Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > その他



    (出典 www.shoesmaster.jp)



     元陸上五輪メダリストウサイン・ボルト氏が、オーストラリア・Aリーグのセントラル・コースト・マリナーズ練習試合に出場するようだ。28日、スペインアス』が伝えている。

     ボルト氏は世界陸上ロンドン大会を最後に陸上競技の第一線から退いた。マンチェスター・U熱狂的なファンであることで知られている同氏は、以前からサッカー選手への転身を希望する発言をしていた。また、今からオーストラリア・Aリーグのセントラル・コースト・マリナーズ練習期限で参加していた。

    「私が陸上選手だったとき、人々は多くを批判したが、いつもそれらが間違っていることを明してきた。今回もまたその時がきた」

    チャリティーゲームとは思えない。これは私が追いめているキャリアだ。私はミスをするだろうが、自分自身を誇りに思い、奮闘すると期待している。璧な試合をするつもりではない」と意気込みをった。

    練習試合デビューを飾るボルト氏 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ボルト氏、念願のプロ入り叶うか…31日の練習試合に出場へ】の続きを読む



    (出典 s8000.works)



    ▽UEFA(欧州サッカー連盟)は22日、チャンピオンズリーグ(CL)でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を導入することを検討していることを明かした。

    ▽イングランドを除いて欧州主要リーグで導入されているVAR。ロシア・ワールドカップでも採用され議論を呼んだが、UEFAはVAR導入について公式声明で次のように発表している。

    「我々は競技を絶えず改善する方法を探している。VARの実施には用途や解釈、技術面などまだまだ不確定要素があり、今後十分に議論されることが非情に重要だ。欧州規模での導入は運営面、人手の問題を抱えている」

    ▽イギリス『タイムズ』はグループステージでは1日8試合開催されることから人手の不足を指摘しているものの、1日1試合しか行われない準々決勝からであれば、VARの導入が可能との見立てを示している。
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【UEFA】CLでVAR導入を検討、今季の準々決勝から採用か】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    1 真実は一つ ★ :2018/08/22(水) 09:40:55.90 ID:CAP_USER9.net

    現在21歳のアヤックスの元U-19オランダ代表MFアブドゥルハーク・ヌーリ氏が、昏睡状態から目を覚ましたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』など複数のメディアが21日に伝えている。

     オランダの名門アヤックスに所属していたヌーリ氏は2017年7月に行われたブレーメンとのプレシーズンマッチ中にプレーと関係のないところでピッチに倒れこみ、意識を失った。

     その後、病院へ搬送され心肺停止になりながらも一命は取り留めたが、結果として脳に深刻な損傷を残し、昏睡状態に。クラブは後日「プレー復帰は不可能とみられる」と発表していた。

     オランダのメディアに対応したヌーリ氏の家族は、1年以上の昏睡期間を経た同氏の現状を報告。兄アブデラヒム氏は、「過去と比較すると、現時点ではうまくいっている」と話し始めると次のようにヌーリ氏の状態を明かした。

    「神経の状態は数カ月前より良くなっている。肉体的に衰え、自分で体を動*ことはできず、頭しか動かせない」

    「昏睡状態にあった時は目を閉じていたが、徐々に目を覚ましてきた。今は口と眉の動きである種のコミュニケーションが取れている」

    「完全な回復が達成できるという希望を諦めることはない」

     ヌーリはアヤックスの下部組織で才覚を発揮し始めると、2016-17シーズンにはセカンドチームの年間最優秀選手に選出。若手有望株と期待され、トップチームでも本格的にプレーを開始しようとしていた矢先の事故だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180822-00816993-soccerk-socc


    【【海外サッカー】 試合中の心肺停止から約1年…アヤックスの若手MF、昏睡から目を覚ます】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    1 久太郎 ★ :2018/08/21(火) 23:32:02.00 ID:CAP_USER9.net

    リーズ(イングランド2部)に所属するMF井手口陽介が、ブンデスリーガ2部のグロイター・フュルトへレンタル移籍で加入することが決まった。

     グロイター・フュルトの発表によると、レンタル移籍期間は1年間。完全移籍へ移行する買い取りオプションも盛り込まれた契約となっており、井手口は21日のトレーニングから合流するという。

     加入にあたり、井手口は「ドイツでプレーするチャンスを楽しみにしています」とグロイター・フュルトの公式HPにてコメントしている。

     井手口は1996年生まれの21歳で、ガンバ大阪の下部組織出身。高校2年生ながら2014年に“飛び級”でトップチームに昇格し、2015年4月にJ1デビューを果たした2016年のJリーグYBCルヴァンカップではニューヒーロー賞を受賞。また、同シーズン終了後のJリーグアウォーズでは、Jリーグベストヤングプレーヤー賞にも輝いた。2017年は明治安田生命J1リーグで30試合出場4得点を記録。今年1月、リーズへの完全移籍加入が決定した。

     リーズへの加入後、2017-18シーズンはリーズからクルトゥラル・レオネサ(リーガ・エスパニョーラ2部)へレンタル移籍した井手口。しかし、思うように出場機会を得ることができていなかった。昨年6月に行われたキリンチャレンジカップのシリア戦でA代表デビューを果たした同選手は、8月31日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選のオーストラリア戦では得点を挙げ、日本の6大会連続となるW杯出場に貢献。しかし、欧州挑戦後に出場機会に恵まれなかったこともあり、ロシアW杯出場は逃すこととなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00816977-soccerk-socc


    【【移籍】井手口陽介、ドイツ2部移籍決定!リーズからG・フュルトへレンタル】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    ▽ニースは20日、イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)が2018-19シーズン終了までチームに残留することを声明で発表した。

    ▽バロテッリは一時プレシーズンの練習に無断で不参加となるなど、今夏のニース退団が濃厚とみられていた。その後、イタリア復帰など様々な可能性が伝えられ中、ここ数日はマルセイユへの移籍が決定的と伝えられていた。

    ▽しかし、ニースは20日にバロテッリに関する以下のような公式声明を発表し、今季の残留を明言した。

    「慎重な思慮深い中で決定は下された。マリオ・バロテッリはニースに残留することを決めた。彼は自身がここで3シーズン目を過ごしたいという希望をクラブのリーダーたちに伝え、20日夜に当事者の全会一致でこの希望が支持された」

    「フランス南部の別のクラブ(マルセイユ)によって彼の去就に関して複雑な状況が続いていたが、すべては正常に戻った」


    ▽これまでインテルやマンチェスター・シティ、ミラン、リバプールとビッグクラブを渡り歩きながらもピッチ内外で様々なトラブルに見舞われたバロテッリだったが、2016年夏に加入したニースで完全復活。ニースでの2シーズンで公式戦66試合で43ゴールを挙げたストライカーは、今年6月には4年ぶりにイタリア代表に復帰していた。
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】バロテッリのニース残留が決定! クラブが異例の声明発表】の続きを読む

    このページのトップヘ