Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA


    ローマの英雄トッティの“超絶ボレー”動画が話題に 「その力は永遠」と英メディア絶賛 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    クラブ公式ツイッターが公開 揺れるボート上で高精度キックを披露

     

     昨季限りでローマひと筋のフットボール人生に区切りをつけた元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ。今季からはクラブ強化部の幹部として、セカンドキャリアをスタートさせている。20日に敵地で行われたセリエA開幕節のアタランタ戦(1-0)ではスーツに身を包み、スタンドで試合観戦をする姿が報じられた。

     

     そんな新たなスタートを切ったばかりの“ローマの王子”だが、その技術は錆びついていないようだ。先日、バカンス先と思われるリゾート地で、トッティがボート上からの“超絶ボレー”を披露した動画をローマ公式ツイッターの英語版が投稿し、話題になっている。

     

    「休日の彼のスキルをお見せしよう」とのコメントとともにアップロードされた動画では、エメラルドブルーの海に豪華なレジャーボートで乗りつけ、上半身裸のトッティが遠巻きながら確認できる。トッティは家族や友人らしき人が見守るなか、長年の“友だち”であるサッカーボールを手にして、何かをせがまれる。

     

     するとトッティは波によってゆらゆらと揺れる不安定な足元にもかかわらず、レジャーボートの上から右足でボレーキックを披露する。ただ驚きはここからだった。鋭い弾道で飛んだボールは、トッティの視線の先にいた別のボートへと一直線に向かっていく。そしてボールは、そのボートに乗る人の胸元にすっぽりと収まったのだ。

     

     

     

    「いまだに滑らかな個人技を持っている」

     

     このスーパーキックについて、英サッカー専門サイト「talkSPORT」も、「フランチェスコ・トッティはいまだに滑らかな個人技を持っている。豪華なヨットに乗り、驚くべき精度を見せつけ、その力が永遠のものであると証明した」と大絶賛されている。

     

     イタリアの首都クラブでナンバー10を背負い、スタディオ・オリンピコに君臨し続けた“王子”。ピッチを去ってもなお、ローマっ子の心をわしづかみにして離さないようだ。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

    【動画】ローマ公式ツイッター英語版が公開した、ボート上から放ったトッティの“超絶ボレー”

     

     

    https://twitter.com/ASRomaEN/status/898137369261383680

     

    ローマ公式ツイッター英語版が公開した、ボート上から放ったトッティの“超絶ボレー”

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ローマの英雄トッティの“超絶ボレー”動画が話題に 「その力は永遠」と英メディア絶賛 | ニコニコニュース】の続きを読む


    ユーヴェが再びシックに興味…しかし関係悪化で獲得は困難か | ニコニコニュース



    ユヴェントスが再びシックの獲得に興味を示しているようだ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     ユヴェントスがサンプドリアに所属するチェコ代表FWパトリック・シックに再び興味を示しているようだ。イタリア紙『Sky』が21日付で報じている。

     今夏、ユヴェントスへの移籍が一度合意しながらも、メディカルチェックで心臓に問題があることが発覚し、契約が破談となったシック。同選手はその後、所属していたサンプドリアへ帰還した。

     当然、チェコの未来を担うとまで言われているシックには国内を中心に数々のビッグクラブが獲得に向けて動き出していた。中でもローマやインテルは同選手獲得に熱心で、それぞれ3800万ユーロ(約49億円)、3500万ユーロ(約45億円)と、高額オファーを提示していたようだ。

     そこで、攻撃陣に新戦力を加えたいユヴェントスも再びシックの獲得に興味を示し、クラブ関係者が代理人に接触したようだ。だが、ユヴェントスとサンプドリアの関係は同選手の移籍破談騒動により、かなり悪化しているようで再契約は困難であると同紙は伝えた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ユーヴェが再びシックに興味…しかし関係悪化で獲得は困難か | ニコニコニュース】の続きを読む


    練習無断欠席のコンドグビア、バレンシア加入が決定…買取ありのレンタル移籍 | ニコニコニュース



    インテルのコンドグビアがバレンシアに移籍 [写真]=VCG via Getty Images
    サッカーキング

     バレンシアは21日、フランス人MFジョフレイ・コンドグビアをインテルから1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。バレンシアが買取オプションを持つことも合わせて発表されている。

     現在24歳コンドグビアは、ランス、セビージャを経て2015-16シーズンにモナコからインテルに加入した。昨シーズンはセリエAで24試合出場し1ゴール2アシストを記録。2013年にはU-20ワールドカップにフランス代表として出場し、優勝。共に中盤でプレーした同い年のフランス代表MFポール・ポグバに劣らないとの評価を得ていたが、インテルでは満足いくパフォーマンスは見せられていなかった。また先日には移籍を求めてトレーニングを無断欠席しており、クラブから厳しい制裁が課されるとの報道が出ていた。コンドグビアはフランス代表としても4キャップを記録している。

     コンドグビアは入団会見で「準備はできている。トレーニングを行ってきたし、フィジカル的には監督の期待に応えられる。マルセリーノ監督とは何度も話をし、すぐに監督の考えとは一致した。バレンシアに長くいられるようにと願っている。マルセリーノ監督との会話が、決定的なものとなった。自分は新たな挑戦を探していて、監督と話し合ったことでこのような移籍につながった」と言明。マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の存在が大きかったことを明かしている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【練習無断欠席のコンドグビア、バレンシア加入が決定…買取ありのレンタル移籍 | ニコニコニュース】の続きを読む


    長友も驚くインテル新監督の緻密な戦術指導 「体の向きやポジショニングに厳しい」 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    攻守両面で約束事を徹底するスパレッティ流

     

     インテルの日本代表DF長友佑都が20日のセリエA第1節フィオレンティーナ戦で3-0の勝利に貢献した。4バックの左サイドで先発フル出場を果たした長友は不振の続く名門が招聘した戦術家ルチアーノ・スパレッティ監督の細かすぎる戦術指導ぶりを明らかにしている。

     

     長年ASローマを率い、超攻撃的な戦術を実現し、イタリアサッカー界にインパクトを与えてきたスパレッティ監督。昨季は監督が次々と交代し戦術面の不備が目立ったインテルだったが、開幕戦では打って変わって統制の取れたコンパクトな陣形を築いた。そして難敵フィオレンティーナ相手に、強豪復活への希望が見出せるような白星を手に入れている。

     

    「新監督? しっかりとした守備の戦術、攻撃の戦術がある。それが合宿で浸透した。攻撃的なサッカーと言われるけれど、かなり守備も細かい」

     

     試合後のミックスゾーンで長友はこう語った。堅守速攻が伝統のカルチョの世界で、“スパレッティ流”は攻撃的サッカーを看板に掲げる。だが、そのベースにあるのは緻密な守備の約束事だという。

     

    「めちゃくちゃ細かい。体の向きから細かいから。守備も相当やっていますよね」

     

     

     

    「戦術が浸透すれば良いサッカーを…」

     

     長友は局面やボールの位置に応じた体の向きや角度まで、スパレッティ監督に指導されていると解説。今までに出会ったどの指導者よりも、緻密な戦術指導だという。

     

    「今までの監督で、一番細かいかもしれない。攻撃でも相当ポジショニングが厳しい。要求がすごく高い。選手もレベルが高い選手が揃っている。戦術が浸透すれば、間違いなくいいサッカーができるという自信をみんな持っていると思う」

     

     長友は新監督の力量を称賛していた。中国企業・蘇寧グループが買収し、昨季は湯水のようなチャイナマネーを投入しながらも、UEFAヨーロッパリーグ出場権獲得にも届かなかった。同じく中国人オーナーが就任したACミランは今夏、2億ユーロ(約257億円)以上を投じる大型補強を展開し、チームを刷新。サポーターからの期待値を高めている。

     

     ミランほどのインパクトを移籍市場で残していないインテルだが、百戦錬磨のスパレッティ監督の“補強”は大当たりになるかもしれない。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【長友も驚くインテル新監督の緻密な戦術指導 「体の向きやポジショニングに厳しい」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    スーツ姿のトッティがローマ“幹部デビュー” 「スタンドから観るのは辛い」と本音吐露 | ニコニコニュース



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    強化部の一員として開幕戦を観戦し、試合後にフェイスブックを更新

     

     “ローマの王子”と呼ばれた元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティは、昨季限りで現役を引退した。今夏の移籍市場ではJ2東京ヴェルディなどからオファーを受けたが、ローマひと筋の英雄は今季からクラブ幹部としてのキャリアをスタートさせている。

     

     パリッとしたスーツ姿でモンチ強化部長、マウロ・バルディッソーニGMとともに、強化部幹部として20日の敵地アタランタ戦を観戦。試合はDFアレクサンダル・コラロフのゴールで1-0の勝利を飾ったが、トッティはユニフォームへの恋しさが増しているようだ。

     

     試合後には自身のフェイスブックを更新した。「スタンドに座って試合を観ることはとても辛い。初戦で結果を出したみんな、よくやったね。苦労と強い情熱の1年になるだろう。フォルツァ(頑張れ)、ローマ!」と奮闘した昨季までのチームメイトを労い、サポーターに連帯を求めるメッセージを送っている。

     

     スーツ姿に着替えたローマの英雄は、第二の人生で成功を収めることができるだろうか。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スーツ姿のトッティがローマ“幹部デビュー” 「スタンドから観るのは辛い」と本音吐露 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ