Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > ブンデスリーガ



    (出典 image.news.livedoor.com)



    昨季と同じ状況を受け、かつて三冠達成の指揮官ハインケス再登板ジョークが飛び交う

     バイエルン・ミュンヘンは、現地時間6日に行われたブンデスリーガ第7節でボルシアMGと対戦し、0-3で敗を喫した。ここ4戦未勝利で“危機的状況”に立たされている王者を巡り、ネット上ではくもユップ・ハインケス氏の再招聘に向けたジョークが飛び交っている。

     バイエルンブンデスリーガ第5節でアウクスブルクに1-1で引き分けると、第6節のヘルタ・ベルリン戦を0-2で落とした。続くUEFAチャンピオンズリーグCLグループステージ第2節のアヤックス戦も1-1と引き分け。そして今回のボルシアMG戦では、まさかの大量失点で公式戦2敗を喫した。

     突然の失速と、この時期の“0-3での敗”で、思い浮かぶのは約1年前の出来事だ。当時のバイエルンは、ブンデスリーガ第3節でホッフェンハイムに敗れ、第6節のヴォルフスルクに2-2で引き分ける。そして、直後の9月27日CLグループステージ第2節でパリ・サンジェルマンPSG)に0-3で敗れて公式戦2敗を喫すると、クラブはその翌日、カルロアンチロッテ監督を電撃解任した。

     バイエルンはその後、2012-13シーズンチームを率いてCL、DFBポカールブンデスリーガ三冠を果たしたハインケス氏に羽の矢を立てた。すでに引退していた同氏を引っり出すことに成功すると、チーム調子は上向き始め、最終的にはブンデスリーガ優勝を飾っている。

    会長電話している画像に「頼む、出てくれ…」 ツイッター上で飛び交うジョーク投稿

     こうした経緯から、ツイッター上ではバイエルンウリ・ヘーネス会長が、再びハインケス氏に連絡を取っているということを話のネタに盛り上がりを見せている。

    ハインケスは用心のため、携帯電話(の電)を切っているだろう」
    「ユップはウリに見つからないよう、人保護プログラムを受けている」

     そうしたツイートのほか、ヘーネス会長電話をしている画像に「一度しか言わないぞ、ヨーゼフ(ハインケス氏の名前)。君のを預かっている。今すぐに乗れ!」や、「頼む、出てくれ、頼む、出てくれ、頼む…」といったキャプションを付けた投稿に大勢の人が「いいね」と反応している。

     また、携帯電話の画面に、ヘーネス氏から6件の不在着信と「を繋いで電話に出て」「助けて」「ユップ、頼む」としつこくメッセージが送られている様子を合成したものまである。多くのアンチバイエルンにとっては、格好の話題なのだろう。「ヘーネス会長の依頼に応えたくないハインケス氏」という構図にして、それをジョーク交じりに楽しんでいるようだ。(Football ZONE web編集部)

    昨季もシーズン途中からバイエルンを指揮したハインケス氏だが…【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】「頼む」「電話に出て」 バイエルン4戦未勝利、名将再登板ネタでファンが大喜利合戦】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ホッフェンハイム戦の後半19分にバックヒールシュートを回り込んでスーパークリア

     ドイツ1部フランクルトは現地時間7日、ブンデスリーガ第7節でホッフェンハイムを2-0で下した。公式戦3試合連続でリベロとして先発出場した元日本代表MF長谷部誠は、あわや失点の大ピンチで相手選手のバックヒールシュートゴールライン前で防ぐスーパーセーブを披露。海外フットボールナリストも「フランクフルトにとってハセベは別格」と称賛している。

     現地時間4日のUEFAチャンピオンズリーグCLグループステージ第2節で強ラツィオイタリア)相手に4-1で快勝したフランクフルトは、敵地で若き名将ユリアン・ナーゲルスマン監督率いるホッフェンハイムと対戦。長谷部公式戦3試合連続で3バックの中央に入った。

     序盤はホッフェンハイムに押し込まれたが、フランクフルトは前半40分にセルビア代表FWルカ・ヨビッチの浮き球のパスに抜け出したクロアチア代表FWアンテ・レビッチが飛び出してきた相手GKの頭上を抜く絶妙なループシュートで先制。さらに、後半開始々には、クロスのこぼれ球にヨビッチが右足を振り抜いて2-0と突き放した。

     1対1で体をった守備を見せた長谷部は、ホッフェンハイムにサイドを崩された後半19分にはハンガリー代表FWアダムサライのバックヒールシュートを先回りしてコースに入り、ゴールライン手前で左足を出してブロック。こぼれ球をドイツ代表GKケビントラップがキャッチしてピンチをしのいだ。後半19分にヨビッチが2枚の警告で退場となり、数的劣勢を強いられたフランクフルト。同37分に1点を返されるもなんとか2-1で逃げ切り、今季初の公式戦3連勝を飾った。

    メッシロナウド級と称えられたCLラツィオ戦に続く好パフォーマンス

     フランクフルト公式ツイッターで、「64分:ふぅー。ホッフェンハイムの攻撃再び。ハセベがライン上でセーブ」とピンチを救った長谷部スーパークリアを速報。衛星放送「FOXスポーツ」でフットボールナリストを務め、南サッカーを中心に際大会などを追うサンティアゴ・プエンテ氏も自身のツイッターで「フランクフルトにとってハセベは別格」と絶賛した。

     長谷部CLラツィオ戦後にアディ・ヒュッター監督から「今日マコトメッシロナウドに近かった」と最大限の賛辞を受けたばかりだが、またしてもリベロとしていばかりのきを放ってみせた。(Football ZONE web編集部)

    公式戦3試合連続で先発出場のMF長谷部誠【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】“リベロ”長谷部がまたも躍動 大ピンチを救う“危機一髪クリア”に海外称賛「別格」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/08(月) 08:42:32.53 ID:CAP_USER9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    ウルグアイ戦代表を辞退することが確実となったFW浅野拓磨

    国際親善試合のパナマ戦(12日・デンカS)、ウルグアイ戦(16日・埼玉)の日本代表メンバーに招集されたFW浅野拓磨(ハノーバー)が、代表を辞退することが確実となった。

     浅野は4試合ぶりに先発した6日のドイツ1部リーグのシュツットガルト戦で左太腿裏を痛め、前半14分にMF原口元気と交代。代表合宿合流のため8日早朝に原口らと帰国予定だったが、ドイツからの航空機には搭乗していなかった。

     6日の試合後にはクラブ関係者が、チームドクターの見解として「左の太ももを痛めており、肉離れの可能性が高い」と話していた。

    10/8(月) 7:27配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181008-00000043-sph-socc


    【【日本代表】FW浅野琢磨(ハノーファー)が代表辞退へ...6日に左太腿裏を負傷】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    1 Egg ★ :2018/10/04(木) 13:57:41.11 ID:CAP_USER9.net

    マンチェスター・ユナイテッドは2012年、当時若手の注目株だったベルギー代表MFエデン・アザールの争奪戦に名乗りを上げていたが獲得は実現しなかった。英紙「デイリー・ミラー」は、当時のアレックス・ファーガソン元監督がアザール獲得を見送った理由について当時のコメントに注目し、同年に獲得した日本代表MF香川真司を高く評価していたことなどを報じた。

     今季開幕から絶好調で、各方面から称賛が集まっているアザール。2012年にフランス1部のリールからチェルシーへ移籍したが、当時はチェルシーやユナイテッド、さらにレアル・マドリードやマンチェスター・シティなどビッグクラブがこぞって獲得を狙っていた。

     ユナイテッドは有力候補の一つだったはずだが、ファーガソン元監督は自身のアザールに対する評価とリールの要求額とを天秤にかけたうえで、獲得を見送っていたという。12年当時の発言として次のように伝えられてる。

    「ユナイテッドにとって、それが良い契約になるかどうかを判断するための境界線がある。私は選手たちの評価を見る。例えばアザールだ。私にとっては、非常に高額だった。彼は良い選手だが、3400万ポンド(現在のレートで約50億円)だって? なんにせよ、我々が見ているのはトップ選手を買う際の状況だ。移籍金だけでなく、給料やエージェントフィーは今やばかげたものになっている」

    「アザール獲得が上手くいかなかったとしても、我々が心配することはない」

    ファーガソン元監督は、アザールは“高すぎる買い物”だと判断していたようだった。複数の要素から至った判断であり、「(チェルシーを)羨んではいない。我々はアザールの価値を言われていたよりも低く置いていた」と振り返っていたという。

     そして、その年のユナイテッドは攻撃的MFとしてドルトムントで異彩を放っていた香川を獲得。その移籍金はアザールの半額以下の1500万ユーロ(約20億円)で、ファーガソン元監督は日本のプレーメーカーを高く評価していた。

    「(アザール獲得が)上手くいかなかったとしても、我々が心配することはない。我々はカガワが良い価値を持っていると考えているからね」

     2013年に引退するまでユナイテッドを27年間率い、数々のトップ選手を指導してきた伝説の指揮官は、後に「世界最高」と評価されるまでになるアザールよりも香川の獲得が実現したことに満足感を示していた。

    10/4(木) 11:20配信 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181004-00139102-soccermzw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<香川はアザールよりも上>名将ファーガソン、獲得当時の発言に脚光!「良い価値がある」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 Egg ★ :2018/09/28(金) 13:58:02.66 ID:CAP_USER9.net

    今季ドイツ1部に昇格したデュッセルドルフで在籍2年目のシーズンを迎えている日本代表MF宇佐美貴史は、26日の第5節レバークーゼン戦で後半29分から投入され、今季初出場を果たした。ブンデスリーガ公式ツイッターの英語版では、“ゴールアルファベット企画”を実施し、「U」枠で宇佐美(USAMI)が登場。かつて叩き込んだスーパーゴール動画を紹介し、「リオネル・メッシか、それとも日本から来た中盤の名手か」と称賛している。

    【動画】「メッシか」とブンデス公式も再脚光で絶賛! 日本代表FW宇佐美貴史、華麗な三人抜きドリブルから圧巻ゴールの瞬間
    https://www.football-zone.net/archives/137972/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=137972_6

     2011年夏にガンバ大阪からドイツの名門バイエルンに移籍した宇佐美。リーグ戦3試合0ゴールに終わり、翌シーズンにホッフェンハイムに籍を移した。ドイツ2年目は20試合に出場を果たし、ブンデスリーガ初ゴールを含む2ゴールをマーク。2013年から2016年まで古巣G大阪に復帰し、2016年夏にアウクスブルクへ移籍、2017年夏からデュッセルドルフでプレーを続けている。

     ブンデスリーガ公式ツイッターの英語版では“ゴールアルファベット企画”(AからZ)を実施しており、「O」枠では日本代表FW大迫勇也(ブレーメン)も特集されたなか、今度は「U」枠で宇佐美が取り上げられている。「Uはウサミ(USAMI)のU」と記して投稿したスーパーゴール動画は、ホッフェンハイム時代の2012年9月26日シュツットガルト戦で生まれた衝撃の一撃だった。

     開始4分にいきなり宇佐美が魅せた。左サイドでパスを受けた宇佐美は縦方向へ一気に加速し、相手二人の間を強引に突破。カバーリングに入った三人目もかわすと、追いすがった相手を華麗な切り返しフェイントで翻弄し、最後は右足で鮮やかなグラウンダーのシュートを流し込んだ。

     切れ味鋭いドリブルで相手三人を翻弄した圧巻の一撃でチームを勢いづかせ、試合も3-0と快勝した。ブンデスリーガ公式ツイッター英語版では「リオネル・メッシか、それとも日本から来た中盤の名手か」と言及。名門バルセロナのアルゼンチン代表FWメッシと見間違うほどの華麗なプレーを絶賛した。

     今季1部昇格のデュッセルドルフで活躍が期待される宇佐美。2012-13シーズンのホッフェンハイム時代以来となる1部でのゴールが見られるだろうか。

    9/28(金) 7:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-00137972-soccermzw-socc


    【【日本代表】<メッシかとリーグ絶賛!>日本代表MF宇佐美、華麗な“三人抜きドリブル弾”に再脚光】の続きを読む

    このページのトップヘ