Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > ブンデスリーガ



    (出典 www.sanspo.com)



    契約満了となるブラジル代表DFフィリペ・ルイス アトレチコ残留が第一希望も…

     リーガ・エスパニョーラで2位のアトレチコ・マドリードに所属するブラジル代表DFフィリペ・ルイスは、6月に現行の契約が満了を迎える。移籍金ゼロで他クラブへ移ることが可能になるため、欧州トップレベルクラブがこの33歳の左サイドバックに関心を示しており、英紙「ザ・サン」はスペインバルセロナドイツドルトムントが動向を追いかけていると報じている。

     ドルトムントがフィリペ・ルイスを狙っているという報道が出た発端は、ドイツ紙「ビルト」だった。その後、スペイン代表DFジョルディ・アルババックアッパーを確保したいバルセロナも獲得に乗り出したという。

     フィリペ・ルイス2014-15シーズンチェルシーに所属するも、思うように試合に出場できない難しい時期を過ごした。当時のジョゼ・モウリーニョ監督は、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタを左サイドバックで起用することを好んだからだ。そして結局、1シーズンで古巣アトレチコに戻ることになっている。

     再びディエゴ・シメオネ監督の下でプレーすることになったフィリペ・ルイスは、攻守にわたるハードワーク指揮官サッカーを体現。契約に関しては「僕の最優先はアトレチコとの契約延長だ」と語るも、「でも、オファーに対してはオープンだよ」と、より多くの選択肢から将来を決めることをほのめかしている。

     イングランド代表MFジェイドン・サンチョら、主力の放出が囁かれるドルトムントへ行くことになるのか。それとも他の新天地を選ぶのか、その動向が注目される。(Football ZONE web編集部)

    アトレチコ・マドリードDFフィリペ・ルイス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】今夏“移籍金ゼロ”のアトレチコDF バルサとドルトムントが争奪戦を展開か】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    1 Egg ★ :2019/04/22(月) 13:04:39.30 ID:Y3cY9n4R9.net

     バイエルンの元オランダ代表MFアリエン・ロッベン(35)に対し、FC東京がオファーを送ったとイタリア『カルチョメルカート』が報じている。

     今年6月に契約満了でバイエルンを退団すると見られるロッベン。同メディアは記事内で「6月に切れるバイエルンとの契約を更新しないアリエン・ロッベンが、現在Jリーグで首位を走る日本のチーム、FC東京からオファーを受けた」と伝えている。

     バイエルンの選手としてブンデスリーガ7度の優勝経験を誇るロッベンだが、加入10年目の今季は負傷により昨年11月から欠場が続いており、リーグ戦の出場はわずか9試合。ドイツ『スカイ・スポーツ』によるとFC東京のほか、インテルやMLSのトロントFC、古巣PSVなどもロッベン獲得に興味を持っているという。

    4/22(月) 12:46配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-43466211-gekisaka-socc


    【【移籍報道】<FC東京>ロッベンにオファー!伊メディア報じる】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    バイエルンが、マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(23)に関心を寄せているようだ。イタリアカルチョ・メルカート』が伝えている。

    2016年シャルケからシティに加入したザネ。今シーズンもここまで公式戦43試合で15ゴール18アシストと圧巻の数字を残しており、シティの強力攻撃ユニットの一角を担っている。

    だが、2020年までの現行契約に関して延長交渉が難航しているザネに関しては今シーズン限りでのシティ退団の可能性が指摘されている。この状況を注視しているのがドイツ王者のようだ。

    バイエルンでは、長年に渡って両翼を担ってきた元フランス代表MFフランク・リベリと、元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの今シーズン限りでの退団が有力となっている。そして、その後釜としてザネに関心を寄せているという。

    また、バイエルンのウリ・ヘーネス会長は「かつてないほど大きな投資プログラムになるだろう」と、今夏の移籍市場に向けて2億ユーロ(約251億円)の資金を準備していることを明言している。果たして、"ロベリ"の後釜としてザネの獲得に動くのか注目が集まる。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】バイエルン、”ロベリ”後釜にザネの獲得を検討か】の続きを読む




    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    マンチェスター・ユナイテッドバイエルンに所属するドイツ代表DFニクラス・ジューレ(23)の獲得に本腰を入れ始めたようだ。ドイツSport1』が伝えている。

    オーレ・グンナー・スールシャール監督の下で来シーズンの巻き返しを目指すユナイテッドは、今夏に大型補強に動く可能性が伝えられている。その中で優先度が高いのが、ようやくスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフが独り立ちもそれ以外に頼りになる選手が少ないセンターバックポジションだ。

    これまではトッテナムベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトやナポリセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、ローマギリシャ代表DFコスタス・マノラスらの名前が挙がっているが、この新戦力候補リストに新たに加わったのがジューレのようだ。

    Sport1』が伝えるところによれば、ユナイテッド2017年にホッフェンハイムから加入して以降、卓越した身体能力と守備センスリーダーシップを武器にバイエルンドイツ代表で主力を担う万能型DF獲得に向けてバイエルン側に照会を行ったという。

    バイエルンではセンターバックでもプレー可能なフランス代表のDFバンジャマン・パヴァール、DFリュカエルナンデスの2選手の加入が内定しているが、以前にクラブ側が今後ジューレを中心に最終ラインを構築すると宣言していたこともあり、ユナイテッドにとっては非常にタフなオペレーションになるはずだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユナイテッド、ドイツ代表DFジューレ獲得に本腰か? 獲得に向けてバイエルンに照会】の続きを読む

    no title


    39季ぶり欧州リーグ4強に導いた貢献ぶりに母国紙は軒並み高評価「脱帽」

     海外サッカーの欧州リーグ準々決勝でベンフィカを下し、見事に39季ぶりの4強進出を決めたフランクフルト。18日の第2戦で元日本代表MF長谷部誠はDFとしてフル出場し、セミファイナル進出に貢献した。ドイツ地元紙も軒並み称賛しており、評価はうなぎ上りだ。

     2-0の完封勝ち。2戦合計4-4となったが、アウェーゴールの差で4強に駒を進めたフランクフルト。立役者の一人となったのが、3バックの中央でフル出場した長谷部だ。地元紙「Frankfurter Rundschau」は各選手の寸評の中で、日本人リベロを絶賛している。

    「ハリス・セフェロビッチ(16-17シーズンまでフランクフルトに在籍していたベンフィカFW)は、ここまで強い日本人選手を記憶しているだろうか? 恐らく記憶にないだろう。ハセベは元チームメートのストライカーを絶えず封じ込めた」と、かつての同僚に仕事をさせなかった長谷部を称えた。

     さらに「ゴールライン上では、ヒールボールクリア。競り合いでも常に主導権を握っていた。脱帽。彼は(こうしたプレーを)いとも簡単にやってしまう」とも記し、DFとしての貢献ぶりに舌を巻いている。

     また、大衆紙「Bild」も各選手の採点で、チーム2番手の高い評価を与えた上で「リベロは最高の状態。誰も彼を突破できない。ゲームメーカーとして後方から攻撃を活性化させていた」と称賛している。

     UEFAが発表した今節のELベストイレブンでもセンターバックとして選出されるなど、評価が天井知らず状態となっている長谷部日本代表ユニホームを脱いでなお、35歳の輝きは衰えるどころか、一層、増している。(THE ANSWER編集部)

    欧州リーグ4強進出に貢献した長谷部誠【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ブンデスリーガ】“リベロ長谷部誠”の評価が天井知らず ドイツ紙「最高の状態」「誰も突破できない」】の続きを読む

    このページのトップヘ