Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > その他

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    【中村敬斗インタビュー|第4回】中村を奮い立たせる東京五輪世代の存在「間違いなく刺激」

     20歳の若き才能であるFW中村敬斗は、今夏ベルギー1部シント=トロイデンVV(STVV)に移籍し、欧州2年目のシーズンに臨む。昨夏、ガンバ大阪からオランダ1部FCトゥウェンテへ期限付き移籍し、手応えとともに悔しさも味わった。新たなステージへの挑戦を決意した中村が「Football ZONE web」のインタビューに応じ、盟友である日本代表MF久保建英ら「東京五輪世代の存在」について語った。

     中村が一躍脚光を浴びた大会がある。2017年インドで開催されたU-17ワールドカップ(W杯)。“00ジャパン”と呼ばれ、久保やU-23日本代表DF菅原由勢(AZ)ら、10代から海外で活躍する選手が出場した大会に中村も出場した。当時、高校2年生で三菱養和SCユースに所属していた中村は、グループリーグ第1節ホンジュラス戦(6-1)でハットトリックを達成。第2節フランス戦(1-2)にも先発し、第3節ニューカレドニア戦(1-1)では先制ゴールを挙げた。決勝トーナメント1回戦では、強豪イングランドPK戦で敗れたが、中村は全4試合で先発出場。久保と形成した前線では4戦4発と存在感を示した。

     U-17W杯から3年――。ともに戦ってきた久保や菅原と同じく、昨夏に中村も渡欧を決意。G大阪からFCトゥウェンテへ加入した。久保はFC東京からスペイン1部レアル・マドリードへ完全移籍し、その後マジョルカへ期限付き移籍。菅原は名古屋グランパスからAZへ移籍し、中村と同じオランダリーグプレーした。

     海外挑戦1年目をそれぞれの地でスタートさせた“00ジャパン”の戦士たち。中村は強豪PSVとの開幕戦(1-1)に先発出場し、いきなりゴールを挙げて鮮烈なデビューを飾った。続く第2節でも、G大阪の先輩で中村自身が”憧れ”だった日本代表MF堂安律が当時所属していたフローニンゲン戦(3-1)で先制点を挙げ、開幕から2試合連続ゴール。17試合4得点で欧州1年目を終えた。その“原動力”となっていたのは、盟友の存在だったという。

    「同世代の活躍は間違いなく刺激になります。菅原も僕がPSV戦で点を取った時に『刺激を受けた』と取材で言ってくれていました。逆に彼がヨーロッパリーグで点を取っているのを見て、僕もリーグで取ろうと思えました」

     一方、久保とは継続的に連絡を取っているという。「途切れることなく、お互いできる時に返信している」。ベルギーへ渡ってからは、まだ中村が寮に滞在しているので、スペインリーガ・エスパニョーラをフルでは見られていない。だが、ハイライトは欠かさずチェックし、スペイン挑戦1年目の35試合4得点4アシストという活躍はしっかりと見届けた。

    「久保選手、凄いですよね。トップトップスペインリーグレベルのなかで、あれだけやれて活躍している。半端ないと思いますね。ちょっと、刺激をもらうにはレベルが高い……(笑)スペインリーグであれだけやっていると、あんまり気にしなくなっちゃいます(笑)

    久保の活躍を素直に喜ぶ…いつか「A代表で一緒にプレーしたい」

     仲が良い久保だからこそ、活躍は素直に嬉しい。中村自身もいつか「プレミアリーグでやりたい」というビジョンを持っている。スペインドイツも挑戦してみたい国。いつかは久保との対戦も叶えるべき目標の一つだが、今強く思うのは再び、同じピッチに立つことだ。

    「もちろん、A代表で一緒にプレーしたいです。海外に来たほうがA代表は近くなった気がする。欧州で活躍できたら呼んでもらえるんじゃないかと思いますし、海外に来たほうがA代表は近くなったような気がします」

     その前に、まず来年へ延期が決定した東京五輪を目指す。これまでU-23日本代表への招集歴はない。それでも、その“可能性”を信じて今季はプレーする。

    「今年、東京五輪が予定通り開催されていたら招集の可能性は低かったと思うので、1年延びたことは僕にとってはプラスだと思います。でも、他の選手はこのために4年間準備してきたので、延期自体がプラスとは言えないけど、僕にとっては準備期間が増える。ベルギーリーグで二桁ゴール二桁アシストすれば、選ばれる可能性もあるんじゃないかと思います。まずはこのリーグで試合へコンスタントに出て活躍する、その先に五輪があって、その上があると思っています。でもやっぱ出たいですよね。めちゃくちゃ」

     久保に菅原、そしてこれまで一緒に戦ってきた仲間に支えられ、今、新たな挑戦の権利を得た。その存在を求め合い、高め合い、一歩でも先へと突き進む――。海外で、国内で必死にもがいている中村と同世代の選手たちで、間違いなく日本のネクスト・ジェネレーションを築いていくはずだ。(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

    シント=トロイデンで活躍するMF中村敬斗(左)とスペインで活躍するMF久保建英【写真:©STVV & Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】中村敬斗、“盟友”久保の存在とは? 日々連絡を取り合う仲「刺激をもらうにはレベルが…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 the-ans.info)



    フランス代表DFエブラが敵地セルティック・パークで感じた雰囲気に感嘆

     横浜FCの元日本代表MF中村俊輔は、2005年から09年にかけてスコットランドの名門セルティックに所属。不動のレギュラーとして数々のタイトル獲得に貢献し、クラブレジェンドとしてその名を刻んだ。2006-07シーズンには名門マンチェスター・ユナイテッド相手に2本の直接FK弾を突き刺して、日本人選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント進出を果たしたが、当時対戦した元フランス代表DFパトリス・エブラ氏が、ゴールを含めたセルティックの雰囲気に「鳥肌が立った」と明かしている。英メディア「Glasgow Live」が報じた。

     中村は2002年横浜F・マリノスからイタリア1部レッジーナへ移籍。3年間のプレーを経て、05年夏にスコットランド1部セルティックと契約した。在籍4年でリーグ優勝3回、06-07シーズンには年間MVPに輝くなど、スコットランド名門のレジェンドの1人として今も高い人気を誇っている。そんなセルティック時代の中村のハイライトと言えるのが、最も輝いた06-07シーズンのCLグループステージ、ユナイテッドとの2試合で決めた2本のFKだろう。

     敵地オールド・トラッフォードでのユナイテッドとの第1節(2-3)では、約20メートルの距離から元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サールが一歩も動けない完璧な直接FK弾を叩き込み、各国メディアの度肝を抜くと、本拠地セルティック・パークでの第5節ユナイテッド戦(1-0)で再び魅せる。

     0-0で迎えた後半36分、セルティックは中央やや右のゴールから約30メートルの位置でFKを獲得。キッカーを任された中村が左足を一閃すると、ボールは壁の上を越え急激に落ちる軌道を描いてユナイテッドゴールへ。再び対峙したファン・デル・サールの懸命の横っ飛びも及ばず、ゴール右上隅を鮮やかに射抜いてみせた。この一撃が決勝点となり、中村は日本人選手として初めてCL決勝トーナメント進出を果たし、セルティックの伝説となった。

     2006~14年にユナイテッドに所属し、2019年7月に引退を表明したエブラは、現役時代に“赤い悪魔”の一員として、2006年11月のCLグループステージ第5節(0-1)、2008年11月のCLグループステージ第4節(1-1)とセルティック・パークでの2試合に出場した。英メディアJoe.co.uk」のライブ配信でファンの質問に答える企画のなかで、「CLで経験した最高の雰囲気」について問われると、セルティック・パークでの体験を挙げた。

    セルティックを選ぶ。覚えているよ。彼らは本当に特別な存在だ。『You’ll Never Walk Alone』を歌っている時、鳥肌が立ったのを覚えている。ワォ、セルティックってね」

     中村の直接FK弾、そしてセルティックファンの熱狂は、ユナイテッドユベントスなどビッグクラブプレーした熟練のエブラにとっても印象深いものだったようだ。(Football ZONE web編集部)

    元マンチェスター・ユナイテッドDFエブラがCLでのセルティックの雰囲気について言及【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】「鳥肌が立った」 中村俊輔、“伝説FK弾”当時の敵地セルティックにマンU黄金期DFが感銘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 fanblogs.jp)



    ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)がベンフィカと合意したようだ。

    今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約を終え、フリーとなっているカバーニ2013年ナポリから移籍し、在籍7年間で公式戦301試合に出場。通算200ゴールクラブ歴代トップの数字だ。

    CL出場も拒否し、7月1日からフリーの身となっている同選手にはアトレティコ・マドリーローマ、さらにはアメリカブラジルなど世界中から関心が届いていたが、どうやら注目の新天地はポルトガルになるようだ。ブラジル『グローボ』や『BeIN』によると、ベンフィカが年俸900万ユーロ(約11億2400万円)の3年契約を締結。近く公式発表がなされる見込みだ。

    ベンフィカのジョルジェ・ジェズス監督は以前、「もしカバーニを獲得できたら、ベンフィカだけでなくポルトガルサッカーの発展につながる」と話していた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】注目のカバーニの新天地はベンフィカが濃厚に!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    写真提供: Dugout

     ボタフォゴ所属の元日本代表FW本田圭佑が、クラブの公式インタビューで複数の質問に答えた。自身がCEOとして手がける新しいスクール「NowDo」に通ずる教育について、また8月9日に開幕のカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)について言及している。

    「教育についての活動は、南アフリカなど諸外国での経験からきています。僕が考える教育は、若手選手と積極的にコミュニケーションを取ること。教育の魅力的なところは、知識やスキルはものと違って、一度身につけると一生自分のものになります。故郷や経済的な状況に関係せず、どの子供でもクオリティのある教育が受けられる環境であるべきです」


     また、カンピオナート・ブラジレイロに関しては「このリーグのことはまだ何も知りません。気候が異なる様々な場所に移動するため、試合日程を決めるのが難しいし、リーグ期間も短いです(2020年8月〜2021年2月)。タフな状況の中で継続的に結果を出すには、11人ではプレイヤーが足りないとパウロ(監督)にも言われました」と語った。

     ミランCSKAモスクワなどに所属した本田は、複数のブラジル人選手とプレーしてきた経験からも、ブラジルサッカーの素晴らしさを知る。「この国にどう貢献するかを見られているが、むしろこの国で何を得られるかだと思っている。ハングリーブラジルサッカーから多くを学び、自身の成長に繋げたい」と言及した。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】ボタフォゴ本田圭佑、教育の魅力、まもなく開幕のリーグを語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 football-tribe.com)



    ガラタサライは5日、バルセロナの元トルコ代表MFアルダ・トゥラン(33)の復帰を発表した。

    トゥランは、ガラタサライの下部組織で育ち、2005年1月からファーストチームプレー。マニサスポルへのレンタル移籍も経験したが、ガラタサライでその名を挙げた。

    2011年8月には1300万ユーロ(約16億2900万円)の移籍金でアトレティコ・マドリーへと完全移籍。アトレティコでは、2011-12シーズンヨーロッパリーグ2012-13シーズンにコパ・デル・レイ、2013-14シーズンラ・リーガタイトルを獲得。2015年7月に3400万ユーロ(約42億6000万円)でバルセロナへと移籍した。

    しかし、バルセロナは当時選手登録が禁止されていたためにプレーできず。その後も不遇の時期を過ごすと、2018年1月からはイスタンブール・バシャクシェヒルへレンタル移籍していた。

    ただ、イスタンブール・バシャクシェヒルでは、審判への侮辱や暴力、さらにはピッチ外での問題も発生し、16試合の出場停止処分や2年8カ月の懲役刑を言い渡され、1月に契約解除。2019-20シーズンスュペル・リグで9試合に出場するにとどまっていた。

    バルセロナへ復帰したものの、試合には出場していなかったアルダ・トゥランは、今回フリートランスファーでガラタサライへ復帰した。

    ガラタサライではこれまで公式戦191試合に出場し44ゴール76アシストを記録。古巣でキャリアの締めくくりを行うことになりそうだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】バルサ退団の元トルコ代表MFアルダ・トゥランがガラタサライへ復帰】の続きを読む

    このページのトップヘ