Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.soccer-king.jp)



     ウィズコロナのなかで行なわれている2020年シーズンJリーグで、前人未到の記録が誕生したことを、皆さんはご存じでしょうか。

     9月23日のJ1リーグで、横浜FCに所属する三浦知良選手、カズさんが、53歳6カ月でのリーグ戦出場を果たしたのです。Jリーグの最年長出場記録を更新するとともに、国内トップリーグプレーした記録として世界最年長とも言われています。

    30年前のサンパウロで声をかけてもらった

     私とカズさんの出会いは、1990年までさかのぼります。本田技研工業サッカー部に所属していた私は、チームメイトブラジルサッカー留学しました。そこで、ブラジルでプロ選手になったカズさんに出会ったのです。カズさんはサッカーの神様ペレが在籍した名門サントスで、ウイングとして大活躍していました。

     試合の翌日にサンパウロ日本人街で会うと、「頑張れよ」と声をかけてもらいました。その後、私は日本へ戻り、カズさんは数カ月後にブラジルから帰国し、読売クラブの一員となります。

     私が91年に日本サッカーリーグで得点王になり、同年に初めて日本代表に選出されました。カズさんとは日本代表ヴェルディでともにプレーし、公私を問わず様々な場面で30年以上ともに過ごしてきました。

     私は34歳で現役を引退しました。ですから、53歳まで現役を続けているカズさんの苦労を、実体験として知ることができません。

    シーズン開幕前の自主トレは5時半から

     手掛かりになるものがあるとすれば、シーズン開幕前の自主トレです。15年前からの恒例で、私もほぼ毎年参加しています。

     これが本当に練習漬けなのです。朝5時半、9時半、午後3時からの3部練習で、練習量は毎年増えていきます。そうしないと、身体が作れないのです。

     だからといって、短時間に負荷をかけすぎると故障につながるので、以前なら10分でやっていたメニューを15分で、2回で終わらせていたメニューを3回に分けるといったように、時間をかけて消化するようにしています。そのぶんだけ合宿期間が長くなるので、当初は1月の1回だけでしたが、ここ数年は年末の12月から自主トレに入るようになりました。カズさんの場合は、シーズンオフはほとんどないと言ってもいいぐらいです。

    Jリーグ開幕からプレーしている“唯一の選手”

     1993年Jリーグ開幕からいまなおプレーしているのは、カズさんひとりしかいません。参考にできるモデルがないので、練習前後の身体のケアやオフの日の過ごしかた、ケガをした際のリハビリなど、すべてを自分で考えなければならない。

     判断に迷う場面では、周囲の意見を積極的に集めます。チームスタッフや専属のトレーナーはもちろん、現役を退いて久しい私にも聞く。別角度からの意見を参考にしているのでしょうが、あきれるぐらいに研究熱心なのです。

     Jリーグの最年長出場記録を更新した数日後にも、カズさんから連絡がありました。通っている美容院が同じで、時間が合いそうなので「会おうか」ということになったのですが、カズさんは私に「この前の試合のプレーはどうだった?」と聞きたかったのでしょう。残念ながらタイミングがズレて会えなかったのですが、「うまくなりたい」という意欲は若いころから1ミリも変わっていないなあ、と感じました。

     プレーについても同様です。横浜FCには10代後半から20代前半の選手、つまりカズさんの子供と同世代の選手もいますが、彼らにも「あのプレーはどうだった?」、「あれはどういう判断だったの?」と質問をしている。「自分はこれだけの実績を残してきたんだ」というような上から目線にならないのです。

    ワールドカップへの思いは?

     カズさんが53歳となった現在まで現役を続けているのは、ワールドカップに出場していないことが関係しているのでは、と考える人がいるかもしれません。ご存じの方も多いでしょうが、カズさんと私は1998年フランスワールドカップの大会直前に、日本代表メンバーから落選しました。

     サッカー王国ブラジルバリバリのプロとして活躍していたにも関わらず、カズさんはJリーグ開幕を控えた日本に帰国しました。理由はただひとつ、「日本をワールドカップに出場させるため」でした。

     20年に35年目を迎えたプロ生活で、カズさんはあらゆるタイトルを獲得してきました。国際的なタイトルも数多く受賞しています。そんなカズさんに唯一欠けているものが、ワールドカップ出場なのかもしれません。

     ワールドカップに出場できていないから現役を続けているのか、カズさんに聞いたことはありません。聞きたくないのではなく、聞く必要がないな、というのが私の率直な思いです。

     カズさんは本当にサッカーが好きなのです。サッカーがうまくなるなら何だって犠牲にできるし、どんなに苛酷な練習にも耐えられるのです。

     笑い話のようなエピソードを、ひとつ紹介しましょう。

    「カズちゃんがプールで溺れているわよ」

     以前のカズさんは泳げませんでした。もうずいぶん前のある日、都内のスポーツジムへ一緒に行くと、女優の吉永小百合さんが「カズちゃんがプールで溺れているわよ。キーちゃん、助けにいったほうがいいんじゃない」と言うんです。もちろん本当に溺れているわけではなくて、カズさんの泳ぎがそんなふうに見える、ということだったのでしょう。

     それが、いまではスイスイと泳いでいます。疲労回復やリハビリ、あるいは自主トレのメニューなどでプールを使うことがあるから、泳げるほうがいい。サッカーがうまくなるために役立つから、カズさんは泳ぎを練習したのです。

     9月23日の試合以降、カズさんのJ1リーグ出場はありません(10月24日現在)。しかし、今シーズンJリーグ新型コロナウイルスによる中断があった影響で、試合間隔が必ずしも一定ではありません。短い間隔で試合が組まれていることがあり、シーズン終盤へ差し掛かっていくこれからは、蓄積疲労からケガ人の出るリスクが高まります。どのチーム総力戦の色合いが強くなっていくため、カズさんが再び出場機会を得ることは十分に考えられます。

    何歳まで現役を続けるのか?

     何歳まで現役を続けるのかは、カズさんにしか分からないでしょう(笑)。55歳までとか、60歳までとかいう区切りを目安にするというよりは、身体が続く限り、チームから必要とされる限りはスパイクを脱がないでしょうね。

     現所属の横浜FCには、これまでのプレーしたどのクラブよりも長く、15年も在籍している。「ファミリーのような雰囲気を感じている」と、本人も愛着を持っているようです。

     私自身は、カズさんにJリーグの要職に就いてもらいたい。けれど、何事も中途半端が嫌いなので、現役を続けながら他の仕事をするとは考えられない。

     だとすれば、いまはとにかくピッチ駆けるカズさんを見たい。今度はもっと長くプレーしてもらいたいし、早く次の試合をみせてもらいたい、と感じています。

     こうなったらもう、年金をもらいながらやるのもいいんじゃないかな、と思いますよ(笑)

    ◆◆◆

    文藝春秋11月号および「文藝春秋digital」掲載の「三浦知良は永遠のサッカー少年である」では、北澤氏しか知らないカズ選手とのエピソードが明かされている。Jリーグ開幕当初の豪快なエピソードや、現役日本代表選手と開催される「カズ会」の真相、さらには「カズはなぜ大一番で結果を残してきたのか」などが、30年来の盟友の視点から浮き彫りになる。

    (北澤 豪/文藝春秋 2020年11月号)

    2017年のJ2開幕戦「横浜FC×松本山雅」試合前の練習風景 ©文藝春秋


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】「数日後カズさんから連絡がありました」北澤豪だけが知る“三浦知良53歳、最年長出場記録の裏側”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    AFC公式インスタグラムG大阪FWパトリック誕生日を祝福

     アジアサッカー連盟AFC)が公式インスタグラムで、26日に33歳の誕生日を迎えたガンバ大阪FWパトリックに祝福メッセージを送った。「ブラジルターゲットマン、お誕生日おめでとう」と綴り、2015年、16年のAFCチャンピオンズリーグACL)のゴール集を公開。“相棒”FW宇佐美貴史の華麗パスに反応した一発や、パトリックらしいフィジカルを生かした豪快な一撃などを投稿している。

     パトリック2013年に母国ブラジルのアトレチコ・ゴイアニエンセから川崎フロンターレに期限付き移籍し、初来日。ヴァンフォーレ甲府を経てブラジルへ一度戻り、14年夏にG大阪へ加入した。パトリックが加入後、降格圏の16位に低迷していたチームは、第15節ヴァンフォーレ甲府戦(2-0)から15勝3分2敗と“奇跡”のV字回復を見せ、勝ち点48を積み上げた。20試合で9ゴールマークし、FW宇佐美貴史との名コンビで国内三冠へと導いた。

     16年10月には、右前十字靭帯損傷及び右外側半月板損傷により全治8カ月の大怪我を負い、母国で手術を受けた。クラブは功労者に対して、同年限りだった期限付き移籍の契約期間を17年夏までに延長。17年6月に退団し、広島へ渡った。18年には33試合20得点で得点ランク2位と活躍し、昨夏再び古巣のG大阪へ戻ってきた。今季のJ1では、ここまで23試合4得点で、チーム9戦負けなし(8勝1分)に貢献している。

     そんな頼れるFWが26日に33歳の誕生日を迎えた。これをAFC公式インスタグラムが祝福しており、「ブラジルターゲットマン、パトリック、お誕生日おめでとう! アジアでのいくつかのメモリアルなゴールでお祝い 私たちはあなたがアジアの舞台に戻ってくることを願っています」と、パトリックACLゴール集でメッセージを送っている。

     動画は2015年ACLパトリックが決めたもの。グループリーグ第5節広州富力戦(5-0)で前半終了間際に宇佐美の華麗なロングパスに反応。抜け出したパトリックはDFを寄せ付けず、この日自身2点目を挙げた。さらに、決勝トーナメント1回戦で対戦したFCソウルとの第2戦(3-2)で、前半16分に宇佐美がドリブルで引き付けてクロスをヘディンシュートした一発。16年グループリーグ第3節上海上港戦(1-2)で宇佐美クロスに頭で合わせた一撃が収録されていた。

     素晴らしい連係の“うさパト”コンビに再脚光を当て、誕生日を祝福したようだ。(Football ZONE web編集部)

    G大阪のFW宇佐美貴史(左)とFWパトリック【写真:小林 靖】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】G大阪ブラジル人FW、宇佐美との“黄金コンビ”弾3連発にAFC再脚光 「アジアの舞台に…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    群馬戦の前半29分、直接FKから磐田移籍後初ゴールマーク

     ジュビロ磐田は25日、J2リーグ第29節のザスパクサツ群馬戦で3-1と勝利し、ホームで2試合ぶりの白星を飾った。この試合で、ガンバ大阪からレンタル移籍で加わった元日本代表MF遠藤保仁が直接FKを決め、移籍後初ゴールマーク。正確な右足から放たれた名手の一撃に、ファンからは感嘆の声が上がっている。

     遠藤は今季ガンバ大阪で在籍20年目を迎え、J1リーグ最多出場記録も更新したが、リーグ戦出場が11試合、先発出場は3試合にとどまっていた。出場機会を求めるなかで、1年でのJ1復帰を目指す磐田への期限付き移籍を決断。6日からチーム練習に合流すると、新天地デビュー戦となった第25節の松本山雅FC戦(0-0)から前節の東京ヴェルディ戦(0-0)まで4試合連続でスタメン出場を果たしてきた。

     今節の群馬戦でも先発メンバーに名を連ねると前半29分、待望の移籍後初ゴールが飛び出した。磐田はペナルティーアーク内でFKを獲得。絶好の位置から遠藤が正確な右足キックで狙うと、ボールは壁を越えてゴール右へと突き刺さった。

     ベテランの技が光った名手の一撃に、ファンもすぐに反応。磐田の公式ツイッターが遠藤のFKゴール動画を投稿すると、引用ツイートで「さすが!」「めちゃ綺麗なフリーキック」「素晴らしいの一言につきる」「キーパー逆突かれてる… さすがヤット様職人技!」「精度が全く衰えていないなぁ」「芸術的!」「FKってこんな簡単に入るもんなの?って誤解を招くゴール」といった感嘆の声が相次いで寄せられている。

     ”伝家の宝刀”とも言える右足の正確なキックで勝利に貢献した遠藤。長年、日本サッカーを牽引してきたベテランMFの活躍に、ファンも大いに沸いていた。(Football ZONE web編集部)

    ジュビロ磐田MF遠藤保仁【写真:小林 靖】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】「職人技!」 遠藤保仁、移籍後初の"芸術的"FK弾にファン感嘆「こんな簡単に入るもん?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    広島MFエゼキエウが明かしたイニエスタとのやりとり「ビデオゲームでいつも使っていた」

     サンフレッチェ広島は18日、J1リーグ第23節でヴィッセル神戸と対戦し、2-1と勝利を収めた。今季から加入したブラジル人MFエゼキエウは先発を飾り、決勝点を演出した。そんななか、ブラジルメディアはエゼキエウと対戦相手の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとのやりとりに注目している。

     先発に抜擢されたエゼキエウはシャドーに配置されたが、1-0で迎えた前半アディショナルタイム、右サイドボールカットし、FWレアンドロ・ペレイラへとつなぎ、決勝点を演出した。後半21分に途中交代したが、攻守にわたりチームに大きく貢献した。

     そんななか、ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は「ブラジル人は日本でイニエスタと対面し、ユニフォーム交換を祝った」と見出しを打ち、「先週の日曜は、エゼキエウにとって特別な日となった。ブラジル人はサッカー界のアイドルイニエスタと顔を合わせた」と取り上げ、本人のコメントを紹介している。

    アイドルと対面することはいつも特別だ。ビデオゲームでいつも使っていた世界クラスの選手となると、それ以上のことが起こる。試合終わりにイニエスタからモラルを注意された。僕は彼のユニフォームがどうしても欲しかったから、それは否定できなかったよ(笑)。冗談はさておき、僕は彼にユニフォームを頼んだ。愛情を持って管理するよ」

     エゼキエウは試合後、興奮気味に世界的名手にユニフォーム交換を求めたことを明かし、イニエスタにたしなめられたことを振り返っていた。ゲームプレーしてきた選手と同じピッチに立てたことは、エゼキエウにとって忘れられない思い出となったことは確かだろう。(Football ZONE web編集部)

    広島MFエゼキエウ(左)と神戸MFイニエスタ【写真:高橋学&小林靖】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】「イニエスタからモラルを注意された」 ブラジル人Jリーガーが明かした舞台裏に海外注目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.mamagirl.jp)



    槙野智章が公式インスタグラムを通して、自身の思いを語る

     浦和レッズDF槙野智章が“異例”の呼びかけを行った。Jリーグ界で不祥事が相次ぐなか、自身の公式インスタグラムを通して「暗いニュースじゃなくて、明るいニュースサッカーで届けようや!!!」と訴えた。

     現在、Jリーグ界では2つの不祥事が問題となっている。15日にアルビレックス新潟は、FWファビオが9月に起こした道路交通法違反(酒気帯び運転)で任意捜査されていたと発表。また、その同乗者だったFWペドロ マンジーも任意捜査の対象となっていた。10月19日には両者契約解除となり、是永大輔社長は年内100パーセントの減俸処分、玉乃淳ゼネラルマネージャー兼強化部長は譴責処分と年内の報酬100パーセントを自主返納することとなった。

     また、20日にはベガルタ仙台に所属するMF道渕諒平が女性とDVトラブルを起こしていたと週刊誌に報道され、クラブは「認知していなかった事実など、クラブの秩序、風紀を著しく乱す内容が含まれていたことから、同選手に事実関係を確認した上で、10月20日付けで契約解除を決定いたしました」と発表。クラブ側は、トラブル8月14日に認識し、同選手の事情聴取を行った上で、弁護士を通して対応し、9月5日に示談が成立したと報告を受けていたとしていた。

     このような事態を受けて、槙野は公式インスタグラムを通して声を上げている。

    「おぃ! Jリーガー達よ! 暗いニュースじゃなくて、明るいニュースサッカーで届けようや!!! 俺たちは夢や希望や元気や笑顔を届けるのも責務だぞ!! 俺は小学生の頃にエスコートキッズをしてプロ選手と入場し、そのわずかな時間でも夢を持たせてもらった。サッカー選手になりたいと思った。そしてプロになり与える立場になった! Jリーガー達よ! 魅せてやろうぜよ!! #夢 #責務です」

     そう熱い思いをつづって、自身がエスコートキッズと入場した時の写真を投稿。仲間たちにプロ選手がなすべきことを訴えかけ、ファンからも「心が震えた」「いつまでもついていきます」「現役選手が発信することに意味がある」「槙野さんの言葉に感動しました」と支持を得ている。(Football ZONE web編集部)

    槙野はSNSで自身の思いを語った【写真:小林 靖】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】「暗いニュースじゃなくて…」 浦和DF槙野、Jリーガーへ“異例”の呼びかけ「魅せてやろうぜよ!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ