Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    バイエルンは28日、サガン鳥栖からU-19日本代表MF福井太智(18)の獲得を正式発表した。契約は2025年6月まで。加入は2023年1月1日からで、セカンドチームプレーするようだ。

    福井は鳥栖のアカデミー出身で、昨年3月のルヴァンカップに2種登録選手としてクラブ最年少記録となる16歳7カ月で出場し、トップチームデビュー。今年3月には17歳でプロ契約を締び、今季はルヴァンカップの3試合に出場している。

    今年6月にモーリスレベロトーナメントのU-19日本代表メンバーにも入り、将来を有望視される福井を巡っては最近のドイツメディアバイエルンⅡのトライアル参加が報じられており、それが実現した格好だ。

    男子日本人プレーヤーでは元日本代表FW宇佐美貴史以来のバイエルン入りとなり、将来的にトップチームでのプレーも期待される福井は鳥栖の公式サイトを通じて、移籍を決断するまでの葛藤や決め手とともに今季いっぱいの全力を誓った。

    「FCバイエルン・ミュンヘンに移籍することになりました。Jリーグで実績のない僕がセカンドとはいえいきなりドイツ王者に移籍して結果を出せるのか、慣れない環境で一人で闘っていけるのか、Jリーグでもっと試合に出れるように力をつけてからでも良いのではないか、本当に最後の最後まで悩みました」

    「プロにさせてもらったサガン鳥栖タイトル獲得に貢献しますと宣言したばかりなのにこのような決断を下したのは、U-19日本代表で世界を体感し『このままではだめだ、世界から置いていかれる』と強く感じたことが全てでした。決してサガン鳥栖Jリーグでは成長しないということではなくサガン鳥栖しか知らない僕が子どものころからの夢であるW杯で優勝するために現状に甘んじることなくさらに成長するための決断です」

    「まだまだ未熟者の僕ですが小学生の頃から10年間ここまで育ててくれたサガン鳥栖にはとても感謝しています。新たな環境で成長し恩返しできるよう努力します。そして今よりさらに成長した姿をサガン鳥栖や日本のファンサポーターの皆様に見てもらい日本をW杯で優勝させ、いずれはサガン鳥栖で自分が中心となりタイトル獲得に貢献します」

    チームは変わってもサガン鳥栖は自分自身の心の中にあります。これから先もずっと、僕は変わらずサガン鳥栖が大好きです。強い覚悟を持って移籍します。シーズンも残りわずかですが、サガン鳥栖でのプレーを悔いのないものにしますのでこれまで以上の応援をよろしくお願いします!」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】バイエルンが鳥栖MF福井太智の獲得を正式発表! 契約は25年6月まで、来年1月加入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    10年ぶりに復帰した日本代表戦で不運な大怪我を負ってしまった横浜F・マリノス宮市亮

    DAZNのFOOTBALL TIMEに出演し、代表の先輩である内田篤人と語り合った。

    内田は宮市が日本代表にやってきた10年前を振り返り、こんな話をしている。

    内田篤人

    「A代表に来たじゃない、宮市。ザックの時?

    紅白戦っぽいのやったの覚えてる?ハーフコートゲームみたいので。

    俺、対人したんすよ。宮市が左で俺が右で。

    (シザースで)さっさって振られて、俺は尻餅をポンッてついて…。

    初めてかな、ぱって対面して、スンスンで尻餅ついたの。

    『こいつ、やべぇ!』って思って。

    (19歳で)すげぇのいるって思ったのが、最初のプレーの印象、対面してね」

    宮市が日本代表に初招集されたのは、アルベルト・ザッケローニ監督時代の2012年。内田は練習で対峙した際に簡単に重心を崩されてしまったそうで、思わず驚愕したとか。

    このエピソードを聞いた宮市は「マジすか、泣いてもいいですか(笑)こんな嬉しいことはないですよ」と喜んでいた。

    【関連】いまのサッカー界で最もスピードが速い神足選手10人!

    現在はリハビリ中の宮市は、番組では終始明るい表情を披露。4度目の靭帯損傷はつらいはずだが、来年以降の復活に期待したい。

    「こいつ、やべぇ!」 内田篤人が19歳の宮市亮に“瞬殺”された日本代表エピソード


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「こいつ、やべぇ!」 内田篤人が19歳の宮市亮に“瞬殺”された日本代表エピソード】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    10年ぶりに復帰した日本代表戦で不運な大怪我を負ってしまった横浜F・マリノス宮市亮

    DAZNのFOOTBALL TIMEに出演し、代表の先輩である内田篤人と語り合った。

    同じ1992年生まれでプラチナ世代のひとりである同世代の柴崎岳がレガネスでトップ下起用されている話題ではこんな話をしていた。

    宮市亮

    「彼のスルーパスは一級品ですから。

    6番でも8番でも10番でも真ん中のポジションで彼に前を向かせてボールを持たせたら、いいパス出てくると思うので。

    一緒にやりたいなぁって感じですね」

    宮市と柴崎は2009年U-17W杯を一緒に闘った仲。必殺のスルーパスを持つ旧友ともう一度一緒にプレーしたい思いがあるようだ。

    【関連】日本代表、2022年にピークを迎えていなければならなかった10名

    柴崎とは鹿島アントラーズの先輩にあたる内田が「あいつはいつまでスペインでやるんだろうなぁ…」 とつぶやくと、宮市が「ねぇ(笑)」という一言で周囲を笑わせる場面も。

    宮市亮が「あのスルーパスは一級品!一緒にやりたい」というプラチナ世代の同期とは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】宮市亮が「あのスルーパスは一級品!一緒にやりたい」というプラチナ世代の同期とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title


    ヴィッセル神戸パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(36)の獲得に興味を持っているようだ。スペイン『El Nacional』が報じた。

    2021年夏に長らく過ごしたレアル・マドリーを退団。PSGへと活躍の場を移したセルヒオ・ラモスだったが、1年目はケガの影響で自身のパフォーマンスを発揮できず。リーグ・アンで12試合2ゴール、期待されたチャンピオンズリーグ(CL)では1度もプレーすることなく終わった。

    クリストフ・ガルティエ監督を迎えた今シーズンはケガもなく、ジャパンツアーにも帯同。主軸としてチームを支え、ここまで公式戦11試合に出場し1ゴールを記録していた。

    そのセルヒオ・ラモスPSGとの契約が今シーズン限りで満了を迎える中、クラブは1年間の契約延長を検討している一方で、セルヒオ・ラモス本人はチームをさる可能性があるという。

    ヨーロッパクラブからもオファーがあるなか、メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミ、そして神戸がオファーを考えているとのことだ。

    インテル・マイアミは言わずと知れたデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めており、ヨーロッパビッグネームを引き込もうと動いている。そして神戸も、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが在籍。その他、ボージャン・クルキッチ、セルジ・サンペールが所属。過去には、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、元スペイン代表FWダビド・ビジャ、元ベルギー代表DFトーマスフェルマーレンと各国の代表クラスの選手を獲得していた。

    『El Nacional』によれば、今季は残留争いという苦しい状況に陥っている神戸は、来シーズンはしっかりと戦うためにチームを強化することを決定。その中で、獲得の優先リストセルヒオ・ラモスの名前があるという。イニエスタスペイン人も多く所属しており、同じスペイン人のセルヒオ・ラモスが困ることはないとしている。

    インテル・マイアミに関しては、マドリー時代のチームメイトでもあったベッカム氏が強く関心を示しており、獲得リストの上位にいるという。

    セルヒオ・ラモスは、アメリカにも日本にも興味を持っているとされ、今後の去就はどう転ぶか不透明。Jリーグに新たなスター選手がやってくるのか、その動向にも注目が集まる。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】セルヒオ・ラモスがJリーグに来る? 神戸が獲得検討とスペインで報道…ライバルはベッカムか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     JリーグYBCルヴァンカップ・プライムステージ準決勝第1戦が21日に行われ、アビスパ福岡サンフレッチェ広島が対戦した。

     クラブ史上初のベスト4進出を果たした福岡が、3度目の決勝進出を目指す強敵広島をホームに迎えての第1戦。試合が落ち着いてからは徐々に広島が主導権を掌握し、22分にセットプレーの流れから先制する。ペナルティエリア手前から満田誠が浮き球をペナルティエリア左に供給。荒木隼人が頭で折り返すと、相手DFドウグラス・グローリはクリアに失敗し、反応した川村拓夢が頭で押し込んだ。

     福岡は前半シュートを打たせてもらえず、ビハインドで折り返す。長谷部茂利監督はハーフタイムで2枚替えを行い、DFラインを入れ替えて立て直しを図る。

     しかし49分、広島がリードを広げる。右サイドフリーキックを獲得し、キッカーの野津田岳人はインスイングのボールを供給。塩谷司が合わせてヘディンシュートを突き刺した。さらに広島は55分、カウンターで敵陣深い位置に攻め込む。最後はペナルティエリア中央でこぼれ球に反応した川村が左足でゴール右下に突き刺し、3つ目のアウェイゴールを獲得する。

     5枚の交代カードを使い切った福岡は、72分に1点を返す。ルキアンのスルーパスに抜け出したフアンマ・デルガドが巧みなループシュートで相手GKとの一対一を制した。

     反撃に出る福岡は試合終盤、右からのグラウンダークロスに合わせたフアンマがネットを揺らし、1点差に詰め寄る。試合はこのまま終了。福岡はアウェイゴール3点を奪われたものの、2点を返して決勝進出への望みをつないだ。第2戦は25日に広島ホームで行われる。

    スコア
    アビスパ福岡 2-3 サンフレッチェ広島

    【得点者】
    0-1 22分 川村拓夢(広島)
    0-2 49分 塩谷司(広島)
    0-3 55分 川村拓夢(広島)
    1-3 72分 フアンマ・デルガド(福岡)
    2-3 90+4分 フアンマ・デルガド(福岡)

    スターティングメンバー
    福岡(3-4-2-1)
    村上昌謙;熊本雄太(HT 前嶋洋太)、ドウグラス・グローリ(HT 宮大樹)、三國ケネディエブス;ジョルディ・クルークス、田邉草民、平塚悠知(57分 前寛之)、輪湖直樹;フアンマ・デルガド、北島祐二(57分 ルキアン);ジョン・マリ(70分 渡大生)

    広島(3-4-2-1)
    大迫敬介;塩谷司、荒木隼人、佐々木翔;野上結貴(88分 住吉ジェラニレショーン)、川村拓夢(75分 松本泰志)、野津田岳人、柏好文;森島司(80分 柴﨑晃誠)、満田誠;ドウグラス・ヴィエイラ(80分 ナッシム・ベン・カリファ)


    ゴール動画】川村拓夢の先制ゴール

    福岡と広島が対戦した [写真]=J.LEAGUE via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】広島にアウェイゴール3つ献上も…福岡、フアンマが2点を返し決勝進出への望みつなぐ】の続きを読む

    このページのトップヘ