Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:日本リーグ > J1



    (出典 www.football-zone.net)



    昨夏J1神戸への移籍を決断したイニエスタ、母国紙のインタビュー取材で思い吐露

     J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタにとって、2年目のJリーグが始まろうとしている。今シーズンも日本だけでなくスペインなど各国からの注目を集めるなか、母国スペインの全国紙「マルカ」のインタビュー取材に応じている。様々なことを語り、日本での生活にも一家全員で慣れ始めているようだ。

    「日出いずる国に温かさを求めるために、バッグに荷物を詰めた。そして日本で、彼が必要としていたおだやかな日々を手にした」

     同インタビューの冒頭、同紙はこのように触れている。無理もないだろう。育成組織から生え抜きとして育ったバルセロナで元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス(現アルサッド)とMFセルヒオ・ブスケッツと抜群のコンビネーションを形成し、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシら豪華攻撃陣のゴールを何度もお膳立てした。そして2010年南アフリカワールドカップ(W杯)ではスペイン史上初のW杯制覇を成し遂げ、まさにヒーローとなった。

     その分だけ、スペイン国内での注目度は非常に高く、気が休まる日はなかったのだろう。イニエスタ自身はこのように吐露している。

    「タフな時期を終えた後、僕はプライベートな、そして家族での体験を探していた。そのなかで日本とアジアサッカーを引き上げるような野心的なプロジェクトを感じた」

     それによって昨夏イニエスタが神戸に加入したのは周知の事実だ。そのなかで感じ取っているのは日本という国の文化だという。

    日本生活で何より大きいのはプライバシー面 同紙指摘「街中で静かに散策できる」

    「最初の数カ月は文化的な違いが多かったから苦労したけれど、順応していったんだ。(神戸の土地は)海と山があって、人々はとても親切で尊敬の念を示してくれる」

     また、イニエスタと彼の妻であるアンナさんは通訳のサポートを受けている一方で、毎週のように日本語のレッスンを受けていることを明かしている。それとともに畳の上で眠ったことはないが、ラーメン、ソバ、スシといった日本伝統の食べ物に舌鼓を打っているという。そして何より大きいのは、プライバシー面の尊重のようだ。同紙はこのようにも記している。

    イニエスタの家族が最も楽しんでいるのは、街中で静かに散策できることだ。日本人はとても謙虚で、スターに対して路上で迷惑をかけることはない。好奇心自体はあるとはいえ、それは不快なほどではないようだ」

     バルセロナの地を離れたイニエスタが手に入れた静かな環境は非常に大きなものだったようだ。(Football ZONE web編集部)

    ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】「最初は苦労したけど…」 神戸イニエスタが日本人に感謝「親切で尊敬の念を示してくれる」】の続きを読む

    5B19DF9F-00E7-44BD-B6FB-94D203F0846A


    FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレ浦和レッズを1-0で退け、初優勝した。

    浦和の“闘う男”DF槙野智章は試合後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。“特別な相手”川崎F戦での敗戦を通して、「僕らがすべきことを整理することができた」と話した。

    ◆DF槙野智章(浦和レッズ)
    ──試合を振り返って
    「難しい試合になったことは確か。完成度の違いが出ました。ただ、今日の対戦からたくさんのものを得ることができました。敗戦はチームとして痛いが、キャンプで練習試合もなかったので、今日の試合で僕らがすべきことを整理することができたと思っています」

    ──手応えは?
    「守備のところですかね。守る時間も長かったので。ボールを奪ってから攻撃に転ずる際のボールを動かす時間だったり、(公式記録でシュート1本に終わった)攻撃のバリエーションシュートの本数を増やしていかないと、ずっと守備をしていても勝てない。もう少し自分たちの時間を作っていかないといけないと思います」

    「ただ、川崎F相手のやり方ということもあるので、今日のような戦いを毎試合のようにやるつもりはないです。今日の試合で、自分たちのやらなくちゃいけないことを整理できました」

    ──守備面に関して
    「先ほども言いましたが、守っていても勝てない。守備の時間が長く、ボールを持たれてジャブを打たれている時間も長かった。昨年まで“0-0でハーフタイムを迎えると、自分たちの時間になる”というゲームプランで戦えましたけど、今日は後半になっても自分たちのすることができませんでした」

    「そこから自分たちの時間する前に失点をしてしまった。試合後のロッカーで選手たちと、『守備的なサッカーに徹するというより、どこかで少しリスクを負って前に出る動きを賢くやっていかないといけない』と話をしました。何度も言いますけど、川崎は特別。川崎に対しては今日みたいな戦いをしないといけない展開になる」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】槙野智章、“特別な相手”川崎Fに敗戦 「完成度の違いが…」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》】の続きを読む

    946933DF-81FF-4FFE-A57E-85649B065A41


    FUJI XEROX SUPER CUP2019が16日に埼玉スタジアム2002で行われ、川崎フロンターレ浦和レッズを1-0で退け、初優勝した。

    浦和の司令塔として今年も活躍に期待がかかるMF柏木陽介は試合後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。川崎の“貫禄勝ち”が如実だった試合での自身のパフォーマンスについて「『自分が下手』」だと思うぐらい低調だったと振り返り、23日に開幕する明治安田生命J1リーグ第1節のベガルタ仙台戦に向け、調子向上を誓った。

    ◆MF柏木陽介(浦和レッズ)
    ──試合を振り返って
    「本当、ダメだった。それだけ。個人的にね。自分が遅く感じるくらい、相手がすごく早く感じるくらいにフィーリングが合っていなかったです」

    「でも、チームの守備に関して、ピンチもあったけど、ブロックを作ってうまくやれた。攻撃はほとんどシュートが打てず、良い形が作れなかった」

    「自分としても、前を向いて裏を突くパスもことごとく相手に引っかかってしまった。そこらへんに関して、まだまだだなと」

    「ただ、個人的に疲れがあるわけじゃなく、走れてはいる。あとは試合感覚。それが戻ってきたら、より良くなってくると思います」

    「一応、タイトルがかかった試合だったので、悔しい結果になったが、最終的に自分たちが一番上にいるために、ここから上げていきたい」

    「次のリーグ開幕でそれを証明できるように、また1週間で準備してやっていきたいです。今日は自分が悪かった。それをすごく認識していますし、もっともっと良くならないと」

    「今日はサッカーをやっていて、本当に『自分が下手やな』と思うぐらい何もできなかった。しかも、川崎がすごく良かったというわけじゃなかったということもあり、自分に納得がいかない部分があります」

    「しっかりと良い準備をして、仙台戦で全力を注ぎたいです」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】反省の“浦和司令塔”柏木陽介「本当に『自分が下手やな』と…」《FUJI XEROX SUPER CUP 2019》】の続きを読む

    5EA33D70-28E6-4CFD-AB29-0D805C4203C6


    1 Egg ★ :2019/02/16(土) 17:44:39.88 ID:+AVtgYGb9.net

    [2.16 富士ゼロックススーパー杯 川崎F1-0浦和 埼玉]

     新天地でのデビュー戦はほろ苦い結果に終わった。今季、C大阪から完全移籍で浦和レッズに加入したFW杉本健勇はFW興梠慎三との2トップで先発。しかし、前半11分に2人が交錯して興梠が倒れるシーンがあるなど、連係面はまだまだ発展途上だった。

    「今日は少し難しかった。奪ってからのカウンターを狙っていたけど、相手も切り替えが早くて、自分たちがバタついてしまった」。

    Jリーグ屈指のポゼッションを誇る川崎Fに対し、コンパクトに守ってカウンターを狙ったが、杉本自身もターゲットになり切れず、チームとしてもシュートはセットプレーからの1本のみ。少ないチャンスで1点を取るのは狙いでもあったが、その1本も枠を捉えられなかった。

     守備でのチーム全体のポジショニングについては「スライドのところは練習や練習試合のときよりも良かった。そんなに相手にチャンスもつくっていなかった」と手応えもあったが、「耐えて一発で(得点を)取るのが理想だった」と悔やんだ。

     結局、杉本はハーフタイムで交代。同じく新戦力のMFエヴェルトンも前半のみでベンチに下がり、オズワルド・オリヴェイラ監督は「通常の試合ならハーフタイムで交代はしないが、本日のルールでは5人交代できる。

    新加入の2人を交代させたが、彼らが悪かったから代えたわけではない。公式戦をこなすにつれてチームにフィットすると思う」とかばったが、不完全燃焼の45分間となった。

    「縦パスのところもそうだし、もう少し出し手も受け手も要求し合わないといけない。また練習からやっていきたい」。

    ホームの埼玉スタジアムで行われた富士ゼロックススーパーカップ。5万2587人の観衆で埋まり、「お客さんがたくさん入ってくれて勝ちたかった」と悔しさは倍増だったが、「来週、Jリーグが始まる。切り替えて準備したい」と、23日のJ1開幕戦・仙台戦(ユアスタ)を見据えた。

    19/2/16ゲキサカ
    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?266185-266185-fl


    【【Jリーグ】<浦和レッズFW杉本健勇>ほろ苦デビュー!「バタついてしまった」チームとしてもシュートはセットプレーからの1本のみ】の続きを読む

    0FFC035F-FF80-42E5-ACDC-F68227CB5012


    期待の新助っ人が公式戦初戦で初ゴールJリーグ3連覇へ好発進

     日本サッカーの新シーズン幕開けを告げる富士ゼロックススーパーカップが16日に埼玉スタジアムで行われ、昨季のリーグ王者・川崎フロンターレ天皇杯王者・浦和レッズが激突。後半7分に川崎に新加入のブラジル人FWレアンドロ・ダミアンが決勝ゴールを奪って1-0で勝利。ゼロックス杯初制覇を果たした。

     川崎はDFエウシーニョ(→清水エスパルス)が抜けた右サイドバックにDFマギーニョ、1トップロンドン五輪の得点王であるL・ダミアンという新加入の両ブラジル人が先発。一方の浦和はアンカーの位置にポルトガルの名門ポルトから新加入のMFエヴェルトン、前線にはセレッソ大阪から移籍のFW杉本健勇がスタメンとして名を連ねた。

     立ち上がりから川崎がボールを保持しながらゲームを進めるものの、浦和のブロックの前に入り込めない時間が続く。そのなかで最初の決定機は前半30分の川崎。L・ダミアンが左サイドから中央にドリブルで切り込みながら相手を引きつけて中央にラストパスを送ると、飛び込んできたFW小林悠がゴール正面からシュートを放つビッグチャンスを得たが、ゴール上に外れた。

     さらに同32分にはMF中村憲剛のFKからL・ダミアンが頭でつないでDF谷口彰悟が押し込んだものの、谷口がオフサイドゴールならず。さらには同38分に小林のクロスにL・ダミアンが合わせて決めた場面もオフサイドとなった。一方の浦和はゴール前に入り込む場面を作れず、前半はスコアレスで終了した。

     浦和のオズワルド・オリヴェイラ監督はハーフタイムに2人の選手交代を決断。エヴェルトンに代えてMF阿部勇樹、杉本に代えてオーストラリア代表FWアンドリュー・ナバウトといった昨季から所属する選手を送り込んだ。

     後半に入っても川崎が攻勢に出て、先制ゴールが生まれる。同7分、左サイドからMF家長昭博が上げたクロスをファーサイドでL・ダミアンが落とすと、その後のこぼれ球が再びL・ダミアンのところへ。フリーの状況で左足を振り抜き、川崎でのデビュー戦で日本初ゴールを奪った。

     1点を失った浦和はさらに同20分に横浜F・マリノスから加入のDF山中亮輔を左サイドへ投入。川崎の鬼木達監督も同25分にサンフレッチェ広島から加入のDF馬渡和彰をマギーニョに代えて入れ、両者ともに新天地でのデビューとなった。

     全体的に川崎がボール保持率の高いまま進んだ試合は、両ゴール前のシーンが少ない膠着したものとなり、このまま終了。昨季のリーグ王者川崎が新シーズンの初戦を制して、ゼロックス杯を初制覇した。一方の浦和は、2006年以来2回目のタイトル獲得はならなかった。 (Football ZONE web編集部)

    決勝ゴールを挙げたL・ダミアン【写真:Noriko NAGANO】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】川崎のL・ダミアン、日本デビュー戦で決勝弾! 浦和を1-0で破りゼロックス杯初制覇】の続きを読む

    このページのトップヘ