫した。

    ハリルホジッチ監督は「選手たちをテストするのが一つの目的だった」と、今大会の意義を説明しつつ「この大会を戦った日本代表はA代表ではなかったかもしれないですが、フルメンバーのA代表で戦ってもこの韓国代表に勝てたかどうかわからない」と、韓国相手の一戦での完敗を認めた。

    「受け入れがたいことかもしれないですけど、そう行った真実も認めていかないといけない」

    さらに「年齢に関わらずいいプレーを見せている」と前置きしたうえで「中村憲剛を入れることもできた」とハリルホジッチ監督。川崎Fのリーグ初優勝に大きく貢献した中村の名前を挙げ、今後の招集に含みを持たせた。そのうえで今回の大会は「彼を除けば今呼べるベストメンバーだったと思う」と総括した。

    最後に「これからもワールドカップに向けてベストを尽くして行きたいと思う。良いお年をお迎えください」と残し、会見場をあとにした。


    【【日本代表】ハリル、川崎F・中村憲剛の招集に含み?「年齢に関わらずいいプレーを見せている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2017/12/16(土) 23:44:47.50 ID:CAP_USER9.net

    「中村憲剛を入れることもできたが…」ハリル、“急造チーム”での2勝は「素晴らしい結果」
    12/16(土) 23:31配信 SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00685378-soccerk-socc

    日本を率いるハリルホジッチ監督

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会・第3戦が16日に行われ、日本代表と韓国代表が対戦した。小林悠のPKで幸先良く先制した日本だったが、その後は今大会最多の4失点を喫して完敗。E-1選手権優勝を逃した。

    日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、試合後の記者会見で「韓国を称えるしかない。今大会、ケガなどで呼ぶことができなかった選手も10人ほどいるが、彼らがいたとしても今日の試合は難しいものになっていただろう」と完勝の韓国を称賛した。

    惜しくも2位となったが、今大会は2018 FIFAワールドカップ ロシアのメンバー入りを懸けた“個人の戦い”という意味合いも持つ。ハリルホジッチ監督は「今季いいプレーを見せている中村憲剛を年齢に関わらず入れることもできた。ケガ人も多くいたが、現時点でのベストメンバー」と語り、「今大会の2勝を素晴らしい結果というふうに受け止めたい。選手たちはベストを尽くして戦ってくれた」と健闘を称えた。

    来年に迫ったワールドカップに向けては「ワールドカップと今大会は全くの別物。誰がロシアに行けるかは、また分析して考えていきたい」とコメントした。


    【【日本代表】「中村憲剛を入れることもできたが…」ハリル、“急造チーム”での2勝は「素晴らしい結果」[17/12/16]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 gscmsstorage.blob.core.windows.net)



    1 Egg ★ :2017/12/14(木) 16:56:21.90 ID:CAP_USER9.net

    【No Ball,No Life】アラブ首長国連邦(UAE)で行われたクラブW杯にアジア王者として出場したJ1浦和は“世界5位”で終わった。
    痛恨だったのは9日に行われたアルジャジーラ(開催国枠)戦。0-1で敗れた。

    勝っていれば、準決勝でレアル・マドリード(欧州王者)と対戦し、敗れても3位決定戦でFW本田圭佑が在籍する
    パチューカ(北中米カリブ王者)と対戦することができたのだ。またとない、チャンスを逸した。

    この敗戦に「油断」があったことは選手たちも認めている。浦和の選手は5日に現地入りし、6日のアルジャジーラ-オークランドシティ(オセアニア王者)をテレビで観戦。
    1-0で勝ち上がったアルジャジーラに対し、浦和の選手たちは「強くない」と余裕だった。

    9日の試合でも相手は弱かった。それでも、負けた。MF柏木陽介は敗れてもなお「やはり弱かった。
    それだけに余計に悔しい。何のためにアジア王者になったのか」と悔しさをあらわにし、「アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で対戦した上海上港やアルヒラルに申し訳ない」と唇をかんだ。

    アルジャジーラ戦前から、レアルの選手の誰とユニホーム交換をしようかと話していたという選手もいたという。昨季のクラブW杯で世界2位になったJ1鹿島を引き合いに出し、
    ある主力は「レアルに本気で勝ちにいった鹿島と、レアルとユニホーム交換をしようとした浦和。その差が出た」と吐き捨てた。

    「うちはパーティーボーイ(調子乗り)が多い」と柏木。ただ、これは浦和の持ち味。チームが調子がいいときは、手が付けられないほど勝ち進むのも事実だ。調子に乗りすぎて油断してしまうことと合わせて“もろ刃の剣”なのだろう。

    柏木は今季最終戦となったウィダド・カサブランカ(モロッコ)との一戦を制し、世界5位となったことには手応えを感じ取っていた。「最後まで走りきった。攻撃に人数をかけたことで3得点につながった。
    満足している」。そして5位決定戦の「マン・オブ・ザ・マッチ」に選出されたことも「こういう表彰はいつもはあまり納得できないが、今回はうれしい」と素直に喜んだ。

    背番号「10」は、今シーズンを「春夏秋冬のようなシーズンだった」と振り返った。シーズン当初は負ける気もせず優勝まっしぐらだったが、途中で勝てず、ペトロ*監督が解任。
    その後、攻撃重視から守備重視に変え、アジア王者になった。激動のシーズンだった。

    そして、早くも来季についても言及した。「川崎が優勝できたのも練習のたまもの。うちはそれ以上に練習してタイトルを取りたい。毎年、2つぐらいはタイトルを取りたい」と目を輝かせた。
    残念ながら、来季はACLには出場できない。それ以外のタイトル、リーグ戦、ルヴァン杯、天皇杯で柏木が目の色を変えてタイトルをつかみにいく。(宇賀神隆)

    2017年12月14日 12時6分 サンケイスポーツ
    http://news.livedoor.com/article/detail/14027767/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【サッカー】<「浦和レッズ」営業収入80億円超え!>クラブW杯5位で賞金1・7億円ゲット!グッズ収入も好調!クラブ史上最高へ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513201991/


    【【J1 】<浦和レッズ>選手が認めたACLでの“油断” 柏木「うちはパーティーボーイ(調子乗り)が多い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 Egg ★ :2017/12/15(金) 06:10:26.12 ID:CAP_USER9.net

    G大阪が川崎Fの元日本代表MF家長昭博(31)の獲得に乗り出していることが14日、明らかになった。複数の関係者によると、すでに正式オファーを提示。成立すれば13年シーズン以来5年ぶりの古巣復帰になる。

    2年連続無冠に終わったG大阪は長谷川監督に代わり、来季はレヴィー・クルピ氏(64)が新監督に就任することが決定している。家長はクルピ氏と10年シーズンにC大阪でともに戦った経験があり、
    攻撃の中心としてリーグ31試合4得点10アシストを記録。C大阪のアジア・チャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献するなど、クルピ氏の戦術を熟知しているのは大きい。

    来年6月で32歳になるが衰えはない。むしろ円熟味、凄みは増している。右MFでプレーした川崎Fでは今季リーグ21試合2得点だったが、シーズン中盤以降は主軸に定着した。
    11月29日の浦和戦では強靱(きょうじん)なフィジカルと技術で右サイドを突破して決勝点をアシストするなど、逆転優勝の原動力の1人になった。G大阪はタイトル奪還へ向けて、攻撃の核として期待している。

    当然、川崎F側は必要戦力として慰留に努める構え。Jリーグ王者か、古巣か。家長の動向から目が離せない。

    ◆家長 昭博(いえなが・あきひろ)1986年6月13日、京都府長岡京市出身の31歳。G大阪ユースを経て04年にトップ昇格。マジョルカ(スペイン)や蔚山現代(韓国)でプレーし、
    17年に大宮から川崎Fに完全移籍。日本代表には07年に初選出され国際Aマッチ3キャップ。1メートル73、70キロ。左利き。

    12/15(金) 6:01配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000027-spnannex-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【J1 】<ガンバ大阪>MF家長昭博(川崎フロンターレ)に正式オファー! 成立すれば5年ぶりの古巣】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.jleague.jp)



    1 Egg ★ :2017/12/14(木) 06:53:11.58 ID:CAP_USER9.net

    ◆クラブW杯 ▽5位決定戦 浦和3―2ウィダード・カサブランカ(12日、UAE・ハッザーア・ビン・ザーイドスタジアム)

     【アルアイン(アラブ首長国連邦)12日=羽田智之】アジア王者の浦和は5位決定戦で、アフリカ王者のウィダード・カサブランカ(モロッコ)に3―2で勝利した。
    DFマウリシオ(25)が2得点し、MF柏木陽介(29)が1ゴールするなど2得点に絡む活躍で賞金150万ドル(約1億7010万円)を獲得。営業収入はクラブ史上最高の79億6400万円(07年度)に並ぶのは確実で更新もあり得る。

    浦和らしく攻撃を躍動させて今季最終戦を白星で飾った。1―1で迎えた前半26分、長沢、興梠、武藤、R・シルバの連係から最後は柏木が左足で決めた。
    後半15分には、柏木が直接FKをトリックプレーすると、相手DFのクリアをマウリシオが詰めて公式戦8試合ぶりの3点目でダメ押した。

    2得点に絡み、MVPに選ばれた柏木は胸を張った。「いいゲームが出来て終われたから満足しています」。
    9日の初戦で開催国枠のアルジャジーラに0―1と不覚を取り、欧州王者のRマドリード(スペイン)への挑戦権を失った。失意から立ち直り、今大会初勝利をもぎ取った。

    「春夏秋冬」。柏木は、7月末にペトロヴィッチ前監督から堀孝史監督に交代した今季を振り返った。「最初は無敵状態。
    全く勝てない時期もあって、フォーメーションも変わり。最後はつなぐサッカーになった。いろんな季節を過ごしました」。リーグは7位に沈むも10年ぶりにアジアを制した。

    クラブ幹部は17年度の営業収入について「過去最高に並ぶ可能性がある」と明*。

    ACLを初制覇した07年度の79億6400万円がクラブ史上最高。今季のACLは07年よりホーム戦1試合多く7試合を消化し、グッズ収入も好調だという。
    5位とはいえクラブW杯の賞金1億7010万円を手にした。昨年度の66億600万円から大幅増となる80億円超えも夢ではない。

    来季はACLの出場資格がない。興梠は「来年Jリーグ優勝し、(再来年は)ACLに出ないといけない」と目標を定めていた。

    ◆07年の浦和 11年ぶりにホルガー・オジェック監督が復帰し、MFポンテ、MF鈴木啓太、MF長谷部誠、DF田中マルクス闘莉王、FWワシントンらを中心にACLを初制覇。
    クラブW杯でも3位に入り、同年度の営業収入はクラブ史上最高額の79億6400万円だった。

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    12/14(木) 6:06配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000038-sph-socc


    【【J1 】<「浦和レッズ」営業収入80億円超え!>クラブW杯5位で賞金1・7億円ゲット!グッズ収入も好調!クラブ史上最高へ】の続きを読む

    このページのトップヘ