Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1



    (出典 contents.gunosy.com)



    1 Egg ★ :2018/09/17(月) 19:38:33.94 ID:CAP_USER9.net

    マイクを介した声のトーンが、何の前触れもなくはね上がった。日産スタジアム内の記者会見室。ひな壇に座っていた横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が、メディアから投げかけられた「リスク」という言葉に対して敏感に反応。珍しく感情を露にした。

     浦和レッズに1‐2で競り負けた16日の明治安田生命J1リーグ第26節。オーストラリア代表を率いてハリルジャパンとも対戦したこともある、53歳の指揮官を刺激したのは「野心的なサッカーでチャンスも作っているが、失点のリスクもある――」という質問だった。

    「私たちのサッカーには、まったくリスクはないと思っている。今日も17回のチャンスを作り出し、相手は5回だった。これが20回もチャンスを作られれば、リスクがあると言わざるを得ないが」

     自信満々の言葉とは対照的に、8勝5分け13敗と大きく負け越したマリノスが置かれた状況は、J1残留へ向けて予断を許さなくなりつつある。勝ち点29でサガン鳥栖、柏レイソルと並び、得失点差でかろうじて上回って14位につけているものの、自動降格圏となる17位のガンバ大阪には勝ち点でわずか2ポイント差に追い上げられている。

     Jリーグが産声をあげた1993シーズンから参戦し、鹿島アントラーズとともに一度もJ2への降格経験のないトリコロール軍団を苦しめているのは攻守のアンバランスさだ。総得点でJ1最多の「43」を叩き出している一方で、総失点も同ワースト2位に並ぶ「45」を数えている。

     昨シーズンの第26節終了時の総失点が「21」だったから、マリノスの伝統として謳われてきた堅守がいかに崩壊しているかがわかる。実際、ワールドカップ・ロシア大会による中断から明けた初戦でベガルタ仙台に8‐2で大勝したかと思えば、直後にFC東京に2‐5、サンフレッチェ広島には1‐4と続けて惨敗するなど、大味で不安定な戦いをここまで続けてきた。

     昨シーズンまでとの違いは、就任1年目のポステコグルー監督が導入した斬新な戦術となる。最終ラインをハーフウェイライン付近にまで上げて相手を押し込み、守護神・飯倉大樹(32)もペナルティーエリアを大きく飛び出て広大なスペースをケア。足元の高い技術を生かしながら、11人目のフィールドプレーヤーとしてビルドアップにも積極的に参加する。

    つづく

    9/17(月) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000001-wordleafs-socc


    【【Jリーグ】<横浜F・マリノス>降格危機のなぜ?】の続きを読む



    (出典 biz-journal.jp)



    1 Egg ★ :2018/09/14(金) 15:03:58.97 ID:CAP_USER9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    5月、楽天の三木谷社長と移籍発表会見に臨むイニエスタ選手(撮影:鈴木紳平)

    サッカー界の世界的スター、アンドレス・イニエスタ選手がJリーグデビューを飾ってからはや2カ月。ヴィッセル神戸のミッドフィルダーとして攻撃の起点となるだけでなく、鮮やかなシュートを決めるなどサポーターの期待を裏切らない活躍を続けている。

    ■ホームゲームの入場者数は加入後4割増

    イニエスタ選手加入の効果は、数字上でも明らかだ。2017年度、ヴィッセル神戸のホームゲーム全17試合の1試合平均入場者数は1万8272人だったが、2018年は12試合を終えて同2万0416人まで増加。イニエスタ選手が合流したのは7月22日の第17節・湘南ベルマーレ戦からだが、その後の1試合平均入場者数は2万4959人に上っている。

    ■クラブ経営への影響は? 

     Jリーグクラブ1のインスタグラムフォロワー数(8.3万人、9月13日現在)を獲得するなど、一躍人気クラブとなったヴィッセル神戸だが、クラブ経営にはどのような影響があるのだろうか。

     7月31日に発表された2017年度決算では、4年ぶりに最終赤字に転落。2017年に加入したもう一人のエース、ルーカス・ポドルスキ選手獲得などにより人件費(選手・スタッフへの給料)が11億円増加し、Jクラブ最高の31億円まで膨れ上がった。ただ、親会社・楽天などからの広告料収入も11億円増加しており、最終赤字幅は1億5000万円にとどまっている。

    つづく


    【【Jリーグ】<イニエスタ効果>集客増だけでも劇的だ】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/09/10(月) 22:33:34.18 ID:CAP_USER9.net

    ルヴァン杯敗退が決まり、観客に頭を下げるガンバ大阪イレブン 
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    昨シーズン終盤のことである。

    「チームは9月に入ってから勝てていない(この時点で7試合連続勝ちなし)。『タイトルがなくなったから集中できない』という言い訳はあってはならないこと。そういうときこそ、チームとしての真価が問われる」
     
     当時、ガンバ大阪を率いていた長谷川健太(現FC東京監督)は、怒りと情けなさ、憂慮が入り混ざった表情で胸中を明かしていた。

     リーグ戦は下位に低迷、天皇杯、ルヴァン杯も敗退して無冠が決まっていたからか、選手たちには厭戦気分がありありと見て取れ、覇気が感じられなかった。その日はJ2降格まっしぐらだったアルビレックス新潟を相手に、本拠地でなす術なく敗れていた。

     2013年から5シーズン続いた長谷川ガンバは、1年目にJ2で優勝し、2年目はJ1優勝、ルヴァン杯優勝、天皇杯優勝の三冠を達成。3年目もJ1で2位、ルヴァン杯準優勝、天皇杯連覇、ACLベスト4と、王者の証を示している。ところが5年目、常勝チームの面影は消えていた。王者の驕りか、世代交代の失敗か。結局、昨シーズンのガンバは13試合連続で勝てず、10位に低迷した。

    「我々はどんな試合でも、歯を食いしばって戦える姿勢を見せなければならない。甘さが出ている。だから今日のように、わかっていても対応できなくなる。日頃の練習に全力で励み、ピッチに立つ姿をサポーターに見せないと……」

     長谷川監督の言葉は暗示だったのか。

     9月9日、日産スタジアム。宮本恒靖監督が率いるガンバ大阪は、ルヴァン杯準々決勝第2戦で横浜F・マリノスに挑んでいる。第1戦は本拠地で0-4と大敗しており、勝ち上がる可能性は低かった。しかし、そこで誇り高い戦いを見せられるか――。それはリーグ戦で17位に沈むなか、残留の試金石になるはずだった。

     立ち上がりから、ガンバは後手に回っている。3-4-2-1のような布陣だが、最終ラインがズルズルと下がり、綻びが埋まらず、とくにサイドのギャップを使われてしまう。前半12分の失点も、左サイドで遠藤渓太の独走を許し、ニアに走り込んだ伊藤翔に簡単に合わせられ、ボールがポストに跳ね返ったところを仲川輝人に詰められた。すなわち、3人が3人、ゴール近くでほとんどフリーになっていたのだ。

     ディフェンスが正しく機能していない証左だった。

     前半20分には、高いラインの裏を易々と突かれている。スピードのある仲川に走り込まれ、GKが飛び出したところで足を引っかけてしまい、やらずもがなのPKを与えた。DFとGKの呼吸が悪く、なによりパスの出し手の出どころを抑えられていない。

     各ラインの距離感も悪かった。DFラインに引っ張られ、MFラインが吸収されてしまう。FWラインだけが前線に残って、戦線が伸びきったところを分断され、中盤を席巻されている。ポジション的に不利に立っていた。

     前線に人が残っているだけに、いったん押し込むことができれば、優位に戦えるのだろう。アデミウソンのように、個人で打開できる選手も擁する。そこでセットプレーを得ることで、得点も望める。優れたキッカーもヘディングの強い選手も多いだけに、川崎フロンターレ戦(9月1日、2-0で勝利)などは、まさにそこが勝負のカギとなった。

    つづく

    9/10(月) 16:20配信スポルティーバ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180910-00010004-sportiva-socc


    【【Jリーグ】<ガンバ大阪>「常勝」の面影はなし!宮本ガンバに 足りないのは「戦力」ではない】の続きを読む



    (出典 farm5.staticflickr.com)



    1 Egg ★ :2018/09/08(土) 14:49:13.49 ID:CAP_USER9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    Jリーグが来季から計画する外国籍枠拡大の詳細が7日、分かった。チームに登録できる外国籍選手を現行の「5」から「無制限」、試合出場&ベンチ入りを「3+1(アジア枠)」から「5」にするプランをJ各クラブに提示。承認されれば、今季J1神戸に加入したMFアンドレス・イニエスタ(34)やJ1鳥栖に加入したフェルナンドトーレス(34)クラスの大物選手を1クラブが同時に5人起用できるリーグへと変貌を遂げることになる。

     Jリーグが“ミニ銀河系軍団プラン”をJ54クラブに提唱した。複数の関係者によると、6日に行ったJリーグの強化担当者会議で、来季から導入しようとしている外国籍枠拡大プランが伝えられた。現行はチームの保有が5人でベンチ入りと出場が3人。加えてAFC(アジア・サッカー連盟)加盟国1人の計4人(Jリーグ提携国は外国籍枠にカウントしない)だが、来季から保有は無制限、ベンチ入りと出場は5人(提携国の扱いは変更なし)という提案がなされた。

     今季は神戸に元スペイン代表MFイニエスタ、鳥栖に同FWフェルナンドトーレスが加入。名古屋にも元ブラジル代表FWジョーが加入したが、新プランでは欧州や南米のビッグネームが最大5人同時にプレーできる。元フランス代表MFジダンやポルトガル代表MFフィーゴらが集ったRマドリード(スペイン)のような“銀河系軍団”のJリーグ版が実現できる。

     関係者によればJリーグは「リーグの魅力を高める」「外国人選手とともに日本人がプレーすることでプレーの質が高まる」「競争することでの成長に期待」というメリットがあると主張。一方でJクラブの関係者からは「資金力などによるクラブ間の格差が広がる」「外国籍選手の門戸を広げることで、日本人選手のプレーの機会が減る危険性がある」などのデメリットがあり、現時点での導入は「時期尚早だ」という声が上がっている。ロシアリーグなどでは外国籍枠を拡大したことで一時、自国の代表が弱体化した例もある。

     Jリーグは今月中にクラブの代表者が集う会議で議論し、10月中にも来季の導入を決めたい方向。日本サッカー界の未来を決める重要な決断となるため日本サッカー協会の承認も必要で、慎重な判断が迫られる。

     ◆Jリーグ提携国 Jリーグがアジア戦略を推進する目的で提携した国。タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタールの8か国。上記国籍を有する選手は外国籍枠に入らない。

     ◆海外の外国籍枠

     ▼イングランド、スコットランド 登録、出場は無制限(ビザ所有選手のみ)。自リーグなどでのプレー期間をクリアした選手を8人以上登録義務

     ▼スペイン EU加盟国国籍選手の保有は無制限。EU圏外選手(トルコなど一部を除く)の登録は3人まで。出場は無制限

     ▼イタリア 基本的に保有は無制限、EU圏外選手の出場は3人まで

     ▼ドイツ ドイツ国籍選手12人、自クラブで育成した選手4人の保有義務

     ▼ポルトガル EU加盟国とブラジル人選手の保有は制限なし。それ以外の国籍の選手登録は6人、1試合の登録は4人まで

     ▼中国 保有は外国籍枠4、AFC加盟国枠1。同時出場は外国籍枠3とAFC枠1。GKは自国選手以外は不可

    9/8(土) 6:12配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00000278-sph-socc

    1 Egg ★ 2018/09/08(土) 06:28:22.31
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536355702/


    【【Jリーグ】選手登録無限!5人同時起用外国人枠拡大へ…来季導入プラン各クラブに提示】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)



    1 3倍理論 ★ :2018/09/05(水) 22:19:20.03 ID:CAP_USER9.net

    今夏、サガン鳥栖へと移籍した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス。

    Jでの初ゴールも生まれいよいよ本領を発揮してくれそうだ。その彼の足元にある変化が起きていた。

    その足元を見てみると、Mizunoのスパイクを履いていたのだ!

    https://qoly.jp/control/files/1c585e74-0b93-d8e3-9648-4b6f0dbc051d.view
    これは、「Morelia Neo II」というモデル。近年はadidasのスパイクを着用してきたトーレスだが、来日をきっかけにも足元も日本仕様になるのだろうか。

    トーレスがMizunoのスパイクを履いたというニュースは、海外のギア系有名サイトでもしっかり伝えられていたぞ。

    『Soccerbible』

    「フェルナンド・トーレスのadidas選手としての日々は終わりそうだ。

    彼はこの数週間でスリーストライプから徐々に“着替えている”のだ。

    元リヴァプールのストライカーはPredator 18を履いていたが、最近になって古いモデルであるX 15.1に回帰していた。

    先週末、彼はロゴを消した『Mizuno Morelia Neo』を着用して完全にadidasから離れた」

    選手がスパイクを試し履きする際に、真っ黒なブラックアウトのものを着用することがある。

    トーレスもそれと同じようにロゴを含めて同色にしていることから、まだ“お試し”段階だろうという見方がされているようだ。

    https://qoly.jp/2018/09/05/fernando-torres-mizuno-boots-iks-1


    【【Jリーグ】F・トーレス、日本のスパイク履く!海外でも取り上げられる】の続きを読む

    このページのトップヘ