Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1



    (出典 mynews23.com)



    1 Egg ★ :2018/07/10(火) 19:52:04.90 ID:CAP_USER9.net

    サッカーのワールドカップ・ロシア大会が盛り上がる中、世界的スタープレーヤーのJリーグ入りが進行している。J1・ヴィッセル神戸の三木谷浩史会長は、先日獲得したスペイン代表のイニエスタに続き、元スペイン代表のFWトーレスなど超大物選手に触手。

    一方、ケイスケ・ホンダ獲得も濃厚となり、手土産にGK川島永嗣を連れてくるとの情報もある―。

     アジアで唯一、今回のW杯で決勝トーナメント進出を果たした日本の評価は急上昇中。各国のエージェントがJリーグに、レジェンド級の外国人選手たちの売り込みを本格化させている。

     先陣を切ったのは、5月24日に発表されたスペイン代表で名門バルセロナのMF、アンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸入り。三木谷会長が年俸32億円を快諾、世界最高の司令塔を3年契約で獲得した。

     これに負けじと、今度は同じJ1のサガン鳥栖が年俸7.5億円の3年契約で元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)の獲得に乗り出した。

    トーレスはイニエスタとともに2010年の南アフリカW杯で優勝したメンバーの1人だが、最後の最後で、この話はご破算に。背後に透けて見えるのが、神戸の横恋慕の影だ。

     「トーレス側がさらなる年俸の増額を要求し、鳥栖が交渉から撤退したのです。メディアでは米MLS入りが報じられていますが、神戸入りの可能性もある。神戸にすれば、せっかく巨額を投じてイニエスタを獲得したのに、鳥栖に大物選手が入って優勝を横取りされては意味がない。それを潰して獲得すれば、イニエスタのポテンシャルはさらに上がる。三木谷氏の財力からすれば、トーレスの要求額など容易に払えますから」(スポーツ紙デスク)

     当初からトーレスの獲得に乗り出せばよかったとも思うが、Jリーグの「外国人枠」の壁がそれを阻止した。現状では登録できる外国人選手は1チーム当たり5人、試合に出場できるのは3人まで。

    しかし、神戸が超スーパースターを獲得したことで、Jリーグはこれを商機ととらえ、にわかに方針転換。「日本人選手を15人以上保有していれば、それ以外はすべての選手が外国人選手でもいい」としつつある。

     「神戸が日本、アジアを代表するクラブになれば、各国がJリーグの試合をCSやネット動画配信のDAZNで見ることになる。10年間の放映権料として約2100億円をJリーグに支払うDAZNの発言力は大きく、外国人枠の制限緩和が急ピッチで進められているのです」(大手広告代理店)

     その流れを見据えて、神戸はトーレスのほかにも、ヤヤ・トゥーレ(元コートジボワール代表=マンチェスター・シティ)、フランク・リベリー(元フランス代表=バイエルン・ミュンヘン)らの調査にも乗り出しているという。

     しかし、外国人枠問題がW杯後、すぐ解決するわけではない。そこで“代役”として期待されるのが、ケイスケ・ホンダ(本田圭佑)。今回のW杯でもグループリーグのコロンビア戦、コーナーキックで大迫勇也の“半端ない”決勝点をアシスト。セネガル戦では日本人初の3大会連続ゴールを決めて存在感を示した。
     
    「メキシコのパチューカとの契約が満了するW杯後の本田は、欧州5大リーグ(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランス)への移籍が第一希望。しかし、今大会で絶対的な運動量の少なさとスピードの欠如が指摘され、欧州5大リーグへの帰還は難しい。欧州やアジア、アフリカのクラブ経営や個人ファンドKSKを展開している本田には、それ以外の国でのプレーは魅力がない。そこで、イニエスタのいる神戸をアジア最強クラブに育てる方が魅力的と判断したのでしょう」(有力エージェント)

    つづく

    週刊実話 2018年07月10日 18時03分
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/96795026/


    【【Jリーグ】<本田圭佑、GK川島…>ヴィッセル神戸が獲得を狙う世界の大物選手】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    6か国争奪戦のなかで鳥栖を選択 「僕を信じられないほどの歓待をしてくれる」

     元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、J1サガン鳥栖への移籍を発表した。スペインメディアも「日本でイニエスタのライバルに」と報じている。

    「フェルナンド・トーレスはサガン鳥栖でプレーへ。日本でイニエスタのライバルに」と特集したのは、スペインテレビ局「クアトロ」だった。

     アトレチコ・マドリード、リバプール、チェルシー、ACミラン、そして今季限りでアトレチコを退団していた「エル・ニーニョ(神の子)」の移籍は、母国スペインでもビッグニュースとなった。

     トーレスはアメリカ、フランス、イングランド、中国、オーストラリア、そして日本からオファーが届く6カ国争奪戦となったが、鳥栖を選んだ。

    「アジアでは僕を信じられないほどの歓待をしてくれる。彼らは自分が愛される存在に相応しいと思える場所だと考えてくれたんだ」

     記事では、トーレスの移籍発表会見でのコメントも紹介。スペイン紙「エル・パイス」も「フェルナンド・トーレスが新天地を発表。日本のエル・サガン・トスだ」と速報した。
     
     Jリーグには今年5月、バルセロナで活躍した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがJ1ヴィッセル神戸への移籍が決まったばかり。「神の子」対「天才司令塔」――。アトレチコとバルセロナという両名門出身のビッグネームによる、Jリーグでのライバル関係にスペインでも大きな注目を集まっている。


    (Football ZONE web編集部)

    トーレスvsイニエスタが実現することもあり、母国スペインでもビッグニュースとなった【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【神の子vs天才司令塔 F・トーレス鳥栖行きに母国注目「日本でイニエスタのライバルに」】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    ポドルスキ、イニエスタに次ぐ“3人目”の大物がJリーグへ

     元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスがプロデビューを飾ったアトレチコ・マドリードを離れ、J1サガン鳥栖へ加入することが決まった。リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターもプレー動画集とともに惜別のツイートを投稿。「新たな冒険が始まる」と“神の子”へエールを送った。

     トーレス今季限りでアトレチコを退団することが決まっていた。報道によれば、新天地はオーストラリアや中国、アメリカなどが噂されていたが、鳥栖がこのストライカーを射止めた。

     背番号は「9」に決定。今年5月にヴィッセル神戸加入が決まっていた元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタに続く、新たな大物がJリーグの舞台にやってくる。

     リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターは「この別れは忘れられないものだ。最後のシーズンも素晴らしいものだった。永遠に感謝するよ」とトーレスのコメントを投稿。さらに「今、Jリーグのサガン鳥栖で新しい冒険が始まる」とトーレスの新たな門出を祝福し、「幸運を祈るよ、“ニーニョ(トーレスの愛称)”」とエールを送った。

     神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキとイニエスタに続く3人目のW杯優勝メンバーがJリーグに加入。新たなスーパースターの来日で日本のサッカーシーンはさらなる盛り上がりを見せそうだ。


    (Football ZONE web編集部)

    トーレスのサガン鳥栖移籍を受け、リーガ公式が“惜別のプレー動画”を公開した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍】「新たな冒険の始まり」 F・トーレスの鳥栖移籍にリーガ公式が“惜別のプレー動画”公開】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ヒールリフトやマルセイユ・ルーレットなど大技を披露する厳選動画をツイッターに投稿

     スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で開催国ロシアに敗れた後、代表引退を表明した。バルセロナを退団し、今夏からはJ1ヴィッセル神戸でプレーすることになるが、16年間プレーしたリーガ・エスパニョーラが公式ツイッターに“惜別動画”を投稿。「簡単に見せる芸術」と称えている。

     バルセロナの黄金期を支えた希代のゲームメーカーが日本にやってくる。ロシアW杯では、決勝トーナメント1回戦のロシア戦でスタメン落ちを味わい、PK戦の末に敗れるなど不完全燃焼。ベスト16敗退後にはスペイン代表からの引退を表明したが、34歳となった今もそのテクニックが世界トップレベルなのは疑いの余地がない。

     長年プレーしたリーガ・エスパニョーラは、公式ツイッターに一本の動画を投稿。背番号24をまとう10代の若かりし頃から、円熟味を増した20代後半以降までイニエスタのプレーを厳選しているが、ヒールリフトやマルセイユ・ルーレット、華麗なヒールパス、“取れそうで取れない”絶妙なドリブルなど、3分14分の映像に凄技が凝縮されている。

     イニエスタの凄さは、技術の高さはもちろん、難しいプレーをなんなくこなしてしまうこと。「シンプルにやるのが一番難しい」と言われるサッカー界で、そのスタイルはある意味で異色と言ってもいい。投稿では、「簡単に見せる芸術。アンドレス・イニエスタ・スタイル」と名前を取って表現している。コメント欄には、「一流の精度」「彼なしのバルセロナは私には意味がない」「アンドレス・イニエスタこそレジェンド」と改めて称賛の声が寄せられた。

     そんなイニエスタは中断期明けのJ1リーグでプレーする見込みで、日本サッカー界の成長にも一役買ってくれるに違いない。(Football ZONE web編集部)

    リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターがイニエスタの“惜別動画”を投稿した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“Jリーガー”イニエスタ、リーガ公式が惜別の凄技動画を公開 「簡単に見せる芸術」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2018/07/10(火) 17:21:46.98 ID:CAP_USER9.net

    元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレスが10日、サガン鳥栖に加入すると発表した。

    F・トーレスはアトレティコ・マドリーの下部組織出身。16歳でトップチームに昇格すると、抜群の決定力を武器にゴールを決め続けてサポーターの心をつかんだ。ついた愛称は“エルニーニョ”(神の子)。

    2007年に一時アトレティコに別れを告げてリヴァプールやチェルシー、ミランでプレーしたが、2015年1月に再び古巣へ復帰した。昨シーズンはリーガ・エスパニョーラでこそ優勝を逃したものの、ヨーロッパリーグ制覇を達成。有終の美を飾っていた。また、スペイン代表としては110試合に出場し、38得点をマークしている。


    “神の子”が一転してJリーグ参戦

    F・トーレスは、自身のツイッターで「こんにちは。明日の火曜日に新しい電子書籍の発表イベントに参加する。そこで、次の所属先について発表する」と投稿し、10日に移籍先を明らかにすることを宣言。

    注目を集めた去就に関して、中国リーグやメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のクラブのほか、サガン鳥栖との交渉も報じられていた。鳥栖との交渉は一時破談に終わったとみられていたが、一転してJリーグ参戦が正式に決定した。

    なお、Jリーグでは先日、ヴィッセル神戸がMFアンドレス・イニエスタの加入を発表。そのイニエスタと同じ1984年生まれのスーパースターであるF・トーレスの日本での雄姿、一挙手一投足に注目だ。

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    GOAL 7/10(火) 16:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00010002-goal-socc

    2018/07/10(火) 16:49:37.32
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1531208977/


    【【衝撃】<F・トーレス>サガン鳥栖移籍が正式決定!!!イニエスタに続く“超大物”がJリーグ入り!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ