Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA

    no title


    セリエAで8連覇を達成したユベントスが、ヨーロッパ5大リーグでの新記録を樹立した。

    ユベントスは20日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦。先制を許す展開となったものの、アレックスサンドロ、そしてクリスティアーノ・ロナウドオウンゴールを誘発し、2-1と逆転勝利を収めた。

    この勝利により、5試合を残してスクデット(セリエA優勝)を獲得したユベントス。これにより、通算35度目のセリエA優勝を達成するとともに、2011-12シーズンから続く連覇を「8」に伸ばした。

    ヨーロッパ5大リーグ(イングランドスペインドイツイタリアフランス)でのリーグ連覇の記録は、リーグ・アンリヨンが2001-02シーズンから2007-08シーズンまで記録した7連覇が最高だった。

    リヨンは、ジャック・サンティニ(2001-02/1回)、ポール・ル・グエン(2002-2005/3回)、ジェラール・ウリエ(2005-07/2回)、アラン・ペラン(2007-2008/1回)と4人の監督の下で7連覇を達成。一方のユベントスは、アントニオ・コンテ(2011-14/3回)、マッシミリアーノ・アッレグリ(2014-19/5回)の2人で達成している。

    なお、ブンデスリーガではバイエルンが今シーズン優勝すると7連覇を達成することに。リーガエスパニョーラの記録は、レアル・マドリーの5連覇、プレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドの3連覇が最高となっている。

    ちなみに、欧州サッカー連盟(UEFA)の記録では、ジブラルタルリンカーン(2003~16年)とラトビアスコント(1991~2004年)の「14連覇」が最長記録となっている。

    セリエA
    ユベントス:8連覇
    2011-2019(継続中)

    リーグ・アン
    リヨン:7連覇
    2001-2008

    ブンデスリーガ
    バイエルン:6連覇
    2012-18(継続中)

    リーガエスパニョーラ
    レアル・マドリー:5連覇
    1960-65/1985-90

    プレミアリーグ
    マンチェスター・ユナイテッド:3連覇
    19998-2001/2006-2009

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ユベントスの8連覇は欧州5大リーグでの新記録! その他のリーグ記録は?】の続きを読む

    no title


    フィオレンティーナを破り、移籍1年目でセリエA制覇「歴史上で初めての選手になれた」

     ユベントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間20日のセリエA第33節フィオレンティーナ戦でフル出場するとチームは2-1で勝利。リーグ8連覇をクラブが達成するなかで自身初のセリエAタイトルを手にした。プレミアリーグリーガ・エスパニョーラセリエAを制した初の選手となったロナウドは試合後、「数千パーセントの確率で残留する」と語った。

     16日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でベスト8敗退に追い込まれたユベントスは前半6分に先制を許す試合展開ながら、ハーフタイムを前にブラジル代表DFアレックスサンドロがコーナーキックから同点ゴール。後半8分には右サイドロナウドが縦に鋭く突破し、マイナス折り返しに相手DFがオウンゴールをして勝ち越し。このまま2-1で勝利した。

     今季、スペイン1部レアル・マドリードから移籍加入したロナウドにとっては、初のセリエAタイトルとなった。試合後にロナウドは現地で中継を担当した「DAZN」のインタビューで「とても嬉しい。セリエAを初めて制したことで、プレミアリーグリーガ・エスパニョーラセリエAを制した歴史上で初めての選手になれた。確かに僕たちはCLで優勝することはできなかったが、来季はもっと上手くやれる。数千パーセントの確率で残留するよ」と喜びを語った。

     また、ロナウドは続いて衛星放送局「スカイスポーツ」に対し、「とても良いシーズンだったと言える。リーグとスーペルコッパを制したわけだからね。CLで優勝できるのは1チームだけであり、最善は尽くしたけど来シーズンはもっと違う姿を見せられる。ポジティブな感覚を持っているよ」と話した。

     イタリアメディアでは、今季からの4年契約で加入したものの、来季がユベントスでのラストシーズンになるとも報じられたロナウド。それでも、このリーグ優勝によって欧州5大リーグのうち過半数を制したことにより、また新しくサッカー史にその名前を刻むことになった。(Football ZONE web編集部)

    C・ロナウドは自身初のセリエAのタイトルを手にした【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】C・ロナウドが英国、スペイン、イタリア制覇で歓喜の宣言 「数千%の確率で残留する」】の続きを読む

    9685F1E7-BC34-4A01-816C-C04E7ED819C4


    1 豆次郎 ★ :2019/04/21(日) 03:08:39.04 ID:v6HtUs049.net

    4/21(日) 2:52配信
    C・ロナウドが大記録! ユーベ優勝で史上初…英・西・伊の“三ヶ国制覇”を達成

    【ユベントス 2-1 フィオレンティーナ セリエA第33節】

     現地時間20日にセリエA第33節の試合が行われ、ユベントスはフィオレンティーナと対戦し2-1の勝利をおさめた。この結果、ユベントスのセリエA優勝が決定。それに伴い、ユベントスに所属する34歳のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが大記録を作り出している。


     試合開始して6分、左サイドから守備を崩され、最後にこぼれ球をフィオレンティーナのニコラ・ミレンコ*に押し込まれて失点。26分にも相手にゴールを許したが、オフサイドの判定によりノーゴールに。

     すると37分、コーナーキックからユベントスのアレックス・サンドロが頭で合わせて同点ゴールを決める。続く53分には、C・ロナウドの折り返しから相手のオウンゴールが生まれてユベントスに追加点。結局、リードを守り切ったユベントスが2-1の勝利をおさめている。

     C・ロナウドはマンチェスター・ユナイテッド在籍時に、2006/07シーズン、2007/08シーズン、2008/09シーズンのプレミアリーグで3回優勝を経験している。レアル・マドリー在籍時には2011/12シーズンと2016/17シーズンの2回に渡ってリーガエスパニョーラで優勝を果たした。そして今回、ユベントスでもリーグ優勝を果たし、イングランドとスペイン、イタリアの異なる三ヶ国のリーグで優勝を果たした史上初の選手となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00318388-footballc-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【セリエA】C・ロナウドが大記録! ユーベ優勝で史上初…英・西・伊の“三ヶ国制覇”を達成】の続きを読む



    (出典 img.mixi.net)



     ユヴェントスインテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの獲得を画策しているようだ。イタリアメディア『トゥットスポルト』の報道を引用する形で、19日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     ユヴェントスチャンピオンズリーグ準々決勝でアヤックスに2戦合計2-3で敗れ、大会を後にしていた。ユヴェントスがCLから敗退したことによって、現地では今夏のユヴェントスの補強ターゲットに関心が移っている模様だ。そこで、ユヴェントスリストアップしている選手として名前が挙がったのがイカルディだという。

     イカルディインテルとの契約延長交渉の停滞などが影響し、2月13日クラブからキャプテンを剥奪されていた。その後は約2カ月間試合に出場することはなく、今月3日に行われたセリエA第30節で久しぶりの公式戦出場を果たしたものの、今夏の移籍市場での退団が濃厚とされている。また、ユヴェントスイカルディ獲得のために、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラを交渉に組み込むことを検討しているようだ。

     今シーズン、ディバラはセリエA第32節終了時点で27試合に出場しているが、わずか5得点の成績にとどまっている。セリエAで22ゴールを記録してユヴェントスの“絶対的エース”に君臨していた昨シーズンのような結果を残せていない。ディバラ自身も現在の状況には満足できておらず、今夏に移籍する可能性が以前から報じられていた。

     果たして、アルゼンチン代表FW同士の大型トレードは実現するのだろうか。両選手の去就に注目が集まっている。

    イカルディ(左)とディバラ(右)のトレード実現なるか [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユーヴェがイカルディ獲得を画策…ディバラとの大型トレード実現か】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    現在ユヴェントスプレーしているアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ。

    クリスティアーノ・ロナウドの加入によって出番は減少しているものの、ピッチに出れば結果を残せるだけのプレーを見せている。

    しかし『Corriere dello Sport』のコラムニストを務めるアルフレッド・ペドゥーラ氏によれば、「ユヴェントスパウロ・ディバラとマウロ・イカルディをトレードしようと考えている」という。

    ディバラはクラブからそれを打診されているものの、「ユーヴェに残るか、あるいは国外のクラブに行くかしかない」とインテルに移籍することを拒否しているそうだ。

    ただ、ユヴェントス副会長であるパヴェル・ネドヴェドディレクターのファビオ・パラティーチは、パウロ・ディバラの説得を続けていく予定だという。

    【関連記事】「CL衝撃敗退のユヴェントス、夏に獲得したい5人のスター」

    そのため今後数日の間にミーティングが行われるとのことで、そこでディバラの心が変わるようなことがあれば…。

    ディバラ、「インテルはムリ!」とイカルディとのトレードを拒否か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ディバラ、「インテルはムリ!」とイカルディとのトレードを拒否か】の続きを読む

    このページのトップヘ