Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > ブンデスリーガ



    (出典 pbs.twimg.com)



    マンチェスター・ユナイテッドバイエルンプレーするコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)の獲得機会が巡ってくるかもしれない。イギリス『Caughtoffside』がスペインDon Balon』の情報をもとに伝えた。

    レアル・マドリーから2年間のレンタル契約バイエルン入りしたハメス。ニココバチ体制発足の今シーズンは、ここまで8試合2得点2アシストマークしているが、3回の先発機会しか与えられていない。

    そうしたニココバ監督の扱い方にれを切らせたハメスの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏は、買い取りオプションを持つバイエルンに移籍の意思を表明。ユベントスに売り込みをかけたとみられる。

    ただ、先んじてユベントスに移籍6200万ポンド(約918000万円)の獲得交渉を打診したジョルジュ・メンデス氏は、不調に終わった場合の策として、プレミアリーグクラブへの売り込みも視野に入れている模様だ。

    そこで名前として挙がったのが、以前からハメスに対する関心が囁かれるユナテッドジョルジュ・メンデス氏とも深い関係にあることから、ユナテッドに話が舞い込んでくる可性があるという。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユナイテッド、“ユーベ次第”でハメス獲得のチャンスか!?】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)にユベントス入りの可性が浮上した。イタリアカルチョメルカート』がドイツ『ビルト』の情報をもとに報じた。

    レアル・マドリーからバイエルン入りしたハメス。だが、ニココバチ体制発足の今シーズンは、ここまで8試合2得点2アシストマークしているが、3回の先発機会しか与えられておらず、指揮官との轢も取り沙汰されつつある。

    その状況を不としたハメスの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏は、バイエルンウリ・ヘーネス会長カールハインツ・ルンメニゲ最高経営責任者(CEO)に連絡。ニココバチの采配を責め立て、ハメスの移籍をリクエストしたという。

    そして、凄腕の代理人として有名なジョルジュ・メンデス氏は、今ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの移籍時に関係を築いたユベントスにハメスを売り込み。移籍6000万ユーロ(約778000万円)で会談を行った模様だ。

    なお、2年間にわたるハメスとバイエルンレンタル契約は、今シーズンが最終年。この契約には4200万ユーロ(約545000万円)の買い取りオプションが付随している。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】コバチに怒のジョルジュ・メンデス、ユーベにハメス獲得を打診】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    1 Egg ★ :2018/10/10(水) 08:40:47.50 ID:CAP_USER9.net

    元ドイツ代表MFで、ブンデスリーガのご意見番でもある*・マテウス氏が、不振に陥るバイエルン・ミュンヘンについて語っている。ドイツ『スカイ』が伝えた。

    バイエルンは公式戦4試合勝利なし。今シーズンから指揮を執るニコ・コバチ監督は解任とも危機とも伝えられるが、マテウス氏は首脳陣の責任であると指摘する。

    「バイエルンの首脳陣は時間内にチームを再編成することに失敗したんだ。彼らは繰り返し選手たち契約を延長し、市場にいる若いタレントを無視し続けた。2013年にチャンピオンズリーグ決勝を戦った選手が先週は9人もプレーしていた」

    また、不満を溜めているとされるロベルト・レヴァンドフスキ、フランク・リベリ、アリエン・ロッベン、ハメス・ロドリゲスなどには苦言。特にハメスに関しては「先発でないと気分が悪くなるようだ。途中から出ても、まるでチームの一員でないかのようにプレーしている」と批判した。

    「バイエルンはワールドクラスのクラブであり、そのような素晴らしいクラブでプレーできることに選手たちは感謝しなければならない」とも語ったマテウス氏。選手たちはレジェンドの提言に耳を貸すのだろうか。

    10/9(火) 19:32配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000019-goal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【サッカー】<どうしたバイエルン!?> ホームでボルシアMGに0-3の敗北!暫定5位に転落..香川欠場のドルトムントが首位キープ!
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538884114/


    【【ブンデスリーガ】<バイエルン不振の原因は?>マテウス氏はハメスに苦言!「先発でないと気分が悪くなるようだ。」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 Egg ★ :2018/10/07(日) 12:48:34.27 ID:CAP_USER9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    現地時間6日にブンデスリーガ第7節の試合が行われ、首位ドルトムントはホームに8位アウグスブルクを迎えて対戦。

     ドルトムントに所属する香川真司は負傷により欠場した。試合開始して22分、フリーキックからアルフレッド・フィンボガソンに押し込まれアウグスブルクに先制されてしまう。それでも62分、中盤でボールを奪った後にアクセル・ヴィツェルが素早くパスを出し、ジェイドン・サンチョがゴール前に折り返したボールにパコ・アルカセルがつめてドルトムントが同点に追いつく。

     だが72分、中盤でボールを奪われた後のカウンターからフィリップ・マックスにゴールを決められ再びアウグスブルクに勝ち越された。80分、フリーキックにアルカセルが合わせてドルトムントはまたも同点に追いつく。さらに84分、アクラフ・ハキミの縦パスに反応したマリオ・ゲッツェがゴールを決めて逆転に成功。

     しかし喜びもつかの間、コーナーキックからミヒャエル・グレゴリッチュの得点を許し3-3に。それでも後半アディショナルタイム、アルカセルがフリーキックから直接決めて劇的な4点目。結局、ドルトムントが4-3の勝利をおさめ首位をキープしている。

    【得点者】
    22分 0-1 フィンボガソン(アウグスブルク)
    62分 1-1 アルカセル(ドルトムント)
    72分 1-2 マックス(アウグスブルク)
    80分 2-2 アルカセル(ドルトムント)
    84分 3-2 ゲッツェ(ドルトムント)
    87分 3-3 グレゴリッチュ(アウグスブルク)
    90分+6分 4-3 アルカセル(ドルトムント)

    10/7(日) 0:29配信 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00291864-footballc-socc

    つづく


    【【ブンデスリーガ】<どうしたバイエルン!?> ホームでボルシアMGに0-3の敗北!暫定5位に転落..香川欠場のドルトムントが首位キープ!】の続きを読む



    (出典 xn--wiki-ul4c7b8eqvx877aorqe.xyz)



    フンメルスが持論を展開 「ホームで0-3で敗れるのはあってはならないこと」

     ドイツ絶対王者バイエルン・ミュンヘン公式戦4試合連続で勝利から遠ざかる極度の不振に陥っている。守備の要であるドイツ代表DFマッツ・フンメルスが、ブンデスリーガ公式サイトインタビューで、その原因について持論を展開した。

     バイエルン9月25日に行われたブンデスリーガ第5節でアウクスブルクと1-1で引き分けると、そこからリーグ戦は2連敗。今2日のUEFAチャンピオンズリーグ第2節でも、アヤックス相手にホームで1-1のドローに終わった。

     6日のボルシアMG戦は本拠地アリアンツ・アレーナで0-3の敗と、どこか歯車が狂った様子のバイエルンコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが今季就任のニココバ監督に対して不満を漏らしたと報道されるなど、クラブの周囲に不穏な空気も漂い始めている。

     この状況に、フンメルス危機感を募らせている。

    「自分たちのプレー満足していないことは間違いない。こういった結果の場合は相手が非常に効果的なプレーをし、らができていない場合に起きるんだけどね。たまにはあることだけど、ホームで0-3で敗れるのはあってはならないことだ」

     満足のいくパフォーマンスができていないと話すフンメルスフランクフルトからやってきたコバ監督のやり方が、チームにまだ浸透しきっていないことも認めている。

    コバチはこれまでとは少し異なるアプローチを取っている」

    バイエルンにやってきてからもこういうことは何度も起きたし、これからもあるだろう。理論的に言えば、ニココバチはこれまでとは少し異なるアプローチを取っているけど、らは古いパターンに戻ってしまうんだ。特に、ビハインドを背負っている時にはね。そのことが障になっているんだ」

     バイエルンブンデスリーガ6連覇中。ユップ・ハインケス、ジョゼップ・グアルディオラカルロアンチロッティと錚々たる顔ぶれの下でそれぞれのスタイルを踏襲してきたが、コバ監督の色を出すまでには、まだ時間がかかりそうだ。

     ドイツメディアでは昨季、アンチロッティ前監督が解任された当時のチーム状況に似ていると摘されるなど、コバ監督にはくも逆が吹き始めている。クロアチア指揮官は、この逆をはねのけることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    バイエルンのDFマッツ・フンメルス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】バイエルン不振の要因は浸透しない“コバチ流”? 独代表DFが「障害」の存在を告白】の続きを読む

    このページのトップヘ