Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA



    (出典 the-ans.jp)



    ロサンゼルスギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)が、ヨーロッパ復帰の可能性について言及している。クラブ公式サイトが伝えた。

    ▽世界屈指のゴールゲッターとしてバルセロナミランパリ・サンジェルマン(PSG)といったビッグクラブを渡り歩いたイブラヒモビッチは、2018年3月にマンチェスター・ユナイテッドからロサンゼルスギャラクシーに加入。新天地でも得点力は健在で公式戦27試合22ゴールを記録した。しかし、チームポストシーズン進出を逃し、早々に今シーズンが終了した。

    ▽そのイブラヒモビッチには、最近2010年から2012年まで在籍したミランが連れ戻しに興味を抱いており、すでに半年+1年の契約延長オプションのオファーを提示したことがイタリアメディアによって伝えられた。同選手自身もミラン復帰を希望しているとされ、行方に注目が集まっている。

    ▽しかし、今回イブラヒモビッチは、ヨーロッパクラブからの関心を明かしつつも、「優先事項はギャラクシー」と語り、残留を示唆している。

    クラブは全ての俺の希望と要求を知っている」

    「彼らが何を望むかは彼ら次第だ。しかし、彼らは非常にポジティブで俺にとても親切にしてくれた」

    「彼らはとても助けになり、俺や俺の家族が必要とするものはなんでもやってくれる。みんなとは良い関係にある。俺には何も心配はない言おう」

    「秘密にすることではない。ヨーロッパからの関心はある。ただ、優先事項はギャラクシーだ。俺はここにいるここにいることを幸せに思う」

    ▽また、ロサンゼルスギャラクシーオーナーは、イブラヒモビッチについて以下のように言及している。

    「我々は最初の会談を行っている最中だ。1週間前にシーズンが終わった。我々はとても良い会話を続けてきた。そして、彼らとズラタンとクラブに良い決断を下すことを願っている」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ミラン復帰噂のイブラ「ヨーロッパからの関心はあるが…」】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    CLユナイテッド戦でスーパーゴールを決め、腹筋を見せる独特のセレブレーションを披露

     イタリア王者ユベントスは現地時間7日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節でマンチェスター・ユナイテッドに1-2で敗れた。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが挙げた先制点を生かせず、悔しい逆転負けとなったがCL公式インスタグラムロナウドゴールパフォーマンスで見せた“腹筋誇示”の瞬間を公開。「美しきシックスパック」「想像を絶する男」と反響を呼んでいる。

     ロナウドは0-0で迎えた後半20分、試合の均衡を破るスーパーゴールを見せた。ハーフウェーライン付近からユベントス最終ラインイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが前線へロングパスを供給すると、ペナルティーエリア内に走り込んだロナウドは落下地点をいち早く察知。トップスピードで走りながら背後からのボールダイレクトで合わせ、強烈な一撃をユナイテッドゴールに突き刺した。

     これにはユナイテッドスペイン代表GKダビド・デ・ヘアも全く反応できず。ロナウドユベントス移籍後初となるCLでのゴールで、得点後にはユニフォームをまくり、自慢のシックスパックを披露するセレブレーションで笑顔を見せた。

     CL公式インスタグラムはこの“腹筋誇示”の決定的瞬間を収めた写真を公開。まくり上げたユニフォームの下には、綺麗に6つに割れた筋肉隆々の腹筋がのぞいている。その背後には、フランス代表MFブレーズ・マテュイディが爆笑している姿が映っており、“笑撃”の絵文字を添えている。

     投稿は公開から9時間で「いいね」が160万、コメントも1万1000件を突破。ファンからの感嘆の声で埋め尽くされている。

    「なんて肉体だ」
    「美しきシックスパック」
    ロナウドのような腹筋がほしい」
    「想像を絶する男」
    「彫刻のようだ」
    「彼はマシンだ」

     ユベントスはその後2点を献上してユナイテッドに逆転負けを喫したが、ロナウドスーパーゴールとともに自慢のシックスパックが大きな注目を集めている。


    Football ZONE web編集部)

    ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウドは「彫刻のようだ」 歓喜の“腹筋誇示ショット”に反響「想像を絶する」】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



    古巣相手の超絶ボレー弾で称賛浴びる

     海外サッカーイタリア1部ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが古巣を相手に衝撃のゴラッソを叩き込んだ。現地時間7日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節、マンチェスター・ユナイテッド戦で背後からのロングパスを、そのままボレーで叩き込む離れ業を披露。チームは1-2で逆転負けを喫したが、半端ない一撃に英放送局は「素晴らしいゴール」と拍手を送っている。

     こんな離れ業ができる選手はそうそういない。ロナウドが古巣相手にスーパーな一撃だ。後半の20分。ユベントスイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチがハーフライン付近から、前線へロングパスを送った。この正確なボールの行き先は、エリア内に走り込んだロナウドスピードを落とすことなく、後方からのボールダイレクトボレー。強烈な一撃をゴールネットに突き刺した。

     技術の凝縮された一撃を、英放送局「BBCスポーツ」も「クリスティアーノ・ロナウドは故郷相手に素晴らしいボレーシュートを決めた」と称えている。

    レオナルド・ボヌッチが後方からロングパスを入れ、肩の上から来るボールを見続けながらダビド・デ・ヘアが守るゴールに見事なボレーシュートを叩きこんだ」

     しかし逆転負けを喫したことで、「いつも起こるように、ロナウドが古巣のマンチェスター・ユナイテッド相手にユベントス移籍後のCL初ゴールマークしたが試合に勝利する事はできなかった」と伝えている。(THE ANSWER編集部)

    ユベントスでCL初ゴールを決めたクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【欧州CL】やっぱり半端ないC.ロナウド、後ろ向きのボールを…衝撃弾に英BBC称賛「素晴らしい」】の続きを読む

    DFD6817A-75D7-418D-BF2D-193D88E048BE

    [7日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は7日、1次リーグの試合を行い、H組ではマンチェスター・ユナイテッドマンUイングランド)がユベントスイタリア)に敵地で2─1の勝利を収めた。

    ユベントスは後半20分にクリスティアノ・ロナルドが先制ゴールを決めたが、マンUは同41分にフアン・マタが同点ゴールを決めると、同45分にはオウンゴールで勝ち越した。この結果、ユベントスは勝ち点9で首位を守ったが、マンUが同7で2位。バレンシアスペイン)はヤングボーイズ(スイス)に勝利し、同5の3位に続いた。

    E組ではバイエルン・ミュンヘンドイツ)がホームでAEKアテネ(ギリシャ)に2─0で勝利して勝ち点を10に伸ばして首位。ベンフィカポルトガル)と敵地で引き分けたアヤックスオランダ)が同8の2位に続いた。

     11月7日、サッカーの欧州CLは1次リーグの試合を行い、H組ではマンチェスター・ユナイテッドがユベントスに敵地で2─1の勝利を収めた。写真は同点ゴールを決めたマンUのフアン・マタ(2018年 ロイター/Stefano Rellandini)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【欧州CL】マンUが土壇場ゴールでユベントスに逆転勝利】の続きを読む



    (出典 zunzunblog.net)



    「私は噂を上手く取り扱うことができない」 “アーセナルライン”でミラン招聘の噂も…

     昨シーズン限りでアーセナルを去ったアーセン・ベンゲル氏は、長年ロンドンの首都クラブを率いたのちでも“隠居生活”とならず、今後も指導者として辣腕を振るうのではと世界各国のメディアから注目を集めている。そんななか、フランスメディアACミランの監督就任の可能性を報じたが、ベンゲル氏は「フェイクニュースだ」と一蹴した模様だ。

     発端はフランスサッカー専門誌「フランスフットボール」の報道だ。アーセナルの最高経営責任者(CEO)であるイヴァン・ガジディス氏が12月1日付でミランCEOに就任することが発表され、“アーセナルライン”でミランが招聘に動くのではという記事が掲載された。これに対して、ベンゲル氏はスポーツ専門放送局「ビーイン・スポーツ」の取材に、余裕を感じさせるユーモアで返している。

    「私が言えるただ一つのことは、それが“フェイクニュース”だということだ。もし私がどこかと契約したら、皆さんにお伝えするよ。とにかく(ミランについての報道は)間違いだよ。私は噂を上手く取り扱うことができない。自分の人生を生きることだけしか、上手くやれないよ」

     アーセナル在任時に3度のプレミアリーグ優勝、7度のFAカップ優勝を果たしたベンゲル氏は22年にもわたる蜜月に終止符を打った。新たなクラブの候補として欧州各国トップリーグに加えて、かつて名古屋グランパスエイトで指揮を執ったことから日本も噂に挙がるなど引く手あまたの状況だが、ベンゲル氏は次のように断言している。

    「何度も言っているが、同じクラブでこれだけ長い期間過ごしてきたので、他のイングランドクラブに行くことは最善ではないだろう」

     69歳の今も指導者としての情熱はいささかも衰えていない。様々な憶測が飛び交うなか、ベンゲル氏はどのような決断を下すのだろうか。


    Football ZONE web編集部)

    ベンゲル氏は、ACミラン監督就任報道を否定したようだ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】名将ベンゲル「フェイクニュースだ」と一蹴 仏誌発の“ミラン監督就任報道”を否定】の続きを読む

    このページのトップヘ