Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA



    (出典 www.theworldmagazine.jp)



    レアルは完全移籍の条件付きで値下げに応じる方向か

     レアル・マドリードコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、イタリアの強豪ナポリへの移籍が近づいたとされるなか、いまだ正式発表には至っていない。そんななか、イタリア紙「イル・マッティーノ」は、クラブ間交渉が最終段階にあるとレポートしている。

     ハメスは2018-19シーズンまでの2年間を、レアルからの期限付き移籍という形でドイツ王者バイエルンの一員としてプレーした。しかし、レンタル期間が満了となる際に本人の意向もあって完全移籍への買い取りオプションは行使されず、保有権がレアルに戻っている。そんななか、レアルはハメスの現金化、あるいは他選手獲得の交渉に含めることを狙って、戦力としての評価はされていないというのが、これまで欧州メディアで報じられてきた流れだ。

     そうしたなか、過去にハメスを指導したカルロアンチロッティ監督が率いるイタリアの強豪ナポリが獲得に乗り出している。スペインの強豪アトレチコ・マドリードの横やりも報じられているが、ハメスのナポリ行き決定は間もなくとされてきた。

     同紙によると、現在の状況はナポリが“プチ値下げ”をレアルに申し出ている状況だという。それは移籍金4200万ユーロ(約51億円)の交渉ラインを、4000万ユーロ(約49億円)へと下げること。レアルとしては値下げに応じる意向はあるものの、その場合は完全移籍での獲得をナポリに求めているとして、このギリギリのところでクラブ間交渉が最終段階にあるという。

     クラブ間交渉さえ決着すればハメスはナポリ行きを決意しているともされ、その最後の200万ユーロ(約2億円)と移籍形態がどうなるのか。両クラブでその着地点を見つけた時点で、ハメスのイタリア上陸は決定しそうな気配だ。(Football ZONE web編集部)

    ナポリへの移籍が近づいたと報じられたハメスだが、いまだ正式発表には至っていない【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ハメス獲得“秒読み”のナポリ、レアルへ2億円の値下げ要求 クラブ間交渉は最終段階】の続きを読む

    no title


    現在パリ・サンジェルマンプレーしている「世界最高額の男」ブラジル代表FWネイマール

    そしてユヴェントスに所属する「世界最高のストライカークリスティアーノ・ロナウド

    なんと彼らがボクシングリングで対決する?というコマーシャル映像がこれだ。

    最後はもうボクシングとは言えないが…なんてシュールなCMなんだ。

    ちなみに『MEO』はポルトガルの大手モバイルネットワークで、ポルトガルリーグスポンサーでもある。

    ネイマールvsロナウドがボクシング対決!という謎すぎるCMが話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】ネイマールvsロナウドがボクシング対決!という謎すぎるCMが話題に】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    マラドーナナポリの英雄 息子の“気がかり”はハメスの背番号

     レアル・マドリードからドイツ王者バイエルンに期限付き移籍していたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは今夏、ナポリへの移籍が濃厚視されている。ハメスにナポリ移籍を推奨してきたアルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏の息子がこの報道に歓喜しているという。スペイン紙「マルカ」が伝えた。

     ハメスはバイエルンへのレンタル2年間が終了し、保有権はレアルへ戻った。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の構想から外れているようで、再び移籍の可能性が浮上。新天地はセリエAナポリとなることが濃厚で、レアルバイエルンで指導を受けたカルロアンチロッティ監督との再会が待たれている。

     この報道に歓喜したのがマラドーナジュニアだ。「マルカ」紙のインタビューで、「いつも(ハメスのSNSの)写真に、ナポリに行くべきだとコメントしていたんだ。プレッシャーを与えていたら、最近、彼は僕のコメントの一つに『いいね』を押していたよ」と述べ、こう語っている。

    「ハメスがナポリに来るなんて夢が叶った。左足でこのようなクオリティーを持ったサッカー選手は、チームをより良くしてくれる。街も両手を広げて彼を歓迎するだろうし、彼はきっとベストパフォーマンスを見せてくれると確信している」

     父・マラドーナは現役時代、1980年代から90年代にかけてナポリで成功を収めている。ハメスのナポリ行きを大歓迎したマラドーナジュニアだったが、「背番号10(のユニフォーム)に触るな。それは家族の私物、私の父の物だ」と注意を促した。

     ナポリ移籍間近とされていながら、正式発表には至っていないハメス。ナポリに移った場合、背番号にも注目が集まりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    ナポリへの移籍が濃厚視されているMFハメス【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】「私の父の物」 マラドーナ息子、ハメスのナポリ移籍報道を歓迎も“警告”「10番に触るな」】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    Corriere dello Sport』は10日、「ローマを退団した元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシは、今夏で引退することを決断した」と報じた。

    昨季限りでローマとの契約が満了となり、少年時代からずっとプレーしてきたクラブを離れたデ・ロッシ。

    フィオレンティーナサンプドリア、ボローニャ、ボカ・ジュニオルス、ロサンゼルスFCなど多くのクラブがオファーを送っていたと言われる。

    しかし今夏日本、モルディブアメリカで休暇を取りながら考慮した結果、デ・ロッシは現役を引退して指導者になることを決めたそう。

    その理由は、家族をローマから遠ざけたくないというものだったとのこと。

    【関連記事】 デ・ロッシは遂に退団…5大リーグで生き残る貴重な「ワンクラブマン」たち

    デ・ロッシは現状指導者としてはCライセンスを保有しているものの、まだプロチームを率いる資格はない。そのためこれからイタリアサッカー連盟の研修を受けていく必要がある。

    デ・ロッシ、今夏現役引退へ!日本などで決断か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】デ・ロッシ、今夏現役引退へ!日本などで決断か】の続きを読む

    no title


     ジェノアに所属するアルゼンチン人DFクリスティアン・ロメロが、ユヴェントスへ加入することが決定的となった。ユヴェントスの公式ツイッターが同選手のメディカルチェック実施を発表している。

     C・ロメロ1998年まれの21歳。2018年夏にベルグラーノからジェノアに移籍すると、2018-19シーズンリーグ戦27試合に出場し、2ゴール2アシストを記録した。

    ユヴェントス加入間近となっているC・ロメロ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユーヴェ、DFロメロ獲得が秒読みに…メディカルチェックを実施】の続きを読む

    このページのトップヘ