Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA



    (出典 portal.st-img.jp)



     チャンピオンズリーグCL)・グループステージ第3節が23日に行われ、ユヴェントスはアウェイマンチェスター・Uに1-0で勝利した。

     クリスティアーノ・ロナウドの古巣凱旋で注を集めた試合は、開始17分に動いた。サイドを抜け出したC・ロナウドクロスを入れると、フアン・クアドラードがニアに飛び込み、そのこぼれ球を中央のパウロ・ディバラが押し込んで、ユヴェントスが先制に成功する。その後もユヴェントスチャンスを作り、38分にはペナルティエリア手前左のFKでC・ロナウドが弾丸シュート、こぼれ球にエリア左のブレーズ・マテュイディが詰めるが、どちらもGKダビド・デ・ヘアの好セーブに阻まれる。

     後半もユヴェントスの攻勢は変わらず、51分にはC・ロナウドエリア右から強シュートを放つが、これもGKデ・ヘアがセーブマンチェスター・Uはなかなか決定的なチャンスを作れず、75分には同じく古巣対決のポール・ポグバエリア手前でボールを奪い、そのまま左足で狙うが、シュートは惜しくも左ポストに弾き返された。90分にもアントニー・マルシャルがドリブルで持ち上がり、右足ミドルで狙うが、GKにキャッチされた。このままユヴェントス完封勝利を収め、3連勝でC・ロナウドの凱旋試合を飾った。敗れたマンチェスター・Uは1勝1分1敗となった。

     次節はユヴェントス11月7日マンチェスター・Uホームに迎える。

    スコア
    マンチェスター・U 0-1 ユヴェントス

    【得点者】
    0-1 17分 パウロ・ディバラユヴェントス

    スターティングメンバー
    マンチェスター・U(4-2-3-1)
    デ・ヘア;ヤング、スモーリングリンロフショーポグバ、マティッチ;ラッシュフォード、マタ、マルシャル;ルカク

    ユヴェントス(4-3-3)
    シュチェスニー;カンセロ87分 D・コスタ)、ボヌッチ、キエッリーニ、A・サンドロ;ベンタンクール、ピアニッチ、マテュイディ;クアドラード(81分 バルザーリ)、ディバラ(78分 ベルナデスキ)、C・ロナウド

    古巣マンチェスター・Uの本拠地に凱旋したC・ロナウド [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】古巣凱旋のC・ロナウドが決勝点を演出…ユーヴェ、ディバラ弾でマンUに勝利】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)



    ピャニッチが独自の見解、ロナウドの成長物語に欠かせなかったスコールズからの“学習”

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、レアル・マドリードでの9年間でUEFAチャンピオンズリーグCL)三連覇など、クラブとしても個人としても数々のタイトルを獲得してきた。今から加入したイタリア王者ユベントスでは、セリエAゴールまで4試合を要したが、それ以降は6試合で5得点と順調にゴールを積み重ねている。

     そのユベントスで、チームメイトボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチは、マンチェスター・ユナイテッド時代にともにプレーした元イングランド代表MFポール・スコールズを手本にしたからこそ現在の姿があると、英「ザ・ガーディアン」のインタビューで独自の見解を示した。

     ロナウドユナテッド2003年から6シーズンを過ごし、プレミアリーグ優勝3回、CL優勝など、数々のタイトルを手にして大きな成功を収めた。ピャニッチは、その間に生きた教本に出会えたことが、その後のさらなる飛躍につながったと分析した。

    マンチェスター・ユナイテッドでのロナウドと、世界最高の選手になったロナウドべたら、彼のゲームが変わったことに気がつくだろう。より明確になったんだ。ロナウドポール・スコールズのことや、彼がどうやってトレーニングしていたかを話しているものを、たくさん読んだよ」

     ピャニッチはそのスコールズについて、「みんなが彼を素晴らしいと言うが、それは彼が物事をシンプルにし、彼自身をスペシャルに仕立て上げたからだ。きっと、ロナウドはそういう選手から学んだんだと思うよ」とった。

     ロナウドの所属するユベントスは、現地時間23日のUEFAチャンピオンズリーググループステージ第3節で古巣ユナテッドと対戦。希代のアタッカーはかつての本拠地オールド・トラフォードでどんなプレーを見せるだろうか。


    Football ZONE web編集部)

    ピャニッチは、ユナイテッド時代にともにプレーした元イングランド代表MFポール・スコールズを手本にしたからこそロナウドの現在の姿があると、英紙のインタビューで独自の見解を示した【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウドの手本は「スコールズ」 ユベントス同僚が語る“世界最高”に飛躍した秘訣】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     ユヴェントスポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、不振にあえぐ古巣レアル・マドリードについてコメントすることを避けた。スペインマルカ』が22日付で伝えている。

     C・ロナウド22日、翌23日に行われるチャンピオンズリーググループステージ第3節マンチェスター・U戦の前日会見に出席した。そこでは、同選手が退団し、現在公式戦5試合勝ちなしと苦しむレアル・マドリードについての質問も。同選手は古巣について多くをらなかった。

    レアル・マドリードユヴェントスべるようなことはしたくない。どちらも信じられないような、素晴らしいクラブだね。ユヴェントスのような本当に偉大なクラブにいれて幸せだし、これは人生においてマンチェスター・Uレアル・マドリードに次ぐ新たな章なんだ」

    「この会見はレアル・マドリードについて尋ねるにはふさわしくない。レアル・マドリードについて話すのは遠慮しておくよ」

     C・ロナウドはこのように話し、の前の一戦にフォーカスしている様子を見せた。一方、かつてプレーしたマンチェスター・Uの本拠地オールド・トラフォードに帰還することについては「にとってここに戻るというのは本当に感動的なことだ」と述べ、“凱旋”を心待ちにしている。

    C・ロナウドはレアルについて多くを語らず [写真]=Juventus FC/Juventus FC via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】多くを語らず…C・ロナウド、低迷レアルについて「話すのは遠慮するよ」】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)



    レアルからユベントスに移籍した身として古巣言及は回避「適切な時期ではない」

     ユベントスは現地時間23日、UEFAチャンピオンズリーグCLグループステージの大一番、敵地でのマンチェスター・ユナイテッド戦を迎える。古巣との対決となるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは前日会見に出席。不調のレアル・マドリードについても言及し、元同僚のスペイン代表MFイスコの発言に同意しながらも「レアル・マドリードについて話すのは僕じゃない」と返答した。スペインマルカ」が報じている。

     事の発端となったのは、レアルイスコ23日のCLグループステージ第3節プルゼニ戦の前日会見で発した言葉だった。公式戦5試合勝利なし(1分4敗)という泥沼に陥り、フレン・ロペテギ監督の解任説が浮上しているなか、イスコは選手たちにも責任はあると。さらに「過去のことについて涙を流す必要はない。レアルはここにいたくないかのために涙を流すことはできない」とC・ロナウドを暗に揶揄するような発言をしていた。

     これについて問われたC・ロナウドは「いいね、いいね。泣くことはできないよ」と同調。一方で、この質問をレアルからユベントスへと移籍したばかりの自分に聞くべきではないという考えを明かした。

    レアルについて尋ねるのは本当に適切な時期ではない。レアルについて話すのは僕じゃないんだ。(イスコの発言に関しては)はそれでいいと思っているよ」

     レアルC・ロナウドの退団で得点低下が大きな課題となっている。もういない元エースのことは忘れて、今在籍している選手たちで新たなステップを踏めるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    (左から)MFイスコ、FWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】C・ロナウド、元同僚イスコの“ここにいない誰か”発言に同調 「泣くことはできない」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)



     ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、古巣のマンチェスター・Uについてった。

     C・ロナウド2003-04シーズンから2008-09シーズンまでマンチェスター・Uプレーしており、幾多のタイトル獲得に貢献した。ユヴェントス23日に行われるチャンピオンズリーググループステージ第3節で、C・ロナウドの古巣であるマンチェスター・Uと対戦する。「マンUとの対戦はにとってとても特別なことだ」と話すC・ロナウドは、古巣との対戦に向けて以下のように意気込みをった。

    オールド・トラフォードに戻ってくることはすごく意味のあることで、とても楽しみにしている。マンチスタープレーしていた時のことを思い出すよ。クラブ歴史、勝ち取ったトロフィーリーグなど全てをね。クラブファンからのサポートも素らしかった」

     続けて、C・ロナウドマンチェスター・U時代の“恩師”に対して感謝の言葉を述べた。

    「サー・アレックス・ファーガソンのことは決して忘れないね。のキャリアを大きく成長させてくれた。最大限の感謝を述べたい」

     マンチェスター・Uユヴェントスの一戦は、23日の20時日本時間24日の4時)にキックオフを迎える。

    古巣との対戦に向けて意気込みを語ったC・ロナウド [写真]=Juventus FC/Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】古巣凱旋となるC・ロナウド「マンUとの対戦は特別」…“恩師”への感謝も】の続きを読む

    このページのトップヘ