Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > ブンデスリーガ



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    ドルトムント在籍時に香川と共闘、ブンデス連覇などを経験

     バイエルン・ミュンヘンに所属しているDFマッツ・フンメルスが、2019-20シーズンから古巣ドルトムントへ復帰することが基本合意に達したようだ。バイエルン公式サイトが伝えている。

     同サイトでは「バイエルンとBVBは2008年から2016年にかけてドルトムントプレーしていたセンターバックの移籍について基本的な合意に達した。両クラブ間では移籍する際の詳細な契約を互いに機密事項とすることで同意している。フンメルスはこれからドルトムントメディカルチェックを実施しなければいけない」と記している。

     バイエルンの下部組織出身であるフンメルス2008年ドルトムントへ移籍し、10代ながらレギュラーを獲得。その後はユルゲン・クロップ監督の下で日本代表MF香川真司ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキらとともに若き有望株として急成長し、ブンデスリーガ連覇やUEFAチャンピオンズリーグ準優勝を成し遂げた。

     その実績を経て2016年バイエルンに移籍。国内最大のライバルに移籍したことでドルトムントサポーターから目の敵にされることも多かったが、3シーズンぶりの古巣復帰となった。(Football ZONE web編集部)

    【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍】フンメルスが古巣ドルトムントに3年ぶり復帰 バイエルン公式が基本合意と発表】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    バーネット氏が英メディアに語る 「ローンでの移籍は起こらない」

     レアル・マドリードウェールズ代表FWギャレス・ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏が、噂されたバイエルン・ミュンヘンへの期限付き移籍の可能性を完全否定した。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じた。

     29歳のベイルジネディーヌ・ジダン監督の構想外と考えられており、今夏の去就問題が過熱している。ただし、高額の移籍金や年俸がネックとなり、他クラブへの移籍は一筋縄ではいかない様子だ。

     一部では、ドイツ王者バイエルンが1年間のレンタル契約で獲得を目指していると報じられた。移籍金を抑える代わりに、年俸はバイエルンが負担するとされていた。

     しかし、バーネット氏は「ローンでの移籍は起こらない。彼がローンで出ていきたいと考えているとは思えない」と主張。スペインで快適な生活を送っていることから、移籍する可能性は極めて低く、レンタルでの移籍は選択肢にないという。

     また、ベイルに感心を示していると言われるユナイテッド移籍についても、バーネット氏は「フィットしないだろう」と断言。ユナイテッドは移籍先の候補から完全に外れたようだ。

     レアルベルギー代表MFエデン・アザールを獲得するなど、例年以上の大型補強を進めている。ベイルの出場機会はさらに減ることも予想されている。悩めるベイルは今夏、どのような決断を下すのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    レアルFWベイル【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】悩めるベイル、代理人がバイエルン移籍否定 マンU行きの噂にも「フィットしない」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    PSVが、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の獲得を目指しているようだ。同クラブで監督を務めるマルクファン・ボメル氏が認めている。

    ロッベンは今シーズンを以ってバイエルンを退団する。新天地として古巣のフローニンヘンやメジャーリーグサッカー、さらにはJリーグも候補に挙がっているとみられているが、今のところ有力な情報はない。

    そんな中、ファン・ボメル監督がオランダ『Voetbalzone』にロッベンの獲得に動いていることを明かした。

    「何度か連絡を取った。だが非常にシンプルだ。彼が決めるだけのことだからね。彼は我々がここに連れてきたいという思いを知っている。そして、彼に時間が必要であることも我々は理解している」

    プレッシャーをかけたくない。彼にとってとても重要な決断なんだ」

    「彼は引退することもできるし続けることもできる。ここに来ることもできるし別の所に行くこともできる。彼にはたくさんのオファーが届くだろう」

    ロッベン2000年にフローニンヘンでプロデビューした後、2002年から2004年の間PSVプレー。公式戦70試合で21ゴール16アシストを記録し、2002-03シーズンにはオランダ年間最優秀若手選手に選ばれた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ファン・ボメルがロッベン口説く…15年ぶりPSV復帰なるか】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    [マドリード 18日 ロイター] - サッカースペイン1部、レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(29)の代理人が18日、同選手のレンタル移籍の可能性を否定した。

    ベイル2013年トットナムイングランド)から当時の史上最高額でレアルに加入。4回の欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献するなどしたが、クリスティアノ・ロナルドがユベントスイタリア)に移籍して以降、その穴を埋められなかったことで大きく批判されていた。

    レアルは今季リーグ戦で首位バルセロナと勝ち点19差の3位に終わり、ひとつもトロフィーを獲得できず。今季の最終11試合でベイルが先発したのはわずか5試合だった。

    レアルチェルシーイングランド)から1億ユーロ(約122億円)でエデン・アザールサントスブラジル)からは4500万ユーロでロドリゴを獲得しており、ベイルはさらに厳しい状況に追い込まれている。

    英国メディアによると、ベイルは週給60万ポンド(約8200万円)と高額で、同選手を完全移籍で獲得できるクラブは少ない。そのため、レンタルで移籍する可能性が報じられているが、同選手の代理人を務めるジョナサン・バーネット氏はスカイスポーツに対し、「彼はレンタルで移籍したいと思っていないと思う。スペインには素敵な生活と家があり、離れるには彼にとって特別な何かが必要であり、レンタル選択肢にないだろう」と否定した。

     サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(写真)の代理人が、同選手のレンタル移籍の可能性を否定した。マドリードで4月撮影(2019年 ロイター/Javier Barbancho)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】ベイル代理人、レンタルでのレアル退団を否定】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



    レアルベイルは古巣トットナム復帰の噂もあるが…

     ウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、今夏のレアル・マドリード退団が報じられており、新天地としてドイツ王者バイエルン・ミュンヘンも浮上しているが、ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は米スポーツ専門局「ESPN」に対し、バイエルンからのアプローチはないと憶測を一蹴している。

     ベイル2013年トットナムからレアルへ移籍。在籍6シーズンで4度のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験するなど充実の時を過ごしてきたようにも見えるが、度重なる負傷もあって絶対的な地位を築くまでには至っていない。

     ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外になっているとも予想されており、今夏の去就問題が過熱している。古巣トットナムへの移籍も噂されているが、高額な移籍金や年俸がネックとなっている。

     そうしたなかで、ベイル獲得にバイエルン名乗りを上げるとの報道が出た。今季ブンデス7連覇を達成した絶対王者は1年間の期限付き移籍のオファーを準備し、移籍金を抑える代わりに、週給35万ポンド(約4800万円)といわれるベイルの給与を負担するという。

     だが、バーネット氏はこの報道を「くだらない」と一刀両断。今季限りで退団した元オランダ代表MFアリエン・ロッベン、元フランス代表MFフランク・リベリーの代わりとして、ベイルドイツ王者に移籍する可能性を否定した。

     果たして、ベイルの去就問題はどのような形で収束に向かうのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    レアル・マドリードFWベイル【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】「くだらない」 ベイル代理人、週給4800万円負担のバイエルン移籍報道を一蹴】の続きを読む

    このページのトップヘ