Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA



    (出典 www.soccer-king.jp)



     ユヴェントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、今夏まで在籍していたレアル・マドリード2018年公式戦トップスコアラーとなった。スペイン紙『マルカ』が30日付で伝えている。

     C・ロナウドは、2017-18シーズン限りでレアル・マドリードを電撃退団し、ユヴェントスに活躍の場を移した。つまり、2018年レアル・マドリードで記録したゴールは半年間におけるものであるにもかかわらず、同紙によるとこれが「28」を記録。ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの年間27得点を上回り、なんとチーム内最多となった。

     その他では、フランス人FWカリム・ベンゼマが年間18得点。主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが10得点、同代表MFマルコ・アセンシオと同代表MFイスコがともに8点ずつを決めている。C・ロナウド以外の5選手についてはみな40試合以上の出場での得点数となっているが、C・ロナウドに関しては22試合出場28得点であり、まさに異次元ペースゴールを量産していた。

     C・ロナウドが去ったレアル・マドリードは、2018-19シーズンの序盤戦でつまずき、フレン・ロペテギ監督の解任という事態に陥った。上記のデータによっても、同選手への依存度が高かったことが明らかになっている。

    C・ロナウドがレアルの2018年公式戦トップスコアラーに [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】レアル、2018年の公式戦最多得点はC・ロナウド…夏退団もベイル超え】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



     イタリアサッカーは復興の兆しを見せつつある。ヨーロッパ最高峰の戦い、チャンピオンズリーグでは、最終節までユベントスナポリローマそしてインテルの出場4クラブすべてにベスト16の可能性があった。

    JBpressですべての写真や図表を見る

     しかし――。結果的にそこからナポリインテルが零れ落ちた。特にセリエのビッグ3のひとつであるインテルは、その敗退に大きな注目が集まった。(JBpress

    取り戻し始めたブーイングの意味

     12月15日セリエAインテルvsウディネーゼ戦。選手が入場をすると、ジュセッペ・メアッツァ(インテルミランホームスタジアム)のスタンドからは拍手ではなくブーイングが聞こえた。6季ぶりに参戦したUEFAチャンピオンズリーグで、グループリーグ敗退を喫した。その直後の試合。

     ファンチームに対し、「そういう」審判を下したのだ。

     11日のグループリーグ第6節。勝てばベスト16突破が決まる試合で、グループ最下位ですでにベスト16の可能性が消滅していたPSVアインフォーフェン相手にドロー。トッテナム・ホットスパーと同勝ち点の8で並んだものの、直接対決の成績で下回ることとなった。勝ちさえすばよかった状況で最下位のチームホームで下せなかったことに、人々は怒りを募らせた。

     ガゼッタ・デッロ・スポルトは「INTER SCEMPIONS (後半の言葉はSCEMO(アホ)とチャンピオンズの合成語)」と罵り、 インテル一般紙コリエレ・デッラ・セーラに掲載された著名ジャーナリストマリオスコンチェルティ記者のコラムでも「どんなフォーメーションを送り込もうが、PSVには勝てると思ったインテルの間違い。そもそも、バルセロナトッテナムに晒した力の差の反映でもある」などと辛辣に斬られていた。さらにインテル指揮官・ルチャーノ・スパレッティには、早くも解任報道が上がっていた。

     とはいえ、サポーターブーイングや、メディアの厳しい声が浴びせられたのは、「名門・インテル」が再興の過程を辿っている証と理解されるべきだ。

     そもそも今回のCL、インテルはもっとも厳しいグループに入っていた。バルセロナトッテナムそしてPSV。いずれもトップリーグの名門と言える。

     加えて、インテル最後のCL参加は6季前の2012-13シーズンであることを考えれば、2位と同じ勝ち点だったいうことだけでもよく頑張ったという評価もできるかもしれない。そして今シーズンリーグ戦でも好調だ。

    全盛期から一転、インテルはなぜ凋落したのか

     だからこそ、今回のようなひどい敗退の仕方に、落胆と怒りを隠さなかったファンメディアの声も、インテルが「名門」の姿を取り戻しつつある証左といえるはずだ。ビッグクラブにふさわしい結果が求められる――という。

     しかしここまでの道のりは決して簡単ではなかった。経営難と身売りは、周りが見ている以上に制約を与えており、振り返ってみると、CLに復帰するまでの6年という歳月は掛かるべくして掛かっている印象が強い。

     インテルはマッシモ・モラッティ前会長のもと、1990年代後半から2000年代にかけて金に糸目をつけずスター選手を買いあさり補強を続けていた。そして2009-10シーズンにはセリエA、コッパ・イタリア、そして欧州CLの3冠を獲得に成功する。

     だが、その栄華の一方でクラブ経営は巨額赤字の体質となりシーズンの赤字額は1億ユーロを超過する額にまで達していた。そこからクラブは、長い過渡期(低迷期or「ビッグクラブにふさわしくない時間」)へと突入した。

    ファイナンシャル・フェアプレー制度』を打ち立て、クラブに健全経営を促す欧州サッカー連盟UEFA)の会計監査室は、インテルに抜本的な赤字減らしを求めた。そのためインテルは、高年俸選手の売却や契約未更新での放出を強いられ、ついにはモラッティ前会長もクラブの売却を余儀なくされる事態に陥った。

     経営はインドネシア人投資家エリック・トヒルの手に移るが、赤字を減らしつつビッグクラブにふさわしい戦力レベルを保たなければならないというジレンマの中で、地に足をつけた強化もなかなか取れない。興行収入や放映権収入、参戦や勝利ボーナス収入などで大きなメリットのあるCLの参戦を目標に掲げ、即戦力との補強を図る。しかし近視眼的な視野でなされたチームづくりがすぐに目を出すはずはなく、失敗。その度に監督は解任され、チームづくりは一からやり直しになる、というパターンが繰り返された。

     もっともその間の苦労にはそれなりの成果もあった。過渡期の中に加入した選手の中にはチームの柱として成長し、定着したものもいたのだ。ゴールポストには、実力は欧州屈指と評価されるGKサミル・ハンダノビッチが君臨。20歳でサンプドリアから加入したマウロ・イカルディは、ストライカーとして精神的にも充実を見せ自他ともに認める主将になった。経験のある選手が抜け弱点と目されていたDFラインには、アトレティコ・マドリーからミランダが加入。走力の優れたウイングのイバン・ペリシッチ、ムラっ気はあるがテクニック抜群のマルセロ・ブロゾビッチクロアチア代表コンビも定着した。

    CLグループリーグ敗退にあった制裁の影響

     そして2017-18シーズンからは、戦術家として世界的にも名高いスパレッティ監督が就任。ミラン・シュクリニアルら若手のブレイクも幸いして、インテルはついにCL出場権を手に入れた。これらの選手層は、すぐに編成できるものではない。つまりCL出場権を得るためのチームを作るには、それなりの年数を要としたということだ。

     しかし今回の結果を見れば、それでもなお、彼らには誤算があったと言えよう。CL参戦にあたり、チームに十分な戦力の上乗せをすることができなかったのだ。そしてその原因は、巨額の赤字経営という過去の呪縛にあった。

     UEFAとの協定により、インテルは罰金や欧州大会における登録選手数制限などのペナルティを受け入れる代わりに、段階的な経営収支の均衡化を認めてもらっていた。それは2016-17シーズンに終わる手はずとなっていたのだが、その基準となる17年6月30日の決算では約2450万ユーロの赤字。

     違反とみなされたインテルUEFAの会計監査室から、CLの選手登録は(本来25人登録できるところを)22人のみという制限を向こう1シーズン言い渡されることになってしまった(制裁は2015シーズンから)。その結果昨夏の移籍市場では、昨季レンタルで活躍したラフィーニャやジョアン・カンセロの完全移籍を断念。メンバーには下部組織出身の選手を登録しなければならないルールになっていたため、トップチームの選手は実質20人に抑えられてしまう。主力級の選手3人の登録を、諦めざるを得なくなったわけだ。

     結果的にそれが、ハンデとなって響いた。近年のCLのハードさを身を以て知っている選手は、もともとインテルには少ない。そこに来て、ローマから移籍した新戦力のラジャ・ナインゴランが故障で長期離脱を強いられた。第1節のトッテナム戦、2節のPSV戦に活躍した新しい中盤の要が使えなくなると、その代わりのできる選手がベンチには残ってはいない。ロシアW杯で準優勝を飾ったクロアチア代表MFイバン・ペリシッチなど、W杯の疲れを残している選手がいても、その代わりに活躍できる選手もベンチにはいない。戦力を制限されて臨んだ彼らに、アウェーでトッテナムの猛攻に耐えて点を奪い、ハードな当たりを展開してきたPSVをねじ伏せる余力はなかった。

     もっとも今シーズンはこれで終了してしまったわけではないし、インテルは再建の歩みを止めてもいない。さらなる成長に向けて、彼らはユベントスの元GMであるジュセッペ・マロッタ氏を『スポーツ部門の代表取締役』に招聘した。スパレッティ監督の去就が早くも騒ぎとなる中、「素晴らしい監督。安心して仕事ができるよう、むしろ支えるのが我々クラブの立場だ」とスパッと明言。中長期的に強化プランを描き、適切なコスト管理をしながらチーム編成のできる幹部は、今のインテルにこそ必要な人物なのかもしれない。

     中国の家電販売ならびにEコマースの大手である蘇寧グループが経営権を獲得した効果もあってか、インテルの昨季の商業収入は若干ながらユベントスを上回ったとの報道もある。ビッグクラブ再建の道のりは、まだまだここからなのである。

    [もっと知りたい!続けてお読みください →]  現役引退、元日本代表・岩政が目指す新たな場所

    [関連記事]

    CWCで「史上初」を狙う鹿島アントラーズの空気感

    C・ロナウドのデビュー戦に見た「衝撃の応酬」

    ドローに終わり、16強に進めず落胆するイカルディらインテルナイン。(写真:AP/アフロ)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】転落した名門、インテルはCLで復活の兆しを見せたか?】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)の復帰に懐疑的な見解を示した。

    ▽かつてバルセロナメッシウルグアイ代表FWルイス・スアレスと共に強力3トップを形成したネイマールは、2017年夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約280億円)でPSGへ。だが、移籍後はたびたびバルセロナ復帰説が取り沙汰されており、今後に注目が集まっている。

    スペインマルカ』のインタビューに応じたメッシは、そうしたネイマールバルセロナ復帰説について、次のように言及している。

    「(ネイマールバルセロナ復帰は)難しいだろうね」

    「僕らは彼の復帰を好む。彼はクオリティのある選手だからね。それに、僕らは友人で、長らく一緒にときを過ごしてきた仲だ。良い時もそうじゃない時もあったけどね」

    「でも、PSGが彼を手放すことはイメージし難い」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】メッシの見解 「ネイマールのバルサ復帰は難しい」】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    今季後にレアルからの期限付き移籍契約が満了、代理人がコネクションを生かして交渉へ

     バイエルン・ミュンヘンコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、今季終了後にレアル・マドリードからの期限付き移籍契約が満了となるが、来季の行き先として代理人のジョルジュ・メンデス氏はイタリア王者ユベントスへの交渉を進める模様だ。

     ユベントス寄りの報道が多いことで知られるイタリア紙「トゥット・スポルト」は、レアルから2年間の期限付き移籍となっているハメスに対して、バイエルンは買い取りオプションを行使しないとレポート。そして、代理人のメンデス氏が自身のコネクションを生かしてユベントスへの移籍を助けるとした。

     メンデス氏は今季ユベントスに加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや同DFジョアン・カンセロの代理人を務める。ロナウドの移籍を契機にユベントスとの関係を深めているメンデス氏は、自身の抱える大型顧客の1人であるハメスの行き先を憂慮しているという。レアルに保有権があるハメスだが、そのまま戻ってプレーを継続する可能性は高くなく、高額年俸を支払えてプレーレベルの高いチームとして、ユベントスが最優先の交渉相手になるとした。

     ロナウドとハメスはレアル時代に共闘した経験を持つだけに、移籍が実現すればアドバンテージになることは事実だろう。メンデス氏は先日マンチェスター・ユナイテッドを解任されたジョゼ・モウリーニョ監督も顧客に抱えるだけに、来季に向けて忙しい日々を送ることになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    (左から)MFハメス、FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ハメス、来季ユベントス移籍でC・ロナウドと共闘? 代理人が最優先で交渉と現地紙報道】の続きを読む



    (出典 football-tribe.com)



    本拠地サンプドリア戦で2ゴール、2-1の勝利に貢献

     イタリア王者ユベントスは年内最終戦でリーグ戦の折り返しとなった第19節サンプドリア戦を2-1で勝利して終えたが、この試合では3回にわたるビデオアシスタント・レフェリー(VAR)の進言による映像確認が試合のポイントになった。2ゴールで勝利に導いたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、試合後に中継を担当した「スカイスポーツ」に対してVARへの好意的なコメントを残し、また無敗で折り返した前半戦を「素晴らしかった」と振り返っている。

     ホームで行われたこの試合の先制ゴールロナウドによる前半2分の強烈な一撃だったが、サンプドリアの同点ゴールはVARによって生まれた。前半30分前後のプレーで、相手コーナーキックの際にユベントスのMFエムレ・ジャンハンドの反則があったとして、数プレー後に映像確認。そしてPKが与えられ、古巣対決となったFWファビオ・クアリアレッラが蹴り込んだ。

     一方で後半18分前後、今度はユベントスコーナーキックで両チームの選手が競った後ろにいたサンプドリアの選手にハンドがあったとして、主審がPKを宣告。一方で、この判定にもVARからの進言で映像確認が入り、今度は判定が変わらずにPK。これをロナウドが蹴り込み2-1と勝ち越した。

     さらに同アディショナルタイム突入直後、ユベントスGKマッティア・ペリンのキックミスに詰めたところから味方のパスを受けたサンプドリアのMFリッカルド・サポナーラがペナルティーエリアライン付近から左足で巻き込むシュートを放つと、これがゴール左隅に吸い込まれて土壇場の同点劇かと思われた。

     しかし、VARの進言で三たび映像を確認すると、ユベントスGKペリンのキックミスに対してサンプドリアの選手がボールコンタクトしていたことから、次の選手が“戻りオフサイド”という判定に変更され、ゴールは取り消しになった。

    VAR判定は「良いものだと思っているし、助けになっている」

     こうした紆余曲折があった試合後だけに、ロナウドにはVARへの質問が飛んだ。しかしロナウドは「これは良いものだと思っているし、助けになっている。審判団にとって判定は難しいものだ。審判団は落ち着いていれば良いし、選手たちは彼らの仕事に介入しないほうが良い」と、VARと審判団に対して好意的な言葉を残している。

     この勝利でユベントスは19試合を17勝2分の無敗、勝ち点53という驚異的なペースで終えた。ロナウドは前半戦を振り返り「素晴らしかったと思う。チームにはとても一貫性があり、ほとんどの試合で勝利した。だが、まだシーズンの半分でしかないので、このような仕事を続けて前に進まなければいけない」と話した。

     レアル・マドリードからの移籍加入初年度にして、“守備の国”とも称されるイタリアで19試合14ゴールを挙げ、得点ランキング単独トップで前半戦を終えたロナウドUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメントなど、タイトルの懸かった試合が続いていく後半戦では、どのようなプレーを見せてくれるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    サンプドリア戦で2得点を挙げたC・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】得点ランク首位浮上のC・ロナウド 19戦無敗の前半戦は「素晴らしかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ