Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 それ以外にも、芸能やネットニュース、ギャンブルetcなどまとめています。 覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA


    ジェノアFWペッレグリ、今世紀5大リーグで複数得点を挙げた最年少選手に 



    今世紀の欧州5大リーグで最年少複数得点を記録したペッレグリ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

      セリエA第4節でジェノアとラツィオが対戦。この試合で2得点を挙げたU-17イタリア代表FWピエトロ・ペッレグリが、今世紀に複数得点を決めた選手の最年少記録であると18日、アメリカ紙『Sports Illustrated』が伝えている。

     試合はジェノアが1点ビハインドの57分、ペッレグリが同点弾となるゴールを決める。さらに勝ち越しゴールを決められた直後の73分、同選手が再び同点に追い付く得点を挙げた。この複数得点を16歳と184日で記録したペッレグリ。これは21世紀が始まってから、ヨーロッパ5大リーグで複数得点を挙げた最年少記録であると同紙で紹介されている。

     同選手は2001年生まれの16歳。昨シーズン、15歳と280日でセリエA最年少出場記録を更新し、最終節では16歳72日と歴代3位となる若さでの得点も記録した。久保建英と同年代の若きFWが、さらに欧州の最年少記録を更新するのだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ジェノアFWペッレグリ、今世紀5大リーグで複数得点を挙げた最年少選手に】の続きを読む


    「最も輝かしい時」得点ランク2位のインモービレが喜び語る 



    前節のミラン戦に続く活躍で絶好調を維持するインモービレ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     セリエA第4節が17日に行われ、ラツィオはアウェーでジェノアと対戦し、3-2と逆転勝利を収めた。

     2得点を奪い、チームを逆転勝利に導いたイタリア代表FWチーロ・インモービレが試合後にイタリアメディア『Sky』のインタビューに応えた。

     今シーズンのセリエAでの通算6得点に伸ばし、得点ランキングで2位に位置するインモービレは「自分のキャリアにおいて最も輝かしい時を迎えている。トレーニングの結果を実らせている」と自ら絶好調をアピールした。

     そして、今週のミッドウィーク開催となる第5節について「水曜日のナポリ戦は、スクデットを争うチームとの大きな一戦だ。昨シーズンに喫した試合のリベンジを果たしたい」と話し、昨シーズンの汚名返上を晴らしたいと意気込んでいる。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「最も輝かしい時」得点ランク2位のインモービレが喜び語る】の続きを読む


    ユーヴェ指揮官、不振のイグアインを擁護「FWには得点できない時期もある」 



    不振により批判にさらされているイグアインをアッレグリ監督は完全擁護した [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     セリエA第4節が17日に行われ、ユヴェントスはアウェーでサッスオーロと対戦し、3-1と快勝を収めた。

     ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が試合後に記者会見に臨んだ。イタリアメディア『トゥットメルカート』が報じている。

     アッレグリ監督は、アルゼンチン代表に招集されず、この試合でも得点のなかったFWゴンサロ・イグアインについて言及し「彼は前半、良い仕事をした。彼が果たしたことに私は満足しているよ。1年のうちに、FWは得点できない時期があるものだ。これまで、イグアインはカリアリ戦とキエーヴォ戦でゴールし、4試合で2ゴールを決めている。今の時期に並外れた結果を出しているのはディバラだが、これまでと同じようにイグアインにもゴールは戻るだろう。そして、同じようにマンジュキッチもゴールできるはずだ」と、不振と批判されているイグアインについて意に介していないことを明かしている。
     
     そして、ハットトリックのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラについては「リーグ戦ではとてつもない結果を残しているが、チャンピオンズリーグ(CL)では弱々しく見えるのではないか」との質問が及ぶと「それは完全に誤りだ。ディバラはバルセロナ戦で良いプレーを見せた。後半はチーム全体が誤ってしまった」とチーム全体の責任だとしている。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ユーヴェ指揮官、不振のイグアインを擁護「FWには得点できない時期もある」】の続きを読む


    今季2度目のハットトリックのディバラ「これからも今日のような…」 



    この日3得点を記録し、ユーヴェでの通算ゴールを52としたディバラ [写真]=Getty Images
    サッカーキング

     セリエA第4節が17日に行われ、ユヴェントスはアウェーでサッスオーロと対戦し、3-1と快勝を収めた。
     
     今季既に2回目のハットトリックとなったアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラがイタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応えた。

     早くも今シーズンのセリエAでの通算得点を8とし、得点ランキングで首位に立つディバラは「当然この数字を嬉しく思う。(ユーヴェの一員として公式戦通算)100試合の出場で50ゴールをこの試合で達成するために、1点は取りたかったが3点も取れたのだからね。これからも今日のような結果を出し続けたい」と語り、ハットトリック達成を喜んだ。

     さらに、「チームメイトからの信頼を感じているし、監督からは自由に動かさせてもらっている。2-0とした後、すぐに失点した。その後は落ち着いてプレーさせてもらえなかったね。それから3点目を取ることができて、冷静に戦えたよ」と続けると、0-3と完敗を喫したバルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ初戦については「もう過去のことだ。既に忘れている。あの試合の後、今日の試合に勝たなければならなかったからね」と切り替えて試合に臨んでいたことを明かした。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【今季2度目のハットトリックのディバラ「これからも今日のような…」】の続きを読む


    ディバラが早くも今季2度目のハット! ユーヴェ、3発快勝で開幕4連勝 



    ディバラのゴールを祝福するユヴェントスの選手たち [写真]=Juventus FC via Getty Images
    サッカーキング

     セリエA第4節が17日に行われ、サッスオーロとユヴェントスが対戦した。

     開幕4連勝を狙うユヴェントスは16分、左サイドの裏に抜け出したマリオ・マンジュキッチが鋭いボールをペナルティエリア手前に送ると、走り込んだパウロ・ディバラが左足ダイレクトで狙う。このシュートがゴール右隅に吸い込まれ、ユヴェントスが先制した。

     後半立ち上がりの49分、ユヴェントスはフアン・クアドラードからの折り返しを受けたディバラがエリア内右から左足のシュートでニアサイドを抜き、追加点を奪った。

     直後の51分、サッスオーロは一瞬の隙からポリターノのゴールで1点を返す。しかし63分にはエリア手前右からのFKをディバラが鮮やかに沈め、ハットトリックを達成。ユヴェントスが再びリードを2点に広げた。

     試合はこのままタイムアップを迎え、ユヴェントスが3-1と快勝。開幕4連勝を飾った。

     次節、サッスオーロは20日にアウェイでカリアリと、ユヴェントスは同日にホームでフィオレンティーナと対戦する。

    【スコア】
    サッスオーロ 1-3 ユヴェントス

    【得点者】
    0-1 16分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
    0-2 49分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
    1-2 51分 マッテオ・ポリターノ(サッスオーロ)
    1-3 63分 パウロ・ディバラ(ユヴェントス)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ディバラが早くも今季2度目のハット! ユーヴェ、3発快勝で開幕4連勝】の続きを読む

    このページのトップヘ