Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    何もかもが規格外だ。

    ミランスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ10月3日に41歳の誕生日を迎えた。夏に受けたヒザの手術からの復帰プログラム中のため、今季はまだ出場はないが、ミランからはバースデーメッセージとともに「フィールドに戻り、ミラニスタとして100ゴールを達成してもらいたい。お待ちしております」との期待が寄せられている。

    また、過去に所属したパリ・サンジェルマン(PSG)やバルセロナのほか、欧州選手権(ユーロ)の公式アカウントからも祝福のメッセージを発信している。

    イブラヒモビッチ自身も自らを祝福。3日にインスタグラムを更新して「Happy Birthday to Zlatan」と綴り、白と赤、2台のフェラーリが重なるような合成写真を公開した。

    フットボールイタリア』によれば、これは自分のために購入した誕生日プレゼントとのこと。ズラタンは昨年にも50万ユーロ(約7150万円)相当のフェラーリSF90スパイダーを購入していた。

    SNSには「ズラタンデーおめでとう」、「神様お誕生日おめでとう」などの祝福が多数寄せられたほか、「最高の願いの伝説」、「素晴らしい」、「赤と白のバンディット」、「素晴らしい投稿」などの感嘆の声も届いている。

    世界屈指のストライカーは、1月には復帰の見込みとのこと。衰え知らずの得点感覚やパフォーマンスを再びピッチで観るのが待ち遠しい。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】ズラタン、41歳の誕生日プレゼントは2台のフェラーリ 祝福も多数届く「ズラタンデーおめでとう」「素晴らしい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    現役引退を発表した元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(34)に対する各クラブの反応が異なっている。

    所属するメジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミから今季限りでの引退が発表されたイグアイン。リーベル・プレートから19歳でレアル・マドリーへと移籍し、その後はナポリユベントスミランチェルシーといったビッグクラブを渡り歩いた。

    イグアインの突然の引退には、かつて在籍したユベントスが公式SNSで過去のゴールを振り返ったほか、マドリー時代に師事したジョゼ・モウリーニョ監督(現ローマ)が惜別のメッセージを送るなど、一時代を築いたストライカーに歴代のクラブや関係者から労いの言葉が贈られている。

    そんななか、ナポリはこれらの動きを完全にスルーイグアイン2013年夏に加入したナポリセリエA得点王に輝いたほか、3年間で通算91得点を挙げるなど絶対的エースとして君臨したが、2016年夏のユベントス移籍に憤ったファンからは大きな反発を呼んでいた。

    こういった事情もあってか、ナポリイグアインの現役引退を「無視」。ライバルクラブへと去った元エースに対する遺恨は6年経っても消えていないようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】イグアイン引退をナポリは完全に「無視」… ユーベ移籍の遺恨は未だ晴れず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    ユベントスは2日、セリエA第8節でボローニャをホームに迎え、3-0で快勝した。

    代表ウィーク前の前節、セリエA初昇格のモンツァに金星を献上した8位ユベントス(勝ち点10)は、アッレグリ監督の続投を決断した中、負傷明けのロカテッリ、ラビオ、アレックスサンドロ、GKシュチェスニーが先発となった。

    16位ボローニャ(勝ち点6)に対し、ヴラホビッチとミリクの2トップとするフラットな[4-4-2]で臨んだユベントスが立ち上がりから圧力をかけると、24分に押し切った。

    カウンターに転じた流れからヴラホビッチのパスを受けたコスティッチがボックス左からシュートを決めきった。

    コスティッチに移籍後初ゴールが生まれたユベントスハーフタイムにかけても主導権を握り、1点をリードして前半を終えた。

    そして迎えた後半、59分にリードを広げる。相手CKを跳ね返したロングカウンターの流れから、マッケニークロスをヴラホビッチが頭で押し込んだ。

    さらに62分、勝負を決定付ける3点目。CKの流れからミリクが強烈なボレーでゴールに叩き込んだ。

    その後はロカテッリやラビオら負傷明けの選手たちを交代させる余裕を見せたユベントスが3-0のまま快勝。リーグ戦4試合ぶりの勝利を手にした。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】アッレグリ続投のユベントス、ケガ人復帰で久々の快勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が代表ウィーク明けの巻き返しを誓った。イタリアスカイ』が伝えている。

    セリエAで9連覇を果たした頃の勝負強さは、もはや見る影もないユベントス。現在はリーグ戦で8位に低迷しているほか、チャンピオンズリーグ(CL)でもまさかの連敗スタートと、アッレグリ監督の手腕を疑問視する声が後を絶たない。

    2日には代表ウィーク明けの初戦となるセリエA第9節のボローニャ戦を迎えるが、同監督は前日会見の場で序盤戦の低調ぶりを認めつつ、この一戦からの巻き返しに意欲を示している。

    シーズン最初の約1か月が悪い出来だったことを忘れてはいけない。(開幕直後の)3試合は及第点のスタートだったが、そのあとは低調なゲーム内容と敗戦が続いた。データがそれを裏付けているよ」

    「ここまで公式戦9試合で3敗と4分。我々はこのことをよく認識していて、チーム全体で現状について話し合った。次の対戦相手はボローニャだ。このゲームで勝利を取り戻す必要がある」

    「代表チームに合流していた選手らは順調に復帰しているよ。イタリアは2試合とも勝利し、ボヌッチとガッティはリフレッシュも完璧だ。ヴラホビッチとコスティッチのセルビアも良い成績だったね」

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】国内9連覇の強さはどこへ… ユーベ指揮官が巻き返しに意欲「勝利を取り戻す」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title



    アーセナルが、ユベントスイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(24)に関心を抱いているようだ。

    ロカテッリはミランの下部組織で育ち、サッスオーロを経由した昨夏に幼少期からの憧れであるユベントスの一員に。昨季は主力として公式戦43試合に出場し、背番号を5に変更した今季もセリエA5試合でピッチに立っている。

    一方でプレミアリーグからの関心も。イタリアカルチョメルカート』によると、今夏にマンチェスター・ユナイテッドから正式オファーがあったとのこと。ユベントスに忠誠を誓うロカテッリは、迷うことなくこれを一蹴したという。

    だが、ユベントスの首脳陣らは必ずしもロカテッリを売却不可とは位置付けていないようで、来年1月の移籍市場でアーセナルへ売却する可能性があるという。

    ロカテッリ自身が退団を考慮していないため、アーセナルが来冬に本腰を入れるかどうかは現時点で不透明。ただ、少なからず関心は持ち続けるつもりのようだ。

    カルチョメルカート』は、愛するクラブを退団という「邪念」を払い去るためには、ロカテッリ自らがプレーと結果で首脳陣らを納得させる必要があると付け加えている。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【プレミアリーグ】アーセナルがロカテッリに関心、ユーベ首脳陣にとっても必ずしも「売却不可」ではない?】の続きを読む

    このページのトップヘ