Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > ブンデスリーガ



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2018/04/25(水) 06:15:54.21 ID:CAP_USER9.net

    「タカは華々しい活躍を見せている」と指揮官
     
    ドイツ国内での評価がうなぎ上りだ。ブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフで出色の出来を披露する日本代表FW、宇佐美貴史である。
     
    日曜日の31節、3-0の快勝を収めたインゴルシュタット戦では、僚友・原口元気が先制アシストを決めると、宇佐美は2点目と3点目をCKキックから導き、ふたりで全得点に絡んで見せた。
    ドイツ・メディアはこぞってこの日本人デュオの活躍を称え、フリードヘルム・フンケル監督は「昔からよく知るゲンキ(原口)が来てからというもの、タカ(宇佐美)は華々しい活躍を見せているね」と目を細める。
     
    ドイツ全国スポーツ紙『BILD』は、「チームにすっかり溶け込めているし、僕たちふたりは本当に楽しんでプレーしている。個人的には冬のウインターキャンプでいい準備ができたのが大きかった」と宇佐美の声を伝えた。
    さらに選手本人は「(2部で)チャンピオンになりたい。そして、デュッセルドルフに残りたい」と、その胸中を明かしている。

    現在、宇佐美は1部のアウクスブルクからの期限付き移籍中で、レンタル元との契約は2019年6月まである。フォルトゥナは来シーズンに1部を戦う上で重要な戦力と捉えており、それはフンケル監督も同意見だ。
    アウクスブルクが売却に応じるかどうかだが、クラブのスポーツ・ディレクターであるシュテファン・ロイターが『BILD』紙の取材に応え、口を開いた。かつてボルシア・ドルトムントなどで一時代を築いた、元ドイツ代表の名DFである。
     
    「フォルトゥナでのウサミは素晴らしいね。もしプレーヤーが私の元へ来て、他のクラブでの解決策を探し求めているなら、基本的に話をする準備はあるよ。だが結論を出すためには、すべてのサイドの条件がフィットしなければならない」
    条件面さえ整えば完全移籍の交渉に応じる、とも取れる発言だ。『BILD』紙も「フォルトゥナが適正な買い取り額を提示すれば問題はないだろう。そもそもウサミとアウクスブルクは上手く行っていなかったのだから」と記している。

    ◆原口とともに“ダブル買い取り”の可能性も
     
    ドイツ2部の情報を専門に扱うサッカーサイト『LIGA-ZWEI』は、フォルトゥナに対して早急な決断を求める。「ウサミはハラグチとともにワールドカップを戦う日本代表のメンバーに選ばれるだろう。
    もしそこで名を上げれば、市場価格はグッと吊り上がるはずだ。フォルトゥナは早めに決断して、アクションを起こす必要がある」と論じるのだ。
     
    原口も宇佐美と状況は同じで、レンタル元のヘルタ・ベルリンとは来年6月まで契約が残っている。
    左に原口、右に宇佐美を配する日本人アタッカーの両翼が機能しているフォルトゥナだけに、フンケル監督は原口の完全移籍も視野に入れているかもしれない。
     
    いずれにせよ、西野朗新政権が発足した日本代表にとって両雄のハイパフォーマンスは、頼もしい限りだ。今週土曜日のディナモ・ドレスデン戦でも揃ってスタメン出場を果たすか。
    勝てば1部昇格が決まり、他会場の結果次第では2部優勝が確定する注目の一戦だ。

    4/25(水) 5:56配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00039355-sdigestw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<宇佐美貴史の評価がうなぎ上り!>「残りたいです」と告白! レンタル元のSDが「完全移籍」に向けて注目発言…】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



     25日に開催されるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、バイエルン(ドイツ)はレアル・マドリード(スペイン)と対戦する。2連覇中の王者を迎え撃つ大一番を前に、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが抱負を語った。スペイン紙『アス』が23日に伝えている。

     レヴァンドフスキはレアル・マドリードについて「大会2連覇中のチームが突破の本命であることは間違いないだろう」とコメント。相手が優位に立っているという認識を否定しなかった一方で、「ただ“本命”という言葉に、必ず僕たちに勝てるという意味はない」とも語り、バイエルンにも十分なチャンスがあるとの見解を示している。

     またレヴァンドフスキは「最近の試合で、自分たちは良い状態にあると示せている」と現在のチーム状態に自信を示した。続けて「完全に集中しなければならないし、相手がミスをした時にはそれをしっかり活かさないといけない」と、集中力が試合のカギになるとの考えを明かし、「自分たちのプレーをすることができれば、レアル・マドリードが苦難に陥る可能性はある」と語った。

     一方、CLで好パフォーマンスを見せているレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについては「彼がゴールを決めないことを僕たちは願っている」とコメントしつつ、「レアル・マドリードは彼だけのチームではないんだ」とも語り、チーム全体を警戒する必要性を説いていた。

     昨シーズンのCLでは準々決勝で対戦し、延長戦の末にレアル・マドリードに屈したバイエルン。「過去は過去で、去年のことはもう頭の中にはないよ」とレヴァンドフスキは語っているが、今シーズンの“リベンジマッチ”では、どのような戦いを見せることになるのだろうか。

    (記事/Footmedia)

    CL準決勝のレアル戦に向けて抱負を語ったレヴァンドフスキ [写真]=MB Media/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】レヴァンドフスキ、CL準決勝へ抱負「レアルが本命なのは間違いないが…」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、レアル・マドリード(スペイン)をホームに迎え撃つバイエルン(ドイツ)。2連覇中の王者を迎え撃つ一線を前に、ドイツ代表DFジョシュア・キミッヒが意気込みを語った。23日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。

    「とても楽しみにしている。チャンピオンズリーグの準決勝ではプレーしたことがないからね。とても楽しみだし、勝てることを願っているよ」

     期待感を示したキミッヒは、レアル・マドリードのエースであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて質問を受けると「自分たちはチームとして、相手選手のことを分析するんだ。C・ロナウドのような選手はチーム全体が動くことで、はじめて止められるんだからね」とコメント。個々のマッチアップではなく、チーム全体の戦術がカギを握ると強調した。

    「C・ロナウドは(リオネル)メッシと並ぶ、世界最高の選手の一人だ。それは疑う余地もない。でも、大きすぎるリスペクトは何ももたらさないんだよ」

     レアル・マドリードは週末、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝開催の関係でリーガ・エスパニョーラの試合が組まれなかった。対するバイエルンは21日にハノーファーとのアウェイゲーム(ブンデスリーガ第31節)に臨んでいる。キミッヒはコンディションの差を指摘されたが、「試合のリズムを保つことができているのは、本当は良いことだと思うよ。週末に試合をしたことが不利になるとは思わない」と意に介していない様子だ。

     前回大会では準々決勝でレアル・マドリードに屈したバイエルン。際どい判定にも泣かされた悔しさをぶつけ、リベンジを果たすことはできるだろうか。

    キミッヒ(左)がレアル戦を前に、C・ロナウド(右)対策などに言及した [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】レアル戦に臨むバイエルンDFキミッヒが抱負…C・ロナウド封じのカギは?】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



     フランクフルトは24日、日本代表MF長谷部誠が4試合の出場停止処分を科されたと発表した。ブンデスリーガは残り3試合であるため、同選手は今シーズンのリーグ戦でピッチに立つことができなくなった。

     長谷部は21日に行われたブンデスリーガ第31節のヘルタ・ベルリン戦で先発メンバーに名を連ねたが、0-2で迎えた79分にレッドカードを受けた。ドイツ人FWダヴィー・ゼルケとの競り合いからひじ打ちを見舞い、一発退場となったのだった。

     そして今回、ドイツサッカー連盟(DFB)が長谷部へ追加処分を科すことを決定。「相手選手に対する悪質な反スポーツ行為」として、4試合の出場停止処分を受けることが決まった。なお、DFBの発表によれば、3試合の出場停止は確定、残り1試合については執行猶予となるようだ。

     フランクフルトの発表によると、長谷部と同クラブは異議申し立てなどは行わず、処分を受け入れる見通しとのこと。同選手は2014年夏からフランクフルトでプレーしているが、レッドカードを受けるのは今回が初めてだった。

     今回の処分により、3試合を残して今シーズンのリーグ戦全日程を終えることとなった長谷部。自身11シーズン目のブンデスリーガは24試合出場(先発は23試合)を記録して幕を閉じた。なおフランクフルトはDFBポカール決勝でバイエルンと激突するが、同試合に処分は適用されないため、長谷部が出場することは可能だ。

    ヘルタ・ベルリン戦でレッドカードを受けた長谷部誠(中央) [写真]=Bongarts/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】ひじ打ちで退場の長谷部誠、執行猶予付き4試合出場停止…今季リーグ戦終了】の続きを読む



    (出典 kicker.town)



    1 Egg ★ :2018/04/20(金) 06:53:34.45 ID:CAP_USER9.net

    19日の練習で元気に汗を流す姿を披露 チーム公式ツイッターも歓迎「お帰りなさい」

    監督の電撃交代で揺れる日本代表にとって朗報になりそうだ。ドルトムントのMF香川真司が現地時間19日のチーム練習に合流し、ランニングや元気にボールを蹴る姿を披露した。ドルトムント公式ツイッターが「お帰りなさい、シンジ・カガワ」と綴ると、ファンも待ち望んでいたように「スーパーシンジが帰ってきた!」「救世主だ」と呼応している。

    【写真】元日本代表10番・香川真司、復帰に向けて始動! 女性スタッフが見守るなかランニングする様子

     香川は2月10日のブンデスリーガ第22節ハンブルガーSV戦で足首を負傷し、それ以降は戦線から離脱。昨年11月の欧州遠征(ブラジル戦1-3、ベルギー戦0-1)に続き、3月のベルギー遠征(マリ戦1-1、ウクライナ戦1-2)でも代表戦で招集外となっていた。

     現地時間10日には、練習に姿を見せて別メニューながらランニングする模様がドイツ地元紙で報じられていたが、ドルトムント公式ツイッターが19日に更新され、「お帰りなさい、シンジ・カガワ」と綴られた。

     投稿ではランニングやボールを蹴る姿の写真が計3点アップ。久々に全体練習で汗を流したようで、コメント欄には「スーパーシンジが帰ってきた!」「救世主だ」「グッドニュース」「ようやくか」「スシボンバー、ヘイ!ヘイ!ヘイ!」といった歓迎の声が並んでいる。

     ブンデスリーガ専門ニュースサイト「Ligainsider」は、「チームトレーニングに復帰。日本人選手は足首の負傷でリーグ戦8試合を欠場していた。レバークーゼン戦でプレーできるかどうかは、まだ伝えられていない」と報じている。

     現地時間21日のリーグ第31節・本拠地レバークーゼン戦は出場が不透明とはいえ、シーズン終盤での復帰はドルトムントにとっても、バヒド・ハリルホジッチ前監督から西野朗新監督に替わった日本代表にとっても朗報だ。長年日本代表の10番を背負い続けてきた小さな魔法使いが、ロシア・ワールドカップの最終メンバー23人入りに向けて大きな一歩を踏み出した。

    4/20(金) 6:31配信 ZONE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180420-00010001-soccermzw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】<香川真司>全体練習合流!待望の瞬間到来にファン歓喜「スーパーシンジが帰ってきた」最終メンバー入りに向け大きな一歩…】の続きを読む

    このページのトップヘ