Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > ブンデスリーガ



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/02/20(火) 17:17:25.07 ID:CAP_USER9.net

    2/20(火) 16:30配信
    Number Web

     香川真司がヨーロッパの地を踏んだのは今から8年前のことだ。

     日本からやってきた21歳の青年は、2010年のサッカー界を驚かせた。

     ドイツ人たちはその技巧に魅せられた。屈強なディフェンダーの隙間を、森の子ぎつねみたいにするすると抜けていく。なんだ*ごい日本人がいるという話は国境を越え、英国にも、イタリアにも、もちろんスペインにも伝わった。

     レアル・マドリーの監督だったジョゼ・モウリーニョにロンドンで会ったことがある。

     「あのとき、私は本気で香川を獲得しにいったんだ」

     そう打ち明けられたときは驚いたものだ。

     ドルトムントの香川は、レアル・マドリーが、モウリーニョが、噂ではなく、本気で獲得に動くほどのインパクトを秘めていた。

     それから香川はマンチェスター・ユナイテッドで英国のフットボールを肌で感じ、4年前に再びドルトムントに帰ってきた。欧州の地で経験を重ね、特に今季は非常に高いパフォーマンスで観客を沸かせている。

    「同情してもらう気はないし、かっこつける気もない」

     日本を離れて戦うことの意味を、今春29歳になる香川はこう語る。

     「欧州で戦うというのは、相当に大変なことです。周りに日本人がいない環境で自分を表現していくのは想像以上に難しいこと。

     同情してもらう気はないし、かっこつける気もない。でもこの環境にいることが、サッカーだけじゃなく、人としての自信にもなる。だからこそ成長できると感じます。

     海外に挑戦するという気持ちは、サッカー選手を目指すならぜひ思っておいてほしい。これからの日本サッカー界を担う若い人たちは特に。世界は広いということを肌で感じてほしい」

     頭にあるのは、まだまだヨーロッパで挑戦し続けていくという強い思いだ。

     幸いなことに、というべきだろう。香川はキャリアで重傷とされるような大きな怪我や筋肉系の故障をしたことがない。

     身に染み付いた、しなやかにいなすプレースタイルも故障の少なさに関係しているのかもしれない。

    「4年後のワールドカップは33歳で迎えます」

     彼以前にヨーロッパでプレーし、今も現役であり続ける先輩たちの姿も、彼の刺激になっている。

     「(中村)俊輔さんとか、上の人があれだけやっていますし、自分たちにとっては最高の励みです。その存在意義をどんどんこれからも見せてほしいと思います。

     自分はまだまだヨーロッパでやりたい。4年後のワールドカップは33歳で迎えます。仮に次のワールドカップを目指すのであれば、いずれまた環境を変える必要があるかもしれない。自分がヨーロッパに来た時以上のチャレンジをしないと」

     初めてドイツにやってきた21歳の頃のように、香川は挑戦しようとしている――。

    (「Number Ex」豊福晋 = 文)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00829976-number-socc


    【【日本代表】香川真司が、すべてを語った…W杯のこと、キャリアのこと、夢のこと。】の続きを読む



    (出典 image.ultra-soccer.jp)



    序盤にベジクタシュDFが一発レッド ハメスが負傷交代するアクシデントも…

     ブンデスリーガ王者バイエルンが、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で圧倒的な力を見せつけた。ベジクタシュ(トルコ)との第1戦で5-0の圧勝。終盤のポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキの2得点によって、準々決勝進出をほぼ確定的なものとした。

     試合は前半16分、パスミスを奪って抜け出そうとしたレバンドフスキをスライディングタックルで止めたベジクタシュDFドマゴイ・ヴィダが一発レッドカードで退場し、バイエルンが1人多いなかで試合が進む展開となる。

     ベジクタシュが必死に耐える展開となるなかでスコアが動いたのは同43分、左サイドのMFキングスレイ・コマンの突破からのラストパスをDFダビド・アラバが触れてコースを変え、最後はゴール前のFWトーマス・ミュラーが詰めて先制に成功した。しかしその直後に、MFハメス・ロドリゲスが負傷で交代するアクシデントも起きた。

     後半8分、右サイドを突破したレバンドフスキのラストパスをコマンが流し込み2-0。同21分にはハメスと交代したFWアリエン・ロッベンの突破からDFヨシュア・キミッヒのクロスに、ミュラーがボレーで合わせて3点目をゲットした。

     そしてラスト10分間で、エースが仕事をする。同34分には、DFマッツ・フンメルスのミドルシュートのこぼれ球をレバンドフスキがいち早く詰めて4点目。さらに同43分、スルーパスに抜け出したミュラーのおぜん立てをレバンドフスキがゴールへと流し込んで5-0とし、第1戦の90分間でほぼ決着をつけた。

     ロシア・ワールドカップで日本と同グループとなるポーランドとコロンビア、その両エースであるレバンドフスキとハメスにとって明暗が分かれる形となったが、バイエルンが圧巻の攻撃力を見せつけた。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    バイエルンがCL16強初戦でベジクタシュに5-0完勝! レバンドフスキが貫禄の2ゴール


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】バイエルンがCL16強初戦でベジクタシュに5-0完勝! レバンドフスキが貫禄の2ゴール…】の続きを読む



    (出典 cyclestyle.net)



     【フランクフルト(ドイツ)時事】サッカーのドイツ1部リーグで19日、長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトは、ホームでライプチヒを2-1で破った。長谷部はフル出場、鎌田はベンチ外だった。 



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】長谷部はフル出場!!】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    1 きのこ記者φ ★ :2018/02/19(月) 19:03:08.18 ID:CAP_USER9.net

    全盛期の面影を失いかけているハンブルク。

    数シーズン連続で残留争いに巻き込まれ、辛うじて1部リーグにぶら下がっているような状態が続くドイツのハンブルク。
    全盛期の面影を失いかけている古豪について、クラブOBが日本のバラエティー番組の名前を用いて言及している。
     
    ハンブルクは今シーズンも暗闇の中でもがいている。
    ブンデスリーガでは23節を終えた時点で4勝5分け14敗の17位と低迷。
    2月17日に本拠地で行なわれたレバークーゼン戦を1-2で落としたことで10戦未勝利となり、
    試合後には堪忍袋の緒が切れた一部のサポーターたちが暴徒化する事態にも発展していた。
     
    クラブ史上初となる2部降格の可能性が高まっているハンブルクへコメントを寄せたのは、
    2007年から2011年まで同クラブに在籍し、ゴールマウスを守った元ドイツ代表GKのフランク・ロストだ。
     
    2008-09シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)での準決勝進出など、ハンブルクの栄光を知るかつての守護神は、
    『Sky Sports』のサッカー番組『Wontorra The Football Talk』内で、ハンブルクの現況について問われ、次のように自身の見解を語った。
     
    「今のハンブルクは自分たちで自分たちを苦しめている。言うなれば『たけし城』の3つのドアみたいな感じだ。
     ひとつの扉の向こうには、自分を痛めつける人がいることが分かっている。ハンブルクは毎年そのドアを通っているね」
     
    1986年から89年にかけて日本で人気を博した『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』は、
    ビートたけしが難攻不落の『たけし城』の城主に扮し、様々なアトラクションを用意。
    それに若手芸人や一般公募のチャレンジャーたちが挑むという、日本のバラエティー界に金字塔を打ち立てた名番組だ。
     
    その痛快な内容がウケ、欧州でも放送された日本のバラエティー番組にハンブルクを例えたロストからすれば、
    古巣が「毎年のように同じ過ちを繰り返し、滑稽だ」ということを指摘したかったのだろう。
     
    かつての守護神から皮肉を言われてしまったハンブルク。
    はたして、彼らは自分たちを奮い立たせ、残留の切符を掴むことができるのだろうか?
    現地2月24日に行なわれる残留圏内の15位に位置するブレーメンとの『ノルト・ダービー』では、その気概を見せてもらいたいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180219-00035838-sdigestw-socc


    【【ブンデスリーガ】元ドイツ代表守護神「今の低迷するハンブルクは、たけし城のアトラクションみたいだ」 日本の番組名を出して批評…】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    バイエルンではレギュラー格となり、父ウィルソンさんも大喜び

     コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、今季レアル・マドリードからバイエルンに期限付き移籍。恩師のカルロ・アンチェロッティ前監督が解任されて立場がどうなるか注目されたが、ユップ・ハインケス新監督体制下でもレギュラー格としての地位を確立している。

     この状況を歓迎しているのは、ハメスの父であるウィルソンさんだ。スペイン紙「マルカ」コロンビア版のインタビューでは、レアルを出た喜びを感じているようだ。

    「私の息子はレアルを去ってバイエルンに加入したことで、上手くやっている。彼はドイツで幸せな時を過ごしているね。私としては彼が落ち着きつつ、楽しみに満ちあふれた生活を見たいと思うし、ピッチでプレーすることがとても重要だからね」

     ピッチでプレーする――。それは、ハメスにとってここ数シーズン苦しんでいたものだ。レアルでの1年目こそレギュラーだったが、ラファエル・ベニテス前監督、ジネディーヌ・ジダン監督体制ではローテーション要員扱い。国内メディアからはその素行をたびたびバッシングされてきたが、ウィルソンさんはそのことについても触れている。

    ハリルジャパンにとっては脅威に

    「彼はレアル・マドリードを本当に愛しているし、誰もが疑いようがない。ただ最善の選択肢はあのチームを去ることだったのだ。息子はピッチで楽しむ機会を失っていたし、その時にアンチェロッティが監督になったのだから。ジダンはハメスにとってのアイドルだったが、それは息子が彼のチームとフィットするかどうかには当てはまらないからね」

     自身もサッカー選手だったウィルソンさんは、「私よりも優れた選手だ。比較するまでもない」と話すなど、息子の充実ぶりを実感しているのだろう。ハメスはレアルのナンバー10に別れを告げて、バイエルンの11番を背に有意義な時を過ごしている。4カ月後に迫ったロシア・ワールドカップに向けて順調そのものだけに、グループリーグで対戦するバヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表にとっても脅威となりそうだ。

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

    復活のハメス、レアル退団は「最善の選択肢」 父が明かすバイエルン移籍の舞台裏


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】復活のハメス、レアル退団は「最善の選択肢」…】の続きを読む

    このページのトップヘ