Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > その他



    (出典 www.football-zone.net)



    後期第15節サントス・ラグーナ戦に先発の本田、1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献

     パチューカの日本代表FW本田圭佑は、現地時間14日に行われたリーガMX(メキシコリーグ)後期第15節サントス・ラグーナ戦に先発出場し、1ゴール1アシストの活躍で3-1勝利に貢献した。本田の豪快な一撃について、中南米をカバーするサッカーメディア「bolavip」は「エリア外からの爆弾」「悪魔の左足」と絶賛している。

     前節のプエブラ戦(6-2)で2ゴールの活躍を見せた本田は、この日のラグーナ戦でも先発出場すると、前半24分に存在感を放つ。同記事が「ケイスケ・ホンダが驚異的な一撃」と称える先制点が生まれる。

     右サイドのペナルティーエリア手前で縦パスを受けた本田は、トラップと同時に相手ゴール方向へ体を向けて相手と対峙。絶妙な間合いで相手を飛び込ませず、ボールを中に持ち運ぶドリブルで切れ込むと、思い切り良く左足を一閃。相手も懸命に体を投げ出すスライディングタックルでシュート阻止を図るも、本田の弾丸シュートは相手のブロックをすり抜けてゴール左上に突き刺さった。

     本田はその後に1アシストをマークし、最終的に1ゴール1アシストの活躍で3-1勝利に貢献。今季リーグ戦通算10ゴール7アシストと存在感を放っている。「本田が弓を引いた」と表現した同記事では、「エリア外から爆弾」と称賛。さらに「この日本人の悪魔の左足がサントス・ラグーナを破壊」と賛辞を贈っている。

     2試合連続ゴールと好調の本田。ラグーナ戦のセンセーショナルな先制ミドル弾は海外メディアにも衝撃を与え、大きな反響を呼んでいる。


    (Football ZONE web編集部)

    本田圭佑の弾丸ミドルを、「エリア外から爆弾」と海外メディアは称賛している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外衝撃】「悪魔の左足」本田圭佑の弾丸ミドルを称賛「エリア外から爆弾」】の続きを読む



    (出典 images.performgroup.com)



    本田圭佑がエリア外からの強烈ミドルで2戦連続“ゴラッソ”

     海外サッカー、メキシコ1部パチューカの日本代表MF本田圭佑が14日(日本時間15日)の試合で2戦連続ゴールを決めた。クラブ公式ツイッターが動画を公開。メキシコメディアも「ケイスケ・ホンダが試合をコントロール」と称賛している。

     同リーグのサントス・ラグナ戦。0-0の前半の25分だった。本田はゴールエリアのやや外で味方からの縦パスを受けた。巧みにトラップし、ゴール正面へボールを運ぶ。そして狙いすまして、左足を振り抜いた。エリアの外からの強烈なシュートだったが、見事ゴールの左隅に突き刺した。

     その6分後にはアシストも記録した本田はこれで2試合連続のゴール。リーグ戦の後期15試合で7得点、6アシストと結果を残し続けている。

     スペイン紙「マルカ」のメキシコ版は「ケイスケ・ホンダの手によってトゥソス(パチューカの愛称)は試合をコントロールし始め、ゴールを脅かし始めた。25分の得点で試合を動かしたのはまさしく日本人だった」と称えている。

     ゴールを公開したクラブ公式ツイッターには、サポーターから「ゴラッソ!」の声も上がっていた。

     パチューカで確固たる地位を築く本田。ロシアW杯を目前に控える新生西野ジャパンでも、頼れる男への期待が高まってきた。(THE ANSWER編集部)

    パチューカのMF本田圭佑【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】本田圭佑、連続“ゴラッソ”「試合を動かしたのはまさにホンダ」と賞賛…】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    1 動物園φ ★ :2018/04/15(日) 09:52:36.60 ID:CAP_USER9.net

    4/15(日) 9:41配信
    ゲキサカ

    [4.14 メキシコ1部 パチューカ-サントス・ラグナ]

     FW本田圭佑がまたゴールを決めた。

     14日にメキシコ1部後期第15節のサントス・ラグナ戦に先発した本田は、前半25分、ミドルレンジ右で縦パスを受けると、中央にドリブルしながら相手を外して左足を一閃。豪快なシュートをゴール左隅に突き刺した。

     本田は前節、リーグ戦では初のマルチゴールを記録。2試合連続弾で好調ぶりをアピールしている。

     さらに本田は後半31分に絶妙なスルーパスを通してMFエリック・アギーレのゴールをアシストした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-01652702-gekisaka-socc


    【【海外サッカー】本田、鮮やか2戦連発!左足豪快弾&アシストと大暴れ…】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    金銭面の駆け引きで2クラブ間に開き 伊メディア「まだ合意に達していない」

     ガラタサライは期限付き移籍中の日本代表DF長友佑都については、保有権を持つインテルと完全移籍の交渉を進めているが、イタリアのサッカー専門サイト「カルチョメルカート・コム」は、「まだ合意に達していない」と報じている。

     先日、トルコメディアでは完全移籍の合意報道が流れたが、イタリアでは金銭面で合意に至っていないとされている。「カルチョメルカート・コム」は、ガラタサライが移籍金250万ユーロ(約3億3000万円)を提示しているのに対し、インテルは500万ユーロ(約6億6000万円)を要求しており、2倍の開きがある状況のため首を縦に振っていないという。

     インテルは現状の提示額では長友放出にゴーサインを出すことはないとされ、ガラタサライの増額オファーがなければ交渉成立には至らないという。

     日本代表ではバヒド・ハリルホジッチ監督から西野朗監督への電撃的な交代劇があったが、来季の去就という意味ではクラブ間交渉がまさに“綱引き”の渦中にある。6月のロシア・ワールドカップを前に、長友はプレー先に関してスッキリとした状態で臨めるだろうか。


    長友佑都のガラタサライ完全移籍交渉が「まだ合意に達していない」と報じられた【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】長友のガラタサライ完全移籍交渉が暗礁に? インテルは提示額2倍の6.6億円を要求か!?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 動物園φ ★ :2018/04/13(金) 19:31:42.83 ID:CAP_USER9.net

    4/13(金) 19:29配信
    日刊スポーツ

     インテルミラノからガラタサライへ期限付き移籍中の長友佑都について、完全移籍でクラブ間で合意に達したと13日のトルコ紙ゴール電子版が伝えた。

     移籍金は250万ユーロ(約3億3800万円)で、今シーズン終了を待って正式な手続きに入るという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00178487-nksports-socc


    【【移籍報道】長友佑都のガラタサライ完全移籍がクラブ間で合意…】の続きを読む

    このページのトップヘ