Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



     29日、セリエA王者のユヴェントスはイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニと元イタリア代表アンドレア・バルザーリとの契約を延長したことを発表した。

     同クラブはクラブ公式サイトでキエッリーニとは2020年まで、バルザーリとは2019年まで契約を延長したことを明らかにしている。

     現在33歳のキエッリーニはリヴォルノ(セリエC/イタリア3部)でプロデビューすると2004年にユヴェントスへ移籍。フィオレンティーナへの期限付き移籍後の2005年からユヴェントスで13年間プレーしている。筋肉系の負傷が多いものの、依然としてチームに欠かせない存在だ。また、退団が決まっている元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの後を引き継ぎ、2018-19シーズンから新キャプテンに就任する予定。

     一方、現在37歳のバルザーリは17歳でプロデビューを果たすと、7クラブを渡り歩いた後の2011年から8シーズンにわたってユヴェントスでプレーしている。イタリア代表では2006年のドイツ・ワールドカップ優勝メンバーに名を連ねた。

    アンドレア・バルザーリ(左)とジョルジョ・キエッリーニ(右) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ユーヴェ、ベテランDFと契約延長…キエッリーニは20年、バルザーリは19年まで】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     ユヴェントス退団が決定している元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンのパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が間もなく正式発表されるようだ。フランス紙『レキップ』が7月2日に報じている。

     ブッフォンは5月17日、イタリア代表からの引退とユヴェントス退団を正式に発表。複数のオファーが届いていることを明かしていた。動向に注目が集まる中、フランス紙『ル・パリジャン』がパリ・サンジェルマン移籍の可能性を報道。イタリアメディア『Sky』も、同選手が2年契約のオファーを受け入れたと伝えていた。

     そして今回、ついにパリ・サンジェルマン移籍が発表される見通しであると報じられた。6月中は具体的な動きがなかったものの、7月に入って同クラブが移籍市場での補強を本格化。今週末(7月7日、8日)にもブッフォンの獲得が正式発表される見通しであると報じられている。既報通り、契約期間は2年間となるようだ。

    17-18シーズン限りでユヴェントスを退団したブッフォン [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユーヴェ退団のブッフォン、PSG移籍成立が目前に…今週末にも正式発表か!?】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 Egg ★ :2018/06/30(土) 19:01:56.21 ID:CAP_USER9.net

    インテルは30日、日本代表DF長友佑都の移籍についてガラタサライと合意。来季も長友はトルコでプレーすることになると発表した。

    長友はインテルに8シーズン所属し、213試合出場13得点を記録。しかし、昨季は出場機会を失い、1月からガラタサライへと期限付き移籍していた。

    長友はガラタサライで、左サイドバックとして定位置を獲得。ガラタサライのリーグ優勝に大きく貢献していた。長友はSNSなどを通じ、ガラタサライ残留を望んでいたが、両クラブ間で移籍金に隔たりがあり、交渉が長引いていた。

    現在、ロシア・ワールドカップに参加している長友は、現地時間7月2日に、日本代表のメンバーとしてベルギー代表の一戦に臨む。

    GOAL 6/30(土) 18:48配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00000026-goal-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【サッカー】<長友佑都>スタメン報道で苦言!「どこから漏れたのか、どこから見ていたのか」「あの記事を見て、すごい残念でした」★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530339337/


    【【日本代表】<インテル>日本代表DF長友佑都のガラタサライ移籍を発表】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



     ユヴェントスは27日、バレンシアに所属するポルトガル人DFカンセロが完全移籍で加入することが決まったと発表した。移籍金は4040万ユーロ(約51億5000万円)で、契約期間は2023年6月30日までの5年間。

     現在24歳のカンセロは、2017-18シーズンはレンタル移籍で加入したインテルでプレー。セリエAでは26試合に出場した。インテルとの契約では完全移籍のオプションが盛り込まれ、移籍金は3800万ユーロ(約48億4000万円)に設定されていたが、行使されないことが決定。カンセロを高く評価したユヴェントスが獲得に成功した。

     ユヴェントスはカンセロについて「攻撃力を備えた若きサイドバックが加入した。戦術面での柔軟性が非常に貴重なものであることが、今後のシーズンで明らかになることだろう」と公式HPにて紹介し、期待を寄せている。

    ユヴェントスと5年契約を締結したDFカンセロ [写真]=Juventus FC/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユーヴェ、バレンシアのカンセロを獲得…17-18シーズンはインテルでプレー】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



     ローマがパリ・サンジェルマンからアルゼンチン人MFハビエル・パストーレを獲得したようだ。

     ローマは25日、ローマ市内のフィウミチーノ空港にパストーレが到着したと発表した。イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』によると、移籍手続きはすでに完了しており、メディカチェック完了後すぐ契約締結の正式発表がされるようだ。なお、移籍金は2000万ユーロ(約26億円)になるという。

     パストーレは現在29歳で、早くから注目を浴びてきた逸材。19歳でセリエAでデビューすると、20歳の時にはセリエA最優秀若手選手賞を獲得した。2011年にはフランスの強豪パリ・サンジェルマンから引き抜かれ、2016-17シーズンは同クラブの背番号「10」を身に着けた。今季はリーグ・アンで25試合に出場している。

     なお、ローマは今夏インテルから左サイドバックのイタリア代表DFダビデ・サントン、アヤックスから元オランダ代表FWパトリック・クライファート氏の息子で19歳のユスティン・クライファートを獲得している。

     26日14時7分、記事中に「移籍金は6000万ユーロ(約77億円)」と誤って表記していたのを「2000万ユーロ(約26億円)」と訂正致しました。

    パリ・サンジェルマンからローマへ移籍するハビエル・パストーレ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】PSGのMFパストーレ、ローマへ移籍…移籍金は約26億円か!?】の続きを読む

    このページのトップヘ