Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA


    マラガ、“ガビゴル”を狙う…開幕戦完封負けでストライカーの補強へ | ニコニコニュース



    マラガが獲得を目指すガブリエウ・バルボーザ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     マラガがインテルのブラジル人FWガブリエウ・バルボーザ獲得を目指しているようだ。スペイン紙『アス』が22日付で伝えている。

     “ガビゴル”の愛称で親しまれる同選手は、昨夏のリオデジャネイロ・オリンピックでブラジル代表の金メダル獲得に貢献。大きな期待を受けてインテルに加入したが、欧州挑戦1年目の昨シーズンは9試合出場1得点に終わっていた。

    今夏の移籍市場ではスポルティング(ポルトガル)へのレンタル移籍を巡ってクラブ間での交渉が行われたが、合意に至らず。ガブリエウは今のところインテルでのプレーが続いているが、20日に行われたセリエA第1節・フィオレンティーナ戦ではベンチで試合を見届けた。

     同紙によると、引き続きインテルで苦境にあるガブリエウについて、マラガが獲得を望んでいる模様。マラガの会長を務めるアブドゥラー・アル・サーニ氏の承認次第ではあるものの、インテルとのクラブ間交渉は順調に進んでいるという。

     マラガは21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第1節でMF乾貴士の所属するエイバルと対戦したが、0-1で敗戦。これを受けて、ストライカーの獲得を画策しているとのことだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【マラガ、“ガビゴル”を狙う…開幕戦完封負けでストライカーの補強へ | ニコニコニュース】の続きを読む


    ミラン、“ラスト1人”はバルサMF? 買い取り付きのレンタル移籍か | ニコニコニュース



    生え抜きとしてこれまでバルサでプレーしてきたラフィーニャは兄と同様に新天地を求めることになるのだろうか [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     ミランがバルセロナに所属するブラジル代表MFラフィーニャの獲得に興味を示しているようだ。イタリア紙『カルチョメルカート』が22日付で報じた。

     中国資本の導入により、今夏ここまで大型補強を敢行してきたミラン。先日、フィオレンティーナからクロアチア代表FWニコラ・カリニッチを獲得し、マルコ・ファッソーネCEO(最高経営責任者)は「新しい選手を連れてくることはない」とインタビューで補強終了を示唆していたが、やはり終わりはまだ先のようだ。

     大型補強“ラスト1人”の候補として浮上したのが、今夏バルセロナからの退団の噂が盛んに報じられているラフィーニャだ。

     2011年にプロデビューを果たしたラフィーニャはこれまで48試合に出場しているが、怪我や分厚い選手層に阻まれ、定位置を確保するには至っていない。

     報道によるとミランは、買い取りオプション付きのレンタル移籍での獲得を試みているようだ。バルセロナは未だオファーには答えていないようだが、接触に好印象を持っているとされるラフィーニャと個人的に交渉をスタートさせる考えだという。 

     生え抜きとしてこれまで2013ー14シーズンにセルタにレンタル加入した以外は、すべてのキャリアをバルセロナに費やしてきたラフィーニャだが、現在はバイエルンに所属する兄のスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラと同様に出場機会を求めて新天地へ移ることとなるのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ミラン、“ラスト1人”はバルサMF? 買い取り付きのレンタル移籍か | ニコニコニュース】の続きを読む


    D・コスタはどこへ行く…酒井所属のマルセイユが獲得に本腰 | ニコニコニュース



    新たな移籍先が浮上したD・コスタ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     スペイン代表FWジエゴ・コスタのチェルシー放出が間近に迫っている。当初は古巣であるアトレティコ・マドリードへの復帰が噂されていたが、フランス方面からも関心が報じられた。

     D・コスタは昨シーズン、プレミアリーグ35試合出場22ゴール8アシストをマークし、エースとしてチームを牽引。しかし、指揮官であるアントニオ・コンテ監督との確執が報じられると、アトレティコ・マドリードから獲得の打診が届いた。放出は既定路線だと報じられていたが、母国であるブラジルに帰国してしまったため、交渉が滞っているというのが現実である。

     イギリス紙『イブニング・スタンダード』によると、D・コスタ獲得に興味を示しているのはモナコと、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユだ。モナコは、フランス代表FWキリアン・ムバペの後釜として同選手を狙っている。一方、マルセイユの会長であるジャック・アンリ・エイロー氏は獲得の噂に言及。「私は彼のキャラクターが好きだ。ピッチ上で猛々しくプレーする姿は好意を持てるし、マルセイユにきっと合うはずだ」とコメントした。

     本命のアトレティコ・マドリードは、これまでに2600万ポンド(約36億円)のオファーを提示したが、チェルシーに却下されている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【D・コスタはどこへ行く…酒井所属のマルセイユが獲得に本腰 | ニコニコニュース】の続きを読む


    インシーニェ、バルセロナから興味も「ナポリで良い結果を残したい」 | ニコニコニュース



    ニース戦で2点目のゴールを決めたインシーニェ [写真]=LightRocket via Getty Images
    サッカーキング

     チャンピオンズリーグ(CL)プレーオフのセカンドレグが22日に行われ、ナポリはアウェイでニースと対戦し、2-0で勝利。2戦合計4-0で本戦へ駒を進めた。勝ち抜けを決定付ける2点目を決めたイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが試合後にイタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応えた。

     同選手は「チームが一体となって素晴らしい試合をした。相手は良いチームで、試合は簡単なものではなかった。しかし、僕らは常に一体となり、気持ちが途切れることはなかったよ」と、試合を振り返った。

     さらに、噂にあるバルセロナへの移籍について問われると「このナポリでプレーを続け、良い結果を残したいと思っている。バルセロナは全ての人にとっての夢。しかし、今はこのナポリでプレーすることに関心がある」と語り、ナポリ残留を強調した。

     再び試合を振り返ったインシーニェは「僕らは成熟したところを見せることができた。けれども、次戦のアタランタ戦に向けてすぐに集中しなければならない。昨シーズンは、彼らに苦しめられたからね。僕らはユヴェントスの対抗馬であるということを考えるのではなく、自分たち自身のリーグ戦のことだけを考える必要がある。それはチャンピオンズリーグにも当てはまるものだ。ただ良い結果を出すということだけ。グループリーグ通過に値するものが、決勝トーナメントに勝ち進む」と語っている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【インシーニェ、バルセロナから興味も「ナポリで良い結果を残したい」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ユーヴェに続きトッテナムもケイタを狙う? 約38億円オファーを準備か | ニコニコニュース



    ケイタにはユヴェントスの他にも複数ビッグクラブからオファーが届いていたようだ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     トッテナムがラツィオに所属するセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオの獲得に興味を示しているようだ。21日付でイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。

     現在、ユヴェントスがケイタに対し熱心だとされているが、今夏、思うように補強が進まないトッテナムも獲得に乗り出したようだ。

     ユヴェントスが1500万ユーロ(約19億円)に対し、トッテナムはその倍額となる3000万ユーロ(約38億円)のオファーを準備している模様。

     ケイタには他にもミランやウェストハム、ナポリからもオファーが届いていたようだが、ユヴェントスでのプレーを熱望し、これらをすべて拒否していたようだ。しかし、トッテナムに関しては選手本人がプレー意欲を持っていることで、契約が実現する可能性は十分にあるとみられているようだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ユーヴェに続きトッテナムもケイタを狙う? 約38億円オファーを準備か | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ