Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA

    CB06A50E-51A1-48E4-8CD9-EB8D664DD808


    レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)からスーパースターを奪う準備を開始したようだ。スペイン『アス』が報じた。

    ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)違反の疑いで、欧州サッカー連盟(UEFA)からの継続的な調査を受けているPSG。2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)でバルセロナから獲得したブラジル代表FWネイマール(26)、モナコから1億8000万ユーロ(現在のレートで約231億円)で買い取ったフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)のオペレーションに関連した違反の可能性が追及されており、『アス』によれば厳密な取り調べが行われている段階のようだ。

    ▽また、もし違反していた場合には、PSGへの罰としてチャンピオンズリーグ(CL)の参加停止処分が検討される模様。そういった状況を回避するため、ネイマールかムバッペどちらか1人の売却を強いられることになるかもしれない。

    ▽この一連の流れに目を光らせているのが、マドリーだ。同クラブは今夏にFWクリスティアーノ・ロナウドユベントスに放出したが、代わりとなるアタッカーは獲得しておらず。以前から獲得を目指していたPSGのアタッカーのどちらかを、確保しようとしているようだ。

    ▽記事は、ネイマールがより有力な候補になると主張。PSGは以前は同選手を最優先でキープしようとしていたが、現在ではロシアワールドカップ(W杯)で王者となったムバッペにプライオリティーが移ったという。また、ムバッペはPSGがFFPによりCLから排除された場合の補償を契約に盛り込もうとしており、最悪の場合でもクラブを離れようとはしていないようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】マドリー、FFP制裁危機PSGに選択迫る! ムバッペorネイマール獲得へ】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    テニス観戦中のハプニングを海外メディアが次々報道

     男子テニスツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は12日(日本時間13日)、1次リーグ第1戦が行われ、世界ランク1位ノバク・ジョコビッチセルビア)が同10位のジョン・イスナー(米国)をストレートで撃破した。この試合をポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユベントス)が家族と共に観戦に訪れ、ボールが恋人を直撃するシーンファンの間で話題を呼んでいたが、海外メディアも続々とテニスの頂上決戦に登場した「CR7」に注目を寄せている。

     スターはどこにいてもスターということだろう。ロナウドはコートサイドで息子と、恋人でモデルジョージナ・ロドリゲスさんと共に熱戦を見守っていたが、自らのもとにボールが飛んできた。これを普段のプレーのように華麗にキャッチしようと、右手を伸ばしたのだが……ボールを掴むことはできず、弾んだボールロドリゲスさんの頭に当たってしまった。

     思わず笑ってしまう“ロナウドファミリー”。なんともほほえましい一幕を、ATP公式中継サイトテニスTV」が公式インスタグラムで動画を公開。ファンからは「偉大な男も一人のテニスファン」と意外な姿が注目を集めていたが、複数の海外メディアも言及している。

     アイルランド紙「アイルランドデイリーミラー」は「クリスティアーノ・ロナウドユベントスミランを下した後にATPツアーを観戦」と特集。「彼は来たボールをキャッチしようと手を伸ばしたが、ボールは落下して無害なロドリゲスの頭に当たり、転がっていった」と恋人を直撃したシーンフォーカスしている。

    欧州メディアが続々脚光「テニスボールロナウドのもとをすり抜ける」

     英衛星放送「スカイスポーツオーストリア版も「クリスティアーノ・ロナウドテニスボールガールフレンドを直撃」と報じれば、ベルギーメディア「HLN.BE」も「しまった! テニスボールクリスティアーノ・ロナウドのもとをすり抜ける」と珍場面に脚光。「ロナウドサッカーと同様にテニスボールとも戯れる姿を見せた」とロナウドの楽しそうな姿を伝えている。

     テニス好きで知られるロナウドピッチを離れても存在感を発揮する姿を欧州メディアもこぞって取り上げていた。(THE ANSWER編集部)

    男子テニスツアー「Nitto ATPファイナルズ」を観戦したクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C.ロナウド、恋人にテニスボール直撃の珍場面に欧州メディア注目 「戯れる姿見せた」】の続きを読む



    (出典 contents.gunosy.com)



    [ミラノ 12日 ロイター] - サッカーイタリアセリエAACミランのFWゴンサロ・イグアインは、11日のユベントス戦で退場処分となったことを謝罪した。

    イグアインは「自分の言動について、チーム、監督、サポーターと主審に謝りたい」とコメント。「今回のことは自分の責任。今後、同様のことがないように努める」と述べた。

    イグアインは前半にPKを失敗。後半、主審に対して執拗に抗議したとして、レッドカードを提示された。ホームミランは0─2で敗れた。

    ユベントスクリスティアノ・ロナルドを獲得したことが引き金となり、イグアインは今季、ユベントスから買い取りオプション付きの1年の期限付き移籍でミランに加入。しかし本人に退団の意思はなかった。

     11月12日、サッカーのイタリア・セリエA、ACミランのFWゴンサロ・イグアインは、11日のユベントス戦で退場処分となったことを謝罪した。ミラノで11日撮影(2018年 ロイター/Alberto Lingria)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ACミランのイグアイン、退場処分を謝罪】の続きを読む



    (出典 img.sportsbull.jp)



    ローマ 12日 ロイター] - サッカーイタリアセリエAナポリのカルロ・アンチロッティ監督(59)は12日、同国のサッカーファンの態度は無礼だと批判した。

    フィレンツェでのイベントで「イタリアファンは文化的なレベルで他国に遅れをとっている」とコメント。「サッカー界で無礼なことはあってはならないのに、イタリア人はサッカーの試合をバトルとして捉えている」と述べた。

    これまでイングランドスペインフランスドイツでも指揮を執った経験を持つ同監督は、それらの国では無礼な態度はとられないとも話した。

    マンチェスター・ユナイテッドマンUイングランド)のジョゼ・モウリーニョ監督は7日、トリノで行われた欧州チャンピオンズリーグユベントスイタリア)戦では終始、相手サポーターから無礼な態度をとられたと主張していた。試合はマンUが2─1で勝った。

     11月12日、サッカーのイタリア・セリエA、ナポリのカルロ・アンチェロッティ監督は、同国のサッカーファンの態度は無礼だと批判した。ナポリで6日撮影(2018年 ロイター/Alessandro Bianchi)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ナポリ監督、「イタリアのファンは無礼」】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    2017-18シーズンセリエA最優秀監督に贈られるパンキーナ・ドーロが12日に発表され、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が選出された。

    ▽パンキーナ・ドーロは、毎年恒例となっているイタリアサッカー界で監督に与えられる栄誉ある個人賞の一つ。同業者による投票により、年間最優秀監督が決定する。

    ユベントスセリエA7連覇に導いたアッレグリ監督は17票を獲得。昨季ナポリを率いていたマウリツィオ・サッリ監督、ラツィオのシモーネ・インザーギ監督がそれぞれ8票を獲得した。

    ▽カリアリ時代を含めて2年連続4度目の受賞となったアッレグリ監督は、アントニオ・コンテ氏、ファビオ・カペッロ氏を抜いて歴代最多となった。

    ▽アッレグリ監督は「スタッフに感謝したい。大変なプレッシャーを彼らが緩和してくれる。もちろん、選手たちにも感謝したい。できるだけ長くユベントスに留まることを願っている。セリエAでの経験は私を成長させてくれた。今の目標はセリエA8連覇とチャンピオンズリーグ優勝を果たすことだ」とコメントした。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】アッレグリが歴代最多4度目のセリエA最優秀監督に選出】の続きを読む

    このページのトップヘ