Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > ブンデスリーガ



    (出典 f.image.geki.jp)



    ブンデス公式サイトがコロンビア代表エースの今季をデータで分析

     バイエルンのMFハメス・ロドリゲスは、来月に控えるロシア・ワールドカップ(W杯)コロンビア代表の予備登録メンバー35人に順当に名を連ねた。2017-18シーズンはレアル・マドリードからバイエルンに加入し復調ぶりを見せたが、ブンデスリーガ公式サイトでは数字で今季のハメスのプレーを振り返っている。

     ハメスは昨季まで所属したレアル・マドリードではローテーション要員にとどまり、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ドイツ代表MFトニ・クロース、スペイン代表MFイスコらの後塵を拝した。出場機会を求めて期限付き移籍したバイエルンでは、加入早々に恩師のカルロ・アンチェロッティ前監督が解任される事態となったが、ユップ・ハインケス監督の下で主力として活躍。チームのブンデスリーガ6連覇に大きく貢献した。

     W杯ではコロンビアとグループHで同居するポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキとの連係が確立したことが大きかったが、それは各種数字を見ても明らかだ。

     今季のハメスは負傷離脱もあって23試合出場(スタメンは19試合)ながら、7ゴール11アシストの成績を残した。アシスト数でハメスを上回ったのは、同僚のMFトーマス・ミュラーの14、アウクスブルクのMFフィリップ・マックスの12だけである。


    チーム内トップのチャンスクリエイト数

     そしてアシストだけでなく、決定機を演出する能力にも磨きがかかった。同サイトが算出している「チャンスクリエイト数」がその象徴だ。今シーズン、ハメスが記録したチャンスクリエイト数は72。これはバイエルンのチーム内最高の数字で、23試合という出場数から踏まえれば特筆すべきものだ。

     その他にもハメスはセットプレーのプレースキッカーを126回務め、パスの合計数も1397本、1試合平均60本以上の成功を誇っている。攻撃面で幅広く貢献するプレースタイルが完全に戻ったと言える1年を経て、ハメスはロシアの大舞台に臨む。グループリーグ初戦で戦う日本代表にとっては、やはり要注意人物と言えそうだ。


    (Football ZONE web編集部)

    ブンデス公式サイトでは数字で今季のハメスのプレーを振り返っている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】W杯で日本代表と激突のハメス バイエルンでの完全復活を証明する「数字」とは?】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    代理人を務める父ジョージ氏が認める 「マドリードからの関心は周知の事実」

     レアル・マドリードがバイエルン・ミュンヘンのオーストリア代表DFダビド・アラバの獲得を熱望しているという。スペイン紙「AS」は、同選手の代理人を務める父親のジョージ・アラバ氏が認めたと報じている。

     数年前からレアルがアラバに関心を持っているというニュースは報じられていたが、どうやらこの夏も獲得に動く可能性は高そうだ。

     レフティーのアラバは左サイドバックや中盤センターをこなすだけでなく、3バックの一角でもプレーするなどユーティリティなプレーができることで知られる。

     実父であり、アラバの代理人も務めるジョージ・アラバ氏は「皆も知っているようにレアル・マドリードはダビドに強い興味を持っている。ただ、今は何も言えないが」とコメント。“白い巨人”が獲得を希望していることを明言した。

     同氏はさらに「夏に何が起こるのか見てみよう。まだ話し合う時ではない」と付け足している。「マドリードからの関心は周知の事実だ。隠す必要はない」と、レアルからの接触は今さら驚きを与えるものではないことを強調した。

     アラバはまだバイエルンとの契約を3年残している。伸びしろを残す25歳の移籍は実現するのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    レアル・マドリードがダビド・アラバの獲得を熱望か【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】レアルがバイエルンの“万能DF”アラバ獲得を熱望 父親が明言「隠す必要はない」】の続きを読む



    (出典 img.qoly.jp)



     バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、19日に行われるDFBポカール決勝のフランクフルト戦に向けた遠征メンバー入りを果たした。バイエルンの公式ツイッターが伝えている。

     ノイアーは昨年9月18日のトレーニングで左足の中足骨を骨折。以後は離脱が続いていた。9日付けのドイツ誌『Kicker』日本語版によれば、同選手は「実戦に復帰せずにW杯に出場することは想像できない。(復帰時期は)特に見通しは立っていない」とコメント。だが、15日のトレーニングでは負傷以来初めて、チーム練習の全メニューを消化していた。

     そして18日、バイエルンの公式ツイッターが「素晴らしいニュース」と記してノイアーの遠征メンバー入りを伝えた。同選手は15日に発表された2018 FIFAワールドカップ ロシアのドイツ代表予備登録メンバーにも名を連ねており、代表チームにとっても今回の試合メンバー復帰は朗報と言えるだろう。

    DFBポカール決勝の遠征メンバーに名を連ねたノイアー [写真]=Getty Images for FC Bayern


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】ノイアー、昨年9月以来の試合メンバー復帰…ドイツ杯決勝に招集】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    1 Egg ★ :2018/05/16(水) 06:32:45.71 ID:CAP_USER9.net

    ドイツ1部ドルトムントに所属するMF香川真司(29)が15日、
    W杯ロシア大会に向けて古巣C大阪の練習場で極秘トレーニングを敢行した。

    室内で約1時間のメニューを終えると、個人トレーナーを伴ってグラウンドへ。
    ボールを使ったメニューも消化し、最後は軽めのインターバル走。計2時間以上にわたって汗を流し続けた。

    「昨日はジムでやって、今日も含めてリカバリー。移動が続いていて体が固まっていたし、時差ぼけもあったんで。明日から本格的にトレーニングしていきます」。
    前日に成田空港着の航空機で帰国し、すぐに体を動かしていたことを明かした。休むことなくこの日も動き「自分自身、コンディションは悪くないと思っているし、感触も悪くないんで」と手応えを口にした。

    誰もいないピッチを走る姿からは、自身2度目となる大舞台へ懸ける思いが伝わる。「もっと状態は上がるのか?」と問われ
    「そういうイメージでやっています」と即答。「(今後は)よりインテンシティーを高めていきたい」と続けた。

    スポニチ   5/16(水) 6:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000042-spnannex-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    ザック発言で話題。『インテンシティ』の本当の意味とは? 曖昧な単語が流布して起こる危険性
    https://www.footballchannel.jp/2013/06/07/post5187/


    【サッカー】<日本代表>香川は微妙、本田急上昇 西野監督はコンディション・組織力重視
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526333774/

    【サッカー】<本田圭佑と香川真司、W杯メンバー入りは?>西野監督が2人の現状にコメント!
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526203971/

    【サッカー】<香川真司>「W杯行き」ほぼ確定!西野監督がその経験と心中覚悟... ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526302149/


    【【日本代表】<香川真司>古巣のセレッソ大阪で極秘トレーニングを敢行!「インテンシティー高めていきたい」】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



     サッカーのドイツ2部・デュッセルドルフでプレーするFW宇佐美貴史とFW原口元気が16日、関西国際空港と羽田空港にそれぞれ帰国した。チームの2部優勝と1部昇格の立役者となった宇佐美は「間違いなく勢いはある。(日本代表に)滑り込むためと頑張ってきた」と代表入りへ強い意欲を示した。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【日本代表】宇佐美と原口が帰国 代表入りへ意欲…】の続きを読む

    このページのトップヘ