Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA


    ミラン監督がストライカー不足にお手上げ!? 「“1億ユーロの選手”はCLを戦いたいものだ」



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    ユベントスに0-2と完敗したモンテッラ監督 「誰かの責任を追及する必要はないが…」

     

     ACミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、ホームで王者ユベントスに0-2の完敗を喫した試合後の記者会見で、ストライカー不足にお手上げと聞こえるような発言を残している。ミラン専門のニュースサイト「milannews.it」が報じている。

     

     ミランはユベントスのストライカーであるアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインに2得点を許して敗れた。イグアインのセリエA通算100ゴールと101ゴールのメモリアル弾を食らって敗れた試合後は、ミランが夏の移籍市場で多くの補強予算を確保しながら、確固たるストライカーの獲得に失敗したことが話題にされた。しかし、モンテッラ監督は現状のミランに有力ストライカーは来てくれないと、お手上げ発言を残している。

     

    「誰かの責任を追及する必要はない。しかし、選手たちは成長していくものだ。ユベントスは昨季、チャンピオンズリーグ(CL)の決勝を戦った。1億ユーロ(約132億円)に見合うような選手はCLを戦いたいと思うものだし、それを勝ち取りたいと考えるものだ。だから、移籍市場に不満足ということはない」

     

     昨季からミランの指揮を執るモンテッラ監督だが、資金難に苦しむなかでリーグ6位に導き、今季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得。チームは4シーズンぶりに欧州カップ戦の舞台に立っている。昨季終盤にはクラブが中国資本へ株式を売却して資金を手にし、今季に向けて多くの選手を補強したが、ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンなど最大の補強ターゲットとされたストライカーたちの獲得にはことごとく失敗した。その原因を、CL出場権がないことに求めている。

     

     

    相手ゴール前で浮き彫りになった決定力の差

     

     ミランはポルトガル代表FWアンドレ・シウバとクロアチア代表FWニコラ・カリニッチの二人をストライカーに据えているが、この試合ではゴール前の決定機で決められなかったカリニッチと、一瞬のスキを突いて2ゴールを奪ったイグアインとの差は明らかだった。

     

     絶対的ストライカーの不在にお手上げモードのモンテッラ監督には、去就問題も浮上している。11試合を終えて5勝1分5敗と勝敗を再び五分に戻したミランが、いかにして得点を積み重ねて勝利を手にしていくのか。モンテッラ監督の手腕が、改めて問われている。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

    【動画】「ミランvsユベントス」のハイライト(動画期限:17年11月28日)

     

     

    「ミランvsユベントス」のハイライト(動画期限:17年11月28日)

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ミラン監督がストライカー不足にお手上げ!? 「“1億ユーロの選手”はCLを戦いたいものだ」】の続きを読む


    PSG流の交渉術!? ミランの至宝GK獲得に60億円未満の“安値オファー”準備と報道!!



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    ネイマールに今夏293億円を費やすも… ドンナルンマ獲得には相場を下回る金額を提示か

     

     フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)は、今夏の移籍市場でブラジル代表FWネイマール獲得に2億2200万ユーロ(約293億円)を費やしたことで話題を呼んだが、イタリア代表の次期守護神とされるACミランの18歳GKに対しては、衝撃の安値オファーを準備しているという。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

     

     PSGがオファーを準備しているとされたのは、ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ。17歳でミランの正GKの座を確保し、今や今季限りでの引退を示唆しているイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの後継者と目されるところまで成長している。

     

     ドンナルンマは今夏に一度は退団を決意したとされたが、クラブからの説得もあり翻意。契約を延長しているが、PSGはドンナルンマ獲得に意欲を見せているという。しかし、そのオファー額は4000万ユーロ(約53億円)から4500万ユーロ(約59億円)と、現在の評判と相場から考えれば衝撃的な安値だという。

     

     当然、ミランはこの低額オファーを検討する間もなく却下すると報じられている。ネイマールの5分の1にも満たない値段で、イタリアの至宝とされる天才GKを確保しようとしたPSGだったが、その目論見はあまりにも見通しの甘いものになった。OKが出るとは思えない金額でのオファー報道には、何か別の狙いが含まれているのだろうか。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【PSG流の交渉術!? ミランの至宝GK獲得に60億円未満の“安値オファー”準備と報道!!】の続きを読む


    ユーヴェが敵地でミランに快勝! イグアインがメモリアル弾含む2ゴール!!



    イグアインの2ゴールでユヴェントスが快勝した [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     セリエA第11節が28日に行われ、ミランとユヴェントスが対戦した。

     立ち上がりはホームのミランが積極的に試合に入ったが、先制したのはユヴェントスだった。23分、ミラレム・ピアニッチから鋭い縦パスを受けたパウロ・ディバラがペナルティエリア手前中央のゴンサロ・イグアインに預ける。これを受けたイグアインがワントラップから右足を振り抜くと、低い弾道のシュートがゴール右下に突き刺さった。イグアインはこの得点でセリエA通算100ゴールを達成した。

     1点を追うミランは前半終了間際の45分、リカルド・ロドリゲスが左から上げたクロスをエリア手前中央のハカン・チャルハノールがヘディングで流す。ゴール前でフリーとなったニコラ・カリニッチがこれをシュートにつなげたが、GKジャンルイジ・ブッフォンが弾いたボールはクロスバーを直撃。こぼれ球をチャルハノールがヘディングでつめたが、DFダニエレ・ルガーニがブロックし、得点とはならなかった。

     後半に入り63分、ユヴェントスは左サイドのクワドォー・アサモアがドリブルで敵陣を持ち上がりエリア手前中央へパスを通す。ディバラがスルーしたボールをイグアインが巧みにコントロールし、右足でシュート。右ポストの内側を叩いたボールがネットを揺らし、追加点となった。

     その後はユヴェントスがうまく時間を使いながら試合を進め、ミランに反撃を許さない。結局このままタイムアップを迎え、ユヴェントスが2-0で勝利を収めた。

     次節、ミランは11月5日にアウェイでサッスオーロと、ユヴェントスは同日にホームでベネヴェントと対戦する。

    【スコア】
    ミラン 0-2 ユヴェントス

    【得点者】
    0-1 23分 ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス)
    0-2 63分 ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ユーヴェが敵地でミランに快勝! イグアインがメモリアル弾含む2ゴール!!】の続きを読む


    もはや“魔法”? アルゼンチン&ブラジル代表が華麗なパス交換、ファン驚愕「天才の共演」



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    スパル戦のウォーミングアップ中にディバラとD・コスタが圧巻の美技を繰り出す

     

     アルゼンチン代表とブラジル代表の天才が華麗なショーを見せた。リーグ7連覇を狙う絶対王者ユベントスは、現地時間25日のセリエA第10節で昇格組のスパルと対戦し、4-1と快勝を収めた。この試合前のウォーミングアップ中にユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとブラジル代表FWドウグラス・コスタが見せた美技が話題となっており、ファンからも賛辞が送られている。

     

     大きな反響を呼んだのは、ディバラが自身の公式ツイッターで公開したプレー動画だ。スパル戦の直前に体を動かしていたディバラとD・コスタは、1メートルほどの間隔でおもむろにリフティングでボール交換を始める。ディバラが左足の甲にボールを乗せ、それを浮かすと同時に素早く足を回してまたぐ形でパス。浮き球を受けたD・コスタも、左足の甲でボールを受けたかと思うと、瞬時に足を回してパスを返し、二人のレフティーが美技を繰り出した。

     

     試合前の遊びにも似たプレーだが、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「どうやってやるの? 練習中の魔法」との見出しで動画を紹介し、「難易度の高いショーを披露した」と称賛。またポルトガル紙「レコルド」も「ディバラとD・コスタが練習で輝いた」と伝えている。

     

     公開された動画にファンもすぐさま反応。「美しい」「驚異的」「マエストロ」と圧巻スキルを称える声が多く並び、アルゼンチン代表とブラジル代表の二人が見せたハイレベルな技に「天才同士の共演」と驚愕するコメントも見られた。

     

     今季からユベントスの10番を背負う23歳のディバラは「至宝」として大きな注目を集める存在であり、ブンデスリーガ5連覇中のバイエルンから今季レンタル移籍したD・コスタも人気上昇中。“南米コンビ”はこれからも、観る者を魅了するプレーを見せてくれそうだ。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

    【動画】ディバラが公式ツイッターに投稿、D・コスタとの華麗なパス交換の瞬間

     

     

    https://twitter.com/PauDybala_JR/status/923454632554303489

    ディバラが公式ツイッターに投稿、D・コスタとの華麗なパス交換の瞬間

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【もはや“魔法”? アルゼンチン&ブラジル代表が華麗なパス交換、ファン驚愕「天才の共演」】の続きを読む


    コンテ慰留を目指すチェルシー、セリエA屈指のFWをリストアップか !?



    チェルシーからの関心が報じられるインモービレ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     チェルシーが、ラツィオに所属するイタリア代表FWチーロ・インモービレの獲得を目指しているという。イギリス紙『サン』が27日付で報じている。

     同紙によると、アントニオ・コンテ監督は今夏の補強出遅れにより、クラブ首脳陣との確執があるという。昨シーズン、同クラブをプレミアリーグ優勝に導いた名将との信頼関係回復を望む首脳陣は、セリエA第10節終了時点で13ゴールを記録し得点ランクトップに君臨するインモービレの獲得を目指しているようだ。

     2019年までの契約を結ぶコンテ監督は、スペイン人FWジエゴ・コスタをアトレティコ・マドリードに放出しFWの枚数に不満を持っていると報じられている。ラツィオは21日にインモービレとの契約を2022年まで延長することに合意したと発表していたが、同紙はプレミアリーグチャンピオンからオファーが届けば移籍する可能性は十分にあるという見解を示している。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【コンテ慰留を目指すチェルシー、セリエA屈指のFWをリストアップか !?】の続きを読む

    このページのトップヘ