Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > その他



    (出典 eonet.jp)



    バルサ移籍内定のデ・ヨング、デ・リフトなどに各国強豪クラブが熱視線

     今、世界のサッカーファンを最も驚かせているクラブと言えば、アヤックスだろう。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でレアル・マドリードユベントスを連破し、22シーズンぶりの4強進出を果たした。若手有望株が数多いこともあって今夏の移籍市場は大いに注目を集めるが、スペイン紙「マルカ」は最大で約375億円の収入を生む可能性があるとして、彼らを注目するクラブの動向を紹介している。

     すでにビッグディールが決まっているのはオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングだ。21歳のゲームメーカーマンチェスター・シティパリ・サンジェルマンPSG)との獲得競争を制したバルセロナ7500ユーロ(約93億7500万円)+1100万ユーロ(約13億7500万円)のインセンティブ契約で新シーズンからの加入が決まっている。

     それに次ぐ注目銘柄となったのはオランダ代表DFマタイス・デ・リフト。19歳にしてアヤックスの最終ラインを司り、ユベントスとの第2戦では決勝点となるヘディンシュートを決めた。エリク・デンハーグ監督は「彼がバイエルンバルサのどちらに加わるのか……」とすでにビッグクラブから声がかかっていることを明言。なおかつレアル・マドリードユベントスも狙う超新星だ。

     ジネディーヌ・ジダン監督体制で立て直しを図りたいレアルはデ・リフトだけでなく、オランダ代表MFドニーファン・デ・ベークも狙っている。攻守両面で多大な貢献ができる“ボックス・トゥ・ボックス”タイプの中盤として能力を買っているようだ。

     右サイドバックを任されるモロッコ代表DFノウセア・マズラウイも引く手あまただ。契約更新をしているものの、マンチェスター・ユナイテッドアーセナルリバプールプレミア勢がマズラウイに熱視線を送っているとのこと。また2018年1月に加入したアルゼンチン代表DFニコラス・タリアフィコもすでにベティス、そしてアヤックスアトレチコ・マドリードも触手を動かしている。

    ネレスには中国から53億円超の爆買いオファー、タディッチも市場価値が倍増

     アタッカーではブラジル人FWダヴィド・ネレスだ。クラブ史上2番目に高額となる1200万ユーロ(約15億円)の移籍金で獲得した際には疑問の声が挙がったが、昨季エールディビジで14ゴール13アシストマーク。1月には広州恒大から4300ユーロ(約53億7500万円)の“爆買い”オファーが舞い込んだ。

     同じく1140万ユーロ(約14億2500万円)の移籍金でサウサンプトンから加わったセルビア代表MFドゥシャン・タディッチもアヤックスで再び評価を高めた。「プレミアはうんざりしていた」と語るタディッチは“偽9番”の役割で輝きを取り戻し、市場評価額は獲得時の3倍にも跳ね上がっているのだという。

     高騰する“ヤングアヤックス”。目標とするエールディビジ制覇に加えてCL準決勝トットナム戦でも躍動すれば、その価値はさらにうなぎ上りとなりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    若手有望株が多いアヤックスだが、今夏の移籍市場は大いに注目を集めている【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】アヤックス、今夏だけで375億円の収入!? 若手有望株の去就にスペイン紙が注目】の続きを読む

    no title


    元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が現役続行の意思を表明した。

    昨年12月にオリンピアコスを退団したヤヤ・トゥーレ。かつてモナコバルセロナマンチェスター・シティに籍を置き、過去4度のアフリカ年間最優秀選手賞受賞歴を誇るが、オリンピアコスを退団して以来、新天地は決まっていない。

    そうした状況もあり、引退説も取り巻くヤヤ・トゥーレだが、まだ現役を続ける意向だという。イギリスBBC』で去就について問われると、次のようにコメントアジア上陸の可能性も示唆した。

    「誰も僕をフットボール選手から退かせることはできない」

    「今は自分のために重要な休養を取ることを決めただけ。選択肢を慎重に比較、検討することがすごく大切だ。まだ2,3年はやれる。だから、引退はないよ」

    「(どこでプレーしたいか?) アメリカや中東、アジアはどうかな? 来シーズンのことを決断するだけの時間はある」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】フリーのヤヤ・トゥーレ、アジア上陸か 現役続行を表明!】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    レアル・マドリーユヴェントスを撃破して、UEFAチャンピオンズリーグベスト4に進出したアヤックス

    エールディビジ第31節では堂安律が所属するフローニンゲンと対戦し、0-1の勝利を収めた。

    アヤックスは途中投入のクラース=ヤン・フンテラールが後半33分に値千金の決勝ゴールゲット。だが、彼はその6分後にラフプレーで退場になっている。

    そうした中、アヤックスMFフレンキー・デ・ヨングが主審に苦言を呈したようだ。

    『voetbal zone』などによれば、自らのタックルに対して笛を吹かなかった主審と何度かやり合いになっていたという。

    フレンキー・デ・ヨング(アヤックスMF)

    「レフェリーからは笛は吹かないと言われた。彼は僕が早くプレーすべきだと思っていたからね。

    彼にはそんなことはせずにルールに従うべきだと言ったよ」

    「倒された時にレフェリーから早くプレーしろと言われるのはすごくおかしなことだ。

    フェリールールを作ったり、どういう風にプレーするべきかを決めるために存在するわけではない。

    反則があった時には笛を吹かなくてはいけない。困ったものさ」

    「僕がボールを持ってドリブルしたら倒された。

    起き上がったら、相手がボールを掴み取った。彼からは『早くプレーをすべき』と言われた。

    ドリブルしたら倒されるかもしれないというのはルールにはない。

    『ドリブルするな』とレフェリーが言うのはクレイジーだと思う。それは彼のやるべきことじゃない」

    【関連記事】2010年の「プレミアリーグ期待の若手20名」はあれからどうなった

    エールディビジでも暫定首位に立つアヤックス。来月1日にトッテナムとのCL準決勝1stレグを戦う。

    堂安との対戦に勝利も…デ・ヨング、「狂ってる」と主審を批判


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】堂安との対戦に勝利も…デ・ヨング、「狂ってる」と主審を批判】の続きを読む

    no title


    今、サッカー界で最も旬なチームの一つがアヤックスであろう。

    今季のUEFAチャンピオンズリーグで大会3連覇中のレアル・マドリーを沈めたオランダの雄は、準々決勝でもC・ロナウド擁するユヴェントスを撃破し、世界をアッと驚かせた。

    そのアヤックスといえば育成において世界最高峰であることが広く知られており、現在、オランダではアヤックスが参加した「ABN-AMRO Future cup 2019」というユースの大会が開催されている。

    この大会には日本からサガン鳥栖U-18チームも出場しているのだが、その彼らが20日に行われた地元アヤックスとの一戦でやってくれたぞ。

    鳥栖は同日の1試合目でトッテナムに0-3と敗れていたが、地元の熱心なサポーターが見守るなかで行われたアヤックスとの2試合目でなんと3-0と完勝を収めたのである。

    6分、10分と立て続けに9番の田中禅が2ゴールを奪うと、19分には11番の相良竜之介が3点目のゴールで試合を決める!

    アヤックスはこの一戦の前にトップチームと同じくユヴェントスに勝利していたのだが、その相手に完勝するとは…。

    鳥栖のユースは近年、田川亨介(FC東京)を輩出し、17歳の松岡大起が今季Jデビューを果たすなど成果を挙げている。トップチームは今季J1で最下位と苦しんでいるが、この結果を遠く海の向こうから届けたいところだろう。

    【関連記事】欧州から見た日本人選手の市場価値トップ100(2018年版)

    鳥栖は最終節でユヴェントスと対戦しグループ突破を目指すことに。一方、最下位に沈んだアヤックスは、トッテナムと対戦(まるでCLのような組み合わせである)することになっている。

    サガン鳥栖、ユーヴェ破ったアヤックスに完勝!なんのこと?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【Jリーグ】サガン鳥栖、ユーヴェ破ったアヤックスに完勝!なんのこと?】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ユーベ撃破のアヤックスを高評価 2年前のEL決勝での戦略から対策案を提示

     オランダの名門アヤックスUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でユベントスと対戦し、2戦合計スコア3-2で準決勝へ勝ち進んだ。ロシアニュース専門テレビ局「RT」の番組に出演した前マンチェスター・ユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョ氏は、アヤックスに対する対策案を語っている。

     CL準々決勝に臨んだアヤックスは、ユベントスとのホームでの第1戦で1-1の引き分け。アウェーでの戦いとなった第2戦を2-1で勝利し、鮮やかな逆転劇でベスト4進出に成功した。

    「RT」で解説を務めたモウリーニョ氏は、第2戦でユベントスが“真っ向勝負”したことが間違いだったと主張した。

    「個人的な意見だが、ユベントスは別のチームのようだった。アヤックスが強みを引き出せるような戦いぶりに見えた」

     さらにモウリーニョ氏は、自身が率いてUEFAヨーロッパリーグ(EL)を勝ち獲った2016-17シーズンアヤックスとの決勝を振り返り、その時の戦術を明かしながら解説した。

    「我々は彼らにボールを保持させるようにゲームを進めた。彼らは試合後にビルドアップに時間をかけさせられたことについて、フェライニの働きについて、フィジカルについて反省していた。なぜなら、それらに対処できなかったからだ」

     モウリーニョ氏は、現在は中国1部・山東魯能に所属するベルギー代表MFマルアンフェライニをロングボールターゲットとしたフィジカル重視のサッカーを展開させ、アヤックスボールを保持させて攻撃に時間をかけさせた当時の作戦を明かしている。

     モウリーニョ氏はアヤックスが決勝に進み、バルセロナリバプールと対戦したならという仮定の話を進め、バルサリバプールも「自身の強みを生かしてアヤックスを打ち破るだろう」とコメント。そして、「しかし、彼らがクオリティーを発揮できなかった場合、戦術的な観点から言えばアヤックスが望まない戦い方をしなければならない」と付け加えている。

     モウリーニョ氏はアヤックスの強さを認めたうえで、彼が望むようなプレーをさせないようにすることが勝利への鍵だと主張していた。(Football ZONE web編集部)

    ジョゼ・モウリーニョ氏【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】名将モウリーニョが語る“アヤックス対策” 敢えて「ボールを保持させる」意図とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ