Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > ブンデスリーガ



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 数の子 ★ :2018/08/11(土) 15:34:01.91 ID:CAP_USER9.net

    8/11(土) 14:30配信
    コバチ監督がバイエルンとプレミア勢の補強スタンスの違いに言及

    バイエルン・ミュンヘンのニコ・コバチ監督は、プレミアリーグのクラブが移籍市場で投資した金額がトロフィーを保証することはないと主張しつつ、自身のクラブが静かな夏を過ごしていることについて言及した。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

     今季からバイエルンを率いるコバチ監督は12日、昨季まで指揮したフランクフルトとのドイツ・スーパーカップに臨む。今季のバイエルンはフリートランスファーでシャルケからドイツ代表MFレオン・ゴレツカを獲得し、ホッフェンハイムからレンタルバックでドイツ人FWセルジュ・ニャブリが復帰しただけで、多くの選手を獲得するには至っていない。ただ、放出したのも先日バルセロナに移籍したチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルのみで、クラブとしては昨季の戦力をほぼ維持することに成功している。

     コバチ監督は10日に行われた記者会見に出席。今夏の移籍市場におけるバイエルンとプレミアリーグ勢の違いについて、自身の考えを明かした。

    「イングランドにはお金があり、どこのチームも最高の選手を集めようとしている。この事実とバイエルンは大きく違う。我々には投資家もオーナーもいない。ここにはチームのことを知っているエキスパートがおり、彼らが昔からチームを築いてきたんだ。我々は自分たちの考えを保ち続けるだろう。それはバイエルンだけでなく、ドイツの体制自体が変わらないと信じているよ」

    フランクフルトの昨季DFB杯制覇で証明

     またコバチ監督は、「大きなお金を費やしたとしても、全てのトロフィーを手にするわけではない」と語りつつ、昨季まで率いたフランクフルトがDFBポカールを制したことについて、「わずかな資金でも達成できることを示している」と強調。お金を使ったからといって、結果は「保証できない」と語っている。

     プレミアリーグの移籍市場のやり方に苦言を呈したコバチ監督は、欧州の舞台で違いを見せることができるのだろうか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00127647-soccermzw-socc


    【【海外サッカー】バイエルン監督、プレミア勢の高額補強に苦言 大金投じても「結果は保証しない」】の続きを読む



    (出典 liverpool.tokyo)



    ▽バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)にパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の可能性が高まっているようだ。フランス『Le Parisien』が報じた。

    ▽今夏、新たな挑戦を求めて移籍が決定的とみられるJ・ボアテング。移籍先としてPSGのほか、センターバック補強を目指すジョゼ・モウリーニョ監督のマンチェスター・ユナイテッド入りなどイングランド復帰も囁かれてきたが、9日にプレミアリーグの移籍市場がクローズした。

    ▽伝えられるところによれば、そのJ・ボアテングは、今夏のPSG行きを決意。PSGのトーマス・トゥヘル監督が獲得を希望しているとされ、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲ最高経営責任者(CEO)は4500万ユーロ(約57億1000万円)で移籍を容認するという。

    ▽2021年までバイエルンとの契約を残すJ・ボアテングは2011年夏、マンチェスター・シティから加入。ドイツ代表として71キャップを誇り、6度のブンデスリーガ優勝や1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトルに貢献した。
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】J・ボアテングがPSG行きを決意 57億円で移籍か!?】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    1 豆次郎 ★ :2018/08/07(火) 13:09:48.67 ID:CAP_USER9.net

    8/7(火) 9:30配信
    ベジクタシュ、香川獲得に「背番号10」を準備 アジア市場開拓で複数年契約を提示か

    オルマン会長は司令塔の補強に本腰 ドルトムントで起用法が不透明な香川の決断は…

     トルコの強豪ベジクタシュが、ドルトムントの日本代表MF香川真司の獲得に「背番号10」を準備していることが分かった。

    「ベジクタシュの新たな背番号10はシンジ・カガワになろうとしている」と見出しを打って取り上げたのは、トルコ紙「STAR」だった。

     フィクレット・オルマン会長は司令塔の補強に動いており、日本代表の10番獲得を切望。アジア市場開拓の切り札としても期待し、2020年までの複数年契約を準備しているという。

     ロシア・ワールドカップでは西野ジャパンのプレーメーカーとして絶大な存在感を放った香川だが、ルシアン・ファブレ新監督を迎えたドルトムントでの起用法は不透明。記事では、「カガワが先発11人から外れることがこの移籍のアドバテージのようだ」と分析している。

     香川が最も輝くトップ下と10番を準備しているトルコの強豪のラブコールは、“小さな魔法使い”の心を揺さぶるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180807-00126777-soccermzw-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】ベジクタシュ(トルコ強豪)、香川獲得に「背番号10」と「トップ下」を準備 アジア市場開拓で複数年契約を提示か】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 数の子 ★ :2018/08/09(木) 17:46:25.36 ID:CAP_USER9.net

    バイエルンのドイツ代表DFジェローム・ボアテングはマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督から直接電話で勧誘を受けたにもかかわらず、移籍を拒否したという。その理由はユナイテッドに欧州一となる力がないと感じていることにあった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

    今夏の移籍市場でレスターのイングランド代表DFハリー・マグワイアやバルセロナのコロンビア代表DFジェリー・ミナ獲得に動くなど、ユナイテッドはセンターバックの補強を必要としている。

     ボアテングに白羽の矢を立て、モウリーニョが直接電話で口説き落とそうとしたが、バイエルンのニコ・コバチ新監督からの慰留もあって、ボアテングは残留を決意したという。9月に30歳を迎えるドイツ代表DFはさらなるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルを熱望しているというが、記事では「ユナイテッドは今季のチャンピオンズリーグで優勝できないと考えた」と指摘しており、欧州一になる可能性がより高いクラブを選んだようだ。

     2013年を最後にリーグ優勝から遠ざかり、近年は宿敵マンチェスター・シティなどライバルに遅れを取っている“赤い悪魔”。移籍市場でも苦戦を強いられている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180809-00127264-soccermzw-socc


    【【ブンデスリーガ】バイエルンDFボアテング、マンU移籍拒否の理由は…「CLで優勝できないと考えた」】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



     バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングがパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍する可能性について、ドイツ誌『Kicker』日本語版が9日に報じた。

     去就に注目が集まっているボアテング。7日にはマンチェスター・Uからの誘いに断りを入れたと伝えられたが、アーセナルからも関心を寄せられているという。プレミアリーグの移籍市場は9日に閉幕を迎えるため、“滑り込み”での移籍が実現するのかどうか、目離せない状況だ。

     しかし同誌は、フランス紙『ル・パリジャン』の報道を引用。ボアテングのパリ・サンジェルマン加入が近づいていると伝えた。同紙によれば、同選手自身が決断を下したとのことで、移籍金額は4500万ユーロ(約58億4000万円)と推定されている。今シーズンからパリ・サンジェルマンを率いるトーマス・トゥヘル監督がボアテングの獲得を画策していることはすでに伝えられている。

     なお報道によると、バイエルンの選手やニコ・コヴァチ監督はボアテングの残留を希望していることを強調。しかし、クラブ首脳陣は適切な移籍金であれば売却に応じる用意があると見られている。

    去就に注目が集まっているボアテング [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】「ボアテングが決断」と仏紙が報道…パリSG移籍か、アーセナルも関心】の続きを読む

    このページのトップヘ