Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    代理人シュリーパー氏は、レアルがタグリアフィコをリストアップしていると明言

     レアル・マドリードブラジル代表DFマルセロは、来季からイタリア王者ユベントスへ移籍するという報道が絶えない。そして、その噂を裏付ける言葉が意外なところから発信された。イタリアサッカー専門サイトカルチョメルカート・コム」などは、アルゼンチンの地元ラジオ局でアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(アヤックス)の代理人が行った発言を報じている。

     現在オランダの名門アヤックスで活躍するタグリアフィコの代理人、リカルド・シュリーパー氏は、アルゼンチンラジオ番組「ラジオ・リバダビア」に出演すると、マルセロの動向とタグリアフィコへのオファーについてこう語った。

    レアルの獲得リストにタグリアフィコの名前があるとはよく言われている。それは、マルセロがユベントスに行くことになっているからだ。まだ、私のところに正式オファーは届いていないが、多くのクラブから問い合わせはある。アヤックスとの契約は2年残っているが、アヤックスは欧州のビッグクラブからのオファーに対しての違約金を設定している。言えるのは、そのなかにスペインビッグクラブが含まれているということだ。彼にとってステップアップの時期が来ている」

     シュリーパー氏はマルセロのユベントス行きが既定路線であると明言。そのうえで、レアルが26歳のタグリアフィコ獲得へ動くことを示唆している。

     イタリアスペインの両国で加熱するマルセロの移籍報道だが、今回はアルゼンチンから“別の選手の代理人”という意外な人物からの発言が報じられた。ユベントスでは今季加入のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、マルセロとの再タッグを熱望しているとも言われているが、マルセロはイタリアに活躍の場を移すことになるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    レアルのDFマルセロ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】マルセロのユベントス移籍は既定路線? アルゼンチン代表DFの代理人が舞台裏を暴露】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマが、自身を取り巻く変化について語っている。『フランスフットボール』で語られた内容を、スペインマルカ』が抜粋した。

    シーズン、ここまでの公式戦40試合で20ゴール7アシストを記録しているベンゼマ。その成績はチームトップであり、公式戦47試合12ゴール11アシストで終えて得点力不足を批判されていた昨シーズンと比較すれば、倍のペースネットを揺らしている。

    転機となったのは、やはりFWクリスティアーノ・ロナウドが昨夏にユベントスに去ったことだろう。今シーズン序盤はスコアラー不在とも言われていたマドリーだが、C・ロナウドチャンスを提供することの多かったベンゼマストライカーの役割を果たし始め、徐々にチーム自体も上向いている。

    フランスフットボール』のインタビューに応じたベンゼマは、C・ロナウド退団前後の自身の役割に言及。その成績が表すように、現在ではストライカーとしての自負が芽生えているようだ。

    「今の僕は攻撃のリーダーだ。以前はクリスティアーノ(・ロナウド)のためにプレーしていたけどね」

    「より多くのゴールを決めてもらうために、僕はいつも彼を探していた」

    「それは(主役ではなく)背景としてのプレーを意味していた。でも、今は得点への意欲を示すかどうか自分次第なんだ」

    昨年末には「フットボールゴールに関して新たなカリムが居るというのは本当だ」とコメントし、“ニューカリム”を自称していたベンゼマ。その言葉通り、今シーズンは生まれ変わった姿を見せている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】CR7不在で“ニュー・カリム”誕生 ベンゼマ「以前は彼のためにプレーしていた」】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    ビタミンDのために日光浴!? ロナウドが鍛え上げられた腹筋の写真をSNSアップ

     ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは今季、セリエA初挑戦となるシーズンを戦っているが、得点ランキングで首位を走るなど、その実力を如何なく発揮している。現地時間3日のリーグ第23節で2位ナポリとの大一番を控えるなか、自身の公式インスタグラムを更新。日光浴をするセルフィー写真を投稿すると、鍛え上げられた上半身に「CR7は神だ」「どうやったらああなれるんだ」と驚きの声が上がっている。

     9年間エースに君臨したスペインの名門レアル・マドリードを離れ、イタリア王者ユベントスに新天地を求めたロナウド。開幕3試合こそ得点を奪えなかったものの、その後はゴールを量産し、25試合消化時点でリーグ1位の19得点に加え、10アシストも記録するなど首位を走るチームを牽引している。

     3日には2位ナポリとの大一番を控えるなか、ロナウドは26日に自身の公式インスタグラムを更新。「ビタミンD セルフタイム あははは」と、サムアップ絵文字3個とともに1枚の写真をアップした。

     そこには、自宅のバルコニーと思われる場所で日光浴をするロナウドの姿が写っていた。写真には巨大なピアノや広大なリビングなど目を引くものが多数見えるが、やはり強烈なインパクトを残すのがその鍛え上げられた上半身で、腹筋は綺麗に割れている。紫外線を浴びることで体内でビタミンDが生成されると言われており、ロナウドは「ビタミンD セルフタイム」と綴ったようだ。

     投稿は公開から半日足らずで600万を超える「いいね!」がつけられ、ファンからは「美しい筋肉美」「なんて腹筋だ」「CR7は神だ」「スーパークリスティアーノ」「キングの中のキング」「どうやって鍛えたらああなれるんだ」と驚きの声が上がった。

     3日に行われるナポリとの一戦でも、ロナウドは大いに暴れてくれそうだ。(Football ZONE web編集部)

    ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウド、驚異の上半身が覗く日光浴姿に反響 「CR7は神」「なんて腹筋だ」】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)



     2月25日に20歳の誕生日を迎えたジャンルイジ・ドンナルンマ。生ける伝説のジャンルイジ・ブッフォンの後継者として、イタリア代表のゴールマウスを守る姿はすっかりと板についてきた。ミランでも数々の記録を打ち立て、ベテランのような風格を醸し出し、スーパーセーブゴールを死守している。驚愕の20歳はこれまでどのような足跡を残してきたのか。幼少期から、これまでの記録を振り返りたい。

    ◆【1】ブッフォン2世の誕生

    1999年2月25日ナポリ近郊の海辺に面した風光明媚な街、カステッランマーレ・ディ・スタービアで生まれる。奇しくも、昨年限りでイタリア代表を退いたジャンルイジ・ブッフォンと同じ名前を持つが、世紀のGKに敬意を表して名付けられたもの。

    ◆【2】GK輩出の街

    元ユーヴェスタビアGKのおじ、エンリコ・アルファの勧めで地元クラブ、ASDクラブナポリサッカースタート。9歳上のアントニオ、現ローマのアントニオ・ミランテ、元ナポリのジェンナーロ・イエッツォ、元パルマアルフォンソ・デ・ルーカなど数々のプロGKを育てた名伯楽、エルネスト・フェッラーロGKコーチに指導を受ける。このうち、アントニオ、ミランテ、イエッツォはドンナルンマと同じカステッランマーレ・ディ・スタービアの出身。まさにGK輩出の街で育てられた。
    ASDクラブナポリの会長、チーロ・アモーレは、ドンナルンマの幼少期をこう振り返る。「常に2歳上の子ども達とプレーしていた。その中では、背が高いこともあって、年下だとは思われていなかった」

    ◆【3】ミラン移籍

    14歳の時、インテルの育成部門の責任者ロベルト・サマデンが直々にスカウトに訪れ、インテルへの移籍に迫った。ASDクラブナポリアモーレ会長とドンナルンマの両親がミラノに赴きサインをする。しかし、現代理人のミーノ・ライオラのいとこ、エンツォが当時のミラン副会長だったアドリアーノ・ガッリアーニに進言。「獲得の機会を逸してはならない」と話し、より具体的なオファーを提示したミランへの移籍が正式に決定することとなった。この時の移籍金が25万ユーロ(約3100万円)と言われている。

    ◆【4】飛び級と特例ベンチ入り

    入団してすぐはジョヴァニッシミ(U-15)に所属したが、アッリエーヴィ(U-17)、さらには、トップチーム直下のカテゴリー、プリマヴェーラへと瞬く間に飛び級を果たす。14-15シーズンには、フィリッポ・インザーギ監督の招集によりFIGC(イタリアサッカー連盟)特例の下(通例はセリエA出場は16歳以上)、15歳と11カ月でベンチ入り。16歳になるや否や、プロ契約を締結した。

    ◆【5】セリエAデビュー

    15-16シーズンを控えた15年夏にはトップチームに定着。メディアにも度々、持ち上げられ、大きな話題となる。この時すでに、1メートル96センチもの身長があった。そして、10月25日のサッスオーロ戦で、ディエゴロペスクリスティアン・アッビアーティを出し抜き、セリエA初出場。シニシャ・ミハイロヴィッチ監督によって先発メンバーに抜擢され、16歳と8か月と6日での出場は、トップリーグではミランのGKとしてジュゼッペ・サッキ(1942年10月25日16歳と7か月と24日でデビュー)に次いで2番目に若い年齢でのデビューとなった。父、アルフォンソはデビュー戦後に感極まって涙した息子について「ゴール裏を振り返り、同年代の仲間がボールボーイをしているのを見て、15日前は彼らと一緒だったんだと思い起こした」と語っている。そして翌年1月31日にはインテル戦にも出場。こちらはミラノ・ダービーに最も若い年齢で先発出場した選手と記録されている。

    ◆【6】GKとしてのイタリア代表最年少記録を樹立

    イタリア代表でも飛び級で招集がかかる。17歳と28日でU-21代表デビュー2016年3月24日に行われたU-21欧州選手権予選のセルビア代表戦に出場し、同代表最年少出場を記録した。そして、その161日後にはA代表でも出場を果たす。 9月1日フランス代表とのテストマッチブッフォンとの交代で途中出場し、GKとしての同代表最年少記録を樹立した。また、18歳31日での先発出場も記録となっている。ブッフォンの代表初出場が19歳の時だったことからも、ドンナルンマの凄さが改めて思い知らされる。

    ◆【7】史上最速でセリエA100試合出場

    3年目の昨シーズン4月15日ナポリ戦で早くもセリエA100試合出場を成し遂げた。19歳と49日での100試合出場は史上最も早い記録となった。ブッフォンは21歳と100日で達成していた。セリエA最多出場はパオロ・マルディーニの持つ647試合で、ブッフォンが続き640試合、3位はフランチェスコ・トッティの619試合となっている。ドンナルンマがこのままケガなく、セリエAプレーし続けることとなれば偉大な先人たちの記録を破ることも可能だ。

    ◆【8】セリエAイタリア人選手最高給

    2017年夏には契約更新を巡って退団の噂が強まり、サポーターからも懐疑的な目で見られる事態に発展したが、その後はミランへの忠誠心を示し事態は収束。2021年6月30日までの4年契約を結んでいる。その際に締結された年俸が600万ユーロ(約7億5000万円)というから驚きだ。セリエAの年俸ランキングではクリスティアーノ・ロナウドユヴェントス)の3100万ユーロ(約39億円)が他の追随を許さず1位に輝くが、2位のパウロ・ディバラ(ユヴェントス)の700万ユーロ(約8億8000万円)とは100万ユーロ差。昨シーズンまでチームメイトだったレオナルド・ボヌッチ(550万ユーロ=約6億9000万円)を上回りイタリア人選手としては堂々の1位となっている。これは敏腕代理人ニーノ・ライオラの功績と言えるだろう。

    ◆【9】1メートル96センチ

    身長はセリエAデビュー時の16歳ですでに196センチもあって世間を驚かせたが、現在のミラン公式サイトの身長も当時と変わらない高さとなっている。ブッフォンの身長が192センチであるが、横に並んだ際にドンナルンマの方がかなり高く見えることもあって、さらに身長が伸びている可能性もある。セリエAイタリア人選手としては最も高い身長だ。セリエAではローマロビン・オルセン(スウェーデン代表)が198センチで最も高く、これに続く身長となっている。

    ◆【10】160万人

    インスタグラムのフォロワー数は160万人。ミラン主将のアレッシオ・ロマニョーリが54万人ということからもその影響力の大きさが計り知れる。ちなみにブッフォン720万人超え。スポーツ界のみならず世界一インスタグラマーとなったC・ロナウドは1億2400万人と、こちらは群を抜いた数字となっている。

    文=佐藤徳和

    ドンナルンマが20歳の誕生日を迎えた [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ドンナルンマが20歳に! これまでに達成した記録やエピソードを振り返る】の続きを読む



    (出典 s.liverealmadrid.jp)



     ユヴェントスレアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロの獲得に関心を示しているようだ。23日にイタリア紙『カルチョメルカート』が報じている。

     マルセロは今シーズン、安定して出場機会を得られていないことから、退団が噂されるようになった。サンティアゴ・ソラーリ監督はスペイン人DFセルヒオ・レギロンの起用を好んでいる。

     ユヴェントスはこの状況を注視しており、来夏の移籍市場ではマルセロ獲得へ向けて交渉を開始するそうだ。同選手も退団に前向きで、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの再タッグを希望している模様。レアル・マドリードはマルセロに対して7000万ユーロ(約88億円)の移籍金を要求している。

    マルセロはユヴェントスへ移籍する可能性がある [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】C・ロナウドとの再タッグへ…ユーヴェ、来夏にマルセロ獲得へと動く】の続きを読む

    このページのトップヘ