Football Select

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > セリエA

    no title


    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ナポリvsバルセロナが25日に行われ、1-1で引き分けた。

    リバプールザルツブルク、ヘンクと同居したグループEを3勝3分けの2位で通過したナポリは、12月アンチロッティ前監督の解任を断行した中、ガットゥーゾ監督を招へい。公式戦ここ7試合で6勝とチーム状態を上げた中、守備の要クリバリを負傷で欠いたが、それ以外はベストメンバーで臨んだ。

    一方、ドルトムントインテル、スラビア・プラハと同居したグループFを4勝2分けの首位で通過したバルセロナは、スーペル・コパでの敗戦を受けて1月にバルベルデ前監督の解任を断行。セティエン監督を迎え、コパ・デル・レイこそ準々決勝敗退に終わったが、ラ・リーガでは4連勝中で首位に浮上し、次節レアル・マドリーとのエル・クラシコを控える中、ナポリ戦を迎えた。

    ビダルを3トップの右に据えたバルセロナボールを握る展開で立ち上がった中、ナポリはメルテンスのみを最前線に残す[4-5-1]で応戦したため、静かな序盤戦となった。

    そんな中30分、ナポリが最初の決定機をモノにする。ジュニオールフィルポのトラップミスを突いたジエリンスキがボックス手前右まで持ち上がって中に折り返すと、ボックス手前左のメルテンスがトラップから右足を一閃。完璧なシュートゴール右上に決まった。

    先制後もナポリが自陣に引いてスペースを消す中、攻めあぐねるバルセロナメッシを完全に封じられ、枠内シュートを打てずに前半を1点ビハインドで終えた。

    迎えた後半も同様の構図で試合が推移する中、ナポリはメルテンスが54分に負傷のためミリクとの交代を強いられた。

    すると57分、バルセロナが一瞬の隙を突いてアウェイゴールを奪う。ブスケッツのスルーパスでボックス右のスペースを突いたN・セメドのクロスグリーズマンが押し込んだ。

    失点を受けて重心を前に上げたナポリはインシーニェが個人技から枠内シュートを浴びせれば、63分にもカジェホンがGKと一対一に。しかし、テア・シュテーゲンにセーブされた。

    終盤にかけてはバルセロナが押し込む流れが続いた中、互いに決定機なく1-1で終了。3月18日にカンプ・ノウで行われる2ndレグに決着は委ねられることとなった。


    ルイス・フィーゴも生解説!伝統の一戦クラシコ
    WOWOWにて生中継!
    ■詳細はこちら>

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】ナポリ先制もバルサがグリーズマンのアウェイゴールでドロー!】の続きを読む



    (出典 www.footballchannel.jp)



    チェルシーに所属する元スペイン代表DFマルコス・アロンソ(29)がセリエA復帰を希望しているようだ。同選手の父親であるマルコス・アロンソペーニャ氏がイタリアカルチョメルカート』で語った。

    レアル・マドリーレジェンドであるマルキートス氏を祖父に、アトレティコ・マドリーバルセロナで活躍した名サイドアタッカーのペーニャ氏を父親に持つサラブレッドマルコス・アロンソ

    2013年から3年間在籍したフィオレンティーナで台頭した後、2016年夏に加入したチェルシーではここまで公式戦136試合に出場。プレミアリーグヨーロッパリーグ、FAカップの3つのタイトル獲得に貢献してきた。

    ただ、フランク・ランパード新体制では直近のトッテナム戦で貴重な追加点を挙げる活躍を見せた一方、ここまで16試合の出場に留まっており、チーム内での序列が低下。今冬の移籍市場ではチェルシー指揮官のアントニオ・コンテ監督が率いるインテル移籍の可能性も報じられていた。

    その息子の去就に関して父親のペーニャ氏はセリエA復帰の可能性を口にしている。

    「(息子さんはイタリアに良い印象を持っている?)素晴らしい思い出があるよ。フィレンツェでの素晴らしい思い出をいつでも話している。同時にセリエA美しいコンペティションであり、イタリアには多くの友人がいることもあり、とても身近に感じているとも言っている。とにかく、息子にはイタリアでの素晴らしい思い出がある」

    「(将来的なイタリア復帰の可能性は?)わからないよ。私の口から何か言うのは難しい。息子とチェルシーの間には3年の契約が残っており、去就に関して彼自身に選択権はない。クラブの考え方次第だ。現時点では息子がイタリアを愛しているということしか言えない」

    チェルシーでの現在の立ち位置を考えれば、今夏に放出候補に挙がる可能性は濃厚なマルコス・アロンソだが、新天地は自身の愛するイタリアとなるのか…。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】マルコス・アロンソはセリエA復帰を希望! 「息子はイタリアを愛している」】の続きを読む

    no title


     25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、ナポリホームバルセロナを迎え撃つ。

     ナポリは3勝3分、バルセロナは4勝2分と、共にグループステージを無敗で勝ち上がってきた。しかし、その後に監督交代を実施。これが新体制で迎えるCL初戦となる。“初勝利”を掴むのはどちらのチームか。欧州サッカー連盟UEFA)の公式サイトUEFA.com』のデータをもとに、知っておきたい7つのトピックを紹介する。

    ◆初の直接対決

     長い歴史を持ち、欧州タイトルも保持する両チームだが、公式戦での直接対決は今回が初めてのことになる。ただ今季のプレシーズンで両者は対戦しており、昨年8月にアメリカで2試合が行われた。結果は、第1戦を2-1、第2戦を4-0で制したバルセロナの2連勝。あくまで親善試合、さらに当時から監督も変わっているため、結果自体は参考にならないが、選手たちは相手の強さや癖をある程度把握しているはずだ。

    ◆GS最強のバルサ、決勝Tはスロースタート

     バルセロナはCL通算24回目の出場。レアル・マドリードと並んで大会最多記録となる。最近16大会連続で決勝トーナメントに進出し、ここ13大会連続でグループ首位通過。さらにグループステージではここ3シーズン連続で負けなしを誇るなど“無敵”を誇る。しかし、決勝トーナメントの初戦は2016-17シーズンから3年連続で勝利なし(2分1敗)。先にリードを奪うことができていない。ラウンド16で敗退したのは13年前、リヴァプールを相手にした2006-07シーズンまでさかのぼるが、今回は幸先の良いスタートを切れるだろうか。

    ナポリを倒せば…

     ナポリがCL本選に出場するのは、今大会で6回目。決勝トーナメントに勝ち進むのは、2011-12、2016-17シーズンに次いで3度目となる。ただラウンド16を突破したことは1度もなく、2011-12シーズンチェルシー2016-17シーズンレアル・マドリードを前に敗退を余儀なくされた。なお、ナポリを決勝トーナメントで下したこの2チームは、決勝まで勝ち上がって欧州制覇を達成。バルセロナもこのラウンドでナポリを倒せば、頂点への視界が一気に開けるかもしれない。

    ◆CLもアウェイで苦戦するバルセロナ

     今季リーグ戦、バルセロナが喫した4敗はすべて敵地で記録したもの。アウェイゲームの成績は改善ポイントの1つだ。CLでもアウェイゲームを苦手としており、最近16試合で6勝6分け4敗。勝率は37.5%と5割を下回っている。なお4敗は、決勝トーナメントのアウェイゲームで喫したもの。2016-17シーズンパリ・サンジェルマン(0-4)とユヴェントス(0-3)、2017-18シーズンローマ(0-3)、そして昨季はリヴァプール(0-4)と“大敗”を喫している。鬼門のアウェイをどう攻略するのか、指揮官の采配からも目が離せない。

    バルセロナイタリア勢との相性は?

     バルセロナはアウェイゲームだけでなく、イタリア勢も苦手としている。欧州カップ戦における「ホーム&アウェイ方式」でイタリア勢と対戦するのは14回目。過去13回のうち8回で勝ち抜けに成功しているが、直近の2回(2016-17シーズンユヴェントス2017-18シーズンローマ)はいずれも敗退を余儀なくされている。なお、イタリア勢とのアウェイゲームは通算25試合で7勝11分け7敗(勝率28%)。今大会のグループステージ第6節インテル戦(2-1)で勝利を挙げるまで、イタリアでは8戦未勝利(5分け3敗)だった。「アウェイ×イタリア勢」という壁をうまく乗り越えられるのか注目が集まる。

    メッシイタリア勢との相性は?

     イタリア勢との相性が悪いバルセロナだが、リオネル・メッシはどうだろうか。CLにおけるイタリア勢とのゲームは過去22試合に出場。通算12ゴールマークしている。国別の得点数としては、対イングランド勢の26ゴール、対ドイツ勢の17ゴールに次ぐ3番目の記録だ。ただ敵地で奪った得点はわずかに2つと、イタリアの地を得意にしているわけではない。またイタリア勢から1ゴールを奪うのに要する時間は約158分と、対ポルトガル勢(約239分)、対スペイン勢(約187分)に次いで効率が悪い。直近のエイバル戦では4ゴールをたたき出すなど、異次元の活躍を見せたが、今回もエースの仕事をやり遂げることはできるだろうか。

    ナポリスペイン勢との相性は?

     ナポリが欧州カップ戦のノックアウトステージスペイン勢と当たるのは、今回で7回目。相性が良いとは言えず、過去6度のマッチアップで勝ち抜けを果たしたのは1度だけとなっている(1992-93シーズンUEFA杯1回戦・バレンシア戦)。ただCL本選でホームスペイン勢を迎えた試合は、わずか1敗(2勝4分け)。唯一の敗戦は2016-17シーズンの決勝トーナメント1回戦で、レアル・マドリードに1-3で敗れた。バルセロナを本拠地に迎える今回は、圧倒的に不利な下馬評を覆し、勝利を挙げることができるだろうか。

    (記事/Footmedia

    ナポリ対バルセロナで知っておきたい7つのこと [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【CL】新体制で迎えるCL初戦…ナポリ対バルセロナで知っておきたい7つのこと】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    写真提供:Gettyimages

     複数ビッグクラブからの関心を集めるインテルアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスバルセロナウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後釜として関心を寄せている他、レアル・マドリードマンチェスター・シティマンチェスター・ユナイテッドなどからの関心も報じられている。

     そこで今回はインテルマルティネスを売却した時の代役候補として浮上している選手たちを紹介する。


    写真提供:GettyImages

    オリビエ・ジルー

    所属:チェルシー

     チェルシーとの契約が今シーズンまでに迫っているジルー。今冬の移籍市場でもインテルが獲得に近づいていたが、今夏の移籍市場でもジルーをフリーで獲得するとも報じられている。


    写真提供: Gettyimages

    ドリース・メルテンス

    所属:ナポリ

     ジルー同様、今季限りで所属クラブとの契約が満了を迎えるメルテンス。フリーで獲得できる点も魅力的だが、マンチェスター・ユナイテッドからレンタルで獲得しているチリ代表FWアレクシス・サンチェスレンタルバックする可能性が浮上。同選手の役割もこなせるメルテンスを獲得する可能性は十分にありそうだ。


    写真提供:Gettyimages

    アントワーヌ・グリーズマン

    所属:バルセロナ

     マルティネスの獲得に一番近づいているとも報じられているバルセロナ。しかし、同選手には1億1100万ユーロ(約131億9000万円)の契約解除金が設定されており、フィナンシャル・フェア・プレー(FFP)の観点から、グリーズマンを交渉の材料として使う可能性が浮上している。


    写真提供:Gettyimages

    アントニー・マルシャル

    所属:マンチェスター・ユナイテッド

     最近の報道ではマルティネスを売却した資金を利用し、マルシャルの獲得に動く可能性が浮上。昨年12月で現在24歳になった同選手はユナイテッド2024年夏まで契約を残しており、それなりの移籍金が必要になりそうだが、インテルの最終候補のリストに浮上しているという。


    写真提供:Gettyimages

    ピエール=エメリク・オーバメヤン

    所属:アーセナル

     アーセナルとの契約が2021年夏までに迫っているオーバメヤンもインテルの最終リストに載っていると報じられている選手の一人。

     今季はリーグ戦9位と苦しむアーセナルだが、本人がチャンピオンズリーグ(CL)でのプレーを望んでいることからも今夏での退団が有力視されている。

     果たして、インテルマルティネスの後釜に誰を獲得するのだろうか。


     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【セリエA】マルシャル、メルテンス、オーバメヤン…インテルがL・マルティネスの後釜として獲得しようとしている選手たち】の続きを読む

    no title

    バルセロナは、今夏の移籍市場でインテルのDFを狙うようだ。イタリアカルチョ・メルカート』が伝えた。

    2019年夏にもバルセロナが狙っていたスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(25)だが、インテル側に6500万ユーロ(約78億4000万円)のオファーを拒否されていた。

    インテルは売却する気がない状況であるものの、シュクリニアルはシーズン開幕前にパルマから復帰したDFアレッサンドロ・バストーニとポジションを争うことなっていた。

    シーズンセリエAで23試合に出場しポジションを確保しているシュクリニアルだが、アントニオ・コンテ監督の許可が下りれば夏には移籍が可能になったとのことだ。

    シュクリニアルとインテル2023年まで契約を結んでいるため、獲得員は多額の資金が必要になるとのこと。その額は9000万ユーロ(約
    1085000万円)とみられている。

    一方で、バルセロナ7500ユーロ(約90億5000万円)以上を払うつもりはなく、同じく興味を示しているマンチェスター・シティの動向次第では、条件を変えてオファーをする可能性もあるようだ。

    ルイス・フィーゴも生解説!伝統の一戦クラシコ
    WOWOWにて生中継!
    ■詳細はこちら>

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】インテルの要求は108億円、バルサは昨夏に続きDFを狙う?】の続きを読む

    このページのトップヘ