Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA



    (出典 img.thenews.ne.jp)



    インテルが、バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(30)獲得に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

    バルセロナとの契約が2021年までに迫っているラキティッチ。今シーズンも公式戦36試合に出場している重要選手だが、アヤックスオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの今夏加入が内定したことでポジション争いの激化が予想され、来夏の去就が騒がしくなっている。

    しかし、ラキティッチの代理人を務めるアルトゥーロ・カナレス氏が「イバンが夏にスペインを去るのを見ることは不可能シナリオだ」とコメント。これにより、情勢は残留に傾いているかに思われた。

    しかし、引く手数多のラキティッチに関する報道は途切れず。各紙はチェルシーマンチェスター・ユナイテッドユベントスバイエルンパリ・サンジェルマン(PSG)からの関心を報道している。

    『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、インテルジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)とピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)が、ラキティッチについての交渉のためにバルセロナの首脳陣と会談。移籍金3500万ユーロ(約44億円)のオファーに対して、バルセロナが4500万ユーロ(約56億円)を要求したことで両者には隔たりがあったが、4000万ユーロ(約50億円)付近での合意が近づいたという。

    なお、インテルはラキティッチ個人に、3年契約と年俸550万ユーロ(約7億円)を提示する準備が出来ているようだ

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】インテル、50億円でラキティッチ獲得目前か】の続きを読む

    83E96412-A27D-4132-ACBA-2C2D0F681369


     チャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグが20日に行われ、アトレティコ・マドリードユヴェントスが対戦した。

     立ち上がりからボールを保持したユヴェントスは9分にクリスティアーノ・ロナウドがFKを直接狙ったが、GKヤン・オブラクに阻まれ先制点とはならない。一方、徐々にボールポゼッションを取り戻したアトレティコは29分にアントワーヌ・グリーズマンがFKでゴールを脅かしたが、GKヴォイチェフ・シュチェスニーが弾き出した。

     最初の決定機は後半開始早々の50分。ボール奪取から速攻を仕掛けたアトレティコは、スルーパス1本でジエゴ・コスタがディフェンスラインを破りGKと一対一となったが、シュートゴール右に大きく外れた。さらに53分にはエリア内に抜け出したグリーズマンがループシュートを放ったが、GKシュチェスニーが指先で触れたボールクロスバーを叩いた。

     アトレティコは70分、途中出場のアルバロ・モラタがヘディングでゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオアシスタント・レフェリー)によって直前にファウルがあったと判定され、ノーゴールとなった。

     なかなかチャンスを生かしきれないアトレティコだったが、78分に待望のゴールが生まれる。左CKのこぼれ球をホセ・ヒメネスが流し込み、先制に成功した。さらに83分には右サイドからのFKのこぼれ球をディエゴ・ゴディンが押し込み、貴重な追加点が決まった。

     試合はこのままタイムアップを迎え、アトレティコホームで先勝した。セカンドレグは3月12日に行われる。

    スコア
    アトレティコ・マドリード 2-0 ユヴェントス

    【得点者】
    1-0 78分 ホセ・ヒメネス(アトレティコ
    2-0 83分 ディエゴ・ゴディンアトレティコ

    スターティングメンバー
    アトレティコ・マドリード(4-4-2)
    オブラク;フアンフラン、ヒメネス、ゴディン、F・ルイス;サウール、ロドリゴ、トーマス(61分 レマル)、コケ(66分 コレア);グリーズマン、ジエゴ・コスタ(58分 モラタ)

    ユヴェントス(4-3-3)
    シュチェスニー;デ・シリオ、ボヌッチ、キエッリーニ、A・サンドロ;ベンタンクール、ピアニッチ(73分 ジャン)、マテュイディ(86分 カンセロ);ディバラ(80分 ベルナルデスキ)、マンジュキッチ、C・ロナウド

    先制ゴールを挙げたヒメネス [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】注目の一戦はアトレティコが先勝! “CBコンビ”の2発でユーヴェ撃破】の続きを読む

    590B700B-2D7D-4581-B4D9-0103B94F00B5


     チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)1stレグ2試合が19日に行われた。リヴァプールvsバイエルン・ミュンヘンリヨンvsバルセロナはともにスコアレスでタイムアップ。勝負の行方は2ndレグで決することとなった。

     また、12日から13日に行われた4試合(ローマvsポルトマンチェスター・Uvsパリ・サンジェルマントッテナムvsドルトムントアヤックスvsレアル・マドリード)では、それぞれローマパリ・サンジェルマントッテナムレアル・マドリードが先勝を収めている。

     1stレグは残り2試合。20日はアトレティコ・マドリードvsユヴェントスシャルケvsマンチェスター・Cが行われる。

    ◆予想フォーメーション
    アトレティコ・マドリードスペイン

    グループステージ成績》
    ○ 2-1 モナコ(A)
    ○ 3-1 クラブブルージュ(H)
    ● 0-4 ドルトムント(A)
    ○ 2-0 ドルトムント(H)
    ○ 2-0 モナコ(H)
    △ 0-0 クラブブルージュ(A)
    ⇒4勝1分1敗 グループA・2位

    リーグ戦成績》
    24試合13勝8分3敗(2位)
    リーグ戦直近5試合》
    ○ 3-0 ウエスカ(A)
    ○ 2-0 ヘタフェ(H)
    ● 0-1 ベティス(A)
    ● 1-3 レアル・マドリード(H)
    ○ 1-0 ラージョ・バジェカーノ(A)

    《主な負傷者》
    リュカエルナンデス

    グループステージではドルトムントと同勝ち点を稼ぐも、得失点差で2位通過。決勝トーナメント1回戦からユヴェントスと対戦することに。今シーズンも持ち前の堅守で勝ち点を稼ぎ、リーグ戦では2位につけている。しかし、最近5試合ではベティス、レアル・マドリードに連敗するなどし、首位バルセロナとの差が開く結果に。それでも、負傷離脱していたサウール・ニゲス、ディエゴ・ゴディンと主力が続々と復帰。さらに、コケもユヴェントス戦での復帰が噂されるなど、ホームで迎える強敵との大一番を前へ万全の状態が整おうとしている。

    ユヴェントスイタリア

    グループステージ成績》
    ○ 2-0 バレンシア(A)
    ○ 3-0 ヤングボーイズ(H)
    ○ 1-0 マンチェスター・U(A)
    ● 1-2 マンチェスター・U(H)
    ○ 1-0 バレンシア(H)
    ●1-2 ヤングボーイズ(A)
    ⇒4勝2敗 グループH・1位

    リーグ戦成績》
    24試合21勝3分(1位)
    リーグ戦直近5試合》
    ○ 3-0 キエーヴォ(H)
    ○ 2-1 ラツィオ(A)
    △ 3-3 パルマ(H)
    ○ 3-0 サッスオーロ(A)
    ○ 3-0 フロジノーネ(H)

    《主な負傷者》
    サミ・ケディラ、ファン・クアドラー

    セリエA7連覇中のイタリア王者は今季も盤石の強さを誇っている。リーグ戦は24節を消化して未だ無敗で首位を独走。スーペルコッパ・イタリアーナを制してすでに1冠を達成済みだ。今季から加入したクリスティアーノ・ロナウドはCLで1得点だが、リーグ戦では19得点を記録し、完全にフィットしている。今月2日には離脱していたマリオ・マンジュキッチが復帰。アトレティコと同じくメンバーを揃えて1stレグを迎えようとしている。

    ◆決勝トーナメント1回戦


    ■ローマ(イタリア) vs ポルト(ポルトガル)
    1stレグ:2月12日スタディオ・オリンピコ(ローマ
    2ndレグ:3月6日エスタディオ・ド・ドラゴンポルト

    ■マンチェスター・U(イングランド) vs パリ・サンジェルマン(フランス)
    1stレグ:2月12日オールド・トラフォードマンチスター
    2ndレグ:3月6日 @パルク・デ・プランス(パリ)

    ■トッテナム(イングランド) vs ドルトムント(ドイツ)
    1stレグ:2月13日 @ウェンブリー・スタジアム(ロンドン
    2ndレグ:3月5日 @シグナル・イドゥナ・パルク(ドルトムント

    ■アヤックス(オランダ) vs レアル・マドリード(スペイン)
    1stレグ:2月13日 @アムステルダム・アレーナ(アムステルダム)
    2ndレグ:3月5日 @サンティアゴ・ベルナベウ(マドリード

    ■リヨン(フランス) vs バルセロナ(スペイン)
    1stレグ:2月19日 @パルク・オリンピック・リヨンリヨン
    2ndレグ:3月13日 @カンプ・ノウ(バルセロナ

    ■リヴァプール(イングランド) vs バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
    1stレグ:2月19日 @アンフィールドリヴァプール
    2ndレグ:3月13日 @フースバル・アレーナ・ミュンヘンミュンヘン

    ■アトレティコ・マドリード(スペイン) vs ユヴェントス(イタリア)
    1stレグ:2月20日ワンダメトロポリターノ(マドリード
    2ndレグ:3月12日アリアンツ・スタジアム(トリノ)

    ■シャルケ(ドイツ) vs マンチェスター・C(イングランド)
    1stレグ:2月20日フェルティンス・アレーナ
    2ndレグ:3月12日 @エティハド・スタジアム

    [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】激戦必至の大一番! 主力が復帰した両チームの現状は?】の続きを読む



    (出典 lfclab.jp)



    バイエルンが、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『90min』が伝えている。

    バイエルンでは、前線を務めるFWアリエン・ロッベン、MFフランク・リベリが今夏に退団することが濃厚。それに加え、FWロベルト・レヴァンドフスキが現在30歳であり、FWトーマス・ミュラーも9月で30歳になる。

    ニコ・コバチ監督は今夏にチーム若返りを目指しており、ディバラをリストアップしているという。アルゼンチン代表FWに関しては、リバプールインテルも獲得に興味を示しているが、バイエルン7500ユーロ(約94億円)の移籍金と、ディバラ個人には1000ユーロ(約12億5000万円)の年俸を提示する準備ができているようだ。

    なお、カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は過去に「市場には優秀な選手が数人居るが、私がバイエルンに連れてきたいのはディバラのような選手だよ」と獲得に興味を示している事を認めていた。

    2015年にパレルモからユベントスに移籍したディバラは、今シーズンも公式戦29試合で8ゴール6アシストを記録。“宝石”とも称される華々しいプレーで、FWクリスティアーノ・ロナウドと共にクラブを牽引している。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】バイエルン、ディバラ獲得に向け94億円を用意か】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    ソラーリ監督の下で出場機会が減少、ペレス会長の右腕と会談で6月の売却を希望

     レアル・マドリードブラジル代表DFマルセロが、クラブ幹部に今季終了後の退団を申し出たという。スペインラジオ局「カデナ・コペ」が報じている。

     マルセロはサンチャゴ・ソラーリ監督の就任後に出場機会を減らしており、その状況に不満を持つマルセロは、フロレンティーノ・ペレス会長の右腕とされるホセ・アンヘル・サンチェス氏と会談。その席でマルセロは現状に満足していないことを繰り返し、6月に自身の売却を求めたという。

     また、イタリアサッカー専門メディアカルチョメルカート・コム」は、この状況がマルセロの獲得を視野に入れているイタリア王者ユベントスにとって、良い状況にあるとしている。その動向は「価格次第」とされるものの、選手側が明確な退団を望んでいる状況は交渉を有利にする可能性を秘めている。

     すでに今季の開幕前にも、レアルからユベントス移籍加入のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、レアル時代に左サイドコンビ結成を組んだマルセロの獲得をクラブに進言したという報道も出ていた。

     ユベントスは左サイドバックブラジル代表DFアレックスサンドロと契約延長をしているものの、イングランドプレミアリーグクラブから獲得オファーが絶えないとされるだけに、来季に向けてマルセロの動向は大きな注目ポイントになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

    レアルDFマルセロ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアルDFマルセロ、今夏の退団を直談判か 獲得を狙うユベントス側の交渉が有利に?】の続きを読む

    このページのトップヘ