Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1

    no title


    サンフレッチェ広島は22日、明治安田生命J1リーグ第17節の鹿島アントラーズ戦の日程が変更となったことを発表した。

    広州恒大や大邱FC、そして本田圭佑所属のメルボルン・ビクトリーと同組のグループFを戦った広島は、初戦の広州恒大を落としたものの、そこから破竹の5連勝を収め、第5節でホームで広州恒大を破って決勝トーナメント進出を決めた。

    一方の鹿島は、山東魯能、慶南FC、ジョホール・ダルル・タクジムと同居のグループEに。第3節まで2勝1分けと好調だったものの、その後の2試合で連敗。2位で迎えた最終節で山東魯能に2-1の逆転勝利を収め、2位通過を決めた。

    この結果、グループF首位の広島と、グループE2位の鹿島がラウンド16で激突することに。これに伴い、J1第17節の県立カシマサッカースタジアムで行われる鹿島vs広島の日程が変わり、6月30日(日)の18:30キックオフに変更となった。

    なお、ラウンド16のファーストレグ、サンフレッチェ広島vs鹿島は6月25日(火)に予定されている。

    ◆日程変更
    第17節 鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島
    6月29日(土)18:30→6月30日(日)18:30
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ACL】ラウンド16で鹿島と広島が激突! それに伴いJ1日程が変更】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2019/05/21(火) 00:00:50.64 ID:gV0Vj6ut9.net

    クラブワースト記録のリーグ戦7連敗中と低迷するJ1神戸は20日、次節湘南戦(26日、ノエスタ)に向けて神戸市内で練習を再開し、
    18日の横浜M戦でフル出場したDF西大伍(31)らは別メニュー調整で汗を流した。

    練習後に取材対応した西は「悪い時って楽しくないですか」と笑みを浮かべ、「みんなが良くなるために努力するから、僕はけっこう好きです」と、その真意を語った。
    底の見えない連敗が続くが、鹿島時代に数々のタイトル獲得に貢献してきた31歳は「*でませんから」と力強く前を向いた。

    5/20(月) 19:15配信 ディリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000142-dal-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【Jリーグ】<7連敗中>神戸DF西大伍「悪い時って楽しくないですか」 その真意は】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    バルサ時代、数多くのタイトル数よりも貴重な財産についてイニエスタが言及

     J1ヴィッセル神戸は現在リーグ戦ワーストの7連敗を喫している一方、今夏にはバルセロナとの親善試合に臨むことが決定するなど世界的な注目を集めている。そのなかで人気の中心にいる元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタアルゼンチン紙「クラリン」のインタビューを受けており、バルサの面々と今も交友を温めていることを明かしている。

     昨夏、リーガ・エスパニョーラスペイン国王杯の二冠を手土産に、バルセロナを退団したイニエスタ。22年間にも及ぶバルセロナ生活で得たものについて聞かれると、計34回にも及ぶタイトル数よりも貴重な財産について語っている。

    バルセロナ12歳から34歳まで、僕はチームとともにタイトルを獲得できて幸せだった。(バルサに)何かを残すことができたとは思わない。とても多くのことを学んだし、楽しむことができて嬉しかったんだ。タイトル以上に、それが貴重だった。自分のクラブバルサ)ですべてのものを出しきったと感じたので、辞めることにしたんだ」

     電撃的なJリーグ加入が決まってから早1年。スペインから遠く離れた日本の地ではなかなか旧友に会う機会が限られるが、その環境でも逐一かつてのチームメートとは連絡を取り合っているようだ

    「僕たちは時々話をしているよ。特にその間になんらかの怪我があったり、重要な試合があったりする時にね。ほとんど全ての人とメッセージを交換しているよ。毎日の連絡することはないけれど、まだ彼らの近くに住んでいる気分なんだ」

     イニエスタは「僕はフットボールとつながっているため、できる限りのことをしていきたい」ともインタビューで語っている。バルサで育み、今も続く縁は、イニエスタの将来に向けた大きな糧となるのは間違いない。(Football ZONE web編集部)

    神戸MFイニエスタ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカー】神戸イニエスタ、バルサ時代同僚と長距離交流 「特に…」“連絡回数”が増える時とは?】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/19(日) 12:01:41.62 ID:6MSo2rRC9.net

    <ブンデスリーガ‥デュッセルドルフ2-1ハノーバー>◇18日◇メルクールシュピールアリーナ(ドイツ・デュッセルドルフ)

    デュッセルドルフFW宇佐美貴史(27)が移籍を明言した。
    日本代表FW原口元気(28)が所属のハノーバーに勝利。宇佐美はベンチスタートも出場はなかった。

    試合後に今季を振り返り「前半戦は試合にも絡みながらですけど、その中でなかなか数字を残せなかったというのは、後半戦に引きずる…後半戦なかなかうまくいかなかった要因にもなったかな、と思いました」。
    今後については「ここ(デュッセルドルフ)でないことは確かですね」と明言し「ただ(来季の所属クラブが)どうなるかとか、僕の希望とかは、ここでは話せないことですし、まだ僕自身分からない状況なので、何も言えないですね」。
    本人サイドは古巣のガンバ大阪復帰を希望している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-05190135-nksports-socc
    5/19(日) 7:32配信


    【【移籍報道】デュッセルドルフ宇佐美が移籍明言 G大阪復帰希望】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/19(日) 15:45:27.64 ID:hB0w81Nw9.net

    「(ヴィッセル)神戸はどうしたんだ? 選手は適性のあるポジションでプレーしているのか? 
    コレクティブな力をまったく感じず、それぞれがプレーに迷っている。まるで素人の思いつきのような布陣だ!」

    イニエスタではなくポドルスキ。神戸には泥沼脱出の旗手が必要だ

    知り合いのスペイン人記者が、試合中にSNS通信アプリでメッセージを送ってきた。
    彼は前監督のフアン・マヌエル・リージョと親しい。チームの変わりように、呆気にとられたようだった。

    この日、神戸は公式戦8連敗目を喫した。「アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキの不在が響いた」というレベルではない。
    それぞれの選手は奮闘していたものの、糸の切れた凧のように無軌道で、チームとしてなす術(すべ)がなかった。神戸の選手たちは、失意の中でもがいている。

    5月18日、日産スタジアム。13位と低迷する神戸は、7位の横浜F・マリノスの本拠地に乗り込んでいる。

    立ち上がりは、互角以上の戦いを演じていた。ボールが落ち着かず、攻め切れない横浜FMを尻目に、高いラインを保ちながら、むしろ優勢ですらあった。
    右サイドを崩し、西大伍のクロスをダビド・ビジャがボレーで狙う。あるいは、敵陣内でのボールを巡る争いに勝利し、三田啓貴のパスから西がGKと1対1となってシュートを放った。

    「前半は相手のプレスもあって、いいパスコースを見つけながら前に行こうとしたが、後ろで持ちすぎていた面もあったかもしれない」(横浜FM/アンジェ・ポステコグルー監督)。

    しかし、前半20分を過ぎると、神戸は徐々にサイドで起点を作られ始める。自然とバックラインが下がってしまい、攻守に乱れが生じる。
    選手たちは気合いだけで不具合を調整し、前へ押し出していたが、崩れるのは時間の問題だった。

    31分だ。左CBの宮大樹が左サイドに開いて、左足でサイドチェンジを試みる。
    それはプレッシャーを回避し、一気にポジション的優位を作るプレーのひとつだが、「攻撃と同時に守備のポジションを取る」という戦術的リスクヘッジはなかった。
    相手にカットされると、わずか2、3秒でゴール前まで持ち込まれ、フリーのマルコス・ジュニオールに先制点を叩き込まれている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190519-00860270-sportiva-socc
    5/19(日) 14:57配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/standings/
    順位表


    【【Jリーグ】「イニエスタ不在」というレベルではない。 漏れてきた神戸の危機的状況 3勝8敗1分 勝ち点10 15位】の続きを読む

    このページのトップヘ