Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1

    no title


    今、サッカー界で最も旬なチームの一つがアヤックスであろう。

    今季のUEFAチャンピオンズリーグで大会3連覇中のレアル・マドリーを沈めたオランダの雄は、準々決勝でもC・ロナウド擁するユヴェントスを撃破し、世界をアッと驚かせた。

    そのアヤックスといえば育成において世界最高峰であることが広く知られており、現在、オランダではアヤックスが参加した「ABN-AMRO Future cup 2019」というユースの大会が開催されている。

    この大会には日本からサガン鳥栖U-18チームも出場しているのだが、その彼らが20日に行われた地元アヤックスとの一戦でやってくれたぞ。

    鳥栖は同日の1試合目でトッテナムに0-3と敗れていたが、地元の熱心なサポーターが見守るなかで行われたアヤックスとの2試合目でなんと3-0と完勝を収めたのである。

    6分、10分と立て続けに9番の田中禅が2ゴールを奪うと、19分には11番の相良竜之介が3点目のゴールで試合を決める!

    アヤックスはこの一戦の前にトップチームと同じくユヴェントスに勝利していたのだが、その相手に完勝するとは…。

    鳥栖のユースは近年、田川亨介(FC東京)を輩出し、17歳の松岡大起が今季Jデビューを果たすなど成果を挙げている。トップチームは今季J1で最下位と苦しんでいるが、この結果を遠く海の向こうから届けたいところだろう。

    【関連記事】欧州から見た日本人選手の市場価値トップ100(2018年版)

    鳥栖は最終節でユヴェントスと対戦しグループ突破を目指すことに。一方、最下位に沈んだアヤックスは、トッテナムと対戦(まるでCLのような組み合わせである)することになっている。

    サガン鳥栖、ユーヴェ破ったアヤックスに完勝!なんのこと?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】サガン鳥栖、ユーヴェ破ったアヤックスに完勝!なんのこと?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/21(日) 01:30:42.69 ID:I7iNOPKp9.net

    ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが20日に自身のツイッター(@andresiniesta8)を更新し、欠場した同日のJ1第8節・浦和戦について言及している。

    開幕から前節まで7試合連続で先発フル出場していたイニエスタは、埼玉スタジアムで開催された今節の浦和戦で初のメンバー外となった。
    チームは17日にフアン・マヌエル・リージョ前監督との契約を解除し、吉田孝行監督新体制で臨んだが、ミス絡みで与えたPKを浦和FW興梠慎三に決められて0-1の敗戦。
    イニエスタ不在の影響を感じさせる内容で3連敗を喫した。

    それでもイニエスタは、チームの状況を前向きにとらえようとしているようだ。
    試合後、スペイン語で「ポジティブな結果ではなかったが、我々の道を歩み、やるべきことを信じることで上手くいく」と綴り、
    敵地で声援を送ったファンに対して「無条件のサポートをありがとう」と感謝を伝えた。

    神戸は24日にルヴァン杯でC大阪とのアウェー戦に臨み、28日のJ1第9節で川崎Fをホームに迎える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-43466145-gekisaka-socc
    4/20(土) 21:45配信


    【【Jリーグ】今季初メンバー外のイニエスタが試合後にツイート】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2019/04/21(日) 07:37:27.04 ID:go9TGE+R9.net

     土曜日に行なわれたJ1リーグ第8節、浦和レッズ対ヴィッセル神戸の一戦は、前者が興梠慎三のPKによるゴールを守り切って1-0の勝利を挙げた。浦和が連勝で順位を6位に上げた一方で、3連敗の神戸は11位に低迷。暗いトンネルから抜け出せずにいる。

     この試合で、神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがボールボーイに対し、両手を広げて苦言を呈するシーンがあった。59分だ。1点を追う神戸が攻勢を仕掛ける時間帯で、浦和の敵陣でボールがタッチラインを割る。スローインで再開を急ぎたいポドルスキは手元にすぐボールが欲しかったが、ボールボーイはゴロでボールを転がした。

     ドイツ・メディア『Sport1』やオーストリア・メディア『Heute』などによると、この際にポドルスキがボールボーイにドイツ語で暴言を吐いたという。いまや欧州でもJ1リーグはDAZNを通じて放映されており、ピッチマイクがその声を拾っていたのだ。

     マイルドな表現をすれば、「ちゃんと渡すんだ、この野郎!」。実際にはスラングを使っており、もっと強い響きだったようだ。『Heute』は「プリンス・ポルディが大声で少年を叱責した。彼がしっかりとボールを渡さなかったのが理由だ」」と説明し、「この日はポドルスキの日ではなかった。ヴィッセルは試合に敗れ、彼自身も71分に交代を命じられている」と伝えた。

     突然の政権交代となり、みずからキャプテンマークを返上したポドルスキ。リードを許している状況下で、フラストレーションが溜まっていたのかもしれないが……。

    4/21(日) 5:32 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00010000-sdigestw-socc

    写真
    https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/57502_ext_04_0_1555789515.webp?v=1555792570

    【サッカー】<神戸ポドルスキ>主将辞任の理由告白!「自分に対する信頼が見えなかった」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555761578/

    【サッカー】<神戸ポドルスキ>意味深!「他人に誠実に接することのできないような人間が、他人からの忠誠を期待するな」★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555631121/

    【サッカー】<ポドルスキ>監督交代発表日に決断「キャプテンの座から降りる」<イニエスタ>「アリガトウ。幸運を」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555497955/


    【【Jリーグ】<ポドルスキ(ヴィッセル神戸)>埼スタでボールボーイに暴言!?「ちゃんと渡すんだ!この野郎」欧州メディアが報じる..】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/18(木) 12:11:39.63 ID:Gs+iiFoW9.net

    バルセロナが、久保建英(FC東京/17歳)の復帰を視野に入れているのはほぼ間違いない。
    ”バルサの機関紙”とも揶揄されるエル・ムンド・デポルティボは、復帰を既定路線として書き立てている。
    マドリード系のマルカまでが「レアル・マドリードも興味を示している」と伝え、状況を煽っており、風雲急を告げつつある。

    久保が18歳になる今年6月、ひとつの結論が出るのだろう。ただし、もし復帰した場合でも、当面はトップチームではない。セカンドチームであるバルサBが主戦場になるだろう。

    そもそも、バルサBとはどのような存在なのか。

    バルサBは、ラ・マシアと言われるバルサの育成組織の頂点と言えるだろう。ラ・マシアで育った選手たちが最終的に行き着く場所。
    そこで大人たちを相手にプレーし、試練を受け、「トップチームに昇格できるかどうか」の審判を下される。いわば登竜門。
    リオネル・メッシもアンドレス・イニエスタも、バルサBでのプレーを経て、トップに定着したのだ。

    バルサBは現在、2部B(実質3部)に所属している。昨シーズンまでは2部で戦っていたが、あえなく降格。
    今シーズンは第33節終了段階で6位と、昇格プレーオフを狙える順位(4位以内)を争っている。

    選手構成は基本的に、「U-21バルセロナ」に近い。現在は「ジョゼップ・グアルディオラに近い」と言われる戦術家、ガルシア・ピミエンタ監督が率いている。
    ピミエンタはラ・マシアで、メッシ、ジェラール・ピケ(バルセロナ)、セスク・ファブレガス(モナコ)、
    チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)、セルジ・ロベルト(バルセロナ)などを指導してきた実績がある。

    現在のメンバーは、2017-18シーズンにUEFAユースリーグ(ユース年代の欧州チャンピオンズリーグ)で優勝した選手が中心。
    エースは「左利きのイニエスタ」、アレックス・コジャード(19歳)か。左サイドバックのフアン・ミランダ(19歳)は昨年12月、スペイン国王杯でトップデビュー。
    アンカーのオリオル・*ケッツ(20歳)はセルヒオ・*ケッツから後継者に指名され、同じくトップデビュー済み。
    右サイドバックのムサ・ワゲ(20歳)はセネガル代表としてロシアW杯に出場、日本戦で得点を記録した。

    そして来季は、久保と同年代の選手たちがバルサBに昇格する予定と言われる。
    デポルティボ・ラ・コルーニャで活躍した元スペイン代表フラン・ゴンサレスの息子、ニコ・ゴンサレスなどは、すでにバルサBでデビュー。
    ちなみに彼らもUEFAユースリーグで準決勝に進出し、連覇に挑んでいる。
     
    久保の復帰に向け、これ以上のタイミングはないだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190418-00010000-sportiva-socc
    4/18(木) 6:20配信


    【【リーガエスパニョーラ】久保建英を待ち受ける茨の道。 バルサBでは「メッシ二世」が毎年誕生】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    1 Egg ★ :2019/04/20(土) 20:59:38.77 ID:O3D08TDO9.net

    <浦和・神戸>後半、神戸・ポドルスキ(左)とマッチアップする浦和・槙野(撮影・西尾 大助)
     ◇明治安田生命J1第8節 浦和1―0神戸(2019年4月20日 埼玉)

     神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)が、0―1で敗れて今季初の3連敗を喫したアウェー浦和戦後に、主将を辞任した真意を明かした。17日に自らのツイッターで主将辞任を表明。監督交代と同日のツイートだったことから、さまざまな憶測を呼んでいた。

     昨季から主将を務めてきた背番号10は3~4週間前から、主将マークを外すことを考えていたようで、最終的に吉田新監督と話し合った中で「自分に対する信頼が見えなかった」ことから辞任を決めたという。

     「監督交代というタイミングだけじゃなく、3~4週間前からチームの状態が落ち着かない状態だった。その時から少し(主将辞任を)考えていて。今回、監督が代わったタイミングで監督と話をして、その中で自分に対する信頼もハッキリしたものが見えなかったので、主将マークを返した」

     「自分が主将としてやっていくには、十分な信頼が得られないんじゃないかと考えた中で。それだとチームのためにも良くないし、チームが良くなると思って、こうしたので。僕らにはみんなに公言している目標があるので、それに向かってまたゼロから進んでいくという意味でも、こういう行動を取った」

     「主将マークはただのマークで、それ以上のことはない。自分自身も子どもじゃないし、主将を代わったからって、ピッチで何かが起きるわけでもない。今まで通り、全てをクラブのためにささげて、ピッチの中で戦っていく」

    4/20(土) 19:32配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000210-spnannex-socc

    【サッカー】<神戸ポドルスキ>意味深!「他人に誠実に接することのできないような人間が、他人からの忠誠を期待するな」★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555631121/


    【【Jリーグ】<神戸ポドルスキ>主将辞任の理由告白!「自分に対する信頼が見えなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ