Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

     ユヴェントスに所属するブラジル代表DFダニーロがミラン戦を振り返りチームの問題点を指摘している。イタリアメディアミランニュース』が伝えている。

     ユヴェントスは19日にセリエA第4節でミランと対戦。FWアルバロ・モラタのゴールで4分に先制したが、試合が進むにつれ主導権を譲り渡し、後半にはついに決壊。アンテ・レビッチに得点を許し1-1の引き分けに終わった。

     ユヴェントスは4試合を終えて2分2敗で18位。イタリアを長くけん引してきたクラブは今季のスタートダッシュに失敗し不振に陥っている。

     ミラン戦に先発出場したダニーロはユヴェントスの抱える問題点は「メンタリティ」だと指摘。試合を振り返りつつ反省のコメントを残している。

    パフォーマンスが良くても結果が伴っていない。もっとチームとして動かなければならないという監督の言葉には同意するよ。前半は高い位置でプレスをかけポゼッションを保持するなど準備してきたことが発揮できた。後半もそれを続けなければならなかったが失点してしまった」

    「僕らの抱える問題はフィジカル的なフィットネスよりもメンタリティだと思う。そういう(メンタルがやられた)時にはプレスをかけたりユニットとして守備したり、ボールを早く動かすということができなくなる。それこそが改善点だね」

    「ほかのチームの動向にとらわれず自分たちの仕事と成長に集中しなければならない。もし自分たちのレベルのままプレー出来れば順位表を駆け上がることができると思う」

    ダニーロがコメント [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】不振ユヴェントス…ダニーロが問題点指摘「フィットネスよりメンタリティ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ミランステファノ・ピオリ監督がドローに終わったチームパフォーマンスを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。

    ミランは19日に行われたセリエA第4節でユベントスとのアウェイ戦に臨んだ。チャンピオンズリーグ(CL)でのリバプールとの死闘の影響から疲労の色が残るチームは、試合開始早々に失点を許す苦しい展開に。それでも、76分にFWアンテ・レビッチゴールで同点とすると、終盤には惜しいシーンを作るなど猛反撃を見せ、1-1のドローに終わった。

    これで開幕からのリーグ戦連勝が「3」でストップしたものの、貴重な勝ち点1を得て首位インテルと勝ち点で並ぶ2位となったピオリ監督は試合後、課題を指摘しつつ、チームはFWズラタン・イブラヒモビッチやFWオリヴィエ・ジルーら多くの負傷者がいるなかで、正しい姿を示したと強調。同時に、イタリアサッカーの課題についても言及している。

    「我々は試合に勝つためここに来たが、最初の20分はユベントスの方が我々より優れていた。それでも、後半は確実にずっと良くなったと思う。これは間違いなくポジティブパフォーマンスだった」

    ユベントスとの対戦となったが、これまでに比べ、劣ったパフォーマンスではなかったと思う。我々は重要な選手が常に欠けていることは明らかだが、クオリティチームスピリットは欠けていない。試合全体を通して、勝利を目指していたからね」

    「(イタリアクラブが欧州カップ戦で苦戦する理由として)イタリアサッカーは笛が多すぎ、抗議が多すぎ、休憩が多すぎる。ヨーロッパフィールドで向上するためには、それを高めなければならない」

    また、ピオリ監督は同点ゴールを決めたレビッチにも言及。負傷者の穴を埋める活躍を見せたことを称賛している。

    イブラヒモビッチとジルーがいない状況で、彼は我々に手を差し伸べてくれた。去年はこうした試合に勝つためには奇跡を期待する必要があったが、今はこうした試合でも勝つことを意識しなければならない。そして我々は、今日最後まで勝利を目指した」

    チャンピオンズリーグWOWOWで独占放送&配信!
    >>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ユーベ戦ドローで連勝ストップのミラン、指揮官「間違いなくポジティブなパフォーマンス」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    昨季のセリエAで4位に終わったユヴェントスはマッシミリアーノ・アッレグリ監督を呼び戻すとクリスティアーノ・ロナウドを放出した。

    だが、今季のセリエAでは開幕から4試合で1勝もできず(2分2敗)。Optaによれば、ユーヴェがセリエAで開幕4試合未勝利なのは、1961-62、1955-56、1942-43シーズン以来4度目のことだそう。

    ミッドウィークのCLマルメ戦には0-3で勝利したユーヴェだが、この日行われたミランとのビッグマッチは1-1のドロー。

    Sky』によれば、アッレグリ監督はミラン戦後にこう述べていたそう。

    マッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントス監督)

    「今夜は起きたことに非常に怒っている。

    前半のプレーはよかったし、いくつかチャンスもあった。

    だが、後半は負けるリスクすらあった。ミランゴールするまではこちらが試合をコントロールしていたにもかかわらずだ。

    ホームで勝点3を得るために必要な注意力と決断力を失った」

    コーナーから失点したが、試合のあの状況で相手に得点させるのはありえない。改善する必要がある。

    今日プレー面では大きな前進があったが、あんな失点はありえない」

    「選手の交代は私に責任がある。私は交代を間違えた、こういう試合ではそれが決定的になってしまう。

    試合は安全な状態だったので、より守備的な選手を投入するべきだった。

    ディバラは?彼はよかった。

    アルバロ(・モラタ)もよくやってくれたが、内転筋を痛めたので交代せざるをえなかった。

    キエーザは難しい時間に入った。彼はよかったが、成長する必要もある」

    ありえない失点だったと怒りつつ、選手交代は自分のミスだったとコメント。ユーヴェは開始4分で先制するも、後半31分にコーナーキックから失点している。

    【動画】監督激怒!屈辱のユヴェントス、ミラン戦での問題失点シーン

    なお、モラタは後半21分にモイーズ・キーンと交代。フェデリコ・キエーザは後半27分にフアン・クアドラードとの交代で投入された。そして、パウロ・ディバラは後半34分にデヤン・クルセフスキとの交代でベンチに下がっている。

    ロナウド退団のユーヴェ、60年ぶりの屈辱…監督は激怒しつつ謝罪


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ロナウド退団のユーヴェ、60年ぶりの屈辱…監督は激怒しつつ謝罪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    インテル監督のアントニオ・コンテが、教え子のモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの去就に関わるコメントを残した。イタリアスカイ』が伝えている。

    昨夏にレアル・マドリーからインテルに移籍したハキミは、コンテ監督の下、セリエAで37試合7ゴール10アシストを記録し、11年ぶりのスクデットに貢献した。ところが、今夏にインテルが深刻な財政難に陥りコンテ監督が退任すると、後を追うようにハキミも退団。多額な移籍金を置いてパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍した。

    パリでも好調を維持するハキミだが、『スカイ』のインタビューに答えたコンテ氏によると、いずれはマドリーに復帰することを夢見ているという。昨シーズンチャンピオンズリーグでのマドリーとの対戦が、そう感じたきっかけだったという。

    「昨季のレアル・マドリー戦でハキミは少し心理的に苦しんでいた。彼の夢は、主力としてマドリーでプレーすることだ」

    「あの2試合はよく覚えているよ。あの時から彼は一生懸命努力するようになり、私もまた、若手がどのように学び成長していくのかを目の当たりにした」

    「彼は攻撃面の良さだけでは不十分だと理解していた。今の彼は最高の選手たちに囲まれている。最後のボールまで諦めずに取り組み続ければ、いずれはワールドクラスになれるだろう」

    コンテ氏はまた、ハキミの後釜として加入したオランダ代表DFデンゼル・ダンフリースにも言及。「彼らはハキミの代わりに素晴らしい選手と契約した。もし彼がチームに溶け込むことができれば、彼はハキミの代役として活躍できるだろう」と、太鼓判を押している。

    チャンピオンズリーグWOWOWで独占放送&配信!
    >>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】「ハキミはマドリー復帰を望んでいる」コンテが証言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    フランス代表MFポール・ポグバ(28)の代理人がユベントス復帰の可能性を認めた。

    2016年夏にユベントスから古巣マンチェスター・ユナイテッドに復帰したポグバ。今季のプレミアリーグで開幕4試合で7アシストと個人としても好スタートに成功したが、ピッチ外ではユナイテッドとの残る契約が12カ月を切り、将来が不透明な状況だ。

    そんなユナイテッド背番号「6」を顧客に持つのが辣腕代理人として知られるミノ・ライオラ氏。レアル・マドリーパリ・サンジェルマン(PSG)も移籍先に挙がるポグバだが、ライオラ氏は『Rai Sport』でユベントス復帰の可能性を口にした。

    ポグバの契約は6月に切れる。マンチェスター・ユナイテッドと話をして、様子を見てみるとしよう」

    ポールはまだトリノを愛している。ポグバユベントスに戻る可能性はあるね。だが、ユベントス次第だ」

    ポグバ2012年夏〜2016年夏までの4シーズンにわたり、ユベントスプレー。ユナイテッド時代から逸材として知られた存在だったが、ユベントスに移ってからそのポテンシャルを輝かせ、公式戦178試合の出場で34得点40アシストの数字を残した。

    チャンピオンズリーグWOWOWで独占放送&配信!
    >>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】ポグバ、ユーベ復帰の可能性も…ライオラ「ポールはまだトリノを愛している」】の続きを読む

    このページのトップヘ