Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 f.image.geki.jp)



    イニエスタが公式インスタグラムで家族とのオフショットを公開

     ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、公式インスタグラムを更新した。新型コロナウイルスの影響を受け4カ月中断していたJ1は7月4日に再開。超過密日程をこなしていくなかで、神戸の絶景が一望できる六甲山を訪れた様子を振り返っている。

     イニエスタバルセロナアカデミー、ラ・マシア出身で、2002年に当時のルイス・ファン・ハール監督によりトップチームに引き上げられ、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のクラブブルージュ戦でデビューを飾った。その後、18年夏まで所属したバルサで数々のタイトル獲得に尽力し、クラブレジェンドとして地位を築き上げ、惜しまれながら退団。新天地にはJリーグを選び、2年前に神戸への加入が決定した。昨年度の天皇杯では優勝に導き、クラブ史上初めてのタイトル獲得に貢献している。

     Jリーグ3年目を迎えたイニエスタ。今季は2月に行われた横浜FCとの開幕戦(1-1)後に新型コロナウイルスの感染が拡大し、リーグは中断していたが、活動休止期間を経て7月4日に再開を迎えた。新型コロナウイルスによる中断によって過密日程となったことから、第4節の大分トリニータ戦(1-1)はメンバー外だったものの、ここまで5試合連続で先発出場している。

     そんななか、イニエスタは公式インスタグラムを更新。家族とともに神戸の美しい眺望が開けるの標高932メートルの六甲山を訪れた様子を振り返っている。「Mi Familia. Mi vida.僕の家族、僕の人生」と愛の言葉を綴り、ハッシュタグでは「#MtRokko」「#Kobe」と、楽しかった思い出の地を明かしている。ファンからは「あの雲… 手が届きそう」「絶対に同じアングルで撮りたい」「美しい」と絶賛の声が相次いだ。

     まだまだ日本の暑い夏での厳しい日程が続くが、イニエスタにとっては家族の存在が支えとなっていることだろう。(Football ZONE web編集部)

    神戸MFイニエスタが家族との写真を投稿【写真:高橋学】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】イニエスタ、標高932mの名所・六甲山で絶景ショット公開 家族と貴重オフ回顧「僕の人生」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    真っ赤なフェラーリを披露も、11億円超の高級車所持のロナウドらに及ばず

     元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、自身のインスタグラムで高級新車を披露。3000万円超のスーパーカーだが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユベントス)や元フランス代表FWカリム・ベンゼマレアル・マドリード)との“格差”に母国ドイツメディアが注目している。

    サッカー界のスタールーカス・ポドルスキが800馬力の高級車に」

     このように見出しを打って取り上げたのは、ドイツ紙「エクスプレス」だった。

     母国ドイツケルンでキャリアをスタートさせたポドルスキは、バイエルンアーセナルイングランド)、インテルイタリア)など各国の強豪でプレーし、2017年から3シーズンは日本のJ1ヴィッセル神戸に所属。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや同FWダビド・ビジャとの共闘でも話題を呼んだ。

     今年からトルコ1部アンタルヤスポルへ移籍し、リーグ戦9試合2ゴールを記録したポドルスキ。8日に更新したインスタグラムでは、赤いボディーのスポーツカーに乗り込んだショットとともに、「捕まえられるものなら捕まえてみな」と綴った。

     記事によれば、この新車はフェラーリ・812スーパーファストでその値段は最低28万5000ユーロ(約3600万円)だという。

     もっとも、同紙は「クリスティアーノ・ロナウドは900万ユーロ(約11億2000万円)で世界限定10台のブガッティチェンディエチを購入。レアル・マドリードスターストライカーカリム・ベンゼマも熱烈なカーコレクターとして知られ、コレクションのなかでも、特筆すべきは300ユーロ(約3億7000万円)のブガッティ・シロンだ」と紹介。ポドルスキとは桁一つ違う状況を伝えていた。(Football ZONE web編集部)

    神戸でも活躍した元ドイツ代表FWポドルスキ【写真:高橋学】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元ドイツ代表】元神戸ポドルスキ、3500万円超の高級車ショットに独紙反応 「ロナウドやベンゼマは…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    【J番記者コラム】仲川とチアゴ・マルチンスが負傷欠場、柏相手に1-1ドロー

     前年度チャンピオン横浜F・マリノスが、4連勝中と勢いに乗る柏レイソルを日産スタジアムで迎え撃った。

     この試合、横浜FMは昨季MVP&得点王のFW仲川輝人と、圧倒的なスプリント能力でハイラインディフェンスを支えるDFチアゴ・マルチンスを負傷で欠いた。いわゆる“飛車角落ち”の感は否めず、主力クラスの相次ぐ負傷離脱は、ここまで3勝1分4敗の11位となかなか波に乗り切れない要因にもなっていた。

     対する柏は、前節まで4試合連続得点中で目下のところ得点ランキング独走中のFWオルンガを擁する。横浜FM守備陣が、このケニアストライカーの圧倒的なパワーと長いストライドを生かしたスピードに手を焼くことは容易に想像できた。

     アンジェ・ポステコグルー監督が「相手どうこうは関係ない。自分たちのサッカーをやるだけ」と繰り返した通り、横浜FMはキックオフと同時にハイラインキープ。最終ラインハーフウェーライン付近に達することも珍しくなく、ボールロストしてもすぐに奪い返せるように高い位置で全体をコンパクトに保っていた。

     得意のポゼッションでゲームを支配した横浜FMは、相手を押し込んだ状態から先制点を狙う。前半23分にはMF天野純が鋭いターンから強烈なシュートを放った。一方、ネルシーニョ監督率いる柏が狙ったのは横浜FM陣内に広がるスペースで、特に両サイドバックの背後を突いてチャンスを作っていく。実際に開始直後の6分にはオルンガが単独で抜け出し、惜しいシュートを放った。

     序盤から互いの色が鮮明に映し出された試合は、横浜FMが犯した一つのミスによって動く。後半17分、柏陣内から放り込まれたアバウトなボールに対応したのはDF松原健だったが、戻りながらバックパスを選択したプレーがまさかのキックミスに。次の瞬間、猛追するオルンガに奪われ、そのまま5試合連続となる今季10ゴール目を献上してしまった。

     本職はサイドバックの松原だが、チームの台所事情を鑑みて前節のベガルタ仙台戦からセンターバックで起用されていた。慣れないポジションの影響か、あるいはオルンガから見えない圧力を感じ取ったのか、いずれにしても拮抗した試合での大きなミスが致命傷となり、試合が動いた。

    スタイルを貫いて同点に追いつくも勝ち切れず

     それでも後半33分の同点ゴールは、序盤から相手をポゼッションで押し込んだことが伏線となっていた。途中出場のFWオナイウ阿道が、天野とのパス交換から素早く右足を振り抜く。華麗なパス回しではなく強引とも思える中央突破で、オナイウの意表を突くタイミングでのシュートゴールネットを揺らした。

     試合はそのまま痛み分けに。横浜FMとしてはスタイルを貫いたうえで同点に追いついたものの、勝ち点3を奪うための決定打を欠いた。それは柏も同じで、オルンガという特異な存在を生かした戦略で先制に成功したまでは狙い通りだったが、勝ち切るには1点では足りなかった。

     冒頭でも触れたように、横浜FMは仲川とチアゴ・マルチンスという攻守の両輪を欠いていた。仮に仲川がピッチにいれば、押し込んだ状態でさらにギアが上がったかもしれない。チアゴ・マルチンスが健在ならば、オルンガの脅威も半減しただろう。勝負の世界に“たられば”は禁物とはいえ、替えの利かない主力クラスの存在の大きさを痛感する真夏の夜となった。(藤井雅彦 / Masahiko Fujii)

    横浜F・マリノスはチームのスタイルを貫くも勝ちきれず【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】横浜FM、“飛車角落ち”の一戦で痛感 波に乗れないJ1王者を象徴した“一つのミス”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 portal.st-img.jp)



    今年で53歳になったカズこと三浦知良YBCルヴァンカップサガン鳥栖戦に先発し、横浜FCの試合に今季初出場した。

    Jリーグ英語版Twitterが「また記録を破る!キングカズこと三浦知良は53歳でプレーし、プロの試合に出場した最年長選手に」と伝えると、海外のサッカーファンたちも反応。その一部を抜粋してみる。

    「マッシミリアーノ・アッレグリ監督(52歳)より年上じゃないか。(48歳のジネディーヌ・)ジダンよ、ピッチに戻ってこい!」

    「彼は我がチームサントス)で1980年代後半~1990年代初頭にプレーしていた。クレイジー」

    リヴァプールの最年長選手であるジェームズ・ミルナーが生まれたのは1986年。カズヨシ・ミウラサントスでプロデビューしたのは1986年

    キングカズはまだプレーしているぞって投稿が毎年あるな。フェアプレー

    「彼はインターネットができる10年前からプレーしとる」

    「これが彼にとってプロ35年目。(元イングランド代表FW)サー・スタンリー・マシューズでさえ、こんなに長くプレーしなかった」

    「(10月で39歳になる)ズラタン・イブラヒモヴィッチのお手本」

    「どうかしてるぜ。自分が10歳頃に彼がジェノアプレーしていたのを見た記憶がうっすらある」

    そのカズは鳥栖戦で惜しいシュートを放ち、ゴールに迫るシーンもあった。そのあわやの場面がこちら(以下動画1分3秒~)。

    クロスに頭からと飛び込むもシュートはGKの正面に…。この前にはスルーパスでチャンスを演出する場面もあった(動画40秒~)。

    【関連記事】サッカーの歴史上「最高の遅咲きアタッカー」10名

    カズは63分までプレー。試合は瀬沼優司の劇的ゴール横浜FCが0-1で勝利している。

    「インターネットができる前からプレーしとる」 カズ53歳に海外ファンたちがザワつく


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】「インターネットができる前からプレーしとる」 カズ53歳に海外ファンたちがザワつく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    ルヴァン杯鳥栖戦で先発を飾ったカズが最年長出場記録を更新

     横浜FCに在籍する“キング・カズ”こと元日本代表FW三浦知良は5日、ルヴァングループステージ第2節のサガン鳥栖戦(1-0)で先発出場し、今季公式戦初出場を果たした。世界でも反響が拡大しており、「C・ロナウドにとって新たな挑戦」「ヒストリーメーカー」とサッカーの母国イングランドファンからも反響が寄せられている。

     今季からJ1の舞台へ昇格した横浜FCだが、新型コロナウイルスの感染拡大により開幕戦以降、約4カ月間もの長期にわたってリーグ戦が中断。再開後は過密日程を強いられることになり、ルヴァン杯もそのような状況下で再開した。敵地で行われた鳥栖戦では、カズがキャプテンマークを巻いて先発を飾り、今季公式戦初出場を果たした

     前半30分に右サイドクロスダイビングヘッドで合わせたシュートは枠を捉えるも惜しくもゴールとはならず、無得点で後半18分にピッチを退いたものの、前身のナビスコカップ時代を含む同大会の最年長出場記録を53歳5カ月10日に塗り替えた。カズが成し遂げた偉業は世界でも大々的に取り上げられている。

     そんななか、英メディア「GIVE ME SPORT」も公式インスタグラムで「カズヨシ・ミウラは5つの世代にわたってプレーする最初のプレーヤーになった」と文章を添え、日本代表戦の際にイングランド代表の選手と交換したユニフォームを着用している写真を掲載して注目した。

     コメント欄では「レジェンド」「C・ロナウドにとって新たな挑戦」「日本のサプライズ」「ヒストリーメーカー」と現地のファンからも反響が寄せられており、今年で35歳を迎えたユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにとって新たな目標となるだろうという声も出ていた。カズの打ち立てた記録は世界にも驚きを与えているようだ。(Football ZONE web編集部)

    横浜FCのFW三浦知良【写真:高橋学】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】53歳カズは「ヒストリーメーカー」 “偉業”に反響拡大「C・ロナウドにとって新たな挑戦」】の続きを読む

    このページのトップヘ