Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が、ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得を否定した。20日、スペイン紙『アス』が伝えた。

     現在36歳のC・ロナウド2009年夏から2018年夏までレアル・マドリードプレー。公式戦通算438試合の出場で450ゴールを記録し、2度のリーグ優勝や4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など数々のタイトル獲得に貢献した。しかし、今季のユヴェントスが不振に陥っていることを受け、一部でレアル・マドリードに復帰する可能性も報じられている。

     物議を醸す欧州スーパーリーグ(ESL)の初代会長に就任したペレス会長は20日、スペインのTV番組『El Chiringuito TV』に出演。そのなかで、C・ロナウドが復帰する可能性について問われると、「ノー。彼はユヴェントスとの契約が残っている。彼が戻ってきても意味がない」と否定した。一方で同選手に向けては、「私は彼をとても愛している。彼は私たちに多くのものを与えてくれた」と賛辞を送った。

     また、ペレス会長は、主将であるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの去就にも言及。同選手の契約は2021年6月30日で満了を迎えるが、サラリーや契約年数をめぐって対立が続き、交渉は難航が続いている。

    「私も彼をとても愛しているが、私たちはとても悪い状況にある。現実的に考えなければならない。ラモスと延長しないとは言っていない。まずは今シーズンが終わってから、来シーズンがどうなるかを考えている。多くの選手と話をしているが、多くの選手が自主的に減俸に応じており、すでに賃金をカットしている者もいる。すなわち、(レンタルで)去っていった2人、ルカ・ヨヴィッチとマルティン・ウーデゴーアだ。昨年、ラモスは減俸を受け入れた。今年は彼の状況が違うから…(どうなるかは分からない)」

     ペレス会長に対しては、獲得が噂されるパリ・サンジェルマンフランス代表FWキリアン・エンバペに関する質問も。同会長は、「事実、彼はとても良い選手だ。マドリーには変化が必要だが、エンバペのことではないよ。もう何年も彼とは話していないと断言できる。私が知っているのは新聞で読んだことだけだ」と答え、獲得に動いていることを否定した。

    ペレス会長(左)がC・ロナウド(右)に言及(写真は2017年) [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】レアル会長がC・ロナウドの復帰を否定…S・ラモスとの契約交渉は「とても悪い状況」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ついに本格的に動き始めた欧州スーパーリーグ構想。ヨーロッパトップの12クラブが参戦に合意する一方、各国などでは反発の動きも強まっている。

    『VG』によれば、ノルウェー代表のストーレ・ソルバッケン監督はこんな発言をしていたそう。

    トーレ・ソルバッケン(ノルウェー代表監督)

    「(ユヴェントス会長の)アンドレア・アニェッリが近年の原動力のひとつになっている。

    近年のユヴェントスチャンピオンズリーグの決勝トーナメントアヤックスリヨンポルトに負けた。

    なんで彼らはそんなトーナメントにいる必要がある?

    今のトッテナムアーセナルも欧州のベスト20~30チームに入っていないだろう」

    Fワードも交えながら、ユーヴェ、アーセナルトッテナムをちくりと口撃していたとか。

    【動画】これは天才!ウーデゴール、アーセナルで炸裂した「神の左」シーン

    現在アーセナルにはノルウェー代表キャプテンのマルティン・ウーデゴールが所属しているが、そのあたりは気を使わなくて大丈夫なのだろうか。

    「CL敗退のユーヴェがスーパーリーグだ? アーセナルもトッテナムも弱いだろ」代表監督が揶揄


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】「CL敗退のユーヴェがスーパーリーグだ? アーセナルもトッテナムも弱いだろ」代表監督が揶揄】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    ユベントスは19日、イタリア代表MFフェデリコ・キエーザが左ハムストリングを負傷したことを発表した。

    キエーザは、18日に行われたセリエA第31節のアタランタ戦に先発出場。しかし、この試合で左足の筋肉系を負傷すると、58分にブラジル代表DFダニーロと交代していた。

    クラブの発表によれば、キエーザは19日の朝にJメディカルで検査を受けたとのこと。その結果、筋肉系の損傷は見られなかったが、ハムストリングの筋肉を伸ばしており、数日以内に再検査を実施するとのことだ。

    イタリアメディアは、このケガでキエーザは21日に行われるセリエA第32節のパルマ戦は欠場すると報じている。

    今季公式戦41試合に出場し13ゴール11アシストを記録しているキエーザの離脱は、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を争うチームに取って大きな痛手となる。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】キエーザが左ハムストリングを負傷…21日のパルマ戦は欠場か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     インテルアントニオ・コンテ監督がリーグ戦について言及した。18日付けでイタリアメディアFootball ITALIA』が伝えている。

     同日に行われたセリエA第31節ナポリ戦を1ー1で終えた首位インテルは、連勝が11でストップ。同試合後の取材に応じたコンテ監督は、オウンゴールを献上して引き分けに終わった今回の試合について、以下のように語っている。

    「この試合は、ひょっとしたら不本意ながらも負けていた試合かもしれない。心理的にも苦しい状況に晒されたからね。しかし我々が目にしたのは、自分たちで何をすべきかを理解し、たとえオウンゴールのような不運な出来事があったとしても、正しい道を見失わないチームの姿だった」

    「今夜のナポリはフル稼働していたし、私はシーズン前から彼らをスクデット候補のひとつだと考えていた。彼らは今チャンピオンズリーグの出場権獲得に挑んでいるから、我々はナポリほどハングリーではなかったかもしれない。ただ、インテルの選手たちは、本当に全力を尽くしていたと思う」

     またコンテ監督は、今シーズン終了後の補強について問われると「いま移籍市場について話すことは、まったくもって意味がない。私はあらゆる面で大きく成長したこのグループに満足しており、誇りに思っている。今シーズンの結果は非常に重要なため、絶対に集中を切らしてはならない。シーズンを終えた時の状況を踏まえて、物事を考える時間があるだろう」とコメントしている。

     2位ミランに勝ち点差「9」をつけて首位を走るインテルの次戦は21日、第32節スペツィア戦をアウェイで迎える。

    インテルのコンテ監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】コンテ監督、ナポリ戦で連勝ストップも選手に満足「本当に全力を尽くしていた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    セリエAで2位につけているミラン。第31節のジェノア戦に2-1で勝利した。

    この試合でCBコンビを組んだフィカヨ・トモリとシモン・ケアーの神カバーリングが話題になっている。

    GKジャンルイージ・ドンナルンマがボールをこぼした後、2連発で相手の決定的シュートを阻止したのだ。チームを救ったゴールカバーがこちら!

    これは熱い!相手も思わず頭を抱えていた。

    【写真】「ミランの9番」最高の5名と最悪の5名

    ただ、試合後にケアーは「今日の勝利は勝点3以上の価値がある。ちょっと苦しんだし、もっと早くにゲームを殺す必要があった。我々は愚かな失点が多い」と述べていたそう。

    ミランを救う!CBコンビの「胸熱ゴールカバー2連発」がすごいぞ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ミランを救う!CBコンビの「胸熱ゴールカバー2連発」がすごいぞ】の続きを読む

    このページのトップヘ