Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA



    (出典 %E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%81%B8%E6%89%8Bwiki.xyz)



    古巣ユベントスが獲得に乗り出すも、“ポグバ獲得競争”から撤退と英紙報道

     マンチェスター・ユナイテッドフランス代表MFポール・ポグバを追っていた古巣ユベントスが補強ターゲットを変更し、ポグバ獲りを諦める決断を下したようだ。英紙「デイリーメール」が伝えている。

     ポグバは今オフ、ユナイテッドを出て新たな挑戦をしたいとの意思を明確にしており、同クラブ退団を希望。レアル・マドリードのほか、ユベントスポグバ獲得に乗り出しており、ポグバ自身も2012年から16年まで過ごした古巣への復帰を可能性の一つとしていた。

     しかし、ユベントスパベル・ネドベド副会長ポグバの代理人であるミノ・ライオラ氏に対して、中盤選手のターゲット変更を伝え、ポグバ獲得の意思がないことを明確にしたという。

     ユベントスは今夏、アーセナルからウェールズ代表MFアーロンラムジー、パリ・サンジェルマンPSG)からフランス人MFアドリアン・ラビオを獲得し、中盤の補強に着手。さらに、フィオレンティーナイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの加入が濃厚となっている状況だ。

     ユベントスポグバから手を引き、現在同選手を狙っているクラブレアルだけとなった。「デイリーメール」紙は「ユナイテッドとの交渉で、レアルフリーランニング状態」と報じ、同クラブの独壇場となったことを伝えている。

     ポグバ獲得には1億5000万ポンド(約203億7000万円)が必要とされ、1億8000万ユーロ(約220億円)にまで高騰する可能性もあるという。このままレアルポグバ獲得に踏み切るのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    ユーべが獲得を断念したと伝えられたマンUのFWポグバ【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユーベ、仏代表MFポグバからターゲット変更? “200億円超”で狙うのはレアルのみか】の続きを読む



    (出典 public2.potaufeu.asahi.com)



    買い手がつくまで“個人練習”と現地報道、強豪ユベントスナポリが獲得に興味か

     イタリアの強豪インテルで前主将を務めながら、今夏の移籍市場での放出が見込まれているアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディは、全体練習への合流を許されていないという。イタリアサッカー専門メディアカルチョメルカート・コム」が報じている。

     イカルディは昨季中に契約延長問題でクラブと対立。代理人で妻のワンダ・ナラ氏がSNSを通じて、クラブ批判やチームメート批判を繰り広げたことも騒動に油を注ぐ形となった。その結果、昨季のルチアーノ・スパレッティ監督はイカルディから主将の座をはく奪。さらに、ワンダ・ナラ氏がTV出演した際、元イタリア代表アントニオ・カッサーノ氏から「この状況を作ったのはお前のせいだ。イカルディインテルを出ていくしかない」と、面と向かって痛罵される事態になっていた。

     イカルディはその後、インテル愛を強調してワンダ・ナラ氏も残留への望みを発信する方向に切り替えた。しかし、ユベントスからやってきたジュゼッペ・マロッタCEOは規律を求めるタイプで、過去のインテルのように許されることがなかった。結局、すでにマロッタ氏はイカルディが事実上の戦力外であることを内外に発信している。

     そうした状況のなか、インテルはアントニオ・コンテ新監督の下でプレシーズンスタートしているが、14日に初の実戦として行うルガーノ戦でイカルディは試合のメンバーに入らないどころか、全体練習への合流も許されていないという。現状では「買い手がつくまでクラブの“パーソナルトレーナー”と個人練習を行っている」とレポートされている。

     現状では、イカルディが国外への移籍を拒んでいることから、国内の強豪ユベントスナポリが獲得に興味を示している模様。インテルは、ライバルクラブの強化につながってでも規律の強化を求める方針のようだ。騒動が絶えないストライカーの獲得に向けて、強豪2クラブは最終的にどのような判断を下すのだろうか。(Football ZONE web編集部)

    インテルFWイカルディ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】FWイカルディ、インテルで事実上の戦力外 全体練習への合流も許可されない状況に】の続きを読む



    (出典 lifeofleisure7.com)



     レアル・マドリードコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスアトレティコ・マドリードへ移籍する可能性が高まってきているようだ。13日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

     レアルは・マドリードの退団が濃厚とされるハメスの移籍先についてはナポリと交渉していると見られているが、条件面で折り合いがつかず難航しているようだ。同紙によると、ここにきてアトレティコ・マドリードへの移籍の可能性が浮上してきているようだ。

     同紙によるとその理由として、ハメスが、現在マドリードに住んでおり街をとても気に入っていることが挙げられるという。そのため、可能であれば住み続けることを望んでおり、今回アトレティコへの移籍に興味が向かっているようだ。

    去就に注目が集まるハメス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ハメス、ナポリへの移籍報道からから一転…移籍先はアトレティコか】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



     レアル・マドリードに所属しているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスナポリの交渉は難航しているようだ。12日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

     ハメスは、カルロ・アンチロッティ監督率いるナポリが獲得を望んでいると報道されている。しかし、レアル・マドリードは移籍金として4200万ユーロ(約51億円)を要求しており、ナポリの希望する金額とは隔たりがあるようだ。

     同紙によると、ナポリの会長を務めるアウレリオ・デ・ラウレンティス氏は交渉について「ハメスは私達が注目しているプレーヤーであることに間違いない。特に、アンチロッティ監督は彼を獲得したいと考えている」とコメント。また、「問題は、レアル・マドリードがとても高い金額を要求していることだ。私たちはこの補強を急いではいないが、正しい金額、正しい条件で契約をしたいと考えている」と難航している理由を説明している。

    ナポリへの移籍が噂されるハメス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ナポリ、ハメスとの契約交渉が難航か…レアルの要求する金額が障壁に】の続きを読む

    no title


    マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)のユベントス復帰は実現しなさそうだ。イギリスデイリーメール』が報じた。

    今夏、新たなチャレンジとしてユナイテッドからの移籍希望を公言したポグバ。代理人を務めるミノ・ライオラ氏も先日、「誰もがポールの移籍意思を知っている。我々はそのプロセスにある」と述べ、ユナイテッドプレッシャーをかけている。

    だが、そのポグバの移籍先候補としてレアル・マドリーとともに長らく挙がるユベントスは、争奪戦から手を引いたとのこと。ユベントス副会長を務めるパベル・ネドベド氏がポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏にその旨を言い渡したという。

    ユベントスは今夏、ウェールズ代表MFアーロンラムジーとフランス代表MFアドリアン・ラビオの加入で中盤の補強に成功。さらに、フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの獲得を目指しているため、ポグバを見送った模様だ。

    これにより、ポグバが移籍するとなれば、その行く先はレアル・マドリー一択に。だが、ポグバを売る気のないユナイテッドは、売却額として1億5000万ポンド(約2034000万円)を設定しているとされ、そう容易く移籍できない様相となっている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ユーベ、ポグバ復帰の扉をクローズ】の続きを読む

    このページのトップヘ