Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 Egg ★ :2018/01/04(木) 00:23:57.15 ID:CAP_USER9.net

    現時点でクラブからの正式発表はないものの、森本は自身のインスタグラムのプロフィールを更新。これまでの所属クラブの名前が並ぶ中、川崎Fの次に福岡が書き足されていた。これが移籍を示唆するものと見られている。

     森本は2017シーズンのJ1で11試合に出場し3得点を挙げていたが、先発出場は一度もなかった。YBCルヴァンカップでは1試合出場0得点、AFCチャンピオンズリーグでも7試合に出場し0得点、天皇杯では3試合出場4得点という成績だった。

     リーグ戦に限って言えばプレー時間はわずか155分間で、1試合(90分)あたりの平均得点は1.74点と好成績だが、アピールの機会は限定的だったと言える。

     福岡は2017シーズンのJ2で19得点を挙げたエースFWウェリントンをヴィッセル神戸に放出し、ベテランFWの坂田大輔や中原貴之の退団も決まっていた。ブラジル全国選手権1部のシャペコエンセから、ヨーロッパでの経験が豊富な32歳のブラジル人FWトゥーリオ・デ・メロの加入が決まっており、森本とポジション争いをすることになるかもしれない。

     なお、川崎Fと福岡の両クラブからは3日の段階で森本の移籍に関して発表はない。同選手は東京ヴェルディでプロデビューを果たし、イタリアのカターニャ、ノヴァーラ、UAEのアル・ナスル、J2のジェフユナイテッド市原・千葉を経て2016年に川崎Fと契約。2年間でリーグ戦は22試合の出場にとどまっていた。

    1/3(水) 19:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180103-00249641-footballc-socc


    【【Jリーグ】<森本貴幸(川崎フロンターレ)>J2アビスパ福岡移籍か!?未発表もSNSのプロフィールを変更...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    1 Egg ★ :2018/01/01(月) 07:49:19.66 ID:CAP_USER9.net

    C大阪が来季の新戦力として浦和FW高木俊幸(26)を獲得することが31日、決定的となった。父で元プロ野球選手の豊氏(59)譲りの俊足を誇り、ドリブル突破力とシュート力を兼ね備えたストライカー。関係者は「C大阪にはいないタイプ。スピードがあって、鍛えれば面白い選手」と期待している。

    東京V、清水を経て15年から浦和に在籍しJ1通算167試合24得点。8月末にはC大阪とのルヴァン杯準々決勝で右CKから同点弾を呼び込み、C大阪の首脳陣にも好プレーを披露した。

    C大阪は来季、4年ぶりのACLに臨むことから選手層の拡大に動いており、長崎総科大付高の高校NO1・FW安藤瑞季(18)の入団も決まっている。

    1/1(月) 6:06配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000070-sph-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<セレッソ大阪>浦和レッズFW高木俊幸を獲得!「スピードがあって、鍛えれば面白い選手」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.jleague.jp)



    1 Egg ★ :2018/01/03(水) 05:11:49.34 ID:CAP_USER9.net

    ガンバ大阪が、セレッソ大阪の主将FW柿谷(28)の獲得を検討していることが2日、分かった。
    C大阪との契約はまだ残っているが、G大阪関係者は補強リストの上位であることを認めた。

    18年からG大阪の指揮を執る、ブラジル人のレビークルピ監督がC大阪時代に育てた選手で、
    FWの台所事情が苦しいG大阪から白羽の矢が立った。

    残留を明言していない柿谷については、
    メキシコのクラブからも獲得の動きがあり、本人の決断が注目される。

    1/3(水) 5:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00091516-nksports-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<ガンバ大阪>セレッソ大阪FW柿谷曜一朗の獲得検討!メキシコのクラブからも獲得の動き】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 frosuki.com)



    1 Egg ★ :2018/01/01(月) 10:37:02.56 ID:CAP_USER9.net

    ディエゴ・フォルラン(元C大阪)、ルーカス・ポドルスキ(現神戸)に続くのは誰か――。
     
     Jリーグとスポーツ映像配信会社「DAZN」が10年間で2000億円を超える契約を結び、Jクラブの得られる分配金や優勝賞金の大幅アップが2016年秋に発表された時、ファンの多くが大物選手のJ参戦を夢見たのではないか。
     
     かくいう僕も「(アンドレス)イニエスタ(バルセロナ)が来たらいいな」などとニヤニヤしていた。
     
     もっとも、川崎の優勝で17シーズンが終わり、彼らが今後3年間で少なくとも22億8800万円もの賞金を得ることが決まった今、“DAZNマネー”の使い道としてビッグネームの獲得は妥当ではない、という結論に達しつつある。
     
     大物選手の獲得による戦力アップは、一過性となる可能性が高いだけでなく、戦力アップに繋がるかどうかも疑わしい。それはフォルランとポドルスキが実績と金額に見合う成果をもたらしていないことで証明している。
     
     もちろん、彼らだけではなく、受け入れる側の態勢、チームのスタイルや戦術との相性、監督のマネジメントの問題もあるだろう。
     
     特に川崎のように確固たるスタイルを築いているチームは、それが外国人であろうと、日本人であろうと、新加入選手を選んでしまう。フィットに時間が掛かるのは、サッカーセンスの塊である家長昭博でさえ、シーズン半ばまで馴染むのに苦労しんだことでも明らかだ。

    いきなり戦力になった阿部浩之のほうが稀な例。その点で、スタイルを熟知している大久保嘉人の再獲得は、実は、かなり有益な補強だと思う。筑波大時代に風間八宏前監督の教え子だったという点で、赤崎秀平の獲得も。
     
     話を元に戻そう。中長期的な視野に立てば、大型補強よりも大事なことがあるだろう。
     
     トップチームのスカウティングシステムのさらなる充実や、最新鋭のデータ分析ツールの導入を図る。未来への投資を考えれば、アカデミーの練習場や寮を整備したり、アカデミーのコーチングスタッフの質と量を高める(むろん、それに見合う報酬も用意して)のもいいだろう。

    つづく

    1/1(月) 8:00配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180101-00034295-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<Jリーグ王者の川崎フロンターレ>DAZNマネーをどう使うべきか?憲剛の隣でプレーするイニエスタ。妄想にとどめておこう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 rr.img.naver.jp)



    1 Egg ★ :2018/01/02(火) 21:45:36.90 ID:CAP_USER9.net

    元サッカー日本代表のDF内田篤人がJ1鹿島に復帰することが2日、所属するウニオン・ベルリンから発表された。

    1/2(火) 21:38配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000094-dal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【移籍】<内田篤人>鹿島アントラーズに復帰!ウニオン・ベルリンが発表!!】の続きを読む

    このページのトップヘ