Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1



    (出典 www.football-zone.net)



    土田SDは「新しいコンセプトの下で、新しいレッズを作る」と宣言

     浦和レッズは12日にさいたま市内で記者会見を行い、来季の強化体制について説明。新任の土田尚史スポーツダイレクター(SD)は3年計画でのリーグタイトル奪還と長期的な強化を実現するためのコンセプトを語るとともに、来季の補強ポイントストライカーセンターバックを挙げた。

     浦和は昨年4月にオズワルド・オリヴェイラ前監督の招聘と時を同じくして就任した、中村修ゼネラルマネージャーが退任。来季に向け、強化部門でトップチームに特化した責任者に土田SDを据え、それをサポートするテクニカルダイレクター(TD)に西野務氏を任命した。2人はともにJリーグ開幕から浦和でのプレー経験を持ち、土田氏はその後にGKコーチとして現場に、西野氏は大学教授などクラブ外で活動してきた。

     今季リーグ戦で14位に終わったことからの巻き返しが求められるが、土田SDは短期的な視点でものを見ることを繰り返すことこそ浦和の悪例であるとして、中長期的なコンセプトの必要性を説いた。

    「短期的な結果を求める、直近のシーズンだけのことを考えるのではなく、なぜこうなっているかを考えるのが重要。コンセプトが不確定ななかで目先の結果ばかりを追い求め、上手くいかなければ監督も獲得する選手も変わる。今後の浦和レッズにとって、それは避けたい。新しいレッズを作るためにはコンセプトサッカーを作る流れにしないといけない。今季に関してもシーズン途中の監督交代。今までと同じことを繰り返している。それを見直す。来季は新しいコンセプトの下で、新しいレッズを作るスタートにしたい」

     また土田SDは、サッカーの部分でのコンセプトについて「個の能力を最大限に発揮すること。前向き、攻撃的、情熱的なプレーをすること」としたうえで、具体的には「最終ラインを高く設定し、前線からをコンパクトに、奪う、攻撃、ゴールをできるだけスピーディにする。そのためには細やかなラインコントロールが必要。攻撃はとにかくスピード。運ぶ、数的優位を作る、短時間でゴールに迫ること。攻守に認知、判断、実行のプロセスを早めること。それを共有してパフォーマンスを上げることを目指す」と話した。

    「FWに結果の残せる選手を獲得したい。センターバックも重要な補強ポイント

     トップチームの目標としてはロードマップを策定し、初年度となる来季はAFCチャンピオンズリーグACL)出場権の獲得と、得失点差のプラス2桁。2年目には飛躍の年として選手全員がコンセプトを理解できた状態にし、3年目でのリーグ優勝を掲げた。長期的には「常に安定的な優勝争いをして、リーグ連覇を成し遂げたい」という構想もあるという。

     一方で、直近のシーズンに向けて強化責任者として必要な選手補強を含む選手構成の見直しについても触れている。

    「選手の出し入れが、実は簡単ではない状況にある。契約年数が来季にまたがっている選手がほとんど。そのなかでもポイントを絞って補強をしなければいけない。今、考えているのは、FWに結果の残せる選手を獲得したい。国籍を問わずリストアップし、絞ってどの選手を獲得しにいくか検討している。センターバックも重要な補強ポイント

     西野TDはこうした面について「選手の編成を含め、万全の状態を作るために仕事をしている。シーズンが始まる時には、監督が言い訳をできないような体制を作るための仕事をしている」と言及。選手評価の部分では、ドイツ代表やマンチェスター・シティなどで導入されている、ドイツの「SAP」社のデータを活用する構想も明かした。

     大槻毅監督の続投について土田SDは、「今季はシーズン途中からの就任で、目の前の勝ち点に捉われて本来目指すサッカーはできなかった。来季は大槻監督の魅力ある攻撃的なサッカーを展開できると確信している」としている。

    “変革の元年”を宣言した浦和は、迷走を繰り返した過去の歴史と決別する姿を見せることができるのか。中期、長期のプランが語られたなかで、短期的に苦しい時期を過ごす瞬間が訪れた時こそ、その真価が問われるのではないだろうか。(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

    浦和レッズは3年改革で長期的なチーム強化を宣言した【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】今季低迷の浦和が改革宣言 リーグタイトル奪還の“3年計画”に掲げた補強ポイントは?】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/13(金) 07:27:28 ID:2diI0UmA9.net

    Jリーグを代表するビッグクラブ・浦和レッズのFW・杉本健勇選手にインタビューしました。
    恋愛観からご両親のこと、仲がいい選手についてや将来の夢まで、知られざる素顔をたっぷりと語ってくれました。とろけそうなショットとともにご堪能ください!

    写真・黒川ひろみ 文・伊藤順子


    (出典 img.ananweb.jp)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 img.ananweb.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://img.ananweb.jp/2019/12/29230125/KUR1880.jpg

    女性も嬉しいけど、男性に応援されたいです

    澄んだ青空に陽光が穏やかに差し込む昼下がり。普段よりやや長引いた練習を終えて、汗を滲ませた浦和レッズの選手のみなさんが続々とクラブハウスへ戻っていきます。
    そのなかで、練習見学のファン、サポーターの方々からひと際視線を注がれていたのが、今季セレッソ大阪からレッズに移籍したフォワード(FW)の杉本健勇選手。
    187cmの長身に爽やかなルックス、多くの女性がメロメロになるのも頷けます。

    ーーどこからどう見てもカッコいいですね。モデルさんのようです。

    いえいえ、「モデルをやれるでしょ」と言われることもありますが、もっとカッコいい人は世の中にたくさんいます。女性に応援していただけるのも嬉しいですけど、正直言えば、男の人から言われるほうが嬉しいです。

    僕、子どもの頃は太っていたんですよ。小3の時に交通事故で大怪我をしてしまい、長い入院生活ですっかり運動不足になってしまったんです。
    それで、ダイエット目的でサッカーを始めました。いざやってみたら楽しくて、そこから今に至ります。だから、僕がぽっちゃりした体型じゃなかったら、サッカーに出合えていなかったですね。

    ーーいまのスラリとしたスタイルからは想像もできません。これまで東京ヴェルディや川崎フロンターレでプレーされた時期もありましたが、セレッソ大阪の下部組織からそのままトップチームに行かれ、長年セレッソ大阪で活躍されていました。
    今季、クラブも環境も激変しましたが、いかがですか。

    関西から関東ということで、最初は慣れるのに大変でしたけれど、今はもう大丈夫です。
    浦和レッズのサポーターのみなさんはとても情熱的で、いつも支えてもらっていると感謝しています。
    大阪ももちろんいいですが、こちらにはこちらの良さがありますね。

    クリスマスは南野と扇原の3人で食事をしていました

    ーー練習後はどう過ごされていますか?


    基本的に体のケアに努めています。ジムでトレーニングして、ほぼ毎日、めっちゃ大好きなお風呂やサウナに行きますね。こっちに来てからいろいろ巡って、お気に入りを見つけたんですよ。
    一般の方が僕を見て驚かれることもありますが、なんせ毎日行っているので、多くは顔見知りのおじさんです。あとは、SNSでファンの方々とやり取りもさせてもらっています。


    ーー個人でおやりになっている会員制のSNSですよね。


    はい、改めて応援してくれているかたの存在に助けられています。その部分は、SNSをやる前よりもすごく感じられますね。サッカー選手としての僕も、その冠を取っ払った「杉本健勇」も応援していただけるのが嬉しいです。
    まだ始めたばかりで、いろいろなご意見をいただくのは仕方ないと思っています。
    ただ僕は、入会してくださっている方々のありがたみをすごく感じていますね。

    」と呼び捨てにしているくらい仲がいいです。小5、6のときに出会って、セレッソでも一緒にプレーをしていました。先輩ですけれど親友ですね。
    去年のクリスマスは、中学の頃から遊んでいた南野拓実選手(ザルツブルク所属)と会う約束をしていたのですが、そこに扇原も呼んで3人で食事をしました。

    https://beauty.biglobe.ne.jp/news/entame/anan_191201_4919175601/
    2019年12月01日 18時50分

    https://www.soccer-money.net/players/in_players.php
    2019年 J1リーグプロサッカー選手 年俸データ


    【【Jリーグ】真のモテ男! 浦和・杉本健勇「去年のクリスマスは南野拓実と過ごしました」21試合2得点(2PK)年俸1億円】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    Jリーグで最もゴールを記録している男・元日本代表FW大久保嘉人12月12日ジュビロ磐田から戦力外通告を受けた。

    福岡県で誕生した大久保は、小学校卒業後に長崎県の国見中学校へ入学。当時の総監督であった小嶺忠敏監督の下でサッカーを学ぶと、進学した国見高校では3年次にインターハイ、国体、全国高校サッカー選手権の高校三冠を達成し、エースとして活躍。インターハイと選手権では得点王に輝いた。

    引く手数多の大久保は、2001年セレッソ大阪へと入団。得点力を期待されたものの、1年目はケガの影響もありわずか2得点に終わっていた。しかし、2年目はJ2で18得点を記録すると、3年目はJ1で16得点とその能力を発揮。以降もゴールを重ねていった。

    ゴールを奪う能力を持ちながら、まずまずの結果に終わっていた大久保だが、その才能が開花したのは、2013年に加入した川崎フロンターレで間違いない。

    川崎Fで開花、3年連続得点王
    30歳になっていた大久保だが、川崎Fではパスの供給役であるMF中村憲剛とのコンビを確立し、Jリーグを席巻。加入1年目で33試合に出場し26得点を記録すると、自身初の得点王のタイトルを掴んだ。

    さらに、2年目は32試合で18得点、3年目は32試合で23得点を記録し、2013年から3年連続で得点王。これはJリーグ史上初の快挙となり、ゴールを求められる大久保にとっては名誉な記録だろう。

    川崎F大久保ゴールを量産できたのには、前述の通り中村憲剛という日本屈指のパサーが居たことが大きな要因の1つだ。

    大久保170cmとストライカーとして決して恵まれた体格ではない。しかし、ボール保持者と相手GKとゴール同一視野にとらえる能力や、ポジショニングの巧みさ、プルアウェイの動きでマークを外す能力に長けていた。そして、その大久保の能力を最大限に引き出したのが中村憲剛だ。

    一方で、大久保プレーにも変化が生まれた様に感じる。年齢的にもチームの中では年長者となり、ガムシャラにゴールを目指すだけでなく、ポジションを下げて組み立てに参加したり、周りとの連携でゴールを目指すプレーが増えた。相変わらず黄と赤のカードとの付き合いはあったが、川崎Fというクラブの中でゴールを奪うことに集中できたことは、4シーズンで82得点と量産することに繋がったのだろう。

    ◆まだ衰えるには早い
    数字だけで見れば、この数年の落ち込みは衰えたと言われても仕方がないかもしれない。ただ、プレーするポジションが徐々に下がっていった影響もある。また、チームへのフィットという点でも難しい時期が続いた。

    ゴールの近くでプレーしてこそ真価が発揮される大久保だが、磐田ではなかなか最前線で起用されることは少なかった。フェルナンド・フベロ監督就任後は前線で起用されたものの、チームの不振を払拭する活躍はできず。それでも、負ければ自動降格が決定する第33節の名古屋グランパス戦では、終盤に決勝ゴールを記録。結果的にこの試合後に降格が決定したが、大久保ゴールでスタジアムの盛り上がりは最高潮に達した。

    Jリーグ通算200ゴールという大台まではあと「15」。「サッカーに対する情熱は全く衰えていません」という言葉通り、まだまだゴールを決め続けることはできるはず。「大久保ピッチに立つと何かやりそう」という相手、観る者を巻き込む雰囲気は今だに持ち続けている。そういった点では、衰えたとは言えないだろう。

    ただし、偉大な記録を達成するためには、ストライカーとして大久保の力を必要とするチーム、そしてパスを供給できる選手がいるチームに移籍するべきだろう。予想の域を出ない状況ではあるが、年齢を残されたキャリアを考えると絞り込めてくるものはある。

    ◆行き先はストライカーとして輝ける場所
    例えば、来シーズン13年ぶりにJ1リーグで戦う横浜FCベテラン選手が多く在籍するチームだが、磐田や日本代表チームメイトとして戦った中村俊輔という日本屈指のパサーがいる。J1での経験値、得点力が必要な横浜FCとしては、願ってもない選手と言ってもいいだろう。

    その観点で言えば、小野伸二が所属するFC琉球も面白いかもしれない。J2参戦1年目の琉球は、序盤戦は攻撃的なサッカーでJ2の台風の目となっていた。多くの選手が退団している現状もあり、大久保のような経験者を迎えてチーム力を上げることもあるだろう。2018シーズンの播戸竜二(2019年に引退)の例もある。

    また、年齢を考えれば故郷に帰るということもあるだろう。生まれ故郷の福岡県には、アビスパ福岡ギラヴァンツ北九州の2チームがあるが、地元という点では北九州が近い。来季からJ2に舞台を移すだけに獲得できたら盛り上がることは間違いない。また、中高を過ごしたV・ファーレン長崎もあるかもしれない。さらには、高校の大先輩である高木琢也監督率いる大宮アルディージャや、永井秀樹監督率いる東京ヴェルディも有り得るかもしれない。

    ここまで挙げたチームは全て単なる憶測であり、何の根拠もないものだが、1つ言えることは大久保ゴールを観たいと思っているJリーグファンは少ないくないということ。どのチームプレーするかは分からないが、確実に観る者を興奮させる大久保ゴールをまだまだ観たいものだ。
    《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】偉大な200ゴールまであと「15」、Jリーグ最高のストライカー・大久保嘉人はどこへ?】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/11(水) 06:47:26.18 ID:n+m8Qaky9.net

    「JリーグID」の成功

    Jリーグは10日に東京・文京区のJFAハウスで開催した理事会で、今シーズンの全主催試合における総入場者数が史上最多の1140万1649人に、トップカテゴリーとなるJ1リーグの1試合平均の入場者数が27年目で初めて2万人の大台を超えて、2万751人に達したことを報告した。
    これまでの最高は、総入場者数が2017シーズンの1078万9107人、J1の平均入場者数が1994シーズンの1万9598人だった。今シーズンの主催試合は湘南ベルマーレと徳島ヴォルティスが対峙する、14日のJ1参入プレーオフ決定戦を残しているので、総入場者数はさらに増えることになる。

    Jリーグにとって、総入場者数で1100万人をクリアすることは悲願のひとつだった。過去には2010シーズンに目標を成就させようと、4年間をかけて「Jリーグ イレブンミリオンプロジェクト」と銘打たれた一大キャンペーンを展開したが、結果は864万5762人と遠く及ばなかった。
    総入場者数には各カテゴリーのリーグ戦とYBCルヴァンカップ(旧ヤマザキナビスコカップ)だでなく、開幕前の風物詩FUJI XEROX SUPER CUPや日本国内で行われるACLも含まれる。一方で日本サッカー協会が主催に加わる天皇杯や、チャンピオンシップは対象外となる。

    2010シーズンに比べればJ2のチーム数も増えて、J1参入プレーオフ(旧J1昇格プレーオフ)に続いてJ3も創設された。夏場にはヨーロッパの強豪チームを招くJリーグワールドチャレンジも開催されているが、総入場者数全体を押し上げたのはやはりJ1の入場者数となる。
    昨シーズンと比較すれば、全306試合の合計が583万3538人から634万9681人と51万6143人もアップ。1試合平均が1万9064人から、前述したように2万751人へと増えている。もっとも、今シーズンのJ1は、これまでとは大きく異なる状況下で開催されてきた。

    まずは群を抜く集客数を誇り、観客動員数をけん引してきた浦和レッズのトータルが、60万3534人から58万1135人へと減少した。加えて、ラグビーワールドカップが日本で開催された関係で、会場となった日産スタジアムを横浜F・マリノスが2ヶ月あまりにわたって使用できなかった。

    今シーズンのマリノスは収容人員1万5454人のニッパツ三ツ沢球技場で5度、リーグ戦を開催している。7万2327人を収容可能で、優勝を決めた今月7日のFC東京との最終節ではJリーグ史上で歴代最多となる6万3854人が詰めかけた日産スタジアムと比べて大きく劣る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00010000-wordleafs-socc
    12/11(水) 5:16配信


    【【Jリーグ】なぜJリーグは史上最多入場者記録を更新したのか?】の続きを読む

    no title


    リーグ戦の1試合平均得点は歴代ワースト2位、得失点差が二桁マイナスは99年以来

     浦和レッズは今季のJ1リーグを勝ち点37の14位という成績で終えた。今季はオズワルド・オリヴェイラ監督の下でスタートを切り、シーズン途中に大槻毅監督に交代したが、攻守ともに課題を解決しきれないままシーズンを終えた。

     最終成績は9勝10分15敗、34得点50失点で得失点差はマイナス16だった。1試合平均得点「1.00」は1993年Jリーグ開幕初年度、10チームスタートした年の年間36試合で8勝しかできなかったシーズンの「0.72」に次ぐ低さだった。得失点差がマイナスで終わるのも、今季同様に最終節でJ1残留を確定させた2011年以来のこと。年間でのマイナスが二桁となったのは、1993年、94年、J2に降格した99年以来。クラブ史上でも、相当に苦しんだシーズンだったと言えるだろう。

     攻撃力不足は、5月末の監督交代で就任した大槻監督も「改善しきれなかった」と話した。特に「ボールを握りたい」という意向を反映するだけのビルドアップ時の方法論を、チームとして確立できなかったと言える。今季、欠場の時期が長かったMF柏木陽介は、「距離感も良くないし、コンビネーションもまだ課題が。誰が動いたら、どこに誰が動くとか、そういう共通認識が必要なのかなと。それをやっていければ連動性や攻撃も改善されていく」と話した。これは、11月1日の第30節鹿島アントラーズ戦(0-1)後のことだ。

     シーズン開幕直後の3月や4月、あるいは新監督という点で就任2カ月までの段階でのコメントであれば、どこか仕方ない部分もあるだろう。しかし、残り1カ月強しかない時期にこうした言葉が出てくるというのが、組織としての機能性を高められなかったことを如実に示している。確かに最終局面で、FW興梠慎三を除く選手たちの仕留める質が高くなかったのも事実だが、そもそも決定機、あるいは大きなチャンスと感じられるところまで攻撃が進む回数があまりに少ない。これでは、得点力不足となるのは自然なことだ。

     一方で、その攻撃の質が上がらないことが失点増加にもつながった。選手たちは、大槻監督が「相手の長所を消して、自分たちの良さを出そうとする」指揮官だという印象を話していた。そのなかでも「できるだけ前からプレッシャーをかけたい」という意思は、基本的なものだった。

    ACL中国勢の“外国人頼み”が、浦和のバランスの悪さを助けた

     しかし、攻撃の終わり方が悪いうえに、例えば最終ラインのDF鈴木大輔の言葉を借りると「前が制限できていない時でも、中盤が出ていってしまう」ようなバランスの悪さで、裏返されてしまう。最終ラインが、相手のアタッカーがスピードに乗った状態で対応させられる場面が多くなった。この構図はラスト2試合の第33節FC東京戦(1-1)や第34節ガンバ大阪戦(2-3)でも、何度も繰り返された。

     もちろん、相手にボールを持たれるとブロックを作って守ることになるが、そこからは前述したマイボールの質の低さが顔を出す。最終ラインでようやくボールを奪っても、そこから前進させるところに共通理解や質が伴わないことで、相手の中盤までのラインを越えられずに、結果的に自陣で押し込まれる状態を脱しきれない。これは、特に横浜F・マリノス川崎フロンターレヴィッセル神戸といったボール保持が上手いチームとの対戦時によく見られた。

     浦和は今季、AFCチャンピオンズリーグACL)では2年ぶり3回目の決勝進出という結果を残した。東アジア、特に中国勢に対しては国内リーグの3強(北京国安、上海上港、広州恒大)をすべて破った。しかし、彼らの持つ強力な外国人選手たちは、攻守の切り替えや浦和ボール時のプレスに熱心ではない。それが、浦和のビルドアップが機能しないところを助けた面は大きい。

     そして浦和の3バックは、個の1対1で相手を抑え込む能力は非常に高い。中国勢が特に連動することもなく、前に預けて任せるタイプの攻撃だったことも守備面のバランスの悪さを隠した。

     浦和にACL制覇へ懸ける強い思いがあったのは事実だが、低迷するリーグ戦との成績が噛み合わない理由には、ピッチ上の理由もきちんとあったと言える。それは前線の個の能力に加えて、組織力も兼ね備えたアル・ヒラル(サウジアラビア)との決勝では、手も足も出ない試合内容だったことからも明らかだろう。

    立ち返るべきチームの“幹”を確立しなくては「危機感」は現実のものに…

     大槻監督は事前のスカウティングから相手の良さを消す、相手の弱点を突こうという準備を各試合で繰り返してきた。しかし、その根本のところにあるニュートラルな状態の時に、チームがどのように試合を進めていくかという部分が最後まで定まらなかった印象が強い。それでは、安定感のある試合運びや成績は望めないだろう。

     浦和はすでに大槻監督の来季続投を発表している。トップカテゴリーにおける正式な監督として、トレーニングキャンプからチームを作るのは初めてのことだ。よく大槻監督は記者会見で「サッカーには相手がある」という言葉を用いた。それは間違いなく、大事な要素の一つでもあるが、立ち戻るべきチームベース、試合ごとに枝葉を変化させる前の幹の部分を確立しなければ、DF槙野智章が「このままでは来季も残留争いになる」という危機感は現実のものになってしまうのではないだろうか。(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

    ACLでは決勝に進みながらも、リーグ戦では思うような結果を出せず【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】浦和「無冠」の理由 ACL準優勝もJ1で記録的“低迷”…隠しきれなかった攻守の問題点】の続きを読む

    このページのトップヘ