Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > その他



    (出典 www.jiji.com)



    18歳で欧州デビューを果たしたミラン復帰が囁かれるも…

     中国1部の天津権健でプレーする元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトは、今冬の移籍市場で古巣の名門ACミランへの復帰説が流れている。しかし、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は金銭的な理由から現実的ではないと報じている。

     ミランは今冬の移籍市場で米MLSメジャーリーグサッカー)LAギャラクシープレーしている元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得を目指すと伝えられてきた。イブラヒモビッチはかつてミランプレーした選手であり、今季から強化部にスポーツディレクター(SD)としてOBの元ブラジル代表MFレオナルド氏や元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏が復帰したように、黄金期を支えたメンバーが戻る流れができつつある。

     そのなかで、レオナルド氏はイブラヒモビッチだけでなく同じく元ミランで現在は中国の天津権健でプレーするパトの獲得も視野に入れ始めたとイタリアメディアは報じていた。パトは欧州デビュー18歳の時にミランで迎え、負傷の多さが指摘されながらもストライカーとして活躍してきた。

     しかし、それを受けてガゼッタ・デロ・スポルト紙は、金銭的な二つの理由からミランによるパト獲得が現実的でない根拠を提示している。


    約12億円の高額年俸と30億円を超える違約金がネック

     まずは、中国でパトが受け取っている年俸が900万ユーロ(約11億7000万円)にも上ることだ。これは、今季のクラブ内ではアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインと並んでトップタイになる金額になる。今季から経営権が米ファンドエリオット・マネジメント」に移ったとはいえ、財政難が完全に解決していないミランが抱えられる金額ではないという。

     さらに、パトは天津との契約を1年残したタイミングで今冬の移籍市場を迎える。記事では、パトと天津の間で結ばれた契約には移籍金2500万ユーロ(約32億5000万円)の条項が含まれているとしている。現状、レオナルドSDはイグアインイタリア代表FWパトリック・クトローネをプロジェクトの中心に据えているだけに、“第3のFW”にかかる金額としてはあまりに高額だろう。

     パト自身はミランへの復帰願望を隠そうともしていないものの、高額年俸を受け取れる中国へと移籍したことにより発生した金銭的なハードルは決して低くない模様だ。


    Football ZONE web編集部)

    FWパト、ミラン復帰説を伊紙が否定【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】元ブラジル代表FWパト、ミラン復帰説を伊紙が否定 金銭的な“二つの根拠”とは?】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロンラムジー(27)が、中国行きを選択するかもしれない。イギリス『サン』が報じた。

    アーセナルとの契約が今シーズン限りとなっているラムジー。今シーズンもここまでプレミアリーグ11試合1ゴール3アシストと活躍しているが、契約延長は発表されておらず。既報では、長らく続いていたアーセナルとの交渉が破談に終わり、来夏フリーでの退団が決定的と見られている。

    プレミア通算245試合37ゴール48アシストと確かな実績を誇るウェールズ代表の新天地候補としては、これまでユベントスマンチェスター・ユナイテッドバイエルンなど、欧州トップクラブが挙げられてきた。しかし、『サン』によると、全く違った未来を選択する可能性もあるようだ。

    ▽記事は、中国スーパーリーグの複数クラブラムジー獲得に興味を示していると主張。獲得時にかかった移籍金500万ポンド(約7億3800万円)が支払われれば、来年1月の移籍をアーセナルが容認する可能性もあるという。

    ▽最近、妻のコリーンさんとの間に双子の赤ん坊を授かったラムジー。そういった状況も踏まえ、自宅の近くでのプレーを優先することも考えられるが、どのような決着を迎えるのだろうか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ラムジーに中国行きの可能性浮上!】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/10(土) 09:39:00.79 ID:CAP_USER9.net

    欧州サッカー連盟(UEFA)は9日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のプレーヤー・オブ・ザ・ウィーク(週間MVP)とチーム・オブ・ザ・ウィーク(週間ベストイレブン)を発表し、ザルツブルクの日本代表FW南野拓実がダブル受賞を果たした。

     南野は8日のELグループリーグ第4節ローゼンボリ戦(5-2)で先発出場。前半6分にDFの股を抜く技ありシュートで先制点を奪うと、同20分に後方からのロングボールをダイレクトで流し込む華麗なゴールを決め、同45分にはこぼれ球を押し込んでハットトリックを達成した。

     この活躍が認められ、UEFAが9日に発表したEL週間MVPに選出。また、EL週間ベストイレブンでも2トップの一角として選ばれ、堂々のダブル受賞を果たしている。

     南野はキリンチャレンジ杯で16日にベネズエラ代表、20日にキルギス代表と対戦する日本代表に招集されており、代表活動にも弾みをつける結果となった。

    11/10(土) 9:28配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-04849819-gekisaka-socc

    【サッカー】<南野拓実(ザルツブルク)>ELでハットトリック達成! 開始5分のゴールから怒涛のゴールラッシュ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541711054/


    【【日本代表】<南野拓実(ザルツブルク)>UEFA選定の週間MVPとベスト11をダブル受賞!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/11/04(日) 02:03:28.20 ID:CAP_USER9.net

    サッカーで実戦デビューを果たしたボルト氏(AP)
     陸上男子100メートル、200メートル世界記録保持者ウサイン・ボルト氏(32)が、プロサッカー選手になるという夢を、引き続き追い求める意向を示した。

     8月から練習参加していたオーストラリアAリーグのセントラルコーストではプロ契約に至らなかったことが2日に発表されていた。一夜明けた3日、オーストラリア紙ヘラルドサンのインタビューで「うまく行かなかったのは悲しいが、大きな経験を積めた。願わくば、違うチームで違うチャンスを得たいね。私の代理人に連絡が届いていると思う。まだ学んでいる途中だが、すごく成長できたしうまうなっていると感じている」と前向きに語った。

     2017年8月に陸陸上から引退したボルト氏は「長年の夢」というプロサッカー選手を目指し、プロチームの練習に参加。MF香川が所属するドイツ1部ドルトムントのほか、南アフリカ、ノルウェー、そして今回のオーストラリアと、すべてプロ契約には至らなかった。

     セントラルコーストからはオファーは受けたが、地元メディアによるとクラブから提示された年俸は15万豪州ドル(約1200万円)。ボルト氏側の要求する300万豪州ドル(約2億4000万円)とは大きな開きがあった。クラブはスポンサーを募ってオファー増額を試みたものの合意には至らなかった。

    11/3(土) 22:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000216-spnannex-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】<ウサイン・ボルト>プロサッカー選手の夢あきらめず「違うチームで違うチャンスを得たい」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/11/03(土) 20:08:44.90 ID:CAP_USER9.net

    11/3(土) 19:51配信
    本田圭佑、豪州で無双中!決勝アシストで今季初勝利に貢献…開幕から4ゴールすべてに関与

    オーストラリア・Aリーグ第3節が3日に行われ、メルボルン・ヴィクトリーはアウェーでニューカッスル・ジェッツと対戦した。本田圭佑は3試合連続で先発している。


    序盤はジェッツが押し込み、本田も試合に入れずにいたが、FKからチャンスメイクすると、ペースはメルボルンへと向いてくる。しかし、時間の経過とともに再びジェッツが攻勢をかけ、シュートがバーを直撃するなど、メルボルンにとって危険な時間帯が続く。

    それでも、何とか耐えしのぐ形で前半はスコアレスで終える。すると後半に試合は動く。本田がゴール右でボールを持つと、中央のトニー・アントニスへ鋭いパス。アントニスが左足で強烈なミドルシュートを突き刺し、メルボルンが先制に成功する。

    なお、本田は開幕からの3試合で生まれた4ゴールすべてに関与。ここまで1ゴール3アシストの活躍を見せている。

    結局、メルボルンはこのゴールを守りきって1-0で勝利。第3節にして今シーズン初白星を挙げた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00010012-goal-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【海外サッカー】本田圭佑、豪州で無双中!決勝アシストで今季初勝利に貢献…開幕から4ゴールすべてに関与】の続きを読む

    このページのトップヘ