Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > ブンデスリーガ



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 数の子 ★ :2018/09/26(水) 20:15:38.58 ID:CAP_USER9.net

    ▽バイエルンはチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール(27)の獲得を画策しているようだ。スペイン『Fichajes.net』が伝えた。▽記事によると、バイエルンは元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(34)と元フランス代表FWフランク・リベリ(35)に代わる新たなスターの獲得を検討しており、白羽の矢を立てたのがアザールだ。

    ▽今夏にレアル・マドリー移籍が騒がれたアザールは、現在ではチェルシーとの2022年までの契約延長が目前まで迫っている模様。しかし、獲得を狙うバイエルンが契約延長を阻む考えを示しており、継続して追いかけているマドリーのほかに、バルセロナも注視しているという。とはいえ、チェルシーの契約更新を妨げるのは難しいだろう、とも推測されている

    ▽リール下部組織のアザールは、2007年にプロデビューを飾ると、2010-11、11-12シーズンと2シーズン連続でリーグ・アン年間MVPを受賞。この活躍を受け、2012年に、チェルシー入りを果たした。加入後は公式戦通算307試合に出場し、94ゴール78アシストを記録。ロシア・ワールドカップ(W杯)でベルギー代表を3位に導いた後に突入した今シーズンも、プレミアリーグ6試合で5ゴール2アシストとチームの攻撃の要として活躍している。
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=329004


    【【ブンデスリーガ】バイエルン、ロッベン&リベリ後継者にアザールを検討】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    ドルトムント公式戦通算100得点のメモリアル達成 途中出場の香川も及第点は得たが…

     ドルトムントは現地時間26日のブンデスリーガ第5節ニュルンベルク戦で7-0と大勝を収めた。トップ下として出場したドイツ代表FWマルコ・ロイスは、2得点1アシストを挙げて勝利に貢献。海外メディア将に対して「満点評価」を与えている。

     前節ホッフェンハイム戦(1-1)に続いて4-2-3-1システムを採用したなかで、ロイスはトップ下で出場。左サイド戦場とするドイツ人アタッカーを得たのように躍動した。

     1-0で迎えた前半32分、最終ラインのDFダンアクセル・ザガドゥからワンタッチテンポ良くボールをつなぐと、ペナルティアーク内でパスを受けたロイスはダイレクトで右足を一。相手DFに当たったシュートコースが変わってゴール左隅に突き刺さった。さらに後半4分にはカウンターを仕掛けて持ち上がり、右サイドへ展開してモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの移籍後初得点を演出。その9分後には味方とのワンツーからゴールを陥れて追加点を挙げた。

     後半17分に日本代表MF香川真司と交代するまで、2得点1アシストの活躍で7-0の大賞に貢献。スポーツ専門テレビ局「ESPN」は、10点満点の選手採点でロイスに一の満点評価を与え、「キャプテンは2ゴールと1アシストを残したうえに、彼のクラブ通算100ゴールも記録した」と、ドルトムント加入後公式戦通算100ゴールを達成したことにも触れた。

     途中出場でトップ下を引き継いだ香川は7点と及第点を与えられたものの、「運は向いていたが、結果に変換できなかった」と、に見える結果を残せなかったと摘されている。

     ルシアンファブレ新体制で少しずつ出場機会を手にし始めている香川だが、“トップ下”ロイスの躍動がポジション争いをさらに熾なものとするかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    ドルトムントFWロイス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】香川にさらなる壁!? 主将ロイスがトップ下で躍動、海外メディアも“満点評価”で絶賛】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/09/27(木) 06:07:32.73 ID:CAP_USER9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    9.26 ブンデスリーガ第5節 ドルトムント7-0ニュルンベルク]

     ブンデスリーガ第5節2日目が26日に開催され、MF香川真司が所属するドルトムント(2勝2分)がFW久保裕也が所属するニュルンベルク(1勝2分1敗)と対戦し、7-0の完封勝利を収めた。前節ホッフェンハイム戦で今季初先発を飾った香川はベンチスタートとなったが、後半17分から途中出場。開幕4戦連続先発フル出場中の久保は、この試合でもスターティングメンバーに名を連ねて後半41分までプレーしている。

     前半9分に試合を動かしたのはホームのドルトムントだった。左サイドから切れ込んだMFクリスティアン・プリシッチの巧みな浮き球のパスからPA内に走り込んだFWヤコブ・ブルーン・ラルセンが、飛び出したGKファビアン・ブレドロウよりも先にボールに触れると、鮮やかな軌道を描いたループシュートがネットを揺らしてスコアを1-0とした。

     1点のビハインドを背負ったニュルンベルクは前半14分、CKの流れから右サイドでボールを受けた久保が果敢に右足シュートを狙うも、GKロマン・ビュルキの正面を突いてしまう。すると同32分、FWマキシミリアン・フィリップのパスに走り込んだFWマルコ・ロイスがPA外から放ったシュートが相手選手に当たってコースが変わりながらもネットに突き刺さり、ドルトムントがリードを2点差に広げた。

     2-0とドルトムントがリードしたまま後半を迎えると、同4分にニュルンベルクのCKからドルトムントがカウンターを発動させ、ボールを運んだMFマルコ・ロイスのラストパスからDFアクラフ・ハキミがネットを揺らして3点目。さらに同13分にはラルセンとの鮮やなワンツーからロイスがゴールを陥れ、リードは4点差に広がった。

     すると後半17分にドルトムントベンチが動き、ロイスに代えて香川、MFアクセル・ビツェルに代えてMFユリアン・バイグルが同時にピッチへと送り込まれた。その後は同29分にDFマヌエル・アカンジ、同40分にMFジェイドン・サンチョ、同43分にバイグルがゴールを奪い、ドルトムントが7-0で快勝した。

    9/27(木) 5:22フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-02124255-gekisaka-socc


    【【ブンデスリーガ】<香川真司>途中出場!ドルトムント、圧巻ゴールショー!久保先発のニュルンベルクに7発大勝!】の続きを読む



    (出典 sakanowa.jp)



    バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に新地移籍の可性が浮上した。スペインDon balon』が報じた。

    レアル・マドリーから2年間のレンタルバイエルン入りしたハメス。バイエルンは今シーズン終了後に買取オプションを行使する意向とみられるが、ハメスの心は既にドイツにない模様だ。

    また、ハメスは保有権を持つレアル・マドリー復帰の選択肢全に排除。新地の条件として、チャンピオンズリーグ(CL)優勝が見込めることを挙げ、現時点でパリ・サンジェルマン(PSG)が有だという。

    シーズンからバイエルン揮を執るニココバ監督の下でも、ここまでブンデスリーガ4試合2得点1アシストと結果を残すハメス。バイエルンの戦であれば、CL優勝も夢ではないように感じるが、意はいかに。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】“CL制覇の夢”を追うハメス、バイエルン在籍は今季限りか…】の続きを読む

    no title

    1 真実は一つ ★ :2018/09/23(日) 00:29:16.26 ID:CAP_USER9.net

    ホッフェンハイム 1-1 ドルトムント ブンデスリーガ第4節】

     現地時間22日にブンデスリーガ第4節の試合が行われ、ドルトムントはホッフェンハイムのホームに乗り込んで対戦。

     ドルトムントに所属する香川真司は今季リーグ戦初のスタメン出場を果たした。試合開始して18分、ゴール前でパスを通されホッフェンハイムのレオナルド・ビッテンコートに決定機が訪れる。しかし、ドルトムントのGKロマン・ビュルキが防ぎ失点を免れた。

     それでも44分、ゴール前のパス回しからホッフェンハイムのジョエリントン・カッシオに先制点を決められてしまう。続く50分には、ショートコーナーからホッフェンハイムのエルミン・ビカクチッチに追加点を決められたように見えたが、オフサイドの判定によりノーゴールに。55分にもホッフェンハイムのアンドレイ・クラマリッチが決めるが再びオフサイド。

     すると56分、クロスボールに香川が合わせてシュートを放つ。しかし、ゴール左に外れて決定機を逃してしまう。64分にも香川がゴールを狙うがシュートはホッフェンハイムのGKオリバー・バウマンに止められた。多くのチャンスを作った香川は70分にマキシミリアン・フィリップとの交代でベンチに下がる。

     76分にドルトムントのアブドゥ・ディアロが1発退場するが、84分にクリスティアン・プリシッチがゴールを決めて1人少ないドルトムントが同点に追いついた。結局、ホッフェンハイム対ドルトムントの試合は1-1の引き分けに終わっている。

    【得点者】
    44分 1-0 カッシオ(ホッフェンハイム)
    84分 1-1 プリシッチ(ドルトムント)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180923-00290368-footballc-socc


    【【サッカー】 今季初先発の香川真司、決定機迎えるも得点ならず…ドルトムントは1-1ドロー】の続きを読む

    このページのトップヘ