Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > その他

    no title

    ベルギーのシント=トロイデンで定位置を掴んでいる鈴木優磨。第27節のヘント戦にも先発起用されると、今季7点目となるゴールを決めた。

    そのシーンがこれ(以下動画4分20秒~)。

    ゴール前でクロスを収め、冷静にネットを揺らす!得点後には苦痛に顔を歪めていたが、最後までプレーしている。

    その鈴木は髪を金髪に染め上げて、この試合に登場。眉毛も金色にしていた?動画18秒~だと、イメチェンぶりがよく分かる。

    ただ、チームは4-1で敗れており、ミロシュ・コスティッチ監督は「ヘントのスピードに対処できなかった」とこぼしていたそう。

    鈴木優磨、“超サイヤ人化”!「意地の一撃」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】鈴木優磨、“超サイヤ人化”!「意地の一撃」がこれ】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 伝説の田中c ★ :2020/02/23(日) 20:10:04 ID:AtzpjjQ+9.net

    ハーツで難しい日々を送るU-23日本代表FW食野亮太郎について、イギリス『エディンバラ・イブニングニュース』が特集を組んだ。

    昨夏にガンバ大阪からマンチェスター・シティに加入し、特例で英国の就労ビザを得てスコティッシュ・プレミアシップのハーツに期限付き移籍した食野。ここまで公式戦19試合に出場して3ゴールをマークするなど称賛を集めていたが、12月の指揮官交代以降、チーム内での序列を下げている。

    そんな中、同メディアは難しい状況の続く食野の現状に関して特集。先日の0-5で敗れたセルティック戦について触れた。ハーツは8人のアタッカーを招集したが、日本人MFは代表招集以外では今シーズンのリーグ戦で初めてメンバー入りを逃している。

    これを受け「序盤こそ印象を残したが、半年でこれほど落ち込むとは誰も想像できなかった」と綴り、「しかし、これが今のメシノの現実だ。ダニエル・シュテンデルが指揮する12試合で4試合しか出番がなく、ベンチからも外れ、3試合でボールすら触れていない」と食野が非常に苦しい局面を迎えていることを伝えている。

    さらに、2020年に入ってから唯一先発したセント・ジョンストン戦では効果的なプレーができず、60分で交代を命じられており、ハーツサポーターもシュテンデル監督の決断を支持しているという。また、U-23日本代表でチームから離脱していた影響もあり、新指揮官の下で前線に求められることを十分に理解する時間がなかったとも考えられている。

    それでも同メディアは「技術面ではクラブでベストの1人であり、ハーツに違いをもたらすことのできる引き出しを持っている選手」と食野をへの期待が失われていないことを強調。そして「メシノがシュテンデルのハイプレッシングスタイルに適応し、信頼を勝ち取ることができれば、プレミアシップ残留争いに向けての大きな戦力になれる可能性がまだ残されている」と締めくくった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00010008-goal-socc


    【【海外サッカー】ハーツで苦しむ食野亮太郎に地元メディア「これほど落ち込むとは…しかしこれが現実」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 久太郎 ★ :2020/02/23(日) 12:22:03 ID:/bS3jWa29.net

    元コロンビア代表のMFフレディ・グアリンが、インテル時代の友人を誘っているようだ。その選手は、ガラタサライの日本代表DF長友佑都(33)だという。

    グアリンは22日、自身のインスタグラム(fguarin13)のストーリー機能で、長友とのビデオ通話の写真をアップ。そこにはコメントで、「ヴァスコ・ダ・ガマで一緒にプレーしよう」と勧誘していた。

    グアリンと長友は、2012年から2015年までインテルで同僚だったため、良い関係性を築いている。長友は、ガラタサライと2020年6月30日まで契約が残っているが、登録メンバーから外されており、Jリーグを含めて移籍先を探していると報じられていた。

    しかし、これは友人間の冗談でもあると思われ、『ESPN』はクラブが交渉中という情報はないとしている。

    一方で、仮に移籍が実現したら日本では大きな話題となる。ブラジル・セリエAのボタフォゴには元日本代表MF本田圭佑が加入。長友もブラジル行きとなれば、両者が対戦する可能性もある。ボタフォゴが本田獲得に漕ぎ着けたように、長友を獲得する要求がムーブメントとなった場合は、ゼロではないかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00370610-usoccer-socc


    【【移籍報道】本田圭佑に続く? 長友佑都をインテル時代の同僚グアリンがブラジルに直接勧誘】の続きを読む




    (出典 f.image.geki.jp)



    写真提供: Gettyimages

     ボタフォゴ所属の元日本代表FW本田圭佑が設立したONE TOKYOは23日、登録選手を追加募集することを発表した。

     ONE TOKYOは先月24日にトライアウトを実施していたが、選手を追加募集するようだ。選考は経歴と動画、実技で行うという。本田は追加募集に際し、ツイッターで「今いる選手の多くはプロや地域レベルプレーできるけど、敢えてONE TOKYOを選んでくれてます」とレベルの高い選手が集まっていることを報告している。

     ONE TOKYOはタレント武井壮氏の監督に就任と作家の乙武洋匡のGM就任を既に発表している。同クラブは「東京から世界を1つに」をビジョン東京都中央区を拠点に活動。今季は東京都社会人サッカーリーグ4部を戦う。今後のONE TOKYOに注目したい。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【元日本代表】本田圭佑設立のONE TOKYO、選手の追加募集を発表!】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    就任時期やチームスタッフ人事などの要求があったことを指摘

     アル・サッドを率いるシャビ・エルナンデス監督は、今冬にエルネスト・バルベルデ氏の解任を受けて、古巣バルセロナの新監督候補として浮上していた。就任は実現しなかったものの、元スペイン代表DFカルレス・プジョル氏の入閣など、シャビ監督が要求した就任の条件が明らかになっている。

     スペインラジオ局「カデナ・セール」によれば、シャビ監督はバルセロナに対して、いくつかの条件を要求。まず、バルベルデ前監督の解任に伴うシーズン途中のタイミングではなく、新シーズンに向けた今年6月の就任を希望していたという。

     さらに、クラブのグラスルーツ部門を含めてスポーツ部門の全権をシャビ監督が担うことをはじめ、チームスタッフとして元同僚のプジョル氏やジョルディ・クライフ氏、ジョアン・ビラ氏、シャビ氏の兄弟であるオスカル・エルナンデス氏の入閣などを要求していたとも報じられている。

     スペイン紙「マルカ」によれば、バルセロナはこのシャビ監督からの要求を受け入れなかった。結果として、その代わりにキケ・セティエン監督の招聘に至ったようだ。(Football ZONE web編集部)

    シャビ監督がバルサの指揮官に就任しなかった訳とは…【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】シャビ監督の“バルサ復帰”はなぜ実現しなかった? 要求された“就任の条件”をスペイン報道】の続きを読む

    このページのトップヘ