Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    レオナルド・ボヌッチ 写真提供: Gettyimages

     イタリア政府は6月20日からのセリエAの再開を承認した。28日、イタリア紙『カルチョメルカート』が報じている。

      新型コロナウイルスの影響により3月から中断を余儀なくされていたセリエA。今月からはシーズン再開に向け各クラブトレーニングを再開。今週にはグループでのトレーニングも行っていた。

     イタリアサッカー連盟(FIGC)は28日にシーズン再開に向けて政府と会議を行った。その結果、セリエA6月20日からの再開。それに先駆けコッパ・イタリア準決勝ユベントスミランインテルナポリセカンドレグを13日、14日に行い、決勝戦を17日に開催するようだ。

     イタリアスポーツ相のビンチェンツォ・スパダフォーラ氏は「すべてのFIGCスタッフと合意に達した」とコメントしている。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】6月20日に再開が正式決定!13日にはコッパ・イタリア、ユーベ対ミラン開催!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    現在38歳という年齢となったズラタン・イブラヒモヴィッチスウェーデンのマルメでプレーしたあと、20歳でオランダの名門アヤックスに加入した。

    エールディビジで得点を量産したあと、2004-05シーズン開幕後にユヴェントスへと加入することになるのだが…その移籍直前のプレーがこれだ。

    試合は2004年8月のNACブレダ戦。前線でディフェンダーを背負ってボールを受けたイブラヒモヴィッチは、手で相手を抑えながらターンし…。

    ドリブルでひとり、ふたりと振り回し、最後はゴールキーパーまでバランスを崩させる!

    【関連記事】イブラも!「ユーヴェ&ミラン&インテル」全てでプレーした激レア選手たち

    実況も「マラドーナか、ジダンか、ロマーリオか…」と口に出すほどの衝撃的なゴールだ。どちらの足でもシュートを決められるイブラだからこそ、どう止めていいのかわからないキープである。

    23歳のイブラ、「マラドーナ級」超絶ドリブル振り回しがこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】23歳のイブラ、「マラドーナ級」超絶ドリブル振り回しがこれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


    マッシモ・チェリーノ氏が「彼はトレーニングに姿を見せていない」

     セリエAブレシアのオーナー、マッシモ・チェリーノ氏が昨夏にチームに加入した元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得は「間違いだった」と後悔を語った。加入からわずか1年だが、バロテッリにはブラジルのヴァスコ・ダ・ガマや日本代表DF長友佑都の所属するトルコガラタサライ移籍の可能性が浮上している。

     29歳のバロテッリは今年1月に日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユに加入し、約半年間プレー。その後、同8月には故郷のブレシアで約4年ぶりにイタリアに復帰していた。

     今季はここまで19試合5得点の成績を記録しているものの、クラブからの期待には応えることができていないようだ。チームセリエA最下位に沈んでおり、オーナーチェリーノ氏はバロテッリからはクラブにコミットしようという意志も感じられないという。

     チェリーノ氏はバロテッリ獲得を「後悔している」と英公共放送BBC」に対してコメントした。

    「彼はトレーニングに姿を見せていない。彼はクラブの将来のためにコミットしているようには見えない。それが問題なんだ。バロテッリセリエAでの契約を結んでいるが、セリエBでの契約はない。我々は後悔している。バロテッリはこれ以上の契約を望んでいなかった」

     チェリーノ氏は「私たち双方が間違いを犯したと思う」とバロテッリのブレシア加入が選手にとってもクラブにとっても失敗だったと言及し、「彼の故郷であるブレシアに来ることで、とてもコミットしてくれるものだと思っていた。同時に彼は前監督(エウジェニオ・コリーニ)の下で間違った扱いを受けていたと思う」と付け加えた。

     バロテッリサポーターからの度重なる人種差別被害に悩まされており、イタリアからの移籍可能性も浮上している。イタリアサッカー情報サイトフットボールイタリア」によれば、代理人のミノ・ライオラ氏がブラジルのヴァスコ・ダ・ガマとトルコガラタサライと連絡をとっているという。ブレシアを1年で退団する可能性が現実味を帯びているようだ。(Football ZONE web編集部)

    ブレシアで期待に答えられていないバロテッリ【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「後悔している」 ブレシアオーナー、”悪童”バロテッリの獲得に”本音”…練習は不参加】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.juventus.com)



    ユベントスイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが同僚の元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインについて語った。『フットボールイタリア』が伝えている。

    2016年夏にナポリから加わったイグアインは、昨シーズンミランチェルシーにそれぞれレンタル移籍。今シーズンユベントス復帰を果たしている。

    シーズンは、ここまでセリエA23試合に出場し、5ゴール4アシスト。またチャンピオンズリーグ(CL)でも7試合出場2ゴール2アシストの活躍を見せているが、試合中にその感情を爆発させることも少なくない。

    ユベントスでともにプレーするキエッリーニが、自身が出版した自叙伝『Io,Giorgio』の中で、イグアインのことを次のように語っている。

    「ゴンサロ(・イグアイン)は強く、大きな男だ。彼は常に、周りから多くの自信を感じる必要がある。僕は彼を愛しているし、彼のラテンの熱狂ぶりが好きだ。僕のチームメイトであり、センシティブな人だ。そのことは、いくつかの試合で彼に多くの感情をもたらした」

    「だが、僕たちはみなそれぞれの生き方を通してできている。僕たちは両親から与えられたもののみを扱うことができる。つまり、僕たちは多くのことができるが、すべてではないということだ。そして、エンブレムには重みがある」

    イグアインのトリノでの最初の数日間を覚えている。彼と飲みに出かけ、確か2枚の自撮りを求められた。『ここはパラダイスだ』とゴンサロは毎日繰り返していた。ユベントスは本当の家族のようで、楽園だ」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】キエッリーニが自叙伝で同僚イグアインを語る「彼のラテンの熱狂ぶりが好き」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title


     ポルトガル代表FWのクリスティアーノ・ロナウド5月27日、長い髪を下ろしたセルフィーInstagramに投稿。色気が増した姿に、ファンチームメイトから褒め称える声があがっています。

    【画像】お団子もまたよき

     1月ごろから、特にプレイ中は長く伸びてきた頭頂部の髪をひっつめ、頭のてっぺんでお団子にしていることが多かったロナウド。約半年間、すっかり見慣れた姿でしたが、5月27日になって髪を下ろした写真を初めて投稿。新しい髪形の賛否を問うように、乱れ髪の色気あふれる姿は「承認された?」とフォロワーに問いかけています。

     現所属チームユヴェントスチームメイトドウグラス・コスタ・デ・ソウザは、これに笑い泣き絵文字5つでコメント。前所属チームレアル・マドリードのマルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオルも「イケメン(Gorrrtosin hahah)」とつづりました。

     ファンからは、マンチェスター・ユナイテッドに所属していたおよそ10年前の髪形をほうふつさせるとの声が寄せられた他、映画「シザーハンズ」出演時のジョニー・デップに似ているという意見も。現在まで、この投稿には約1200万件のいいねと、18万を超えるコメントが寄せられるなど注目を集めています。

    もはやただのイケメン(画像はクリスティアーノ・ロナウド公式Instagramから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ジョニー・デップに似てる? クリスティアーノ・ロナウド、お団子ヘアを下ろした姿に1200万いいね】の続きを読む

    このページのトップヘ