Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > その他



    (出典 the-ans.jp)



    移籍金3億9000万円とガラタサライが上限を上積みする形で決着か

     ロシア・ワールドカップ(W杯)に参戦中の日本代表DF長友佑都は、今オフの去就が注目されている。保有権を持つインテルとガラタサライの間で交渉が続けられていたが、合意が目前に近づいているようだ。トルコメディアが「ナガトモにグッドニュース」と報じている。

     長友は今年1月、セリエAの名門インテルからガラタサライへ期限付き移籍。デビューから15試合連続でスタメン出場を果たすなど、3年ぶり21回目のリーグ優勝に大きく貢献した。レンタル期間が今季限りとなるなか、移籍金300万ユーロ(約3億9000万円)を要求するインテルに対し、ガラタサライは200万ユーロ(約2億6000万円)を上限とするなど、交渉は平行線を辿り、報道も二転三転していたが、ガラタサライ側が腹をくくったようだ。

     トルコメディア「CNNトルコ」は、「ガラタサライのユウト・ナガトモにグッドニュース」と特集。トルコ紙「Fanatik」のレポートを引用する形で、「ジム・ボム(ガラタサライの愛称)はインテルのスターのために300万ユーロを手渡す」と触れ、「インテルは長い間待っていたが、ガラタサライは『イエス』と答え、最終的に望ましい結果となった」と伝えている。

     記事では、近日中に合意が正式発表されるとされている。現在ロシアW杯に出場中の長友は、グループリーグ2試合にフル出場。28日には決勝トーナメント進出を懸けてポーランドと対戦するが、ロシアの地に吉報は届くだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    長友が、ガラタサライへ完全移籍目前と現地メディアが報じている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】「長友にグッドニュース」 ガラタサライ完全移籍が合意目前と現地メディア報道…】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    1 3倍理論 ★ :2018/06/21(木) 18:16:11.46 ID:CAP_USER9.net

    トルコ1部のガラタサライがポルトガル1部ポルティモネンセの中島翔哉の獲得を目指すと、21日にトルコのウエブアスラン電子版が報じた。経営陣は正式な移籍交渉を始めたという。

     中島を両ウイングでプレーで可能な選手で、17-18年シーズンは10ゴール、12アシストをしたと紹介。ガラタサライは昨冬にインテルからレンタル移籍してきた長友佑都から大きな収穫を得て、アジアからの急激な人気上昇などを重要視し、日本のスター選手をさらに獲得したいとしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00245559-nksports-socc


    【【移籍報道】長友で大収穫のガラタサライ、中島翔哉獲り正式交渉…】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    インテルとの交渉が続くなか、ツイッターで状況説明「もし合意に至ったなら…」

     トルコの強豪ガラタサライは、日本代表DF長友佑都の完全移籍交渉について「何も合意していない」と公式ツイッターで声明を発表した。

     長友は今年1月に半年間の期限付き移籍でセリエAの名門インテルからガラタサライに渡ったが、完全移籍のオプションはついていなかった。そのため、レンタル期間満了の時点で契約を1年残すインテルが自動的に保有権を再取得することになる。

     長友自身はガラタサライ残留の望むコメントを残しているが、実現するにはガラタサライとインテルのクラブ間交渉が成立しなければならない。トルコメディアでは交渉が成立した、頓挫した、と二転三転するなど報道が過熱気味になっている。

     この状況を受けてか、ガラタサライはクラブ公式ツイッターで長友の移籍交渉に関する声明を投稿した。

    「ユウト・ナガトモについて、我々は何も合意していない。もし、インテルの選手(長友)に関して合意に至ったなら、サポーターの皆様には我々のウェブサイトでお知らせします」


    トルコ国内では長友の去就はホットなトピックに

     声明が出た現地時間16日には、トルコメディアでインテルが移籍金の引き上げを要求して交渉が暗礁に乗り上げていると報じられていた。ガラタサライのサポーターの心をつかんでいる長友の去就は、ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を逃したトルコのサッカーファンにとってはホットな話題になっている。しかし、クラブ側は状況の複雑化による混乱を望んでいないようだ。

     すでにロシア入りして19日のW杯グループリーグ初戦コロンビア戦に備える長友だが、トルコで去就が頻繁に取り上げられていることはプレーヤーとしての評価の高さを示していると言えるだろう。


    (Football ZONE web編集部)

    ガラタサライは、長友の移籍交渉について言及した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】ガラタサライが長友に言及ツイート 過熱する移籍報道に声明「何も合意していない」】の続きを読む



    (出典 blog-imgs-53.fc2.com)



    候補者のなかで唯一英国人でなく、指導経験もない異質の存在

     レアル・マドリードの下部組織、フベニールA(U-19)チームを率いるグティ氏にスコットランド行きの噂が浮上している。レアルのレジェンドは来季から1部昇格を果たすセント・ミレンの監督就任に関心を示していると英公共放送局「BBC」が報じた。

     1995年から2010年までレアルでプレーしたグティ氏。得点力とパスセンスを備えたレフティーはリーガ制覇5回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝も3回経験した。2012年にトルコのベジクタシュで現役を引退し、2013年からレアルの下部組織で指導者としてのキャリアを歩んでいた。

     グティ氏が関心を示すのは今季スコットランド2部のチャンピオンシップを制し、プレミアシップ昇格を勝ち取ったセント・ミレンだ。

     チームを1部に導いたジャック・ロス氏はイングランド3部サンダーランドの新監督に就任することが決まっており、4季ぶりのトップディビジョンでの戦いを控えるなかで新たな指揮官を探している。クラブとグティ氏はすでに連絡を取り合っているという。

     セント・ミレンとして新監督を来週中には決めたいと考えているようで、近く候補者との面談を行うと予想されている。

     グティ氏の他には元ロス・カウンティ監督のジム・マッキンタイヤー氏や元MKドンズのロビー・ニールソン氏、スコットランド1部ハイバーニアンやイングランド3部ロザラムなどを率いたアラン・スタッブス氏、現役時代にセルティックで元日本代表MF中村俊輔と同僚だったギャリー・コールドウェル氏、北アイルランド1部のコールレーンFCのオラン・カーニー監督といった顔ぶれが候補に挙がっている。

     グティ氏は候補の中では唯一英国人ではなく、トップチームでの指揮経験もない異質の存在。レアルではジネディーヌ・ジダン監督の辞任に伴い、その後任として内部昇格の可能性も噂されているなかでその去就に注目が集まる。


    (Football ZONE web編集部)

    グティ氏がセント・ミレンの監督就任に関心か【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】レアルの英雄グティ、来季スコットランド1部昇格セント・ミレンの監督就任に関心】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    ギョズテペ戦で自身初のリーグ優勝を決め、ツイッターで思いを綴る

     今年1月からトルコ1部のガラタサライに期限付き移籍中の日本代表DF長友佑都は、現地時間19日の最終節ギョズテペ戦にフル出場。引き分け以上で自力優勝が決まるなか、敵地での一戦に1-0で勝利し、3シーズンぶり21回目のリーグ優勝を達成した。自身キャリア初のリーグ優勝を果たした長友は20日にツイッターを更新。「サッカー選手としての誇りと、自信を与えてくれた」とガラタサライ移籍を「大正解」と記した。

     2位フェネルバフチェと勝ち点3差で迎えた最終節、引き分け以上で自力優勝が決まるアウェーでの一戦は、ギョズテペ相手に緊迫した攻防となった。待望の先制点は後半21分、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスがPKを決めてリードを奪う。この1点を、左サイドバックとして1月の加入後リーグ戦15試合連続フル出場を果たした長友ら守備陣が守り抜き、1-0で勝利。ガラタサライが6連勝で、3シーズンぶり21回目のリーグ制覇を成し遂げた。

     長友は試合後に自身のSNSでチームメイトたちと優勝の歓喜に浸る様子をアップしていたが、20日に再び公式ツイッターを更新。改めて思いを綴った。

    「ガラタサライに来る決断は正解ではなく、大正解だった。サッカー選手としての誇りと、自信を与えてくれた。決断を正解にするかどうかは日々のプロセスで決まる」(原文ママ)

     7年半を過ごしたイタリアの名門インテルから、出場機会を求めてトルコに新天地を求めた長友。左SBのレギュラーを勝ち取るとともに、初のリーグタイトルを手にし、自信を取り戻してロシア・ワールドカップに向けて弾みをつけた。


    (Football ZONE web編集部)

    長友はガラタサライ移籍を「大正解」と記した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】ガラタサライ長友、「大正解」の移籍に感謝 「誇りと自信を与えてくれた」】の続きを読む

    このページのトップヘ