Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 juventus-journal.com)



    スイス代表DFシュテファンリヒトシュタイナー(36)が12日、自身の公式SNSを通じて現役引退を発表した。

    グラスホッパー、リール、ラツィオを経て2011年ユベントスに加入したリヒトシュタイナー。右ウイングバックや右サイドバックとして長らく不動の地位を築き、在籍7シーズンで公式戦通算259試に出場し、7度のセリエA優勝など数々のタイトルに貢献した。

    しかし、晩年は思うように出場機会を得ることができず、2018年の夏にユベントスを退団しアーセナルへ加入。その翌年にはアウグスブルクへと完全移籍した。そのアウグスブルクではブンデスリーガ20試合に出場し1アシストを記録。クラブの1部残留に貢献したが、2019-20シーズン限りで契約満了を迎えていた。

    また、2006年デビューしたスイス代表では、歴代5位となる通算108試合に出場し8ゴール7アシストマーク。3度のワールドカップ(2010,2014,2018)、2度ユーロ(2008,2016)に出場した。

    リヒトシュタイナーは12日に自身のツイッター(@LichtsteinerSte)にメッセージ動画を投稿。その中で「僕は自分の将来について多くのことを考えており、サッカー選手としてのキャリアに終止符を打つことを決めた」と、現役引退を決断したことを明かした。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】リヒトシュタイナーが現役引退…ユベントスではセリエA7連覇に貢献】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 www.football-zone.net)



     ユヴェントスは今夏の移籍市場でウェールズ代表MFアーロンラムジーの売却を図っている。12日にイギリス紙『エクスプレス』が報じた。

     ラムジーは昨夏の移籍市場で11年間在籍したアーセナルに別れを告げ、キャリア初となるセリエAへの移籍を決意。デビューシーズンリーグ制覇を果たした同選手だが、選手層の厚いチームの中で先発メンバーに定着することはできなかった。

     同紙によると、新たにアンドレア・ピルロ氏を指揮官として招へいしユヴェントスラムジーの売却を望んでいるという。同氏はすでにチームの再建に向けて動き出しており、起用が見込めない選手は今夏の移籍市場で退団を強いられる模様だ。

     同クラブラムジーの高年俸を支払うことを避けようと、契約が残っているにもかかわらず、今夏でのフリー移籍を承諾する意向だという。移籍予算が限られていると報じられている古巣アーセナルが、この条件で同選手の獲得を希望しているようだ。果たして今夏の移籍市場で、この異例のフリー移籍は実現するのであろうか。

    ラムジーは今夏の移籍市場でユヴェントスを退団する模様だ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】新体制ユーヴェ、ラムジーをアーセナルに返却? フリー移籍の承諾へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 balance-style.jp)



    どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。

    今回はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユベントスで決めた最初のゴールだ。



    ポルティングでプロデビューを果たしたC・ロナウドは、2003年夏にマンチェスター・ユナイテッドに加入。世界トップクラスの選手として大ブレイクを果たすと、2009年レアル・マドリーへ移籍し、世界最高の選手の1人としての地位を確立した。

    名実ともにマドリーの象徴となっていたC・ロナウド2018年ユベントス移籍には誰もが驚いたが、イタリアでも変わらぬ活躍を続け、ここまで公式戦89試合で65ゴールと驚異的なスピードゴールを量産している。

    そんなC・ロナウドの記念すべきユベントスゴールは、2018年9月16日に行われた、セリエA第4節のサッスオーロ戦で決めたゴールだった。

    それまでセリエA3試合連続無得点と、適応に若干苦しんだC・ロナウド。この試合でも決定機を外すなど、らしくない姿を見せていたが、迎えた50分、ついにその時が訪れる。

    コーナーキックからチャンスを作ったユベントスは、ボックス内の混戦からDFレオナルド・ボヌッチがシュートを放つ。これは相手にブロックされたものの、ボールの処理に苦戦した相手の一瞬の隙を突き、C・ロナウドボールを押し込みゴールを決めた。

    決して華麗な初ゴールとはならなかったが、これで肩の荷が下りたのか65分にもC・ロナウドゴールを決め、ユベントスが2-1で試合に勝利している。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】イタリアでの挑戦の記念すべき1ページ!クリロナのユベントス初ゴール】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 juventus-journal.com)



    マウリツィオ・サッリ監督を電撃解任したユヴェントスの新指揮官に任命されたアンドレア・ピルロ。41歳の青年監督がどんな手腕を振るうのか注目される。 

    『voetbalzone』によれば、ピルロオランダサッカーに心酔しているとか。

    最近の彼が主に分析していたのは、マンチェスター・シティ、RBライプツィヒ、サッスオーロ、そして、アヤックスとAZの試合だそう。

    オランダサッカーとその哲学を気に入っているというピルロは、若手選手たちをベースにしたプロジェクトを望んでおり、ポゼッションに基づいたダイナミックシステムを構築しようとしているとか。

    菅原由勢が所属するAZは昨季のエールディビジで2位に躍進(新型コロナウイルスの影響でリーグは25節で打ち切り)。優勝したアヤックスを上回るリーグ最少失点数(25試合で17失点)だったが、話題になったのは“偽サイドバック”のような布陣を敷く攻撃的スタイルだ。

    実際に右SBの菅原がゴール前に入りこんでゴールを奪っている。その驚きの得点シーンがこれ(以下動画8分35秒~)。

    どう見ても、右SBのポジションじゃない!

    【関連記事】 「若手大好き!若者にチャンスを与える若き秀英チームTOP6」

    ピルロはAZの3選手(DFオーウェン・ヴァインダル、MFトゥン・コープマイナース、FWマイロン・ボアドゥ)をいたく気に入っているとか。この3人がすぐさまユーヴェに引き抜かれるかは不明だというが、ピルロオランダサッカーを注視しているようだ。

    また、ピルロはサッスオーロのロベルト・デ・ゼルビ監督のシステム構築もチェックしているという。

    ユーヴェ新監督のピルロ、熱心に分析してた「日本人所属チーム」が判明


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ユーヴェ新監督のピルロ、熱心に分析してた「日本人所属チーム」が判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    (出典 img.sportsbull.jp)



    ウェールズ代表MFラムジーは週給3470万円の高額年俸がネック

     2020-21シーズンよりユベントスの指揮を執ることになった元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ監督は、早くも来季の戦力と戦力外を見定めたのかもしれない。英紙「デイリーミラー」は、ウェールズ代表MFアーロンラムジーら4選手が自由に新たなクラブを探せる状態になったと伝えている。

     昨夏、ラムジーはアーセナルとの契約が満了を迎え、移籍金ゼロでユベントスに加入。ユベントスはマウリツィオ・サッリ監督の下、セリエAで9連覇を成し遂げたが、ラムジーはリーグ戦11試合の出場にとどまった。

     ユベントスは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16でリヨンアウェーゴールの差で敗れると、サッリ監督を解任。監督経験ゼロのピルロ氏を新監督に招いた。リヨン戦(2—1)の後半15分に最初の交代枠でピッチに立ったラムジーだが、この試合がユベントスの選手として最後のプレーになるかもしれない。

     ピルロ新監督は、ラムジーをはじめ、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン、元ドイツ代表MFサミ・ケディラ、イタリア代表DFダニエレ・ルガーニ、そしてイタリア代表DFマッテア・ディ・シーリオといった選手の放出を望んでいると報じられた。

     また、フランス代表MFブレーズ・マテュイディは10日、パリ・サンジェルマンPSG)時代のチームメートである元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏がオーナーを務める米MLSメジャーリーグサッカー)のインテル・マイアミのメディカル・チェックを受けており、まもなく3年契約を結ぶという。

     ユーベを離れるのは、マテュイディだけではない。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチは、バルセロナブラジル代表MFアルトゥールとのトレードが発表された。それでも、ラムジーの前にフランス代表MFアドリエン・ラビオ、ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール、さらにアルトゥールが優先されるとしている。

     ラムジーは、ユベントスと週給25万ポンド(約3470万円)の契約を結んでおり、この高額年俸が移籍の妨げになるとも指摘される。高額年俸を支払い、ラムジーの獲得に名乗りを上げるクラブが現れるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    ユベントスのアンドレア・ピルロ新監督【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ピルロ新監督がユベントス大改革へ、放出を望む選手は? 代表クラスを一斉売却か】の続きを読む

    このページのトップヘ