Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > その他



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    PSVが、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の獲得を目指しているようだ。同クラブで監督を務めるマルクファン・ボメル氏が認めている。

    ロッベンは今シーズンを以ってバイエルンを退団する。新天地として古巣のフローニンヘンやメジャーリーグサッカー、さらにはJリーグも候補に挙がっているとみられているが、今のところ有力な情報はない。

    そんな中、ファン・ボメル監督がオランダ『Voetbalzone』にロッベンの獲得に動いていることを明かした。

    「何度か連絡を取った。だが非常にシンプルだ。彼が決めるだけのことだからね。彼は我々がここに連れてきたいという思いを知っている。そして、彼に時間が必要であることも我々は理解している」

    プレッシャーをかけたくない。彼にとってとても重要な決断なんだ」

    「彼は引退することもできるし続けることもできる。ここに来ることもできるし別の所に行くこともできる。彼にはたくさんのオファーが届くだろう」

    ロッベン2000年にフローニンヘンでプロデビューした後、2002年から2004年の間PSVプレー。公式戦70試合で21ゴール16アシストを記録し、2002-03シーズンにはオランダ年間最優秀若手選手に選ばれた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ファン・ボメルがロッベン口説く…15年ぶりPSV復帰なるか】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のバルセロナへの移籍が破談に終わる可能性が出てきた。スペインマルカ』がスペイン『カデナ・セール』での情報をもとに伝えている。

    高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。

    そんなデ・リフトには、バルセロナパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッドバイエルンリバプールユベントスなどメガクラブからの関心が伝えられており、中でも最近では、バルセロナPSGの2クラブの報道が加熱している。

    移籍金7500ユーロ(約92億2000万円)でクラブ間合意に達したとされるバルセロナだが、再びアムステルダムでの交渉に臨むと、デ・リフトの代理人を務めるミノ・ライオラ氏から断りがあった模様。同メディアによれば、PSGバイエルンユベントスの方が好条件のオファーを提示していることが理由だという。また、その中ではPSGポールポジションにいるようだ。

    錯綜し続けるデ・リフトの去就。果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】デ・リフト代理人、クラブ間合意報道のバルサに断り?】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     アトレティコ・マドリードベンフィカポルトガル代表MFジョアン・フェリックスの移籍で合意したようだ。18日、イギリス紙『ガーディアン』や大手メディアスカイスポーツ』で活動するイタリア人記者ファブリツィオ・ロマノ氏が伝えた。

     当初、アトレティコ・マドリードベンフィカフェリックスの移籍金として要求する同選手の違約金1億2000ユーロ(約146億円)よりも低い金額でその獲得を目指していたが、最終的に同額を支払うことでクラブ間合意に至ったたようだ。

     また、アトレティコフェリックスとも5年契約を結ぶことで個人合意済みと見られ、同選手は近日中にメディカルチェックのためにマドリード入りすることになるという。

     19歳のフェリックスは、今シーズンの公式戦43試合の出場で20得点11アシストを記録し、一躍ビッグクラブからの関心を集めるスター候補生として名乗りを挙げた。同選手の獲得にはユヴェントスマンチェスター・Cも関心を示していたが、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの代役を探すアトレティコが最終的に争奪戦を制すことになりそうだ。

    アトレティコ加入間近と伝えられるフェリックス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】フェリックスのアトレティコ移籍は目前か…近日中にメディカルチェックへ】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     バルセロナアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの獲得レースから撤退する可能性が高まっているようだ。スペイン紙『マルカ』が18日に報じている。

     今シーズンアヤックスエールディビジとKNVBカップの優勝に貢献し、チャンピオンズリーグでもベスト4に進出する原動力となったデ・リフト。現在19歳の同選手はビッグクラブの“注目銘柄”となっており、特にバルセロナが本腰を入れて獲得に動いていると報じられていた。

     バルセロナはデ・リフト獲得のために7500ユーロ(約91億円)を用意しており、一時はアヤックスクラブ間合意に至ったと見られていた。しかし、今回の報道によるとデ・リフト側がバルセロナのオファーを拒否したという。以前は同選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が契約料の釣り上げを図ったためにバルセロナ行きが破談になったと報じられたが、今回もライオラ氏がオファーを拒否する決断を下したと同紙は伝えている。

     バルセロナがデ・リフト獲得レースから撤退したため、同選手の移籍先はパリ・サンジェルマンバイエルンユヴェントスのうちいずれかのクラブになると見られている。果たして、“注目銘柄”であるデ・リフトを射止めるのはどのクラブになるのだろうか。

    ビッグクラブの注目銘柄であるデ・リフト [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】バルサがデ・リフト獲得レースから撤退か…代理人がオファーを拒否】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    ベンフィカの19歳ジョアン・フェリックス グリーズマンの代役と予想される

     “NEXTクリスティアーノ・ロナウド”との呼び声高いベンフィカの19歳、ポルトガル代表FWジョアン・フェリックスがアトレチコ・マドリード移籍に近づいているようだ。ポルトガル紙「レコルド」が報じている。

     フェリックスは昨年8月にベンフィカトップチームデビューを果たしたばかりの俊英だが、今季はリーグ戦26試合で15得点をマーク。一躍ビッグクラブから関心を寄せられる存在となった。5日のUEFAネーションズリーグ準決勝スイス戦(3-1)でポルトガル代表デビューも飾った。

     飛ぶ鳥を落とす勢いのフェリックスにはレアル・マドリードが関心を示しているとも報じられていたが、同じマドリードでも“エル・ブランコ”ではなく、“ロヒ・ブランコ”の愛称で知られる赤と白のアトレチコが争奪戦を制したようだ。

    「レコルド」によれば、現地時間16日にフェリックスはすでにマドリード入り。アトレチコはベンフィカの要求額1億2000ユーロ(約146億円)を支払う準備を進めているという。また、フェリックスの年俸は600万ユーロ(約7億3000万円)になるとも伝えられている。

     ロナウドに代わるポルトガル新世代のエースとして期待されるフェリックス。アトレチコでは今季限りで退団するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの代役を務めることになりそうだ。

     (Football ZONE web編集部)

    ベンフィカFWジョアン・フェリックス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】“C・ロナウド2世”争奪戦はアトレチコに軍配か 移籍金146億を準備とポルトガル紙報道】の続きを読む

    このページのトップヘ