Football Channel

サッカーの事についてまとめています。 日本サッカー(J1・J2 etc) 海外サッカー(プレミア・リーガ・セリエA・ブンデス etc) 掲載しています。 良かったら覗いてください。

    カテゴリ:海外リーグ > リーガエスパニョーラ



    (出典 f.image.geki.jp)



    ブラジルメディアが報道、代理人は「コメントをしたくない」

     ジネディーヌ・ジダン監督の電撃辞任によって新指揮官探しに追われているレアル・マドリード。ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督など、大物の名前が取り沙汰されていたが、新たに現ブラジル代表のチッチ監督招聘の可能性が浮上した。ブラジル紙「オ・グローボ」や、同ラジオ局「ラジオ・サグレス」が報じた。

     ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選の途中からセレソンを指揮し、本大会出場権を勝ち取ったチッチ監督は、今大会を持って契約満了を迎える。ブラジルサッカー連盟は次の2022年カタールW杯までの新契約をオファーしていたが、指揮官は自身の去就について大会終了後に決めるとしていた。

     前人未到のUEFAチャンピオンズリーグ3連覇を果たした“白い巨人”が、ブラジル代表監督の動向に興味を示しているようだ。「オ・グローボ」紙は、チッチ監督の代理人に接触。肯定も否定もなく、「この問題についてはコメントをしたくない」と語ったという。

     チッチ監督は2012年に、ブラジルの名門コリンチャンスを率いてFIFAクラブワールドカップ制覇も経験。インテルナシオナルや、グレミオでもタイトルを獲得している。ただし、国外での指揮は、UAEのアル・アインと、アル・ワフダのみで、仮にレアル行きが決まれば欧州クラブでは初の仕事となる。

    また、スペイン紙「AS」はチッチ監督が就任すれば、悲願のターゲットであるブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)獲得の大きな強みになるだろうと指摘している。


    (Football ZONE web編集部)

    レアル・マドリードの新指揮官に、ブラジル代表のチッチ監督が浮上している【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】ネイマール獲得を後押し!? レアル新指揮官にブラジル代表のチッチ監督が浮上 …】の続きを読む




    (出典 img.qoly.jp)



    W杯出場断念も覚悟し、「本当にショック」

     リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、左肩を負傷して無念の負傷交代となったUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリード戦について、「キャリア最悪の瞬間」と振り返った。スペイン紙「マルカ」が報じている。

     サラーは今季のCLで10得点を挙げ、大会を盛り上げた主役の一人として決勝の舞台に先発出場した。だが、前半25分にレアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスと交錯。倒れた際に左肩の靭帯を痛めてピッチを去った。エース不在のリバプールは1-3で敗れ、2004-05シーズン以来のビッグイヤー獲得は果たせなかった。

     あらためてレアル戦での悲劇を振り返ると、サラーは「(CL)決勝で交代したことは僕のキャリア最悪の瞬間だった」と、口にした。

     また負傷の影響で、ロシア・ワールドカップ(W杯)のピッチに立てない可能性も出てきた。この災難続きに、「W杯に出られないということも考え始めた。それは本当にショックだったよ」と苦しい胸の内を明かす。

     サラーのロシアW杯への出場は、母国エジプト国民にとっても悲願だ。28年ぶりとなる大舞台に懸ける思いはやはり強い。「僕らにとってW杯の予選突破というのは、スペインなら優勝と同じようなものだ」。エジプト代表のエクトル・クーペル監督はウルグアイとの初戦までに復帰できるというが、国民の期待を一身に背負うサラーは、ロシアのピッチに立つことはできるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    リバプールFWサラーは、負傷交代したCL決勝は「キャリア最悪の瞬間」と語った【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】エジプト代表FWサラーが嘆いた悲劇 負傷交代のCL決勝は「キャリア最悪の瞬間」】の続きを読む



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    退団へ“後戻りできない”状態 イングランド、フランス、イタリアが候補に挙がる

     レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、今夏の移籍市場での退団が噂され始めている。そうしたなかで母国ポルトガルの「レコルド」紙は、「クリスティアーノ・ロナウドはレアル・マドリードを去る」と報じ、移籍先候補に古巣マンチェスター・ユナイテッドのあるイングランドなど3カ国を挙げている。

     ロナウドは3連覇を果たしたリバプールとのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝(3-1)の終了直後のインタビューで、「レアル・マドリードでプレーできたのは“本当に良かった”」と意味深発言を残し、これが退団を示唆したものではないかと大きな話題になっていた。

     様々な憶測が飛び交うなかで、「レコルド」紙はロナウドがレアルを退団することは既定路線と報じた。退団決意の意思はすでに“後戻りできない”状態だという。

     そして移籍先としてはフランス(パリ・サンジェルマン)、イタリア(ユベントス、インテル、ACミラン、ローマ)、そしてイングランド(マンチェスター・ユナイテッド)の3カ国を挙げている。CLの6年連続得点王で3連覇達成の立役者となったカリスマは、今夏に“白い巨人”を離れ、新たなキャリアを歩むことになるのだろうか。


    (Football ZONE web編集部)

    C・ロナウドのレアル退団は“既定路線”とポルトガル紙は報じている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【移籍報道】C・ロナウドのレアル退団は“既定路線” 母国ポルトガル紙が移籍先候補を列挙…】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



     レアル・マドリードのフランス代表DFラフェエル・ヴァランが、電撃的に辞任したジネディーヌ・ジダン監督への個人的な思いを明かした。

     ジダン監督の突然の辞任劇は、フロレンティーノ・ペレス会長も「まったく予期していなかった」述べるほどの青天の霹靂だったが、ヴァランは指揮官の決断に理解を示すと共に、チャンピオンズリーグ3連覇を筆頭とするレアル・マドリードでの2年半の功績を強調した。

    「レアル・マドリードの監督という仕事は困難を極めるため、相当な疲労を伴う。ジダン監督は僕たちには何も言ってなかったので、辞任することを知ったのは会長と同じく最後の最後だった。彼がいずれフランス代表の指揮官になり、再び一緒に戦えるかどうかは時のみぞ知るだが、今はそれを話す時ではない。彼が成し遂げて来たことは並外れており、あらゆる称賛に値するだろう」

     ヴァランはまた、同じフランス人として目をかけてくれたジダン監督への深い感謝を表した。

    「ジダン監督は僕をレアル・マドリードに引っ張ってくれた恩人であり、素晴らしい関係を築いて来られた。入団して最初の半年は物事が簡単には行かず、チームで定位置を掴むために必死だった。彼のもとへ幾度となく質問に行き、一緒にプレーの映像を見ながら課題を見つけた。そのお陰で技術面でも戦術面でも多くを学ぶことができた」

     トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督、ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督など、新指揮官候補として次々と名前が挙がるものの、いずれも良い返事が貰えなかったと報じられているレアル・マドリード。ジダン監督の後任を引き受ける大変さに言及したヴァランは、そのために必要な能力を挙げた。

    「ジダン監督は比類なき偉業を達成したので、その後を受けるのは難しい。従って、新たにやって来る監督には、短期間のうちに同じだけのタイトルを求めるべきではない。レアル・マドリードに適合できるかを見極める必要がある。とてつもないプレッシャーを受け、多くを求められるクラブで、信頼を勝ち取るだけの資質を持った人物が求められる。その鍵となるのは個性と経験だ。ジダン監督には強い個性があり、指導者としての経験は少なかったものの、選手としての経験が抜きん出ていた」

     最大の後ろ盾だったジダン監督を失ったヴァランは、今後の指揮官人事や夏の移籍市場での補強次第では、チーム内での立ち位置が変わって来る可能性も十分にある。この状況は、メディアやサポーターから決定力不足を非難されながらもスタメンで起用され続けて来たFWカリム・ベンゼマには一段と当てはまるため、移籍初年度は期待外れのシーズンに終わったDFテオ・エルナンデスを含め、今後はフランス人選手の動向にも注目が集まりそうだ。

    文=北村敦

    ヴァランとジダン監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【リーガエスパニョーラ】新指揮官探しに苦労するレアル、ヴァランも「ジダン監督の後を受けるのは難しい」】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



     ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ジネディーヌ・ジダン氏が電撃退任したレアル・マドリードの新監督候補として最有力視されているようだ。4日、スペイン紙『アス』が伝えている。

     5月31日、ジダン氏が退任したことによって、レアル・マドリードの新監督として現在は3名の名前が挙がっている。1人目は、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督だが、先月24日に2023年まで契約を延長したばかり。トッテナムのレヴィ会長が手放すことはないと言われている

     2人目は、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が挙げられている。クロップはファンの中では新監督候補として最も人気を擁しているようだが、2022年まで契約が残っており、3200万ユーロ(約41億円)の違約金が発生する。

     3人目として挙げられるのが、アッレグリ監督である。ユヴェントスとの残り契約期間は1年で、アッレグリ監督が新たな挑戦を求めるのであれば、ユヴェントスは拒否しないという。さらに、新たな目標はチャンピオンズリーグを制覇することで、実現するためにはレアル・マドリードが最も適していると考えているようだ。これらの理由より、ポチェッティーノ監督、クロップ監督を差し置いて新監督の最有力候補とされている。

    レアル行きが噂されるアッレグリ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】レアル新監督の有力候補はユヴェントスのアッレグリか…その理由とは!?】の続きを読む

    このページのトップヘ