Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > その他

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



     3日、インテル・マイアミに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

     1987年生まれで現在34歳のイグアインは、母国アルゼンチンのリーベル・プレート出身の点取り屋。2007年、当時19歳にしてレアル・マドリードに加入すると、スペインの名門では6年半の所属で計121ゴールという数字を叩き出した。そして、カリム・ベンゼマとの競争に敗れる形で加わったナポリでは、その得点力がさらに爆発。公式戦146試合の出場で91得点を残し、2015-16シーズンにはセリエAシーズン得点記録を更新(36ゴール)して得点王に輝いた。

     その後、2016年の夏には9000万ユーロ(当時のレートで約1044000万円)という移籍金で国内のライバルであるユヴェントスに加入。ここでも通算66ゴールと結果は残したものの、徐々にその立ち位置は揺らぎ、ミランチェルシーへの期限付き移籍も経験した。そして2020年夏からはメジャーリーグサッカーMLS)のインテル・マイアミでプレーすることとなり、アメリカの地で、2022年限りでの現役引退を決断した。

     “エル・ピピータ”の愛称で親しまれたストライカーは、アルゼンチン代表としても長年に渡って活躍。2009年ディエゴ・マラドーナ監督のもとでA代表デビューを果たすと、さっそくその試合でゴールを決め南アフリカワールドカップ出場権の獲得に貢献した。また、W杯本大会には3度出場し、14試合の出場で5ゴールを記録。2014年ブラジル大会ではリオネル・メッシらとともにチームを牽引し、決勝の舞台にも立った。代表チームでは、75キャップで通算31得点をあげ、クラブでの成績と合計するとプロキャリアでの通算得点数は「364」に到達している。

    今季限りで現役を引退するイグアイン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】34歳イグアイン、今季限りでの現役引退を発表…レアルやナポリなどで通算364ゴール】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(34)が2022シーズン限りでの現役引退を発表した。クラブの公式サイトが伝えている。

    リーベル・プレートの下部組織で育ったイグアインは、2005年5月にトップチームデビューを飾ると、若くして頭角を現し、2006年10月8日のボカ・ジュニアーズとのスーペル・クラシコでは2得点を挙げ、注目を浴びると2007年1月にレアル・マドリーへと完全移籍。

    通算264試合に出場し121ゴール56アシストを記録したレアル・マドリーでは、リーグ優勝3回を含む5個のタイトルを獲得し、2013年ナポリへ完全移籍。絶対的ストライカーとして君臨したナポリでは、通算146試合で91ゴール26アシストマークし、2015-16シーズンにはセリエA記録の36ゴールを挙げた。

    ストライカーとして一時代を築いたイグアインは、2016年に移籍金9000万ユーロ(当時レート:約103億6000万円)で宿敵ユベントスへ移籍。ユベントスでは公式戦149試合の出場で66ゴール16アシストを記録。移籍初年度の2016-17シーズン、2年目の2017-18シーズンは得点源としてセリエAの連覇に貢献したが、ミランチェルシーへのレンタルを経て復帰した2019-20シーズンセリエAで8ゴールに終わり、2020年9月に契約を解除。同月にインテル・マイアミへの移籍が発表された。

    2022年末まで契約を結んだインテル・マイアミでは、慢性的なコンディションの問題に苦しみながらも、2021シーズンMLSで30試合に出場し12ゴールマーク。今季もここまで26試合の出場し昨季を上回る14ゴールを挙げている。

    また、2009年10月デビューしたアルゼンチン代表では、ワールドカップに3回(2010,2014,2018)、コパ・アメリカに3回(2011,2015,2016)に出場。通算75キャップを誇り、歴代5位となる31ゴールを記録していた。

    なお、現在インテル・マイアミはプレーオフ進出圏外のイースタン・カンファレンス8位となっており、10月9日レギュラーシーズン最終節のモントリオール戦の結果次第でプレーオフ進出が叶わなかった場合、その試合がイグアインラストマッチとなる。

    第3節はインテルvsバルセロナチェルシーvsミランなど注目試合が開催!
    グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
    無料トライアルなど詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】34歳イグアインが現役引退を表明…9日のモントリオール戦がラストマッチの可能性も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    ポルティングの日本代表MF守田英正がジウ・ヴィセンテ戦で移籍後初ゴールを決めた。

    ヌーノ・サントスの速いクロスにスライディングで飛び込みネットを揺らしている(動画1分9秒から)。

    その守田は「スポルティングでの初ゴール」とInstagramを更新すると鎌田大地らがコメントを送っている。

    アシストしたヌーノ・サントスはクラッキ(名手)とコメントすると、守田は泣き笑い絵文字をつけて「試合中に怒らないで」とジョーク交じりに返信。これにヌーノ・サントスは笑顔の絵文字を送り返していた。

    ヌーノ・サントスは試合中にパスを貰えなかった際に不満をあらわにしていたそうで、現地メディアもこの話題を取り上げている。

    【関連】海外日本人選手、サッカーゲームFIFA23での「能力ランク」がこちら

    また、守田とこの夏にスポルティングで短期間だけ一緒にプレーしたポルトガル代表MFマテウス・ヌニェス(現ウォルヴァーハンプトン)も初ゴールに反応。

    「君なら楽勝さ」とのメッセージを送ると、守田は「あなたは僕よりも楽にプレーする」と謙虚に返信していた。

    ヌニェスは生まれ故郷であるブラジルからも代表入りを誘われた実力者だが、守田は短期間の間に確かな印象を与えていたようだ。

    「試合中に怒らないで(笑)」守田英正、初ゴールをアシストしたスポルティング選手に返信


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「試合中に怒らないで(笑)」守田英正、初ゴールをアシストしたスポルティング選手に返信】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    デュッセルドルフ日本代表MF田中碧が今シーズンゴールを記録した。

    田中は1日に行われた2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)第10節のアルミニア・ビーレフェルト戦に先発出場。MF奥川雅也との日本人対決が実現した。

    日本代表帰りの田中。ボランチの一角で先発出場すると、トップ下で起用されたMFアペルカンプ真大が大活躍を見せる。

    21分にアペルカンプ真大のゴールで先制すると34分にPKで追いつかれてしまう。

    それでも迎えた47分、ボックス内右でパスを受けたアペルカンプ真大の浮き球のパスを、ボックス中央で田中がダイレクトボレー。バウンド際をうまく叩きつけたゴールで、勝ち越しゴールを記録した。なお、これが今シーズンの初ゴールとなった。

    試合は66分にアペルカンプ真大が2点目を決めると、76分にもチームは追加点。4-1で勝利を収めた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】田中碧が今季初ゴールで勝利に導く活躍! アペルカンプ真大のクロスを技ありで合わせる!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    スタッド・ランス日本代表MF伊東純也が再び結果を残した。

    シーズンからリーグ・アンのスタッド・ランスに移籍。ベルギー以外の国で初の挑戦となった伊東。チームの主軸としてプレーし、開幕戦こそケガの影響で欠場したが、第2節のクレルモン戦に途中出場しリーグ・アンデビュー。第3節以降はスタメンで出場を続けている。

    第4節のリヨン戦で移籍後初ゴールを記録し、リーグ・アンでの初ゴールを決めると、続く第5節のアンジェ戦でもゴールを記録。ここまで7試合で2ゴールを記録している。

    これまでは右のウイングが主戦場だった伊東だが、スタッド・ランスでは2トップの一角で起用されることに。得点力が上がっている中、早くもシーズン3ゴール目を記録した。

    2日に行われたリーグ・アン第9節のトロワ戦にも先発した伊東は、1-1で迎えた54分に魅せる。

    右CKからアレクシス・フィリプがクロスを上げると、これは相手DFがクリア。しかし、そのボールをボックス右で拾ったフィリプがクロス。これをボックス中央で伊東がダイレクトで合わせ、スタッド・ランスが勝ち越しに成功した。

    これで勝ち越したスタッド・ランスだったが、伊東にアクシデント。55分、ロングボールが前に蹴り出されると、ルーズボールに対して伊東がスライディング。これがジャクソン・ポロソの左ヒザにスパイクが入る形に。一発レッドでの退場となってしまった。

    ゴールを決めた直後に退場となった伊東。スタッド・ランスは今季のリーグ戦9試合のうち6試合で退場者を出しており、伊東もその1人になってしまった。



    第3節はインテルvsバルセロナチェルシーvsミランなど注目試合が開催!
    グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
    無料トライアルなど詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】伊東純也がクロスをダイレクトで決めて今季3点目の勝ち越し弾! しかし、その2分後に一発退場…】の続きを読む

    このページのトップヘ