Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1

    • カテゴリ:

    C大阪、清武が13試合ぶりの先発で決勝点! 杉本も美技から豪快な一発 



    決勝点をマークした清武弘嗣 [写真]=JL/Getty Images for DAZN
    サッカーキング

     2017明治安田生命J1リーグ第29節が15日に行われ、サガン鳥栖とセレッソ大阪が対戦した。

     鳥栖は前節からスタメンを1名変更。小林祐三に代えて藤田優人が右サイドバックのポジションで先発した。C大阪は清武弘嗣が13試合ぶりにスタメンに名を連ねている。

     21分、吉田豊がエリア内で倒されて鳥栖がPKを獲得する。ビクトル・イバルボのPKは一度やり直しと判定されるも、2度目のPKもきっちり決めて先制する。対するC大阪は25分、日本代表FW杉本健勇が相手DFの股抜きから左足を振り抜き同点に。前半は1-1で折り返す。

     後半に入り58分、水沼宏太のクロスを清武弘嗣が頭で合わせ、C大阪が逆転に成功する。

     試合は1-2で終了。セレッソ大阪は連敗を3でストップし、4試合ぶりの勝利を挙げた。

     次節、鳥栖はアウェイでヴィッセル神戸と、C大阪はホームでヴァンフォーレ甲府と対戦する。

    【スコア】
    サガン鳥栖 1-2 セレッソ大阪

    【得点者】
    1-0 23分 ビクトル・イバルボ(鳥栖)
    1-1 25分 杉本健勇(C大阪)
    1-2 58分 清武弘嗣(C大阪)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【C大阪、清武が13試合ぶりの先発で決勝点! 杉本も美技から豪快な一発】の続きを読む

    • カテゴリ:

    川崎の中村憲剛、史上17人目のJ1通算400試合出場…劇的勝利で飾る !!



    J1通算400試合出場を果たした中村憲剛 [写真]=Getty Images for DAZN
    サッカーキング

     14日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節で、川崎フロンターレのMF中村憲剛がJ1通算400試合出場を達成した。

     中村はベガルタ仙台とのホームゲームでフル出場。0-2とビハインドを負う、苦しい展開から82分、84分、87分と立て続けに得点を決めて3-2と劇的な逆転勝利を収めた。

     首位・鹿島アントラーズを勝ち点差「5」で追う中、貴重な3ポイントを獲得した川崎。史上17人目の400試合出場を果たした中村の記録を勝利で飾り、今後の戦いに弾みをつけた。

     川崎は次節、21日にサンフレッチェ広島とのアウェイゲームに臨む。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【川崎の中村憲剛、史上17人目のJ1通算400試合出場…劇的勝利で飾る !!】の続きを読む

    • カテゴリ:

    鹿島、ホームで広島下し優勝へ近く…土居、鈴木弾で手堅く完封勝利 



    鹿島が優勝に一歩近づく [写真]=JL/Getty Images for DAZN
    サッカーキング

     明治安田生命J1リーグ第29節が行われ、鹿島アントラーズがサンフレッチェ広島と対戦した。

     首位を走る鹿島が先にチャンスを掴む。30分、敵陣中央で三竿健斗からパスを受けた土居聖真が、ペナルティエリア内に侵入。相手DFを一人かわして、左足でゴール右上に蹴り込んだ。

     先制した鹿島にピンチが訪れる。42分、ペナルティエリア内で浮き玉のパスを受けたパトリックに、ゴール前へボールを落とされる。アンデルソン・ロペスに強烈なシュートを放たれるも、曽ヶ端準がビックセーブでチームを助ける。少ないチャンスをものにした鹿島がリードを保ち前半を折り返す。

     攻め立てる鹿島は65分、敵陣前線で縦パスを受けたペドロ・ジュニオールがワンタッチで土居に落とす。ペナルティエリア内に入ると、横にスライドしてきたレアンドロヘパス。滑り込みながらダイレクトシュートを放つも相手の守備にあい、追加点を奪うには至らなかった。

     84分、西大伍が敵陣右サイドでボールを持ち、フリーになった伊東幸敏に縦パスを送る。素早くクロスが上げられると、ニアサイドで土居が潰れ、途中出場した鈴木優磨がフリーで押し込み追加点を決めた。

     鹿島が下位に低迷する広島相手に完封勝利を収め、J1首位の座をがっちり掴んでいる。

    【スコア】
    鹿島アントラーズ 2-0 サンフレッチェ広島

    【得点者】
    1-0 30分 土居聖真(鹿島)
    2-0 84分 鈴木優磨(鹿島)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【鹿島、ホームで広島下し優勝へ近く…土居、鈴木弾で手堅く完封勝利】の続きを読む

    • カテゴリ:

    気迫のプレーを見せた新潟がリーグ戦17試合ぶりの勝利!小川の先制点を守り抜く 



    新潟がリーグ戦17試合ぶりの勝利を記録した [写真]=JL/Getty Images for DAZN
    サッカーキング

     2017明治安田生命J1リーグ第29節が14日に行われ、ガンバ大阪とアルビレックス新潟が対戦した。

     前半は新潟がカウンターから決定機を掴むが、G大阪のGK東口順昭が再三の好セーブを見せてゴールラインを割らせず。両チーム無得点のまま折り返した。

     後半に入ってからはお互いにチャンスを掴みながら得点は動かないまま時間が経過していったが、67分に試合が動く。右サイドからホニが上げたクロスがG大阪のDFに当たり、転がったボールがゴール正面に走り込んだ小川佳純の足元へ。小川がこのチャンスを冷静に活かして左足でゴールネットを揺らし、アウェイの新潟が1点を先行する。

     先制を許したG大阪もファン・ウィジョを中心に同点ゴールを狙うが、GK大谷幸輝を中心に気迫の守備を見せた新潟が身体を張って相手の攻勢を凌ぎ、機を見てカウンターを狙いながら試合を進めていった。

     試合は先制点を守りきった新潟がそのまま勝利。引き分け以下に終わると今節での降格決定の可能性もあった一戦で貴重な勝ち点3を積み上げ、5月20日のコンサドーレ札幌戦以来17試合ぶりとなる白星を掴み取った。

     次節、G大阪は22日に浦和レッズと、新潟は21日にジュビロ磐田とそれぞれアウェイで対戦する。

    【スコア】
    ガンバ大阪 0-1 アルビレックス新潟

    【得点者】
    0-1 67分 小川佳純(アルビレックス新潟)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【気迫のプレーを見せた新潟がリーグ戦17試合ぶりの勝利!小川の先制点を守り抜く】の続きを読む

    • カテゴリ:

    ACL出場圏内を目指す横浜FM、ホームで手痛いドロー…大宮は7戦白星なし 



    横浜F・マリノスと大宮アルディージャが対戦した [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     2017明治安田生命J1リーグ第29節が14日に行われ、横浜F・マリノスと大宮アルディージャが対戦した。

     試合開始から16分、横浜FMをアクシデントが襲う。直前のプレーでひざを痛めていたウーゴ・ヴィエイラが負傷交代を強いられ、代わって富樫敬真が投入された。

     すると直後の18分に大宮が先手を取る。左サイドからマルセロ・トスカーナが上げたクロスに横谷繁がダイビングヘッドで合わせてネットを揺らした。

     1点ビハインドで後半を迎えた横浜FMは57分、ペナルティエリア手前左でボールを持った中町公祐が右足を振り抜く。低い弾道のシュートがゴール右下に突き刺さり、同点に追いついた。

     その後は互いに勝ち越しを目指したが、スコアは動かず1-1でタイムアップ。AFCチャンピオンズリーグ出場(3位以内)を目指す4位横浜FMにとっても、残留を目指す17位大宮にとっても、手痛いドローとなった。

     次節、横浜FMは21日に鹿島アントラーズと、大宮は同日に柏レイソルと、それぞれホームで対戦する。

    【スコア】
    横浜F・マリノス 1-1 大宮アルディージャ

    【得点者】
    0-1 18分 横谷繁(大宮)
    1-1 57分 中町公祐(横浜FM)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ACL出場圏内を目指す横浜FM、ホームで手痛いドロー…大宮は7戦白星なし】の続きを読む

    このページのトップヘ