Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



     天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・ラウンド16が22日に行われ、サガン鳥栖とヴィッセル神戸が対戦した。

     今夏Jリーグ参戦で話題を呼んでいるフェルナンド・トーレス(鳥栖)、アンドレス・イニエスタ(神戸)はともにベンチスタートとなった。

     37分、福田晃斗のキープから左サイドをオーバーラップしてきた三丸拡が低いクロス。これが渡部博文に当たってゴールに吸い込まれ、鳥栖が先制に成功した。後半に入り50分、高橋義希のフィードに反応した安在和樹がゴールに流し込み、鳥栖が追加点を奪う。

     追いかける神戸は56分、ウェリントンに代えてイニエスタを投入。鳥栖は64分にトーレスがピッチへ。ついに元スペイン代表の両者が日本で同じピッチに立つ。すると84分、福田がタッチライン際で粘り、走り込んだトーレスへ。トーレスが落ち着いて決めて、鳥栖が決定的な3点目を奪う。トーレスは待望の鳥栖移籍後初ゴールとなった。

     試合は3-0で終了。鳥栖は3大会ぶりのベスト8進出となった。

    【スコア】
    サガン鳥栖 3-0 ヴィッセル神戸

    【得点者】
    1-0 37分 OG(渡部博文/鳥栖)
    2-0 50分 安在和樹(鳥栖)
    3-0 84分 フェルナンド・トーレス(鳥栖)

    【スターティングメンバー】
    サガン鳥栖(4-4-2)
    権田修一:藤田優人、高橋祐治、ジョアン・オマリ、三丸拡:高橋秀人、高橋義希、安在和樹(88分 小林祐三)、福田晃斗:豊田陽平(64分 小野裕二)、田川亨介(64分 フェルナンド・トーレス)

    ヴィッセル神戸(4-3-3)
    キム・スンギュ:高橋峻希、大﨑玲央、渡部博文、ティーラトン:三田啓貴、藤田直之(81分 アフメド・ヤセル)、郷家友太:大槻周平、ウェリントン(56分 アンドレス・イニエスタ)、ルーカス・ポドルスキ(73分 田中順也)

    鳥栖移籍後初ゴールを決めたトーレス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】トーレスが待望の移籍後初ゴール! 鳥栖、神戸を下し3大会ぶりのベスト8】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/08/22(水) 20:57:31.09 ID:CAP_USER9.net

    <天皇杯:鳥栖-神戸>◇4回戦◇22日◇ベアスタ

     サガン鳥栖のFWフェルナンドトーレスが来日初ゴールを決めた。

     ヴィッセル神戸との天皇杯4回戦、2-0の後半39分にエリア内左でボールを得たMF福田晃斗が、中央にグラウンダーのパスを送ると、フェルナンドトーレスが右足で合わせゴール右隅に流し込んだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00307331-nksports-socc


    【【Jリーグ】鳥栖フェルナンドトーレスが来日初ゴール】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 動物園φ ★ :2018/08/22(水) 11:33:45.39 ID:CAP_USER9.net

    8/22(水) 10:40配信
    Football ZONE web

     ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが公式インスタグラムを更新した。背番号8を譲ってくれたMF三田啓貴、副キャプテンのDF渡部博文との就寝間際の3ショットを公開。「Oyasumi(おやすみ)」と日本語を操り、異国の地での生活に馴染んでいる充実ぶりを示している。

    【写真】日本語も操る馴染みっぷり! 神戸MFイニエスタ、MF三田啓貴&DF渡部博文との“Oyasumi前”の3ショット

    (出典 www.football-zone.net)


     第17節の湘南ベルマーレ戦(0-3)で後半途中から出場し、Jリーグデビューを飾ったイニエスタは、続く第18節の柏レイソル戦(1-0)で移籍後初先発。家庭の事情により第19節と第20節は欠場したものの、第21節ジュビロ磐田戦(2-1)で復帰するとJリーグ初ゴールをマークし、第22節サンフレッチェ広島戦(1-1)で2戦連続弾を叩き込んだ。

     第23節の湘南ベルマーレ戦(2-0)でも、正確なフィードで三田のゴールの起点となるなど5試合2得点のハイパフォーマンスを見せるなか、チームは22日に敵地で行われる天皇杯ラウンド16のサガン鳥栖戦に向けて移動。かつてスペイン代表でチームメイトだった元同代表FWフェルナンド・トーレスとの初対決実現も期待される。

     そんななか、21日夜に公式インスタグラムのストーリー(24時間で削除される写真・動画)を更新。宿舎の一室と思われる部屋で、背番号8を譲ってくれた三田、副キャプテンの渡部と肩を寄せ合う3ショットに「Oyasumi(おやすみ)」と日本語のフレーズを添えた。

     卓越したプレーもさることながら、新たなチームメイトと積極的に触れ合うフランクさ、日本の環境に馴染もうとする姿勢と見せるイニエスタ。期待の司令塔のピッチ外での一流ぶりに、虜になる日本のファンは日に日に増えている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180822-00130022-soccermzw-socc


    【【Jリーグ】イニエスタ、就寝前の一枚を公開 チームメイトと肩を寄せ合い「Oyasumi」】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 Egg ★ :2018/08/22(水) 08:40:44.51 ID:CAP_USER9.net

    イニエスタ効果が止まらない。サッカーの元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手(34)がJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸に加入してから、入場チケットやグッズ販売の勢いが加速している。8月のホーム3連戦のチケットは全て完売し、9月分の売れ行きも絶好調。グッズ販売でも加入発表からわずか3カ月で、昨季のチーム全体の売り上げの半分を1人で占めている。

     イニエスタ選手は5月24日に東京都内で契約書にサイン。ワールドカップ(W杯)ロシア大会に参戦した後の7月20日、J1神戸に合流した。

     デビュー戦となった7月22日の湘南ベルマーレ戦ではホーム歴代3位となる2万6146人を動員。イニエスタ選手が出場したホーム4試合はここまで1試合平均2万4810人が観戦し、合流前の平均1万7170人から7500人以上も増やしている。

     卓越した技術で人を呼べるスター選手はアウェー戦でも力を発揮し、関東初見参となった19日の湘南戦には満員となる1万5351人が入場。2000年のベルマーレ平塚からの改称後、最多となる観衆が集まったという。

     グッズ販売では、イニエスタ選手の名前や背番号8をあしらったユニホームの生産が追いつかず、すぐに発送できない状態が続いている。マフラータオルなど関連グッズも人気を集めている。

     イニエスタ選手の動向への関心も高く、日々チームの活動を発信するインスタグラムなど、J1神戸の会員制交流サイト(SNS)のフォロワー数が急増。加入発表後から計10万以上アップし、現在も増え続けているという。

     とどまることを知らないイニエスタ旋風。プレーにおいても、3試合連続ゴールこそ逃したが、19日の湘南戦の勝利に貢献。目標のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内の3位FC東京まで勝ち点4差に迫り、その存在感を日に日に高めている。(有島弘記)

    8/22(水) 8:30 神戸新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00000004-kobenext-socc


    【【Jリーグ】<加速さらにイニエスタ効果>好調グッズ販売、1人で早くも昨季チーム全体の半分に】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/08/21(火) 23:51:44.64 ID:CAP_USER9.net

    長谷部誠(フランクフルトMF)や長友佑都(ガラタサライDF)ら「30代おっさん世代」の活躍で16強入りしたロシアW杯から1カ月。本来ならば、彼らとともに日本代表としての集大成を迎えるはずだった日本人選手屈指の右SB内田篤人(鹿島)が再起に全力を注いでいる。今季8年ぶりに常勝軍団に復帰したが、右ひざ負傷に苦しんでJ9試合出場にとどまっている。それでも彼は「(15年6月に)手術してから1~2カ月(チームを)抜けずにチーム練習をやれることがなかった。今が一番手応えがある」と前向きに語り、28日のACL・天津権健(中国1部)戦に照準を合わせている。鹿島の練習場で内田の胸中を直撃した。

     ◇  ◇  ◇

     内田の古巣復帰で2年ぶりのJ1王者奪還に近づくとみられた鹿島だったが、今季は開幕から苦境にあえいだ。11位でW杯中断期間を迎えるとは想定外だっただろう。

     7月18日のJ1再開前には、ロシアW杯組のDF植田直通がベルギー1部のサークル・ブルージュに移籍。7月末にはエースFW金崎夢生も鳥栖へ赴き、守備の要であるロシアW杯主力メンバーDF昌子源も負傷離脱。内田自身も先発から遠ざかり、このところ若手中心の陣容で戦わざるを得なくなっている。

    「前半戦はロシアW杯を本気で狙い、剛(大岩監督)さんも後押ししてくれて先発で思い切って使ってくれた。けど90分持たずに代わる場面が多かった。今は練習も長くできてるし、スプリントもできるようになってきている。ドイツでやってきたし、プレーの質には自信がある。コンディションの問題だけ」と完全復活間近だと考えている。

     その状態にあと半年早く持っていけたら……。

     そんな悔恨の念も少なからずあるはずだ。内田が3年前に右ひざ手術に踏み切ったのも、30歳で迎えるロシアW杯での完全燃焼を期したから。日本復帰を決意したのも試合出場機会を増やし、ベストな状態に持っていきたかったからである。

    つづく

    8/21(火) 10:02日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000017-nkgendai-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【元日本代表】<DF内田篤人(鹿島アントラーズ)>W杯ベルギー戦に言及!「美化は良くない」】の続きを読む

    このページのトップヘ