Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > ブンデスリーガ



    (出典 www.soccer-king.jp)



     バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが契約延長に近づいているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

     レヴァンドフスキバイエルンが現在結んでいる契約は、2021年6月末までとなっている。同紙によると、同クラブレヴァンドフスキに延長をオファー。来週中にもサインし発表される模様。新契約は2023年までとなるようだ。

     現在31歳のレヴァンドフスキは、2014年夏にドルトムントから加入。それ以来、公式戦245試合出場194ゴール47アシストと驚異的な成績を残している。また、昨シーズンリーグ戦22得点を挙げ、2シーズン連続、通算4回目となる得点王に輝いた。

    契約延長に近づくレヴァンドフスキ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】バイエルン、レヴァンドフスキと2023年まで契約延長か…来週中にも発表と独紙】の続きを読む



    (出典 tktktakunet.com)



    バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(31)が契約延長に迫っているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えた。

    2014年夏にドルトムントから加入して以降、公式戦通算245試合194ゴール47アシストの成績を収め、3度のブンデスリーガ得点王に輝くレヴァンドフスキ。今シーズンもここまで公式戦3試合で3得点と好調だ。

    そのレヴァンドフスキバイエルンの現行契約は2021年まで。来週の終わりまでにバイエルンとの契約を2023年まで延長する見通しだという。

    8連覇を目指すバイエルンは、今シーズンブンデスリーガ開幕戦でヘルタ・ベルリンと2-2のドロー。24日に行われる次節、シャルケホームに乗り込む。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】レヴァンドフスキがバイエルンと契約延長へ!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     バイエルンを率いるニコ・コヴァチ監督が、今夏に加入したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの状態について語った。ドイツ誌『Kicker』日本語版が22日に伝えている。

     バイエルンバルセロナからコウチーニョをレンタル移籍で獲得。昨シーズン限りで退団した元オランダ代表MFアリエン・ロッベン氏が着用していた背番号「10」を譲り受けるなど、コウチーニョには大きな期待が寄せられている。

     バイエルンは24日に行われるブンデスリーガ第2節でシャルケホームに乗り込む。コウチーニョのブンデスリーガデビューに注目が集まるが、コンディションの問題でいきなり先発出場とはいかないようだ。コヴァチ監督が言及した。

    「まだフィットネス面で、必要とされるレベルまで達していない。それは彼自身が口にしていることであり、我々も同じ印象を受けている」

    「我々としては、決して無理をさせたくない。ただ多くの人は、それを望んでいるだろうけどね」

    コウチーニョ(右)の状態に言及したコヴァチ監督(左) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】コウチーニョ、バイエルンでの先発デビューはお預けか…指揮官が言及】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督がバイエルン移籍を果たしたフィリペ・コウチーニョを激励した。イギリススカイスポーツ』が報じた。

    2018年1月にリバプールからバルセロナに移籍したコウチーニョ。公式戦76試合21得点11アシストの数字を残したが、高額な移籍金額に見合う活躍ができていないとしてサポーターの心を掴めず、今夏の移籍市場で新たな活躍先を求める可能性が指摘され続け、16日に買取オプション付きのレンタルバイエルン移籍が決まった。

    2015年途中から2018年途中までリバプールでコウチーニョを指導したクロップ監督は、ドイツキッカー』のインタビューで、教え子のバイエルン移籍についてこうコメント。新天地での活躍を睨む教え子にエールを送った。

    「コウチーニョが我々といた当時、彼自身が好むNo10の役割であまりプレーさせてあげられなかったが、彼はNo8の選手として素晴らしかったよ。ファンタスティックな左ウィンガーだった」

    「彼は試合を支配できる。バイエルンは彼を必要とし、バイエルンは彼を欲した。彼らが彼を溶け込ませ、最大限に活用できれば、ブンデスリーガとしてもトッププレーヤーを手にすることになる」

    「コウチーニョには信じられないぐらいのシュートレンジがある。あんなポジションから、あんな角度から、頻繁に左サイドからカットインしてシュートを蹴れる選手は見たことがないよ」

    「(アレッサンドロ・)デル・ピエロ以来ね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】クロップがバイエルン移籍のコウチーニョに激励の言葉!】の続きを読む



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    バイエルンポルトガル代表MFレナト・サンチェス(22)がリール移籍に近づいているようだ。

    フランス『RMCsport』のジャーナリスト、モハメド・バフシ氏によると、バイエルンとリールはボーナス込みで最大2500万ユーロ(約29憶5000万円)の移籍金で合意。個人間では5年契約を結んだようだ。23日にもメディカルチェックを行うとのこと。

    レナト・サンチェス2016年夏に将来有望な若手としてベンフィカから加入したが、スウォンジーレンタルされるなど、バイエルンでは出場機会に恵まれず4年目を迎えている。

    この状況に同選手は先日に「いい状況ではない。バイエルンを出たいと思ったのはこれで2度目」と移籍を示唆するコメントを残しており、今夏の移籍は確実視されていた。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】レナト・サンチェスがバイエルンから脱出へ! リール移籍が明日にも発表か】の続きを読む

    このページのトップヘ