Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > ブンデスリーガ



    (出典 i0.wp.com)



     天津権健からドルトムントへの加入が合意に達したベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルは、今夏の移籍市場でマンチェスター・Uやナポリからもオファーを受けていたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が8日に報じている。

     ドルトムントは6日、ヴィツェル獲得合意を発表した。2022年6月までの4年契約で、同選手はすでにドルトムントの練習に合流。移籍手続きは近日中に完了する見込みだ。

     今回の報道では、『スカイスポーツ』がベルギー紙『Het Laatste Nieuws』を引用する形で伝えられた。ヴィツェルの代理人を務めるポール・ステファニ氏が「他にも(移籍先の)候補はあった。マンチェスター・Uが彼を求めていた。ナポリもそうだね」とコメント。両クラブからもオファーがあったことを明かした。

     現在29歳のヴィツェルは2006年にスタンダール・リエージュのトップチームに昇格。その後ベンフィカを経て、2012年からはロシアのゼニトで4年半に渡ってプレー。2017年1月にはユヴェントスとの合意も報じられたが、最終的には中国の天津権健へ完全移籍した。

     2008年3月にデビューしたベルギー代表では96のキャップ数を誇り、2018 FIFAワールドカップ ロシアでも6試合に出場していた。

    ドルトムントの練習に合流しているヴィツェル [写真]=TF-Images/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍】ドルトムント加入のヴィツェル、マンUとナポリからもオファー…代理人明かす】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 数の子 ★ :2018/08/08(水) 21:29:55.05 ID:CAP_USER9.net

    ベルギー代表MFのアクセル・ヴィツェルは6日、ボルシア・ドルトムントに加わることが決定。今回の取引を担当した代理人のポール・ステファーニ氏がベルギー紙『Het Laatste Nieuws』で取引の舞台裏を明かしている。

    ステファーニ氏はロシア・ワールドカップ前、6月11日に行われた国際親善試合、ベルギーとコスタリカの一戦前後でヴィツェルに会った際、天津権健から移籍する考えを伝えられたという。「ちょっとお話ししていたら、アクセルは『中国から出たいかもしれない』と話したのでね。彼に笑顔で『素晴らしいアイデアを持って君のところに戻ってくるよ』と伝えたよ」とその当時の会話を振り返り、次のように続けた。

    「家に帰る途中で、数カ月前にドルトムントに訪れてクラブの人物に知り合ったことを思い出し、彼に連絡を取ったら、ミヒャエル・ツォルク(スポーツディレクター)とハンス=ヨアヒム・ヴァツケ(CEO)を紹介してくれた。彼らとはアクセルがW杯に出場していたときに話したが、ドルトムントはアクセルのようなプレーヤーを探していることが分かった」

    「そこでアクセルのポルトガル人の代理人が天津権健との契約に2000万ユーロ(約26億円)で行使できる契約解除条項を盛り込ませたことを伝えたんだ。天津権健が6000万ユーロ(約78億円)の移籍金を要求すると考えていたため、彼らはとても喜んでいたよ」

    そして、ベルギー代表がW杯を3位に終えて帰国したところ、ツォルクSDはベルギーのリエージでヴィツェル本人と初めて接触したとのこと。

    「ツォルクはプランを提示し、彼にどのようなプレーを求めているのか、何が期待されるのかを細かく説明したんだ。それがまさにアクセルが望んでいた通りの内容だった。ミーティングが終わった直後にはもうすでに決心したかのような印象を受けたね」

    一方で、ドルトムントのほかにもヴィツェルの獲得を狙っていたクラブが動き出していたことにも言及している。

    「マンチェスター・ユナイテッドとナポリが彼のことを欲しがっていたね。でも私は彼にこう言ったんだ。『君はドルトムントではナンバー1だが、マンチェスターやナポリでは複数の選手のうちの1人になる』と。そしたらアクセルは『お願いだから早めに決めてくれ。ドルトムントに行きたい』と返して来たんだ」

    また、ステファーニ氏は契約内容については具体的には語らないも、「ドイツの市場にしては、偉大な選手に値するサラリーとなったね」と明かし、「ツォルクSDも『これで全部だ』と話すほど」の破格条件で合意に至ったことを示唆した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000023-goal-socc


    【【海外サッカー】香川の同僚ヴィツェル、マンチェスター・Uやナポリを選ばなかった理由は?代理人が明かした舞台裏】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



    ユナイテッドが移籍金を72億円まで引き下げるリクエストを出して獲得を画策

     ドイツ王者バイエルンの選手たちは、今夏にドイツ国外への移籍が報じられているドイツ代表DFジェローム・ボアテングに対して、クラブにとどまるように要請したようだ。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

     2011年にマンチェスター・シティからバイエルンに加入したボアテングは、7年間でリーグ戦156試合に出場。初年度こそ優勝を逃したが、2年目から史上初のリーグ6連覇に貢献し、2012-13シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグも制覇した。ドイツ代表でも14年のブラジル・ワールドカップで世界一に輝くなど、多くのタイトルを手にしている。

     29歳のボアテングには今オフ、マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマンが関心を示し、ユナイテッドはバイエルンに移籍金を5000万ポンド(約72億円)まで引き下げるようにリクエストしていると伝えられている。

     この去就問題に反応したのはバイエルンの選手たちだ。最終ラインでともにプレーする機会も多いオーストリア代表DFダビド・アラバは、「彼はディフェンスでは世界最高の選手の一人だ」と評し、移籍することになれば「僕らはみんな悲しくなるだろう」とボアテングの移籍を望まない姿勢を示している。

     また記事によれば、元フランス代表MFフランク・リベリーも残留を望んでいるようだ。

    「ジェロームとは何年もプレーしてきた。僕らと一緒に残留することを願っている。彼は世界で最も優れたCBの一人だからね」

     バイエルンは3日にチリ代表MFアルトゥール・ビダルがバルセロナへ移籍したばかり。前人未到の7連覇に向けては、これ以上の主力流出は避けたいところだ。(Football ZONE web編集部)

    バイエルンDFジェローム・ボアテング【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】バイエルン、リベリーらが退団浮上の独代表DFボアテングを慰留 「世界最高の選手」】の続きを読む




    (出典 kicker.town)



     バイエルンからバルセロナへの完全移籍加入が決まったチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが6日、加入会見に臨んだ。クラブの公式HPが伝えている。

     ビダルは5日にバルセロナへ到着。翌6日、本拠地のカンプ・ノウにて契約へのサインを行った後、ユニフォームに着替えてファンの前に登場した。

     なお、ビダルの移籍金はバイエルン側の希望により、非公表となることが決定。契約破棄金は3億ユーロ(約390億円)に設定されている。

     バルセロナは3日、ビダルの獲得でバイエルンと合意に達したと発表。3年契約を締結する見通しとなっている。現在31歳の同選手は母国のコロコロでキャリアをスタート。レヴァークーゼン、ユヴェントスを経て2015-16シーズンからバイエルンでプレーし、今夏の移籍市場でバルセロナに加入することが決まった。

    バルサの本拠地カンプ・ノウで加入発表に臨んだビダル [写真]=Action Plus via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】ビダル、バルサとの契約にサイン…本拠地カンプ・ノウでユニ姿を披露】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



     マンチェスター・Uが、バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングの獲得に興味を示しているようだ。イギリス紙『ガーディアン』が6日に報じている。

     同メディアによるとマンチェスター・Uのウッドワード副会長は、ボアテングの移籍に関してバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOと会談を行い、その際にバイエルン側は移籍金として5000万~6000万ユーロ(約64~77億円)を要求したとみられている。

     またバイエルン側は、交渉の一部としてフランス代表FWアントニー・マルシャルを譲渡するという、マンチェスター・Uの堤案には興味がないという立場を示したようだ。

     同メディアによると、ボアテング本人もマンチェスター・C時代以来となるプレミアリーグ再挑戦を希望している模様。なお同選手を巡っては、アーセナルも獲得に興味を示しているようだと複数メディアが報じている。

    バイエルンでプレーするボアテング [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】マンU、J・ボアテングの獲得に本腰…本人もプレミア移籍を希望か】の続きを読む

    このページのトップヘ