Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA



    (出典 sport-japanese.com)



    古巣相手の超絶ボレー弾で称賛浴びる

     海外サッカーイタリア1部ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが古巣を相手に衝撃のゴラッソを叩き込んだ。現地時間7日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節、マンチェスター・ユナイテッド戦で背後からのロングパスを、そのままボレーで叩き込む離れ業を披露。チームは1-2で逆転負けを喫したが、半端ない一撃に英放送局は「素晴らしいゴール」と拍手を送っている。

     こんな離れ業ができる選手はそうそういない。ロナウドが古巣相手にスーパーな一撃だ。後半の20分。ユベントスイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチがハーフライン付近から、前線へロングパスを送った。この正確なボールの行き先は、エリア内に走り込んだロナウドスピードを落とすことなく、後方からのボールダイレクトボレー。強烈な一撃をゴールネットに突き刺した。

     技術の凝縮された一撃を、英放送局「BBCスポーツ」も「クリスティアーノ・ロナウドは故郷相手に素晴らしいボレーシュートを決めた」と称えている。

    レオナルド・ボヌッチが後方からロングパスを入れ、肩の上から来るボールを見続けながらダビド・デ・ヘアが守るゴールに見事なボレーシュートを叩きこんだ」

     しかし逆転負けを喫したことで、「いつも起こるように、ロナウドが古巣のマンチェスター・ユナイテッド相手にユベントス移籍後のCL初ゴールマークしたが試合に勝利する事はできなかった」と伝えている。(THE ANSWER編集部)

    ユベントスでCL初ゴールを決めたクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【欧州CL】やっぱり半端ないC.ロナウド、後ろ向きのボールを…衝撃弾に英BBC称賛「素晴らしい」】の続きを読む

    DFD6817A-75D7-418D-BF2D-193D88E048BE

    [7日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は7日、1次リーグの試合を行い、H組ではマンチェスター・ユナイテッドマンUイングランド)がユベントスイタリア)に敵地で2─1の勝利を収めた。

    ユベントスは後半20分にクリスティアノ・ロナルドが先制ゴールを決めたが、マンUは同41分にフアン・マタが同点ゴールを決めると、同45分にはオウンゴールで勝ち越した。この結果、ユベントスは勝ち点9で首位を守ったが、マンUが同7で2位。バレンシアスペイン)はヤングボーイズ(スイス)に勝利し、同5の3位に続いた。

    E組ではバイエルン・ミュンヘンドイツ)がホームでAEKアテネ(ギリシャ)に2─0で勝利して勝ち点を10に伸ばして首位。ベンフィカポルトガル)と敵地で引き分けたアヤックスオランダ)が同8の2位に続いた。

     11月7日、サッカーの欧州CLは1次リーグの試合を行い、H組ではマンチェスター・ユナイテッドがユベントスに敵地で2─1の勝利を収めた。写真は同点ゴールを決めたマンUのフアン・マタ(2018年 ロイター/Stefano Rellandini)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【欧州CL】マンUが土壇場ゴールでユベントスに逆転勝利】の続きを読む



    (出典 zunzunblog.net)



    「私は噂を上手く取り扱うことができない」 “アーセナルライン”でミラン招聘の噂も…

     昨シーズン限りでアーセナルを去ったアーセン・ベンゲル氏は、長年ロンドンの首都クラブを率いたのちでも“隠居生活”とならず、今後も指導者として辣腕を振るうのではと世界各国のメディアから注目を集めている。そんななか、フランスメディアACミランの監督就任の可能性を報じたが、ベンゲル氏は「フェイクニュースだ」と一蹴した模様だ。

     発端はフランスサッカー専門誌「フランスフットボール」の報道だ。アーセナルの最高経営責任者(CEO)であるイヴァン・ガジディス氏が12月1日付でミランCEOに就任することが発表され、“アーセナルライン”でミランが招聘に動くのではという記事が掲載された。これに対して、ベンゲル氏はスポーツ専門放送局「ビーイン・スポーツ」の取材に、余裕を感じさせるユーモアで返している。

    「私が言えるただ一つのことは、それが“フェイクニュース”だということだ。もし私がどこかと契約したら、皆さんにお伝えするよ。とにかく(ミランについての報道は)間違いだよ。私は噂を上手く取り扱うことができない。自分の人生を生きることだけしか、上手くやれないよ」

     アーセナル在任時に3度のプレミアリーグ優勝、7度のFAカップ優勝を果たしたベンゲル氏は22年にもわたる蜜月に終止符を打った。新たなクラブの候補として欧州各国トップリーグに加えて、かつて名古屋グランパスエイトで指揮を執ったことから日本も噂に挙がるなど引く手あまたの状況だが、ベンゲル氏は次のように断言している。

    「何度も言っているが、同じクラブでこれだけ長い期間過ごしてきたので、他のイングランドクラブに行くことは最善ではないだろう」

     69歳の今も指導者としての情熱はいささかも衰えていない。様々な憶測が飛び交うなか、ベンゲル氏はどのような決断を下すのだろうか。


    Football ZONE web編集部)

    ベンゲル氏は、ACミラン監督就任報道を否定したようだ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】名将ベンゲル「フェイクニュースだ」と一蹴 仏誌発の“ミラン監督就任報道”を否定】の続きを読む



    (出典 juventus-journal.com)



    ユベントスポグバロナウド獲得に言及 「素晴らしい買い物だったと思う」

     マンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ポグバは、2016年ユベントス退団に後悔はないとし、古巣に今夏新加入を果たしたポルトガル代表FWに言及した。イタリアサッカー専門サイトカルチョメルカート・コム」が報じている。

     ポグバは2年前の夏の移籍市場で、当時の史上最高額となる移籍金1億500ユーロ(約136億円)でユベントスからユナイテッドに移籍を果たした。

     記者会見で同選手は、「ユベントス退団は僕の選択だった。(当時)ユベントスはCLで、ユナイテッドUEFAヨーロッパリーグ(EL)にいた。後悔はまったくない。ユナイテッドは常にトップに立ってきたし、再びトップに返り咲くのを助けるために戻ってきたんだ」と述べた。

     また、古巣が今夏ロナウドを獲得したことについては、「ユベントスにとって、素晴らしい買い物だったと思うよ。ロナウドがいることはチームにとって良いし、彼や(アルゼンチン代表FWリオネル・)メッシ、(ブラジル代表FW)ネイマールのような素晴らしい選手とプレーすることは喜び」とコメントし、「彼(ロナウド)もハッピーだと思うし、水を飲むように簡単にゴールを決める選手を持つことは、ユーベにとって最高のことだろう」と、稀代のゴールマシンが古巣に大きな影響を与えていると認めていた。


    Football ZONE web編集部)

    (左から)マンチェスター・ユナイテッドのポグバ、ユベントスのC・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【欧州CL】C・ロナウドは「水を飲むようにゴールを決める」 ポグバが古巣のエース称賛】の続きを読む



    (出典 sport-japanese.com)



    冬の移籍市場でのストライカー補強を画策 レオナルドSDが何度か電話も…

     名門復活を目指すACミランに、古巣復帰という形でのストライカー補強が新たに浮上している。イタリア紙「ラ・レプブリカ」が報じた。

     ミランは冬の移籍市場で、アメリカMLSメジャーリーグサッカーロサンゼルスギャラクシープレーする元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得を目指すと報じられてきた。イブラヒモビッチはかつてミランプレーした選手であり、今季から強化部にスポーツディレクター(SD)としてOBの元ブラジル代表MFレオナルド氏や、元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ氏が復帰したように、黄金期を支えたメンバーが戻る流れができつつある。

     そのなかでレオナルド氏は、イブラヒモビッチだけでなく同じく元ミランで現在は中国の天津権健でプレーする元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトの獲得も視野に入れ始めたとしている。パトは18歳の時にミランで欧州デビュー。負傷の多さを指摘されながらも、ストライカーとして2007年から13年まで活躍してきた。

     パト自身もまた、先日にはイタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」のインタビューで「レオナルドとマルディーニのいるミランに戻れたら最高に嬉しいことだ。レオとは何回か電話でも話したし、復帰に関するジョークだって言ってきたよ。レオには大きなリスペクトの念があるし、そのジョークが本当になってくれたら嬉しい。まあ、様子を見るしかないのだけど」と、ミラン復帰へ意欲的な姿勢を見せていた。

     現在はアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインイタリア代表FWパトリック・クトローネを中心にしているミランだが、もう1枚実績のある選手が前線に欲しいのは事実。レオナルドSDの選択は、同じ元ミランの選手のどちらかということになるのだろうか。


    Football ZONE web編集部)

    ACミラン時代のFWパト【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】名門ミラン、イブラヒモビッチに続きパトにも関心? 復帰の可能性浮上と伊紙報道】の続きを読む

    このページのトップヘ