Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA



    (出典 ichef.bbci.co.uk)



     ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの関係について語った。17日付けで、イギリスメディアスカイスポーツ』が報じている。

     ロナウドメッシは、これまで世界最高の選手に贈られる「バロンドール(現在はFIFAバロンドール)」を互いに5回ずつ受賞している。しかしロナウドは、メッシの記録を上回ってキャリアを終えたいと考えているようだ。このように語っている。

    メッシ素晴らしい男であり、素晴らしい選手だ。言うまでもなく、彼はサッカーの歴史に名を刻んでいる。僕たちは友達ではないけれど、15年も同じステージで戦ってきた。彼とは良い関係を築けているね」

    「ただ僕は、自分自身がサッカー史上最高の選手だと思っているよ。一部のファンにとって僕は歴史上1位じゃないかもしれないけど、僕にとっては僕が1位なんだ。メッシの上に立つには、より多くのバロンドールを獲らなければならないね」

     今年はポルトガル代表のネーションズリーグ優勝に貢献しているC・ロナウド。未だ進化を止めない34歳のストライカーから、今シーズンも目が離せない。

    ユヴェントスに所属するC・ロナウド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウド、メッシより多くのバロンドール獲得を誓う「僕が史上最高の選手だ」】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    1 風吹けば名無し :2019/09/19(木) 12:11:40.69 ID:XQMJV6mRM.net

    ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド(34)が、貧しかった幼少期にハンバーガーをくれたマクドナルドの従業員だった女性を探していると呼びかけた。
    https://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/sports/f-sc-tp4-190919-201909190000082.html


    【【海外サッカー】ロナウド「子供の頃ハンバーガーをくれた女性を探しています、1000000倍にしてお返しをしたい」】の続きを読む

    no title


    2019-20シーズンUEFAチャンピオンズリーグがついに開幕した。ユヴェントスは敵地でのアトレティコ・マドリー戦で今季の戦いが始まる。

    そうした中、練習でショッキングシーンがあった。アルゼンチン人FWゴンサロ・イグアインスタッフを削るなど大暴れしたのだ。

    そのシーンがこれ。

    意図的にスタッフを削った後、Jeepの広告も蹴りつける…。

    ジョークかと思いきや、フアン・クアドラードらは狼狽えており、ガチでキレていたようだ。

    レオナルド・ボヌッチにいさめられたイグアインパウロ・ディバラとも何か言い合いになっていた?

    チェルシー時代にも練習中にキレて物議を醸したイグアインチームスタッフを削る行為はかなりショッキングだ。

    イグアイン、ユーヴェ練習でガチギレ!スタッフを削る「衝撃シーン」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】イグアイン、ユーヴェ練習でガチギレ!スタッフを削る「衝撃シーン」がこれ】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    17日にUEFAチャンピオンズリーググループステージ第1節、スラヴィア・プラハとの試合を戦う予定のインテル

    バルセロナボルシア・ドルトムントと強敵と同居しているだけに、この試合については勝利が義務付けられるはずだ。

    記者会見では『攻撃的に4バックを使うのか?』という質問がアントニオ・コンテ監督に飛んだとのことだが、『Daily Mail』などによればこういう返答になったそう。

    アントニオ・コンテ

    「誰かがテレビで何かを言えば、誰もがそれを追いかける。私は3度のチャンピオンズリーグで戦ったが、常に新しい何かを創造してプレーしてきた。そして、他の者もすでに確立したチームを持っている。

    それが評論家に対して言えることだ。私が何かを触れば勝利するように考えられているが、それは真実ではない。

    フォーメーションに執着するのはイタリアだけのことだ。イギリスで監督をしたが、彼らはそれを気にしていない。

    勇気、そして激しさ。我々が示そうとしているものを見たいと思われている。他のものは全てゴミだ。

    現代のサッカーは進化しており、かつて監督をした者すらも時代に遅れないようついていく必要がある。

    熱意というのは、すぐ結果に結びつくものではない。我々がやろうとしていることに結びついているのだ。ローマは一日にして成らず。

    私の後を追う人のために、強固な基盤を築いているのだ。いつかこの仕事が活用される日が来ることを願っている」

    相手がスラヴィア・プラハだからといって何かを変えるのではなく、自分たちのプレーに集中することの重要性を説明している。

    フォメは関係ねえ!コンテ監督が「戦術論」をぶった切る


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】フォメは関係ねえ!コンテ監督が「戦術論」をぶった切る】の続きを読む



    (出典 www.soccerdigestweb.com)



    今夏インテルを離れ、ローンフランスリーグアンPSGに加入したマウロ・イカルディ。ストラスブール戦では途中出場からデビューし、30分ほどプレーすることができた。

    試合は終盤まで0-0のままで進んだものの、アディショナルタイムネイマールが信じられないようなバイシクルを決めて勝ち越し。イカルディデビュー戦で白星を手にすることができた。

    インテルの新監督アントニオ・コンテに戦力外通告を受け、今季の去就が不透明になっていたイカルディナポリユヴェントスへの移籍が噂されていた。

    FOX』によれば、『Tiki Taka』という番組に出演したイカルディの妻兼代理人のワンダ・ナラは以下のように話し、なんと1月の移籍があるかもしれないと語ったという。

    ワンダ・ナラ

    ネイマールゴールはクレイジーだった。スタジアムのことはよく知らなかったが、サポーターは最後までチームを後押ししていた。

    フランス語で発音されるマウロの名前は、私の心を震わせた。彼にとって素晴らしいチャンスになる。

    ここはトップクラブで、子どもたちもとても満足している。PSGに『NO』といえる人は誰もいない。可能な選択肢の中で、物流という点ではベストだった」

    (どこに住んでいる?)

    「私たちは謙虚なので、みんなで一つの部屋に住んでいる!」

    (まだナポリに行くことができる?)

    ナポリはまだイカルディに費やすべきお金を持っている。だから1月には驚きがあるかもしれない」

    以前、子供がイタリアの学校に通っていることからセリエAに残ることを希望していたと吐露したワンダ・ナラ。冗談ではあるだろうが、加入からわずか2週間でそのようなことを言うのはどうなのか…。

    イカルディ妻、なぜそれを言う「1月にナポリへ行くかも」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イカルディ妻、なぜそれを言う「1月にナポリへ行くかも」】の続きを読む

    このページのトップヘ