Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > その他



    (出典 www.soccer-king.jp)



    『The SUN』は7日、「イングランドプレミアリーグチェルシーは、ポルトガルにスカウトを派遣している」と報じた。

    今季限りでエデン・アザールが退団するのではないかと言われているチェルシー。本人が希望するレアル・マドリーへ売却される可能性が高まっている。

    その後釜はフィリペ・コウチーニョになるのではないかと報じられる一方、ポルトガル方面にもスカウトを派遣していたようだ。

    チェックしたのは先週末のリスボン・ダービーで、スポルティング・リスボン対ベンフィカの試合だそう。

    ターゲットベンフィカの19歳ジョアン・フェリックス、スポルティング・リスボンの司令塔ブルーノフェルナンデス、そしてDFルーベン・ディアスだそうだ。

    ジョアン・フェリックスは現在ベンフィカで最も注目を集めている選手で、今年デビューしたばかりの19歳。

    細身であるが相手を嘲笑うかのようなテクニックトリック、繊細な飛び出しのセンス、破壊力あるシュート、決定的なスルーパスなどを備えた天才アタッカーである。

    その才能から「NEXTロナウド」「NEXTルイ・コスタ」とも呼ばれており(タイプとしては柿谷曜一朗のようだが…)、前線であればどこでもこなす能力を持つ。

    ベンフィカは彼の価格を1億ポンド(およそ145.06億円)以上に設定しているとのことだが、もしチェルシーエデン・アザールを売るならば…。

    ブルーノフェルナンデスは昨季ウディネーゼからスポルティング・リスボンにやってきたポルトガル人MFで、司令塔として正確なパスを供給する一方、得点力やフリーキックも備える選手。

    ルーベン・ディアスはベンフィカセンターバックを務めている若手で、すでにポルトガル代表で6試合に出場している選手。186cmの体格を持ちながらも、技術にも優れていると高く評価されている。

    アザールの後釜探すチェルシー、ベンフィカの「NEXTロナウド」らをチェックか


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アザールの後釜探すチェルシー、ベンフィカの「NEXTロナウド」らをチェックか】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    1 Egg ★ :2019/02/08(金) 06:39:52.06 ID:Ee3vD9PY9.net

    ■驚かされたアル・ドゥハイルへの移籍、欧州でのステップアップを失うリスクも

    ポルトガルのポルティモネンセからカタールのアル・ドゥハイルへ――。中島翔哉の移籍は正直、予想外だった。

     ロシア・ワールドカップ(W杯)後の日本代表でエース格として活躍、ポルティモンセでも大活躍だったので、少なくとも今季終了後の移籍は確実と見られていた。次の移籍先は中島本人はもちろん、日本代表にとっても重要だった。

     中島のプレースタイルはチームを選ぶ。守備が得意なわけではないので、守備的なスタイルのチームには合わない。しかし、攻撃的にプレーできる強豪クラブではポジション争いが厳しい。出場機会を失えば、本人にとっても日本代表にとっても大きなマイナスになってしまう。香川真司(ベジクタシュ)がマンチェスター・ユナイテッドで、キャリアのピークを空費してしまった例もある。

     移籍はあくまでも本人の職業選択の話であって、外部がとやかく言うようなことではない。ただ、ヨーロッパのクラブへ移籍するものとばかり思っていたので、カタールという選択には意表を突かれた。

     ポルティモンセにとっては「売り時」だ。戦力的にキープしたいのは山々だが、今なら高額の移籍金を手にできる。実際、アル・ドゥハイルへの移籍金は約44億円、日本人の移籍金額としては史上最高と言われている。

     アル・ドゥハイルは素晴らしい施設を持ち、ルイ・ファリア監督はジョゼ・モウリーニョの右腕だった人物だ。チームメートにはアジアカップの得点王で、日本のゴールへオーバーヘッドシュートを決めたアルモエズ・アリもいる。年俸も高いだろうし、生活もしやすい。リーグのレベルも懸念されるほど低くはないと思う。「楽しくプレーしたい」という本人の希望どおりだろう。2022年W杯の開催国であり、その時に日本代表のメンバーとしてプレーすればホームゲームの感覚でやれるメリットもありそうだ。

     難しいのは、リーグのレベルが低くないと言ってもヨーロッパのトップレベルとは比較にならないこと。厳しい競争の中でレベルアップを図るという道は閉ざされる。24歳ということもあり、ヨーロッパでのステップアップの機会は失われたかもしれない。アル・ドゥハイルがパリ・サンジェルマン(PSG)と関係が深いことから、カタールを経由させてPSGへ移籍するのではないかという噂もあるが、ネイマール、キリアン・ムバッペ、アンヘル・ディ・マリアのいるPSGで中島の出番があるようには思えない。PSGで塩漬けにされるぐらいなら、そのままアル・ドゥハイルでプレーしたほうがいい。

    ■Jリーグもカタールリーグも欧州から見れば“ほぼ同じ”

    移籍金が高額に設定されるはずなので、次の移籍はかなり難しくなる。PSGのような特別なルートを別にすると、獲得するためのハードルはかなり上がってしまう。ビッグクラブへ売る目的での獲得はなくなり、年齢から言っても純粋な戦力補強になる。高額の移籍金を払い、それを回収する見込みがない選手を獲得したいクラブは、そんなに多くはないだろう。カタールで素晴らしい活躍をしても、それが評価されるとも考えにくい。ヨーロッパ市場でのステップアップという意味で言えば、カタールでのキャリアは空白期間になるわけだ。

     しかし、ヨーロッパサッカーの中で上昇を目指すだけがキャリアの積み方ではない。前記したように移籍は本人が決めればいいことだ。カタールリーグは日本には全く馴染みがないために、「何もカタールでなくても」という意見もあるようだが、Jリーグもカタールリーグもヨーロッパから見ればほぼ同じである。カタールがダメなら、ヨーロッパでの成功を目指す24歳の選手がJリーグでプレーするメリットもないのだ。移籍金が高くなるので移籍しにくくなる以外、カタールでプレーするのはJリーグよりデメリットが大きいわけではない。

     日本の感覚だと海外移籍は「武者修行」のイメージだが、より高年俸の職場を求めて移籍するのは当たり前。より高いレベルでプレーできるからといって、年俸が下がるのを望んで移籍する選手はいない。高年俸の中東クラブへの移籍は、本来ならもっと増えてもいいはずなのだ。

     UAEで塩谷司(アル・アイン)が成功し、カタールで中島が道を拓けば、Jリーガーにとって中東移籍という選択肢も有力になっていくのではないか。

    2/7(木) 20:19配信フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00169120-soccermzw-socc&p=1


    【【サッカー日本代表】<中島翔哉のカタール移籍に見る日本人選手とキャリアアップ>欧州行きがすべてではない。】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    イタリアジャンルカ・ディマルツィオ』がモロッコ代表DFメディ・ベナティア(31)のカタール移籍理由を報じた。

    ベナティアは今冬、ユベントスからアル・ドゥハイルに完全移籍。ポルティモネンセから加入した日本代表MF中島翔哉(24)とは同期となる。

    移籍決定前にマンチェスター・ユナイテッドの興味も取り巻いたベナティアカタール行きの真相について問われると、次のように説明した。

    「自分の決断に関して、リスペクトされるべきだと思う。僕や僕の家族にとって、ベストだからさ。子供たちをイスラム教の環境下で育てたかったんだ。UAEサウジアラビアに行くこともできたけど、モロッコ代表で顔馴染みの選手が多いカタールをより好んだ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ベナティアのカタール移籍、子供のためだった…】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    長友が明かす本田圭佑長谷部誠の存在「今でも刺激を与えてもらえる戦友です」

     海外サッカートルコリーグ1部ガラタサライ日本代表DF長友佑都アジア決戦を経て、再び、戦いの場をトルコに移す。アジア杯でも躍動した名サイドバックは、ベテランと言われる域に入ってなお、日の丸を背負い、戦い続けている。対照的に本田圭佑メルボルン・ビクトリー)と長谷部誠フランクフルト)は代表のユニホームを脱いだ。なぜ、長友は32歳となっても、挑戦をやめないのか――。

    「今でも刺激を与えてもらえる戦友と思っています」

     長友は本田と長谷部について、こう表現した。昨年のワールドカップ(W杯)ロシア大会まで日本代表を牽引し、ともに戦ってきた2人。その存在は今なお、かけがえのないものだという。

    「長い間、一緒に戦ってきて、同世代の選手の活躍したニュースを聞くと、刺激をもらえる。俺もまだまだやらないといけない、負けてられないって気持ちになるんですよ。やっぱり常に良きライバルであり、戦友なんだと思いますよ」

     本田、長谷部ともにロシアW杯を最後に代表のユニホームを脱いだ。一方で長友は大会後も代表で戦う決断を下した。その背景には、代表引退した2人の存在が大きかったという。

    「これは自分自身にとって本当に大きな財産です。多分、彼らがいなかったら僕は代表を続けていない。そのモチベーションは沸かなかったと思います。その刺激は常にもらっています。本当に感謝しなくてはいけないですよね」

    異端の挑戦を続ける本田「チャレンジャーとしての資質がハンパない」

     長友自身、2人から常に刺激をもらってきた。そうして培った高い意識があるからこそ、彼らは代表に別れを告げても、背番号5は己を貫き、敢えて代表に残って挑戦することを決めた。

     戦いの場が変わっても、チャレンジを続けているのは、本田も長谷部も一緒だ。特に本田はカンボジア代表の実質的代表監督に就任し、現役選手がナショナルチームを率いるという前代未聞の道を歩んでいる。

    「彼は常にやっぱり常識の外を行くんでね。なんか、同じ枠組みでの競争にならないんですよね。自分で枠組みを作っちゃうんで。そこが彼のチャレンジャーとしての資質がハンパないというか……常に挑戦していますからね」

     準優勝だったアジア杯を経て、再び、トルコリーグで戦う。本田と長谷部とともに代表で戦ってきた香川真司がベシクタシュに加入。DAZNが2月10日に行われるベシクタシュ―ブルサスポル、ガラタサライトラブゾンスポルを日本語実況を予定し、以降もベシクタシュ、ガラタサライ戦を中心にライブ配信するなど、注目は高まっている。

     日の丸を背負って戦ってきた存在を刺激に変えながら、長友はただ前だけを見て突き進んでいく。(THE ANSWER編集部)

    アジア杯でも躍動した長友は、再び活動の場をトルコに移す【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカー日本代表】32歳長友佑都が挑戦をやめない理由 刺激受けた2人の戦友「彼らがいなかったら僕は…」】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)



    ローマ 7日 ロイター] - 欧州サッカー連盟UEFA)は7日、ローマで総会を開き、アレクサンデル・チェフェリン会長を再選した。2016年に会長となった同氏は他に立候補者がいなかったため、55協会の承認で2期目が決まった。

    チェフェリン会長は30年ワールドカップ(W杯)の欧州開催に「可能な限りあらゆることをする」と意欲を見せ、クラブの収支均衡などを求めるフィナンシャル・フェアプレー(FFP)の規約を見直す考えも示した。

    また、新設予定のトーナメントについて詳細は明かさなかったものの「新たな次元」をもたらすとコメント。昨年、現在行われている欧州チャンピオンズリーグ(CL)、欧州リーグ(EL)に続く第3の大会の開催が決められていた。

    また、自身が会長でいる間はメディアで構想が報じられたスーパーリーグの実現はないと語った。

    スーパーリーグについては以前、ドイツメディアによりスペイン1部レアル・マドリードイングランドプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドマンU)などが、欧州の強豪16チームによるリーグを立ち上げ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)に置き換える構想があると報じられた。

     2月7日、欧州サッカー連盟(UEFA)はローマで総会を開き、アレクサンデル・チェフェリン会長を再選した。写真はブリュッセルで2018年11月撮影(2019年 ロイター/Francois Walschaerts)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】UEFA会長、チェフェリン氏再選】の続きを読む

    このページのトップヘ