Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA



    (出典 f.image.geki.jp)



    UEFAによる「2017-18シーズン年間ベストゴール」に選出

     海外サッカーイタリア1部ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドインスタグラム更新。自身のスーパーバイシクル弾が、欧州サッカー連盟UEFA)による「2017-18シーズン年間ベストゴール」に選出されたことを受け、喜びと感謝をつづっている。

     まさに歴史に残るスーパーゴールだ。スペイン1部レアル・マドリード所属として臨んだ、昨季UEFAチャンピオンズリーグCL)準々決勝のユベントス戦。衝撃の一撃が生まれたのは、1-0で迎えた後半19分だった。

     右サイドからエリア内に侵入したDFダニエル・カルバハルは右足でふわりとした浮き球を中央に送った。これに反応したのがロナウドだ。落下地点はゴール前に位置していた背番号7より後方だった。すかさず戻りながらボールを受ける。しかし、ゴール背中を向けた状態。いったん、トラップか──。そう思った間、世界最高ストライカーは信じられない動きを見せた。

     右足で踏み切ると、中で反動をつけ、そのままオーバーヘッドを放ったのだ。強シュートゴール右隅へ。予期せぬ体勢から放たれたシュートGKも一歩も動けない。ゴールネット快に揺れた。一気に熱狂に沸くスタジアム。相手ディフェンスが呆然と立ち尽くすなか、ロナウドは立ち上がると、両手を広げて駆け出し、然と己のスーパーゴールを誇示した。

    ロナウド感謝投票してくれた全ての人ありがとう

     ロナウドは、4月3日のこの衝撃弾を自身のインスタグラムで再び開。「投票してくれた全ての人ありがとう。この特別な間とファンの反応は忘れることはないでしょう。UEFA年間ベストゴール」とつづり、喜びとサポーターへの感謝をつづっている。

     何度見ても芸術品なオーバーヘッド弾には、称賛のコメントが殺到している。

    素晴らしい
    「これはベストゴールだ」
    歴史に残る」
    チャンピオンズリーグでもベストだ」
    クリスティアーノなら普通だ」
    「偉大な仕事だ、レジェンド
    「あなたはシンプルベストだ」
    リスペクト

     ロナウド開した動画は約半日で再生回数が驚異の1400万回を突破。衝撃の大きさは今なお残っている。(THE ANSWER編集部)

    クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C.ロナウド、“伝説バイシクル弾”の年間ベストゴール選出に感謝 「忘れることない」】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    欧州サッカー連盟(UEFA)は28日、2018年の『UEFA Goal of the Season(UEFA最優秀ゴール)』を発表し、今年4月3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグユベントスvsレアル・マドリーポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めたスーパーバイシクルが選出された。

    先日にUEFAテクニカルアドバイザーによって選出された11の補から『UEFA.com』のユーザー投票によって選出された2018年の『UEFA Goal of the Season』。そして、総評数34万6915票の中から20万票(19万7496票)という驚異的な得票数を獲得したのが、C・ロナウドスーパーバイシクルだった。

    世界衝撃のゴールは1-0でアウェイのマドリーがリードしていた64分に生まれる。ボックス右でボールを持ったDFダニエル・カルバハルが浮き球のクロスを入れると、これをボックス中央のC・ロナウドが驚異的な跳躍ボールの芯を捉える見事なインパクトで右足の強バイシクルシュートゴールネットに突き刺した。

    現在、そのスーパーゴールを決めたユベントスC・ロナウドプレーしているとは、その当時には全く予想できないことだっただろう。

    また、惜しくもC・ロナウドには及ばなかったものの、3万5558票を集めて2位に選出されたのはマルセイユフランス代表MFディミトリ・パイエがヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグRBライプツィヒ戦で決めたゴール。FWフロリアン・トヴァンとのパス交換でゴール前に侵入したパイエは、巧みな跨ぎフェイントと切り返しから右足アウトにかけた絶妙なシュートを突き刺す、テクニシャンに相応しい一発だった。

    3位には2万3315票を集めたU-17女子スペイン代表FWエバ・ナバーロのU-17女子欧州選手権決勝のドイツ戦で決めたゴール。先日のU-20女子ワールドカップ決勝でヤングなでしこを苦しめたエバは、鋭い縦への突破からボックス付近で2人のDFをカットインでかわし、最後は相手GKをあざ笑うかのようなループシュートを流し込んでいた。

    C・ロナウドスーパーバイシクルを色んな度からご覧あれ!
    https://www.youtube.com/watch?v=Nt8198a0acA

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】2018年のUEFA最優秀ゴールはC・ロナウドのスーパーバイシクル!】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ロナウドがファーガソンに謝意 「僕が尋ねるたびに、彼はなんでも僕に教えてくれた」

     今夏ユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、自身のプレースタイルを変えるきっかけを与えた存在として、マンチェスター・ユナイテッドで共闘した伝説の名将サー・アレックス・ファーガソン氏の名前を挙げた。英紙「デイリー・メール」が報じている。

     ロナウドは2003-04シーズンに、母国のスポルティングCPからユナイテッドへと移籍した。当時、18歳の若さでファーガソン氏からクラブのエースナンバーである背番号「7」を与えられ、大きな話題を呼んだ。06-07シーズンにプレミア年間最優秀選手に選出されると、07-08シーズンでは連続受賞に加え、リーグ得点王に輝く。そして、2008年度のバロンドールを受賞した。

     瞬く間にスターダムを駆け上がったロナウドだが、自身のプレースタイルを変えるきっかけを与えてくれた人物こそが、その恩師であったことをこう口にした。

    「もちろん、僕のキャリアのスタートを語る上で彼の存在は非常に大切だ。当初、僕がスポルティングからユナイテッドに加入した時、まだポルトガル人のメンタリティーだった。シザースが多すぎで、ベストな判断を行えていなかった。だから、ファーガソンがどうプレーするのかを教えてくれたんだ。プレミアリーグのDFは、そう簡単に打開できない。彼らはタフだからね。僕が彼に何度も尋ねるたびに、彼はなんでも僕に教えてくれた。彼は僕にとって父親だった。ユナイテッドでは多くの場面で手を差し伸べてくれた」


    世界最高の選手となった今も色褪せない思い出と教え

     加入当時のロナウドは、生粋のウインガー然としたプレーヤーだった。ワイドでボールを受け、1対1を仕掛ける独善的なスタイルだったが、ボールロストも多く、好不調の波も激しかった。そんなロナウドを、ファーガソン氏は徹底指導でプレミア史上最高の選手の一人へと仕立てた。10年以上が経過した今でも、ロナウドはその時の恩を忘れていないようだ。

     09年に加入したレアル・マドリードでは4度のバロンドールを受賞し、世界最高の選手として今もトップに君臨し続けている。今季からユベントスへと活躍の場を移したが、ファーガソン氏と過ごした思い出とその教えは、ロナウドの中で色褪せることはないはずだ。


    (Football ZONE web編集部)

    (左から)ファーガソン氏、クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】若きC・ロナウドを変えた恩師ファーガソンの教え 「彼は僕にとって父親だった」】の続きを読む



    (出典 img.footballchannel.jp)



    『Le10Sport』は23日、「ACミランはPSGのフランス代表MFアドリアン・ラビオの獲得を検討している」と報じた。

    今夏のマーケットでラツィオのセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチを獲得しようとしていたものの、経済的な問題で失敗していたミラン。

    その代わりにチェルシーからティエムエ・バカヨコを獲得して中盤を強化したが、さらに補強を行いたいという意思を持っているようだ。

    記事によれば、ミランのフロントスタッフとなったレオナルド氏とパオロ・マルディーニ氏は、数週間アドリアン・ラビオの代理人と交渉を行ってきたという。

    もちろんレオナルド氏はかつてPSGのディレクターとして働いていた経験があり、ラビオとは旧知の仲である。

    ラビオは現在PSGとの契約更新を拒否しており、このままであれば今季終了時にはフリーエージェントとなる。そのため冬のマーケットで売却される可能性も示唆されている状況だ。

    ラビオにはユヴェントスやローマ、レアル・マドリー、バルセロナなども関心を抱いているとのこと。

    PSGは年間720万ユーロ(およそ9.3億円)という巨大な給与を提示しているが、メディアでは「他のクラブは年1000万ユーロ(およそ12.9億円)を提示できる」と伝えている。

    あとはラビオの曲者代理人として知られる母ヴェロニクがどうするか…。

    PSGと契約延長拒否のラビオ、ミランと交渉中か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】PSGと契約延長拒否のラビオ、ミランと交渉中か】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    レアル時代にフィットネスコーチを務めたマウリ氏、フィジカル能力が傑出していたと証言

     今夏ユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。鍛え上げられた肉体と、それに裏付けされた並外れたフィジカル能力を生かし、33歳にしてサッカー界をけん引している。かつてロナウドを指導したフィットネスコーチのジョバンニ・マウリ氏は、「一緒に働いたバロンドール受賞者の中でも最もパワフル」と絶賛している。

     マウリ氏はカルロ・アンチェロッティ監督の率いた当時のレアル・マドリード(2013~15年)でフィットネスコーチを務めた。ミランやチェルシー、バイエルン・ミュンヘン、パリ・サンジェルマンでもアンチェロッティ監督のチームスタッフとして働き、多くのスター選手を見てきた同氏は、その中でもロナウドのフィジカル能力は傑出していたと伊紙「トゥットスポルト」で明かした。

    「私がこれまで一緒に働いた7人のバロンドール受賞者の中で、マルディーニも受賞に値する選手だったから、彼も含めて8人と言ってもいいかもしれないが、クリスティアーノはその中で最もパワフルだよ。彼の加速は信じられないほどで、止まった状態からわずか数秒で時速34キロに達することができるんだ」

     マウリ氏によれば、ロナウドは元ブラジル代表MFカカーや元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ、元イタリア代表DFパオロ・マルディーニら歴代のスターを凌ぐ驚異の身体能力を持つという。

     また、同氏は「彼は自分のことを完璧に理解しているスポーツマンだ。自分自身のパーソナルトレーナーのようなものだ」と語っている。ロナウドは食事管理から試合後の入浴、疲労回復のためのサウナまで徹底した体のケアを怠らず、その肉体を維持。その徹底ぶりはフィジカルのプロであるフィットネスコーチも脱帽するほどのようだ。


    (Football ZONE web編集部)

    ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウド指導のフィットネスコーチが絶賛 「一緒に働いたバロンドール受賞者で最もパワフル」】の続きを読む

    このページのトップヘ