Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 それ以外にも、芸能やネットニュース、ギャンブルetcなどまとめています。 覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > ブンデスリーガ


    バイエルン、リーグ6連覇へ視界良好。名手2人が引退も…選手層は圧倒的



    バイエルンはジューレ、トリソ、ハメス、ルディ(左から)の4人を獲得。いずれもすでに期待通りの活躍を披露している【写真:Getty Images】
    フットボールチャンネル
    名手2人が引退。穴を埋めるのは多彩な実力者たち

     現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はバイエルン・ミュンヘンの補強を読み解く。(文:本田千尋)

    ——-

     フィリップ・ラームとシャビ・アロンソの両選手が昨季限りで引退したバイエルン・ミュンヘン。カルロ・アンチェロッティ監督は、2人の偉大な名手が抜けた穴を埋め、チームを再構築し、国内外のタイトルを獲りにいかなくてはならない。

     ペップ・グアルディオラ前監督の遺産を活用した昨季、新戦力の獲得は2名に留まったが、今季は4名と2倍に増えた。就任2季目となるアンチェロッティ。“脱ペップ”を図り、自分の色を出していくようだ。

     まず今年1月に、ホッフェンハイムから二クラス・ジューレとセバスティアン・ルディを加入合意を発表した。2人は揃って6月にドイツ代表のコンフェデレーションズ杯優勝に貢献し、7月からバイエルンに合流している。

     21歳のCBジューレは先行投資の意味合いもあったが、ジェローム・ボアテングとハビ・マルティネスが負傷で出遅れた序盤戦は、ベテランの穴を埋めるのに十分な活躍を披露。27歳で選手として完成されているルディも、ボランチで高いビルドアップ能力を発揮して開幕戦からチームに順応している。

     続いて6月、リヨンからコランタン・トリソが加入した。22歳のフランス代表MFの獲得は、アンチェロッティの希望だったという。バイエルン史上最高額の4150万ユーロ(約53億円)で加入したMFは、早速ボランチでレギュラーを確保。展開力と運動量を持ち味に、X・アロンソとアルトゥーロ・ビダルを足して2で割ったようなプレーを披露中だ。

     そして7月には、ハメス・ロドリゲスが2年間のレンタルで電撃移籍してきた。レアル・マドリーで出場機会を失っていたコロンビア代表の獲得も、アンチェロッティたっての願いだったようだ。2人は2014/15シーズンにエル・ブランコで共闘。再起をかけるハメスにとっても、今回の移籍はうってつけと言えるだろう。

     プレシーズンのアウディカップでの負傷により出遅れたが、ブンデスリーガ第3節ホッフェンハイム戦でバイエルンでの公式戦デビューを果たした。まだまだ未知数だが、アンチェロッティ政権の行方は、この“愛弟子”の活躍次第なのかもしれない。

     なお、ブレーメンから獲得したセルジュ・ニャブリは、そのままホッフェンハイムへレンタル移籍。リオ五輪得点王のポテンシャルに疑いはない。武者修業を経て、スケールアップして帰ってくるはずだ。

     ブンデスでは開幕2連勝と好スタートを切ったバイエルンだが、ホッフェンハイム戦は0-2で落とし、早くも黒星がついている。スローインからの速攻で失点し、守備では集中を欠いた。また、トーマス・ミュラーやロベルト・レバンドフスキが、起用法やチームに対する批判を述べるなど、少しまとまりを欠いているところがある。

     アンチェロッティにとっては、トリソやハメスといった“申し子”を既存メンバーと融合させ、どのようにチームを再統一するのかが、問われるシーズンになりそうだ。

    補強・総合力診断

    IN
    GK クリスティアン・フリュヒトル(バイエルンU-19/昇格)
    DF ニクラス・ジューレ(ホッフェンハイム)
    DF フェリックス・ゲッツェ(バイエルンU-19/昇格)
    DF マルコ・フリードル(バイエルンU-19/昇格)
    MF セバスティアン・ルディ(ホッフェンハイム)
    MF コランタン・トリソ(リヨン)
    MF ハメス・ロドリゲス(レアル・マドリー/期限付き移籍)

    OUT
    GK トム・シュタルケ(現役引退)
    DF フィリップ・ラーム(現役引退)
    DF ホルガー・バドシュトゥバー(シャルケ/期限付き移籍期間満了→シュトゥットガルト)
    MF シャビ・アロンソ(現役引退)
    MF ジャンルカ・ガウディーノ(ザンクド・ガレン/期限付き移籍期間満了→キエーボ)
    MF ドグラス・コスタ(ユベントス/期限付き移籍)
    MF レナト・サンチェス(スウォンジー/期限付き移籍)

    補強評価:A

     トリソとルディの2人は、X・アロンソとラームの抜けた穴を十分に埋めてくれそうだ。22歳のトリソは、X・アロンソのような老獪さを持ち合わせてはいない。だが、ピッチを激しく上下動する豊富な運動量は、チームにこれまでと違った色をつけてくれるに違いない。

     ルディはボランチでラームさながらのプレーを見せ、SBでの起用も可能。現在はヨシュア・キミッヒが務める右SBでも、重要なバックアッパーとなるだろう。

     CBを主戦場とするジューレは、マッツ・フンメルス、ハビ・マルティネス、ジェローム・ボアテングらとのポジション争いに挑む。レギュラーの確保は難しいかもしれないが、これから過密日程をこなす上で貴重な戦力となるはずだ。

     そしてハメス・ロドリゲスは、アンチェロッティが独自色を打ち出す上で重要な役割を果たすのかもしれない。ペップ時代にはなかったような強みを、トップ下で発揮するのではないか。いずれにせよブンデスリーガ6連覇を目指す上で、盤石の補強を行っている。

    総合評価:A

     戦力値ではブンデスで頭一つ抜けており、間違いなく優勝候補。純粋に戦力だけを眺めてみれば、全体的に穴らしい穴は見当たらない。

     GKは新主将のマヌエル・ノイアー、右SBにキミッヒ、CBにボアテングとフンメルスと、守備陣にはドイツ代表がズラリ。中盤にはチアゴやビダルなど、相変わらずいぶし銀の選手が揃っている。複数のポジションをこなすダヒド・アラバの存在は心強い。

     “ロベリー”の高齢化は進んでいるが、20歳のキングスレイ・コマンを完全移籍で獲得するなど、世代交代も着々と進んでいる。

     上手くハマればチャンピオンズリーグ制覇も狙えるだけに、アンチェロッティの手腕こそがラストピースか。ハメスやトリソといった新戦力を融合させつつ、ポジションが安泰ではなくなったミュラーや、アクの強いリベリなどの不満を上手く消化していくことができるか。

     単なる放任主義に陥らずに、選手が個々の能力を十二分に発揮できるよう、イタリア人の老将は調和を整えたいところだ。

    (文:本田千尋)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バイエルン、リーグ6連覇へ視界良好。名手2人が引退も…選手層は圧倒的】の続きを読む


    ドルトで輝く新加入コンビ。ブンデス優勝の鍵握る香川ら“ベテラン勢”との融合 



    新加入のマキシミリアン・フィリップ(左)とアンドリー・ヤルモレンコ(右)【写真:Getty Images】
    フットボールチャンネル

    現地時間17日にドルトムントはケルンと対戦し5-0と完勝。フィリップやヤルモレンコなどの新戦力が、CLトッテナム戦の敗戦を払拭する活躍を見せている。ブンデスリーガ優勝に向けて、香川真司ら“ベテラン勢”との融合が期待される。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

    快勝劇の幕、新加入コンビの一撃

     試合後の大迫勇也によれば、「前半は0-0狙いだった」という。そんな1.FCケルンのゲームプランを、ボルシア・ドルトムントは開始2分で打ち砕いた。右サイドでアンドリー・ヤルモレンコが1対1を仕掛けて、ゴール前にクロスを入れる。ニアに飛び込む左ウイングのマキシミリアン・フィリップ。頭で合わせて先制弾を決める。ブンデスリーガ第4節。新加入コンビの一撃で、快勝劇の幕が上がった。

     試合開始早々の先制点は、BVBの選手たちの心の負担をラクにしたようだ。[4-5-1]で守備ブロックを作るケルンに対して、ボールをじっくり回すドルトムント。1-3で敗れた13日のCLトッテナム戦の敗北の跡は、次第に薄れていった。

     先制点を挙げたフィリップは、試合後に「僕らは最初の1分から最後の1分までゲームを支配した。本当に良いサッカーをしたね」と振り返る。ケルンの守備ブロックは決して強固なものとは言えず、また、ドルトムントからボールを獲っても、上手くカウンターに繋げることができなかった。反対にBVBは、ボールを失ったとしてもすぐに奪い返すなど、守備が安定。自分たちのペースで試合を進めていった。

     前半終了間際にはソクラティスが追加点を決めると、後半には59分、60分と立て続けにピエール=エメリク・オーバメヤンがPKも含む2ゴール。67分にユリアン・バイグルが長期離脱から復帰すると、70分、最後にゴールを決めたのは、またしてもフィリップだ。マフムド・ダフードからのラストパスに抜け出して、きっちりゴールを決める。試合が終われば、ドルトムントはボール支配率で74パーセントを記録。22本のシュートを浴びせてケルンを圧倒した。5-0で勝利する。

    香川らベテラン勢と新戦力の融合

     こうして完勝したケルン戦では、新戦力たちが活躍した。右ウイングに入ったヤルモレンコは、フィリップへのアシストもさることながら、右サイドで縦パスを受けて攻撃の起点にもなるなど、徐々にチームにフィットして来ている。ウインガーとして1対1を仕掛けるだけでなく、190cmの長身を活かせば、ゴール前でターゲットになることもできそうだ。

     そして2ゴールと結果を残したフィリップ。前節フライブルク戦ではあまり目立ったところは無かったが、23歳のアタッカーも少しずつドルトムントのサッカーに慣れてきているようである。それはダフードもまた然り。後半に入るとケルンの守備ブロックが緩くなり、スペースが生まれていたこともあって、インサイドハーフのポジションで正確で安定したプレーを見せた。

     もちろんこの1試合のみを持って、ヤルモレンコ、フィリップ、ダフードら新戦力たちが、BVBへ完全にフィットしたとも言い切れない。現在ケルンは最下位であり、チームとしてまるで上手くいっていなかった。バイエルンやライプツィヒといったタフな相手、タフなゲームで力を発揮し切れるかは、まだ分からない。

     それでもトッテナム戦の敗北を引きずらず、勝ち切ったことは大きい。ケルン戦に勝利したドルトムントは、一躍首位に躍り出た。このまま新戦力の融合を進め、好調を取り戻したシャヒンや、この試合では出番がなかった香川真司らベテランの力と上手く掛け合わせて、チームとしてのクオリティを高めていきたいところだ。

    (取材・文:本田千尋【ドルトムント】)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ドルトで輝く新加入コンビ。ブンデス優勝の鍵握る香川ら“ベテラン勢”との融合】の続きを読む


    「彼のような選手が必要」…ロッベン、渦中にある盟友リベリーを擁護 



    バイエルンで活躍するロッベン(右)とリベリー(左) [写真]=Bongarts/Getty Images
    サッカーキング

     16日に行われたブンデスリーガ第4節で、バイエルンは日本代表FW武藤嘉紀所属のマインツに4-0で快勝。2ゴールを決める活躍を見せたオランダ代表FWアリエン・ロッベンは試合後、メディアやクラブOBから批判されている同僚の元フランス代表FWフランク・リベリーについて言及した。16日付のドイツメディア『スポーツビルト』が伝えている。

     12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節のアンデルレヒト戦で途中交代を命じられた際、着用していたユニフォームをベンチに投げつけてカルロ・アンチェロッティ監督の采配に対する強い怒りを示したリベリー。メディアは「チームの規律を乱す存在」として同選手を非難していた。

     問題行為に対する批判が高まる中、ロッベンはマインツ戦で2点目となるゴールを決めると、先発を外れベンチにいたリベリーのもとへ走り寄り、抱擁を交わした。

     試合後、この行動の理由ついて尋ねられたロッベンは、「(リベリーの)途中交代の一件があってから、色々なことがあった。でもフランクはとても重要な選手だ。タイトルを狙いに行くには、僕らは彼のような選手を必要としている」とコメント。渦中にあるリベリーを擁護している。

     バイエルンサポーターから“ロベリー”の愛称で親しまれ、長年バイエルンの攻撃を牽引してきたロッベンとリベリー。今回の熱い抱擁は、二人の固い絆を見せて盟友を批判から守りたいというロッベンの気持ちの表れだったようだ。

    (記事/Footmedia)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「彼のような選手が必要」…ロッベン、渦中にある盟友リベリーを擁護】の続きを読む


    ドルトムントが5発完勝!ケルンは開幕4連敗…大迫は守備に追われ、香川は出番なし 



    ケルンに完勝したドルトムント [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
    サッカーキング

     ブンデスリーガ第4節が17日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと、同代表FW大迫勇也の所属するケルンが対戦した。香川はリーグ戦4試合連続のベンチスタート。大迫は同3試合連続の先発出場となった。

     試合は開始直後の2分に動いた。ホームのドルトムントは、アンドリー・ヤルモレンコが右サイドからクロスを送ると、ニアに飛び込んだマキシミリアン・フィリップが頭で合わせてゴールネットを揺らした。新加入のフィリップは移籍後初ゴールとなった。

     幸先よく先制したドルトムントはその後もボールを支配。3連敗中のケルンはジョン・コルドバを残し、大迫を含む中盤5枚と4バックで2重の壁を作り応戦する。それでもドルトムントは17分、ロングボールに反応したゴンサロ・カストロの落としを、ピエール・エメリク・オーバメヤンが右足シュートで狙うが、相手GKティモ・ホルンのセーブに阻まれた。

     ドルトムントは前半アディショナルタイム1分、右CKでソクラティス・パパスタソプーロスがGKホルンのキャッチミスしたこぼれ球を押し込んでネットを揺らす。一度はGKへのファールでノーゴールとなったが、ビデオ判定により得点が認められ、ドルトムントのリードは2点に広がった。

     後半に入ってケルンは大迫のポジションを上げて反撃に出る。逆にドルトムントにもチャンスが増え、58分には右サイドからのクロスに中央のフィリップがヘディングシュート。これはケルンDFルーカス・クリュンターが体を張ってブロックするが、ビデオ判定によりハンドを取られ、ドルトムントにPKが与えられた。

     59分、PKキッカーを務めたオーバメヤンがGKと逆のゴール左隅に突き刺し、追加点。さらに直後の60分にも右サイドを抜け出したウカシュ・ピシュチェクからのグラウンダークロスを、中央のオーバメヤンが右足で合わせて、リードを4点に広げた。

     ケルンは64分、マルコ・ヘーガーと大迫を下げて、ミロシュ・ヨイッチとフレデリク・ソーレンセンを投入し、5バックに変更した。ドルトムントは66分、ヤルモレンコとヌリ・シャヒンに代えて、クリスティアン・プリシッチとユリアン・ヴァイグルを送り出す。ヴァイグルは右足首骨折の離脱から4カ月ぶりに復帰を果たした。

     ドルトムントは69分、エリア手前中央のマフムド・ダフードが相手選手を1人交わしてスルーパス。エリア内左に抜け出したフィリップが飛び出したGKの頭上を越すループシュートを沈め、ダメ押しゴールを奪った。試合を決めたドルトムントは85分、オーバメヤンを下げてアレクサンデル・イサクを投入。9月21日に18歳となるイサクはブンデスリーガデビューを飾った。

     試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが5-0で完勝。開幕4戦無敗で首位をキープした。敗れたケルンは泥沼の4連敗となった。なお、大迫は64分までプレー。香川には出番が回ってこず、日本人対決は実現しなかった。

     ドルトムントは次節、20日にアウェイで日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと対戦。ケルンは同日に同代表MF長谷部誠とMF鎌田大地の所属するフランクフルトをホームに迎える。

    【スコア】
    ドルトムント 5-0 ケルン

    【得点者】
    1-0 2分 マキシミリアン・フィリップ(ドルトムント)
    2-0 45+1分 ソクラティス・パパスタソプーロス(ドルトムント)
    3-0 59分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(PK)(ドルトムント)
    4-0 60分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
    5-0 69分 マキシミリアン・フィリップ(ドルトムント)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ドルトムントが5発完勝!ケルンは開幕4連敗…大迫は守備に追われ、香川は出番なし】の続きを読む


    レヴァンドフスキ、代理人にレアル移籍をリクエスト? ネックは年齢面 | ニコニコニュース



    レアル移籍が噂されるレヴァンドフスキ [写真]=Bongarts/Getty Images
    サッカーキング

     バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、レアル・マドリード移籍に向けて動くよう代理人に指示を出したという。スペイン紙『アス』が16日付で報じた。

     レヴァンドフスキは先日、ドイツの週刊誌『シュピーゲル』に対して「国際舞台での成功を望むのであれば、バイエルンは考える必要があると思う」と発言し、クラブの補強方針を批判。これに対してバイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)が「このような発言は残念なこと。彼はチームメイトへの批判も言っていたしね」と苦言を呈し、話題となっていた。

     12日にはスペイン紙『マルカ』がこの騒動によってレアル・マドリードがレヴァンドフスキの獲得に動く可能性を伝えたが、今度は選手サイドについての噂が流れている。『アス』紙によれば、同選手は近い将来にレアル・マドリードの選手としてプレーすることを決心したという。自らを今がキャリアの中で最高の状態と考えており、同選手にとって“夢のチーム”であるレアル・マドリードへの思いを強めている模様だ。

     ただ、レアル・マドリードは30歳以上の選手獲得に動かないのが最近の基本的なスタンスであり、現在29歳のレヴァンドフスキ獲得が実現するかは不透明だと同紙は伝えている。レアル・マドリードはライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー獲得を目指しているというのが、同紙の見立てだ。

     ルンメニゲCEOは今回の騒動についてレヴァンドフスキの代理人が関与しているとの見解を示していたが、同紙は「代理人のクライアントからの要求」と報じ、実際は逆であるとしている。クラブ幹部と選手の関係は冷え切ったと見られているが、今後どのような展開を見せるだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【レヴァンドフスキ、代理人にレアル移籍をリクエスト? ネックは年齢面 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ