Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA


    吉田所属のサウサンプトンが今夏2人目の補強へ ユーベからガボン代表MF獲得で合意 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    中盤センターが本職の23歳のレミナ、移籍金23億円と英メディア報じる

     

     日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンが、イタリア王者ユベントスからガボン代表MFマリオ・レミナの獲得で合意に達したと、英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。サウサンプトンは移籍金としてまず1600万ポンド(約23億円)を支払い、成果ボーナスなどを含めて最大2000万ポンド(約29億円)の取引になると見られている。

     

     レミナは2012年にフランスのロリアンでデビューし、13年にはフランスの名門マルセイユへ移籍。そこでブレークを遂げると、15年にユベントスへ期限付き移籍し、翌年には完全移籍となった。

     

     現地時間7日にメディカルチェックを行う見通しで、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督はレミナの移籍を容認しているという。

     

     23歳と伸び盛りのレミナだが、タレント豊富なユベントスでは出番が限られていた。中盤センターを本職として攻守に貢献できるボックス・トゥ・ボックスタイプの選手で、イタリアメディアではポール・ポグバの後継者として期待されていると報じられることもあった。マウリシオ・ペジェグリーノ新監督が就任したサウサンプトンにとっては、今夏2人目の新戦力となる。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【吉田所属のサウサンプトンが今夏2人目の補強へ ユーベからガボン代表MF獲得で合意 | ニコニコニュース】の続きを読む


    イブラ&ファルカオも諦めていない! 大型補強のミランCEOが大物ストライカー獲得に自信 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    ファッソーネCEOが伊メディアに語る 「我々はまだ焦っていない」

     

     今夏のヨーロッパサッカー移籍市場でメーンキャストの一つとなっているのが、イタリアの名門ACミランだ。ユベントスからイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを引き抜くなど精力的な動きを見せるなかで、マルコ・ファッソーネCEOは元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとコロンビア代表FWラダメル・ファルカオの獲得も諦めていないとしている。

     

     ミランはパチューカに去った日本代表FW本田圭佑の後釜の10番として、トルコ代表MFハカン・チャルハノールらを獲得。インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)ではブンデスの絶対王者バイエルン・ミュンヘンを4−0で粉砕するなど、近年の停滞ぶりを吹き飛ばしそうな予感を漂わせている。

     

     中国資本をバックに豪華補強を繰り返しているファッソーネCEOが、イタリア放送局「メディアセット」の取材に応じ「我々はまだ焦ってはおらず、多くの選手を観察している段階だ」と、まだ見極めの段階であることに触れつつ、こうも話している。

     

    「多くの名前はすでに取り沙汰されているが、我々にとって緊急性を要するものはない。今はどの名前についても明言しないが、彼らについても否定するつもりはない」

     

     

     

    「我々は一つの“弾丸”しか持ってないので…」

     

     彼らとは、欧州で長年実績を残しているイブラヒモビッチとファルカオだ。イブラヒモビッチは昨季終盤戦で負傷した膝のリハビリ中で本格復帰は2018年にずれ込む見通しだが、その決定力は昨季のマンチェスター・ユナイテッドでも示しており、かつて在籍した経験もあるためミラニスタから絶大な支持を受けることが予想される。またファルカオも18歳の新鋭FWキリアン・ムバッペとともに、モナコで強力2トップを形成し、その実力にはいまだ陰りがないことを証明している。

     

    「彼らは潜在的な候補者だ、たとえ我々が他の選手に近づいたとしてもね。我々は一つの“弾丸”しか持ってないので、しっかりと標的を捉えないとね」

     

     ファッソーネCEOはこのように語っている。チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタらの名前も獲得候補に浮上するなか、ロッソネロ復権のために、じっくりとメルカート(移籍市場)の趨勢を見極めて大物ストライカーをターゲットに捉える――。その言葉には、確かな自信が込められているようだ。

     

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【イブラ&ファルカオも諦めていない! 大型補強のミランCEOが大物ストライカー獲得に自信 | ニコニコニュース】の続きを読む


    バルサ、ディバラ獲得へまさかの主将譲渡? 117億円+イニエスタでオファーと伊紙 | ニコニコニュース



    バルセロナがディバラ獲得へイニエスタを譲渡? [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     バルセロナはアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラを獲得し、強力3トップを維持するために生え抜きの主将を差し出す可能性があるようだ。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が5日に報じている。

     パリ・サンジェルマンへと移籍したブラジル代表FWネイマールの代役としてディバラの獲得を狙っているとされるバルセロナ。同紙によると、スペインメディアで行われたアンケートでもファンからトップの得票を集めたディバラ獲得へ向けて、1億2000万ユーロ(約156億円)のオファー、もしくは9000万ユーロ(約117億円)+スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの譲渡、という2つのオファーを検討しているという。

     イニエスタとバルセロナの契約は満了まで1年を切っており、契約更新の交渉は停滞している。イニエスタは5月に「バルセロナで終わらない可能性もある」と発言。ユヴェントスからの関心が報道されていた。

     同紙はユヴェントスのゼネラル・マネージャーを務めるジュゼッペ・マロッタ氏の「ディバラは売らない」という発言を紹介し、ディバラ引き抜きの可能性は低いと予測している。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バルサ、ディバラ獲得へまさかの主将譲渡? 117億円+イニエスタでオファーと伊紙 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ローマ、マフレズ獲得交渉は難航…モンチSD「状況は変わらない」 | ニコニコニュース



    ローマが獲得を狙っているレスターMFマフレズ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     ローマのスポーツディレクター(SD)を務めるモンチ氏が、獲得を目指しているレスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズについて言及。「状況は変わっていない」と、獲得交渉が難航していることを明かした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が4日に報じている。

     ローマは今夏の移籍市場でマフレズ獲得を目指し、2度に渡ってオファーを提示。しかし、いずれもレスターから断りを入れられている。7月31日付のイギリス紙『ミラー』によれば、2度目のオファーは移籍金3500万ユーロ(約45億8000万円)という条件だったが、レスター側は受け入れなかったという。

     そして今回の報道では、モンチSDがマフレズ獲得交渉が難航していることを明かした。同SDは「マフレズに関する状況は変わっていない」とコメント。以下のように続けている。

    「マフレズなのか、他のどの選手が来るのかはわからない。誰が来るにせよ、その選手は“ビッグプレイヤー”であるはずだ。すでに素晴らしいスカッドがある。そこにクオリティーをもたらすことができる選手だ」

     果たして、ローマはマフレズをメンバーリストに加えることができるだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ローマ、マフレズ獲得交渉は難航…モンチSD「状況は変わらない」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    “チャイナ・ミラン”が中国で一大事業 思い描く壮大な計画「ミラン・ビレッジ」とは? | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    中国でのブランド発展へ、スタジアム、ホテル、ミュージアムなどを併設するプラン

     

     ユベントスからイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを獲得するなど、移籍市場に2億1000万ユーロ(約273億円)を投じる大型補強を敢行したACミランは、中国で一大事業を展開する準備を進めているという。イタリア紙「ラ・レプブリカ」が報じている。

     

     ミランの株式99%を取得した中国企業グループの代表であるリー・ヨンホン氏は、チャイナマネーでチームを一新する一方で、中国でミランブランドを発展させることで、収益アップにつなげようとしているようだ。

     

     記事によれば、その名も「ミラン・ビレッジ」。中国国内にホテル、ミュージアム、レストラン、スタジアム、ユース専用のピッチ、医療センター、ビデオ解析センターなどを併設するプランだという。

     

     同紙は中国サッカー界が2030年にワールドカップを開催し、50年までに優勝というスローガンを掲げるなか、中国市場におけるミランブランドを強化させようという壮大な計画を立てているのだと記している。

     

     昨季まで日本代表FW本田圭佑(現パチューカ)が所属し、日本がアジアにおける主なマーケットだったが、ミランは「中国市場狙い」に完全に切り替えたようだ。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“チャイナ・ミラン”が中国で一大事業 思い描く壮大な計画「ミラン・ビレッジ」とは? | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ